黒紋付に仙台平袴のアンサンブル 五歳祝着【kod87】

【2023年最新版】男の子の七五三 | 年齢別の着物ガイドと作法

はじめに

七五三とは?

七五三は、日本の伝統的な行事のひとつです。お子さまが3歳、5歳、7歳のときに行う儀式で、お子さまたちの健やかな成長と将来の幸福を願い、神社での祈祷を行う儀式として親しまれています。もともとは、女の子が3歳と7歳、男の子が5歳でお祝いをしていました。地域の風習やご家族の考え方にもよりますが、近年は男の子の3歳祝いも増えてきたようです。

七五三の由来は古く、平安時代にさかのぼると言われています。当時のお子さまたちは、さまざまな疾病や災厄に見舞われ、成長することが難しかった時代に生まれてきました。10歳を待たずに、悲しいお別れをするお子さまが少なくなかったのです。七五三はお子さまが無事に成長できたことへの感謝と、これからの健康を祈願するための行事として始まりました。古い習慣にならい、数え年で行うのが一般的です。

昔とは異なり、現代の七五三は華やかな衣装を身にまとい、家族で神社を参拝し、その後は会食などをして楽しい時間を過します。特に、袴や着物、羽織といった和装での参拝が人気です。お詣りの際の写真撮影も欠かせません。最近では前撮りとして、事前にスタジオで記念撮影をする家庭も増えてきました。

七五三は、お子さまたちの成長を家族みんなで祝う大切な行事。そのため、当日の衣装選びや準備はママにとっても楽しみの一つです。ですが、どんな衣装を選んだら良いのか、いつ神社にお詣りするのが良いのかなど、初めてのママには多くの疑問が浮かぶかと思います。

男の子の七五三の特徴

さて、男の子の七五三には、どのような特徴があるのでしょうか。

男の子は、3歳と5歳の2回、七五三のお祝いを迎えます。従来は5歳の「袴着の儀」に合わせて、お祝いするのが慣例でしたが、最近では3歳にもお祝いする家庭が増えてきました。この3歳のお祝いは、男女ともに「髪置き」とも呼ばれる儀式にちなむものです。昔は、3歳になると髪を伸ばしたり、揃えたりして髪を結う準備をしました。そして、家族で髪置きのお祝いをします。現代では髷や結髪の習慣はありませんが、3歳を迎えたお祝いの意識だけは残っているのですね。

そして、5歳のときは、さらに成長を感じるお祝いとなります。5歳のお祝いでは、着物に袴、そして羽織といった、もう少し大人びた和装を選びます。5歳のお祝いは、初めて袴を着け、大人と同じ服装をする年齢になったことを祝う儀式です。年の近い兄弟姉妹さまがいらっしゃれば、5歳にこだわらずに、7歳で七五三を行うご家庭もあるようです。

男の子の七五三は、お子さまの成長を感じ、家族みんなでその喜びを分かち合う特別な日。衣装の準備や、神社での手順など、初めてのママにとっては不安な点も多いかと思いますが、そのすべてが子育ての良い思い出となります。その大切な日を、最高の一日とするための準備を、一緒に楽しんでいきましょう。

男の子の七五三衣装一覧

七五三の着物とは?

日本の伝統的な服装として知られる「着物」。3歳、5歳、7歳といった大切な節目に、家族が集まってお祝いする「七五三」では、着物を着る主役が多いです。特に男の子の七五三には、羽織や袴といった和装が登場します。

3歳の男の子が着る七五三の衣装には、「着物」と「被布」がよく選ばれます。被布は両袖の無いベストのような上着で、男女共に着用する3歳の祝い着です。袴は、まだはけません。3歳男児にはこれといったルールは特にないので、呉服店、レンタル店が提供する、オリジナリティ溢れる衣装も良いですね。

ゆめやでは3歳児が着やすいように仕立てた、かっこいい「忍者ブルーの三歳祝着(男の子用)」をおすすめしています。正絹のブルーの反物と黒の反物から、ゆめやで仕立てました。ベストと袴は黒です。袴のウエストはゴムになっています。色違いで「忍者グレーの三歳祝着(男の子用)」もご用意していますので、双子さんも安心です。

袴は、着物の下半分を覆うスカートのようなもので、正式な場にも利用される和装の一つです。5歳のお祝いでは、袴の上に羽織も着用します。羽織は、着物の上から羽織るもので、格式を表現するアイテムです。背、両胸、両袖に家紋を入れた羽織が正装です。

また、七五三の写真撮影やお詣りの際には、髪のセットや小物も大切。特に男の子は、おしゃれな羽織紐や傘、剣といった、かっこいい小道具が欠かせません。

ゆめやのサイトをチェックすれば、多くの七五三の衣装やレンタル情報、または購入方法についての情報収集が可能です。そして、スタジオでの記念撮影や家族写真の際には、きちんとした着付けやヘアセットをプロにお願いしたいもの。そんなときには、写真撮影専門の店舗や、ゆめやでのサポートを頼りましょう。

おすすめの男児向けデザイン

男の子の七五三の衣装選びは、楽しくもあり、迷う時もありますよね。最近は、伝統的な柄だけでなく、現代的なデザインも多く、選ぶ楽しみが増えてきました。

色の選び方は、男の子には黒や青、緑といったシックで落ち着いた色が人気です。純白の羽織に、ブルーグレイの袴なども、勇ましく清潔感のある着姿になります。また、縞模様やグラデーションなど、変化のある色味も良いでしょう。羽織の柄は龍や虎といった力強い絵柄が多くのママたちから選ばれています。勇ましい龍虎や力強い鷹柄は、男の子にも大人気! どの柄や色を選ぶかは、お子さまの好みや雰囲気、成長を感じる姿をどう見せたいかによって異なります。

ゆめやでご用意している5歳祝着は、正装の「五つ紋付黒羽織袴」が2パターン、「ストライプの着物に五つ紋付黒羽織袴」が1パターンとなります。「五つ紋付黒羽織袴」は基本のアンサンブルですので、サイズを6段階お作りしています。正絹ですので、軽くて柔らかいのが自慢です。お子さまが嫌がることなくお召しいただけるでしょう。肩上げ・裾上げ・貼り付け紋のご要望も承っていますので、お気軽にオーダーなさってください。

ストライプの着物に五つ紋付黒羽織袴」は、羽織を脱ぐとストライプの着物です。動きやすいように、着物の裾は短く仕立てました。こちらも、肩上げ・裾上げ・貼り付け紋のご要望を承っています。

写真撮影やお詣りの際には、お子さまが中心となり、親御さんや祖父母さまと一緒に記念写真を撮るご家庭が多いですね。そのため、ご家族も和装をお召しになると、より調和のとれた写真になるでしょう。最近では、前撮りとして、神社でのお詣りの前に、スタジオや自宅での記念撮影を行う家庭も増えてきました。

ゆめやでは、ご家族揃って和装で七五三にお出かけいただけるように、お得なセット価格でもご提供しています。兄弟姉妹さまや、お母さま、お父さままで、どうぞ和装をご検討ください。

お子さまの成長を祝う七五三。一生の思い出となる大切な日を、美しい着物で迎えることをおすすめします。ゆめやを参考に、最高の一日を迎えられるよう、心を込めて選んでくださいね。

衣装の選び方

七五三のお祝いに際して、衣装選びは大変重要なポイントです。女の子や男の子、それぞれの年齢によって適切な衣装が異なります。ですが、まず気になるのは「購入するかレンタルするか」という問題。このセクションでは、衣装の選び方に関する情報を詳しく紹介します。

レンタルと購入のメリット・デメリット

七五三の衣装、特に着物を選ぶ際は、購入とレンタルのどちらの方法が良いのでしょうか。

購入のメリット

  • 一生の思い出として、その衣装を家庭に残すことができる。
  • オリジナルのアレンジや小物の選び方に自由が効く。
  • 成長とともに着られるサイズやデザインを選べる。

購入のデメリット

  • 購入価格が高いことが多い。
  • メンテナンス方法や保管場所を考える必要がある。

レンタルのメリット

  • 幅広い種類やデザインのなかから選び、最新の流行を取り入れることができる。
  • 着用するのは一度きりなので、コストダウンが可能。
  • 着用後のメンテナンスや保管の心配がない。

レンタルのデメリット

  • 自分の好みに合わせたカスタマイズが、難しい場合がある。
  • 着物や袴のサイズが限られている。

どちらを選ぶかは、家庭の予算や、記念として衣装を保持したいかどうか、といった要因によって異なります。

サイズの選び方

お子さまの成長は早いもの。そのため、七五三の衣装選びの際のサイズ感はたいへん大切です。3歳児用、5歳児用、7歳児用という分類で、お子さまの成長や体型に合わせた選び方を提案します。

3歳児用
3歳の女の子や男の子におすすめのサイズ。動きやすさを考慮した仕立てなので、活発に動き回るお子さまには特におすすめです。

ゆめやからは、アンティークの正絹で仕立てた「忍者グレーの三歳祝着(男の子用)」をご紹介しましょう。グレーと黒の正絹地を、幅を揃えてそれぞれにカットして繋ぎ合わせた着物と、お袖の無い作務衣のようなベストと、キュロットのような袴風のズボンを作りました。動きやすいですよ。

5歳児用
5歳の男の子におすすめのサイズ。この年齢では、華やかな着物や袴を楽しめます。袴は身長に合わせて選んでください。

ゆめやの「五つ紋付黒羽織袴」でしたら、6サイズ展開しています。肩上げ・裾上げも承りますので、安心してお選びください。

7歳児用
7歳の女の子におすすめのサイズ。成長が著しいこの時期には、少しゆとりを持った選び方が良いでしょう。豪華なデザインや伝統的な和装が多く、大人っぽい選び方ができます。

サイズ選びの際には、事前の採寸や、実際の店舗で試着なさることをおすすめします。店舗では、スタッフがサイズ感やデザインのアドバイスいたしますので、安心して選んでいただくことができます。

ゆめやでは、山梨店と東京店でご試着いただけるほか、ご自宅にお届けして試着をしていただくこともできます。遠方の方はどうぞご利用ください。

衣装選びは、お子さまの成長やその時期の気候、そして家族との記念撮影など、さまざまなポイントを考慮して進めてください。お祝いの日を迎える前に、しっかりと準備をして、特別な日をご家族皆さまで楽しんでくださいね。

お詣りの流れと時期

いつお詣りをすべきか

七五三は、日本の伝統的な行事の一つとして多くの家庭で行われています。お子さまたちの成長と健康を祈願する七五三、きっと多くのママたちが、お子さまの特別な日を祝うために、最良の準備をしてあげたいと思っていらっしゃるでしょう。

七五三は、男の子と女の子でそれぞれの年齢が意味を持ちます。男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳のときに行います。ですが、この「年齢」には二つの方法があります。数え年と満年齢です。

数え年は、生まれた瞬間を1歳と数える日本独自の方法で、新しい年を迎えると、さらに1歳が加算されます。一方、満年齢は、誕生日を迎えるごとに1歳増える、一般的な年齢の数え方です。七五三の際には、多くの地域で数え年が採用されています。

例えば、お子さまが生まれたのが10月の場合は、次の年の1月1日にはすでに2歳と数えられます。驚かれるかもしれませんね。この数え年の制度は、昔からの日本の風習として続いています。そのため、七五三の時期を考える際には、数え年を基準にするのが良いでしょう。ですが、最近では、日本の伝統と現代のライフスタイルが融合し、数え年と満年齢のどちらを基準にするかは、地域の風習やご家庭によって異なります。

従来、七五三は11月15日が慣例でした。理由は「徳川将軍家がお子さまの祝いを11月15日にしたから」、「11月半ばは収穫祝いの時期にあたる」など、諸説あります。現代生活では、11月15日前後の吉日が人気です。ですが、今でも11月15日を選ぶご家庭は多く、全国の神社で七五三の儀式が華やかに執り行われています。

お詣りのステップと注意点

七五三のお詣りは、お子さまの成長と健康を祈る大切な儀式です。当日は、家族みんなで和装をまとい、神社へと向かいましょう。和装の晴れ着は、神さまへの感謝を表す衣装です。ここでは七五三の、お詣りの流れについて簡単に紹介いたします。

神社に到着したら、まずは手水舎で手を清めます。右手でひしゃくを持ち、左手に水をかけて清めましょう。次にひしゃくを持ち替え、右手に水をかけます。もう一度右手にひしゃくを持ち替えて、左手に水を注ぎ口元を清めてください。お子さまが晴れ着を濡らしてしまうといけないので、親御さんが小さな手に水をかけてあげましょう。お清めが終われば本殿へと進み、参拝を行います。本殿でお賽銭を奉納し、二拝二拍手一拝の順で祈ります。七五三の御祈祷をお願いするときは、社務所で予約をしてください。

お詣りが終わった後は、神社の境内で家族写真を撮るのも良いでしょう。この日の笑顔や、晴れ着姿は、きっとすてきな思い出となります。

気をつけたいのは、当日の動きやすさです。着物や袴は、普段の服装とは異なり、歩きにくいことも。特に小さなお子さまは、不慣れな和装に戸惑うかもしれません。慣れない草履で足の痛みを感じるお子さまもいます。本殿の参拝以外はサンダルやスニーカーでもかまいません。神社の不安定な階段を上がるときは、抱っこしてあげましょう。参拝が終わるまで、ママやパパが優しくサポートしてあげてください。

お詣りは、お子さまたちの成長を家族みんなで喜び、感謝の気持ちを表す大切な儀式です。準備から当日まで、一緒に楽しみながら、この特別な日を迎えてください。

他のイベントでの衣装活用方法

七五三で選んだ衣装は、その日一日だけのものとは限りません。大切に選んだ着物やスーツは、さまざまな行事やイベントで再び活躍してくれるでしょう。

着物の再利用アイディア

七五三の後で、次に考えられる行事としては、入学式や卒業式が浮かび上がります。また、ご親族の結婚式なども、着物をリサイズしてお召しいただけるでしょう。お子さまの着物は肩上げ、腰上げがしてあるので、身長に変化があってもこの部分を縫い直せば、問題なく着られます。

入学式や卒業式では、何を着るか迷う方も多いもの。七五三で選んだ着物や袴は、そのままでも、または少しアレンジを加えることでも、新しいイベントにぴったりと合わせられます。帯や小物の組み合わせを変えるだけで、まるで別の衣装のように生まれ変わるのです。ただ、学びの場では、派手な柄付きの羽織は、遠慮した方が良いでしょう。

また、最近は、七五三以外にも、家族写真やマタニティフォト、成人式などの写真撮影でも、和装を選ぶ方が増えています。コーディネートや小物の選び方に、ゆめやのサイトがご参考になれば幸いです。

男の子と女の子でのコーディネート例

七五三での写真撮影やお詣りの際に、兄弟姉妹や双子で同じようなテーマ、色合いの衣装を選ぶのも人気の一つです。特に、男の子と女の子が一緒に写真を撮る際に、お互いの衣装がマッチしていると、とても絵になります。

男の子は3歳や5歳の際には、袴やスーツを選ぶことが多いですね。一方、女の子は色とりどりの着物や被布を晴れ着、祝着とします。同じ柄の帯や羽織、または色を合わせると、二人の衣装がより引き立つことでしょう。

たとえば、男の子が深い青色の袴を選んだ場合は、女の子は同じ青色を基調とした着物や帯を選ぶと、統一感が出て、写真も美しく仕上がります。

ゆめやのコラムや商品一覧を参考にすると、さまざまな衣装や小物の組み合わせで、兄弟姉妹・双子コーデのイメージが膨らみます。また、店舗での相談もおすすめです。ゆめやのスタッフが、多くの経験をもとに、最適なコーディネートを提案します。

衣装はただの道具ではありません。大切な日の記念として、また家族の絆を感じるための一つの要素です。衣装を選び、家族みんなで楽しい時間を共有できれば、それが最もすてきなことですね。

まとめ

七五三の男の子、衣装選びのポイント

七五三は、お子さまの健やかな成長を祝う大切な行事です。男の子の七五三は、3歳と5歳が一般的ですが、地域の風習やご家庭のご都合もありますので、念のため、3歳、5歳、7歳とそれぞれの年齢に応じたポイントをご紹介しておきましょう。

3歳の男の子の場合は、袴ではなく、被布や着物を選ぶことが多いです。3歳のお子さまはまだ小さく、袴を着る年齢ではないからです。また、3歳のお祝いは「髪置き」とも言われ、髪を伸ばし始める儀式とされています。そのため、お子さまの髪型も楽しみの一つとなるでしょう。

5歳の男の子の場合は、羽織、袴が一般的です。袴の色や柄、羽織の組み合わせで、個性を表現しましょう。多くの店舗では、袴や着物のレンタルも行っているので、購入を検討する前に、レンタルの方が良いケースもあるかもしれません。

7歳の男の子の場合は、大人びた和装やスーツが人気です。この年齢になると、お子さまらしい可愛らしさから少しずつ大人の風格へと変わってくるので、衣装選びもその変化を感じさせるものとなるでしょう。

ゆめやのサイトでは、男の子の衣装の一覧やおすすめの商品を紹介しています。写真付きで紹介していますので、どのような衣装があるのかをご覧いただき、お好みのものを選んでください。また、ゆめやのコラム記事には、七五三の衣装選びのポイントや着付けの方法など、詳しい情報が満載です。

七五三を楽しむためのアドバイス

七五三の日を特別にし、家族みんなで思い出に残すためのアドバイスをいくつか紹介します。

  • 記念撮影を計画する: 七五三はお子さまの成長を祝う大切な日。スタジオでの記念撮影や、気軽な家族写真は、大切な思い出をいつまでも残せます。
  • 神社やお寺でのお参り: 七五三の主な行事として、神社やお寺でのお参りは欠かせません。簡単な参拝だけでなく、初穂料を納め、御祈祷を受けるのもおすすめです。
  • 衣装の準備: 早めに衣装を準備して、当日に慌てないようにしましょう。レンタルの場合は、人気の衣装は早めに予約が埋まることも。ゆめやなどの店舗で予約や購入を検討する際は、問い合わせをしてサイズや利用日を確認してください。
  • 小物や髪型の準備: 着物や袴だけでなく、小物や髪型も大切。特に男の子の場合は、かっこよくきめたヘアセットや、剣、傘、扇子などの小物で、一層凛々しい雰囲気が出せるでしょう。七五三の必須アイテム「千歳飴」はご祈祷をお願いすると、ほとんどの神社で授与されます。事前に確認しておきましょう。

七五三は、お子さまの成長を感じ、ご家族皆さまで祝う大切な日。準備や当日の流れを楽しんで行えば、一生の思い出になること間違いありません。ゆめやのサイトやコラムが、すてきな七五三を迎えるお手伝いになりましたら幸いです。

愛する我が子の成長と、健康を祈る七五三の日。生涯の大切な思い出にしましょうね。

〈参考記事〉
https://www.yumeyakimono.jp/
https://www.hareginomarusho.co.jp/contents/753/1033/
https://shichi-go-san.com/mame/753year/2023.html

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

ベージュと茶色のまだら模様のショール【swl018】

【2024年最新】成人式用ファーショール単品レンタルの完全ガイド

はじめに 成人式は、若者にとって一生に一度の特別な節目です。この日、多くの方が着物や振袖を着用し、その装いをさらに美しく見せるために、ファーショールやアクセサリーを選ぶことが一般的です。 特にファーショールは、その豪華さ […]

ひとつ前の記事

結婚式イメージ

【必見】結婚式参列時の服装マナー:20代から50代まで年代別に紹介

はじめに 結婚式とは? その重要性と特別な意味 結婚式、それは新郎新婦が愛の誓いを交わし、二人の新しい門出を友人や親族とともに祝う特別な日のこと。その特別な日に招待されたのですから、最高の服装で祝福したいものです。祝福の […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!