着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

振袖イメージ

【2024年最新版】成人式は何歳から?18歳・20歳の年齢変更とその影響

はじめに

成人式は、日本の伝統的な行事として長い間親しまれてきました。この行事は、若者が成人として社会に一歩を踏み出す大切な時期を祝福し、新たな人生のスタートを応援するためのものです。この日は、家族や友人とともに成長を喜び、将来への期待を共有する特別な瞬間となります。

成人式とは?その意味と重要性

成人式は、日本の文化に根ざした重要な行事です。18歳に達した若者が、法的に成人と認められ、新たな責任と権利を持つ大人の一員として社会に迎えられます。この日は、成人したことを祝い、これからの人生での成功を願う日です。多くの若者にとって、成人式は自分たちの成長と成熟を認識する機会を提供します。また、成人式は新成人が振袖や袴などの伝統的な衣装をみにまとい、地域の式典に参加することでしられています。

2025年以降の成人年齢の変更とは

2022年4月年からは、日本の成人年齢が20歳から18歳に引き下げられました。この変更は、明治9年以来初めての変更で、令和時代の社会の変化に合わせて若者の社会参加を促進するために行われます。この年齢変更により、18歳と19歳の若者が新たに成人式の対象となります。この変更は、若者の社会的な責任や権利をより早い段階で与えることを意味し、教育や就職、さらには選挙権の行使にも影響を与えることになります。

これらの変更は、成人式の意義や若者の社会参加に新たな視点をもたらします。一方で、成人式の本質は変わらず、若者の成長を祝い社会に一歩踏み出す支援をすることです。次に、成人式の年齢に関するさらなる詳細について掘り下げていきます。

成人式の年齢はいつから?

日本では、長らくこの成人の年齢は20歳とされてきました。しかし、時代の変化と共に、この基準にも変更が加えられることになりました。ここでは、2022年3月までの成人年齢と2022年4月以降の変更点について詳しく見ていきましょう。

2022年3月までの成人年齢:20歳について

日本では、20歳を成人の年齢として長年定めてきました。この年齢に達すると、若者は法的に成人とみなされ、様々な社会的権利と責任を持つようになります。例えば、選挙権や契約の自由が与えられるのもこの年齢からです。成人式は、この大人への門出を祝う伝統的な行事で、新成人たちが地域のコミュニティや家族とともに自分たちの成長を祝う日として広く認識されています。

2022年4月以降の成人年齢:18歳に変更される理由

2022年4月以降、日本では成人の年齢が20歳から18歳に引き下げられました。この変更は、若者たちがより早く社会参加を始められるようにするためのものです。18歳で成人とされると、高校を卒業したばかりの若者も多くの社会的権利と責任を持つことになります。これには、選挙権の行使や、自分自身での契約の締結などが含まれます。

国際的な観点から見ると、多くの国々で成人年齢が18歳であることを考慮し、国際社会での若者たちの権利を拡大することも目的とされています。この変更は、若者たちに新しいチャンスと挑戦を提供すると同時に、社会全体の意識変革も促すことになります。

成人年齢の変更は、若者たちにとっての新たなスタートの機会を提供し、彼らの社会参加を促進する重要なステップです。

成人式の準備:いつ始める?

成人式は人生の大切な節目ですが、その準備はいつ始めるのが適切でしょうか?成人式の予約や振袖選び、美容院の予約など、準備にはたくさんのステップがあります。ここでは、成人式の準備における適切なタイミングとポイントを詳しく見ていきます。

成人式の準備:必要なタイミング

成人式の準備は、思っている以上に時間がかかるものです。特に、振袖の予約に関しては、計画的に進めることが重要です。多くの場合、成人式の準備は、式の1年から1年半前に始めるのが一般的です。特に、人気の振袖のレンタル美容院を利用する場合は、早めの予約が必要になります。事前に情報を収集し、可能な限り早く行動に移すことが大切です。

振袖や美容院の選び方と予約のポイント

成人式の大切な要素の一つが、振袖や美容院の選び方です。振袖は、成人式の日に着る重要な衣装であり、自分に合ったデザインや色を選ぶことが重要です。振袖の選び方には次のようなポイントがあります。

  • スタイルとデザイン: 自分の好みや体型に合ったスタイルを選ぶことが大切です。和風の伝統的なデザインからモダンなデザインまで幅広く選ぶことができます。
  • レンタルか購入か: 経済的な面や今後の使用を考えて、レンタルするか購入するかを決めましょう。レンタルの場合は、早めの予約が必要です。
  • アクセサリーの選び方: 振袖に合わせた髪飾りやバッグなどの小物も大切です。トータルコーディネートを考えましょう。

美容院の予約も重要です。成人式の日は美容院が非常に混み合うため、早めの予約が必須です。また、ヘアスタイルやメイクについても事前に相談しておくことが大切です。美容院を選ぶ際には、成人式のヘアメイクの経験が豊富な美容院を選ぶことがポイントです。

アンティークきものレンタル ゆめや は、大正時代から昭和初期にかけての着物をメインに取り扱うレンタルショップです。上質な絹糸100%の正絹に、職人が手掛けた絵付けや手刺繍が光る逸品ばかりを取り揃えています。当サイトで人気の振袖は、コチラです

抹茶色×黒縞模様の振袖【fui25】
抹茶色×黒縞模様の振袖【fui25】

ゆめやオリジナル抹茶色×黒縞紋様の振袖です。アンティークの抹茶色地の南天、ふくれ織りの生地と、黒の縮緬地を繋ぎ合わせて制作しました。帯は、立涌に菊、唐草などが織り出された袋帯を、立て矢に結んでみました。帯揚げは、紅白のぼかしの絞り。帯締め、帯留めは、漆の螺鈿(らでん)入りです。予約が入っていない場合は販売もしています。

成人式の準備は、計画的に進めることが大切です。振袖のレンタルや美容院の選び方には細かな注意が必要ですが、準備を楽しみながら、自分にとって最高の成人式を迎えるための準備を進めましょう。次に、成人式の前撮りのタイミングとスタイル選びに焦点を当てていきます。

成人式の前撮り:いつ行う?

成人式の大切な思い出の一つとして、前撮りがあります。振袖や袴を着て、成人の門出を美しく記録に残すため、前撮りは非常に重要です。しかし、前撮りのタイミングやスタイル選びにはどのようなポイントがあるのでしょうか?次に、前撮りの最適な時期とスタイル選びのポイントをご紹介します。

前撮りのベストな時期とスケジューリング

成人式の前撮りは、一般的には成人式の数ヶ月から半年前に行うことが多いです。これにはいくつかの理由があります。まず、成人式の日は多くの新成人が撮影を予約するため、美容院や写真スタジオが非常に混み合います。前撮りを早めに行うことで、落ち着いた環境で撮影を行うことができます。また、気候や季節の変化を活かした撮影が可能になるため、より豊かな表現の写真を撮ることができます。

前撮りのスケジューリングには次のようなポイントがあります:

  • 早めの予約:人気の美容院や写真スタジオは早くから予約が埋まることがあるため、早めの予約が重要です。
  • 季節を考慮する:屋外での前撮りは桜や紅葉など、季節の風景を背景にすることで、特別な写真になります。
  • 天候の予測:屋外での撮影を考えている場合は、天候の影響を考慮して撮影日を決めることが大切です。

前撮りのスタイル:和風やモダンスタイルの選択

前撮りのスタイルは、個人の好みや成人式のテーマによって異なります。和風の伝統的なスタイルは、日本の美しさを象徴する装いとして非常に人気があります。一方で、モダンなスタイルや少し個性的な装いを選ぶ新成人も増えています。スタイル選びの際には、以下の点を考慮すると良いでしょう。

  • 個人の趣味やスタイル:自分の個性や好みを反映させることで、特別な記念写真になります。
  • 撮影場所との調和:撮影場所に合わせた衣装を選ぶことで、より統一感のある写真になります。
  • アクセサリーやヘアスタイル:振袖や袴に合わせたアクセサリーやヘアスタイルを選ぶことも大切です。

成人式の前撮りは、一生に一度の大切な記念です。最適な時期とスタイルを選び、美しい思い出を残しましょう。次に、成人式当日の出席と注意点について詳しく解説していきます。

成人式当日:年齢別の出席と注意点

成人式は、若者たちが成人として新たなステージに踏み出す大切な日です。しかし、成人年齢の変更により、18歳と20歳での成人式の出席にはいくつかの違いがあります。ここでは、年齢別の出席の違いと、成人式当日の注意点について解説します。

18歳と20歳の成人式:出席の違い

2022年4月以降、成人年齢が18歳に引き下げられることにより、成人式の対象となる年齢層が変わりました。従来は20歳でのみ成人式に出席するのが一般的でしたが、これからは18歳の若者たちも式に参加することになります。これにより、成人式の参加者はより多様な年齢層を含むようになり、各自治体や式場によって運営方法は異なるようです。

18歳と20歳での成人式の出席においては、以下の点に注意が必要です:

  • 参加資格:自治体によっては、18歳と20歳の成人式を分けて開催する場合があります。事前に参加資格や日程を確認しましょう。
  • 式の形式:年齢層が広がることにより、式の形式や内容も変化する可能性があります。新成人たちが各年齢層に適したプログラムを楽しめるよう配慮がされるでしょう。

成人式当日の注意点:対象年齢と準備事項

成人式当日には、いくつかの注意点があります。以下に主要なポイントを挙げます。

  • 時間と場所:式の開始時間や場所、集合時間を事前に確認し、遅れないようにしましょう。
  • 服装と持ち物:振袖や袴など、式にふさわしい服装で出席します。また、必要な持ち物(招待状、身分証明書等)を忘れずに持参しましょう。
  • マナーと礼儀:成人式は、成人としての第一歩です。礼儀正しい態度とマナーを心がけましょう。

成人式は、成人としての新たな人生の始まりを祝う重要な日です。18歳と20歳での出席の違いや当日の注意点を理解し、この特別な日を満喫しましょう。次に、成人式のデメリットと対策について探っていきます。

成人式のデメリットと対策

成人式は若者たちの成長を祝う大切な行事ですが、制度上の変更や社会的な動向によっては、いくつかのデメリットも生じる可能性があります。特に、成人年齢の引き下げに伴う影響は、さまざまな面で考慮する必要があります。ここでは、成人年齢引き下げに伴うデメリットと、それに対する対策や準備について自治体と個人がどのように取り組むべきかを探ります。

成人年齢引き下げのデメリット

2022年4月から成人年齢が18歳に引き下げられることには、以下のようなデメリットが考えられます:

  • 精神的・経済的な準備の未熟さ:18歳では、多くの若者が高校を卒業したばかりで、社会的な責任や経済的な自立に必要な準備が不十分な場合があります。
  • 社会的な圧力の増加:成人年齢の引き下げにより、若者に対する社会的な期待や圧力が増加し、心理的な負担が大きくなる可能性があります。
  • 教育システムとの整合性:教育システムや就職市場と成人年齢の変更が整合しない場合、若者たちのキャリアパスに影響を与える可能性があります。

対策と準備:自治体と個人の役割

これらのデメリットに対処するためには、自治体と個人の両方が積極的に取り組む必要があります。具体的な対策は次の通りです。

  • 自治体によるサポートの強化:自治体は、成人式を含む各種イベントを通じて、若者たちの社会的な自立を支援するプログラムを提供することが重要です。また、教育機関や職業訓練センターと連携して、若者たちのキャリア形成や生活スキルの向上を支援することも求められます。
  • 個人の自己理解と準備:若者自身も、成人としての新たな役割や責任について理解し、心理的、経済的な準備を進めることが大切です。家族や学校、地域コミュニティとの連携を通じて、支援を受けながら自立に向けた準備を行うことが推奨されます。

成人年齢の引き下げは、若者たちにとって新たなチャレンジと機会をもたらしますが、同時に適切な対策と準備が不可欠です。自治体と個人が協力し、若者たちが成人として健全に成長できるような環境を整備することが重要です。次に、成人式後の生活と成人としての新たなスタートについて詳しく見ていきます。

成人式後:成人としての新たなスタート

成人式を経験した後、若者たちは成人としての新たな人生をスタートさせます。この新たなステージでは、年齢がもたらす変化を理解し、大人としての責任と自立に向けて歩み始める必要があります。ここでは、成人式後の生活とその中で直面する変化、そして自立への道のりについて探っていきます。

成人式後の生活:年齢がもたらす変化

成人式が終わると、多くの若者は自分の人生において大きな変化を経験します。特に、成人年齢が18歳に引き下げられたことにより、これらの変化はより早い段階で訪れることになります。以下の点が、成人後の生活で特に重要です。

  • 社会的責任の増加:成人として、法的に多くの権利と責任を持つようになります。選挙権の行使や契約の締結など、社会的な意思決定に積極的に参加することが期待されます。
  • 自立へのステップ:職業選択や経済的自立など、自分の人生を自分で決定し、管理することが求められます。
  • 人間関係の変化:成人としての新しい役割に伴い、家族や友人との関係にも変化が生じることがあります。より成熟した人間関係を築くことが重要です。

大人としての責任と自立への道

成人後は大人としての責任を自覚し、自立への道を歩むことが求められます。以下は、そのための重要なステップです。

  • キャリアと教育の計画:自分の興味や能力に合った職業を選び、必要な教育や訓練を受けることでキャリアを築いていきます。
  • 経済的な自立:自分の収入を管理し、将来のための貯蓄や投資を行うことが重要です。
  • 社会参加:地域社会や社会問題への関与を通じて、社会の一員としての役割を果たします。

成人としての生活は、新たな自由と責任が伴います。これらの変化を理解し、自分の人生を自分で切り開く力を身につけることが、成人後の生活での最大の課題です。次に、これまでの内容をまとめ、成人式と成人年齢の変更がもたらす影響についての展望を提供します。

まとめ

この記事では、成人式と成人年齢の変更に関連するさまざまな側面を探り、その意味と影響について詳しく考察してきました。最後に、これまでの要点をまとめ、成人の門出を祝う意味と今後の展望について考えてみましょう。

成人式と年齢変更の要点

  • 成人年齢の変更:202年4月年から、日本の成人年齢が20歳から18歳に引き下げられたことはとても大きな変化です。これにより、成人式の参加対象となる年齢層が広がり、新たな社会的責任と権利が18歳の若者にも与えられます。
  • 成人式の意味と重要性:成人式は、若者が大人の社会に正式に歩み入ることを祝う伝統的な行事です。この日は、自己の成長を認識し、未来に向けての希望を新たにする機会となります。
  • 準備と対応:成人式の準備には、振袖や美容院の予約、前撮りのスケジューリングなど、多くのステップが含まれます。また、成人年齢の変更に伴う社会的、教育的な調整も必要です。

成人の門出を祝う意味と今後の展望

成人式は、単なる式典ではなく、成人としての新たなスタートを祝う意義深いイベントです。若者たちが社会の一員として自覚を持ち、自立に向けた一歩を踏み出す機会を提供します。今後、成人年齢の変更に伴い、社会全体がより若い世代の声に耳を傾け、彼らが社会の中で活躍できるようなサポートを強化する必要があります。

成人の門出は、新しい責任と機会の始まりです。若者たち自身も、成人としての役割を理解し、積極的に社会参加を行うことが期待されます。一方で、社会や教育機関、家族も、若者たちが成人としての人生を有意義に歩むための支援を提供し続けることが重要です。

<参考記事>

https://kimono-rentalier.jp/column/coming-of-age/seijinshiki-itsu/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

露芝と、縮緬に辻が花模様の片身替わり訪問着【hou174】

【2024年最新版】訪問着レンタルで叶える、レトロモダンな着姿!

はじめに 訪問着は、日本の伝統文化を象徴する和装の一つであり、結婚式、七五三、成人式など、人生の節目や特別な日に着用されます。中でも、レトロモダンな訪問着は、その古典美と現代の感性が融合したデザインで、多くの女性たちの心 […]

ひとつ前の記事

黒地に桜、菊、まっすぐ伸びた竹の七歳祝着【kod06】

【着物のプロ監修】七五三で輝く女の子のための高級着物レンタルガイド

はじめに 七五三レンタル着物の魅力とは 七五三のお祝いは、日本の伝統的な節目として、お子さまたちの成長を祝う大切な行事です。特に7歳の女の子にとって、この日は人生の初めての大舞台。そんな特別な日を彩るのが、「着物」です。 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!