着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

婚礼イメージ

【和婚】挙式や披露宴で「おかしい?」と思われないための色打掛選び

はじめに

色打掛の挙式での使用:伝統とモダンの融合

結婚式は、一生に一度の特別な日です。そんな大切な日に選ばれる衣装は、花嫁の夢と個性を映し出す重要なもの。特に、色打掛を着ることは、日本の伝統を尊重しながらも、現代の感性を取り入れたい花嫁にとって、理想的な選択肢となるでしょう。

色打掛は、鮮やかな色合いと豪華な柄が特徴です。伝統的な白無垢と比較すると、色打掛はよりカラフルで、式の雰囲気を明るく彩ります。また、和装と洋装の間の婚礼衣装としても人気があり、洋髪とのコーディネートも可能です。これにより、花嫁は自分のイメージや式場の雰囲気に合わせて、オリジナルの結婚式を創り上げることができます。

「おかしい」と思われないための色打掛の選び方

色打掛イメージ

色打掛を選ぶ際、色の選択はたいへん重要です。伝統的にはが多く用いられますが、最近では、ピンクブルーなどさまざまな色が登場しています。色の選択は、会場の雰囲気や自分の肌の色に合わせることが大切です。また、柄に関しては、季節や結婚式のテーマに合わせて選ぶとよいでしょう。

次に、着付けとヘアメイクの調和も考慮すべきです。和装特有の着付けや髪型は、色打掛の美しさを最大限に引き出します。洋髪やモダンなヘアアクセサリーとの組み合わせも、個性的で新鮮な印象を与えます。

小物選びにも工夫が必要です。帯や帯締め、懐剣、箱迫などの伝統的な小物から、モダンなヘアアクセサリーまで、トータルコーディネートを考えることが大切です。

色打掛の選び方には、さまざまなポイントがありますが、最も重要なのは「自分にとって何がすてきに感じられるか」です。トレンドや周りの意見に流されず、自分だけのスタイルを見つけることが、幸せな結婚式を迎えるための第一歩になるでしょう。

これらのポイントを踏まえ、色打掛を選ぶ際には、以下のチェックリストを参考にしてみてください。

  • 色の選択:会場や肌色に合う色を選ぶ
  • 柄の選択:季節や結婚式のテーマに合わせる
  • 着付けとヘアメイク:和装の美しさを引き立てる
  • 小物選び:トータルコーディネートを意識する

色打掛の選択は、結婚式の印象を大きく左右します。自分らしい色打掛を選び、忘れられない一日を創り上げましょう。

色打掛を着る際の基本

和装の美しさと色打掛の特徴

結婚式に和装を選ぶ花嫁は年々増えています。特に色打掛は、華やかさと独特の美しさで、多くの花嫁の心を捉えて離しません。色打掛は、伝統的な和装の一つであり、結婚式の挙式や披露宴において、華麗な存在感があります。

色打掛の最大の特徴は、色彩の豊かさです。赤や黒はもちろん、青や緑などさまざまな色が用いられ、豪華な柄が施されています。これらの色と柄は、花嫁の個性や結婚式のテーマに合わせて選ばれ、一つ一つの色打掛には特別な意味が込められています。

また、色打掛を着る際には、伝統的な着付け技術が必要です。和装の着付けは、洋装とは異なり、独特の技術を要します。色打掛を美しく着こなすには、専門の着付け師に依頼することが一般的です。着付けの際には、花嫁の体型や挙式のスタイルに合わせて調整され、完璧な着こなしができます。

白無垢と色打掛の違いとは?

白無垢と色打掛は、どちらも結婚式における伝統的な和装ですが、特徴と用途には大きな違いがあります。

まず、白無垢はその名のとおり、純白でシンプルなデザインが特徴です。白無垢は、神聖さを象徴し、嫁ぎ先の色に染まるという意味があります。多くの場合、神前式などの挙式で着用されます。画像左の「羽ばたく鶴が白・銀・グレーで織り出された白打掛一式」は、ゆめやのアンティーク白無垢です。正絹がもつ温かみのある白地に、銀色やグレーで織られた鶴が舞う豪華な1着です。このように、白無垢といっても白地に白糸の織り込みだけでなく、金銀グレーなどで柄を織り込んでいるものも含まれます。

対して色打掛は、鮮やかな色合いと豪華な柄が特徴で、披露宴色直しで選ばれることが多いです。画像中央の「花井幸子作、緑の地に桜・紅葉・御所車の色打掛一式」は緑色にきらめく色打掛です。桜や菊、牡丹などたくさんの花が咲き誇る中に、御所車がゆったり進むさまが描かれています。続いて右側の「マゼンダからグレーのぼかしに鶴が羽ばたく色打掛一式」も目を引く色打掛ですね。ピンクからグレーへの美しいグラデーションに、無数の花と羽ばたく鶴が織り込まれているたいへん手の込んだ1枚です。

次に、白無垢と色打掛の着付けや小物の選び方にも違いがあります。白無垢はシンプルなため、小物や髪型でアクセントをつけることが一般的です。一方、色打掛は華やかなデザインが前面に出るため、小物選びは着物の色に合ったものにし、色打掛自体の美しさを引き立てることが大切です。

このように、白無垢と色打掛は、それぞれに異なる魅力と用途があります。花嫁が自分の結婚式のテーマやイメージに合わせて選ぶことで、一生の思い出に残るすてきな結婚式になるでしょう。

和装を選ぶ際のポイントとして、以下の点を心にとどめておくと良いでしょう。

  • 用途とテーマに合わせる:白無垢は挙式、色打掛は披露宴向き
  • 小物の選び方:白無垢はシンプル、色打掛は豪華さを活かす
  • 着付けのプロに依頼:和装特有の着こなしを実現
  • 個性を活かす:自分らしいスタイルを大切に

和装を選ぶことは、日本の伝統と花嫁自身の個性を表現する素晴らしい方法です。白無垢と色打掛、それぞれの特徴を理解し、自分にとって最適な選択をしましょう。

挙式や披露宴での色打掛のメリット

和婚の魅力

婚礼イメージ

和婚とは、和装など「和」の要素を取り入れた結婚式のことです。格式高く美しい結婚式は多くのカップルに選ばれています。和婚の中核になるのが、色打掛ともいえます。色打掛は、結婚式に独特の風格と華やかさをもたらし、日本の伝統文化を感じさせる重要な要素の一つとなっています。

和婚の最大の魅力は、日本の伝統と文化を反映している点です。神前式や伝統的な会場で行われる和婚は、日本の趣ある歴史を感じさせます。また、色打掛を着ることで、花嫁は日本女性の美しさと優雅さを表現できます。そして、色打掛の豊富なデザインと色彩は花嫁の個性を際立たせ、結婚式をより印象深いものにします。

和婚は、ゲストにとっても特別な体験となります。和婚の伝統的な儀式や装飾を見たり、ゲスト自身も和装を身にまとったりすることによって、日本の文化を肌で感じることができます。このように、和婚は単なる結婚式ではなく、日本の美を表す場となるのです。

色打掛で披露宴を彩る方法

色打掛を着用することで、披露宴はさらに華やかで印象的なものになります。色打掛を披露宴で活かすためには、以下のポイントに注意しましょう。

会場との調和
色打掛の色や柄は、披露宴の会場やテーマと調和するように選びます。豪華な装飾が施された会場では、色鮮やかな色打掛が映えます。

お色直しの演出
白無垢から色打掛へのお色直しは、披露宴のハイライトです。色打掛に着替えることで、ゲストに新たな驚きと楽しみを提供します。

小物やヘアアクセサリーとのコーディネート
小物やヘアアクセサリーは、色打掛の色やデザインに合わせて選びます。和装に合う上品で華やかなヘアアクセサリーがおすすめです。

ヘアメイクの工夫
色打掛に合わせたヘアスタイルは、和婚の美しさをさらに際立たせます。伝統的な髪型や、和モダンなスタイルが人気です。

色打掛を着ることで、花嫁は披露宴の主役として輝きます。色打掛は、花嫁だけでなく、参列するゲストにとっても記憶に残る美しい瞬間を創り出すことでしょう。このように、色打掛を着用することは、結婚式をより特別なものにするための素晴らしい方法です。

色打掛選びのポイント

似合う色打掛の選び方と注意点

色打掛を選ぶ際には、自分に似合うものを見つけることが重要です。以下に、似合う色打掛の選び方と注意点を紹介します。

肌の色に合う色を選ぶ
自分の肌色に合う色を選ぶことが重要です。明るい肌色には、鮮やかな赤や青が映えます。一方、日焼けした肌や黄味がかった肌色には、落ち着いた色合いの打掛が似合います。

季節感を考慮する
結婚式の季節に合わせた色打掛を選びましょう。春は桜色や淡い色合いが、秋冬は深みのある色が似合います。

ゆめやの豊富な色柄のアンティーク打掛より一例をご紹介しましょう。左から「唐織の松に鶴、花々と御所車の色打掛一式」は金銀の糸をふんだんに使った豪華絢爛な唐織の色打掛です。縁起ものの松竹梅に加えて、菊や牡丹など色とりどりの花がところ狭しと描かれており、季節を問わずお選びいただけます。

中央「マリンブルーに花籠の色打掛一式」は、ひときわ目を引くマリンブルーの1着。正絹本来の輝きを活かし、水面のきらめきさえ感じさせてくれます。上部にはキャスケードブーケを思わせる花籠がいくつも織り込まれ、裾は控えめな小花で花籠を引き立たせています。夏以外にも、心に刻まれるお色直しにいかがでしょうか。

右側の「色とりどりのぼかしに花尽くし鶴尽くしの色打掛一式」も四季折々の花が描かれ、年間通してお選びいただける色打掛です。各色をぼかしながら組み合わせているため、カラフルなだけではない優しい色合いに仕上がっています。年代問わず素敵に着こなせるでしょう。

体型を考慮する
色打掛のデザインは、体型によって似合うものが異なります。例えば、細身の方には縦に伸びる柄が、ふくよかな方には全体に大きく柄が入ったものがバランスよく見えます。

髪型やヘアアアクセサリーとのバランス
髪型やヘアアクセサリーとのバランスも重要です。色打掛の色や柄に合わせて、ヘアアクセサリーを選びましょう。

年齢別アドバイス:30代・40代の色打掛スタイル

30代・40代の花嫁におすすめの色打掛スタイルをご紹介します。

30代の花嫁
30代の花嫁は、落ち着いた色味の中にも華やかさがある色打掛がおすすめです。深みのある赤や青は、大人の女性らしさを引き立てます。また、伝統的な柄よりもモダンなデザインを選ぶと新鮮な印象になります。

40代の花嫁
40代の花嫁には、品格と優雅さを感じさせる色打掛が似合います。深い緑や紫など、落ち着いた色合いの中でも鮮やかさを感じさせる色を選ぶと良いでしょう。柄はシンプルで上品なものが適しています。

年齢を重ねるごとに、色打掛の選び方も変わってきます。自分の年齢に合った色打掛を選ぶことで、より品格のある美しい花嫁姿を演出することができます。色打掛選びにおいては、自分に合った色やデザインを見つけることが大切です。自分らしい色打掛を選んで、一生の思い出に残る結婚式にしましょう。

前撮りと式当日の準備

結婚式前の前撮りで知っておくべきこと

結婚式の記憶は一生の宝物です。そのため、結婚式前の前撮りはたいへん重要。前撮りは、結婚式当日の忙しさから解放され、リラックスして撮影に臨めることが魅力です。以下に、前撮りの際に知っておくべき点をまとめました。

  • タイミングを計画する:結婚式の2〜3カ月前が理想的です。これにより、写真を式当日の会場装飾に使うことも可能です。
  • ロケーションを選ぶ:自然光のある屋外や結婚式場で映える場所での撮影がおすすめです。また、スタジオでの撮影も、天候に左右されず美しい写真が撮れます。
  • 衣装とヘアメイク:前撮りは、式当日とは異なるスタイルを試すチャンスです。色打掛や洋髪など、少し冒険したスタイルも楽しめます。
  • 撮影リストを用意する:カップル写真、個別のポートレート、小物のクローズアップなど、撮影したいショットのリストを作成しておきましょう。

大切な思い出の撮影も、ぜひゆめやにお任せください。新婦様と新郎様にお好みのアンティーク着物をお選びいただける「婚礼前撮りプラン(ロケーション撮影)」をご用意しており、東京都内でご希望のロケーションにも対応可能です。プランには着付けやヘアメイク、撮影ロケ地の準備から当日のカメラマン、さらに撮影全データ(200カット以上)分が含まれているのにとてもリーズナブル。気になる方はお問合せフォームよりお気軽にご連絡くださいませ。

なお、都内での撮影が難しい方は「前撮り用衣装レンタルプラン(撮影無し)」をご利用ください。本プランであれば、お近くのさまざまなロケーションで、ゆめやのアンティーク着物による前撮り撮影を行っていただけます。

当日の時間短縮テクニックとスケジュールの目安

結婚式当日は、計画通りに進めるためにも時間管理が重要です。以下に時間短縮のテクニックとスケジュールの目安を紹介します。

  • 早めの準備開始:挙式の2〜3時間前には準備を開始しましょう。特に、和装の着付けには時間がかかります。
  • ヘアメイクの効率化:ヘアメイクは、挙式と披露宴のスタイルを事前に決めておくとスムーズです。また、着付け師とヘアメイクアーティストが連携して作業を進めることが重要です。
  • 緊急キットを用意:小さなトラブルを素早く解決するために、ピン、テープ、化粧直し用品などの緊急キットを用意しておきます。
  • ゲストへの情報共有:挙式や披露宴の時間、場所などの情報をゲストに事前に共有しておくと、当日の混乱を防ぐことができます。

結婚式当日のスケジュール例:

  • 8時30分:結婚式場入り、ヘアメイク・着付け開始
  • 10時:準備完了、写真撮影、リハーサル、親族紹介
  • 11時:挙式
  • 12時:披露宴
  • 14時30分:披露宴お開き、ゲストをお見送り
  • 15時30分:お見送り完了、着替え
  • 16時:後片付け、精算などをすませ終了、撤収

挙式前の前撮りと当日のスケジュール管理は、忘れられない結婚式を成功させるために重要です。計画的に進めることで、当日をリラックスして楽しむことができるでしょう。

和装と洋装のミックススタイル

色打掛とドレスのお色直し:組み合わせのコツ

色打掛とウェディングドレスのお色直しは、結婚式で人気のスタイルです。和装と洋装を上手に組み合わせることで、結婚式をより華やかで記憶に残るものにすることができます。ここでは色打掛とドレスの組み合わせのコツを紹介します。

カラーテーマを統一する
色打掛とドレスを選ぶ際は、カラーテーマを統一すると全体の調和が取れます。例えば、色打掛が赤系なら、ドレスも同じ色合いで選ぶと良いでしょう。

スタイルを意識する
色打掛が豪華な場合は、ドレスはシンプルなデザインを選ぶとバランスが取れます。逆に、色打掛がシンプルな場合は、ドレスで華やかさを出すと良いでしょう。

アクセサリーの選び方
色打掛からドレスへのお色直し時には、アクセサリーも変えると全体の印象が変わります。例えば、和装の際は簪(かんざし)を、洋装ではパールのネックレスを選ぶなど、スタイルに合わせたアクセサリーを選びましょう。

ヘアメイクの変更
ヘアメイクも服装に合わせて変えることで、より完成度の高いスタイルになります。和装では伝統的な髪型、洋装ではモダンなスタイルにするなど、それぞれに合ったヘアメイクを選びましょう。

和装と洋髪の着こなし術

和装と洋髪の組み合わせは、伝統とモダンの融合を表現できる和洋折衷な方法です。ここでは、和装と洋髪の着こなし術を紹介します。

洋髪のスタイルを選ぶ
和装に合わせる洋髪スタイルは、シンプルかつエレガントなものがおすすめです。例えば、シニヨンやポニーテールのアレンジなどが、和装と調和しやすいです。

また和装では編み込んでシニヨンにまとめたのち、右側の画像のように、お色直しのドレスでは下ろして無造作な編み込みヘアへと時短アレンジも可能です。パールや小花を散りばめると、より素敵な装いに。

アクセサリーでアクセントをつける
洋髪には、華やかなアクセサリーを加えると、印象深い仕上がりになります。生花や水引、洋風の髪飾りまで、全体のコーディネートに合わせたアクセサリーを選びましょう。

メイクはナチュラルに
洋髪に合わせるメイクは、ナチュラルで洗練されたスタイルが良いでしょう。和装の場合、目元はすっきりと仕上げ、リップは真っ赤な紅を小さく引くのがポイントです。

全体のバランスを考える
和装と洋髪の組み合わせは、全体のバランスが重要です。洋髪がシンプルな場合は、色打掛を華やかにするなど、バランスを取りながらスタイルを決めましょう。

和装と洋装、洋髪を上手に組み合わせることで、個性的で和洋折衷な結婚式を実現できます。和と洋のベストなバランスを見つけて、特別な日をさらに美しく彩りましょう。

まとめ

色打掛で特別な結婚式を:最後のアドバイス

色打掛を選ぶことは、結婚式をより特別なものにする素晴らしい方法です。色打掛は、豊かな色と柄で、花嫁を美しく、華やかに彩ります。以下に、色打掛を選ぶ際の最後のアドバイスをまとめます。

  • 自分に似合う色とデザインを選ぶ:肌の色や体型、個人の好みに合わせた色打掛を選ぶことが大切です。
  • 結婚式のテーマや会場との調和を考える:色打掛は、結婚式全体のコンセプトや会場の雰囲気に合わせて選ぶと、よりバランスのとれた式になります。
  • 事前の試着と準備:事前に必ず試着をして、必要なお直しを行いましょう。当日は時間に余裕を持って準備をすることが重要です。
  • 小物やヘアアクセサリーのコーディネート:色打掛に合わせて、小物やヘアアクセサリーも計画的に選びましょう。

色打掛を着ることで、花嫁は日本の伝統美を身にまとい、一生に一度の結婚式をより華やかに演出できます。

色打掛に関するよくある質問と回答

最後に、色打掛に関するよくある質問とその答えを紹介します。

Q1. 色打掛はどのような場合に着るのが適切ですか?
A1. 色打掛は、結婚式の披露宴で着用するのが一般的ですが、挙式でも着用できます。特に、和婚スタイルの結婚式や、伝統的な神前式などに適しています。

Q2. 色打掛とドレスのお色直しはどのように行うべきですか?
A2. 色打掛からドレスへのお色直しは、披露宴のハイライトとなるため、スムーズに行うために事前にスケジュールを調整しておきましょう。また、色やテーマを統一し、アクセサリーやヘアメイクの変更を行うことで、違った印象をゲストに与えることができます。

Q3. 色打掛の選び方で特に注意すべき点は何ですか?
A3. 色打掛を選ぶ際は、自分の肌色に合う色を選ぶこと、結婚式のテーマや会場との調和を考慮することが重要です。また、試着を行い、体型に合ったサイズの調整をすることも大切です。

これらのアドバイスと答えが、色打掛を選ぶ際の参考になれば幸いです。色打掛を着ることで、一生に一度の結婚式をより特別なものにすることができるでしょう。

〈参考記事〉
https://wakon-style.jp/iroha/6395/
https://photo.mai-bride.jp/blog/?p=758
https://wakon-style.jp/iroha/4358/
https://hana-yume.net/howto/wakon-bridal-4type/
https://wakon-style.jp/iroha/6222/
https://wakon-style.jp/iroha/6501/
https://www.niwaka.com/ksm/radio/photo-wedding/basic/base/03/
https://hana-yume.net/howto/wedding-timeschedule/
https://www.niwaka.com/ksm/radio/wedding/hairstyle-makeup/japanese-hairstyle/07/
https://wakon-style.jp/iroha/6214/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

露芝と、縮緬に辻が花模様の片身替わり訪問着【hou174】

【2024年最新版】訪問着レンタルで叶える、レトロモダンな着姿!

はじめに 訪問着は、日本の伝統文化を象徴する和装の一つであり、結婚式、七五三、成人式など、人生の節目や特別な日に着用されます。中でも、レトロモダンな訪問着は、その古典美と現代の感性が融合したデザインで、多くの女性たちの心 […]

ひとつ前の記事

振袖イメージ

【成人式】ピンク色の振袖が似合う人の特徴って? イエベには合う?

はじめに ピンクの振袖が似合う人の特徴 振袖は成人式の主役ともいえる装いです。中でも、ピンクの振袖は特に若い女性の間で人気が高い色となっています。では、そんなピンク色の振袖が似合う人にはどのような特徴があるのでしょうか。 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!