梅の花に檜扇、御所車の黒引き振袖【fuh02】

アンティーク着物で結婚式をおしゃれに演出! 魅力とレンタル活用術

はじめに: アンティーク着物で結婚式を彩る

結婚式は、人生で最も特別な日の一つです。その日をさらに華やかに、そして心に残るものにするために、アンティーク着物を選ぶという選択肢があります。アンティーク着物はその独特の美しさと歴史的価値で、結婚式の装いに深みと格調を加えます。

アンティーク着物の魅力とは

アンティーク着物とは、明治・大正・昭和初期に作られた着物のことを指します。それぞれの時代によって、さまざまな柄や色などの違いがあります。このようなアンティーク着物には、以下のような魅力があります。

独特の美しさと歴史的価値
何十年も前に仕立てられた着物は、その時代の美意識や染め、織りの技術が反映されています。これらの着物は、現代のものとは異なる独特の美しさを持っています。

豊富な柄と色のバリエーション
アンティーク着物は、赤や青などさまざまな色があり、柄も小さいものから大胆な柄まで幅広い選択肢があります。多数の選択肢の中から、結婚式のテーマや個人の好みに合わせて選ぶことができます。

上質な素材と仕立て
多くのアンティーク着物は、高品質な織物や細かな手仕事によって作られています。この手仕事が、装いに深みと格調の高さをもたらします。

アンティークきものレンタルゆめや は、大正時代から昭和初期にかけての着物をメインに取り扱うレンタルショップです。上質な絹糸100%の正絹に、職人が手掛けた絵付けや手刺繍が光る逸品ばかりを取り揃えて、花嫁さまやご参列の皆さまのお越しをお待ちしています。

立涌に吉祥紋様四季の花刺繍の打掛一式」は、立涌紋様・花丸紋・桐が織り込まれた白い絹地の上に、金色で立涌があしらわれ、桜・梅・紅葉・桔梗・菊・桐などの花々が手描きされています。背中に回ると、御所車・檜扇・つづら・宝尽くし・鼓が手刺繍で施してあります。もう作る人がいないかもしれないほどの打掛です。

結婚式での着物の役割

結婚式における着物の役割は、以下の点に表れています。

格式ある装いとしての役割
結婚式は、人生の重要な節目であり、格式ある装いが求められます。アンティーク着物は、その格式を満たすとともに、装いに個性を加えることができます。

個性と伝統の融合
現代の結婚式では、個性を表現するためにさまざまなスタイルが選ばれます。アンティーク着物を選ぶことで、伝統的な美しさと現代の感覚を融合させることができます。

友人や親族への思い出作り
特別な日にアンティーク着物を着用することは、参列する友人や親族にも強い印象を残します。また、写真やビデオに映える装いは、後世に残る素晴らしい記念となるでしょう。

松竹梅に舞鶴遊亀紋様刺繍の打掛一式」は、鶴・亀・松・竹・梅がすべて手刺繍で描かれたアンティーク打掛です。表からは、ピンクの梅、緑や黄緑の竹の葉が初々しく彩っています。後ろに回ると、亀・松・竹が黄金色に輝き、その上には大きな鶴が羽ばたいています。すべてが手刺繍された、新しい人生への出発に相応しい、豪華な打掛です。

ここまで、アンティーク着物の魅力と結婚式における着物の役割について紹介しました。アンティーク着物は、その独特の美しさと歴史的価値により、結婚式という特別な日に華を添える選択肢として最適です。次章は、アンティーク着物の選び方について詳しく見ていきます。

アンティーク着物の選び方

結婚式にアンティーク着物を選ぶことは、その日の装いを特別なものにします。アンティーク着物を選ぶ際には、スタイル、デザイン、色、柄などいくつかの重要な要素を考慮する必要があります。

スタイルとデザインの選定

アンティーク着物を選ぶ際には、以下の点を考慮しましょう。

着物のスタイル
アンティーク着物には、色打掛、訪問着、振袖などさまざまなスタイルがあります。花嫁衣装としても結婚式のお呼ばれとしても着用の機会がありますので、自分の立場に合わせて適切なスタイルを選びましょう。

デザインの選定
柄や色彩の美しさはアンティーク着物の大きな魅力です。伝統的な柄や現代的なデザインなど、自分の好みや結婚式のテーマに合わせて選んでください。

仕立ての状態
アンティーク着物の仕立てや状態も重要なポイントです。裄や袖丈が自身のサイズに合っているか、また生地の状態が良いかどうかを確認しましょう。

結婚式にふさわしい色と柄

結婚式に適したアンティーク着物の色と柄を選ぶためには、以下の点を考慮してください。

色の選択
アンティーク着物は赤、青、緑などさまざまな色があります。結婚式の雰囲気や、自分の年齢や立場、季節に合った色を選びましょう。たとえば、春の結婚式には明るい色の着物が適しています。

柄の意味と選び方
アンティーク着物の柄にはそれぞれ意味が込められています。幸福や繁栄を象徴する柄を選ぶと、結婚式にふさわしい装いになります。

大人の装いとして
結婚式では、落ち着いた色合いや上品な柄の着物を選ぶことで、大人の装いとしての品格を表現することができます。

ご招待客として結婚式に参列なさる場合の着物をご紹介しておきましょう。「白地にオシドリと青い鳥の訪問着」は、NHK連続テレビ小説「花子とアン」でも着用された、正絹の白地に鳥・牡丹・藤・菊・撫子などが手描きされたアンティーク訪問着です。オシドリのつがいが1組と、若いコバルトブルーの鳥が3羽遊んでいます。筆運びの繊細さと構図の良さから、作家物であることがうかがえる作品です。白い正絹に小箱や筒状の入れ物が織りで施された袋帯を合わせ、婚礼の参列にふさわしいコーディネートです。

ここまで、アンティーク着物を選ぶ際のスタイルとデザインの選定方法、結婚式にふさわしい色と柄の選び方について解説しました。適切なアンティーク着物を選ぶことで、結婚式はより特別なものになります。次章では、アンティーク着物のレンタルに関するガイドをご紹介します。

アンティーク着物のレンタルガイド

アンティーク着物を結婚式で着用する際に、レンタルサービスを利用することはたいへん便利な選択です。アンティーク着物のレンタルには多くのメリットがあり、利用方法も簡単です。ここでは、アンティーク着物をレンタルする際のメリットと、レンタルサービスの利用方法について解説します。

レンタルのメリットと選択肢

アンティーク着物をレンタルするメリットは以下のとおりです。

コストパフォーマンスの良さ
アンティーク着物を購入すると高価になる場合が多いですが、レンタルならば比較的安価に済ませることができます。

多様な選択肢
レンタルサービスでは、さまざまな色、柄、スタイルの着物から選ぶことができ、自分に最適な一着を見つけることが可能です。

メンテナンスの不要
レンタル着物はプロによってメンテナンスされているため、自分で特別な手入れをする必要がありません。

アクセサリーの利用
多くのレンタルサービスでは、帯や帯締めなどのアクセサリーも一緒にレンタルできるため、トータルコーディネートが容易です。

レンタルサービスの利用方法

アンティーク着物のレンタルサービスを利用する際のポイントは以下のとおりです。

事前のリサーチ
結婚式の日程が決まったら、早めにレンタルサービスをリサーチしましょう。特に人気の着物や需要が集まる期間は早めの予約が必要です。

サイズの確認
アンティーク着物のサイズは現代のものと異なる場合があります。自分のサイズに合った着物を選ぶためには、詳細な寸法を事前に確認しましょう。

スタイルの選定
結婚式の場や自分の役割に合わせて、適切なスタイルの着物を選びます。親族の披露宴や友人の結婚式など、イベントと立場に合わせた着物選びが重要です。

アクセサリーの選択
着物と一緒に、帯や帯締め、小物などのアクセサリーも選びましょう。これらのアイテムが、アンティーク着物の装いを一層引き立てます。

ゆめやのレンタルは、ネットや電話で試着のお申し込みをいただき、店舗またはご自宅にて試着。お気に召したら正式にご予約を入れていただき、かんざし/髪飾り以外の小物は全てゆめやのベテランスタッフがコーディネートしてお届けいたします。ご自分で小物を選んでいただくこともできますので、詳しくはスタッフにお尋ねください。ご着用後は専用の伝票で返送いただくだけです。レンタルの詳しい流れは「ご利用の流れ」をご覧ください。ご不明点は「よくあるご質問」でご確認いただくか、「お問い合わせ」からお聞かせください。折り返しお返事させていただきます。

アンティーク着物をレンタルする際のメリットと利用方法についてご紹介しました。レンタルを上手に利用することで、結婚式をより特別なものにすることができます。続いては、結婚式のための着物アクセサリーについて詳しく解説していきます。

結婚式のための着物アクセサリー

結婚式でアンティーク着物を着用する際に、適切なアクセサリーを選ぶことは、全体の装いを引き立て、さらに美しさを加えるために重要な要素です。特に、帯締めや帯揚げ、その他の小物は、着物のスタイルと調和するものを選ぶことで、結婚式の装いを一層特別なものにします。

帯締めと帯揚げの選び方

帯締めと帯揚げは、着物の装いを完成させるための重要なアクセサリーです。

花嫁衣裳の帯揚げと帯締めは赤か白が基本色となり、紅白に金銀の装飾が含まれたものもすてきです。ゆめやの「梅の花に檜扇、御所車の黒引き振袖」では、赤い絞りの帯揚げと、赤い丸ぐけ帯締めを結びました。筥迫は赤地に羽ばたく鶴の手刺繍、懐剣(末広)は白地に金細工で、紅白の房が付けられています。髪飾りも紅白にいたしましたので、着物との一体感が美しいコーディネートになりました。

帯締めの選び方
帯締めは着物の帯を固定する役割があり、色や素材が全体の装いに大きく影響します。アンティーク着物に合わせる場合は、伝統的な柄や上品な素材を選びましょう。また、結婚式のフォーマルな場にふさわしい帯締めを選ぶことが望ましいです。

帯揚げの選び方
帯揚げは帯の上部から少し見えるように用いる布で、着物の全体的な印象を柔らかくします。色合いは帯締めと調和するものを選び、また着物の色に合うものを選ぶことが大切です。同系色で合わせたり、または反対色で合わせることもテクニックの一つです。また、帯揚げは着物の装いに華やかさや優雅さを加えるアクセントとしての役割もあります。

結婚式にご参列なさる場合のルールはありませんので、上品で華やかな装いになさってください。左が「落ち着いたピンク地に花唐草が描かれた色振袖」、右が「渋いグリーンに辻が華染めの色振袖」です。どちらも、アンティークというほど古くはありませんが、レトロ感あふれる色振袖です。

小物でアンティーク着物を引き立てる

アンティーク着物の装いをさらに引き立てるためには、以下のような小物の選び方が重要です。

草履とバッグ
草履とバッグは着物の全体的な印象を左右するアイテムです。基本的に草履とバッグは同じ色合いのものを選びましょう。また、結婚式のような格式が高い場にふさわしい草履の基準がいくつかあります。一つは草履の台の高さが5センチ前後であること。もう一つは台と鼻緒が同じ素材でできていることです。アンティーク着物に合わせるためには、これらのことを踏まえた上で、伝統的なデザインや淡い色合いを選ぶことが望ましいです。

左「白地に紫色の鼻緒、桜絵の草履」と、中央「白黒赤に桜の手刺繍がほどこされた草履」が、参列者さまにおすすめの草履。右「白地に薄桃ぼかしの鼻緒、桜の手刺繍の花嫁草履」は、踵の高さが8cmの花嫁草履です。いずれも、鼻緒に桜の花が手刺繍され、右と左は台にも同じ花が描き出されています。

髪飾り
結婚式には特に、髪飾りが着物の装いを華やかにします。花や伝統的なモチーフを用いた髪飾りは、アンティーク着物との相性が良いです。主役の花嫁さまは華やかに、参列者さまは少し控えめにいたしましょう。

その他のアクセサリー
扇子などの小物も着物の装いを豊かにします。これらのアイテムは、着物の色や柄に合わせて慎重に選ぶことが重要です。なお、ジュエリーのようなアクセサリー類はフォーマルな場で着物を着用する場合には、身につけないことが一般的です。

この章では、結婚式でのアンティーク着物に合わせる帯締めや帯揚げ、その他の小物の選び方についてご紹介しました。これらのアクセサリーを適切に選ぶことで、結婚式の着物の装いはさらに華やかで特別なものになるでしょう。続いて、結婚式でのアンティーク着物の着付けについて詳しく解説していきます。

結婚式でのアンティーク着物の着付け

結婚式におけるアンティーク着物の着付けは、その日の装いを決定づけるためたいへん重要です。正しい着付けの手順を理解し、必要に応じてプロの着付け師の力を借りることで、アンティーク着物の魅力を最大限に引き出すことができます。

正しい着付けの手順

アンティーク着物の着付けには以下のステップが含まれます。

肌着の着用
着物専用の肌着を着用します。また、体型によってはタオルなどで補正をします。これは着物の着心地を良くし、着崩れを防ぐために必要です。

裾除けと襦袢の着用
裾除けを着用し、その上に襦袢を着ます。襦袢は着物と直接肌が触れることを防ぎ、着物を清潔に保ちます。

着物の着用
着物を丁寧に身にまとい、左前が上になるように整えます。衿合わせや裾の位置も調整します。

帯の結び方
帯を適切に結びます。帯の結び方は多様ですが、結婚式に合わせたフォーマルな結び方を選ぶことが重要です。

帯締めと帯揚げの装着
帯締めを帯の中央付近で結び、帯揚げを結んで帯の中に収納します。これらは装いにアクセントを加えるとともに、帯の形を整え、固定する役割も果たします。

小物の装着
扇子や草履、バッグなどの小物を合わせます。これらの小物は着物のスタイルを一層引き立てます。

プロの着付け師に依頼

プロの技術で完璧な着姿を
結婚式のような特別な場では、プロの着付け師に着付けを依頼することをおすすめします。プロの技術により、着崩れしにくく、一日中美しい着姿を保つことができます。

事前のリハーサルを
着付け師との事前のリハーサルを行うことで、当日のスムーズな準備が可能になります。また、帯や小物の組み合わせなども事前に相談しておきましょう。

安心感を得られる
プロに任せることで、着付けに関する不安を軽減し、結婚式当日をリラックスして迎えることができます。

ここでは、アンティーク着物の着付けの手順と、プロの着付け師の利用について説明しました。正しい着付けは、アンティーク着物の美しさを最大限に引き出し、特別な日をさらに華やかに演出します。続いて、アンティーク着物の手入れと保管について詳しく解説していきます。

アンティーク着物の手入れと保管

アンティーク着物を購入する場合など、その独特な美しさと価値を長く保つためには適切な手入れと保管が必要です。特に、結婚式などの特別な日に使用した後は、注意深く手入れを行うことが重要。以下に、アンティーク着物の手入れ方法と長期保管のポイントについて詳しく解説します。

着用後の手入れ方法

結婚式などで着用した後のアンティーク着物の手入れは以下のとおりです。

汚れの確認と処理
着用後は、着物の汚れやシミがないかを確認します。特に衿元や袖口などは汚れやすいので注意が必要です。汚れがある場合は、できるだけ早く専門のクリーニングに出すことをおすすめします。

湿気を避ける
湿気は着物の生地を傷める原因になります。着用後は、風通しの良い場所で着物を陰干しし、湿気を取り除きます。

しわの取り扱い
着物の素材はデリケートなものが多いため、どうしても取れないしわがついてしまった時は、プロに任せることをおすすめします。自宅で対応する場合は、陰干しをして、手アイロンでしわを伸ばすのが基本。手に綿の手袋をつけて、しわが気になる部分を伸ばしていきます。その際に、洋服のしわとりスプレーは使用しないでください。シミの原因になる場合があります。

長期保管のポイント

長期間アンティーク着物を保管する際には、以下の点に留意します。

適切な保管場所
直射日光や湿気を避けた場所で保管します。暗く涼しい場所が最適です。また、通気性の良い着物用の袋や箱に入れて保管するとよいでしょう。

防虫対策
虫干しを定期的に行い、防虫剤を適切に使用します。着物の素材に合った防虫剤を使用しましょう。

畳み方の工夫
着物の折りしわを防ぐために、適切な畳み方を心がけます。また、定期的に畳み直しを行うことで、生地にかかる負担を減らすことができます。

アンティーク着物の手入れと保管は、美しさを長く保つためにたいへん重要です。適切な手入れと保管を行うことで、アンティーク着物を長く楽しむことができます。次はこの記事の総括として、アンティーク着物で結婚式を彩ることの魅力についてまとめます。

まとめ: アンティーク着物で特別な結婚式を

この記事を通じて、アンティーク着物で結婚式を彩るための重要な情報をご紹介しました。アンティーク着物はただ美しいだけでなく、結婚式という特別な日に深い意味と豊かな装いを与えるものです。ここで、アンティーク着物を選ぶメリットと、記憶に残る結婚式を迎えるためのポイントを再確認しましょう。

アンティーク着物を選ぶメリット

アンティーク着物を選ぶことのメリットは以下のとおりです。

独特の美しさと歴史的価値
アンティーク着物は、独特の柄や色、歴史的な背景により、結婚式の装いに深みを加えます。

個性的な装いの実現
アンティーク着物は一般的な着物とは異なるため、個性的で印象的な装いを実現できます。

高品質な素材と仕立て
長い時間を経ても色褪せない高品質な素材と繊細な仕立ては、特別な日の装いにふさわしい美しさを提供してくれます。

冒頭でもご紹介いたしましたが、「松竹梅に舞鶴遊亀紋様刺繍の打掛一式」や「立涌に吉祥紋様四季の花刺繍の打掛一式」は、ゆめやでしか出会えない貴重な一着だと自信を持っています。まずはご試着なさって、夢のような着心地を体験してみてください。

記憶に残る結婚式のために

アンティーク着物を着て迎える結婚式を特別なものにするためには、以下のポイントが重要です。

適切なアクセサリーの選択
帯締めや帯揚げ、その他のアクセサリーを着物に合わせて選ぶことで、装いを一層引き立てます。

プロの着付け師の利用
結婚式の日は忙しく、また感情的にも高ぶる日です。プロの着付け師に任せることで、安心して一日を過ごせます。

適切な手入れと保管
結婚式後の着物の手入れと保管に注意を払うことで、次世代へと美しいアンティーク着物を受け渡すことができます。

結婚式は一生に一度の特別なイベントです。アンティーク着物を選ぶことで、その日の装いに深い意味と独特の美しさを加え、忘れがたい記憶を作ることができるでしょう。この記事が、アンティーク着物で結婚式を迎える皆様のお役に立てれば幸いです。

〈参考記事〉
https://kyoetsu-gion.com/arashiyama/about-antique-kimono
https://wa-rinz.jp/mamechishiki/item/08.php
https://www.niwaka.com/ksm/radio/wedding/clothes/shoes/05/
https://kimono.salon/kimono-wrinkle-removal/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

婚礼イメージ・立涌に吉祥紋様四季の花刺繍の打掛一式【utk02】

結婚式の写真だけ撮りたい!フォトウェディングの準備・選び方ガイド

はじめに 結婚式という一生に一度のイベントに対するカップルの価値観は多様であり、それぞれが理想とする形式を追求しています。中でも、「写真だけ撮りたい」というニーズを反映したフォトウエディングは、そのシンプルさと経済性、そ […]

ひとつ前の記事

婚礼イメージ

【婚礼】和装による結婚式の後撮り | 魅力と極意、撮影のポイント

はじめに 後撮りは、結婚式の記念として特別な意味を持ちます。前撮りや当日の撮影とは異なり、後撮りはゆっくりと時間をかけ、思い描いていたシーンを実現できる機会です。 結婚式の当日は、新郎新婦はもちろん、ゲストや家族も忙しく […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!