着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

結納イメージ

【着物のプロが監修】結納における振袖の知識と選び方、当日のマナー

はじめに

結婚の準備は、多くの人にとって生涯で一度きりの大切なイベントです。特に、日本の伝統的な結婚には、さまざまな流れやマナーが存在します。ここでは、その中でも「結納」「振袖」にスポットを当てて、その重要性や日本の伝統的な結婚の流れを紹介していきます。結納や振袖に関して詳しく知らない方も、この記事を通して少しずつ理解していただけるよう、やさしい文体で説明していきます。

結納と振袖の重要性

結納は、結婚を前提とした男女の両家が、結婚の意志を固めるための伝統的な行事です。婚約の儀式として、古くから行われています。両家で金品を贈り合い、婚約の証とするものですが、最近では略式にしたり、顔合わせで済ませたりする家庭も多くなりました。正式にしても略式にしても、結納の席で女性が着る衣装が「振袖」です。振袖は、華やかな柄や色で、おめでたい雰囲気を持つ和装の一つ。多くの女性が成人式や結納、結婚式などの特別な場面で振袖を選び、着用します。

振袖の特徴

  • 色鮮やかで、華やかな柄が特徴。
  • 一般の着物よりも袖の振りが長い
  • 着る人をより一層美しく見せるための小物や髪飾りも豊富。
  • 結婚式や結納など、特別な場面で晴れ着として着用。

結納の席で振袖を着ると、自分自身をより一層美しく見せることができます。また、両家の顔合わせの場でも、振袖は大切な役割を果たします。家族や親戚、そしてこれからの生活を共にする相手の家族に、良い印象を持ってもらうためにも、振袖選びはたいへん重要です。

日本の伝統的な結婚の流れ

日本の結婚には、さまざまな伝統やマナーが存在します。その中でも、結納はたいへん重要な位置を占めています。

日本の結婚の基本的な流れ

  1. 顔合わせ: 両家が初めて会う場。
  2. 結納: 結婚の意志を固める伝統的な行事。
  3. 結婚式: 二人の結びつきを祝う行事。
  4. 披露宴: 親戚や友人を招き、結婚をお祝いする宴。

結納では、振袖を着るのが一般的。結納の席で振袖を着ると、自分自身をより一層美しく見せられるだけでなく、これからの新しい生活をスタートさせる上での自信にもつながります

結納や結婚式で振袖を着ることは、日本の美しい伝統を受け継いでいく大切な習慣です。この流れを事前に知っておくと、結婚までの道筋が整い、スムーズに当日を迎えられるでしょう。

アンティークきものレンタルゆめや は、大正時代から昭和初期にかけての着物をメインに取り扱うレンタルショップです。上質な絹糸100%の正絹に、職人が手掛けた絵付けや手刺繍が光る逸品ばかりを取り揃えて、花嫁さま・花婿さま・ご家族さまを全面的にバックアップいたします。珠玉の結納衣装から、カジュアルな結納衣装まで、どうぞゆめやにおまかせくださいね。

結納時の振袖の選び方

結納の席、新しく家族となる人々を前に豪華な振袖をまとった女性の姿は幸福に満ち、美しく輝いて見えます。では、結納にあたり、どのような振袖を選べば良いのでしょうか。この章では、振袖の基本的な色と柄の選び方、サイズとフィッティングの注意点について詳しく解説していきます。

振袖の基本的な色と柄の選び方

振袖選びの大切なポイントは、色と柄。色や柄には、それぞれ意味や由来があります

色の選び方

  • : 赤は、おめでたい場面にふさわしい色として、多くの女性が選ぶ色です。結納の際には、赤の振袖を選ぶと、華やかな雰囲気を演出できるでしょう。
  • ピンク: ピンクは、女性らしさを引き立てる色。結納の際には、優雅で上品な印象を与えます。
  • : 黒の振袖は、格式の高い場面に適しています。結納の席で、黒の振袖を選ぶと、古式ゆかしい日本女性の落ち着いた美しさを表現できます。

ゆめやの着物はカテゴリーごとに分類していて、ゆめやの婚礼では結婚式当日のお衣装をご紹介しています。結納のお衣装は、ゆめやの成人式か、ゆめやの訪問着結納のご出席(ご本人) からご覧いただくことができます。

濃紅色に刺繍の花々と誰が袖紋様の振袖」は、濃い紅色に花・梅・宝尽くしなどの模様が手刺繍された、可愛さあふれるアンティーク色振袖、昭和時代の加賀友禅です。たいへん可憐で、結婚の正式なお約束をする結納の日にお似合いの色柄ですよ。帯は少し重厚感を持たせる意味もあり、金糸に七宝が赤で縁取られ、松・宝尽くし・梅・菊などが細く織り出された、艶やかで豪華な丸帯を結びました。結納では、二重太鼓に結ばれると、しとやかな印象になります。

柄の選び方

  • : 花柄の振袖は、華やかで女性らしい印象を与えます。結納の際には、季節の花をあしらった振袖を選ぶと、着る人も見る人も季節感を実感できるでしょう。
  • 古典: 古典柄の振袖は、伝統的な日本らしさが表現されています。結納の際に、古典柄の振袖を選ぶと、格式のある印象となり、気品を感じさせます。

薄ピンク色に花々が描かれた正統派の色振袖」は、アイボリーがかった薄いピンク色の錦紗縮緬に、椿・菊・梅などの花々と青海波が、手描き・手刺繍で描かれています。ほわっとした、やわらかい印象のレトロな色振袖です。鳳凰と花々が手刺繍された引き抜きの丸帯を結び、帯揚げ・帯締めはブルーの濃淡でまとめました。古風で正統派の振袖コーディネートの仕上がりです。

振袖選びは、自分の好みや、結納の場の雰囲気に合わせて、色や柄を選ぶことが大切です。また、家族の意向も考慮しながら、振袖を選んでください。

サイズとフィッティングの注意点

振袖を選ぶ際には、サイズやフィッティングもたいへん重要。特に、結納の席では、長い時間正座する場合もあるので、座り姿をを美しく見せるためにも、体型に合ったサイズを選びましょう。

サイズの選び方

  • 体型に合わせて: 振袖は、自分の体型に合わせたサイズを選びます。結納のため、振袖を誂える予定があるなら、しっかりと全身を採寸し、自分に合ったサイズの振袖を選びましょう。
  • 試着をする: 振袖を選ぶ際には、必ず試着をおすすめします。試着を繰り返すと、サイズ感や、着心地、柄の見え方を確認できるでしょう。

フィッティングの注意点

  • 着付け: 振袖の着付けは、専門の知識や技術が必要です。結納の際には、専門の着付け師に依頼することをおすすめします。
  • 小物の選び方: 振袖を着る際には、小物もたいへん重要。草履やバッグなど、振袖に合わせた小物を選ぶと、全体の印象をより一層引き立てられます。

振袖を選ぶ際には、サイズやフィッティングも大切なポイント。結納の際には、自分自身を美しく見せるため、サイズやフィッティングに十分注意を払ってください。

ゆめやのレンタルでも、事前のご試着をおすすめしています。ネットや電話で試着のお申し込みをいただき、店舗またはご自宅にて試着。お気に召しましたら正式にレンタルのご予約を入れてくださいね。

着付けに必要な小物は全てゆめやのベテランスタッフがコーディネートしてお届けいたします。小物にこだわりがあられる場合は、ご試着時に小物をご確認ください。ご着用後は専用の伝票で返送いただくだけです。

レンタルの詳しい流れは「ご利用の流れ」をご覧ください。ご不明点は「よくあるご質問」でご確認いただくか、「お問い合わせ」からお聞かせください。ベテランスタッフから、折り返しお返事させていただきます。

振袖を着る際のマナーと作法

振袖は、特別な場面で選択する礼装の一つです。結納や成人式、結婚式などの大切な日に振袖を着る際には、マナーや作法も大切にしたいものです。ここでは、振袖を着る際のマナーや作法について詳しく解説していきます。

正装としての振袖、気を付けるポイント

振袖は正装、未婚女性の第一礼装として位置づけられています。そのため、振袖を着る際には以下のポイントに注意しましょう。

  • 振袖の状態を確認する: 振袖は高価なものも多いため、汚れや傷がないかどうかを事前に確認しましょう。特にレンタルの場合は、返却時のトラブルを避けるためにも確認が必要です。
  • 帯や小物の選び方: 振袖と合わせて帯や小物も大切なポイント。色や柄が振袖と調和しているか、季節や場の雰囲気に合っているかどうかをチェックします。
  • 食事のマナーを守る: 結納や結婚式など、食事の際は、和のマナーをきちんと守りましょう。例えば、お箸の使い方や、食事の取り分け方など、基本的なマナーを意識しましょう。衿元、身頃を汚さないよう注意してください。
  • 振袖の着付け: 振袖の着付けは専門の知識と技術が必要。自分で着るのは難しいため、専門の着付け師に依頼すると安心です。

正装としての振袖を着る際には、上記のポイントに気を付けて、より一層美しく、格式のある装いを目指しましょう。

振袖のヘアメイクとアクセサリーのコーディネート

振袖をより一層引き立てるためには、ヘアメイクやアクセサリーのコーディネートも大切です。以下のポイントを参考に、振袖のヘアメイクやアクセサリーのコーディネートを楽しみましょう。

ヘアメイクのポイント

  • : 振袖に合わせて、華やかなアップスタイルや、編み込みのヘアスタイルなど、さまざまなスタイルが考えられます。また、和装の髪飾りを取り入れると、より一層華やかな印象となります。
  • メイク: 振袖に合わせて、自然なメイクや、強めのメイクなど、さまざまなメイクが考えられます。色目を考え、若さと初々しさを強調しましょう。特に、結納の際には、自分の好みや、場の雰囲気に合わせてメイクを選んでください。

 

アクセサリーの選び方

  • アクセサリーは、振袖の場合は必要とはいえません。首元、衿元を美しく見せるため、ネックレスは着けない方が良いでしょう。イヤリングやピアスも着けないことが基本ですが、どうしても着ける場合はシンプルなパールやゴールドがおすすめです。イヤリングやピアスは細長いものや垂れ下がるデザインを避けてください。帯周りのマナーとしては、帯留めを使わず、帯締めで本結びにします。

顔合わせや結納の場の服装の選び方

顔合わせや結納は、結婚を前提とした大切な場所です。そんな大切な日には、適切な服装で出席したいもの。ここでは、顔合わせや結納の場での服装の選び方について詳しく解説していきます。

男性と女性の服装の基本ルール

顔合わせや結納の場での服装は、男性と女性で異なるポイントがあります。以下に、男性と女性の服装の基本ルールをまとめました。

男性の服装

  • スーツ: 基本的にはダークカラーのスーツが無難です。黒や紺色など、落ち着いた色合いがおすすめです。
  • ネクタイ: シンプルで上品なものを選ぶことが大切です。派手な柄や色は避けましょう。
  • 靴とバッグ: 革靴や小さめのクラッチバッグで、全体の印象が整います。靴はきちんと磨いておきましょう。

女性の服装

  • 和装: 結納の場では、振袖や訪問着などの和装が一般的です。色や柄を選ぶ際には、自分の好みや場の雰囲気に合わせて選びましょう。
  • 洋装: シンプルなワンピースやスーツなど、落ち着いた色合いのものがおすすめです。アクセサリーや小物も控えめにすると、上品な印象となります。
  • ヘアメイク: 華やかすぎず、自然なヘアメイクが好ましいです。髪の飾りやアクセサリーも控えめにしましょう。

顔合わせや結納の場では、男性も女性も、上品で控えめな服装が求められます。特に、和装を選ぶ際には、適切な色や柄を選び、全体の印象を整えることが大切です。

カジュアルな場合の服装の違いと注意点

顔合わせや結納の場がカジュアルな雰囲気の場合は、服装の選び方も少し異なります。以下に、カジュアルシーンにおける服装の違いと注意点をまとめました。

男性の服装

  • ジャケット: カジュアルな場では、ジャケットのみのスタイルも考えられます。色や素材を工夫して、カジュアルでありながらもきちんと感を出しましょう。
  • カジュアルシューズ: スニーカーやデッキシューズなど、少しカジュアルな靴も選択肢として考えられます。ただし、くだけすぎてはいけません。

女性の服装

  • カジュアルな和装: 紬や小紋など、少しカジュアルな和装も選択肢として考えられます。柄や色を工夫して、カジュアルでありながらもきちんと感を出してください。
  • カジュアルな洋装: シンプルなワンピースや、カジュアルなスカートなど、リラックスした雰囲気の洋装もよいでしょう。アクセサリーや小物も、カジュアルなものでまとめ、全体の印象を整えます。

からし色の市松に花丸紋様の小振袖」は、カジュアルな結納におすすめの、小紋柄の小振袖です。紗綾形が織り出された正絹地に、鹿の子絞りをほどこすことにより大きな市松紋様を浮かび上がらせた地紋様がカジュアルな印象です。花丸紋には、四君子・藤・つづじ・梅・牡丹などが、手描き・手刺繡されています。振袖をお召しいただけるのは独身の間だけです。カジュアルな結納でも、小紋柄の小振袖なら違和感なく溶け込むでしょう。

カジュアルな場の服装選びでは、自分らしさを大切にしつつ、場の雰囲気や他の出席者の服装にも気を配ることが大切です。特に、和装を選ぶ際には、適切な色や柄を選び、全体の印象を整えてください。

振袖とその他の着物の違い

日本の伝統的な衣装である「着物」には、さまざまな種類があります。中でも、特別な場面でよく着用される「振袖」は、多くの人に親しまれています。ここからは、振袖とその他の着物との違いや特徴について解説していきます。

振袖と小紋の特徴

振袖は、日本の伝統的な衣装の中でも特に華やかで、結婚式や成人式などのおめでたい場面でよく着用されます。

振袖の特徴

  • 袖の長さ: 振袖の名前の由来となっているのが、その長い袖です。長さはひざ下までのものや、くるぶしまで届くものもあります。
  • 色や柄: 華やかな色合いや大きな柄が特徴的です。特に、花や鳥などの古典的な柄が多く見られます。
  • 着用する年齢層: 未婚の女性が着用します。成人式や結婚式の前撮りなど、特別な場面での着用が一般的です。

一方、振袖とは異なる「小紋」は、日常的に着用される着物の一種です。

小紋の特徴

  • 柔らかな色合い: 小紋は、振袖に比べて控えめな色合いが特徴です。日常の着物として、シンプルで上品なものが多いです。
  • 小さめの柄: 振袖のような大きな柄ではなく、小さめの柄が着物全体に染められています。
  • 広い年齢層での着用: 小紋は、年齢を問わず多くの女性に着用されています。日常のお出かけや食事の席など、さまざまな場面で着用する着物です。

振袖と小紋、それぞれには独特の特徴がありますが、どちらも日本の美しい伝統を感じさせる民族衣装です。

振袖と日常の着物の主な違い

振袖と日常の着物とは、いくつかの点で違いがあります。以下に、その主な違いをまとめました。

用途

  • 振袖は、主におめでたい場面や特別なイベントで着用します。成人式や結婚式など、一生に一度の大切な日に選ばれる晴れ着であり、礼装です。
  • 日常の着物は、お出かけや食事、友人とのお茶の時間など、着る機会は多くあります。

デザイン

  • 振袖は、華やかな色合いや大きな柄が特徴的です。絵羽模様と呼ばれる絵画のような柄こそ、振袖の真の魅力といえます。一方、日常の着物は振袖に比べると若干シンプルで控えめなデザインが多いです。同じ柄が連続し、上下左右の区別がありません。

小物の使い方

  • 振袖には、帯や髪飾りなどの小物も華やかに合わせます。一方、日常の着物は、シンプルに小物を使い分け、さりげない個性を発揮できるでしょう。

振袖と日常の着物、それぞれには独自の魅力があります。どちらも、日本の伝統的な文化を感じさせるすてきな衣装です。

結納後の振袖の取り扱いとレンタルについて

振袖は繊細でデリケートな着物です。特別な日に着用した振袖は、後々の思い出にもなる大切なアイテム。その振袖をどのように取り扱い、保管するのか、またレンタルのメリットや注意点についても解説していきます。

振袖の正しい保管方法

振袖は、その美しい柄や色、そして伝統的な価値を長く保つためにも、正しい方法での保管が必要です。脱いだあとは、1日以上室内で衣紋掛けやハンガーにかけ、湿気を逃がしてください

適切な場所での保管

  • 直射日光を避ける場所での保管がおすすめです。長時間の日光は、色あせの原因となります。
  • 湿気の少ない場所で保管しましょう。湿気はカビの原因となるため、避けなくてはなりません。湿度を一定に保ちやすい、桐の和箪笥がおすすめです。

きちんとした畳み方

  • 振袖は、きちんとした畳み方(本畳み)で保管してください。長い袖に紙を入れて、畳むとシワを防止できます。畳んだ振袖はたとう紙に包んで、たんすに納めましょう。

定期的な確認と通気

  • 振袖は、定期的に取り出して確認し、風を通します。これにより、カビや虫食いのリスクを軽減できます。

振袖は、日本の伝統的な文化を感じさせる衣装です。その価値を長く保つためにも、正しい保管方法を心掛けましょう。

レンタル振袖のメリットと注意点

振袖のレンタルは、近年ますます人気を集めています。特別な日に一度しか着用しない振袖を購入するのではなく、レンタルすることでさまざまなメリットが得られます。

レンタルのメリット

  • コストパフォーマンス: 振袖を購入すると高額になることが多いですが、レンタルならば手頃な価格でおしゃれな振袖を着られます。
  • 豊富なバリエーション: レンタルショップには、さまざまな色や柄の振袖が揃っています。自分の好みや、その日の雰囲気に合わせて振袖を選べます。
  • 手間の軽減: レンタルならば、結納後の保管や手入れの手間を気にする必要がありません。

レンタルの注意点

  • 予約の必要性: 人気の振袖は、早めに予約しないと希望の日に利用できないことがあります。今でも結納は大安吉日を選ぶ人が多いので、縁起の良い日には予約が集中するかもしれません。早めの予約をおすすめします。
  • 返却の際の注意: レンタルした振袖は、指定の日時に返却する必要があります。また、汚れやダメージがある場合は、修理費用が発生するおそれがあるため、取り扱いには注意が必要です。

レンタル振袖は、さまざまなメリットが得られる一方で、注意点もあります。ですが、上手に利用すると、特別な日をより一層華やかに演出できるでしょう。

まとめ

この記事を通して、振袖や結納、そしてそれに関連するさまざまな情報を学びました。ここでは、その内容を再確認し、振袖と結納を通じて日本の美しさを再認識する機会としましょう。

振袖選びのポイントの再確認

振袖を選ぶ際には、以下のポイントを心掛けることが大切です。

  • 色や柄の選び方: あなたの好みや、その日の雰囲気に合わせて色や柄を選びましょう。古典的な柄や、華やかな色合いのものなど、さまざまな選択肢があります。
  • 小物との組み合わせ: 振袖だけでなく、帯や草履、バッグなどの小物も重要な役割を果たします。全体の雰囲気や印象を考慮しながら、小物を選びましょう。
  • サイズやフィット感: 振袖は、自分の体型やサイズに合わせて選びます。着付けの際にも、自分の体にぴったりと合ったものを選ぶと、美しい着姿を実現できるでしょう。
  • レンタルの利用: 購入するのではなく、レンタルすることでコストダウンが可能です。また、レンタルならではのメリットやサービスも大いに利用できます。

結納と振袖を通じた日本の美しさ

結納は、二人の愛を確認し、父母に認められるための大切なイベントです。日本の伝統や文化を身近に感じる行事でもあります。振袖は、そんな結納をあでやかに彩る日本独自の晴れ着。これらを通じて、以下の点を再確認してください。

  • 日本の伝統: 着物や振袖は、日本の伝統や歴史を実感できるアイテムです。それぞれの柄や色、そして着方には、日本の美しさや伝統が込められています。
  • 家族や両家との絆: 結納は、家族や両家との絆を深める大切な儀式です。この日に着る振袖も、その絆を表現する一つの方法と言えるでしょう。
  • 日本の美しさの再認識: 結納や振袖を通じて、日本の美しさや伝統を再認識できます。また、これらのイベントを通じて、自分自身のルーツやアイデンティティー、日本の文化についても考える機会となるでしょう。

結納のあとのお食事会で、もしも婚礼衣装の話になりましたら、そこでもゆめやは大活躍いたしますよ。ご一同様でゆめやの婚礼衣装をご覧くださいね。

「結納は絶対振袖で思い出深い日にしたい!」という人は以下のサイトも参考にしてください。

〈参考記事〉
https://hotel-chinzanso-tokyo.jp/wedding/for-wedding-sub/prepare/engagement/yuinou01-chisiki/
https://www.fujingaho.jp/uts-kimono/coordinate/g38482754/kimono-takashimaya-211218/
https://nihon-kekkon.com/engagement/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

露芝と、縮緬に辻が花模様の片身替わり訪問着【hou174】

【2024年最新版】訪問着レンタルで叶える、レトロモダンな着姿!

はじめに 訪問着は、日本の伝統文化を象徴する和装の一つであり、結婚式、七五三、成人式など、人生の節目や特別な日に着用されます。中でも、レトロモダンな訪問着は、その古典美と現代の感性が融合したデザインで、多くの女性たちの心 […]

ひとつ前の記事

振袖イメージ

【成人式】前撮りって必要?アルバム料金は高い?費用相場とポイント

はじめに:成人式前撮りアルバムの相場感と準備のポイント 成人式の記念に、永遠に残るアルバムを作ることは、多くの新成人にとって特別な意味を持ちます。振袖やドレスに身を包んだ姿を美しく撮影し、家族や友人と共有する喜びは計り知 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!