着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

黒留袖イメージ

【2024年最新】結婚式に母親が着ていく留袖の選び方・着方を徹底解説!

結婚式において、母親の装いは特別な意味を持ちます。その中でも留袖は、格式のある美しさと気品を象徴する伝統的な和装です。母親の留袖は、優雅さと華やかさをもって、大切な日の空気感を一層引き立てる存在となります。

この記事では、結婚式に母親が着る留袖の重要性や、選ぶ際のポイント、注意点などを解説していきます。お子さまの結婚式に留袖を着る予定の人は、ぜひ参考にしてください。

はじめに:結婚式で母親が留袖を選ぶ重要性

結婚式は、新郎新婦にとって人生の大切な節目です。この特別な日に、母親が留袖を選ぶことは、ただの礼装以上の意味を持ちます。留袖は、母親が家族の一員として、両家の絆を象徴する格式高い衣装です。結婚式において母親が着る留袖は、家族の幸せと祝福の気持ちを表現し、新郎新婦への支持と愛情を示す大切な役割を果たします。

結婚式の格式と母親の役割

結婚式では、母親は家族代表としての重要な立場にあります。母親の着る留袖は、その格式や家柄を象徴するものであり、特に黒留袖は最も格式高い着物とされています。黒留袖には、紋が入り、文様は一般的に吉祥文様が用いられます。

これらの文様は、新郎新婦への幸福や繁栄を願う意味合いを持っています。また、留袖を選ぶ際には、会場の雰囲気や新郎新婦の衣装に合わせることも大切です。控えめで上品なデザインを選ぶことで、結婚式の主役である新郎新婦を引き立てる役割も果たします。

留袖選びの基本ルールと知識

留袖選びでは、いくつかの基本ルールと知識が必要です。まず、留袖の選び方において、着物の格調や柄の意味を理解することが重要です。一般的に、母親の着る留袖の地色は黒が基本で、金銀の糸を使った豪華な刺繍が施されることが多いです。また、帯は袋帯を用いるのが一般的で、帯の選び方や結び方も留袖の印象を大きく左右します。

留袖の小物選びも重要なポイントです。帯揚げ、帯締め、草履、バッグなどは留袖との調和を考えて選ぶ必要があります。これらの小物は留袖の装いを引き立てると同時に、母親の個性を表現するポイントでもあります。また、着付けやマナーについても知識が必要です。留袖は格式高い着物であるため、正しい着付けや所作が求められます。

結婚式で母親が留袖を選ぶことは、ただの礼装を超えた意味を持ち、家族の幸せと絆を象徴する重要な役割を果たします。適切な留袖を選び、格式ある振る舞いでこの大切な日を祝うことは、新郎新婦にとっても、出席するゲストにとっても、忘れられない思い出となるでしょう。

アンティークきものレンタルゆめやでは、季節に合わせてお召しいただける多彩な黒留袖をご用意しています。袷はもちろん、単衣や夏物も取り揃えています。帯や草履、バッグといった小物類もこだわりの逸品を揃え、フルセットでレンタルしていただけます。

留袖の基本:結婚式における母親の立場と役割

結婚式において、母親は家族の代表として、新郎新婦の門出を祝う重要な役割を担います。そのため、留袖の選び方は、格式と伝統を重んじる日本の文化において、特に重要視されます。母親の装いは、家族の品位を象徴するとともに、式の雰囲気を高める役割も担います。

母親としての正しい服装選び

母親として結婚式に出席する際は、格式高い着物である留袖を選ぶことが一般的です。留袖は、既婚女性の礼装として、格式ある場にふさわしい選択とされています。選ぶ際には、以下のポイントに注意してください。

  • 格式とマナーを重視: 留袖は結婚式などの公式な場にふさわしい格調高い着物です。そのため、マナーを守りながら、適切なデザインを選ぶことが重要です。
  • 色と柄の選び方: 一般的に、母親の留袖の地色は黒が基本で、豪華な金銀の刺繍や紋が入っています。柄は吉祥文様が好まれ、幸福や繁栄を象徴するデザインが選ばれます
  • 小物との調和: 帯、草履、バッグなどの小物選びも重要です。留袖に合った上品で落ち着いたデザインを選び、全体のバランスを考慮しましょう。

留袖の種類とその特徴

留袖には、いくつかの種類があり、それぞれに特徴があります。

  • 黒留袖: 最も格式高い留袖で、全体が黒地に金銀の刺繍や紋が施されています。結婚式の母親に最もふさわしい選択とされています。
  • 色留袖: 黒以外の色を基調とした留袖で、柔らかな印象を与えます。結婚式以外のフォーマルな場でも着用されます。

左が黒留袖、右が色留袖です。

留袖を選ぶ際には、その種類や特徴を理解し、結婚式の場にふさわしいものを選ぶことが大切です。また、結婚式の場では、母親が着る留袖が、新郎新婦や他の親族との調和を考慮した上で選ばれることが望ましいです。これにより、結婚式全体の統一感が生まれ、より格調高い雰囲気を作り出せます。

結婚式における母親の立場と役割は、単に格式高い服装を着ること以上の意味を持ちます。母親が留袖を身にまとうことで、家族の絆や新郎新婦への祝福の気持ちが表現されるのです。適切な留袖を選び、格式に則った装いを心がけることで、母親は結婚式の成功に大きく貢献できます。

留袖の選び方:色と柄の意味とは?

結婚式において、留袖の色と柄は単なる装飾以上の意味を持ちます。留袖は、日本の伝統と文化を象徴する衣装であり、母親が選ぶ色や柄は、その場の格式や家族の思いを表現する重要な要素です。留袖の色と柄を選ぶ際には、その意味と背景を理解することが大切です。

色と柄で変わる印象:留袖の選び方

留袖を選ぶ際、最も重要なのは色と柄です。以下は、留袖選びで考慮すべき色と柄のポイントです。

  • 色の選択: 留袖の格式が最も高い色は黒ですが、最近では深い紺や暗めの色合いの留袖も人気です。色の選択は、結婚式の雰囲気や会場に合わせて行います。
  • 柄の意味: 留袖にはさまざまな柄がありますが、吉祥文様が一般的です。鶴や亀、松竹梅などは長寿や繁栄を象徴し、幸せを願う意味が込められています。
  • 季節との調和: 柄の選択には季節も重要な要素です。春には桜や梅の花、秋には紅葉や菊など、季節に合った文様を選ぶとよいでしょう。

色とりどりの鶴舞う黒留袖」婚礼における吉祥紋の代表格、鶴や梅を描いた大正時代のアンティーク黒留袖です。随所に手刺繍を施し、金泥で加飾して存在感を高めています。人生の門出を祝うにふさわしい、華やかな一枚です。

50代母親におすすめの留袖デザイン

50代の母親に適した留袖は、落ち着いた色合いと上品な柄の留袖です。以下に、50代の母親におすすめの留袖デザインを紹介します。

  • 上品な黒留袖: 黒地に金銀の糸を使った上品な吉祥文様は、格式高い場にふさわしい選択です。家紋が入っていれば、家族の伝統も表現できます。
  • 季節感のある柄: 年齢を重ねた母親には、季節感を表現する柄がおすすめです。春ならば桜や梅、秋ならば紅葉や菊を選ぶと、季節の移ろいを感じさせられます。

椿尽くしの黒留袖」上前に椿、下前に梅を描いたアンティーク黒留袖です。梅と椿という季節感を大切にした粋な絵柄で、1月から2月にかけてお召しいただけます。

葡萄と唐草の黒留袖」深い黒地にぼかしを入れ、葡萄を上品に描いた単衣のアンティーク黒留袖です。単衣は5月~6月と9月~10月に着用しますが、こちらは秋の味覚を代表する葡萄柄により秋用のお召しものとなります。

留袖を選ぶ際は、色と柄の意味を理解し、その場の雰囲気や母親の年齢に合わせた選択が重要です。留袖はただの衣装ではなく、家族の絆や幸福を象徴する大切なアイテムです。適切な留袖を選ぶことで、結婚式はより記憶に残る美しいイベントになるでしょう。

留袖のアクセサリー選び:帯、帯揚げ、帯締めのコーディネート

結婚式における留袖の装いは、帯や帯揚げ、帯締めなどのアクセサリー選びによって大きく左右されます。これらの小物は、留袖との調和を考えながら選ぶ必要があり、全体のコーディネートにおいて非常に重要な役割を果たします。

小物の重要性:留袖のトータルコーディネート

留袖のトータルコーディネートにおいて、帯や帯揚げ、帯締めは留袖の装いを一層引き立てる重要なアイテムです。以下に、留袖のアクセサリー選びのポイントをご紹介します。

  • 帯の選び方: 留袖に合わせる帯は、一般的に袋帯が選ばれます。帯の色や柄は留袖のデザインに合わせて選び、全体のバランスを考えることが重要です。
  • 帯揚げと帯締め: 帯揚げと帯締めは留袖のアクセントとして機能します。色合いや素材を留袖や帯と調和させることで、洗練された印象を与えます。
  • その他の小物: 草履やバッグも留袖の印象を左右します。これらも帯との色合いを合わせることで、統一感のある装いを実現できます。

帯と帯揚げの合わせ方:スタイルを決めるポイント

帯と帯揚げの組み合わせは、留袖のスタイルを決定づける重要なポイントです。以下に、帯と帯揚げの選び方とコーディネートのポイントをご紹介します。

  • 帯の色: 黒留袖には、地色が金や銀の袋帯を合わせます。文様は松竹梅や鶴亀など、格の高いものを選びましょう
  • 帯揚げ・帯締め: 黒留袖に合わせる帯揚げや帯締めは、白の無地のものや白地に金や銀で文様が施されたものを選びます。第一礼装として着用するのであれば白が原則です。
  • 全体の印象を考慮: 留袖、帯、帯揚げの組み合わせによって、全体の印象が決まります。格式高い場では、伝統的な組み合わせが好まれます。

留袖のアクセサリー選びは、結婚式という特別な日にふさわしい装いを完成させるために非常に重要です。帯や帯揚げ、帯締めを上手にコーディネートすることで、留袖の美しさを最大限に引き出し、母親としての優雅さと品格を表現できます。

黒留袖に合わせる和装小物には、ある程度決まりがあります。帯は金銀糸が入った織りの袋帯を二重太鼓に締め、帯揚げと帯締めは白、バッグと草履は金色が基本です。帯には金銀の末広を挿します。ゆめやでは着物に精通したスタッフが、黒留袖の着こなしをサポートいたします。着物に不慣れな方も黒留袖のコーディネートに悩むことなく、安心して晴れの日に臨んでいただけます。

留袖レンタルのポイント:品質と価格のバランス

結婚式で留袖を着用する場合、すべてを購入するのではなくレンタルを利用することが一般的です。レンタル留袖を選ぶ際は、品質と価格のバランスを考慮することが重要です。ここでは、レンタル留袖を選ぶ上でのポイントと、準備に必要な注意点を解説します。

レンタル留袖の選び方:質とコストの考慮

留袖をレンタルする際には、以下のポイントに注意してください。

  • 品質の確認: 留袖の品質は非常に重要です。生地の質感、柄の細かさ、色の鮮やかさなど、留袖の美しさを左右する要素を確認しましょう。
  • コストパフォーマンス: 留袖のレンタル料金は店舗によって異なります。予算内で最も品質の高い留袖を選ぶことが大切です。
  • フィッティング: 留袖のサイズ感は非常に重要です。レンタル前に試着をして、体型に合ったものを選びましょう
  • 小物の一致: 帯や草履、バッグなどの小物も留袖との調和を考慮して選びます。多くのレンタルショップでは留袖とセットで小物も提供しています。

レンタル留袖の予約と準備のポイント

留袖のレンタルには、以下の準備が必要です。

  • 早めの予約: 結婚式シーズンは特に留袖の需要が高まるため、早めの予約が重要です。希望の留袖を確実に借りるためには、できるだけ早く予約しましょう。
  • 着付けの手配: 留袖の着付けは専門の技術が必要です。レンタルショップで着付けサービスが提供されていない場合は、外部の着付け師を手配する必要があります。
  • アクセサリーの準備: 留袖に合わせるアクセサリー(帯締め、帯揚げ、足袋など)は、レンタル品と自分のものを上手に組み合わせて使用できます。
  • 試着と最終確認: 結婚式の数週間前には、最終的なフィッティングとアクセサリーの確認を行います。

留袖レンタルを利用することで、コストを抑えつつ、品質の高い留袖を着用することが可能です。品質と価格のバランスを見極め、準備を万全にして、結婚式の日を迎えましょう。

一生に一度の結婚式は、家族揃って和装で。ゆめやでは新婦様の婚礼衣装と、お母様の留袖をセットでレンタルしていただける「式場へのお持ち込みにもぴったりな新婦・母親プラン」をご用意しています。また、留袖と羽織袴がセットになったご両親用の和装プラン「セットでお得な婚礼・ご両親プラン」もおすすめです。情緒ある着物姿で、特別感のある晴れの日をお迎えください。

結婚式における母親のマナー:留袖着用のエチケット

結婚式における母親の役割は大変重要であり、留袖を着用する際のマナーも非常に大切です。母親として、格式ある場にふさわしい振る舞いをするためには、留袖着用のエチケットを理解し実践することが求められます。

結婚式での留袖着用マナー

結婚式での留袖着用におけるマナーは以下の通りです。

  • 留袖の選び方: 黒留袖は最も格式が高く、紋が入ったものを選びます。結婚式の場にふさわしい柄と色を選ぶことが重要です。
  • 正しい着付け: 留袖の着付けは、正式なマナーに従う必要があります。プロの着付け師に依頼することで、適切な着こなしを実現できます。
  • アクセサリーの選択: 留袖に合わせる帯、草履、バッグなどのアクセサリーも重要です。格式に合った上品なデザインを選びましょう。
  • ヘアスタイルとメイク: 落ち着いたヘアスタイルと控えめなメイクが望ましいです。派手すぎる装いは避け、格式ある母親の姿を演出しましょう。

親族としての装い:マナー違反を避けるために

結婚式における母親の装いは、家族の代表としての立場を意識する必要があります。

  • 控えめな装飾: 留袖自体が格式高いため、過度な装飾は避け、品位あるシンプルな装いを心がけましょう。
  • 適切なアクセサリー選び: アクセサリーは結婚指輪など最低限に抑えて。宝石のついたものなど派手なアクセサリーは付けないのが無難です。
  • マナーを守った振る舞い: 留袖を着用する際は、所作も重要です。立ち振る舞いや言葉遣いに気を配り、格式高い場にふさわしい振る舞いを心がけましょう。

結婚式における母親の役割は、ただ留袖を着るだけではなく、格式ある装いとマナーによって、家族の代表としての品格を示すことが求められます。適切な留袖の選択とマナーの実践を通じて、結婚式をより美しく格調高いものにしましょう。

まとめ:留袖選びで忘れてはいけないこと

結婚式における母親の留袖選びは、格式と伝統を重んじる日本の文化において非常に重要な役割を果たします。ここでは、留袖選びの要点をまとめ、母親が結婚式で果たす役割についての理解を深めます。

留袖選びのまとめとチェックリスト

留袖選びで重要なポイントは以下の通りです。

  • 適切な留袖の選択: 黒留袖は最も一般的で格式高い選択肢です。柄や紋は伝統的で格式を示すものを選びます。
  • 品質とフィット感: 留袖の品質を確認し、体型に合ったサイズを選ぶことが重要です。レンタルの場合は事前の試着が必要です。
  • アクセサリーの選択: 留袖に合わせる帯や小物類は、全体の印象を左右します。格式に合ったアクセサリーを選びましょう。
  • 着付けと所作: 正しい着付けと所作は留袖着用のマナーに欠かせません。専門家に依頼することも一つの方法です。

結婚式を彩る母親の留袖の役割

母親の留袖は、結婚式において以下のような役割を果たします。

  • 家族の代表としての格式: 母親は家族を代表し、格式と伝統を象徴します。適切な留袖の選択は、家族の品位を示すものです。
  • 新郎新婦へのサポート: 母親の留袖は、新郎新婦を支え、彼らの門出を祝福する象徴です。格式ある装いは、祝福の気持ちを表現します。
  • 結婚式の雰囲気作り: 母親の装いは、結婚式全体の雰囲気を高めます。品格ある装いは、結婚式の格調を上げる重要な要素です。

結婚式における母親の留袖選びは、単に服装を選ぶこと以上の意味を持ちます。格式ある留袖を選び、適切なマナーで装うことは、新郎新婦への敬意と祝福の表現であり、家族の品位を示す大切な役割を果たします。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

露芝と、縮緬に辻が花模様の片身替わり訪問着【hou174】

【2024年最新版】訪問着レンタルで叶える、レトロモダンな着姿!

はじめに 訪問着は、日本の伝統文化を象徴する和装の一つであり、結婚式、七五三、成人式など、人生の節目や特別な日に着用されます。中でも、レトロモダンな訪問着は、その古典美と現代の感性が融合したデザインで、多くの女性たちの心 […]

ひとつ前の記事

綿帽子イメージ

【プロ監修】披露宴で白無垢を着るのはおかしい?着用シーンとマナー

はじめに 白無垢を披露宴で着るという選択はおかしいのか? 結婚式といえば、人生の中で最も記念すべき日の一つ。特に花嫁にとっては、どんなドレスを着るか、どんな髪型にするか、どんなメイクにするかと悩ましいところではないでしょ […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!