着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

結納イメージ

【2024年最新版】顔合わせにぴったり!着物レンタル完全ガイド!

顔合わせは、結婚を控えたカップルにとって重要な一歩であり、この日の服装は特に重視されます。特に日本の伝統的な婚礼文化において、着物はその美しさと格式で長く愛されてきました。しかし、一流の着物は価格が高く、特別な機会にしか着用しないため、購入するのは現実的ではない場合が多いです。ここでレンタルサービスが大きな役割を果たします。

レンタルは、コストを抑えつつ、高品質な着物を着用できる最適な選択肢と言えます。また、結納や結婚式など他のシーンでも利用できるため、一度のレンタルで複数の用途に対応可能です。

この記事では、顔合わせのための着物レンタルに焦点を当てています。読者が着物レンタルの全体的な流れを理解し、自分に合った着物を選べるように、次のような情報を提供します

【この記事を読むとわかること】

  • 顔合わせに適した着物の種類や柄
  • レンタルプロセスの詳細な流れ
  • サイズ選びやフィッティングの重要性
  • 和装小物の選び方とコーディネートのコツ
  • 着付けの基本と、プロに依頼するメリット

これらの情報を通じて、読者は着物レンタルの選び方から、顔合わせ当日の準備まで、必要な知識を得られます。次の章から、顔合わせに最適な着物の選び方を詳しく見ていきましょう

顔合わせに適した着物の選び方

顔合わせは、結婚における重要なイベントの一つであり、その際に着る着物は特別な意味を持ちます。顔合わせや結納、結婚式において、着物は格式と伝統を象徴する衣装です。適切な着物を選ぶことは、両家に良い印象を与えるために不可欠です。

結納や結婚式に映える着物の特徴

顔合わせにおいて適した着物は、以下の特徴を持つものが理想的です。

  • 格式のあるデザイン:結納や結婚式にふさわしい、格式高いデザインの着物を選びます。古典的な柄や豪華な刺繍が施された振袖や色無地、紋付きの着物が適しています。
  • 落ち着いた色合い:顔合わせには、落ち着いた色合いの着物が望ましいです。深みのある紫や黒、濃い青などの色が、格式を感じさせる上品な雰囲気を醸し出します。
  • シーンに合った帯:着物と調和する帯を選ぶことが重要です。帯は着物の印象を大きく左右するため、丁寧に選びましょう。

色と柄で印象を左右するポイント

着物を選ぶ際には、色と柄が特に重要なポイントです。

  • 色の選び方:顔合わせでは、相手方に敬意を表すためにも、控えめで上品な色の着物を選ぶことが望ましいです。伝統的な深い色合いや、柔らかい色味が適しています。
  • 柄の選び方:柄については、古典的な花柄や自然をモチーフにしたデザインが好まれます。華やかすぎず、かつ品格を感じさせる柄を選ぶことが大切です。

ぼかしに小舟と花々が描かれた夏物の色振袖」ぼかしを入れた薄いジョーゼット地に、小舟や花を描いた夏物のアンティーク色振袖です。帯も夏物の丸帯を合わせて涼しげに。暑い季節の顔合わせも、振袖で華やかに装っていただけます。

灰白色の花菱に牡丹と菊が描かれた単衣の色振袖」5月と9月にお召しいただける単衣のアンティーク色振袖です。淡いグレー色の地に牡丹と菊を華やかに描いた、上品なデザイン。季節限定の特別な振袖姿をお楽しみいただけます。

練色に唐草と菊の総絞りの色振袖」柔らかな練り色の地に、総手絞りで菊や唐草を表した袷の色振袖です。上品な色柄で顔映りが良く、好感の持てる振袖姿を叶えます。

顔合わせでの着物選びは、その後の結婚生活を左右するほど重要な意味を持ちます。レンタルする際には、シーンに合った着物を選び、両家に良い印象を与えることを心がけましょう。次の章では、着物レンタルの基礎知識について詳しく解説していきます。

着物レンタルの基礎知識

着物レンタルは、特別な日に着物を着る機会を手軽に、かつ経済的に提供します。特に結納という大切なイベントにおいて、適切な着物を選ぶことは、その日の印象を大きく左右します。ここでは、着物レンタルの基本的なプロセスと、契約時の注意点について解説します。

レンタルプロセスの流れ

着物レンタルのプロセスは一般に以下のステップで進めていきます。

  1. 事前リサーチ:まずは、インターネットや口コミを通じて、信頼できるレンタルショップを探します。ショップの品揃えや料金体系、サービス内容を比較検討しましょう。
  2. 店舗訪問またはオンライン予約:店舗に足を運ぶか、オンラインで事前予約をします。店舗訪問の場合は、直接着物を試着し、スタッフのアドバイスを受けられます。
  3. 着物の選定:顔合わせにふさわしい着物を選びます。色や柄、サイズなど、自分に合った着物を選ぶことが大切です。
  4. 小物の選定:着物に合わせて帯や草履、バッグなどの小物も選びます。小物は着物の印象を大きく左右するため、慎重に選びましょう。
  5. 契約と料金の支払い:契約書に目を通し、レンタル料金を支払います。返却日やキャンセルポリシーなど、契約内容を確認しましょう。
  6. 着付けの予約:必要に応じて、着付けの予約をします。プロの着付け師に依頼することで、完璧な着姿を実現できます。
  7. レンタル当日:着物を受け取り、イベントに参加します。着用後は、指定の日時までに着物を返却します。

料金や契約の注意点

着物レンタルをスムーズに行うためには、以下の点に注意が必要です。

  • 料金体系を理解する:レンタル料金には、着物本体だけでなく、小物や着付けサービスの費用が含まれる場合があります。追加料金が発生しないよう、事前に料金体系を確認しましょう。
  • キャンセルポリシーを確認する:万が一のキャンセルに備え、キャンセルポリシーを確認しておくことが重要です。キャンセル料が発生する場合もありますので、事前に確認しましょう。
  • サイズや状態をチェックする:レンタル契約時には、着物のサイズや状態をしっかりと確認します。特に、汚れや損傷がないかをチェックし、問題があればすぐにショップに報告しましょう。
  • 返却条件を把握する:返却期限やクリーニングの必要性など、返却に関する条件を事前に確認しておくことが大切です。

着物レンタルは、顔合わせなどの特別な日を美しく彩る素晴らしいサービスです。上記のポイントを踏まえ、最適な着物を選びましょう。次の章では、サイズ選びとフィッティングの重要性について詳しく解説していきます。

アンティークきものレンタルゆめやでは、振袖は大正から昭和に作られたアンティークを中心に多彩な着物をご用意しています。着物の仕入れからお直しまで、すべて当店のスタッフが手掛けて「本物の着物の素晴らしさ」をリーズナブルな価格でお届けします。袷はもちろん単衣や夏物もご用意し、季節ごとに最適な着物で顔合わせに臨んでいただけます。

サイズ選びとフィッティングの重要性

着物を着る際、サイズ選びとフィッティングは非常に重要です。特にレンタルの場合、自分に合ったサイズを選ぶことが、着姿の美しさと快適さを大きく左右します。顔合わせや結納などの特別なシーンで着物を着る際は、これらの要素に特に注意を払う必要があります。

身長や体型に合わせたサイズの選び方

着物のサイズ選びにおいて最も重要なのは、身長と体型に合わせることです。以下に、サイズ選びのポイントを紹介します。

  • 身長に合わせた着丈の選定:身長に合わせて着丈を選ぶことが重要です。着物の着丈が長すぎたり、短すぎたりすると着姿が美しく見えません。
  • 体型に応じた裾幅と袖丈:体型に合わせて裾幅や袖丈を選びます。ふくよかな方は裾幅が広めのものを、細身の方は裾幅が狭めのものが適しています。
  • バランスを考慮した選び方:全体的なバランスを考慮し、身体の特徴を活かすサイズを選びましょう。例えば、背が高い方は長めの着丈が似合います。

快適に過ごすためのフィッティングテクニック

着物を快適に着るためには、フィッティングが重要です。以下に、フィッティングのテクニックを紹介します。

着物のサイズ選びとフィッティングに注意を払うことで、美しく、かつ快適に特別な日を過ごせます。レンタルの際は、自分に合ったサイズとフィッティングを確認し、すてきな思い出を作りましょう。次の章では、和装小物の選び方とコーディネートについて詳しく解説していきます。

和装小物の選び方とコーディネート

顔合わせや結納などの特別な日に着物を着る際、和装小物の選び方とコーディネートは着姿の印象を大きく左右します。和装小物を適切に選び、振袖や着物との調和を考えたコーディネートをすることで、全体の装いが一層引き立ちます。

草履、バッグ、帯締めの選び方

和装小物の中でも特に重要なのが、草履、バッグ、帯締めです。これらの小物は着物のスタイルを完成させるための重要な要素となります。

  • 草履の選び方:草履は、着物の色や柄に合わせて選びます。格式ある場では、金や銀の装飾が施されたものが好まれます。また、足に合ったサイズと快適な履き心地のものを選ぶことが大切です。
  • バッグの選び方:着物に合わせた色やデザインのバッグを選びます。バッグは、草履とセットでコーディネートすることも多いです。結納や結婚式では、小ぶりで上品なデザインのものが適しています。
  • 帯締めの選び方:帯締めは、着物や帯の色に合わせて選びます。色のコントラストを活かすために、着物や帯と異なる色を選ぶことで、着姿にアクセントをつけられます。

振袖との調和を考えたコーディネート術

振袖や着物と和装小物のコーディネートは、全体のバランスを考えながら行います。

  • 色彩の調和:振袖や着物の色と小物の色が調和するように選びます。全体の色彩バランスを考慮し、統一感のあるコーディネートを心がけましょう。
  • 柄のバランス:振袖や着物の柄と小物のデザインが互いに引き立てあうように選びます。例えば、大柄の振袖にはシンプルな小物を合わせるなど、バランスを取ることが重要です。
  • 全体のコーディネート:振袖や着物、小物だけでなく、髪型やメイクも含めてトータルでコーディネートします。全体のバランスを見ながら、各要素を調整していくことが大切です。

ゆめやから、顔合わせにおすすめの振袖コーディネートを紹介します。「苺色の波間を花紋様舞う総絞りの振袖」白地に苺色で花紋様や波を表した、総手絞りの色振袖です。鶴を織り出した紅色の帯を締め、帯揚げ・帯締めもピンク色でまとめて華やかに。髪飾りやバッグ、草履にもピンク色が使われたものを取り合わせました。女性らしさを際立たせるエレガントな装いで、自信を持って顔合わせに臨んでいただけます。

和装小物の選び方とコーディネートに注意を払うことで、特別な日にふさわしい上品で美しい装いを完成させられます。次の章では、着付けの基本とプロに依頼するメリットについて詳しく解説していきます。

着付けの基本とプロへの依頼

着物を着る際、着付けはその美しさを左右する重要な要素です。自分で着付けを行う場合とプロの着付け師に依頼する場合、それぞれのメリットとステップを理解することが大切です。

自分で行う着付けのステップ

自分で着付けを行う場合、以下の基本ステップを踏むことが一般的です。

  1. 下着の準備:適切な和装下着を身につけます。これにより、着物のラインを美しく整え、着崩れを防げます。
  2. 補正:補正パッドやタオルを使用して、身体のラインを整えます。特に胸元やウエスト周りの補正は、着姿に大きな影響を与えます。
  3. 長襦袢の着用:長襦袢を着て、適切な衿の位置に調整します。衿元は着物の美しさを大きく左右する部分です。
  4. 着物の着用:着物を丁寧に着て、衿や袖、裾の位置を整えます。着物が体にぴったりとフィットするように調整します。
  5. 帯を結ぶ:帯を結ぶ際には、体型や着物の種類に合わせて適切な結び方を選びます。帯の結び方は着物の印象を大きく変えるため、慎重に行います。
  6. 小物の装着:帯締め、帯揚げ、草履、バッグなどの小物を装着します。小物は着物の印象を強調し、全体のバランスを整える役割があります。

プロの着付け師に依頼するメリット

プロの着付け師に着付けを依頼することには、以下のようなメリットがあります。

  • 完璧な着姿:プロの着付け師は、体型に合わせた完璧な着姿を作り出します。着崩れが少なく、長時間美しい状態を保てます。
  • 時間の節約:着付けに要する時間が大幅に短縮されるため、イベント当日の準備がスムーズに進みます。
  • アドバイスの提供:着付け師からは、小物のコーディネートや着姿に関するアドバイスを受けられます。
  • 安心感:プロに任せることで、着崩れや不快感の心配が減り、イベントを安心して楽しめます。

着物を着る際には、自分で着付けを行う場合とプロに依頼する場合のどちらを選ぶかによって、準備の方法が異なります。どちらの方法を選ぶにせよ、着物の美しさを最大限に引き出すために、適切な着付けを心がけましょう。次の章では、この記事のまとめとして、振袖レンタルの重要ポイントをおさらいします。

まとめ

本記事では、顔合わせや結納、結婚式など特別な日に着用する着物のレンタルについて、その重要ポイントを詳しく解説しました。最後に、この情報を再確認し、顔合わせの日を特別なものにするためのアドバイスをおさらいします。

振袖レンタルのポイント再確認

  • 着物の選び方:顔合わせにふさわしい振袖や着物を選びます。色や柄、サイズが自分やその日のシーンに合っているかを重視しましょう。
  • レンタルプロセスの理解:レンタルの流れを理解し、事前に予約をしておくことが大切です。料金や契約の詳細も忘れずに確認しましょう。
  • サイズとフィッティング:体型に合わせたサイズ選びと適切なフィッティングが、着心地と美しい着姿を保証します。
  • 和装小物のコーディネート:草履やバッグ、帯締めなどの和装小物も大切な要素です。着物との調和を考えて選びましょう。
  • 着付けの選択:自分で着付けを行うか、プロに依頼するかを決め、それに合わせて準備をします。

顔合わせの日を特別に彩るために

顔合わせの日は、人生の新たな章の始まりを象徴する大切な一日です。着物はその特別な日をさらに華やかにし、記憶に残るものにします。レンタルの着物であっても、選び方一つで大きく印象が変わります。この日に最適な着物を選び、美しい着物姿で両家に良い印象を与えましょう。また、快適に過ごせるように事前の準備を怠らず、この特別な日を心から楽しんでください。

本記事が、顔合わせの着物レンタルに関する役立つ情報を提供し、読者の皆様の特別な日をサポートできることを願っています。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

露芝と、縮緬に辻が花模様の片身替わり訪問着【hou174】

【2024年最新版】訪問着レンタルで叶える、レトロモダンな着姿!

はじめに 訪問着は、日本の伝統文化を象徴する和装の一つであり、結婚式、七五三、成人式など、人生の節目や特別な日に着用されます。中でも、レトロモダンな訪問着は、その古典美と現代の感性が融合したデザインで、多くの女性たちの心 […]

ひとつ前の記事

白松に花薬玉と鼓の黒振袖【fuk37】

【和装】黒振袖の魅力って何?成人式に黒色を選ぶ意味と着こなし術

はじめに 着物の中でも特に華やかで格式高い衣装として知られる振袖。その中でも、黒色の振袖はその深みのある色合いと落ち着いた雰囲気で、女性からも支持を得ています。今回の記事では、そんな「黒振袖」の魅力に迫り、成人式などの特 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!