御簾に芙蓉と菊の大彦、五つ紋付黒留袖【tom45】

留袖の値段は?購入・レンタル、黒留袖・色留袖で違う?選び方も解説

はじめに:留袖とは? その価値と特徴

留袖は、日本の伝統的な衣装の一つで、特に結婚式などのフォーマルな場において既婚女性が着用する着物の一種です。この衣装は、その優雅さと格式の高さから、多くの女性にとって特別な存在となっています。

留袖の特徴は、その豪華な裾の柄と色使いにあります。生地の色で種類が分かれており、黒地を黒留袖、その他の色は色留袖と呼ばれています。特徴は、金彩や彩色で描かれた華やかな文様です。これは「裾模様」と呼ばれ、格式の高さを象徴しています。

黒留袖が着用されるシチュエーションは主に結婚式で、親族などの身内が中心となって着用します。そのため、留袖は結婚式における女性の立場や役割を象徴する衣装ともいえるでしょう。色留袖も多くは結婚式で着用されますが、結婚式以外の幅広い場でも着用されることの多い着物です。

留袖の価格は、その豪華さと品質によって異なります。レンタルの場合は相場が設定されていて、必要なサイズやスタイルに応じて料金が決まります。一方で、自分で購入する場合は価格が高くなることが多いです。また、着付けや小物の数、クリーニングの必要性など、着用に際して考慮すべき点も多いです。

留袖の基本知識、歴史とその美

留袖の歴史は古く、日本の伝統文化と深い関連があります。もともとは、貴族や武家の女性が着用していたもので、その格式の高さから今日まで受け継がれています。留袖の美しさは、その繊細な柄や色使いにあり、季節の移り変わりや自然の美を表現しています。

留袖の柄には、さまざまな意味が込められています。例えば、鶴は長寿と繁栄を、松は不老長寿を、桜は美しさと儚さを象徴しています。これらの柄は、着る人の立場や希望を表すと同時に、視覚的な美しさを提供しています。

留袖の種類と文様の意味(鳳凰、鶴、花など)

留袖には黒留袖と色留袖があり、さらにその文様にはそれぞれ意味が込められています。黒留袖は最もフォーマルな衣装で、結婚式などの重要な場面で着用されます。よく黒留袖に用いられる柄に鳳凰があり、これは平和や繁栄の象徴です。

また、鶴は長寿や幸福を、花は美しさや華やかさを象徴しています。これらの文様は、着物の美しさを引き立てるだけでなく、着る人の願いや立場を表現しています。

留袖の選び方は重要で、自分の立場や結婚式の形式に合わせて選ぶことが大切です。和装のルールとして紋の数によって着物としての格が変わります。五つ紋を最高として、三つ紋、一つ紋、無紋の順となります。

留袖は礼服であるため、一つ紋以上を付けるもので、特に黒留袖は五つ紋付が正式な姿となります。色留袖の五つ紋付は黒留袖と同格のとても格の高い着物となり着用シーンは限られてきます。三つ紋以下であれば、準礼装としてお子さまの七五三や入卒式などで着用されます。

ここまで、留袖の基本知識と歴史、美しさ、そして種類と文様の意味について解説しました。留袖は日本の伝統的な美を現代に伝える重要な文化の一つであり、その価値と特徴を理解することは、日本の文化を深く知る一歩といえるでしょう。

アンティークきものレンタル ゆめや は、大正時代から昭和初期にかけての着物をメインに取り扱うレンタルショップです。上質な絹糸100%の正絹に、職人が手掛けた絵付けや手刺繍が光る逸品ばかりを取り揃えて、皆さまのお越しをお待ちしていますよ。

ゆめやの留袖では、黒留袖も色留袖もたくさんご用意しています。まずは、婚礼の絵柄として人気の高い鳳凰の留袖をご覧いただきましょう。「桐、桔梗と鳳凰の黒留袖」は、錦紗縮緬に、鳳凰・桐・桔梗が手描き・手刺繍された、友禅の五つ紋付きアンティーク黒留袖です。いずれも、正絹の輝きと柔らかさに満ち、歴史を感じさせる風情にあふれています。

留袖の価格相場:購入とレンタルの違い

留袖を着る際に、購入とレンタルのどちらを選ぶかは大きな決断となります。それぞれには、価格面での相違点があり、自分のニーズや予算に応じて選択することが重要です。

新品購入時の価格範囲

新品の留袖を購入する場合の価格は、柄・素材・作りの質によって大きく異なります。一般的に、価格は数十万円から数百万円の範囲で変動します。高価な留袖は、手仕事による細やかな刺繍や織りなど職人の技術が反映されています。また、独自のデザインや特別な素材を使用した留袖は、さらに価格が高くなる傾向にあります。

以下は、新品購入時の価格範囲の一例です(価格は目安としてご覧ください)。

  • スタンダードな留袖:20万円 - 50万円
  • 高級留袖(独自の柄や特別な素材):50万円 - 300万円以上

新品購入のメリットは、自分だけの留袖を持つことができる点です。また、家族の中で代々受け継がれる価値あるものとなり得ます。

レンタル留袖の相場と選び方

レンタル留袖は、一般的には購入するよりも経済的です。レンタルの相場は、デザインや人気度、レンタルする店舗によって異なりますが、大体は数万円から十数万円程度でレンタル可能です。

以下は、レンタル留袖の相場の一例です(価格は目安としてご覧ください)。

  • スタンダードなレンタル留袖:10,000円 - 30,000円
  • 高級レンタル留袖:30,000円 - 100,000円

レンタルのメリットは、経済的な面と、一度きりの使用の場合に適していることです。また、レンタル店舗では多様なスタイルやサイズを選ぶことができ、クリーニングや保管の手間が不要な点も魅力的です。選び方としては、以下の点に注意しましょう。

  • 結婚式などのイベント日程に合わせて早めに予約をする。
  • 自分のサイズや着たいスタイルに合わせて選ぶ。
  • レンタル料金に含まれるサービス(着付け、小物一式の貸出など)を確認する。

ゆめやのレンタルは、ネットや電話で試着のお申し込みをいただき、店舗またはご自宅にて試着。お気に召したら正式にご予約を入れていただき、小物は全てゆめやのベテランスタッフがコーディネートしてお届けいたします。ご試着なしでのご予約も承っております。ご着用後は専用の伝票で返送いただくだけ。レンタルの詳しい流れは「ご利用の流れ」をご覧ください。ご不明点は「よくあるご質問」でご確認いただくか、「お問い合わせ」からお聞かせください。折り返しお返事させていただきます。

ここまで、留袖を新品で購入する場合とレンタルする場合の価格相場とその選び方について解説しました。留袖は女性にとって特別な衣装ですので、自分のニーズに合った選択をすることが大切です。

留袖の色とデザイン:黒留袖から色留袖まで

留袖はその色とデザインの豊富さにおいて、多くの女性に選ばれています。特に、黒留袖と色留袖は、それぞれ独特の美しさと特徴を持ち、結婚式などのフォーマルな場において重要な役割を果たします。

黒留袖の特徴と価格影響

黒留袖は、日本の伝統的なフォーマルウェアとして長い歴史を持ち、文化的な価値が高い衣装です。黒留袖の特徴は前述のほか、本襲の重ね着を模した比翼仕立てであるということです。古くは実際に本襲でしたが、簡略化の流れから比翼仕立てが主流となっています。この比翼仕立てには、祝いを重ねるという縁起担ぎの意味が込められています。

黒留袖の価格は、使用される素材や柄の種類、製作にかかる手間によって異なります。一般的に、以下のような要素が価格に影響を与えます。

  • 素材の質:黒留袖の価格は、使用される素材に大きく左右されます。最高級の絹は、その光沢と肌触り、耐久性において他の素材と一線を画します。特殊な織り方である西陣織や友禅染めなどの伝統技法が用いられた留袖は、その独特の風合いと芸術性で価格が高まります。
  • 柄の複雑さ:黒留袖に施される柄は、単なる装飾以上の意味を持ちます。手仕事による繊細な刺繍や織りは、職人の技術と時間を要するため、価格が上昇します。これらの柄は、着る人の幸福と健康を願う吉祥文様であり、伝統的な美を現代に伝える文化財としての価値が反映されています。
  • ブランドや作家:知名度の高いブランドによる黒留袖は、その名声と信頼性により価格が高くなる傾向にあります。これらの作品は、単なる衣装ではなく、芸術作品としての側面も持ち合わせていて、所有すること自体がステータスとなり得ます。

ゆめやの留袖から、芸術品のような1着をご紹介しましょう。「御簾に芙蓉と菊の大彦、五つ紋付黒留袖」は、黒地に御簾と芙蓉や菊の花が手描き・手刺繍で描き出された、大彦の五つ紋付黒留袖と、着物愛好家が憧れる龍村の帯のコーディネートです。帯には桐の花が生き生きと描き出されています。またとない美術品のような、秀逸な作品の組み合わせですよ。

色留袖のバリエーションとその価格帯

色留袖も、結婚式などのフォーマルな場において、華やかさと格式を兼ね備えた着物として重宝されています。色留袖の色は、季節や着る人の個性に合わせて選ぶことができ、春は桜や菜の花、夏は海や空、秋は紅葉や落葉、冬は雪景色など、季節を彩る色が人気です。また、着る人の個性を表現するために、好きな色やイメージに合った色を選ぶのもよいでしょう。

色留袖の柄は、花・鳥・動物・風景などさまざまな種類があり、例えば、花柄は華やかで上品な印象を与え、鳥柄は長寿や幸福を、動物柄は勇気や力強さを象徴しています。また、風景柄は季節感や情緒を表現するのに適しています。

色留袖の価格帯は、以下のような要素によって異なりますが、それぞれの要素が色留袖の魅力を高める重要な役割を果たしています。

  • 色の種類と柄:色留袖の価格は、使用される色や柄によって大きく変わります。一般的な色やシンプルな柄のものは手頃な価格で提供されることが多いですが、特定の季節や行事に合わせた特別な色合いや、伝統的な柄が施された留袖は、その独特の美しさで価値が高まります。
  • 手仕事の質:高度な手描きや手織りなどの技法を用いた留袖は、職人の技術と時間を要するため、価格が高くなります。これらの技法によって生み出される繊細なデザインや、着る人の個性を表現するためのカスタマイズは、色留袖を一層特別なものにします。

留袖の色とデザインの選択は、結婚式における立場や個人の好みに大きく左右されます。自分に合った留袖を選ぶことで、特別な日をより華やかに、そして意義深く過ごすことができるでしょう。

留袖のサイズと着付け:サイズ選びのポイント

留袖を選ぶ際のサイズの選び方はたいへん重要です。適切なサイズの留袖を選ぶことで、快適さと美しい着姿が実現します。また、着付けは留袖の魅力を最大限に引き出す重要な要素です。

留袖のサイズ選び方

留袖のサイズ選びでは、以下のポイントに注意しましょう。

  • 身長と裄丈:留袖の長さは身長に合わせて選ぶことが重要です。また、裄丈(首の付け根から手首までの長さ)は、腕の動きを妨げないサイズが理想です。
  • 身幅:身幅は体型に合わせて選び、ヒップサイズも考慮することで、着用時の美しさが保たれます。
  • 前幅と後幅:前幅(胸元の幅)と後幅(背中の幅)も適切なものを選ぶことで、着姿が整います。
  • 帯のサイズ袋帯または丸帯を選び、体型に合わせた長さを選ぶことが大切です。特にふっくらとした体型の方は、長めの帯を選ぶか、作り帯を利用することをおすすめします。

留袖のサイズ選びは、着姿の美しさと快適さに直結するため、慎重に行うことが推奨されます。

プロの着付けとその料金

留袖の着付けは、その美しさを最大限に引き出すために重要です。プロの着付け師に依頼することで、留袖の魅力を存分に発揮することができます。以下は、プロの着付けサービスの料金の目安です。

  • 基本的な着付け料金:5,000円~10,000円
  • 特別なスタイルや追加サービスが必要な場合:別途料金が加算

プロによる着付けのメリットは、以下のとおりです。

  • 完璧な着姿:プロの技術により、留袖の着姿が美しく整えられ、着物の伝統的な美しさが際立ちます。プロの手による細部までのこだわりが、着姿を一層引き立てます。
  • 快適さ:適切な着付けにより、長時間の着用でも快適さが保たれ、動きやすさと着心地の良さを実現します。プロの着付けは着崩れを防ぎ、一日中美しい状態を保ちます。
  • 時間の節約:プロの迅速な対応により、準備時間を短縮でき、大切な日のスケジュールに余裕をもたらします。プロの着付け師は時間の正確さも重視していて、予定どおりに準備を完了させることができます。
  • 安心感:経験豊富なプロによるサポートで、イベント当日の不安を軽減できます。プロの着付け師は、着用者の体型や好みに合わせたアドバイスを提供し、最適な着姿を実現します。

留袖の着付けをプロに依頼する際は、事前に予約をすることが重要です。また、当日の流れや必要な小物についても事前に確認しておくと安心です。

ここまで、留袖のサイズ選びのポイントと、プロによる着付けのメリット及び料金について解説しました。適切なサイズ選びとプロの着付けにより、留袖をより美しく、そして快適に着用することが可能になります。

結婚式での留袖:立場ごとの選び方とエチケット

結婚式において留袖は、出席者の立場や役割を表す重要なアイテムです。留袖の選び方には特定のエチケットがあり、適切な選択が求められます。

結婚式における留袖の役割

結婚式では、留袖を着用することにより、家族や親族の重要性と結束が象徴されます。特に新郎新婦の母親や祖母、親族の女性が留袖を選ぶ際は、以下の点に留意することが大切です。

  • 格式を示す:留袖は、その豪華な装飾と繊細な手仕事により、家族の格式と伝統を示します。結婚式の厳かな場にふさわしい、品格れあふる装いとして、ご招待客の目を引きつけます。
  • 家族の一体感:家族が選ぶ留袖のデザインや柄には、一致団結と調和の精神が込められています。似通ったデザインや色合いを選ぶことで、家族の絆を視覚的に表現し、結婚式の雰囲気を一層温かくします。
  • 吉祥文様の選択:幸福や繁栄を象徴する文様(鶴、松、桜など)は、新郎新婦の新たな門出を祝福し、未来への希望を意味しています。

ゆめやの留袖から「牡丹の大彦に鶴松扇の龍村の帯、三つ紋付色留袖」をご覧いただきましょう。こちらも大彦と龍村の、芸術品のようなコーディネートです。ぼかし染めと手刺繍で、やわらかく牡丹が描き出されています。三つ紋ですので、五つ紋付黒留袖よりも格下になり、新郎新婦のお祖母さまやご姉妹さまにおすすめの色留袖です。お揃いの黒留袖「大彦と龍村の組み合わせ、五つ紋付黒留袖」もございますので、いっしょにご紹介しておきますね。ご親族でお揃いコーディネートになさると、場が華やぎますよ。

立場に応じた留袖の選び方

留袖の選び方は、結婚式における立場によって異なります。以下は、留袖の選び方のポイントです。

新郎新婦の母親
新郎新婦の母親は、結婚式の主役の両親の一人として、留袖を着用します。そのため、留袖の選び方には、特に配慮が必要です。

  • 黒留袖を選ぶことが一般的です。
  • 豪華な柄や金銀の刺繍が施されたものを選ぶとよいでしょう。両家の格を揃えるように注意しましょう。

その他の親族
その他の親族は、新郎新婦の母親に次ぐ立場となります。そのため、留袖の選び方には、新郎新婦の母親の留袖とのバランスを考慮することが大切です。

  • 色留袖を選ぶ場合もあります。黒留袖と比べて、華やかさと上品さを兼ね備えた色留袖は、新郎新婦の門出を祝う場面にふさわしい色です。
  • 柄は控えめで上品なものを選ぶことが望ましいです。新郎新婦の母親の留袖とのバランスを考えながら、自分らしい留袖を選びましょう。

帯と小物の選び方

  • 帯や小物は留袖に合わせたものを選びます。
  • 華美になりすぎないよう、上品で落ち着いたデザインを選ぶことが重要です。

留袖の選び方は、結婚式の場の尊重と、家族や親族としての役割を意識することが大切です。また、他の出席者との調和を考えながら、自分に合った留袖を選ぶことで、結婚式をより美しく、そして特別なものにすることができます。

留袖のメンテナンスと保管方法:長持ちさせるコツ

留袖は、適切なメンテナンスと保管を行うことで長年にわたり美しさを保つことができます。日常的なケアと保管方法についての知識は、留袖を大切に扱う上でたいへん重要です。

留袖の日常的なケア方法

留袖の日常的なケアには以下のポイントがあります。

  • 汚れの早期対応:着用後に汚れを発見した場合は、早急に対処することが重要です。専門のクリーニング店に依頼することをおすすめします。
  • 湿気との戦い:留袖は湿気に弱いため、除湿剤を使用するなどして、湿気を避ける工夫が必要です。
  • 適切な折りたたみ:留袖は正しい方法で折りたたむことが大切です。折り目がつかないように注意しましょう。
  • 直射日光を避ける:留袖は色あせしやすいため、直射日光を避けて保管することが望ましいです。

これらの日常的なケアを行うことで、留袖を長く美しく保つことができます。

留袖の保管とメンテナンスの重要性

留袖の保管方法には以下のポイントがあります。

  • 適切な保管場所:留袖は通気性の良い場所に保管することが重要です。湿気が多い場所は避け、温度変化が少ない環境を選びましょう。
  • 防虫対策:留袖は虫食いのリスクがあるため、防虫剤を使用することが推奨されます。ただし、留袖に直接触れないように注意しましょう。
  • 定期的な風通し:長期間保管する場合は、時々風通しをすることで、生地の劣化を防ぎます。
  • プロのメンテナンス:定期的にプロの手によるメンテナンスを行うことで、留袖の状態を最適に保つことができます。

留袖は日本の伝統と文化を象徴する大切な衣装です。適切なメンテナンスと保管方法を実践することで、その価値を長く保ち、次の世代へと引き継ぐことが可能になります。

まとめ:留袖選びで知っておくべきこと

留袖を選ぶ際には、さまざまな要素を考慮する必要があります。最終的な決定をする前に、留袖選びの重要なポイントを確認しましょう。また、購入やレンタルを検討する際の注意点にも留意が必要です。

留袖選びの際の最終チェックリスト

留袖を選ぶ前に、以下のチェックリストを確認しましょう。

  • デザインと柄:留袖のデザインや柄が、自分の好みや結婚式のシチュエーションに合っているか。
  • サイズ:身長や体型に合ったサイズを選んでいるか。特に裄丈や身幅が重要です。
  • 色柄:留袖の色柄が、式場や他の出席者の衣装と調和しているか。
  • 素材と品質:購入の場合は、留袖の素材が高品質で、長持ちするものか。
  • 価格:予算内で最適な留袖を選べているか。購入とレンタルの価格を比較して適切な選択をしているか。
  • 着付けと小物:着付けや小物の準備が整っているか。着付けは自分で行うのか、プロに依頼するのかを決定しておく。

留袖購入・レンタルの注意点

留袖の購入またはレンタルを検討する際には、以下の点に注意しましょう。

購入の場合

  • 長期的な使用を考え、耐久性の高い素材を選ぶ。
  • 保管場所やメンテナンス方法を事前に確認する。

レンタルの場合

  • レンタル期間や料金、返却方法を確認する。
  • 事前に試着をして、サイズやデザインに問題がないかどうかをチェックする。

留袖は、特別な日のための特別な衣装です。適切な選択をすることで、その日をより思い出深いものにすることができます。このガイドを参考に、最適な留袖を選び、大切な日を美しく彩りましょう。

ゆめやの婚礼なら、留袖だけをレンタルなさるよりも、花嫁さまとのセットご姉妹さまとのセットご主人さまとのセットで、ご家族一緒にレンタルなさる方がお得です。手織り・手描き・手刺繍で仕立てられた至極のアンティーク着物の中から、お気に召す着物をご自由に選んでいただけます。ぜひご覧ください。

〈参考記事〉
https://yamanaka-kimono.com/6blog/kurotomesode-price/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

振袖イメージ

【プロ監修】写真だけの結婚式を和装で彩る!理想をかなえるポイント解説

はじめに 結婚式と言えば、多くの方が挙式や披露宴を思い浮かべるかもしれません。しかし、最近では、写真だけで結婚の記念を残す「フォトウェディング」が注目を集めています。特に和装でのフォトウェディングは、その美しさと日本の伝 […]

ひとつ前の記事

グラデーションの松に群れ飛ぶ鶴の五つ紋付黒振袖【fuk73】

【着物のプロが監修】黒振袖に合う髪色の基本 | 髪型や小物選びも

はじめに 振袖の中でも特に黒振袖を選ぶ場合、髪色がたいへん重要な要素となります。黒振袖は、その深みのある色合いと幾多の柄やデザインが特徴で、成人式や前撮りなどの特別な日に多くの女性が選ぶ選択肢の一つです。しかし、黒振袖を […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!