着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

【2025年最新版】振袖の色選びガイド:成人式にぴったりの色はこれ!

はじめに

成人式での振袖選びの重要性

成人式は、若者の人生の節目をお祝いする日本の伝統的な行事です。成人式では、一生に一度の思い出を彩るために多くの女性が振袖を着用します。振袖は、成人式の主役となる若い女性が大人へと歩みを進める象徴ともなる晴れ着であり、その装い自体も彼女たちの新たな門出を祝福する重要な要素となっています。

一生に一度の成人式へ向けた振袖選びは、ただ単に美しい着物を選ぶ、という以上の意味を持ちます。色や柄、帯や小物の組み合わせが着る人の個性や魅力を最大限に引き出します。成人式は友人や家族が集まるイベントでもあるため、自分を最も美しく魅せる振袖を選ぶことで、記念写真や記憶にいつまでもその着姿を残すことにもなります。

色とイメージ:振袖における印象の差

振袖の色は、着る人の印象を大きく左右します。例えば、赤は情熱的で華やかな印象に、青や緑は清楚で落ち着いた雰囲気を演出します。黒や白の振袖は上品で格式のある印象を与え、柔らかな水色やピンクは若々しさと可憐な美しさを表現してくれます。

成人式の振袖選びにおいては、「自分のパーソナルカラーに合う色を選ぶ」という視点も大切です。これは自分の肌の色や髪色、瞳の色に調和する色を選ぶことを意味します。適切な色の振袖を選ぶことで、ご自身の美しさをナチュラルに、かつ最大限に引き出すことができるのです。

例えば、肌が明るい方は柔らかいピンクや淡い水色が映えるでしょう。逆に肌が暗めの方には、深みのある赤や落ち着いた緑がマッチします。このように自分の特徴に合わせて色を選ぶことで、顔色もより明るく健康的に見せることができます。

振袖における色選びは、ご自身の気分や望むイメージを表現する手段としても活用できます。成人式という特別な日に、自分の内面から発する雰囲気や個性を表現するための色を選ぶことが求められます。

例えばエレガントで大人っぽい印象を目指す場合は、淡い紫やベージュのように上品で落ち着いた色を。こうした色は洗練された雰囲気を演出し、大人の魅力を引き立ててくれます。一方で明るく元気な印象を求めるなら、鮮やかなピンクや明るい黄色などの色がおすすめ。若々しさを表現し、周囲にエネルギッシュな印象を与えることができる色です。

どの色を選ぶにしても、成人式の日にご自身が最も輝ける色を選ぶことが肝心です。振袖の色選びも単に好みの色を選ぶだけでなく、自身を最も美しく見せられる色、雰囲気に合う色を考慮して選ぶことが大切です。色の選び方によって普段とは違った自分も演出でき、成人式の日をより特別なものにできるはずです。

振袖の色の選び方

パーソナルカラーに合わせた振袖選び

振袖を選ぶ際に最も重要なのは、自分のパーソナルカラーに合った色を選ぶことです。先ほども述べましたが、パーソナルカラーとは自分の肌の色、唇の色、髪色、瞳の色などに自然と調和する色のことを指します。自分に似合う色を選ぶことで自然な美しさを引き出し、顔色を明るく見せることができます。

パーソナルカラーの基本的な分類としては、春タイプ、夏タイプ、秋タイプ、冬タイプというふうに四季(春夏秋冬)に分けて診断するスタイルが知られています。例えば、春タイプは明るく鮮やかな色が似合い、夏タイプは柔らかく爽やかな色がマッチ。秋タイプは暗めの落ち着いた色味、冬タイプは暗めながら鮮やかでクールな色が似合います。

振袖の色選びにおいては、以下のようにパーソナルカラーに合わせて色を選ぶとよいでしょう。

  • 春タイプ:スカーレット、アイボリー、コーラルピンク
  • 夏タイプ:インディゴ、ミントグリーン、ピンクベージュ
  • 秋タイプ:マスタード、カーキ、サーモンピンク
  • 冬タイプ:シルバーグレイ、ワインレッド、ホワイト

こうしたパーソナルカラーに合う色選びは、振袖本体だけでなく帯や小物の選び方にも影響します。自分のパーソナルカラーに合ったものを一つひとつ選ぶことで、全体のコーディネートも一層引き立ちますよ。

流行と個性を融合させる色選び

流行の色を取り入れつつ個性を表現する、という視点も大事にしたいところです。流行の色を振袖に取り入れれば、時代に合わせたファッショナブルな装いを楽しむことができ、後から写真などを見返した時にもその時代の流行を窺い知れます。一方で個性を表現できる色を選べば、他の人とかぶらない独自の着姿を実現できます。

近年流行色として注目されてきたのは、以下のような色です。

  • 明るく柔らかいルミナスイエロー
  • クリーンなブルー
  • ピンクとオレンジの中間色
  • 鮮やかな色から深みのあるものまで、幅広いトーンの赤

流行色を振袖に取り入れることで、現代的な感覚と伝統の融合を楽しむことができます。せっかくの機会ですからあえて自分の好きな色、普段着ている色ではない色に挑戦することで、新たな魅力を引き出すことができるかもしれません。

この章で紹介したように、振袖の色選びは自分のパーソナルカラーや流行色を踏まえつつ、自分自身を表現することが求められます。自分に合う色、好きな色、挑戦したいと思える色を見定めることで、成人式の日の振袖選びも楽しくなりますよ。

色別振袖ガイド:赤・青・緑

赤色の振袖:情熱と力強さの象徴

赤色の振袖は、その鮮やかさと華やかさで、古来多くの女性に愛されてきました。赤は「情熱」や「活力」を象徴する色であり、また邪気を払う力がある色ともされてきたことから、成人式のような晴れの日にもぴったりの選択といえます。赤色は日本人の肌色にも映えやすい色であるため、万能色といってもよいかもしれません。

ひとくちに赤の振袖といっても、そこには実にさまざまな種類があります。鮮やかな真紅から、深みのあるワインレッド、温かみのある朱色まで幅広いバリエーションの赤色が存在し、これらの中から自分の好みやパーソナルカラーに合った赤を見つけることが大切です。

また、赤色の振袖を選ぶ際にはその柄や合わせる帯のデザインにも注目してみましょう。例えば赤の基調に金や白の柄が入った振袖は、より一層華やかで高級感のある印象を与えます。

振袖を選ぶ際のポイントに、小物選びという観点もあります。帯や髪飾り、バッグなどの和装小物を選ぶ際には、振袖の赤とのバランスをよく考えましょう。赤色の振袖には金や黒の小物がよく調和し、全体のコーディネートを引き締めてくれる効果が期待できます。

青色・緑色の振袖:清楚なものから個性派まで

寒色系の青色や緑色の振袖は、清楚で落ち着いた印象。先ほどの赤とはまた異なる魅力を持ちます。成人式での装いにも「知性」や「清潔感」のイメージを加えることができます。

青色の振袖は、落ち着いた雰囲気を持ちながらも深みのある色合いが特徴。紺色や青みがかったグレーなどは、特に大人っぽさと上品さを演出できる色です。青色系の振袖には柔らかい色味の帯や小物を合わせることで、より洗練された印象になります。

緑色の振袖は、自然と調和する落ち着きと清涼感を持ち合わせています。淡いグリーンから濃い緑まで、こちらも多様なバリエーションがあります。緑色の振袖に特におすすめなのが、金や白の帯。振袖がより一層引き立ちます。

青や緑の振袖は赤に比べて主張が強すぎないため、小物選びによって印象が大きく変わるのもその特徴といえます。清楚でありながら個性的な装いを実現できる青や緑の振袖は、成人式においても全体のバランスを考えてコーディネートを楽しみたいところです。

ターコイズブルーに檜扇、雲取紋様の振袖【fui19】
ゆめやのラインナップから青色系の振袖を一つ。大正から昭和時代に作られた五つ紋付き、アンティーク色振袖です。この時代には珍しいターコイズブルー地に、優美な桧扇、橘などが数多く手刺繍されており、爽やかで豪華な仕上がりになっています。地のターコイズブルー色がたいへん鮮やかで、色白のお嬢さまに似合いそうな色振袖です。帯は鶴と梅が織り出された正絹の丸帯を合わせました。

和風美の新たな波:モダンカラーの振袖

クリーム色やグレー:シックモダンな魅力

近年は、クリーム色やグレーなどのシックでモダンな色の振袖も見られます。いずれも伝統的な振袖のイメージを一新し、洗練された大人の魅力を演出してくれる色です。クリーム色の振袖はその柔らかな色合いが肌をきれいに見せ、着姿を優しい印象に。グレーの振袖はその落ち着いた色合いで、知的で洗練された雰囲気を醸し出します。

クリーム色やグレーといった色の振袖を選ぶ際のポイントは、シンプルでありながら個性的な柄やデザインを選ぶこと。例えばクリーム色の振袖では、淡いピンクやブルーの花柄が入ったものを選ぶと可憐で優しい印象に。グレーの振袖なら、シルバーやホワイトの幾何学的な柄や現代的なデザインが入ったものを選ぶと、より一層モダンでエレガントな装いを演出できます。

ピンクやくすみカラーの振袖:かわいらしさとおしゃれの融合

一方、ピンクやくすみカラーの振袖は、若々しさやトレンド感を演出するのに最適です。淡いピンクやくすんだピンクなど、まるでお洋服のような色味の振袖も存在し、かわいらしさとおしゃれな雰囲気を同時に楽しむことができます。

ピンクの振袖を選ぶ際には、柄や帯の色を慎重に選ぶことが大切です。ピンク地には白やクリーム色の柄が入ったものを選ぶと、より可憐で繊細な印象に。帯には淡い色のものを選ぶと、全体のコーディネートも柔らかく優しい印象になります。

くすみカラーの振袖は、近年特に人気が高まっている色です。くすんだブルーやグリーンなど、落ち着いた色合いのくすみカラーは、個性的でありつつ洗練された印象も与えてくれます。現代的なデザインやモダンな柄を選ぶとよいでしょう。

クリーム色やグレー、ピンクやくすみカラーなど、いずれも従来の和装美にモダンな魅力を混ぜ込む現代的なセンスで人気を集めています。成人式に着る振袖の色としても、ぜひ選択肢に加えてみてください。

振袖の柄と色の美しい組み合わせ

花柄や水色の振袖:可憐さと清楚さの表現

成人式の振袖では、花柄のものや水色も人気。若々しさや可憐さを表現できる振袖として人気です。色鮮やかな花々が描かれた花柄の振袖は、その多様な色彩によって華やかさを演出。水色の振袖は清涼感と爽やかさを存分に表現できる色で、なおかつ優しい印象も与えてくれます。

花柄の振袖を選ぶ際には、以下のポイントに注意しましょう。

  • 花柄の大きさと密度:大きな花柄は華やかさを、小さな花柄は繊細な印象を強調します。
  • 背景色:花柄の背景色(地色)によって、振袖全体の雰囲気が大きく変わります。明るい色は若々しさを、暗目の色は落ち着いた大人の魅力を表現します。

水色の振袖については、以下を押さえておきましょう。

  • 柄の種類:水色の振袖には、花柄だけでなく抽象的なデザインや古典的な柄もよく合います。
  • 帯との組み合わせ:水色の振袖には白や銀の帯を合わせると、清楚でエレガントな印象に。

黒や白系の振袖:シンプルながら華やかさも

黒や白は無彩色ならではの気品や美しさを持ちつつ、伝統色として古来重宝されてきた色でもあります。黒の振袖は格式高く落ち着いた印象を与え、白系の振袖は清潔感と純粋な美しさを表現してくれます。

黒の振袖を選ぶ際のポイントは以下の通りです。

  • 柄の色合い:黒の華やかさや高級感を際立たせるには、金や銀の柄が施されたものを。
  • モダンなデザイン:黒はさまざまな色柄と相性が良い色でもあります。現代的なデザインや抽象的な柄を取り入れれば、伝統的なイメージから一転、シックでモダンな印象に。

白系の振袖では、以下に注目してみてください。

  • 組み合わせる柄:白地には、色鮮やかな柄や優しい色合いの柄が映えます。
  • 帯の色と柄:白系の振袖には色の強い帯を合わせると、コントラストが生まれて全体のコーディネートが際立ちます。

花柄や水色、黒や白の振袖にもそれぞれ異なる魅力があり、成人式においてもご自身の個性を美しく表現できます。今回ご紹介した色に限らず、振袖は柄と色の組み合わせによってその可能性は無限大に広がりますよ。

まとめ

振袖の色選びで大切なポイント

成人式の振袖選びは、一生に一度の特別な瞬間を彩るための大切なイベントです。今回の記事のおさらいとして、振袖の色選びで押さえておきたいポイントを以下にまとめました。

パーソナルカラーとの調和

自分の肌の色味や髪色、瞳の色などに合う色を選ぶことで、ご自身の美しさを自然に引き立てることができます。

個性と流行のバランス

自分の好みや流行色なども融合させ、個性的でありながらトレンドに合った選び方をするというのも一つの方法です。

全体のコーディネート

振袖の色だけでなく、帯や小物との調和も重要です。全体のバランスを見ながら選びましょう。

自分だけの美しい振袖スタイル

成人式は、自分らしさを表現する絶好の機会でもあります。以下の点に注意しながら、自分だけの美しい振袖スタイルを追求しましょう。

自分の魅力を最大限に引き出す色選び

自分に似合う色を選ぶことで、成人式の日も充実感をもって臨むことができます。

トータルコーディネートへのこだわり

振袖、帯、小物の色と柄の組み合わせにこだわり、統一感のあるスタイリングを目指しましょう。

試着を重視する

可能であれば実際に試着してみて、色やデザインが自分に合っているかを直接目で見て確認しましょう。

アドバイスを参考にする

レンタルショップのスタッフや身近な人の意見なども参考にしながら、選択肢を広げるとよいでしょう。

成人式の振袖選びにおける色選びのポイントを心にとどめ、自分にぴったりの一着を探してみましょう。

〈参考記事〉
https://www.p-color.jp/about/
https://personalcol0r.com/personalcolor/4season/
https://www.c-c-j.com/course/psychology/colortherapy/column/column07/
https://www.hanatemari.jp/topics/topics-3339/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

露芝と、縮緬に辻が花模様の片身替わり訪問着【hou174】

【2024年最新版】訪問着レンタルで叶える、レトロモダンな着姿!

はじめに 訪問着は、日本の伝統文化を象徴する和装の一つであり、結婚式、七五三、成人式など、人生の節目や特別な日に着用されます。中でも、レトロモダンな訪問着は、その古典美と現代の感性が融合したデザインで、多くの女性たちの心 […]

ひとつ前の記事

【結婚式の花嫁必見】引き振袖選びの完全ガイド!和装の美しさを引き出す秘訣

はじめに 結婚式は、人生において忘れられない特別な日です。この記念すべき日に花嫁が選ぶ衣装は、その日の思い出を色濃く残します。特に日本の結婚式において、引き振袖は大切な衣装です。引き振袖は、花嫁が結婚式の際に着用する伝統 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!