赤い総絞りの菊の花に金駒刺繍の訪問着【hou179】

【2024年最新版】十三参り着物レンタルガイド!初心者でも安心の選び方

はじめに

十三参りとは、日本の伝統的な成長の節目を祝う行事の一つであり、時代や地域により差はありますが、特に女の子が13歳になったことを祝う儀式です。この年齢は、子どもから大人への第一歩を踏み出す重要な時期を象徴しており、その記念として、華やかな着物を身にまとい、神社で健やかな成長を祈願します。この行事は、家族の絆を深めると同時に、日本の美しい伝統と文化を次世代に伝える大切な役割を果たしています。

十三参りとは何か:意義と歴史

十三参りは、長い歴史を持つ日本独自の風習で、子どもの成長と健康を願う家族にとって大切な儀式です。この行事は、子どもが社会的に一人前の大人として認められる第一歩を象徴し、多くの場合、着物を着用して行われます。この風習は、古くから日本の各地で受け継がれており、現代でも多くの家族にとって、子どもの成長を祝う特別な日となっています。

着物レンタルのメリット:手軽さと選択肢の豊富さ

十三参りの着物を選ぶ際、多くの家族が着物レンタルサービスを利用します。着物レンタルの最大のメリットは、何と言ってもその手軽さです。特別な日のために高価な着物を購入する代わりに、レンタルサービスを利用すれば、必要な時に必要な期間だけ着物を借りることができます。また、レンタルでは様々なスタイル、色、柄の中から選ぶことが可能で、13歳の女の子にぴったりの着物を見つけることができます。価格も購入に比べて手頃であり、着付けや小物一式がセットになっているフルセットプランも多く、初めて着物を着る場合でも安心して準備を進めることができます。

さらに、レンタル着物はサイズの選択肢が豊富であるため、お子様の体型に合わせて最適な一着を選ぶことができます。また、着物レンタル店舗では、十三参りの意義や歴史に合わせたアドバイスも提供しており、お客様にとって最も適した衣装選びをサポートしています。

十三参りで着物をレンタルするための基礎知識

十三参りで着物をレンタルする際に押さえておきたい、レンタルの流れや準備のポイント、選ぶべき着物の種類について解説します。

レンタルの流れと準備のポイント

十三参りの着物レンタルをスムーズに行うためには、事前の準備が鍵を握ります。
まずは、レンタルしたい着物のスタイルや色、柄を考え、どのようなセットが必要かを検討しましょう。以下がレンタルの一般的な流れです。

  1. レンタル店舗の選定: まずは、信頼できる着物レンタル店を選びます。店舗によって取り扱っている着物の種類や価格、サービスが異なるため、比較検討が必要です。
  2. 事前予約: 人気の店舗や時期によっては、予約が混み合うことがあるため、可能な限り早めに予約を入れることが大切です。
  3. 下見と試着: 実際に店舗を訪れ、着たい着物を下見し、試着をすることをお勧めします。この際、着物のサイズや色合いが自分のイメージに合っているか確認しましょう。
  4. セット内容の確認: 着物レンタルでは、草履や帯などの小物もセットでレンタルできる場合が多いです。必要なアイテムがすべて含まれているか、確認が必要です。
  5. 着付けと返却: 当日は、専門のスタッフによる着付けサービスを利用することもできます。使用後は、指定の方法で着物を返却します。

選ぶべき着物の種類:振袖、小紋、その他

十三参りで着用する着物には、振袖や小紋などを選ぶのがおすすめです。それぞれの特徴を理解し、お子様に最適な一着を選びましょう。

  • 振袖: 十三参りで最も一般的に選ばれるのが振袖です。振袖は、袖が長く豪華な装飾が特徴的で、華やかな柄や色使いが多いため、特別な日にふさわしい選択と言えます。
  • 小紋: シンプルで落ち着いた印象の小紋も、十三参りに適した着物の一つです。細かい柄が全体に施されており、振袖ほど華やかではありませんが、上品で洗練された雰囲気を演出できます。
  • その他: 十三参りでは、色無地・付け下げ・訪問着など、どのような着物でも問題はありません。白地に赤やオレンジの花柄が施された着物や、シンプルながらも高級感のある黒の着物など、お子様の好みや十三参りの会場の雰囲気に合わせて選ぶことができます。

こちらは、ゆめやで取り扱っている商品で、カラフルな竹垣に、毬のような菊の花が躍っている、ピンク色の錦紗縮緬地のアンティーク小振袖です。袂が角ではなく丸いラインになっていますので、きもの全体がいっそう丸くかわいらしい印象を与えます。

女の子のための十三参り着物選び

十三参りにふさわしい着物を選ぶことは、女の子自身にとっても、その家族にとっても意義深いことです。着物は単に美しいだけでなく、着る人の個性や成長を象徴する衣装です。十三参りの着物選びでは、色や柄、そして年齢に合ったデザインを考えることが重要です。

色と柄の意味:桜、梅、牡丹などの花柄

着物の色や柄には、それぞれ特別な意味が込められています。特に、桜や梅、牡丹などの花柄は、美しさや優雅さ、そして幸福や健康を象徴しています。これらの花柄は、女の子の清らかさや美しさを引き立てると同時に、これからの成長に対する良い願いを込めることができます。

  • 桜: 春の訪れと新しい始まりを象徴し、人生の新たなステージへの進出を意味します。
  • 梅: 厳しい冬を乗り越える強さと、純粋な美しさの象徴とも言えます。耐え忍ぶ力とともに、清新な始まりを祝福します。
  • 牡丹: 豊かさと栄華、勇気を象徴し、女の子の健やかな成長と幸福を願います。

これらの花柄は、十三参りの着物において人気が高く、特別な日の記憶に残る選択肢となります。色に関しても、赤は情熱や活力を、白は純粋や清潔を、黒は格式や落ち着きをそれぞれ象徴しており、これらの色を基調とした着物は、十三参りに相応しい華やかさと品格を演出します。

ゆめやの取り扱う着物から、菊の花が描かれた総絞りのアンティーク訪問着を紹介します。地模様が入った正絹地に、菊の花の手絞りをほどこし、菊の花の中心は金駒刺繍で仕上げられた、極上の逸品です。帯は菊の花の纐纈織を合わせました。帯揚げと帯締めを黄色でポイントカラーにし、若々しいコーディネートになりました

年齢に合ったデザイン:子供から大人への一歩

十三参りは、子供から大人へと歩み始める年齢であり、着物選びにおいても、その過渡期を象徴するデザインが好まれます。振袖はその最たる例で、豊かな色彩と複雑な柄は、成長の喜びと未来への期待を表現します。また、小紋や紋付きの着物も、よりフォーマルな場に相応しい選択肢として、成熟した美しさを演出します。

十三参りの着物選びでは、お子様の個性や好み、そしてこれからの成長に合わせたスタイルを選ぶことが大切です。着物レンタルサービスを利用することで、様々なスタイルから理想の一着を見つけることができます。レンタルならではの豊富な選択肢は、十三参りを迎える女の子にとって、自分だけの特別な着物を身にまとう機会を提供します。

十三参りの着物選びは、女の子の成長を祝い、未来への希望を込める大切なプロセスです。色や柄、デザインを丁寧に選び、お子様にとって忘れられない一日を演出しましょう。

着物レンタルプランの選び方

着物レンタルサービスには、様々なプランが提供されており、その中から最適なものを選ぶ必要があります。レンタルプランを選ぶ上でのポイントを理解し、十三参りの準備をスムーズに進めましょう。

フルセットレンタルの内容とは

フルセットレンタルプランは、十三参りに必要な着物本体はもちろん、帯、草履、さらには小物類まで一式が揃っています。そのため、別々にアイテムを選んで揃える手間が省け、統一感のある装いを簡単に完成させることができます。

フルセットレンタルの内容は以下の通りです:

  • 着物: 十三参りに適した、豪華なデザインの振袖や小紋など。
  • 帯: 着物に合わせた色や柄の帯。
  • 草履: 足元を飾る、着物に合わせた草履。
  • 小物セット: 帯締め、帯揚げ、重ね襟、扇子など、着姿を美しく見せるための小物一式。

このプランを選ぶ際には、着物のサイズや色、柄を事前に確認し、十三参りの日にピッタリの装いを選ぶことが大切です。また、レンタル料金は店舗によって異なるため、予算に合わせて最適な店舗を選ぶことも重要なポイントです。

オプションサービスの利用

着物レンタルでは、フルセットプランに加えて、様々なオプションサービスを利用することができます。オプションサービスを利用することで、装いをさらに個性的で特別なものにすることができます。

オプションサービスを利用するメリット:

  • 個性的な装い: 標準のセットに含まれるアイテム以外に、より多くの選択肢からお子様の好みに合わせたアイテムを選べます。
  • 完璧なフィット感: 草履や帯などの小物を個別に選ぶことで、サイズや快適さを最適化できます。
  • 特別な記念写真: オプションで提供される写真撮影サービスを利用すれば、十三参りの思い出を美しい形で残すことができます。

着物レンタルプランを選ぶ際には、フルセットの内容を把握し、オプションサービスを上手に利用することがポイントです。オプションサービスを利用する際には、追加料金が発生することがあるため、事前にプラン内容と料金を確認しておくことが大切です。

レンタルする際の下見と予約

十三参りにふさわしい着物をレンタルするためには、下見と予約が非常に重要なステップとなります。下見をして実際に試着をしながら理想の着物を選び、適切なタイミングで予約を行うことが、スムーズな準備の鍵となります。

下見の重要性:理想の着物を見つけるために

下見は、レンタルする着物が実際に自分のイメージやサイズに合っているか確認するための重要なプロセスです。特に、十三参りのような一生に一度のイベントでは、事前に実物を見て選ぶことが重要です。下見の際には以下のポイントに注意しましょう。

  • サイズとフィット感: 着物や帯、草履など、すべてのアイテムが適切なサイズであるかを確認します。可能であれば、試着をしてみてください。
  • 色や柄の確認: 実物の色や柄を確認することで、写真や画像で見るよりもリアルなイメージを持つことができます。特に光の当たり方によって見え方が変わることもあるため、実際のアイテムを見ることが推奨されます。
  • アクセサリーとの調和: 既に持っているアクセサリーや小物との組み合わせを考え、全体のコーディネートをイメージします。

予約のタイミングと注意点

理想の着物を見つけたら、次は適切なタイミングで予約を行うことが必要です。特に人気の高い時期や店舗では、早めの予約が求められます。予約の際には以下の点に注意しましょう。

  • 早めの予約: 十三参りが行われるシーズンは特に予約が集中するため、可能な限り早めに予約を行うことが望ましいです。理想とする着物が既に予約で埋まってしまう前に、早めの行動を心がけましょう。
  • キャンセルポリシーの確認: 予約時には、キャンセルポリシーを確認しておくことが大切です。予期せぬ事態が発生した場合に備えて、キャンセルや変更が可能かどうかを事前に把握しておきましょう。
  • 予約内容の確認: 予約する際には、着物の種類、サイズ、レンタル期間、料金など、契約内容をしっかりと確認しておきましょう。また、当日必要なアクセサリーやオプションサービスが含まれているかも確認してください。

十三参りの着物レンタルにおける下見と予約は、準備プロセスの中で非常に重要な役割を果たします。事前の準備と確認を怠らずに行うことで、当日を迎える準備が整います。理想の着物で十三参りを迎えられるよう、計画的に準備を進めましょう。

十三参りの当日準備

十三参りの当日は、多くの準備と心配りが必要となります。特に、着物を着る際には、体調管理やスケジュール調整が重要です。また、着物の着方にも注意が必要で、美しく着こなすためのコツを押さえておくことが大切です。ここでは、十三参りの当日に向けた準備と着物の着方について詳しく解説します。

着物を着る前の準備:体調管理とスケジュール

十三参りの日を迎えるにあたり、前日からの体調管理が非常に重要です。着物は長時間着用することになるため、体調を崩してしまうと楽しいはずの一日が辛いものになってしまう可能性があります。以下に、体調管理とスケジュール調整のポイントを挙げます。

  • 十分な睡眠をとる: 前日は早めに就寝し、十分な休息を取るようにしましょう。翌日に疲れを残さないことが大切です。
  • 軽い食事を心がける: 当日の朝食は消化の良い軽いものにし、着物を着た後の不快感を避けましょう。
  • スケジュールの余裕を持つ: 着付けには予想以上に時間がかかることがあります。余裕を持ったスケジュール計画を立て、当日を迎えましょう。

着物の着方と注意点:美しく着こなすコツ

着物を美しく着こなすには、正しい着方を知っておくことが重要です。着物の着方には幾つかの注意点がありますので、以下にポイントをまとめました。

  • 正しい着付け方法を学ぶ: 着物は西洋服とは異なり、着付けに独特の方法があります。事前にプロの着付け師から着方を学ぶか、練習を重ねておくと良いでしょう。
  • 着崩れを防ぐ工夫: 着物を長時間美しく保つためには、着崩れを防ぐための小技を知っておくことが役立ちます。例えば、帯の結び方一つを工夫するだけで、着崩れのリスクを減らすことができます。
  • 快適な履物の選択: 草履は見た目の美しさだけでなく、履き心地も重要です。特に、長時間の行事であるため、足のサイズに合ったものを選び、足が痛くならないように注意しましょう。

十三参りの当日は、一生の記憶に残る特別な日です。体調管理から着物の着方まで、事前の準備をしっかりと行い、心に残る素敵な一日を過ごしましょう。

まとめ

十三参りの着物レンタルサービスを利用することは、この大切な日に最適な選択肢の一つといえます。

十三参り着物レンタルの魅力を再確認

十三参りの着物レンタルは、以下のような魅力があります。

  • 豊富な選択肢: 幅広いデザイン、色、サイズの中から、お子様にぴったり合う着物を選べる点は、レンタルサービス最大の魅力です。
  • コストパフォーマンス: 高品質な着物を手頃な価格でレンタルできるため、一度きりの使用に大きな金額をかける必要がありません。
  • 専門家によるサポート: 着付けや選び方についてのアドバイスを専門家から受けられるため、着物に詳しくない方でも安心して準備を進められます。
  • 完璧なコーディネート: 草履や帯などの小物もセットでレンタルできるため、統一感のある装いを簡単に完成させることができます。

思い出作りに最適な選択肢:レンタルの利点を活かす

十三参りは、子どもの成長を祝うとともに、家族の絆を深める大切な機会です。着物レンタルサービスを利用することで、準備のストレスを減らし、当日をより楽しく過ごすことができます。以下のポイントに注意し、記念日を最高のものにしましょう。

  • 事前の下見と予約: 理想の着物を確実に手配するために、事前の下見と早めの予約をお勧めします。
  • 当日の準備: 体調管理やスケジュール調整を念入りに行い、スムーズな当日の流れを確保しましょう。
  • プロのサービスを利用: 着付けやヘアセット、写真撮影など、プロのサービスを利用して、特別な日をさらに美しく記録に残すことができます。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

手描き友禅春秋柄の淡い花浅葱色の訪問着【hou07】

【着物のプロ監修】大きいサイズのレンタル訪問着選び|失敗しないコツを解説

はじめに 大きいサイズの訪問着レンタルをお探しの方へ。この記事では、着物のプロが監修する、大きいサイズの訪問着選びのコツをご紹介します。 以下のような悩みを抱えている方に、ぜひ参考にしていただきたい内容です。 上記のお悩 […]

ひとつ前の記事

赤地に大きな梅と雲取紋様の五つ紋付色振袖【fui105】

【プロ監修】十三参りの着物をレンタル!東京都内で予約をする時のポイント

はじめに 十三参りとは:日本の伝統的な成長祝い 十三参りは、日本に古くから伝わる成長の節目を祝う儀式です。特に13歳になる子供たちが、社会的な大人への一歩を踏み出す重要な時期として、この行事は大切にされています。数え年で […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!