黒留袖イメージ

【留袖】大きいサイズも充実!留袖レンタルで優雅な着姿を手軽に

はじめに

留袖とは、女性が身にまとう着物として最も格式高い和装の一つです。結婚式や成人式などの特別な場面で着用されることが多いです。そのため、美しい着姿や長時間でも着心地を良くするためには、サイズ選びがとても重要です。この記事では、留袖を選ぶ際のポイントについて詳しく説明します。

留袖のサイズの重要性

留袖のサイズは、着る人の身長や体型に合わせて選ぶ必要があります。特に、大きいサイズを選ぶ場合は、身長や体型に合ったサイズを選ぶことが、快適な着心地を確保するために重要です。また、サイズが合わないと着崩れや窮屈さを感じることがあり、その場を心から楽しむことを妨げてしまう可能性も考えられます。

身長に合ったサイズの選び方

留袖のサイズは通常、身長に応じて選ぶことが推奨されます。例えば、身長が165cm以上の方は、LLサイズを選ぶことが多いです。しかし、身長だけでなく体型や着る人の好みによって適切なサイズ感は異なるため、実際に試着して確認することが大切です。店舗によっては、170cm以上の方向けに大きいサイズを豊富に取り揃えている場合もありますので、事前に確認しておくことがおすすめです。

着物の仕立てに関するポイント

留袖は高級な和装であり、その仕立てや生地の質にはこだわりがあります。レンタルをする際には、仕立てや生地の品質をしっかりと確認することが重要です。特に、大きいサイズを選ぶ場合は、着丈や袖丈などのサイズ調整がしっかりと行われているかを確認することが必要です。

レンタル料金とオプションについて

留袖を購入する場合は、数十万円〜数百万円ととても高価になります。レンタルを利用すれば、その一部で済むため、経済的な選択と言えます。また、留袖のレンタル料金は、種類やサイズ、デザイン、レンタル期間によって異なります。特に、大きいサイズを選ぶ場合は、追加料金がかかる場合があるため、事前に料金やオプションについて十分に確認しておくことが重要です。また、クリーニングや保管などのオプションサービスもあるため、自身のニーズに合ったプランを選ぶことが大切です。

以上のポイントを踏まえて、留袖を選ぶ際には慎重に検討し、自分に最適な着物を選びましょう。

着物の基本知識

留袖は、日本の伝統的な着物の一つで、「黒留袖」「色留袖」の2種類があります。女性の礼装として、結婚式や成人式などのフォーマルな場で着用されることが一般的です。また、留袖は、主に正絹で作られ、豪華な色使いや柄、刺繍が施された美しい装いとして知られています。

留袖とは?

留袖は、和装の一種であり、その名の通り「留める袖」という意味があります。袖口が短く、地紙(生地の柄)が裾部分にのみ広がる特徴があります。振袖や色無地と異なり、留袖は比較的大人の女性が着用することが多く、結婚式や成人式、七五三などの正装として用いられます。

留袖には、「黒留袖」と「色留袖」の二種類あります。「黒留袖」を着ることができるのは、既婚の女性のみです。既婚女性の着物の中で最高位の格である「正礼装(第一礼装)」にあたり、正礼装に必要な「五つ紋」が、背中・両胸・両後ろ袖の計5カ所に入っています。一方、「色留袖」は、黒以外の色の留袖のことを指します。こちらは、未婚・既婚を問わず着られるのが特徴です。

正絹や色の種類

留袖の生地には、主に正絹が使われます。正絹は上品で光沢があり、高級感があります。留袖の色は、正礼装として着られるのは黒のみですが、洋風の結婚式やパーティーで色とりどりの留袖を着用することが可能です。赤や紺、緑、紫などの色もあり、季節や場の雰囲気に合わせて選ぶことができます。

フルセットの内容

留袖をレンタルする際には、フルセットが提供されます。フルセットには以下のアイテムが含まれます。

  • 着物(留袖)
  • 帯揚げ
  • 帯締め
  • 草履
  • バッグ
  • 小物入れ
  • 帯板
  • 伊達締め
  • 帯留め
  • 重ね衿
  • 袋帯(たとう)
  • 衿芯
  • 着付け小物

留袖レンタルの店舗によっては、フルセットに加えて、髪飾りや装身具なども提供されることがあります。留袖のフルセットは、コーディネートの一部をすべて揃えるため、着付けや準備の手間が省けます

アンティークきものレンタル ゆめや は、大正時代から昭和初期にかけての着物をメインに取り扱うレンタルショップです。上質な絹糸100%の正絹に、職人が手掛けた絵付けや手刺繍が光る逸品ばかりを取り揃えています。黒留袖のレンタルに際しても、ぜひご相談ください。

唐草に花束のカメオのような黒留袖【tom03】は、現代ものの、手描き友禅に、手刺繍の黒留袖です。変わったデザインの唐草文様に、金色で縁取りされたカメオのような図柄が描かれ、その中にあしらわれた花々が花束のようです。袖、袖口、衿には比翼が施されております。帯は、黒地の立涌柄に、松竹梅、鶴、宝尽くしの柄行が金色であしらわれた袋帯です。白と金の独特の絵柄は、留袖の方が多いお席でも栄えます。

衣桁に晴れ着が掛けられた五つ紋付黒留袖【tom46】は、緻密な手刺繍の、五つ紋付黒留袖です。現代物ではありますが、たいへん質の良い正絹で、手刺繍も手抜きがありません。前身頃には、着物を掛けておく衣桁(いこう)に、鮮やかな着物が掛けてある様子が、手描き・手刺繍で描き出されています。珍しい絵柄です。家紋は桔梗の五つ紋、比翼仕立てで2枚重ねになっています。帯の絵柄は、リンドウや野菊が咲く川辺を鶴が飛んでいます。

大きいサイズの魅力:着物の豊かな着こなしを楽しもう

大きいサイズの留袖は、身長や体型に自信のない方でも美しく着こなせる魅力的なアイテムです。ここでは、大きいサイズの留袖の特徴と着こなしのポイントについて詳しくご紹介します。

大きいサイズ留袖の特徴

  • ゆったりとした着心地:大きいサイズの留袖は、身体に程よくフィットしながらも、窮屈さを感じさせません。身体のラインを美しく隠しつつ、優雅な着姿を演出します。
  • 幅広いサイズ展開:通常のサイズ展開に加えて、大きいサイズも豊富に取り揃えられています。さまざまな体型に対応し、多くの方が着物の魅力を味わえるようになっています。
  • 美しい柄や刺繍:大きいサイズの留袖にも、豪華な柄や精巧な刺繍が施されています。その美しさは、通常サイズの留袖と変わらず、高級感を演出します。

着こなしのポイント

  • 身長に合わせた調整:大きいサイズの留袖を選ぶ際には、身長に合わせて調整することが重要です。身長が高い方は裾の長さを、低い方は着丈を調整することで、バランスの良い着姿を実現できます。
  • 小物の使い方:華やかな留袖には、小物使いがポイントです。帯や草履、髪飾りなどの小物を上手に取り入れることで、より一層の華やかさを演出できます。
  • 色や柄の選び方:肌の色や髪の色、季節によって異なる色や柄を選ぶことで、より自分に似合った留袖を見つけることができます。明るい色や華やかな柄は、結婚式などの特別な場にぴったりです。

大きいサイズの留袖は、豊かな着こなしを楽しむための素晴らしい選択肢です。自分に合ったサイズやデザインを選び、特別な日の着物姿を存分に楽しんでください。

試着の重要性

留袖をレンタルする際には、試着をすることで、身体に合ったサイズや着心地、色合いなどを確認することができます。特に、大きいサイズの留袖をレンタルする場合は、試着をしてサイズ感を確認することが重要です。以下では、留袖の試着のポイントと注意点について詳しく説明します。

留袖の試着ポイント

留袖を試着する際には、以下のポイントに注意してください。

  • サイズの確認:身長や体型に合ったサイズを選ぶために、試着時にはサイズを確認しましょう。留袖は身丈や袖丈など、細かな部分のサイズが重要です。
  • 着心地の確認:留袖を着る際の着心地も重要です。試着時には、動きやすさや息苦しさなど、着用感を確認しましょう。
  • 色合いの確認:レンタルする留袖の色合いも試着時に確認してください。肌色や髪に合う色かどうかを確認し、自分に似合う色を選ぶことが大切です。
  • 柄や刺繍のチェック:留袖には、さまざまな柄や刺繍が施されています。試着時には、柄や刺繍のデザインをしっかりとチェックしましょう。自分の好みや着る場面に合ったデザインを選ぶことが重要です。

試着の注意点

試着をする際には、以下の注意点にも留意してください。

  • 予約を忘れずに: 留袖を試着する場合は、事前に予約をしておくことが重要です。特に繁忙期や結婚式のシーズンでは、予約が埋まってしまうこともありますので、早めの予約がおすすめです。
  • 時間に余裕を持って試着を: 試着には時間を十分に確保してください。留袖の着付けや調整に時間がかかる場合もありますので、余裕を持って試着を行うことで、ストレスなく準備を進めることができます。
  • クリーニングの有無を確認: 試着した留袖は、必ずクリーニングされているかどうかを確認しましょう。清潔な状態で受け取ることが大切です。
  • 着付けの相談を: 試着時には、着付けやアレンジの相談もしましょう。プロのスタッフがアドバイスをしてくれる場合もありますので、着姿や髪型のイメージを相談してみると良いでしょう。

これらのポイントと注意点をしっかりと押さえて、留袖の試着を行いましょう。

留袖のカラーバリエーション

留袖のカラーバリエーションは豊富であり、季節やシーンに合わせて選ぶことが重要です。留袖の人気カラーとその特徴、季節やシーンに合わせた選び方について詳しく見ていきましょう。

留袖の人気カラー

留袖はその華やかさから、多彩な色柄が展開されています。中でも、以下のカラーが人気を集めています。

  • 紺色古典的で格式のある雰囲気を醸し出します。結婚式や格式の高い場でよく選ばれます。
  • 紫色上品さと華やかさを兼ね備えており、お祝い事やパーティーなどで人気です。
  • 赤色幸福や喜びを象徴し、結婚式などの特別な場面でよく選ばれます。

季節やシーンに合わせた選び方

留袖の色は季節や行事によっても異なる選び方があります。

  • :桜の花びらをイメージしたピンクや淡い色合いが人気です。
  • :涼しげな色合いや、爽やかな水色などが好まれます。
  • :落ち着いた色合いのものや、秋の花をモチーフにした柄が人気です。
  • :濃い色合いや、金銀糸を使った華やかな柄がよく選ばれます。

留袖のカラーバリエーションを活かして、季節やシーンに合わせた着こなしを楽しんでみてください。

お母様へ留袖のプレゼント

お母様に留袖をプレゼントすることは、特別な日に贈る心温まる贈り物です。日本の伝統的な風習として、着物を代々受け継いでいくというものがあるため、高価ではあるものの家族の宝物としてプレゼントすることも珍しくありません。留袖は日本の伝統的な装いであり、母親にとっても着る機会があると嬉しいものです。ここでは、お母様への留袖のプレゼントについて、選び方のコツとおすすめのアイテムをご紹介します。

お母様への留袖のプレゼントのコツ

お母様への留袖のプレゼントを考える際には、以下のポイントに注意すると良いでしょう。

  • お母様の好みを考慮する:お母様の好みや着る機会、お気に入りの色や柄を把握しましょう。彼女がどんな留袖を望んでいるかを知ることが重要です。
  • 身長や体型に合わせる:留袖は体型や身長によって異なるサイズがあります。母親の身長や体型に合ったサイズを選ぶことが大切です。
  • 特別な日のための着物を選ぶ:留袖は結婚式や祝いの席など、特別な場面で着ることが多いです。母親が特別な日に着ることを想定して、華やかで格式のある留袖を選びましょう。
  • アクセサリーを添えて贈る:留袖に合わせる帯や小物、草履などのアクセサリーも一緒にプレゼントすると、より完成度の高い贈り物となります。

おすすめのアイテム

お母様に贈る留袖を選ぶ際には、品質やデザイン、価格などを考慮して選ぶことが大切です。以下は、おすすめのアイテムです。

  • 高級な留袖:お母様に特別感を与えるために、高品質で上質な素材の留袖を選びましょう。正絹や手描きの友禅染めなど、職人の技が光る逸品を選ぶと喜ばれることでしょう。
  • 華やかな色や柄の留袖:特別な日に着る留袖は華やかさが求められます。母親の好みや季節に合った鮮やかな色や美しい柄の留袖を選ぶと、彼女の着姿が一層輝きます。
  • フルセットの留袖:留袖には帯や草履、小物などがセットになったフルセットがおすすめです。揃ったセットであれば、お母様が着る際のコーディネートの手間も省け、一気に華やかな着姿が完成します。

留袖レンタルのメリット

留袖をレンタルすることには、さまざまなメリットと便利なポイントがあります。改めて、その魅力を詳しく見ていきましょう。

留袖レンタルのメリットは、以下のような点が挙げられます。

  • 幅広いサイズ展開:留袖レンタルサービスでは、さまざまなサイズが用意されています。身長や体型に合わせて選ぶことができるため、自分にぴったりのサイズを見つけやすくなっています。特に、大きいサイズを求める方にとっては、幅広い選択肢が魅力です。
  • 豊富なカラーバリエーション:留袖レンタルでは、黒をはじめとするさまざまなカラーバリエーションが用意されています。季節やシーンに合わせて色を選ぶことができるため、着物をより華やかに楽しむことができます。また、留袖には美しい柄や刺繍が施されていることが多く、そのデザインも豊富です。
  • 価格の手頃さ:留袖を購入すると高額な費用がかかりますが、レンタルならば比較的手頃な価格で着物を楽しむことができます。特に、一度きりの特別な場面での着用や、着物を初めて着る方にとっては、負担が軽く済む点が魅力的です。
  • クリーニングの手間が不要:留袖を所有していると、着用後のクリーニングや保管に手間がかかりますが、レンタルならその心配がありません。使用後は専門のクリーニング業者が行なってくれるため、手軽に着物を楽しむことができます。

予約から返却までの手続きが簡単

多くの留袖レンタル店では、インターネットや電話で簡単に予約ができます。また、返却も簡単な手続きで済みますので、忙しい方や初めて着物を利用する方でも安心して利用することができます。

まとめ

留袖をレンタルする際に、大きいサイズをお探しの方に向けて、留袖の魅力や選び方について詳しく解説してきました。留袖は、日本の伝統的な衣装でありながら、現代のさまざまなシーンにも合わせやすいアイテムです。大切な結婚式や親族の式典など、特別な場に華やかさを添えるためには、ぴったりの留袖を選ぶことが重要です

大きいサイズの留袖を選ぶ際には、身長や体型に合わせて選ぶことがポイントです。また、黒や紺などの落ち着いた色合いの留袖は、幅広い年代やシーンで活躍することができます。さらに、着物のフルセットには、帯や草履、小物類などが含まれていることが多いので、コーディネートに必要なアイテムが揃っているかを確認することも重要です。

留袖をレンタルする際には、事前に店舗やオンラインサイトでの予約をおすすめします。また、着用後のクリーニング方法や返却時の注意点なども確認しておくと安心です。さらに、友人や家族との相談も重要であり、自分に合った留袖を選ぶ際には、その意見も参考にすると良いでしょう

留袖レンタルを選ぶことで、特別な日の着姿に華やかさをプラスすることができます。ぜひ、自分にぴったりの留袖を見つけて、素敵な着物体験を楽しんでください。

〈参考記事〉
https://ichiru.net/column/what-is-tomesode/
https://yourstyle.net/column/kurotomesode/08/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

長い羽根の鳳凰と桐、青海波の黒振袖【fuk10】

【成人式の着物】黒の振袖が選ばれる理由|レンタル方法と注意点

成人式は一生に一度の特別な日。この重要な日に多くの女性が選ぶのが、黒の着物です。黒の着物はそのシックで洗練された雰囲気に加え、伝統と現代の美しさを兼ね備えています。その大きな魅力は、選んだ人はもちろん、その着姿を見る人を […]

ひとつ前の記事

ピーチベージュに雲取、牡丹、菊の中を鳥が舞う小振袖【hak29】

卒業式にアンティーク袴レンタル!伝統美を現代スタイルで楽しむ方法

はじめに 近年、アンティーク袴への関心が高まっています。アンティーク袴は、その繊細な柄や色使い、素材感が、卒業式や特別なイベントをさらに際立たせます。はじめに、アンティーク袴の持つ魅力と、新たな関心が高まる背景について探 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!