着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

オレンジ色に絞りのドット柄の七歳祝着【kod07】

七五三の祝い方!なぜこの時期が特別なの?11月15日の意味を徹底解説

はじめに

七五三とは - この特別な日の意味

日本において、七五三はお子さまの成長を祝う大切な行事です。この行事はお子さまたちの健やかな成長を願い、家族が一緒にお祝いをする特別な日とされています。特に3歳、5歳、7歳のお子さまたちがこの行事の主役となります。

この年齢になると、日本の伝統にしたがって神社へお参りして、健康と長寿を祈願するのが一般的です。七五三は日本全国で広く行われており、地域によっては異なる風習や習慣が見られますが、どの家庭でもお子さまの成長を祝う意味合いは変わりません。

七五三は、お子さまたちが特別な衣装を身に着ける点も大きな特徴の一つです。例えば、女の子は色鮮やかな着物と帯を、男の子は袴を着用します。これらの衣装は、お子さまたちの成長と新たなステージの始まりを象徴しています。

着物や袴はただの衣装ではなく、お子さまたちが健やかに成長したことに対する感謝や将来への期待を表現するものです。

11月の七五三 - なぜこの時期なのか

七五三がなぜ11月に行われるのか、その理由は歴史に根ざしています。もともと七五三は旧暦に基づいてお祝いされていました。旧暦では、現在使われている新暦(グレゴリオ暦)とは季節の変わり目や節句が異なります。

11月は秋の収穫期にあたり、昔の日本ではこの時期に収穫を終えて豊かな食べ物に恵まれることから、家族で集まって一緒に収穫のお祝いをする時期とされていました。それと同時にお子さまたちの健やかな成長を祝ってきました。

江戸時代には、七五三は主に公家や武家の子どもたちに限られた行事でしたが、徐々に庶民の間にも広がり、全国的な行事となりました。

旧暦の11月15日は二十八宿(古代中国発祥の季節区分・暦。それを元にして占いが行われた。)の「鬼宿日」とされていて、鬼が出歩かない日なので縁起の良い日とされていました。このような背景から、11月15日は七五三のお祝いに最適な日として選ばれるようになりました。

七五三のお祝いには、家族が一堂に会してお子さまたちの成長を喜び、祝福することに大きな意味があります。神社でのお参り、着物や袴の着用、家族での記念写真撮影などをとおして、家族の絆を深める大切な役割を果たしています。

七五三の由来

11月15日の背景 - 歴史と伝統

七五三という行事は古くからの日本文化に根ざしており、11月15日に行われる背景には、深い歴史と伝統があります。この日は、お子さまたちの成長と健康を祈願するための特別な日とされてきました。

この習慣は平安時代にまで遡り、当時の公家の間でお子さまたちの無事な成長を願う儀式として行われていました。

江戸時代には男の子は3歳で「髪置き」という儀式を行い、髪を伸ばし始めました。また、5歳で「袴着」という儀式で袴を初めて着用し、7歳で「帯解き」という儀式で大人と同じように帯を結ぶようになりました。これらの儀式は、お子さまたちの成長と社会的な成熟を象徴していました。現代ではこのような儀式は行われなくなりましたが、その精神は今も七五三の行事に引き継がれています。

現代では、七五三はお子さまたちが一定の年齢に達したことを祝うとともに、これまでの成長を家族が共に喜び、今後の健やかな成長を祈る行事として定着しています。七五三の行事は時代を超えて、これからも継承されてゆくことでしょう。

日本の文化としての七五三 - 神社とお寺での祝い方

現代の七五三では、神社やお寺でのお参りが欠かせません。日本各地には七五三のお参りに適した多くの神社やお寺があり、それぞれ独自の歴史や伝統があります。

例えば東京の明治神宮や京都の平安神宮などは、七五三のお参りに特に人気のあるスポットです。お参りでは神様や仏様に対して、お子さまたちの成長を感謝し、これからの健康と幸福を祈願します。

お参りの際には、お子さまたちは晴れ着として特別な着物や袴を着用します。これらの衣装は日本の伝統的な装いであり、七五三には多くの家庭で継承されています。女の子は色鮮やかな柄やデザインの着物を着て、男の子は袴を着用して堂々とした姿を見せます。こうして家族はお子さまたちの成長を祝い、一緒に写真を撮るなどしてこの特別な日を記念に残します。

七五三のお参りには、千歳飴も欠かせません。この飴は、お子さまたちの長寿と幸福を願って贈られるもので、色とりどりの袋に入れられています。千歳飴を持って神社やお寺を訪れる姿は、七五三の象徴的な光景の一つです。

神社やお寺でのお参りは単なる形式ではなく、日本の文化として大切にされている伝統です。この日にお参りをすることで、お子さまたちには自分が大切にされていることを実感させ、家族の絆を深める機会となっています。また神社やお寺での体験は、お子さまたちにとっても貴重な思い出となり、日本の文化を次世代に伝える重要な役割を果たしています。

七五三は、日本の長い歴史と伝統の中で形成された独特な行事です。11月15日に行われるこの行事は、日本の家庭にとってお子さまたちの成長を祝う特別な日として、今もなお大切にされています。

七五三は日本の文化やお子さまたちの成長を祝う伝統として、これからも受け継がれていくことでしょう。

七五三のお祝いの仕方

着物でのお参り - 3歳、5歳、7歳の意味

七五三では、3歳、5歳、7歳になったお子さまたちが特別な着物を着て神社やお寺にお参りをすることが一般的です。この習慣は、お子さまたちの成長と健康を祝う日本の伝統的な風習です。また3歳、5歳、7歳という年齢には、以下のように特別な意味があります。

  • 3歳(髪置き):3歳の七五三では、「髪置き」という儀式が行われます。これは、お子さまが生まれて初めて髪を伸ばし始める節目を祝う行事です。この時期には女の子が晴れ着として華やかな着物を着用し、髪型もお祝いにふさわしいものにします。
  • 5歳(袴着):5歳の男の子にとって、七五三は「袴着」という大切な儀式です。これは、男の子が初めて袴を着ることを意味し、社会的な成熟の始まりを象徴しています。この年齢での七五三は、男の子の成長を家族が祝福する重要な機会となります。
  • 7歳(帯解き):7歳の女の子は、七五三で「帯解き」の儀式が行われます。これは、子どもから大人への移行を象徴する儀式であり、女の子が自分で着物の帯を結ぶことを意味します。7歳の七五三は、女の子の成長と独立の第一歩を祝う行事として位置づけられています。

これらの年齢での七五三は、お子さまたちの人生における重要な節目を祝います。神社やお寺でのお参りは、お子さまたちのこれまでの成長に感謝し、今後の健やかな成長を祈願する意味が込められています。

そのため、七五三ではお子さまたちのために特別な衣装を準備し、家族が一緒にお参りをします。着物や袴は日本の伝統文化を象徴し、お子さまたちの晴れの日を祝うための特別な装いとなっています。

カメラマンによる写真撮影 - 一生の思い出作り

七五三では、この特別な日の思い出を後々まで残すために、プロのカメラマンによる写真撮影がよく行われます。お子さまたちの成長を祝うこの日の記念写真は、家族にとって一生の宝物となります。

  • スタジオでの撮影:一般的には、写真スタジオで専門のカメラマンによって撮影してもらいます。スタジオでは、プロの照明と背景を使い、お子さまたちの晴れ着姿を美しく撮影します。スタジオ撮影は天候に左右されないので、お子さまたちの最高の瞬間を捉えることができます。
  • 神社やお寺での撮影:屋外の撮影も人気があり、特に神社やお寺の境内での撮影は七五三の雰囲気をより深く感じさせます。自然の光の下で伝統的な建物を背景にした写真は、特別な日の素晴らしい記念になります。
  • 家族での撮影:七五三の写真撮影はお子さまだけでなく、家族全員が参加することも多いです。両親や兄弟姉妹と一緒に撮った写真は、家族の絆を象徴する大切な記録となります。

このように七五三の写真撮影は、家族にとって特別な思い出を残すために役立ちます。プロのカメラマンによる撮影は、お子さまたちの成長の瞬間を美しく記録してくれます。これらの写真は家族の歴史の一部として大切に保管され、将来お子さまたちが大人になった時に思い出を振り返るよすがになります。

七五三のお祝いは着物でのお参りとプロによる写真撮影によって、お子さまたちの成長と家族の絆を祝い、記憶に残る特別な一日となります。この日は、お子さまたちや家族にとって貴重な思い出として残るでしょう。

七五三の神社とお寺について

東京の人気パワースポット - お祝いに最適な場所

東京には、七五三のお祝いに訪れるのにおすすめの神社とお寺が数多くあります。これらの場所はお子さまたちの成長を祝い、家族の幸せを願うためのパワースポットとして知られています。東京で特に人気のある神社を以下に紹介します。

  • 明治神宮:東京の中心に位置する明治神宮は、都会の喧騒を離れた静かな環境であり、七五三のお祝いにおすすめです。広大な境内は自然に囲まれており、お子さまたちの健やかな成長を祈るのにぴったりの空間を提供します。
  • 浅草寺:歴史ある浅草寺は観光名所としても有名で、多くの家族が七五三のお祝いに訪れます。その華やかな雰囲気は、七五三の記念撮影にも向いています。
  • 増上寺:東京タワーの近くに位置する増上寺は、都心にありながら落ち着いた雰囲気を持つお寺です。七五三のお祝いには多くの家族が訪れ、お子さまたちの成長を祝います。
  • 湯島聖堂:学問の神様として知られる湯島聖堂は、お子さまたちの学業成就を祈る家族にとっても人気のスポットです。七五三のお祝いにもおすすめの場所であり、家族での訪問にぴったりです。

これらの神社やお寺は七五三に家族が集まって、お子さまたちの成長と健康を祈るのに理想的な場所です。東京の中心部に位置しているため、アクセスも便利で、特別な日の思い出作りにおすすめです。

全国各地の有名な神社 - 地域ごとの特色

日本全国には、七五三のお祝いにふさわしい神社やお寺が数多く存在します。それぞれの地域には独自の特色があり、それぞれの神社やお寺が持つ歴史や伝統があります。全国にある有名な神社を以下に紹介します。

  • 伏見稲荷大社(京都):全国には数多くの稲荷神社がありますが、その総本宮である伏見稲荷大社は特に有名です。鮮やかな朱色の鳥居が印象的なこの神社は、商売繁盛や家族の安泰を願う人々に人気の場所であり、七五三のお参りにも多くの家族が訪れます。お子さまたちの健やかな成長と幸福を願うための祈りが、例年この神社で捧げられます。
  • 春日大社(奈良):奈良の春日大社は、自然に囲まれた神聖な雰囲気が魅力です。春日大社の穏やかな環境は、お子さまたちの健康と成長を願う家族にとって、七五三のお参りにぴったりです。
  • 出雲大社(島根):全国的にも有名な出雲大社は、縁結びの神様として知られています。そのため、この神社ではお子さまたちの未来に良い縁があるようにとの祈りが捧げられます。古くからの伝統が息づくこの場所は、七五三のお祝いにも最適です。
  • 鹿島神宮(茨城):武運長久とお子さまたちの健やかな成長を祈る鹿島神宮も、七五三のお参りに人気の場所です。由緒正しい神社として知られており、多くの家族が訪れます。

これらの神社はそれぞれ独自の歴史と伝統を持ち、七五三のお祝いに最適な環境を提供しています。全国各地にあるこれらの神社では、地域ごとの特色を感じながら、家族での特別な時間を過ごせます。このような場所でお子さまたちの成長と幸福を祈れば、七五三のお参りはよりいっそう意義深いものとなります。

また七五三における神社やお寺の訪問は、単に伝統的な行事を行うだけでなく、家族の絆を深めてお子さまたちの成長を祝う大切な機会です。これらの神社やお寺での体験は、家族にとって忘れがたい思い出となり、日本の美しい伝統を次世代に伝える機会となるでしょう。

七五三の着物について

お子さまの成長を祝う服装 - 伝統的な染めと友禅

七五三における着物は、お子さまたちの成長を祝う日本文化の象徴です。この日のために、多くの家族は特別な着物を選び、お子さまたちは華やかに着飾ります。伝統的な染めや友禅の技術で染め上げられた着物は、その美しさで知られ多くの人々を魅了してきました。

  • 伝統的な染め技術:日本の着物には、伝統的な染め技術が用いられます。絞り染め、友禅染めなどさまざまな技法があり、それぞれに独特の美しさと意味があります。絞り染めは、布を縛ったり絞ったりして染色する技法で、独特の模様が特徴です。友禅染めは、絵の具を使って布に直接絵を描く技法で、繊細な美しさが魅力です。
  • 友禅の美しさ:友禅染めは、色鮮やかで繊細な模様が特徴で、七五三の着物によく用いられます。お子さまたちの着物に描かれる花や鳥、伝統的な模様は、見る人の目を楽しませます。友禅の着物は、お子さまたちの無邪気な美しさと相まって、七五三の日には特別な輝きを放ちます。

着物選びの注意点 - 家紋や紋の意味

七五三に着用する着物を選ぶ際には、家紋や紋の意味にも注意を払うことが重要です。家紋や紋は、日本の家族や歴史の一部を象徴するもので、着物の選び方に影響を与えます。

  • 家紋の重要性:家紋は、日本の家族にとって重要な意味を持つシンボルです。家紋が入った着物を着用することで、家族の歴史や伝統を尊重し、お子さまたちに家族の一員としての誇りを感じさせることができます。
  • 紋の種類と意味:着物に用いられる紋には、さまざまな種類と意味があります。例えば菊の紋は皇室との関連を示し、松の紋は長寿や繁栄を象徴します。七五三の着物を選ぶ際には、これらの紋の意味を理解してお子さまの成長や家族の願いを反映したものを選ぶことが望ましいです。

七五三の着物は、ただの衣装以上の意味を持ちます。お子さまたちの成長と家族の絆を祝う美しい日本の文化であり、伝統的な染めの技術や家紋の意味を理解して、七五三の日にお子さまたちが着飾ることは、家族にとって特別な喜びとなります。着物は七五三の日の美しい思い出を作るだけでなく、家族の歴史と文化を次世代に伝える大切な役割を果たしています。

オレンジ色に絞りのドット柄の七歳祝着【kod07】
「アンティークきものレンタル ゆめや」が提供する、アンティークの反物から仕立てた7歳用の祝着です。丸い菊の花が織り出された正絹の綸子生地をオレンジ色に染め、菊のいくつかは絞りで色を抜いてあります。白い菊の花がドット柄のように浮かび上がり、可愛らしい小紋柄です。袖の振りや、裾回しはアイボリーとピンクの絞り地を当て、袖口から袂にかけては紗綾型が織り出されたクリーム色の正絹地をあしらいました。帯、巾着バッグ、髪飾りも揃いであつらえています。

七五三の祝いの食べ物と儀式

千歳飴とその由来 - お子さまの健康と幸福を願って

七五三のお祝いでは、お子さまたちの健康と長寿を願う象徴として「千歳飴」が欠かせません。千歳飴は長く伸びるのが特徴の飴であり、お子さまたちの長い人生と健やかな成長を願って贈られます。色とりどりの包み紙で包まれた千歳飴は、七五三のお祝いの風景を彩る一つのシンボルとなっています。

  • 千歳飴の由来:千歳飴の起源は古く、日本の伝統的な風習に基づいています。もともとは、お子さまたちが無病長寿であることを祈るために贈られる飴でした。その長い形状は長い人生を象徴しており、色とりどりの包みはお子さまたちの明るい未来を願う気持ちを表しています。
  • 千歳飴の意味:千歳飴を贈ることは、お子さまたちの長寿と幸福を願う親御さんや親族の愛情の表現です。千歳飴は七五三の日に神社やお寺でお参りした後に、お子さまたちに贈られます。これは、お子さまたちが健康で幸せな人生を送ることを願う家族の祈りを込めた行事です。

十三参りと七五三 - 成長の違いと意味

七五三と同様に、日本の伝統的な行事として「十三参り」が存在します。十三参りとは、お子さまたちがさらに成長した13歳の節目を祝う行事です。七五三と十三参りは、お子さまたちの成長の違いとその意味において、それぞれ独自の位置づけがあります。

  • 七五三の意味:七五三は、お子さまたちが幼少期の重要な節目である3歳、5歳、7歳を迎えることを祝います。この行事はお子さまたちの健康と成長を祝い、家族でその喜びを分かち合う機会を提供します。着物を着て神社やお寺にお参りし、家族で記念撮影を行うことが一般的です。
  • 十三参りの意味:一方、十三参りは、お子さまたちがさらなる成長を遂げ、青年期へと歩み始める13歳の時を祝います。この行事はお子さまたちが社会的な一員としての自覚を深め、成人への道を歩み始めることを意味します。十三参りでは、家族が再び集まり、お子さまたちの成長と将来への期待をこめて祝います。

七五三と十三参りは、日本文化におけるお子さまたちの成長を祝う重要な行事です。これらの行事は、お子さまたちが人生の重要な節目を迎えることを家族が共に祝い、その成長を支える家族の絆を強める機会となります。千歳飴や着物、神社やお寺での儀式は、これらの行事を彩る重要な要素であり、日本の伝統的な文化としてこれからも大切にされていくでしょう。

七五三の時期と準備

数え年と満年齢 - いつ祝うべきか

七五三を祝う時期に関しては、日本の伝統的な「数え年」と現代の「満年齢」の違いを理解することが重要です。これらの違いが、いつ七五三を祝うべきかを決める上で役立ちます。

  • 数え年について:数え年は、日本の伝統的な年齢の数え方です。この方法では、生まれた時を1歳と数え、その後の正月に1歳ずつ年齢を加算します。そのため、現代の満年齢よりも1歳年上になります。
  • 満年齢について:一方、満年齢は現代における年齢の数え方で、生まれてからの実際の年数を指します。日本だけでなく世界各国で、満年齢の数え方が一般的に用いられています。
  • いつ祝うか:伝統的には3歳、5歳、7歳の各節目を数え年で祝いますが、現代では満年齢で祝う家庭も増えています。そのためどちらの年齢を基準にするかは、家庭や地域の風習によって異なります。また11月15日に七五三を行う場合が多いですが、この日に近い週末などに祝うこともあります。

事前準備とチェックリスト - スムーズな当日のために

七五三の当日をスムーズに迎えるためには、事前準備が重要です。そのためのチェックリストを用意しましたのでご覧ください。

  • 着物や衣装の準備:お子さまの着物や袴などの衣装を事前に準備して、サイズやデザインを確認します。レンタルする場合には、予約を早めに行うことが重要です。
  • 美容院や着付けの予約:髪型や着付けは、早めに予約しておきましょう。七五三のシーズンは特に予約が混み合うので注意が必要です。
  • 神社やお寺への参拝予定:お参りする神社やお寺を事前に決めておき、参拝の時間や流れも確認しておきます。混雑を避けるためにも、早めの時間帯や平日を選ぶと良いでしょう。
  • 写真撮影の予約:家族での記念撮影を計画する場合には、写真スタジオやカメラマンの予約が必要です。また屋外での撮影を希望する場合は、天候やロケーションを考慮して計画を立てましょう。
  • 食事の計画:七五三のお祝いには、家族での食事会も欠かせません。レストランでの食事を予定している場合は、早めの予約が必要です。家庭で食事会を実施する場合には、食材や料理を事前に準備しておきます。
  • 千歳飴やお祝いの品:お子さまたちに贈る千歳飴やお祝いの品も、事前に準備しておくとスムーズです。伝統的な品からモダンなアイテムまで、家族の好みに合わせて選びましょう。

このチェックリストを参考に事前準備を整えておけば、七五三の日を家族で楽しく迎えられます。計画的に準備を進めることで、当日はお子さまたちの成長を祝い、家族の絆を深める特別な日となるでしょう。

まとめ

七五三の重要性 - お子さまたちの成長を祝う

七五三は日本の文化に根ざした重要な行事であり、お子さまたちの成長を家族で祝う意義深いイベントです。この行事はお子さまたちが新たな人生の節目に立つことを祝い、家族の絆を深める機会となります。3歳、5歳、7歳という各年齢で行われる七五三は、お子さまたちの健康と幸福を願う家族の愛情の表れです。

  • 成長の節目を祝う:七五三は、お子さまたちの成長の節目を家族が共に祝う伝統的な風習です。この行事を通じて、お子さまたちは家族からの愛とサポートを感じ、社会の一員としての自覚を深めます。
  • 家族の絆を深める:七五三のお祝いは家族が一緒に時間を過ごし、お子さまたちの成長を喜ぶ特別な日です。この日は家族の絆を確認し、共に成長する喜びを分かち合う貴重な時間となります。

次世代へ継承する文化 - 七五三の価値と意義

七五三は、単なる年中行事以上の意味を持ち、日本の伝統と文化を次世代に継承する重要な役割を果たしています。

  • 文化の継承:七五三は、日本の伝統的な価値観や家族観を反映する文化的な行事です。この行事を通じて日本の伝統がお子さまたちに伝わり、文化が継承されていきます。
  • 意義の共有:七五三は、お子さまたちに家族の大切さや社会の一員としての役割、日本の歴史や文化、伝統といったことを教える良い機会といえます。

七五三のお祝いはお子さまたちにとって人生の大切な節目であり、家族にとってはお子さまたちの成長を祝う喜びの時間です。また七五三の行事をとおして、日本の文化と伝統を大切にすることを伝える大事な日になるでしょう。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

七五三ヘアスタイルイメージ_kzs

【3歳女の子向け】七五三レンタル着物&被布セットの選び方ガイド

はじめに:3歳女児の七五三レンタル完全マニュアル 日本の伝統行事の七五三では、特に3歳の女の子の晴れ姿が注目されます。この年齢で初めて着物を着ることは、お子さまの人生の大切な節目を彩る大きな出来事になります。七五三の着物 […]

ひとつ前の記事

深紫色に菊尽くしの紋付き七歳祝着【kod05】

七五三の10月撮影ガイド:暑い時期の撮影テクニックとポイント

はじめに 七五三とは: 家族の大切な記念日 七五三とは日本の伝統的な行事の一つであり、お子さまたちの健やかな成長を祝う大切な日です。一般的に、3歳と5歳の男の子、3歳と7歳の女の子が対象であり、家族で神社にお参りに行きま […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!