着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

青海波柄の紫苑色に菊や紅葉の小振袖【hak59】

卒業式で袴が大学生に選ばれる理由と、おすすめのスタイル&コーデ術

目次

はじめに:大学卒業式で袴を選ぶ魅力

大学の卒業式は、学生生活の終わりを告げる大切な節目です。そんな特別な日にを選ぶことは、日本の伝統を感じられるすてきな選択肢となります。袴は、単なる服装ではなく、新たな門出を祝福し、未来への希望を象徴する装いです。ここでは、なぜ袴が大学の卒業式にふさわしいのか、また女子大学生に人気の袴スタイルについてご案内します。

大学卒業式で袴を選ぶ理由

大学卒業式では、多くの女子大学生が袴を選びます。袴は和服の一種で、優雅で格式のある印象を与えるため、卒業式のような記念すべき日に最適です。また、袴は着物と異なり、動きやすく、現代的なデザインが多く存在します。これらの理由から、袴は学生からの人気が高いのです。

袴の特徴

  • 伝統とモダニティ: 袴は日本の伝統的な衣装でありながら、現代のデザインが取り入れられています。
  • 多様なデザイン: 色や柄のバリエーションが豊富で、自分の好みや個性に合わせて選べます。
  • 着心地の良さ: 着物に比べて動きやすく、卒業式の長時間にわたる行事でも快適です。

袴の選び方

  • サイズとフィット: 身長や体型に合ったサイズを選ぶことが大切です。
  • 色合いと柄: 卒業式のシーンに合わせた、落ち着いた色合いや華やかな柄を選びましょう。

女子学生に人気の袴スタイルとは

袴のスタイルはさまざまで、自分に合ったスタイルを見つけることが重要です。特に人気のある袴スタイルをご紹介しましょう。

人気の袴スタイル

  • シンプルモダン: 無地やシンプルな柄の袴は、洗練された大人の印象を与えます。
  • レトロクラシック: 大正ロマンを感じさせるレトロな柄の袴は、個性的で華やかな印象を演出します。
  • カラフルポップ: 鮮やかな色合いの袴は、元気で明るい印象を与え、写真映えもします。

袴を選ぶ際のポイント

  • レンタルか購入か: レンタルの場合は予約の時期や利用条件を確認しましょう。
  • 着付けと小物のコーディネート: 袴に合った帯や小物を選ぶことで、トータルコーディネートが完成します。
  • 写真撮影を考慮: 当日は写真撮影も多いため、写真映えする袴を選ぶのも一つのポイントです。

大学の卒業式で袴を選ぶことは、自分だけの特別なスタイルを表現し、記念すべき日をより一層華やかに彩るすてきな方法です。各種スタイルから自分に合った袴を選び、卒業式を心に残る特別な日にしましょう。

最近ではレトロ感のある袴スタイルが人気です。アンティーク着物はレトロ風に作られた着物ではなく、本物のアンティークですので味わいが違います。ここではアンティークきものゆめやおすすめのレトロな袴スタイルをご紹介しましょう。

左端「紺桔梗色の矢羽根紋様に四季の花の小振袖」袴では人気の矢絣柄に四季の小花があしらわれた可愛らしい着物にシックなグレーの袴をコーディネートしています。ベレー帽やブーツを合わせレトロ感をさらにアップするのもおすすめです。中央「向日葵色に大胆な竹紋様の小振袖」現代ではなかなか見かけることのない大胆な色と柄の小振袖ですね。個性的なコーディネートをお探しの方にぴったりです。右端「大胆なぼかしの縦縞模様に源氏車、藤の小振袖」ベージュとブルーの大胆なストライプが目を引きます。柄は源氏車と藤というシンプルな仕上がりです。他の人と被ることのない袴スタイルで注目されること間違いなしです。

袴の種類と特徴:大学生におすすめのスタイル

卒業式に袴を着用することは、大学生にとって特別な体験です。袴にはさまざまな種類や特徴があり、自分に合ったスタイルを見つけることが大切です。ここでは、袴と他の和装との違いや袴の多様性について詳しく解説します。

他の和装と袴の違いとは

袴と他の和装とは、見た目の美しさでは共通していますが、用途やデザインには大きな違いがあります。例えば振袖は、フォーマルな場で着用されることが多く、装飾が豊富で華やかです。一方、袴は元々は男性の武士が着用していたもので、現在では女性の卒業式などのフォーマルな場で着用されます。

振袖と袴の違い

  • 用途: 振袖は結婚式や成人式などで着用され、袴は主に卒業式などで着用されます
  • デザイン: 振袖は袖が長く、豪華な装飾が特徴。袴はよりシンプルで動きやすいです。
  • 着付け: 振袖の着付けは複雑で時間がかかりますが、袴は比較的簡単です。

モダンからレトロスタイルまで:袴の多様性

袴は、モダンスタイルからレトロスタイルまで、幅広いデザインが存在します。自分の好みや卒業式のテーマに合わせて選ぶことができます。

人気の袴スタイル

  • モダンスタイル: シンプルで洗練されたデザイン。無地やモダンな柄が特徴。
  • レトロスタイル: 大正ロマンを感じさせる古典的な柄。レトロな魅力があります。
  • カジュアルスタイル: 日常的な雰囲気を持ち、カジュアルな卒業式に適しています。

袴選びのポイント

  • サイズ選び: 身長や体型に合ったサイズの袴を選ぶことが重要です。
  • 色と柄の選択: 自分の個性を表現できる色や柄を選びましょう。
  • レンタルか購入か: レンタルの場合は早めの予約が必要です。購入する場合は、将来も着用できるスタイルを選ぶとよいでしょう。

袴は、大学卒業式の装いを特別なものにします。自分に合ったスタイルを見つけて、卒業式を心に残る一日にしましょう。選び方やスタイルについての情報を事前に確認し、安心して当日を迎えることができるように準備を進めてください。

左端「青海波柄の紫苑色に菊や紅葉の小振袖」こちらは何度も染め上げられたと思われる深みのある紫苑色に丁寧に手描きで描かれた菊や紅葉。とても趣のある上質な小振袖です。中央「紅紫色のぼかしに鹿の子の雲と扇面の小振袖」鮮やかな色使いで華やかさがあります。扇や鶴、御所車が手描きで描かれていて職人さんの細かな技が素晴らしい着物です。70〜80年前の本物のアンティーク着物に触れてみてください。右端「グレーの波紋と黒い入子菱の縦縞 ゆめやオリジナル袴用きもの」ゆめやはオリジナル着物も扱っています。アンティーク着物とはまた違った現代の着物。おしゃれな袴姿を実現するために作られた個性的な着物です。

袴レンタルの基本:予約方法と選ぶポイント

大学の卒業式に袴を着る際、多くの学生がレンタルを利用します。袴レンタルは手軽で、多様な選択肢を提供してくれるためです。ここでは、袴レンタルの予約方法と、選ぶ際の重要なポイントについて解説します。

袴レンタルの予約時期と注意点

袴のレンタルには適切な時期と注意すべき点があります。早めの予約がポイントです。

袴レンタルの最適な予約時期

  • ピークシーズンを避ける: 卒業式シーズンはレンタルの需要が高くなります。可能な限り早めに予約をすることが重要です。
  • 半年前から始める: 卒業式の約半年前からレンタルの予約を始めるのが理想的です。

注意すべきポイント

  • サイズの確認: 自分の体型に合ったサイズを確認しましょう。
  • デザインの選択: 卒業式にふさわしいデザインを選びます。選択肢は多岐にわたるため、事前にイメージを固めておくとよいでしょう。
  • レンタル条件の確認: レンタル期間や返却方法など、レンタルの条件をしっかり確認してください。

袴選びで重視すべきポイント

袴を選ぶ際には、以下のポイントを考慮することが重要です。

袴選びのポイント

  • 色と柄の選択: 袴の色や柄は卒業式の印象を大きく左右します。自分の好みやパーソナリティを反映させる色や柄を選びましょう。
  • 合わせる小物: 袴に合わせる帯や草履、バッグなどの小物選びも大切です。全体のコーディネートを考えて選ぶとよいでしょう。
  • 着付けの簡単さ: 着付けが簡単なスタイルを選ぶと、当日の準備がスムーズに進みます。

その他の考慮事項

  • 写真撮影: 卒業式の記念写真に映える袴を選ぶことも重要です。写真撮影を考慮した袴選びをしましょう。
  • レンタル店の選び方: 良質なサービスを提供する信頼できるレンタル店を選びましょう。口コミやレビューを参考にするのも一つの方法です。

袴をレンタルする際は、これらのポイントを参考にして、自分にとって最適な選択を行いましょう。適切な準備と選択により、卒業式はより特別な日となるはずです。

袴コーディネートには足元も重要なポイントです。華やかな小振袖にすっきりとした袴、そしてアクセントとなる帯や草履などの小物。全てが調和することでおしゃれな袴スタイルが完成します。ここではゆめやのこだわりの草履をご紹介しましょう。

左端「白と黒の土台と紅白梅の手刺繍の草履」淡い色の袴にアクセントを持ってきたい場合には黒の鼻緒の草履はいかがでしょう。柔らかい鼻緒で履きやすさもあり、歩くのも快適です。中央「桜の鼻緒と黒地に桜の漆塗りのぽっくり」主役だけが履くことのできるぽっくり。現代では舞妓さんが履いているのを見かけます。成人式や花嫁さん、卒業式に履くことで可愛らしさがアップします。右端「ブルーと黒にドット柄の鼻緒、椿の手刺繍の草履」鮮やかなブルーに可愛らしいドット柄の鼻緒は現代風にカラフルポップな袴コーディネートにおすすめです。

卒業式の袴コーディネート:色と柄の選び方

卒業式の袴コーディネートは、その日の思い出を美しく彩る重要な要素です。特に色と柄の選び方は、袴の印象を大きく左右します。ここでは、卒業式に映える袴の色選びと、個性を引き立てる柄の選び方について解説します。

卒業式に映える袴の色選び

袴の色選びは、卒業式の装いを特別なものにするためのポイントです。色は、その人の個性や雰囲気を表現するための大切な要素であり、選ぶ色によって異なる印象を与えることができます。

色選びのポイント

  • 季節感を考慮する: 春の卒業式には、明るく爽やかな色合いがおすすめです。
  • 個性を表現する: 好きな色や似合う色を選ぶことで、自分らしさを表現しましょう。
  • 全体のバランスを考える: 袴の色と帯の色が調和するように考慮することが大切です。

人気の色

  • パステルカラー: 優しく女性らしい印象を与えます。
  • ビビッドカラー: 明るく元気な印象を演出し、写真映えもします。
  • トラディショナルカラー: 落ち着いた色合いで、上品な印象に。

柄で差をつける:菊、桜、紗綾形など

袴の柄選びもコーディネートの重要なポイントです。伝統的な柄からモダンなデザインまで、さまざまな選択肢があります。

柄選びのポイント

  • 個性を反映させる: 自分の好みや性格を反映させた柄を選びましょう。
  • コーディネート全体を考慮: 袴の柄と帯や小物が調和するように選びます。
  • 印象に残る柄を選ぶ: 卒業式の記念になるような、印象深い柄を選びましょう。

人気の柄

  • : 華やかで格式のある印象を与えます。
  • : 春らしく、フレッシュな印象を演出。
  • 紗綾形: 伝統的ながらモダンな雰囲気を持つ柄です。着物の織り柄として有名です。

袴の色と柄を上手に選ぶことで、卒業式の装いは一層引き立ちます。自分のスタイルに合った袴を選び、卒業式を思い出深い一日にしましょう。色や柄の選び方をしっかり考慮し、準備を進めてください。

着付けと小物の選び方:完璧な袴スタイルを目指して

袴を着る際には、着付け小物選びが大切です。これらは袴スタイルを完成させ、卒業式の装いをより美しく見せるための重要な要素です。ここでは、袴の着付けの基本と、袴に合わせる小物の選び方について詳しく説明します。

袴の着付けの基本とは

袴の着付けは、基本的な手順を把握しておくことで、スムーズに行うことができます。以下に袴と着物の着付けの基本的なステップを紹介します。

着付けのステップ

  • 下着の準備: 肌襦袢や裾除けなどの下着を身につけます。そして長襦袢を着用します。
  • 着物の着用: 着物を正しく着て、帯を締めます。
  • 袴の着用: 着物の上から袴を履き、袴紐でしっかりと結びます。
  • 最終調整: 袴の丈と着物の裾が適切になるように調整します。

着付けのポイント

  • 袴の丈の調整: 袴の丈は、足のくるぶしが隠れるくらいが理想的です。
  • 帯の結び方: 帯は袴に合わせて、文庫結びに結びます。
  • 着心地の確認: 着付けが終わったら、歩いたり座ったりして、動きやすさを確認しましょう。

草履や帯など、袴に合わせる小物選び

袴のコーディネートにおいて、草履などの小物選びはとても重要です。小物は袴のスタイルをより引き立てるアクセントになります。

小物選びのポイント

  • 色とデザインの調和: 袴や着物と色やデザインが調和する小物を選びます。
  • 機能性と快適さ: 長時間の使用を考慮し、機能性と快適さを兼ね備えた小物を選ぶことが大切です。
  • 全体のバランス: 袴や着物がシンプルな場合は華やかな小物を、逆に派手な場合はシンプルな小物を選ぶと全体のバランスが取れます。

必要な小物

  • 草履: 袴に合わせた草履を選びます。色や形状にも注目しましょう。なお、卒業式においてはブーツも人気です。
  • : 袴のスタイルに合わせた帯を選びます。帯の色や柄で印象が変わります。
  • バッグ: 草履や帯と色を合わせたバッグを選ぶと、統一感が出ます。
  • その他のアクセサリー: 髪飾りやショールなどのアクセサリーも袴のスタイルを引き立てます。

袴の着付けと小物選びは、卒業式の装いを完璧にするためにとても重要です。これらのポイントを参考にして、自分に合った袴スタイルを完成させましょう。

ここでゆめやのバックをご紹介しましょう。袴のコーディネートといえば、巾着を思い浮かべる人もいるかもしれませんが、レトロ感のあるコーディネートを目指したい方には、ビーズのバックがおすすめです。

左端「乳白色に赤い椿のビーズバッグ」真っ赤な椿が印象的なビーズバックは、メリハリの効いた袴コーディネートや可愛らしいパステルカラーの袴の組み合わせにもマッチします。中央「水色に赤や紫の三色すみれが描き出された総ビーズバッグ」くすみカラーのアンティークバックは、レトロな雰囲気の袴コーディネートに合わせることでおしゃれ感がアップします。右端「乳白色に青いクレマチスの総ビーズバッグ」モノトーンコーディネートはもちろん、定番の袴コーディネートにも合わせていただきやすいバックです。

袴の写真撮影のコツ:すてきな思い出を残そう

卒業式は人生の大切な節目であり、その記念すべき日に袴姿を美しく撮影することは、素晴らしい思い出を残すために欠かせません。ここでは、袴での写真撮影のポーズアイデアと、卒業の記念に残る写真を撮るコツについて解説します。

袴での写真撮影のポーズアイデア

袴姿での撮影では、ポーズがとても重要です。自分の袴姿をより魅力的に見せるためのポーズをいくつか紹介します。

ポーズのアイデア

  • 正面を向いたスタンダードポーズ: まっすぐに立ち、カメラに向かって微笑むシンプルなポーズです。
  • 横向きポーズ: 袴の裾や帯のデザインを強調できるポーズ。少し横を向いて、肩越しにカメラを見ます。
  • 座りポーズ: 座っているポーズはリラックスした印象を与えます。袴の裾をきれいに広げて、自然体で座りましょう。

ポーズのコツ

  • 自然な表情を心がける: 緊張せずに、自然な表情をすることが大切です。
  • 背筋を伸ばす: 姿勢良く背筋を伸ばして立つと、袴姿が美しく見えます。
  • 小物を活用する: 手持ちの小物を上手に使うと、ポーズにバリエーションが生まれます。

卒業の記念に残る写真を撮るコツ

卒業の記念に残る写真を撮るためには、いくつかのコツがあります。

撮影のコツ

  • 自然光を活用する: 屋外で自然光の下で撮影すると、袴姿がより自然で美しく映ります。
  • 背景を選ぶ: 学校のシンボルや緑豊かな場所など、背景にもこだわりましょう。
  • グループで撮影する: 友達や家族と一緒に撮ると、写真がより楽しい雰囲気になります。

撮影時の注意点

  • 明るい時間帯を選ぶ: 日中の明るい時間帯に撮影すると、写真がクリアに仕上がります。
  • ポーズを事前に決めておく: 事前にポーズをいくつか決めておくと、撮影がスムーズに進みます。
  • プロのカメラマンを利用することも検討: 予算が許せば、プロのカメラマンに撮影を依頼するのも一つの方法です。

袴での写真撮影は、卒業式のすてきな思い出を永遠に残すための大切な一部です。これらのポーズや撮影のコツを活用して、思い出深い写真を残しましょう。

まとめ:大学卒業式の袴で特別な日を演出

大学の卒業式は、長い学生生活の終わりを告げる重要な日です。この特別な日を袴で迎えることは、新たな人生の門出にふさわしい華やかさと意味を持ちます。ここでは、袴で迎える卒業式の意味と、その特別な日をどのように祝うかについて締めくくります。

袴で迎える卒業式の大切な意味

袴を着用することは、単に伝統的なスタイルを楽しむだけではありません。それは、自分自身の成長と変化を祝う方法であり、新しい人生の章への移行を象徴しています。

袴が持つ意味

  • 伝統への敬意: 袴は日本の伝統的な衣装であり、それを着用することで文化への敬意を表します。
  • 成長の証: 長い学生生活を終え、新しいステージに進む準備ができたことを象徴します。
  • 個性の表現: 袴の選び方一つにも、自分の個性や美意識が反映されます。

卒業の節目を袴で華やかに祝おう

袴を着て卒業式に臨むことは、単なるファッションの選択以上の意味を持ちます。それは自己表現の一形態であり、人生の新たな始まりを祝う特別な方法です。

袴で祝う卒業式の魅力

  • 華やかさ: 袴はその華やかさで、卒業式という特別な日をさらに際立たせます。
  • 記念の瞬間: 袴姿での写真は、一生の記念になります。
  • 友人や家族との絆: 共に袴を着て祝うことで、友人や家族との絆も深まります。

大学の卒業式は、袴という伝統的な装いを通じて、一生に一度の特別な瞬間を演出します。袴を選び、着付ける過程から卒業式当日の写真撮影まで、全てが卒業の喜びと新たな始まりの期待を象徴しています。この一日を心から楽しみ、大切な思い出として残しましょう。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

露芝と、縮緬に辻が花模様の片身替わり訪問着【hou174】

【2024年最新版】訪問着レンタルで叶える、レトロモダンな着姿!

はじめに 訪問着は、日本の伝統文化を象徴する和装の一つであり、結婚式、七五三、成人式など、人生の節目や特別な日に着用されます。中でも、レトロモダンな訪問着は、その古典美と現代の感性が融合したデザインで、多くの女性たちの心 […]

ひとつ前の記事

花井幸子作、緑の地に桜・紅葉・御所車の色打掛一式【utk11】

打掛での前撮り・フォトウェディング完全ガイド! 着こなしと選び方

はじめに 結婚を控えた花嫁の皆さんに向けて、和装の中でも特に華やかな「打掛」に焦点を当て、前撮りの際の打掛の魅力やその選び方について深く掘り下げていきます。 打掛での前撮りとは? 打掛とは、結婚式や婚礼の際に花嫁が着る、 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!