着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

【卒業生必見】大学の卒業式で振袖を着たい!選び方とコーディネート

【卒業生必見】大学の卒業式で振袖を着たい!選び方とコーディネート

はじめに

卒業式は、学生生活の集大成であり、新たな門出を祝う大切な日です。卒業という特別な日に、華やかで伝統的な振袖を選ぶことで、日本の文化を大切にする心を表現できるでしょう。振袖は、未婚女性の晴れ着として古くから親しまれ、色鮮やかな柄や袖が特徴です。卒業式に振袖を着用することは、自分の成長を祝い、新しいステージへの第一歩を祝う素敵な1日になることでしょう。

卒業式と振袖の重要性

卒業式の場は、学生時代の思い出と共に、大人への第一歩を踏み出す姿を美しく見せるために、振袖は重要な役割を担います。振袖を着ることで、女性は自身の魅力を最大限に引き出し、華やかな印象を残せます。また、振袖の色や柄は、着る人の個性や好みを反映し、卒業式の日をより特別なものにします。そのため、振袖は、卒業式のフォーマルな雰囲気に合わせて、慎重に選ぶことが大切です。

振袖を選ぶ際の基本的な考え方

振袖を選ぶ際には、まずは自分の体型や肌色に合う色、柄を考えましょう。明るい色や華やかな柄の振袖は若々しさを強調し、控えめな色やシンプルなデザインのものは上品な印象を与えます。また、式典にふさわしい上品さを保ちつつ、自分らしさを表現することが大切です。振袖の種類は非常に多く、伝統的な柄からモダンなデザインまで幅広く存在しますので、自分の好みに合わせて選ぶことが重要です。

振袖に合わせる帯や小物は、全体のバランスを考えつつ、振袖の魅力を引き立てるものを選ぶことが求められます。草履やバッグ、髪飾りなども、振袖の色や柄に合わせて選びましょう。また、着付けや髪型も振袖の印象を大きく左右しますので、事前にスタイルを決めておくと安心です。

振袖のレンタルも一つの選択肢です。レンタルでしたら、高価な振袖を購入する必要はなく、多くの種類の中から気に入った一着を選ぶことができます。ただし、レンタルの場合は人気の振袖は早い段階で予約が埋まることがあるため、早めの予約が必要です。レンタルであっても、自分に合うサイズやスタイルを選ぶことが大切で、事前の下見や試着をおすすめいたします。

振袖は、卒業式という大切な日に自分らしさを表現し、美しさを際立たせるための晴れ着です。色や柄、コーディネートにこだわり、自分だけの特別な振袖スタイルを見つけましょう。

ここで、アンティークきものレンタルゆめや厳選の振袖をご紹介しましょう。卒業式は新たな一歩ですので華やかさと落ち着きのある振袖を選びました。
左端「薄ピンク色に花々が描かれた正統派の色振袖」春らしい淡いピンクで可愛らしさの中に大人っぽさが感じられる上品な振袖です。中央「水色の地に赤い雲取りと扇や几帳の色振袖」色使いに若々しさが感じられる華やかな振袖です。右端「ベビーブルーの縮緬に絽刺しの蝶々の色振袖」可愛らしいブルーにさりげなく蝶が舞う上品な振袖。卒業式のようなフォーマルの場面には最適な振袖です。

卒業式で振袖を着るメリット

「卒業式になぜ振袖が選ばれるのか」気になる人もいるでしょう。そこで、振袖が卒業式にふさわしい理由と、卒業式に振袖で出席すると得られる思い出の価値について解説します。

振袖が卒業式にふさわしい理由

卒業式は、学生生活の大切な節目であり、その記念すべき日に振袖を着ることには多くの意味があります。振袖は、その豪華な装飾と色彩の豊かさで、卒業生の晴れやかな気持ちを表現するのに最適な衣装です。以下は振袖が卒業式にふさわしい理由です。

  • 伝統と格式: 振袖は日本の伝統的な衣装であり、格式高い式典にふさわしい装いです。特に卒業式のような公式な場では、伝統を尊重する意味でも振袖が選ばれます。
  • 華やかさ: 卒業式は人生の転機を祝う場であり、振袖の華やかさはその祝賀の雰囲気にマッチします。鮮やかな色と繊細な柄は、卒業の喜びを表現します。
  • 自己表現の機会: 振袖は多様なデザインがあり、個々の個性や好みを表現する機会を提供します。自分らしい振袖を選ぶことで、卒業式の日をより特別なものにできます。
  • 成人への移行: 振袖は未婚女性の正装とされており、卒業式での着用は大人への第一歩を象徴しています。この日を境に、新たな人生のステージに進む意味合いが込められています。

振袖を着ることで、卒業式の日はただのイベントではなく、一生の思い出に残る特別な日になります。その豪華さと伝統的な美しさは、卒業生を一層引き立て、周囲の人々にも深い印象を与えます。

卒業式で振袖を着ることによる価値

卒業式で振袖を着ることは、ただの演出以上の意味を持ちます。以下は、卒業式で振袖を着用することが与える価値についてです。

  • 特別な記念: 卒業式は人生の重要な節目であり、振袖を着用することでその日の記憶をより鮮明に残します。特別な衣装は、特別な瞬間を象徴し、一生の思い出として心に残ります。
  • 写真や撮影: 卒業式の振袖姿は、写真撮影にも最適です。美しい振袖を着た姿は、家族や友人と共有する素晴らしい記念写真となり、後に大切な思い出として振り返ることができます。
  • 自己表現の喜び: 自分らしい振袖を選び、コーディネートする過程は、自己表現の楽しみを提供します。この経験は、自分自身を理解し、表現する貴重な機会となります。
  • 周囲との共有: 振袖は、卒業式の日に同級生や教員、家族との会話のきっかけを提供します。お互いの振袖を褒め合ったり、デザインについて話したりすることは、コミュニケーションを深める良い機会となります。

卒業式で振袖を着ることは、単なる伝統的な習慣を超え、個人の成長と変化を祝う重要な意味を持ちます。その日の美しい振袖姿は、時間が経っても色あせない貴重な記憶として心に残り続けるでしょう。

振袖と袴の違いとは?

袴は、卒業式を彩る衣装として、振袖と並び人気があります。袴を合わせない振袖のみのスタイルと、袴を用いたスタイルには、一体どのような違いがあるのか、それぞれの特徴やマナーについて比較してみましょう。

振袖と袴のスタイルの違い

振袖と袴は、日本の伝統的な衣装として知られていますが、それぞれに独特の特徴があります。以下は、振袖と袴の主なスタイルの違いです。

振袖の特徴

  • 袖の長さ: 振袖の最大の特徴はその名の通り、長い袖です。若い未婚女性の象徴とされ、華やかさを表現しています。
  • デザイン: 色鮮やかで繊細な柄が特徴で、成人式や卒業式・結婚式などのフォーマルな場に適しています。
  • 着こなし: 振袖はフォーマルな着こなしに適しており、華やかな帯や小物でコーディネートします。

袴の特徴

  • 形状: 袴はロングスカートのような衣装で、動きやすさが特徴です。卒業式だけでなく、成人式や各種行事など幅広いシーンで着用されます。
  • デザイン: 袴はシンプルなものから、柄入りのものまでさまざまですが、振袖ほど華やかさはなく控えめです。
  • 着こなし: 袴は振袖よりも比較的カジュアルな着こなしで、組み合わせる着物とのコーディネートが個性の見せどころです。

振袖と袴は、それぞれが異なる魅力とスタイルを持ち、着用する場面や目的に応じて選ばれます。振袖は華やかなフォーマルな場に、袴は動きやすさを求めるシーンに適しています。

着こなし方とマナー

振袖と袴を着こなす際には、それぞれに適したマナーがあります。以下は、両方の衣装の着こなし方とマナーについてのポイントです。

振袖の着こなしとマナー

  • コーディネート: 華やかな帯や小物を選び、全体のバランスを考えることが大切です。振袖の豪華さを引き立てるような選択を心がけましょう。
  • 着付け: 正しい着付けは振袖の美しさを最大限に引き出します。フォーマルな場で着用する際は、プロの着付け師に依頼するのが一般的です。
  • 振る舞い: 振袖を着用する際には、その長い袖を傷めないよう注意し、立ち振る舞いも上品にすることが求められます。

袴の着こなしとマナー

  • コーディネート: 袴は比較的シンプルなコーディネートが多いですが、小物でアクセントを加えられます。
  • 着付け: 袴の着付けも正確さが求められますが、動きやすさを重視した着付けがポイントです。
  • 動きやすさ: 袴は歩きやすさや活動のしやすさが重要です。

振袖と袴は、それぞれに合った着こなし方とマナーを理解し、適切に着用することで、その美しさと魅力を最大限に発揮することができます。重要なのは、自分自身が快適に過ごし、その日の思い出を美しく彩ることです。

ここでは、振袖に袴を組み合わせたコーディネートをご紹介しましょう。
左端「綺麗なワインレッド地に花薬玉の振袖」落ち着いたワインレッドの振袖に明るめ金茶色の袴を合わせることで、全体的に可愛いらしい印象になります。中央「あずき色のぼかしに花薬玉の色振袖」グラデーションがとても綺麗な振袖には、紺色の袴ですっきりとした印象に。右端「紅紫色のぼかしに鹿の子の雲と扇面の小振袖」カラフルな振袖には、落ち着いたグリーンの袴で、着物を引き立てます。

振袖の選び方とコーディネート

ここからは、振袖の選び方とコーディネート例を紹介します。振袖選びに悩んでいる人は、参考にしてください。

自分らしさを表現する振袖の選び方

振袖を選ぶ際は、自分自身を表現することが重要です。以下のポイントを参考に、自分に合った振袖を見つけましょう。

色の選択

  • 肌色に合わせる: 自分の肌色に合う色を選ぶことで、自然で美しい印象を与えます。
  • 好きな色を選ぶ: 好みの色を選ぶことで、自分らしさを表現できます。明るい色は若々しさを、深い色は落ち着いた大人の魅力を表します。

柄の選び方

  • 意味を理解する: 振袖の柄にはそれぞれ意味があります。自分にとって意味のある柄を選ぶことで、着る時の気持ちも高まります。
  • サイズに合わせる: 自分の体型に合わせて柄の大きさを選ぶことが大切です。例えば、小柄な方は大きな柄よりも細かい柄がおすすめです。

全体のバランス

  • 体型に合わせる: 自分の体型に合った振袖を選ぶことで、より美しく見えます。
  • トータルバランスを考える: 振袖だけでなく、帯や小物も含めた全体のコーディネートを考えましょう。

振袖を選ぶ際には、自分の好みはもちろん、体型や肌色に合ったものを選ぶことで、自分らしい美しさを引き出すことができます。

左端「渋いグリーンに辻が華染めの色振袖」豪華な辻が花が描かれた深いグリーンの振袖は上品さがあり高品質です。中央「紅赤色に紙吹雪、宝尽くし、菊の振袖」とても華やかな宝尽くしの振袖は、新しい一歩を踏みだす卒業式や成人式におすすめです。右端「大きな熨斗目に吉祥柄の総絞りの色振袖」総絞りは豪華ですね。職人さんが手間をかけた他に同じものがない逸品です。小物合わせの色によって雰囲気を変えることができます。

卒業式に合わせるアクセサリーと履物

卒業式での振袖姿をより美しく見せるためには、アクセサリーや履物の選び方も重要です。

アクセサリーの選び方

  • 振袖に合わせる: 振袖の色や柄に合わせたアクセサリーを選びます。派手すぎず、かつ振袖の美しさを引き立てるものがよいでしょう。
  • バランスを考える: 大きなアクセサリーは振袖の美しさを損なってしまうことがあるので、バランスを考えて選びましょう。

履物の選び方

  • 草履を選ぶ: 伝統的には草履が適しています。振袖の色や柄に合わせて選ぶと、統一感のある装いになります。
  • 快適さを考える: 履きやすく歩きやすい草履を選ぶことで、一日快適に過ごせます。

アクセサリーや履物は、振袖とのバランスを考えつつ、快適さも重要です。全体のコーディネートを考えることで、卒業式の日をより特別なものにしましょう。

アンティークきものレンタルゆめやおすすめの草履をご紹介しましょう。
左端「白地に紫色の鼻緒、桜絵の草履」白地に紫の鼻緒が可愛らしく、華やかですね。かかと部分の桜模様もさりげなくオシャレのポイントです。中央「白黒赤に桜の手刺繍がほどこされた草履」シックな黒白の台座に赤の刺繍がアクセントになっていますね。右端「白地に黒い鼻緒、桜と紅葉の手刺繍がいっぱいの花嫁草履」土台に桜が満開の個性的な草履は、シンプルな着物に合わすと華やかさが増しますし、華やかな着物にもバランスよく合わせることができます。

レンタルと購入:どちらがいい?

卒業式に着用する振袖を準備する手段として、レンタル購入が考えられます。レンタルと購入どちらがよいのか悩んでしまう人もいるでしょう。

ここからは、振袖レンタルのメリット・デメリットと、振袖を購入する際の注意点を紹介します。

レンタル振袖のメリットとデメリット

振袖のレンタルは、多くの女性にとって魅力的な選択肢です。振袖レンタルのメリットとデメリットを解説いたします。

メリット

  • コスト削減: 振袖を購入するよりも、レンタルの方が費用が大幅に抑えられます。特に一度きりの使用の場合、経済的な選択となります。
  • 豊富な選択肢: レンタルショップでは、多種多様なデザインや色の振袖を提供しており、自分の理想に近いスタイルを選ぶことができます。
  • メンテナンス不要: レンタルの場合、振袖の保管やメンテナンスの心配が不要です。特に高価な振袖の場合、適切な保管は大変な労力となり得ます。

デメリット

  • 人気のデザインは早くに予約が必要: 特に卒業式シーズンは需要が高まるため、早めの予約が必要です。
  • サイズの限界: レンタル振袖はサイズが限られているため、完璧なフィット感を得るのが難しい場合があります。
  • 損傷のリスク: 振袖を損傷してしまった場合、修理費用や損害金を負担する必要があります。

レンタル振袖は、コストパフォーマンスと利便性の高さが魅力ですが、予約のタイミングやサイズの問題など、考慮すべき点もあります。

購入する場合の注意点

振袖を購入する場合、以下の点に注意することが重要です。

  • 予算の設定: 振袖にはさまざまな価格帯があるので、事前に予算を決めておくことが大切です。予算内で自分の気に入る振袖を選びましょう。
  • デザインの選定: 購入する振袖は長く使う可能性があるため、流行に左右されない普遍的なデザインを選ぶことが望ましいです。
  • サイズの調整: 購入した振袖は、自分のサイズに合わせて調整することが可能です。専門の店でフィッティングを行いましょう。
  • 保管方法: 振袖は適切に保管しなくてはいけません。色あせや虫食いを防ぐためにも、保管方法には十分な注意が必要です。
  • 将来の用途を考える: 購入する振袖は、卒業式以外の機会にも着用する可能性を考慮して選ぶと良いでしょう。

振袖の購入は、長期的な視点での選択が求められます。デザイン、サイズ、保管方法など、総合的に考慮して最適な振袖を選びましょう。

卒業式の撮影と記念に残る瞬間

卒業式で振袖を着る際、思い出に残る瞬間を残したいと思う人が多いのではないでしょうか。そこで、卒業式の思い出を彩る記念撮影のポイントを紹介します。

卒業式の撮影ポイントとアイデア

卒業式の日は一生の思い出に残る大切な日です。振袖を着た美しい姿を写真に収めることで、その特別な瞬間を永遠に残せます。以下は、卒業式の撮影におけるポイントとアイデアです。

ロケーション選び

  • 学校のシンボル: 学校のシンボル的な場所で撮影すると、卒業式の記念にふさわしい写真になります。
  • 自然の背景: 学校の校庭や近くの公園など、自然の背景を活かすと、写真に柔らかさと温かみが加わります。

ポーズの工夫

  • 自然な笑顔: 作り笑顔ではなく、自然な表情を心がけましょう。
  • グループ写真: 友達やクラスメイトと一緒に撮るグループ写真は、卒業式の楽しい思い出を形にします。

振袖を引き立てるアングル

  • 全身が映るアングル: 振袖の全体を映すことで、その美しさを際立たせます。
  • 細部に焦点を当てる: 振袖の細かい部分や小物に焦点を当てることで、特別感が伝わります。

振袖での写真を特別な思い出に

振袖を着た卒業式の写真は、ただの記録以上の価値を持ちます。以下は、写真を特別な思い出にするためのヒントです。

プロのフォトグラファーを利用
プロのフォトグラファーに依頼することで、照明や構図などの専門的な技術で美しい写真を撮影できます。

写真のアレンジ
アルバム作りやフォトブックを作成することで、卒業式の思い出を美しく整理し、後で振り返った際にも楽しめます。

SNSでの共有
撮影した写真をSNSで共有すると、遠く離れた友人や家族ともその喜びを共有できます。

卒業式の振袖姿は、あなたの青春の一ページを飾る大切な記録です。これらのポイントを活かし、美しい瞬間を写真に残しましょう。

卒業式振袖のマナーと注意点

卒業式に振袖を着用する際は、気をつけるべきマナーや注意点があります。それぞれをわかりやすく説明するので、卒業式に振袖を着る際に役立ててください。

卒業式での振袖着用のマナー

卒業式での振袖着用には、適切なマナーがあります。これらを守ることで、卒業式をより美しく、厳かなものにできます。

振袖の選択

  • 式典に適したデザイン: 卒業式はフォーマルな場ですので、派手すぎない、上品な振袖を選びましょう。
  • 学校の規定を確認: 学校によっては振袖の着用に関して特別な規定がある場合があります。事前に確認しておくことが大切です。

着付けと小物

  • 正しい着付け: 振袖の着付けは複雑です。プロの着付け師に依頼するか、事前に練習しておくことが望ましいです。
  • 小物の選択: 華やかながらも控えめな小物を選び、全体の調和を保ちましょう。

振る舞い

  • 立ち居振る舞い: 振袖を着ている際は、特に袖を傷めないように注意し、品のある立ち振る舞いを心がけましょう。

注意すべき点と避けるべき行動

卒業式で振袖を着用する際には、以下の点に注意し、避けるべき行動があります。

過度な装飾を避ける

  • 派手なアクセサリーやメイク: 卒業式はフォーマルな場なので、派手なアクセサリーや過度なメイクは控えましょう。
  • 髪型: シンプルで落ち着いた髪型が好ましいです。

マナー違反を慎む

  • 遅刻: 卒業式は時間通りに行うことが重要です。遅刻は他の参加者に対して失礼にあたります。
  • 騒がしい行動: 卒業式の厳粛な雰囲気を乱すような行動は控えるべきです。

安全への配慮

  • 動きやすさを確保: 振袖は動きにくいことがあります。歩行時には特に注意しましょう。

卒業式での振袖着用は、美しい伝統です。これらのマナーと注意点を守ることで、卒業式をより特別なものにすることができます。

まとめ

本記事では、卒業式での振袖の選び方、着こなし、撮影のポイント、マナーなどを解説しました。卒業式での振袖着用は、ただの伝統ではなく、深い意義を持っています。以下の点に注意して振袖を卒業式に参加しましょう。

成人への移行の象徴
振袖は未婚女性の正装として知られており、卒業式での着用は、青春から大人への移行を象徴しています。

日本の文化の尊重
振袖を着ることは、日本の豊かな文化と伝統を尊重し、次世代に受け継ぐ行為です。

個人の美しさと自己表現
振袖は個人の美しさを際立たせ、自己表現の手段としても機能します。色や柄を通じて、個性やセンスを表現することができます。

卒業式での振袖着用は、単なる服装ではなく、自己成長の転機としての大きな意味を持ちます。そのため、振袖を着用することは、特別な日をさらに特別なものにするための素晴らしい方法です。

卒業式後の振袖の活用に関しては、以下の点を考慮してください。

  • 他のフォーマルな場での再利用: 購入した振袖は、結婚式や成人式など、他のフォーマルな場でも着用することができます。
  • レンタル振袖の返却: レンタルを利用した場合、汚れや傷を付けずに、きれいな状態で振袖を返却することが大切です。

卒業式の振袖着用は、一生の美しい思い出を作る機会です。この大切な日を、最高のスタイルで迎えるための準備と心構えが、ステキな思い出となるでしょう。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

七五三ヘアスタイルイメージ_kzs

【3歳女の子向け】七五三レンタル着物&被布セットの選び方ガイド

はじめに:3歳女児の七五三レンタル完全マニュアル 日本の伝統行事の七五三では、特に3歳の女の子の晴れ姿が注目されます。この年齢で初めて着物を着ることは、お子さまの人生の大切な節目を彩る大きな出来事になります。七五三の着物 […]

ひとつ前の記事

黒留袖イメージ

【婚礼】結婚式に参列する母親必見! 黒留袖と着物レンタルの活用法

はじめに 結婚式に参列する母親の役割とは 結婚式は、新郎新婦の大切な一日となることは言うまでもありません。しかし、それだけでなく、親族や友人たちにとっても、心に残るシーンが多いものです。特に、母親にとってはお子さまの成長 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!