大彦と龍村の組み合わせ、五つ紋付黒留袖【tom42】

【親族の結婚式】黒留袖の基礎知識からレンタル方法まで留袖選び完全ガイド

はじめに:留袖選びの基本を理解する

留袖選びは、特に結婚式などのフォーマルな場において重要な役割を果たします。留袖は日本の伝統的な礼装であり、特にお母様や親族の女性が結婚式などのお祝い事で着用することが多い着物です。ここでは、留袖の基本的な知識と、選び方の第一歩について紹介します。

留袖とは何か?その意義とは

留袖は、主に既婚女性が着用するフォーマルな着物で、一般的に黒地に家紋が入ったデザインが多く見られます。留袖に描かれる柄は、吉祥文様や自然をモチーフにしたものが多く、幸せや繁栄を願う意味が込められています。特に結婚式では、新郎新婦の母親が留袖を着用することで、格式高い雰囲気を演出し、家族の幸せを願う象徴とされています。

留袖選びの第一歩:知っておくべき基本知識

留袖選びにあたっては、いくつかの基本的なポイントを押さえておくことが重要です。

  • デザインと柄:留袖のデザインには、鶴や松竹梅、牡丹などの吉祥文様が用いられることが多いです。柄は裾にのみ入ることも、留袖の特徴と言えます。
  • 色と素材:結婚式では伝統的な留袖は黒が基調ですが、近年では黒以外の色の色留袖も人気を集めています。素材に関しては、高級なものは正絹が用いられますが、近年は機械での大量生産が可能な合成繊維のものも生み出されています。
  • サイズとフィット感:着物の美しさを最大限に引き出すためには、サイズ選びが非常に重要です。体型に合った留袖を選ぶことで、快適な着心地と美しい着姿を実現できます。
  • レンタルか購入か:留袖は価格が高いため、購入するかレンタルするかを検討する必要があります。レンタルの場合は、事前に試着してサイズ感を確認し、必要な小物がセットに含まれているかをチェックしてください。

留袖の種類と特徴:どんな留袖があるのか

留袖選びは、特に結婚式などのフォーマルな場における母親や親族の女性の装いにおいて、非常に重要な役割を果たします。留袖には種類があり、それぞれに独特の美しさと意味が込められています。ここでは、留袖の種類から、留袖の柄とデザインの多様性について紹介します。

黒留袖と色留袖の違い

留袖はその種類から、「黒留袖」と「色留袖」の2種類に分類されます。それぞれの特徴は以下の通りです。

  • 黒留袖:留袖の中でも最も格式が高い色が黒地の留袖であるとされ、既婚者の正礼装として親しまれてきました。近年は、結婚式の母親や親族が着用することが多いです。一般的に黒地に金銀の箔や色鮮やかな刺繍で華やかな模様が描かれており、家紋が入ることも特徴の一つで最も格の高い五つ紋付きが基本とされています。
  • 色留袖:黒留袖に比べると少しカジュアルで、色味が豊富で柄も様々です。結婚式のようなフォーマルな場以外にも、お祝いの席など幅広い場面で着用されます。黒留袖が既婚者のみの衣装なのに対して、色留袖は未婚の女性にも着られる上、紋の数を変えることができることも着用シーンを広げる要因です。ただし、五つ紋付は正礼装であることには変わりはありませんので、着用できるのは限られた場面のみです。

各種留袖の柄とデザインの紹介

留袖の柄には、それぞれに意味が込められており、様々な吉祥文様が用いられます。

  • 鶴や松竹梅:長寿や繁栄を象徴する吉祥文様で、特に黒留袖に多く見られます。これらの文様は、家族の幸せや夫婦円満を願う思いが込められています。
  • 牡丹や菊:豊かさや栄達を意味する文様で、色留袖にもよく用いられます。特に牡丹は「王者の花」とも称され、華やかで格式高い印象を与えます。

ゆめやきもののコレクションにも牡丹が特徴的な一品があります。

大彦の黒留袖と、龍村の帯を組み合わせました。どちらも牡丹のデザインで、その手仕事の存在感は圧巻です。斬新なデザインの牡丹が手刺繍・ぼかし染めで描き出された黒留袖に、全面に牡丹が織り出された龍村の帯をコーディネートしました。どちらも美術品級の作品となっています。

年代別留袖選び:40代、50代、60代のお母様向け

留袖は、40代、50代、60代のお母様それぞれに適したスタイルがあり、年齢を重ねるごとにそのスタイルも変化していきます。ここでは、年代ごとの留袖選びのポイントと、留袖スタイルの変化について詳しく解説します。

年代に応じた留袖の選び方

留袖選びでは、年齢に応じた適切なスタイルを選ぶことが大切です。

  • 40代のお母様向け:この年代では、比較的モダンなデザインの留袖や、伝統的ながらも洗練された柄の留袖が適しています。あまり落ち着つきすぎた色味は老けた印象になりがちですので、華やかさやおしゃれ感を取り入れた留袖を選ぶと良いでしょう。
  • 50代のお母様向け:よりフォーマルな場に相応しい、伝統的で格式高いデザインの留袖を選びます。黒留袖に吉祥文様や自然をモチーフにした上品な刺繍が施された留袖が好まれる傾向にあります。
  • 60代のお母様向け:年齢を重ねるごとに、より落ち着いた雰囲気と品格を求められます。黒留袖で、松竹梅や鶴、亀などの長寿を願う吉祥文様を選ぶことが多いです。また、シンプルながらも豊かな文化を感じさせるデザインが適しています。

年齢を重ねるごとの留袖スタイルの変化

年齢を重ねるにつれて、留袖のスタイルはより伝統的で格式高いものへと変化していきます。前述の通り、若い頃は比較的新しいトレンドを取り入れたデザインや鮮やかな色使いの留袖を選ぶこともありますが、年齢を重ねるごとに、品位と落ち着きを重んじた選択が求められます。具体的にいえば、色の明度と彩度、そして色の数で変化を付けていきます。また、留袖の小物選びにも変化が見られ、年齢に応じてより上品で落ち着いたアクセサリーを選ぶようになります。歳を重ねるごとに、留袖を通じて自身の人生経験や家族への思いを表現することが、より重要になってきます。

結婚式での留袖:親族の立場と着こなし

結婚式において、親族としてが留袖を選ぶ際には、その立場と格式を考慮した選び方が求められます。結婚式という特別な日において、新婦や母親が主役であるため近親者の衣装選びは主役とゲストの間に挟まれた難しい立ち位置となります。ここでは、結婚式での留袖選びのポイントと、着こなしにおけるマナーとエチケットについて解説します。

親族が選ぶべき留袖のスタイル

結婚式での親族の立場での留袖選びは、以下のポイントを考慮することが重要です。

  • 新郎新婦との関係性:格が高い着物である黒留袖は結婚式の場では誰でも着られる訳ではありません。一般的には、新郎または新婦の三親等にあたる人物までが着用できるとされています。ただし、近年は母親が色留袖を選ぶ場合があり、その場合は親族も三親等であろうと色留袖を着用する方が無難です。
  • 紋の数:近親者であれば五つ紋付で良いですが、親族としても遠くなる程紋の数は減らすのがマナーです。自分の立場にあった留袖を選びましょう。
  • 新郎新婦との調和:留袖の選び方は、新郎新婦の衣装との調和も考慮する必要があります。特に、色留袖の場合は結婚式全体のテーマや色合いに合わせた留袖を選ぶことで、統一感のある美しい式を創り出せます。

結婚式で留袖を着る際のマナーとエチケット

留袖を着用する際には、以下のマナーとエチケットが求められます

  • 着付けと所作:正しい着付けはもちろん、所作一つ一つにも気を配ることが大切です。留袖を着用することで品位が求められるため、立ち振る舞いには特に注意しましょう。
  • 小物の選び方:留袖に合わせる帯やバッグ、履物などの小物選びも重要です。全体のバランスを考え、控えめで上品なアイテムを選びましょう。
  • 髪型とアクセサリー:髪型は清楚で上品なスタイルを心がけ、アクセサリーは控えめなものを選ぶことが望ましいです。派手すぎるアクセサリーは避け、格式に合った選択をしましょう。

留袖レンタルの選び方:初めてのレンタルでも安心

留袖レンタルは結婚式などの特別な場において、特に初めての方にとって便利で経済的な選択肢です。しかし、留袖のレンタルにはいくつかのポイントがあり、注意すべき点も存在します。ここでは、レンタル留袖の選び方と、レンタル時に気をつけるべき事項について詳しく解説します。

レンタル留袖の選び方とポイント

留袖レンタルを選ぶ際には、以下のポイントを抑えておくことが大切です。

  • 式の格式に合わせる:結婚式の規模や格式に合わせて留袖を選びます。伝統的な黒留袖は最もフォーマルな選択肢ですが、前述の通り、式の雰囲気によっては色留袖も適している場合があります。
  • 柄やデザインを吟味する:留袖には様々な柄やデザインがあります。桜や椿など結婚式には好まれない柄もありますし、一方で季節を意識した柄選びも心がけたいところです。そういった部分も、レンタルであれば専門のスタッフに相談ができます。
  • サイズが適切か確認する:留袖の着姿を美しく見せるためには、正しいサイズ選びが欠かせません。レンタルショップで事前に試着を行い、体型に合った留袖を選ぶようにしましょう。

レンタル留袖で気をつけるべきこと

レンタル留袖を利用する際には、以下の点に注意が必要です。

  • レンタル期間を確認する:留袖は結婚式前日に受け取り、翌日に返却するのが一般的ですが、レンタルショップによって異なる場合があります。余裕を持ったスケジュールで予約しましょう。
  • 返却方法を把握する:多くのレンタルショップでは、使用後のクリーニングは不要で返却できますが、留袖や小物を汚したり破損したりした場合の対応についても事前に確認しておきましょう。
  • 小物もチェックする:留袖レンタルには帯や草履、バッグなどの小物も含まれています。式の雰囲気に合った小物がセットになっているか、事前に確認することが大切です。

ゆめやきものでも、最高級の留袖を準備しております。

真っ黒に染められた正絹に、水紋から生える菖蒲と、扇面に白鷺と花々が描かれた、現代物の五つ紋付黒留袖です。比翼仕立てになっており、裏は羽二重で仕立てられています。

サイズとフィッティング:留袖を美しく着こなすコツ

留袖を美しく着こなすためには、適切なサイズ選びとフィッティングが欠かせません。特に結婚式などのフォーマルな場では、留袖の着姿がその人の印象を大きく左右するため、細部にまで注意を払うことが重要です。ここでは、留袖のサイズ選びのポイントとフィッティングの重要性について解説します。

留袖のサイズ選び:体型に合わせたポイント

留袖のサイズ選びでは、以下のポイントを押さえておくことが大切です。

  • 身長と体型を考慮する:留袖のサイズは、身長だけでなく体型にも合わせる必要があります。着物は西洋服と異なり体型に合わせて微調整が可能ですが、自分に合ったサイズの着物を選ぶことで、着た時の目の美しさに合わせて着崩れの防止にもつながります。
  • 帯のサイズ:着物選びで忘れがちなのが、帯のサイズです。特にふくよかな方の場合に注意が必要なのですが、帯によっては柄の最もきれいな部分が上手く活かせないことがあるということです。

フィッティングの重要性:着姿を美しく見せるために

留袖のフィッティングは、着姿を美しく見せるために非常に重要です。結婚式というハレの日ですから、最高の着姿で式に花を添えたいものです。そのためにも、留袖のフィッティングは着付けのプロフェッショナルに任せることをおすすめします。繰り返しになりますが、正しい方法で着付けられた留袖は着る人の魅力を最大限に引き出します

留袖の小物選び:帯やアクセサリーで留袖を引き立てる

留袖を着用する際、その美しさを一層引き立てるためには、適切な小物選びが非常に重要です。特に結婚式などのフォーマルな場では、留袖と調和する上品な帯やアクセサリーを選ぶことが、全体の印象を左右します。ここでは、留袖に合わせる帯の選び方と、留袖スタイルを豊かにする小物アレンジについて詳しく解説します。

留袖に合わせる帯の選び方

留袖と帯は、和装において最も重要な組み合わせの一つです。以下のポイントを押さえることで、留袖の美しさを最大限に引き出すことができます。

  • 格式に合った帯を選ぶ:留袖は最もフォーマルな着物の一つであるため、豪華で格式高い袋帯や丸帯を選ぶことが一般的です。金銀糸を使用した華やかなデザインの帯が、留袖にふさわしい選択とされています。
  • 留袖の柄との調和:帯を選ぶ際には、留袖の柄や色と調和するものを選びます。色留袖の場合、シンプルな色柄の留袖には少し華やかな帯を、逆に大きな柄がある留袖には控えめな帯を選ぶなど、全体のバランスを考慮しましょう。

留袖スタイルを豊かにする小物アレンジ

留袖の装いをより豊かにするためには、小物の選び方も重要です。

  • 草履とバッグの選び方:草履とバッグは留袖とセットで考えることが一般的です。色や素材が留袖や帯と調和するものを選び、統一感のある装いを目指しましょう。
  • アクセサリーの選び方:ヘアアクセサリーや耳飾りなど、留袖に合わせるアクセサリーは控えめで上品なものを選びます。過度に派手なアクセサリーは避け、格式ある場にふさわしい品格を保ちましょう。

留袖と小物の選び方は、和装の醍醐味の一つです。留袖の美しさを引き立てる適切な帯や小物を選ぶことで、結婚式などのフォーマルな場をより華やかに、そして上品に彩ることができます。

まとめ:留袖選びで大切なこと

留袖選びは、特に結婚式などのフォーマルな場における重要な役割を果たします。このプロセスは、ただ美しい和装を選ぶだけでなく、家族の絆を象徴し、伝統を尊重する行為でもあります。最後に、留袖選びの重要ポイントと、留袖が紡ぐ家族の絆についてまとめます。

留袖選びで押さえておくべきポイント

留袖選びでは、以下のポイントを念頭に置くことが重要です。

  • 格式とシーンに合わせる:留袖はフォーマルな着物です。結婚式のような場にふさわしい、格式を重んじるデザインを選びましょう。
  • 個性と伝統のバランス:自身の個性を表現しつつ、伝統的な文様や色使いを尊重する留袖を選ぶことが大切です。
  • フィッティングの重要性:美しい着姿を実現するためには、サイズ選びとフィッティングに細心の注意を払う必要があります。

留袖を通じて紡ぐ家族の絆とは

留袖は、結婚式という家族にとって重要なイベントにおいて、母親や女性親族が着用することで、家族の絆を象徴する役割を果たします。家紋を背負うということは、先祖から続く一族の歴史を背負うということです。そのため、留袖選びは単に美しい和装を選ぶだけでなく、家族の絆を深め、伝統を次世代に伝える大切な機会なのです。この機会を通じて、改めて家族の繋がりを深めていただければ幸いです。

参考記事
https://www.hareginomarusho.co.jp/contents/tomesode/210/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

長い羽根の鳳凰と桐、青海波の黒振袖【fuk10】

【成人式の着物】黒の振袖が選ばれる理由|レンタル方法と注意点

成人式は一生に一度の特別な日。この重要な日に多くの女性が選ぶのが、黒の着物です。黒の着物はそのシックで洗練された雰囲気に加え、伝統と現代の美しさを兼ね備えています。その大きな魅力は、選んだ人はもちろん、その着姿を見る人を […]

ひとつ前の記事

アンティークきものレンタルゆめや東京店

【初心者も安心】東京の着物レンタルと着付け+ヘアセットサービスの選び方

はじめに 着物を身に纏うということは、ただ衣装を選ぶ以上の意味を持ちます。それは、日本の伝統と文化、そして個々の美意識を表現することです。特に東京での着物レンタルサービスは、この美しい伝統を気軽に体験できる素晴らしい機会 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!