振袖イメージ

【結納に最適】レンタル振袖の選び方ガイド:結婚式前の顔合わせに着物を!

はじめに

結納や顔合わせに振袖を選ぶ意味

結納顔合わせは、結婚において重要な節目とされています。これらのシーンで振袖を選ぶことには、深い意味があります。まず、振袖は女性が未婚であることを象徴する伝統的な和装であり、結納や顔合わせのようなフォーマルな場では特に相応しい装いです。特に、結婚前の最後の晴れの舞台として、振袖を着ることで、成長と美しさを表現できるのです。

振袖は、一生に一度の特別な機会のために用意されることが多く、その豪華さと繊細な柄は、特別な日の華やかさを一層引き立てます。色や柄、帯の選び方によって、個人の個性や家族の伝統を表現することも可能です。結納や顔合わせに振袖を着用することは、新しい人生の門出を祝い、両家の結びつきを象徴する行為と言えるでしょう。

振袖レンタルの基本的な知識

振袖を新調するのは、その価格や用途を考えると現実的ではない場合が多いため、多くの方がレンタルを選択します。レンタルのメリットは以下のようになります。

  • コスト面で安く済むことが多い:必要な時に必要な期間だけ振袖を利用できるため、経済的で合理的な選択です。
  • 都度都度、豊富な選択肢の中から1着を選べる:レンタルすることで、さまざまなスタイルや色、柄の中から選ぶことができ、自分に最も似合う一着を見つけることが可能です。
  • 管理の不自由さがない:所有するということは、振袖の保管場所を確保する必要があるということです。また、振袖をはじめとした着物の多くは専用のクリーニングや管理法があるため、所有しているだけでコストがかかります。

一方で、デメリットがないわけではありません。

  • 既成のサイズの着物しかない:フルオーダーで仕立てるのと違い、着物レンタルショップにあるサイズの中からしか選べないため、ピッタリ自分の体型に合うかは分かりません。
  • 予約の必要性がある:気に入った振袖で、サイズも大体自分に合っていたとしても、予約がとれなければ着用できません。特に、振袖の場合は成人式の予約は当日の2年前から予約するのが当たり前です。

このような特徴はありますが、レンタルショップの多くが着物小物も含めた一式のレンタルで、それもフルコーディネートしてくれることが多くなってきたことや、返品の際にクリーニングの必要がないことも多いなどのサービスが充実してきているので選ばれているのでしょう。

次に、レンタルの流れも簡単に解説していきます。

  1. まずは店舗を選び、事前に予約をします。このとき、試着ができることが多いです。
  2. その後、サイズや好みに合わせて振袖を選び、必要なら小物や帯もセットでレンタルすることができます。サイズが合わない場合は、多くのレンタル店では調整サービスも提供しています。また、クリーニングサービス以外にも着付けやヘアセットが含まれていることも多く、初めての方でも安心して利用できます。
  3. イベント当日、着物をレンタルして着付け、ヘアセットを行い、イベントに参加します。
  4. イベント後、期限までに着物を返却します。

以上の流れとなります。着物のレンタルが大体分かったところで、続いて、結納や顔合わせに振袖を着る意味やレンタル振袖の選び方、着付けのポイントなど、結婚式前の大切な日を迎える準備に役立つ情報を提供していきます。

アンティークきものレンタルゆめやでは、100年以上の歴史があるアンティーク振袖をレンタルでご提供しています。着物文化がもっとも輝いた大正から昭和にかけて作られた振袖は、すべて希少な一点ものです。格調高い伝統的な装いから、現代的な要素を取り入れたモダンな装いまで、お客様のご希望に合わせて熟練のスタッフがコーディネートいたします。

結納・顔合わせに適した振袖の種類

晴れ着としての振袖の役割

結納や顔合わせといった重要なシーンでの振袖の選び方は、その場の雰囲気や意義に合わせたものでなければなりません。そのために、まず振袖の特徴をまとめていきます。

  • 未婚女性の着用できる着物で、正礼装に当たる。
  • 他の着物に比べ、袖丈が長いことが特徴。

振袖は、日本の伝統的な晴れ着として長い歴史を持ち、特に未婚女性の成長と美しさを象徴する服装です。結納や顔合わせでは、家族間の結びつきを強化し、両家の幸福と繁栄を願う意味も込められています。

選ぶ振袖は、豪華で繊細な柄が特徴的なものが好まれます。特に古典柄の多くは、柄一つ一つに様々な意味が込められています。例えば、松竹梅は生命力の象徴、桜は新たな門出のお祝いに、亀の甲羅の意匠である亀甲文様は長寿を、雪輪は豊作の象徴から、貝合わせは夫婦円満など様々です。一口に古典柄と言っても、様々あります。

  • 四君子文様:古代中国から伝わる縁起の良いとされる4つの文様。
  • 有職文様:平安時代の貴族に愛されてきた縁起の良い文様。
  • 吉祥文様:古くから縁起が良いとされる文様。

この他にも、様々なものがあります。

色彩にもそれぞれ意味があると言います。赤は赤ちゃんにちなんで新たな門出や、鳥居の色に見られるように魔除けの柄として、白は純心さの象徴であるとともに、古くは太陽の象徴として神聖な色として、黒は何ものにも染まらないということで貞操の意味やその高級感から親しまれてきました。以上挙げた赤、白、黒は振袖の色の中でも特に格が高い色として扱われます。その他の色も、様々な意味が込められています。

いずれの色や柄も娘を思う家族の思いそのものであり、お祝いの席にふさわしい華やかさと歴史を持っています。

訪問着と振袖の違い

結納や顔合わせに振袖を選ぶ際には、訪問着との違いを理解することが重要です。そこで、訪問着の特徴をまず解説していきます。

  • 既婚未婚を問わずに着用ができる着物で、着られるシーンの幅も広い。
  • 訪問着の着物としての格は紋の有無と数で決まり、紋付はフォーマルとして着られる。紋の数は三つ紋がまで付けられ、三つ紋は準礼装として最適である。紋無しはおしゃれ着に最適。
  • 上半身と下半身に柄付けがされる絵羽模様が特徴。(振袖は近年、着物全体に柄付けされた総柄が多いが、柄のない無地であっても振袖は振袖である。)

訪問着の多くは、結婚している女性が着用することも多いため、一般的に振袖よりも控えめなデザインであることが多いです。

左が訪問着、右が振袖です。

実は、結納や顔合わせの雰囲気によっても、振袖と訪問着は着分けるのが好ましいです。正式結納の場合は、新婦も正礼装である振袖が好ましいです。略式結納も振袖で良いですが、その後の顔合わせやお食事会がもう少しアットホームなのであれば、訪問着、場合によっては、よりカジュアルな小紋という選択肢もあります。一番大切なことは、両家の格をそろえることです。ただ、振袖は未婚の間しか着られない着物なので、可能なのであれば率先して着ていきたいですよね。。

以上のように、振袖や訪問着はただの衣装ではなく、その日の主役である女性の魅力と家族の喜びを映し出す大切な役割を果たします。着物を選ぶ際には、シーンに合わせた適切な色や柄、さらには帯や小物のコーディネートにも注意を払い、華やかでありながら品のあるスタイルを目指しましょう。

振袖レンタルの選び方とポイント

サイズ選びの基礎知識

振袖レンタルを選ぶ際には、サイズ選びが最も重要なポイントの一つです。振袖は体型に合わせて適切に着ることで、その美しさが引き立ちます。サイズ選びでは、以下の点に注意しましょう。

  • 身長と裄丈:着物は一般的に体型に左右されづらい衣服といわれますが、美しく着るためには身長と裄丈が丁度良い振袖を選ぶことが重要です。
  • バストとヒップサイズ:日本の伝統的な振袖は、バストやヒップサイズに余裕を持たせて作られています。レンタル店にはさまざまなサイズがあるため、自分の体型に合ったものを選びましょう。
  • 補正下着の活用:着崩れを防ぎ、仕上がりをきれいにするために補正下着を上手く活用しましょう。レンタル店によっては、レンタル内容に含まれている場合もあるので確認しておくと良いです。

適切な色と柄の選び方

振袖の色と柄は、着る人の個性とその日のシーンを反映します。特に結納や顔合わせでは、以下の点を考慮して選ぶことが大切です。

  • シーンに合わせた色選び:結納や顔合わせのようなフォーマルな場では、明るく華やかな色が好まれます。伝統的な赤や白、黒どが適しています。その他にも、パーソナルカラーを意識することで肌の印象は変わります。
  • 柄の意味とデザイン:先述のように、 振袖の柄には各々意味が込められています。もちろん古典柄は間違いありませんが、着る方の持つ雰囲気によっては現代的な幾何学柄などが美しさを引き出すこともあります。自分の好みも含め、幅広い視野で選んでみましょう。
  • 帯とのコーディネート:振袖と帯の組み合わせは、全体の印象を大きく左右します。一般的に振袖が華やかな場合はシンプルな帯を、シンプルな振袖には豪華な帯を合わせるとバランスが良いです。例外はあり、無地の振袖にシンプルな帯がモダンな印象を与えるといったこともあります。色々試してみましょう。

振袖を選ぶ際には、サイズ感と共に色や柄の選び方も重要です。自分の個性を表現しつつ、結納や顔合わせという特別な日に相応しい振袖を選んで、華やかな一日を迎えましょう。多様な選択肢の中から自分にぴったりの振袖を見つけることができるのは、やはりレンタル着物の醍醐味でしょう。

結納・顔合わせにおすすめの振袖スタイル

振袖のスタイルは大きく古典柄モダン柄の2つに分けられます。

伝統的な古典柄の魅力

先述の通り、結納や顔合わせには伝統的な古典柄の振袖は間違いありません。着物でいうドレスコードが格であり、結納は冠婚葬祭の一大イベントに当たります。結納を行うカップルは減少傾向にあると言われている中、あえて結納を行うのですから厳格な雰囲気で行いたいものです。そんな時、古典柄であるだけでその着物の格は高くなります。

振袖の多くが友禅染や刺繍、絞り染など古今東西の複雑な技法が施されます。全ては匠の技であり、そういった歴史の重さもまた結納の儀に格式を与えてくれます。

梅と菊の花に檜扇の黒振袖」艶やかな檜扇を主役として、梅や菊、松などのおめでたい柄で埋め尽くされたアンティーク黒振袖です。紅白を基調とした色柄は、結納の席にふさわしい華やぎに満ちています。

たまご色に刺繍丸紋、鳳凰獅子の振袖」たまご色の地に鳳凰や獅子、花唐草を丸紋で表した昭和時代のアンティーク色振袖です。丸紋は総手刺繍で豪華に彩られ、光を受けると艶やかな光沢を放ちます。精緻な手仕事が生み出した特別感のある装いで、結納に臨んでいただけます。

モダンな振袖スタイルの選び方

伝統的なスタイルとは異なり、モダンな振袖スタイルは、現代的な感覚と個性を反映したものが特徴です。モダンスタイルの振袖は、古典柄の伝統的な美しさを保ちつつ、より現代的なデザインや色使いが取り入れられています。明るい色彩やシンプルな柄、洗練されたデザインが、若々しさと現代のファッションセンスを表現します。

モダンな振袖を選ぶ際は、自分の個性や好みに合わせたスタイルを選ぶことが大切です。例えば、大胆な花柄や幾何学模様、派手な色合いを選ぶことで、ユニークなファッションセンスをアピールできます。また、シックな色無地や控えめな柄を選ぶことで、落ち着いた上品な雰囲気を演出することも可能です。

結納や顔合わせのようなフォーマルなシーンには、古典柄の振袖が伝統的な選択ですが、モダンスタイルの振袖も新しい風を吹き込む素敵な選択肢となります。どちらのスタイルを選ぶにしても、個性を大切にし、自分らしい装いを楽しむことが重要です。振袖レンタルを利用することで、多様な選択肢から自分に合った一着を見つけ、特別な日をより美しく、思い出深いものにすることができます。

白地に大きなバラの総絞りの色振袖」大きなバラを総手絞りで表現した、現代物の振袖です。白地に赤・青・紫のぼかしでバラを彩った、洗練されたなデザイン。華やかさのなかに清楚さも引き立つ、結納にピッタリの好感度の高い一枚です。

緋色に菊の花薫る振袖」鮮やかな緋色地に白菊を描いた、大正時代のアンティーク着物の復刻振袖です。縦ラインに沿って模様が配されているため、スッキリとした着姿を叶えます。紅白でまとめられたおめでたい色合いは、結納の席に華やぎを添えます。

振袖レンタルで気をつけるべきこと

レンタルの予約と価格の相場

振袖レンタルを行う際には、まず予約のタイミングと価格の相場を把握することが重要です。前述のように、振袖は特に予約がどんどん埋まっていきます。成人式シーズンは壊滅的であるのは当然として、成人式を迎える方たちは他にも前撮り、後撮りでもコンスタントに使用します。成人式の振袖レンタルプランの中には、前撮りの金額が含まれている場合もあるからです。時期的には春休み、夏休み、冬休みの時期が多いです。

成人式客以外にも、結婚式シーズンとして好まれる春、秋の需要もあります。招待客の衣装として用いられるからです。このように、比較的一年中一定の需要があるのが振袖です。こういったことからも、特に結納や顔合わせのような大切なイベントでは、早めの予約が肝心です。人気の振袖やデザインは早期に予約が埋まる可能性が高いため、イベントの数ヶ月前には確実に予約を済ませることをお勧めします。

振袖レンタルの価格は、選ぶ振袖の質やデザイン、レンタル期間、付属サービスによって異なります。振袖のレンタル価格は数万円から数十万円、さらにはもっと高額になることもありますが、セットでレンタルすることでコストを抑えることができます。予約時期がギリギリであったり、繁忙期の場合は割引を受けられないケースもありますが、早めの予約であれば早期予約割引やパッケージプランを利用することできることもあるため、お得にレンタルができます。

振袖レンタルプラン」はお手頃価格で振袖をレンタルしていただける、2月~12月限定の特別プランです。お選びいただいた振袖に合わせて帯・帯締め・帯揚げ・重ね衿・草履・バッグなどの衣装小物を、着物に精通したゆめやのスタッフがトータルコーディネートしてお届けいたします。ご指定の住所への配送料と、レンタル一式の返送料込みの安心設定で気軽に振袖をお楽しみください。

着付けと小物のコーディネート

振袖レンタル時には、着付けと小物のコーディネートにも注意が必要です。着付けは、振袖の美しさを最大限に引き出す重要な要素です。レンタルショップでは、プロの着付け師によるサービスを提供していることが多いため、事前に予約しておくと安心です。

小物選びでは、振袖の色や柄に合わせた帯、帯揚げ、帯締め、草履、バッグを選ぶことが大切です。これらの小物は振袖の印象を大きく左右するため、全体のバランスを考慮しながら選ぶことが重要です。また、振袖に合わせた髪飾りや足袋なども、トータルコーディネートを考慮して選びましょう。

振袖レンタルでは、予約のタイミング、価格の相場、着付け、小物のコーディネートなど、細かい点に気を配ることが成功の鍵です。これらのポイントを押さえることで、結納や顔合わせのような特別な日にふさわしい、美しい振袖姿を実現できるでしょう。振袖レンタルを上手に活用して、記憶に残る一日を過ごしてください。

ゆめやから、結納におすすめの振袖コーディネートをご紹介します。「落ち着いたピンク地に花唐草が描かれた色振袖」紗綾型を織り出したピンク色の地に、花唐草を色鮮やかに描いた振袖です。金駒刺繍や金泥がふんだんに用いられ、光を受けると絵柄がキラキラと輝かきます。深いブルーグリーン色の帯を締め、帯揚げ・帯締め・髪飾りは振袖の色から取ってスカイブルーでまとめました。バッグと草履の鼻緒はピンク色で統一。華やかでありつつも華美すぎない、好印象の装いです。

結納・顔合わせ当日の流れとマナー

振袖での立ち振る舞い

結納や顔合わせの日に振袖を着用する際は、その立ち振る舞いにも気を配ることが大切です。というのも、きれいな立ち振る舞いが着崩れ防止にも繋がります。以下のポイントに注意してください。

  • 姿勢を正す:振袖を着る際は、背筋を伸ばし、優雅な姿勢を保つことが重要です。美しい振袖のラインを保ちながら、品位ある立ち振る舞いを心がけましょう。
  • 歩き方に注意:振袖を着ている際は、小股で歩くとより上品な印象になります。また、長い袖に気を付けながら、ゆっくりと落ち着いて歩きましょう。結果、着崩れ防止になります。
  • 挨拶と表情管理:着物に関わらず、第一印象はとても大切なものです。笑顔での挨拶は、相手に好印象を与えます。親族や他の出席者とのコミュニケーションでは、丁寧な言葉遣い表情で、礼儀正しい態度を示しましょう。

親族としての適切な服装と振る舞い

結納や顔合わせでは、親族としての適切な服装と振る舞いも重要です。振袖を着用する本人だけでなく、親族も場にふさわしい装いを心がけることが求められます。

  • 服装の選択:親族の女性は、訪問着や色無地などの礼装を選ぶのが一般的です。男性の場合は、紋付きの和装か、ダークスーツを着用することが望ましいです。
  • 小物の選び方:和装の場合、帯やバッグ、草履を振袖や訪問着に合わせて選びます。シンプルで上品なデザインが適しています。
  • 振る舞いに注意:両家の親族として、和やかな雰囲気を作り出すことが大切です。礼儀正しい言葉遣いと振る舞いで、両家の絆を深める機会としてください。

繰り返しになりますが、両家の服の格を揃えることが大切です。結納や顔合わせの日は、新しい家族の絆を深める特別な機会です。振袖や礼装を身にまとい、適切な立ち振る舞いで、この大切な日を彩りましょう。振袖レンタルを上手に利用して、美しい和装で一日を過ごすことが、記憶に残る経験となります。

まとめ

振袖レンタルで準備万端に

この記事を通じて、結納や顔合わせにおける振袖レンタルの重要性と、その選び方について多くの情報を共有しました。振袖レンタルは、特別な日に相応しい装いを手軽に、かつ経済的に準備する素晴らしい方法です。サイズ選びから色や柄の選定、着付けまで、多くのポイントを押さえることで、完璧な振袖姿を実現できます。

さらに、レンタルサービスを利用することで、時間や費用の面でも効率的に準備を進めることができます。予約から着付け、小物のコーディネートに至るまで、レンタルサービスは振袖を着用する際の様々な面でサポートを提供します。これにより、結納や顔合わせの日を余裕を持って迎えることが可能になります。

結納・顔合わせを彩る振袖の魅力再確認

振袖は、結納や顔合わせのような特別なシーンをより華やかに、そして思い出深いものにしてくれます。伝統的な古典柄からモダンなデザインまで、多様なスタイルの中から選べるのも振袖の魅力の一つです。振袖一つで、その日の主役であるあなたの美しさと幸せを象徴し、家族や親族の喜びを共有することができます。

振袖レンタルを利用することで、結納や顔合わせのための準備を完璧に整え、この大切な日を最高の状態で迎えることができます。振袖の美しさと、それを纏うあなたの輝きが、新しい門出の素晴らしい思い出となることでしょう。

<参考記事>

https://www.kimono-365.jp/rental/yuino/

婚礼

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

長い羽根の鳳凰と桐、青海波の黒振袖【fuk10】

【成人式の着物】黒の振袖が選ばれる理由|レンタル方法と注意点

成人式は一生に一度の特別な日。この重要な日に多くの女性が選ぶのが、黒の着物です。黒の着物はそのシックで洗練された雰囲気に加え、伝統と現代の美しさを兼ね備えています。その大きな魅力は、選んだ人はもちろん、その着姿を見る人を […]

ひとつ前の記事

神前式 結婚式イメージ

“神前式だけ”ってアリ?披露宴なしでもゲストと触れ合うためのアイデア

はじめに 結婚式という一生に一度の大切な日をどのように計画するかは、カップルにとって重要な決断となるものです。特に伝統と格式を重んじる「神前式」は、今もなお多くのカップルにとっての憧れとなっている挙式スタイルの一つ。 た […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!