着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

【40代母親向け】卒業式におすすめ、色無地コーディネート術ガイド

【40代母親向け】卒業式におすすめ、色無地コーディネート術ガイド

はじめに

卒業式は、母親にとってもお子さまの成長を祝う晴れの舞台です。特に40代の母親が選ぶ着物は、格式と品格を兼ね備えたものであるべきです。色無地はその選択において最適な代表格です。色無地とは、全体が一色で柄のない着物を指し、そのシンプルさから幅広い年代の女性に愛されています。

この記事では、お子さまの卒業式に色無地で出席する際のポイントを解説しています。着物でお子さまの卒業式に出席することを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

40代母親の卒業式コーディネートの基本

卒業式はお子さまにとっても母親にとっても、一生の思い出に残る節目の行事です。特に40代の母親は、お子さまの門出を祝うと同時に、大人の落ち着きと品格を合わせ持つ装いが求められます。この節目に選ばれる着物は、多くの視線を集める場であることを意識し、印象に残るものでなければなりません。

40代の女性が着物を着る場合、基本となるのはその年齢層に見合った品位と上品さです。色合いは淡いものや、季節を意識した柔らかな色味が好まれます。特に卒業式という晴れのシーンでは、過度に派手すぎず、かといって地味すぎない色の着物が適しています。色無地の着物は、その点で大変適しており、さまざまな帯との合わせが可能です

40代の女性におすすめの色無地の着物の色は、グレーや優しいベージュ、控えめながらも品のある紫など、落ち着いた色合いです。これらの色は年齢を問わず多くの方に似合うため、安心して着用いただけます。また、季節感を取り入れた春らしい色合いを選ぶことで、卒業式という特別な日の雰囲気にもマッチします。

着物選びには紋の有無も重要な要素です。紋が入った色無地は格式が高くなり、卒業式のようなフォーマルな場にふさわしい装いとなります。訪問着や付け下げも選択肢として挙げられますが、色無地はそのシンプルさから合わせる帯や小物で多様な表情を見せることができ、コーディネートの幅が広がります。

着物を着る際の礼装のルールを理解し、着付けにも気を配りましょう。和装における着付けは、印象を大きく左右するため、きちんとした知識を持った上での正しい着方が求められます。そのためにも、事前に専門の着付け教室や着物レンタル店でアドバイスを受けることも一つの方法です。

卒業式の着物選びにおいては、自分自身のイメージや着心地も重要です。シンプルながらも上質な素材を選び、自分らしさを表現することで、母親としての優雅さを卒業式の場で存分に発揮することができるでしょう。

卒業式にふさわしい色無地の意味と魅力

卒業式における母親の装いは、節度と格式を備えつつ、その人の品格を映し出す鏡のようなものです。色無地の着物はその名の通り、一色で模様のないものを指し、上品で控えめながらも、その色に深みや奥行きがあるため、格式ある場にふさわしい装いとされています。色無地は着物の中でも特にシンプルなため、着る人の美しさや品格が際立ちます。

色無地の魅力は、何といってもその万能さにあります。無地であるがゆえに、帯や小物を選ぶ際の自由度が高く、さまざまな組み合わせを楽しめます。以下に、色無地の着物との組み合わせでよく選ばれる帯や小物を表でまとめてみました。

組み合わせるアイテム選び方のポイント
色無地には豪華な袋帯が映える。金糸を織り交ぜたり、古典的な模様があるとフォーマル感が増す
帯揚げ帯と同じ色で統一感を出すか、あえての対照色でアクセントをつける
帯締め帯揚げと合わせた色で、細やかな配慮を見せる
草履・バッグ着物や帯と色を合わせ、全体の調和を意識する
髪飾り季節の花をモチーフにしたものなど、控えめながらも華やかさを加える

色無地の着物を卒業式に着用することで、母親としての落ち着きや品位を保ちつつ、お子さまの晴れ舞台を色鮮やかに彩れます。着物自体が持つシンプルな美しさは、帯や小物でのアレンジ次第で幅広い印象を与えられるため、40代の母親にとってはコーディネートの楽しみが多い一方で、その選択には慎重さが求められます。

色無地の着物を卒業式で着る際は、全体の色使いを三色程度に抑え、統一感を持たせることがポイントです。また、紋が入っているとより一層の格を感じさせ、写真などで見返したときにもすてきな印象を残します。

40代の母親が卒業式に色無地の着物を選ぶことで、品のある落ち着いた装いを実現しながら、シンプルな中にも個性を表現する絶好の機会を持てるのです。適切な色選びと小物使いで、卒業式という特別な日にふさわしい装いを完成させましょう。

時間を味方につける準備のポイント

卒業式は、お子さまが次のステップに進むための準備と重なるため、何かとバタバタしてしまいます。そこで、時間を味方につけて留袖を準備するポイントを紹介します。

卒業式の準備はいつから始めるべきか

卒業式という一大イベントに向けての準備は、意外と見落としがちですが、実は数カ月前から始めるのが適切です。特に、着物を新調したり、レンタルする場合は、希望する着物が予約で埋まってしまうことも少なくありません。では、いつから準備を始めるのが理想的でしょうか。

まず、卒業式が行われる季節に合わせて、その時期にふさわしい色や柄の着物を選ぶことが大切です。たとえば春の卒業式では、明るい色合いや柔らかな印象の花柄が好まれます。そのため、実際の卒業式の3〜4カ月前からゆっくりと選び始めると良いでしょう。この時期なら、落ち着いた色味の色無地や、季節感のある模様が織り込まれた訪問着など、多くの選択肢の中からじっくりと選べます。

次に、着物だけでなく、帯や小物も同時に選び始めることが大切です。全体のコーディネートを考えながら、帯揚げや帯締め、草履やバッグなどを揃えていきます。色の統一感や小物同士のバランスに気を配りつつ、上品で控えめな装いを目指しましょう。

また、着付けの予約も忘れてはなりません。卒業式の時期は着付け師も大変多忙になるので、少なくとも2カ月前には予約を入れておくのが安心です。特に40代の女性の場合、礼装としての格式を保ちつつも、年齢にふさわしい落ち着きのある装いが求められるため、プロの技できちんとした着付けをしてもらうことが大切です。

予定を立てる際は、以下のタイムラインを参考にしてみてください。

  • 4カ月前:着物や帯の選定を始める。レンタルの場合は予約をする。
  • 3カ月前:小物選びを開始する。草履やバッグなどのアイテムを決める。
  • 2カ月前:着付けの予約を入れる。美容院の予約もこの頃に行う。
  • 1カ月前:最終的なフィッティングを確認し、小物を試着する。
  • 2週間前:全てのアイテムをチェックし、準備完了。

このように段階を踏んで準備を進めることで、卒業式当日を迎えるまでの時間を有効に使い、安心して当日を迎えられるでしょう。

忙しい母親でも余裕を持って準備するコツ

忙しい毎日を送る中で、卒業式の準備を余裕を持って行うには、計画的な行動が必須です。

まず、日々のスケジュールに準備のための時間を確実に取り入れることが大切です。たとえば、週に一度は卒業式の準備に関する事項を確認する時間を設けるなどして、準備を進めていくことをおすすめします。

次に、着物や小物選びに関しては、インターネットを活用することも一つの手です。多忙な中でも、オンラインショップであれば24時間いつでもアクセス可能であり、家庭や仕事の合間を見つけては、少しずつ着物をチェックできます。写真やレビューを参考にしながら、自分に合うものを見つけていきましょう。

さらに、具体的なコーディネートを考える際には、色や柄だけでなく、季節や会場の雰囲気、自身の体型などを考慮した上で選ぶことが大切です。ときには専門のスタッフに相談しながら、無理のない範囲で最適な選択をするのもよいでしょう。

また、卒業式の準備を一つの楽しみと捉え、家族や友人に相談しながら進めていくのも効果的です。仲の良い友人と一緒に着物選びを楽しむことで、より良いアイデアが生まれることもあります。

卒業式の準備は、あくまで余裕を持って進めることを心がけましょう。全てを完璧にしようとすると逆にストレスが溜まることもあります。ある程度の準備ができたら、残りは当日の楽しみとしておくなど、気持ちの余裕を保つことが何よりも大切です。

このように計画的に、そして楽しみながら準備を進めることで、卒業式の日を迎えられるでしょう。

卒業式に映える色無地コーディネート

40代の方に最適な色無地の選び方や、卒業式でのコーディネートを解説します。着物選びやコーディネートで悩んでいる人は、参考にしてください。

卒業式で好印象を与える色無地の選び方

卒業式は、自身やご家族にとっての大切な節目です。華やかながらも控えめな印象を与える色無地の着物は、そんな場にふさわしい選択となります。色無地は、一見シンプルですが、上品で洗練された大人の女性の美しさを引き立てる要素がたくさん詰まっています。では、色無地を選ぶ際のポイントについて見ていきましょう。

色無地選びの基本は、季節感と自身の色気(雰囲気)に合わせることです。特に春の卒業式では、季節を感じさせる優しい色味が好まれます。淡いピンクや柔らかなグリーンなど、花が咲き始めるこの時期にふさわしい色を選びましょう。

次に重要なのが、品格を感じさせる色の選択です。たとえば、落ち着いたベージュや淡いグレーは、大人の女性にふさわしい控えめながらも格調高い装いを実現します。逆に、あまりにも明るすぎる色は、場にそぐわないこともあるため、避けるようにしましょう。

また、色無地を選ぶ際には、自分の肌色や髪色に似合う色を選ぶことも忘れてはいけせん。和装は、着る人の個性を引き立てる衣装です。たとえば、暖色系の肌色の方は柔らかなクリーム色、寒色系の肌色の方は淡いブルーなど、自分の魅力を最大限に引き出す色を選ぶとよいでしょう。

色無地を選ぶ際は、素材にも注目してください。春の卒業式には、しなやかで肌触りの良い絹素材が適しています。また、織り柄が入ったものを選べば、さりげない装いの中にも豊かな表情を加えられます。

アンティークきものレンタルゆめやの色無地着物をご紹介しましょう。
若苗色に織り柄の一つ紋付色無地」落ち着いた若苗色の色無地ですが、織り柄が入っていますので、上品さと豪華さがあります。また、紋入りのため入学式や卒業式などフォーマルな場所へ着ていただけます。

色無地を選ぶ際の参考ポイントを表にまとめてみましょう。

選ぶポイント推奨される色・素材
淡いピンク、やわらかなグリーン、クリーム色、淡いグレー、絹(素材)
品格ベージュ、グレー、淡いブルー
肌色暖色系:クリーム色、やわらかなピンク
寒色系:淡いブルー、グリーン

上品で洗練された帯の合わせ方

色無地の着物に合わせるは、コーディネート全体の印象を決定づける重要なアイテムです。卒業式のようなフォーマルな場では、袋帯を選ぶのが基本です。袋帯は、礼装用の帯の中でも最も格式が高く、色無地の着物を一段と引き立ててくれます。

帯の選び方において大切なのは、着物の色とのバランスです。色無地の落ち着いた色味には、少し華やかな帯を合わせることで、絶妙なアクセントになります。一方で、着物が淡い色の場合は、帯も同じく淡い色で統一感を持たせられます。

帯揚げや帯締めといった小物も忘れてはいけません。これらの小物は、帯と同じ色で揃えることで品のある印象を与え、装い全体の調和を生み出します。

次に、帯の柄ですが、卒業式の場では派手すぎない古典的な模様が適しています。金糸や銀糸を使った繊細な刺繍が入った帯は、格式高い印象を与えつつも、過度な華美さは避けられるためおすすめです。

合わせる帯のイメージについて、表で確認してみましょう。

項目イメージ
帯の選び方落ち着いた色の着物:華やかな模様の袋帯
淡い色の着物:色味を合わせた袋帯
小物帯揚げ、帯締め:帯と同色で統一感を出す
帯の模様派手すぎず上品な古典的な模様

色無地をコーディネートする際は、全体のバランスを考え、あまりにも目立つアイテムは避けて、着物の美しさを最大限に引き出しましょう。着物と帯、小物が一体となって卒業式という特別な日にふさわしい装いが完成します。

着物と帯のバランスは難しいですね。ここでは色無地に合わせる袋帯をご紹介しましょう。着物自体無地ですので、派手ではなくさりげなく柄の入っているものがおすすめです。着物の色とのバランスを合わせて選びましょう。

美しい母親になるための装いの考え方

40代の卒業式にふさわしいコーディネートを考えるときは、品がありつつも、現代の感覚を取り入れた上品な装いを目指しましょう。

まず基本となるのは、色無地や淡い色の訪問着を選び、それに合わせる帯は袋帯で落ち着いた色合いを選ぶこと。しかし、ただ古典的になりすぎず、地紋や金糸を用いた帯を選ぶことで、華やかさも忘れないようにしましょう。また、紋の入ったものを選べば、よりフォーマルな印象を与えられます。

装いに深みを加える帯揚げ帯締めは、品のある淡い色や優しい色のものを選び、統一感を持たせることで、全体の印象をより上品に見せることができます。小物には、色を抑えた草履やバッグを合わせることで、シンプルながらも洗練された雰囲気を醸し出し、40代女性の落ち着きと美しさを引き立てましょう。

卒業式の日は、母親としての格を示しつつも、春の季節感を取り入れた明るいコーディネートを心がけると良いでしょう。たと例えば、髪飾りに季節の花を取り入れたり、控えめながらも存在感のある刺繍入りの小物を加えることで、季節感を演出できます。

以下に、40代卒業式コーディネートの例を示しましょう。

アイテム選び方
着物色無地や淡い色の訪問着を選ぶ
落ち着いた色の袋帯で、地紋や金糸を加える
帯揚げ優しい色で品を持たせる
帯締め色味を抑えつつも、上品な素材を選ぶ
草履・バッグ控えめな色合いで統一感を出す
髪飾り季節の花や控えめな刺繍を加える

このようなコーディネートにすることで、40代の女性が持つ落ち着きと、母親としての温かみを表現し、卒業式という一日を美しく彩れるでしょう。着物は日本の伝統文化として、多くの人々に愛され続けています。40代から着物を着る楽しみを見つけ、ライフスタイルの一部に取り入れてみてはいかがでしょうか。

色無地の着物だからこそ、小物にはこだわりたいものです。フォーマルな場所での色無地の着物に合わせる草履をご紹介しましょう。左端「金の土台に白いレース編み鼻緒の礼装用草履A」金色の土台ですので色無地だけでなく、留袖や訪問着にも使用していただける礼装用の草履です。シンプルながらも鼻緒のレース編みが柔らかさと華やかさを出してくれます。中央「クリーム色に金銀花唐草の鼻緒が輝く礼装用草履」鼻緒の唐草がおしゃれですね。礼装だから無地でなければならないということもありませんので、色無地の着物にはさりげないポイントではにでしょうか?右端「銀散らしの白地に金銀織りの鼻緒の礼装用草履」白地に金銀の色で織り込まれた鼻緒が上品な礼装用の草履です。白足袋の足元をさりげなく華やかにしれくれる履き心地の良い草履です。

髪型とアクセサリーで差をつける

卒業式という一大イベントでは、装いに合わせた髪型を選ぶことが、トータルのコーディネートを華やかに仕上げる重要な要素です。特に、母親としての出席では、控えめで上品な印象を与えるスタイルが求められます。着物を着る際に選ぶべき髪型には、いくつかの基本的なルールがあります。この章では、卒業式にふさわしい髪型とアクセサリーの選び方を紹介します。

卒業式にふさわしい髪型の選び方

卒業式の場では、訪問着や色無地など、少しフォーマルな着物を選ぶことが多いです。そのため、髪型もフォーマル感を演出するものが適しています。以下に、適した髪型の特徴を挙げます。

  • 上品な束感: 華やかさを演出しつつも、毛束をきちんとまとめることで上品な雰囲気を保つ。
  • 適度な高さ: あまりに高すぎるアップスタイルは、着物の衿元とのバランスを崩すことがあるため、適度な高さに抑える。
  • シンプルな装飾: 派手すぎるアクセサリーは避け、控えめながらも質感の良いヘアアクセサリーを選ぶ。

具体的には、以下のような髪型が卒業式のシーンに合います。

  • 低めのシニヨン: 落ち着いた印象を与えつつ、和装にマッチするクラシカルなスタイル。
  • ハーフアップ: 軽やかさを保ちつつ、母親らしいやわらかさを演出するスタイル。
  • 編み込みを取り入れたアップスタイル: 編み込みで凝ったデザインを加えることで、さりげない華やかさをプラス。

着物の柄や色、帯のデザインにも注意を払い、髪型との調和を考慮することが重要です。以下に、具体的な髪型の例とそれに合う着物のスタイルを示します。

髪型着物のスタイル
低めのシニヨン訪問着や色無地に合わせたフォーマルなスタイル
ハーフアップ袋帯を使ったやや華やかな着物
編み込みアップ金糸や地紋の入った礼装向けの着物

これらの髪型には、シンプルながら上品なヘアアクセサリーを加えることで、さらに洗練された印象になります。櫛や簪、パールのピンなどを適宜加えて、全体のバランスを整えましょう。

左端「金色の葉っぱに真珠や宝石デザインのかんざし」ゴールドに真珠とビジューが華やかなかんざしです。どんな色の着物にも合わせていただきやすいデザインです。中央「黒地に小花のワイヤーアートの洋風かんざし」シックな黒地のかんざしは、落ち着いた色の着物にさりげなく合わせていただけます。右端「白から紫メインの洋花のビーズ細工かんざし」淡い色の着物に合わせていただける華やかなビーズのかんざしは、入学式など春の式典におすすめです。

着物に合わせるアクセサリーの選び方とは

着物のコーディネートにおいて、アクセサリーは装いに微妙なニュアンスを加えるアクセントとなります。特に、卒業式などのフォーマルな場では、着物と調和するような選び方が求められます。アクセサリー選びにおけるポイントを解説します。

  • 素材: 真珠や琥珀など、和装に適した自然な素材を選びます。
  • : 着物や帯の色と調和する、またはアクセントとなる色を選びます。装い全体が暗くなりすぎないように気をつけましょう。
  • 大きさ: 大きすぎるものは避け、小ぶりで上品なものを選びます。

着物の必需品のバッグは、小物を収納するだけでなく着物のコーディネートの重要なアイテムでもあります。ここでは、色無地の着物を華やかにしてくれるビーズバッグをご紹介しましょう。
左端「春らんまん、手刺繍の桜が満開のビーズバッグ」春らしいピンク色のビーズバッグは淡い色の着物にも合いますし、濃いめの色の着物には華やかさをプラスしてくれます。中央「グレーのグラデーションに白いツタの葉のビーズバッグ」珍しいグレーのビーズバッグはシックな雰囲気もありますので、小物をプラスすることで落ち着きを出してくれます。右端「深緑に椿の花のビーズバッグ」深緑のおしゃれなビーズバッグは色無地の着物に合わせても引き立ちます。

アクセサリーは着物の色や帯、その日の気分に合わせて選ぶのが楽しいものです。たとえば、地味な色無地の着物には、少し大きめのピアスやネックレスで華やかさを出し、柄が多い着物にはシンプルなアクセサリーを合わせて、バランスをとるのが基本です。

以下に、着物の種類とおすすめのアクセサリーを組み合わせた表を示します。

着物の種類おすすめのアクセサリー
色無地真珠のピアス
訪問着琥珀のブローチや簪
小紋繊細な金細工のピンやリング

また、アクセサリーは季節感を演出する要素でもあります。卒業式の行なわれる春は、花をモチーフにしたアクセサリーや、薄いピンクや黄色などの、明るく淡い色を選ぶと、季節に合ったコーディネートが完成します。

アクセサリーを選ぶ際は、着物や帯とのバランスはもちろん、髪型や小物との調和も大切にしましょう。装い全体を考えたうえで、選ぶアクセサリーには自分らしさを反映させることができれば、卒業式の日の装いがより特別なものになるでしょう。

お子さまと一緒に楽しむ卒業式

卒業式は、お子さまの節目の一日であり、家族にとっても記憶に残る大切なイベントです。その特別な日に親子でコーディネートを合わせることは、一層の祝福と喜びを感じられるでしょう。親子でのコーディネートは、ただ単に色や柄を合わせるだけではなく、互いの服装が高め合い、相乗効果を生むよう心がけることが大切です。

親子で卒業式を盛り上げるコーディネート

親子で卒業式を楽しむための、コーディネートのポイントをいくつかご紹介します。まず、母親の着物の色や柄は、卒業式の品格にふさわしいものでありつつ、お子さまの袴やスーツと色合いを調和させると良いでしょう。たとえば、母親が淡い色の色無地や小紋を選ぶ場合、お子さまの袴の帯にその色を取り入れると、さりげないリンクを意識できます。

また、帯の選び方も重要です。帯は単なる飾りではなく、着物の印象を大きく左右します。お子さまの服装に合わせた袋帯や名古屋帯を選ぶことで、親子の装いが一層引き立ちます。たとえば、お子さまの服に古典的な模様がある場合、母親の帯もそれに呼応する模様を選ぶことで、統一感のある印象を与えられます。

帯揚げや帯締めなどの小物も同様に、親子のコーディネートに華やかさを加える要素となります。親子で色を合わせる、または帯締めに親子の好きな色を取り入れるなど、細部にまでこだわると、装いに深みが増します。

以下に、母親とお子さまのコーディネート例を示します。

母親の着物お子さまの着物コーディネートのポイント
淡いベージュの色無地紺の学ランお子さまのネクタイにベージュのアクセントを加える
落ち着いた紫の訪問着袴セット袴の帯に紫を取り入れ、統一感を出す
明るいグレーの小紋洋服のスーツスーツのシャツやアクセサリーにグレーを取り入れる

さらに、卒業式当日の気候も考慮して、装いに季節感を取り入れることも親子コーディネートの楽しみの一つです。春の卒業式であれば、淡い桜色や新緑の色を小物に取り入れることで、季節を感じる着こなしになります。

着付けは当日の忙しさを考慮して、前もっての予行練習やプロの着付けを検討するなど、スムーズに準備ができるよう計画を立てましょう。このように親子でコーディネートを考えることで、卒業式はもちろん、お互いの絆を深めるすてきな機会になることでしょう。

お子さまの入学式にも使える着物の着回し術

卒業式だけではなく、お子さまの入学式にも活用できる着物の着回し術を身につけることは、着物をより身近なものにし、経済的な利点ももたらします。卒業式で着用した着物は、少しの工夫で入学式にもふさわしい装いへと変化させられます。ここでは、そのための具体的な方法をご紹介します。

まず、卒業式で選んだ着物が色無地無地の訪問着であれば、その着物は入学式にも適しています。色無地や無地の着物は、飽きのこないシンプルさがあり、小物で簡単に雰囲気を変えられます。たとえば、卒業式で使用した帯や帯揚げを、季節感のある柄や色に変えるだけで、卒業式のときとは全く違う印象になります。

また、卒業式では袋帯を使用することが多いですが、入学式では少しカジュアルな名古屋帯に変更すると、装いに新鮮さを持たせられます。帯締めや帯揚げを変えることも、雰囲気をガラリと変える簡単な方法の一つです。

さらに、小物を工夫することで、着物の印象を大きく変えられます。たとえば、卒業式では控えめな色の草履やバッグを選んでいた場合、入学式では少し明るい色や華やかなデザインのものに変えてみましょう。これだけで、春らしい明るい雰囲気を演出できます。

髪型や髪飾りを変えることも、着回しの際には大切なポイントです。卒業式では、よりフォーマルな印象の髪型や髪飾りを選び、入学式では少しカジュアルで親しみやすいスタイルに変えることで、装い全体の雰囲気を変えられます。

以下に、卒業式と入学式での着物の着回し例を示します。

項目卒業式の装い入学式の変更点
着物淡い色の色無地同じ着物を使用
豪華な袋帯カジュアルな名古屋帯に変更
帯揚げ上品な帯揚げ明るい色や季節感のある色に変更
帯締め落ち着いた帯締め明るく華やかな帯締めに変更
草履・バッグ控えめな色合い明るい色や柄に変更
髪飾りフォーマルな髪飾りカジュアルで明るい髪飾りに変更

このように、着物は多くのシーンで着回しが可能です。何をどのように変えればよいのか、基本的なルールを理解しておくと、さまざまな式典での装いに困ることはなくなるでしょう。着物を着ることの楽しさと、その魅力を再発見するきっかけにもなります。普段から着物に親しむことで、入学式の日も安心して、お子さまの晴れの舞台を一緒に楽しめるでしょう。

卒業式と入学式では、母親としての装いだけでなく、心持ちも新たに、お子さまの新しい門出を祝福する気持ちを表現できます。着物の着回し術を身につけて、卒業式も入学式も、華やかで心温まるものにしましょう。

まとめ

卒業式当日、何も問題なくスムーズに準備を進め、式に参列するためには、事前のチェックが不可欠です。以下は、卒業式を迎える前に確認しておくべき最終チェックリストです。これらをきちんと準備しておけば、当日は安心して大切な家族の門出を祝えます。

着物と帯のチェック

  • 汚れやシワがないか
  • 季節や時間帯に合わせた選び方をしているか
  • 帯の結び方を予習しておく

小物のチェック

  • 帯揚げ、帯締めは着物に合わせた色とデザインか
  • 草履やバッグは服装に合わせたスタイルで準備されているか

着付けに関するチェック

  • 着付けの予約は済んでいるか
  • 自分で着付ける場合は、一連の流れを再確認しておく

髪型とメイクのチェック

  • 髪型は着物に合わせた上品なものになっているか
  • メイクは控えめで自然なものになっているか

時間管理のチェック

  • 当日のスケジュールを事前に確認し、余裕を持って準備を進める

卒業式は、ご自身だけではなくお子さまにとっても重要な一日です。このリストを参考に、落ち着いた準備を行い、特別な日をよりすてきな思い出として残せるよう、心がけましょう。着物を着用することは、自身の美意識を高め、格式ある場での振る舞いにもつながります。卒業式という晴れの日にふさわしい装いを整え、すばらしい一日を迎えましょう。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

露芝と、縮緬に辻が花模様の片身替わり訪問着【hou174】

【2024年最新版】訪問着レンタルで叶える、レトロモダンな着姿!

はじめに 訪問着は、日本の伝統文化を象徴する和装の一つであり、結婚式、七五三、成人式など、人生の節目や特別な日に着用されます。中でも、レトロモダンな訪問着は、その古典美と現代の感性が融合したデザインで、多くの女性たちの心 […]

ひとつ前の記事

婚礼イメージ

【和装婚】花嫁衣装における綿帽子の意味と種類、白無垢との合わせ方

はじめに 日本の結婚式はその格式や伝統を保ちつつ、時代とともにさまざまな変化を遂げてきました。そんな日本の結婚式に花嫁の美しさを引き立てるアイテムとして、欠かせないものが「綿帽子」です。今回は、綿帽子の基本的な知識から結 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!