訪問着イメージ

【結婚式】お呼ばれした際の着物の選び方と、和装レンタル利用の流れ

はじめに

結婚式という特別な日にお呼ばれされることは、とてもうれしいことですよね。そんな時、華やかな装いで参列したいと考える方も多いでしょう。特に日本の伝統的な美しさを表現できる着物は、結婚式でのゲストの服装として非常に人気があります。今回は、結婚式で着用する着物について、そのレンタルの重要性や基本的な選び方と合わせて詳しく紹介します。

結婚式での着物レンタルの重要性

結婚式にお呼ばれした際、着物を選ぶ理由はさまざまです。伝統的な美しさを感じられる喜びはもちろん、個性を表現する手段としても着物は非常に魅力的です。

しかし、着物とその小物一式を購入するにはかなりの費用がかかりますし、サイズや柄、帯など選ぶ際のポイントも多いため、初めての方には特に大変です。そこでおすすめなのが「着物のレンタル」です。レンタルなら、帯や草履、バッグなどの小物もセットで利用でき、必要な時に必要なだけ着物を楽しめます。

また、レンタル着物はクリーニング済みで提供されるため、式後の手入れの心配もありません。さらに、多くのレンタルショップでは着付けやヘアメイクのサービスも提供しているため、着物に慣れていない方も安心して利用できます。

お呼ばれとしての着物選びの基本

結婚式にお呼ばれする際の着物選びでは、いくつかのポイントを押さえる必要があります。まず、結婚式のゲストとしてふさわしい着物の種類を理解しましょう。一般的に、未婚女性は色鮮やかな振袖を、既婚女性は落ち着いた色の訪問着や留袖を選ぶことが多いです。また、結婚式場の格式や自分の立場(親族か友人かなど)に合わせて選ぶことも大切です。

次に、着物の色や柄の選び方も重要です。華やかながらも派手すぎない色合いを選び、柄は季節やシーンに合わせたものを選ぶとよいでしょう。例えば、春なら桜や梅の花があしらわれた着物が適しています。

また、レンタルを利用する場合は、事前にサイズやデザイン、価格帯を確認しておくことが大切です。予約は特に人気の季節や日にちには早めに行うと安心です。レンタルショップでは、さまざまな種類の着物が提供されており、選び方やマナーについてのアドバイスも受けられますので、初めての方でも気軽に相談してみましょう。

この章では、結婚式にお呼ばれした際の着物レンタルのメリットと、基本的な着物選びのポイントについて紹介しました。続いては、結婚式にふさわしい着物の種類についてもっと詳しく見ていきましょう。

結婚式のお呼ばれにふさわしい着物の種類

結婚式に招待された際、どのような着物を選べばよいのか、迷うこともあるでしょう。結婚式に適した着物には、留袖、訪問着、振袖といったさまざまな種類の着物があり、それぞれの着物には異なる意味や場面があります。ここでは、これらの着物の違いと選び方について詳しく見ていきましょう。

留袖、訪問着、振袖の違いと選び方

留袖

  • 特徴:主に既婚女性が着用する正式な礼装。黒地に家紋を入れた格式高い着物を黒留袖、華やかな色の留袖を色留袖といいます。
  • 選び方:黒留袖は、新郎新婦の親族、特に母親や祖母に適しています。家紋の数や柄の豪華さで格式が変わります。

訪問着

  • 特徴:留袖よりもカジュアルで、既婚・未婚問わず着用できます。色と柄のバリエーションが豊富です。
  • 選び方:結婚式のゲストに最適。自分の年齢や立場に合わせた色合いや柄を選びます。

振袖

  • 特徴:未婚女性が着用する華やかな着物です。長い袖が特徴で、色鮮やかなデザインが多いです。
  • 選び方:新郎新婦の姉妹などの未婚女性に着用されます。結婚式では明るく華やかな色柄が好まれます。

これらの着物を選ぶ際には、自分の年齢や立場、式の場所や時間帯などを考慮するとよいでしょう。また、レンタルする場合は、事前にサイズや希望のスタイルを確認しておくことが大切です。

色と柄で選ぶ、結婚式にふさわしい着物

結婚式での着物選びでは、色や柄にも注目しましょう。華やかながらも上品さを保つことが重要です。以下のポイントを参考に選んでみてください。

色選びのポイント

  • 色はシーンに合わせて選びましょう。例えば明るい日中の式なら明るめの色、夕方以降の式なら落ち着いた色が適しています。
  • 年齢や個人の雰囲気に合わせた色を選ぶことも大切です。若い方は鮮やかな色が、年配の方は落ち着いた色が似合います。

柄選びのポイント

  • 柄は季節感を意識してください。春なら桜や梅、秋なら紅葉や菊など、季節を感じさせる柄がおすすめです。
  • 結婚式は祝いの場なので、鶴や松竹梅など吉祥を象徴する柄を選ぶとよいでしょう。

着物のレンタルを利用すれば、豊富な種類から自分に合った着物を選べます。レンタルなら、高価な着物も手軽に楽しめるので、結婚式のお呼ばれには特におすすめです。

この章では、結婚式にふさわしい着物の種類と、色や柄の選び方についてご紹介しました。次の章では、サイズ選びのポイントや、レンタル着物の予約方法について詳しく見ていきましょう。

サイズ選びのポイント:小さいサイズから大きめサイズまで

結婚式にお呼ばれして着物を選ぶ際、サイズ選びは非常に重要な要素です。着物は西洋のドレスと異なり、適切なサイズ選びによって着心地や見栄えが大きく変わります。ここでは、着物のサイズ基準と適切な選び方などについて説明します。

着物のサイズ基準と適切な選び方

着物のサイズは主に身長や裄丈(ゆきたけ)で決まります。着物は身体のサイズに合わせて調整できるので、自分に合ったサイズ感を見つけることが大切です。

サイズの基準

  • 身長:着物の丈は身長によって異なります。一般的には身長からプラスマイナス5cmの身丈が適切といわれます。
  • 裄丈:首の後ろから手首までの長さ。この長さが合っていないと袖の長さが不自然になります。

選び方のポイント

  • 身長や体型に合ったサイズを選びましょう。特に身幅やヒップ周りのサイズも重要です。
  • レンタルショップでは専門のスタッフがサイズ合わせを行うので、相談してみましょう。

大きめサイズの着物レンタル

最近では、大きめサイズの着物を取り扱うレンタルショップも増えています。これにより、さまざまな体型の方でも、自分に合った着物を見つけられるようになりました。

大きめサイズの選び方

  • 大きめサイズの着物は特に身幅や裄丈が重要です。快適に着られるよう、試着をして確認しましょう。
  • 大きめサイズでも、着物の種類や柄のバリエーションは豊富です。自分の好みやシーンに合わせて選びましょう。

レンタルショップの利点

  • レンタルショップでは、プロの着付け師が最適なサイズの着物を提供してくれます。
  • 事前予約時にサイズや希望を伝えておくと、当日スムーズに準備が進みます。

着物をレンタルする際は、サイズ選びだけでなく、帯や小物のセット、着付けサービスの有無も確認するとよいでしょう。特に初めて着物を着る方は、レンタルショップのスタッフに相談しながら、自分に合った着物を選ぶことをおすすめします。

この章では、着物のサイズ選びの基準と、大きめサイズの着物レンタルなどについて説明しました。次の章では、レンタル着物の予約方法やタイミングについてご紹介します。

レンタル着物の予約方法とタイミング

結婚式にお呼ばれして、着物をレンタルする場合、事前の予約が欠かせません。特に人気の季節や時期には、早めの予約が重要となります。ここでは、着物レンタルの予約方法と、予約すべきタイミングについて詳しく説明します。

着物レンタル予約の流れと必要事項

着物レンタルの予約は、以下のステップに沿って行います。

  1. レンタルショップの選定:まずは、着物の種類やサービス内容が豊富なレンタルショップを選びます。
  2. 事前の確認:レンタル料金、着付けやヘアメイクの有無、小物のセット内容などを事前に確認します。
  3. 予約:予約時には、着用日、着物の種類やサイズ、希望するスタイルなどを伝えます。
  4. 試着と最終決定:可能であれば、事前に試着をして、最終的な選択をします。
  5. 当日の手順確認:着付けの時間や集合場所など、当日のスケジュールを確認します。

人気の季節や日時に注意:早めの予約が鍵

特に結婚式が多い春や秋、または週末や祝日は、着物レンタルの需要が高まります。以下のポイントを参考に、適切なタイミングで予約をしましょう。

予約のベストタイミング

  • 結婚式の1~2カ月前には予約を済ませるのが理想的です。
  • 人気の季節や日時は特に早めに予約が必要です。

直前の予約に注意

  • 直前になると希望の着物がない場合がありますので、余裕をもって準備しましょう。
  • 万が一の場合に備えて、数店舗の情報を押さえておくのも一つの方法です。

着物をレンタルする際は、事前の準備と計画が何より大切です。予約の際には、自分の希望を明確に伝え、必要なサービスや条件を確認しましょう。適切な予約と準備によって、結婚式当日は安心して美しい着物を楽しめます。

この章では、着物レンタルの予約方法と適切なタイミングについてご紹介しました。次の章では、列席者の立場に合わせた着物選びについて詳しく見ていきます。

アンティークきものレンタルゆめやでは、立場やシーンに合わせてお召しいただける多彩な着物を取り揃えています。着物選びに迷った際には、熟練のスタッフがふさわしい装いやコーディネートをサポートいたします。着用機会ごとに異なる着物に挑戦したり、合わせる帯や小物を変えてコーディネートの幅を広げたり、レンタルならではの手軽さで着物の魅力を追求していただけます。

列席者の立場に合わせた着物選び

結婚式にお呼ばれした際、列席者の立場に応じた着物選びが求められます。親族から友人まで、それぞれの立場にふさわしい着物スタイルがあり、特に母親や祖母などの親族には、格式高い礼装和服が適しています。ここでは、立場に応じた着物選びのポイントを詳しく見ていきましょう。

家族、親戚、友人:それぞれに適した着物スタイル

家族の立場での着物選び

  • 家族は結婚式の主役である新郎新婦を引き立てる重要な役割を果たします。
  • 既婚女性、特に母親は黒留袖を、未婚の姉妹などは振袖などを選ぶのが一般的です。
  • 柄や色は控えめで格式を感じさせるものを選び、格式の高い帯や小物を合わせるとよいでしょう。

一生に一度の結婚式は、家族揃って和装で。ゆめやでは羽織袴と留袖がセットになったご両親用のプラン「セットでお得な婚礼・ご両親プラン」をご用意しています。また、留袖と振袖(または訪問着)がセットになった女性親族用のプラン「セットでお得な留袖・ご姉妹プラン」もおすすめです。古式ゆかしい着物姿で、特別感のある晴れの日をお迎えください。

親戚の立場での着物選び

  • 親戚は少し華やかさを抑えた留袖や振袖が適しています。

友人の立場での着物選び

  • 友人として出席する場合は、より自由度の高い着物を選ぶことができます。
  • 色や柄が華やかな振袖や訪問着、色留袖などがおすすめです。

ゆめやの「振袖レンタルプラン」は、2月~12月にご利用いただけるお得なプランです。お選びいただいた振袖に合わせて帯・帯締め・帯揚げ・重ね衿・草履・バッグなどの衣装小物を、着物に精通したゆめやのスタッフがトータルコーディネートしてお届けいたします。ご指定の住所への配送料と、レンタル一式の返送料込みの安心価格です。特別感のある振袖姿で、大切なご親族やご友人の結婚式に参列していただけます。

母親や祖母におすすめの礼装和服

結婚式において特に重要な役割を果たす母親や祖母には、以下のような礼装和服がおすすめです。

母親におすすめの着物

  • 結婚式の母親には、格式を感じさせる黒留袖が最もふさわしい選択です。
  • 家紋を5つ入れた五つ紋の黒留袖は、特に格式が高く見られます。
  • 柄や色は控えめで品のあるものを選び、豪華な袋帯を合わせることで、上品な母親の装いが完成します。

江戸友禅に手刺繍の南蛮船、大彦製五つ紋付黒振袖」深い黒地に色鮮やかな南蛮船を手描き・手刺繍で表現した、大彦のアンティーク黒留袖です。華やかな意匠ながら華美すぎず、凛とした着姿を叶えます。

岩と流水に松と鷲の五つ紋付黒留袖」青々とした松を背景に、鷲の家族を描いたアンティーク黒留袖です。格調高く縁起が良い絵柄で、ご親族の門出を祝福します。

祖母におすすめの着物

  • 祖母には、品格を感じさせる黒留袖や色留袖が適しています。
  • 落ち着いた柄の着物に、格式を感じさせる帯を合わせるとよいでしょう。
  • 年齢を考慮して、着心地が良く、動きやすい素材を選ぶのがポイントです。

椿尽くしの黒留袖」上前に椿、下前に梅を描いたアンティーク黒留袖です。余白を活かした上品な絵柄は、お年を召した方の魅力を引き立てます。

消炭色に若松と丸紋の色留袖」落ち着いた消炭色の地に、若松と丸紋様を描いた五つ紋付き色留袖です。シックな色柄に金色が映え、婚礼の装いにふさわしい格調高い一枚です。

結婚式における着物選びでは、自分の立場を意識することが大切です。格式を重んじつつも、自分らしさを表現できる着物を選ぶことで、結婚式の思い出に華を添えられるでしょう。

列席者の立場に合わせた着物選びについてご紹介しました。次の章では、着物レンタルにおける付属品とスタイリングについて詳しく見ていきます。

着物レンタルにおける付属品とスタイリング

結婚式に着物を着用する際、単に着物自体を選ぶだけではなく、足袋から草履、バッグや帯締めに至るまで、和装小物のコーディネートも重要です。これらの小物は着物のスタイルを一層引き立て、トータルでの美しさを演出します。レンタルサービスを利用する際は、これらの小物もセットで考えることが必要です。

足袋から草履まで:完璧な和装小物のコーディネート

着物を着る際の小物選びには、以下のポイントがあります。

足袋
結婚式のようなフォーマルな場においては、足袋の色は白が基本です。

草履
草履は着物や帯の色、スタイルに合わせて選びます。式典用の草履はよりフォーマルなデザインを選ぶとよいでしょう。

帯〆・帯揚げ
帯〆や帯揚げは着物のアクセントとして大切な役割を果たします。着物や帯の色と相性の良いものを選びましょう。

和装バッグ
和装バッグは、着物の格に合わせて選びます。フォーマルな場では落ち着いた色や素材のものが適しています。

その他の小物
帯留めや扇子など、他の小物も着物のスタイルに合わせて選びます。

バッグや帯締め:着物スタイルを引き立てるアクセサリー

和装バッグや帯締めなどのアクセサリーは、着物スタイルをより引き立てる重要な要素です。

和装バッグ
和装バッグは、草履とセットで選ぶと統一感が出ます。着物の色や柄、帯とのバランスを考え、選びましょう。

帯締め
帯締めは帯の色と合わせるか、あえてコントラストをつけることで、着物にアクセントを加えることができます。

唐草に花束のカメオのような黒留袖」を着用したコーディネートです。結婚式で黒留袖を着用する場合は金銀糸が入った織りの袋帯を二重太鼓に締め、帯揚げと帯締めは白、バッグと草履は金色が基本です。帯には金銀の末広を挿します。ゆめやでは着物に精通したスタッフが、黒留袖の着こなしをサポートいたします。着物に不慣れな方も黒留袖のコーディネートに悩むことなく、安心して晴れの日に臨んでいただけます。

レンタルサービスを利用する際は、これらの小物もセットでレンタルできる場合が多いです。しかし、自分の好みやスタイルに合わせて個別に選ぶこともできます。和装小物の選び方一つで、着物の印象が大きく変わるため、全体のバランスを考えながら、丁寧に選ぶことが大切です。

この章では、着物レンタルにおける付属品のコーディネートと、着物スタイルを引き立てるアクセサリーの選び方について紹介しました。以下では、この記事のまとめとして、結婚式お呼ばれ着物レンタルの全体的なポイントをお伝えします。

まとめ

結婚式のお呼ばれにおいて、着物をレンタルすることは多くのメリットをもたらしますが、いくつかの注意点もあります。最後に、最適な着物レンタルの選び方と準備のポイントについてまとめてみましょう。

結婚式におけるお呼ばれ着物のレンタルのメリットと注意点

メリット

  • 多様な選択肢:留袖、振袖、訪問着など、さまざまなスタイルの着物を選べます。
  • コストパフォーマンス:購入するよりも低コストで、高級な着物を楽しめます。
  • メンテナンス不要:クリーニングや保管の手間が不要で、利用後は返却するだけです。

注意点

  • 早めの予約:人気の季節や日にちには早めの予約が必要です。
  • サイズ確認:事前にサイズを正確に測定し、適切な着物を選びましょう。
  • 小物の選定:着物に合った足袋や草履、帯などの小物選びも重要です。

最適な着物レンタルの選び方と準備のポイント

着物のスタイルを選定
結婚式の場所や時間、自分の立場に合った着物スタイルを選びましょう。

小物のコーディネート
足袋や草履、バッグなどの小物も着物との調和を考えて選びます。

着付けとヘアメイクの予約
レンタルショップで着付けやヘアメイクの予約をすると、当日はスムーズに準備が進みます。

試着と最終決定
可能であれば事前に試着をして、着心地や見た目を確認しましょう。

結婚式のお呼ばれ着物レンタルは、選択肢の豊富さとコストパフォーマンスの良さが魅力です。ただし、最適なスタイル選びや小物のコーディネート、早めの予約など、事前の準備が重要です。これらのポイントを押さえて、結婚式での美しい着物姿を楽しみましょう。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

長い羽根の鳳凰と桐、青海波の黒振袖【fuk10】

【成人式の着物】黒の振袖が選ばれる理由|レンタル方法と注意点

成人式は一生に一度の特別な日。この重要な日に多くの女性が選ぶのが、黒の着物です。黒の着物はそのシックで洗練された雰囲気に加え、伝統と現代の美しさを兼ね備えています。その大きな魅力は、選んだ人はもちろん、その着姿を見る人を […]

ひとつ前の記事

縮緬に辻が花模様が描かれた、訪問着の中の小紋になります。2枚のきものを1枚に仕立て直した、ゆめやのオリジナルの片身替わりのきものです。

【プロ監修】祝賀会・式典参加に!着物選びで失敗しないためのポイント

はじめに:祝賀会での着物の重要性 祝賀会での着物選びは、華やかな装いを楽しむだけではなく、会場の雰囲気を尊重し、参加者として主催者への礼節を示す行為です。着物は日本の伝統的な美意識と文化を象徴するものであり、祝賀会などの […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!