サーモンピンクに扇・菊・牡丹の三歳祝着【kod108】

【2024年最新版】3歳の七五三を大正ロマン着物で彩る!選び方ガイド

はじめに

七五三は、子どもたちの健やかな成長を祝う日本の伝統行事であり、特に3歳の女の子の着物姿は、その日の思い出に華を添え忘れられない記憶として残ります。

七五三用の着物として、今じわじわと注目度を増しているのが大正ロマンスタイルの着物です。

大正ロマンスタイルの着物をまとうことによって、過去と現代が織りなすハーモニーを体験でき、七五三という特別な日をより特別なものにすることができるでしょう。

このスタイルは、アンティークな雰囲気を醸しながらも時代を超越した洗練された魅力を持ち、家族の記憶に新たな色彩を加えることができます。

この記事は、3歳の女の子に最適な大正ロマンスタイルの着物の選び方、合わせる小物、着付けのコツから、記念撮影のポイントまで、七五三の準備に関する情報満載でお届けします。

伝統的な素材とモダンなデザインが融合した着物を選ぶ楽しさ、そしてその着物が一日限りのイベントを超えて家族の宝物となるよう、心を込めてお伝えします。

3歳の女の子のための大正ロマン着物

大正ロマンの着物は、3歳の七五三を迎える女の子に、とてもおすすめの装いです。

これらの着物は、レトロな雰囲気と現代の感性が融合した魅力的なデザインが特徴で、お子様のかわいらしさだけでなく個性も強調してくれることでしょう。

この章では、そんな魅力あふれる大正ロマンスタイルの着物について、3歳の七五三を迎える女の子向けの選び方とレンタルで被布セットを選ぶ魅力についてご紹介します。

伝統と現代のハーモニー:3歳の七五三にふさわしい着物の選び方

レンタルできる大正ロマン着物は、3歳の女の子の七五三におすすめですが、いくつかのポイントを踏まえることで、お子様にぴったりのものを選んでいただけるでしょう。

  • 色柄選び:色彩は伝統的な和の色合いに加え、パステルカラーなどの新しい色使いが人気です。柄は、桜や菊といった日本の花に加えて、大正ロマン柄ではおなじみの幾何学模様などの洋風デザインが好まれます。
  • 素材や着心地:着物選びでは、色彩や柄だけでなく、素材や着心地も重要です。絹や綿などの自然素材が肌触りも良く、お子様の着用に適しています。特に正絹(絹100%)の着物は美しい光沢と、お子様にもうれしい格別の肌触りが魅力です。
  • 季節感:季節感を取り入れた着物選びも大切。七五三シーズンの秋冬は深みのある色合いや古典柄などを選ぶと、七五三の雰囲気をより一層引き立てられます。

着物選びの際は、お子様の個性や好みを考慮することも大切です。レトロな雰囲気が好きな女の子には、大正ロマン着物がぴったり。一方、現代的でポップなデザインが好きな女の子には、モダンな柄の着物がおすすめです。

また、着物の色合いは、お子様の肌の色や髪の色に合わせて選ぶと、より一層の美しさを引き出すことができます。

美の継承者:3歳女の子のための大正ロマン着物と被布セット

着物に合わせる被布セットは、3歳の七五三の装いに欠かせない要素の一つです。

被布は着物の色柄とのバランスを考え、季節や式典にふさわしいデザインを選びましょう。そうして選ばれた、色鮮やかでデザイン豊かな着物と被布の組み合わせが、記念撮影でもお子様のかわいらしさや個性を引き立ててくれることでしょう。

レンタルされる被布セットには、着物のデザインに合わせた、髪飾りや帯締めなどの小物も含まれ、お子様の装いにより一層の華やかさを演出してくれます。

レンタルショップでは、さまざまなデザインや色合いの被布セットを用意しており、着物とのコーディネートを楽しむことができます。

また、被布の着付けは少し難しいため、着付けのサポートがあれば利用するのがおすすめ。経験豊富なスタッフが、お子様の体型に合わせて美しく着付けてくれるので、安心して任せることができます。

レトロな雰囲気漂う大正ロマン着物と被布セットで、3歳の女の子の七五三をさらに思い出深いものにしてみてはいかがでしょうか。

着物と小物のコーディネート

七五三というお子様にとって特別な体験を、よりすてきなものにするためには、着物の選び方だけでなく、小物との組み合わせにもこだわることが大切です。

大正ロマンを代表する着物は、その独特なデザインと色使いで知られていますが、適切な小物を選ぶことでその魅力を最大限に引き出すことができます。

七五三の主役を彩る:被布セットの魅力再確認

すでにご紹介した被布セットについて、ここでは、その魅力や選び方についてさらに詳しくいみていきます。

被布セットは、伝統的には、赤やピンクといった鮮やかな色が選ばれがちですが、淡い色彩の被布セットも存在感を放ちます。

アンティークな被布セットは、細やかな刺繍や伝統的な柄が特徴で、手仕事による温もりを感じさせます。着用することで、過去から受け継がれた文化と現代のお子様の清らかな美しさが融合し、独特な魅力を放つことでしょう。

被布セットを選ぶ際には、色の組み合わせや柄のバランスに注意を払い、着物とは異なる色や柄でも、全体のコーディネートとしてバランスを考えることが大切です。

また、お子様自身が好む色やデザインを取り入れることで、より一層の喜びを感じることができるでしょう。

小物のコーディネート:足袋や草履、小物選び

ここでは、着物の装いに必要な小物類について、コーディネートのポイントをご紹介します。

  • 足袋と草履:足袋の色は、基本的には白ですが、着物や被布とのバランスを考えた上で、お子様の好きな色や雰囲気に合ったものを選ぶことで、全体の装いに華やかさを加えることもできます。また、草履は見た目の美しさだけでなく、3歳のお子様が履きやすく、歩きやすいものを選ぶことが重要です。
  • 髪飾り:髪飾りは、着物や被布の色と調和するものを選び、顔周りを華やかに演出します。
  • バッグや帯締め:バッグや帯締めも、色や柄で遊び心を加えることができ、七五三の装いにモダンな深みと個性を与えることができるでしょう。古典的な要素とモダンなセンスを融合させることで、おしゃれな七五三スタイルを完成させましょう。

大正ロマン着物の着付けと準備のコツ

多くの3歳の女の子にとって、七五三は人生で初めての着物を着る特別な日となります。大正ロマン風の着物は、その色彩の豊かさと洗練されたデザインで、お子様をより一層魅力的に見せてくれるでしょう。

ただし、魅力を最大限に引き出すためには、お子様の体型に合わせた着物の補正と正しい着付けが必要となります。

ここでは、着物の肩上げと腰上げの重要性と、着付けのポイントについてご紹介します。

着物の肩上げと腰上げの重要性:快適な着心地のために

肩上げや腰上げは、お子様が成長しても長く着られるように、着物を裁断することなく裄丈や着丈を補正する技術のことを指します。

肩上げは着物の肩部分を、腰上げは腰部分を折り返して縫い込み、着物を体にぴったりと合わせ、動きやすく美しく保ちます。肩上げと腰上げは、お子様が快適に過ごせる環境を作り出し、成長に応じて着物の長さを変えることを可能にします。

着物をレンタルする場合は、あらかじめお子様の身長を伝えることで、肩上げ・腰上げ済みの着物を用意してくれるサービスが便利です。

丁寧な調整は、七五三という特別な日のお子様の装いを、きっとより素晴らしいものにしてくれるでしょう。

親子で楽しむ:3歳七五三の着付け簡単フロー

七五三の着物の着付けは、女の子にとっても親御さんにとっても楽しい思い出作りの時間です。3歳の七五三では、大正ロマンスタイルの華やかな和装を選び、お子様のかわいらしさを引き立てましょう。

以下では、着物の基本的な着付け方の流れをご紹介します。

  1. 足袋と肌着の着用:着物を着た後に足袋を履くのは難しいことが多いので、まずは足袋を履きましょう。続いて、肌襦袢や裾除けなどの肌着を着用します。慣れない着物で汗をかくお子様も多いので、肌触りが良く汗を吸収しやすい素材を選ぶことが重要です。肌着は着物のシルエットを美しく見せるためにも必要です。
  2. 体型の補正:お子様の体型は大人とは異なるので補正が必要な場合があります。タオルなどを腰に巻き付け、体型を補正しましょう。着物を着る際は、あえて「寸胴」の体型にすることで、着崩れを防止します。
  3. 長襦袢の着用:長襦袢は着物と肌着の間に着用する着物のことで、肌襦袢と同じように、主に肌と着物が直接触れることを防ぐ目的があります。長襦袢には色や柄が付いているものもあり、袖口や振りからチラリと見せることによって、おしゃれ感をアップさせることができます。
  4. 着物の着用:長襦袢を着たら、いよいよ着物を着用します。着物を広げ、背中心に合わせて体に巻き付けます。まず右側を体に沿わせ、その上から左側を重ねます。左衿が上に来るようにすることがポイントです。続けて、着物の前合わせがきれいになるように調整し、腰紐を使って仮留めします。
  5. 帯の締め方:帯を着物の腰部分に巻きつけ、一度しっかりと結びます。その後、帯を美しく整え、帯結び(お太鼓結びなど)をします。帯締めを使用して帯がずれないように固定し、全体のバランスを整えます。
  6. 最終的な調整:着物と帯の位置を最終的に調整し、全体のシルエットが美しく見えるようにします。衿元や袖の長さなど、細部にわたってチェックし、必要に応じて微調整を行います。

モダンな感性で選ぶ大正ロマン着物

大正ロマンスタイルの着物は、独自の魅力と歴史的価値で知られ、現代でも多くの人々を惹きつけています。

3歳の女の子の七五三には、大正ロマンスタイルがおすすめで、その柔らかな色合いと繊細なデザインは、特別な日の雰囲気を高めてくれることでしょう。

ここでは、大正ロマンスタイルの着物の色と柄の意味に加えて、着こなしのポイントをご紹介します。

時代を超える選択:大正ロマン着物の色と柄の意味

大正ロマンの着物は、その色と柄に込められた意味に思いを馳せながら選ぶとより着物選びが楽しくなります。

例えば、淡い水色やピンクは、お子様の純粋さや無垢さを象徴し、七五三で好まれる色です。これらの色は、穏やかで優しい印象を与え、お子様をよりかわいらしく見せてくれます。

また、着物に用いられる柄にも意味があり、例えば、菊は無病息災、鶴は長寿を象徴しています。

さらに、古典的な模様を含む着物は、伝統を感じさせる一方で、モダンな配色であれば、現代的な雰囲気を演出することができます。

着物を選ぶ際は、お子様の性格や家族のスタイルに合わせて、これらの要素を考慮して、お子様にぴったりの着物を探してみてください。

着物のサイズや価格、素材も確認しておくことが大切です。大正ロマンの着物を選ぶことで、特別な日にお子様の個性を際立たせ、家族の思い出に深みを加えてみてはいかがでしょうか。

ここで、ゆめやで取り扱っている七五三用着物のレンタルセットから、やさしい色合いがお子様のかわいらしさを引き立てること間違いなしの、「サーモンピンクに扇・菊・牡丹の3歳祝着」をご紹介します。

こちらは、牡丹、七宝、雲取りなど、たくさんの絵柄が織り出されたサーモンピンクの正絹地に、扇と菊や牡丹の花が手描きされた、3歳用の祝い着です。肩上げ、腰上げをして、かわいらしく着ていただけます。お宮参りの掛け着物としてもお召しいただけます。

今を生きるアンティーク:モダンなアレンジと着こなし術

大正ロマンの着物を現代に合わせて着こなすには、レトロとモダンを融合させるセンスが求められます。

レトロとモダンが融合した着物の着こなしには、小物選びが重要な役割を果たします。足袋や草履、帯締めなどのアイテムを選ぶ際には、まず、色やデザインのバランスを考えることが大切です。

また、伝統的なデザインの着物に現代的なアクセサリーを合わせることで、新しい魅力を引き出すことができます。例えば、古典的な帯とモダンなバッグや草履を組み合わせることで、独自のスタイルを創出できます。

このように、大正ロマンスタイルの着物を現代の感覚と融合させて着こなすためには、現代のファッション感覚を取り入れつつ、着物の伝統的な美しさを損なわないように工夫することが求められます。

これらのポイントを念頭に、モダンアレンジされた大正ロマン着物をまとったお子様と、ロマンあふれる思い出作りをしてみてはいかがでしょうか。

3歳の七五三の写真撮影と当日の注意点

七五三は、お子様の健やかな成長を願う日本の伝統的な行事です。3歳の女の子にとっては、人生初の着物をまとう特別な機会。大正ロマンスタイルの着物で、この記念すべき日を彩りましょう。

ここでは、写真撮影と七五三当日の計画について、具体的なアイデアをご紹介します。

一瞬の輝きを永遠に:3歳の七五三写真撮影ガイド

3歳の七五三写真撮影では、お子様の成長の瞬間を捉えることが大切です。

最高の一枚を撮るために、衣装選びでは、大正ロマンの着物の色や柄、生地の質感を詳しく吟味し、お子様の好みと個性に合ったものを選びましょう。

自分で着付けをする場合は、あらかじめYouTubeや着付けの教科書などで、正しい着付けを学び、当日のお子様の着物姿が最高のものになるように頑張ってみてください。

自分で着付けるのは不安、という場合は、レンタルショップの専門スタッフさんに着付けを依頼しましょう。きっと、七五三にぴったりの、最高の着付けでお子様を輝かせてくれることでしょう。

撮影場所は、着物の美しさを引き立てる和風庭園や古民家などを選ぶのがおすすめです。

お子様の自然な表情やポーズを引き出すために、お子様とコミュニケーションを取りながら最高の瞬間をお見逃しなく。お気に入りのおもちゃなどを使って、お子様の興味を引くことも効果的です。

記念撮影は家族の絆を深める機会でもあるので、みんなで参加し、お子様が主役の日を祝いましょう。

記憶に残る一日:3歳七五三の記念日プランニング

七五三の記念日は、お子様にとって忘れられない一日にしたいものですよね。

そこで、着物でのお参りや写真撮影に加え、お子様が楽しめるような要素を取り入れましょう。

例えば、動物園や水族館を訪れたり、特別なランチやディナーを予約したりすることで、記念日をより豊かなものにできます。

スケジュールを組む際は、お子様の体力や気分を考慮し、無理のないプログラムを組むことが大切です。休憩時間を十分に確保し、リラックスできる環境を用意しましょう。

記念日は家族の思い出を作る日なので、お子様の興味や好みを反映させ、楽しめるアクティビティを取り入れてください。自然の中での散策や、お子様の好きな遊びを取り入れた写真撮影などもおすすめです。

大正ロマンの着物を身にまとったお子様の輝く瞬間は、家族の宝物となることでしょう。形式にとらわれず、自由にこの特別な日を楽しむことで、家族の絆をより深めてみてはいかがでしょうか。

3歳の七五三着物レンタルガイド:アンティーク着物のすすめ

七五三は、お子様の成長を祝う日本の伝統的な儀式の一つであり、3歳の女の子にとっては人生で初めての着物のお装いを体験する機会です。

大正ロマンを感じさせる着物の中でも、アンティーク着物はより独特な魅力を醸します。

大正ロマン着物をお子様に着せたい、と思っている親御さんにはぜひ、アンティーク着物をおすすめします。

この章では、アンティーク着物の魅力とレンタルでの選び方についてご紹介します。

アンティーク着物とは

アンティーク着物とは、一般的に大正時代から昭和初期に作られた着物のことを指します。

これらの着物は当時の時代背景を色濃く反映した色柄のものが多く、この記事でも紹介してきた大正ロマンそのものといった色柄の着物が数多くあります。

アンティーク着物は、職人の手仕事で一つ一つ作られた、言わば、芸術品とも呼べる代物で、その一点物の魅力で、現代の人たちの多くを魅了しています。

素材には、正絹(絹100%)が使われることが多く、その極上の肌ざわりと、至高の光沢は、まとった人の美しさをより高めてくれることでしょう。

このように、魅力たくさんのアンティーク着物ですが、購入するとなるとかなり値が張るのも事実。そんな高価なアンティーク着物でも、レンタルであれば購入するよりもはるかに低い値段で利用できます。

レンタルを上手く活用して、七五三という特別なお祝いの日にぴったりのアンティーク着物を、お子様に着させてあげてみてはいかがでしょうか。

アンティーク着物のレンタル:3歳の七五三に最適な選び方

3歳の女の子の七五三には、大正ロマンスタイルのアンティーク着物がおすすめです。

アンティーク着物は、その独特の色合いとデザインで特別な日を彩ってくれることでしょう。

アンティーク着物は相当な時代を経た年代物ということで、レンタル時には、着物の状態を確認し、デザインや色がお子様に合っているかを見極めることが重要です。

梅や菊、鶴など、吉祥を象徴するモチーフは、お子様の健やかな成長と幸福を願う七五三の意味合いにぴったりです。

また、着物レンタル店選びでは、高品質なアンティーク着物を取り扱っているか、専門の着付け師がいるか、記念撮影のオプションがあるか等を確認しましょう。

季節に合わせた素材や色選びも大切で、淡いグレーの着物は春に、落ち着いた色は秋に適しています。着心地よく、当日を楽しめることが何より大切。着物は単なる衣装ではなく、その日の記憶を形作る要素であることを忘れずに、慎重に選びましょう。

ここで、ゆめやで取り扱っている七五三用アンティーク着物のレンタルセットから、大胆な色づかいと柄行きが大正ロマンの雰囲気を強く醸し出す、「オシドリと百花繚乱の3歳祝着」をご紹介します。

こちらは、ピンク色の正絹地に青い川の流れ、オシドリが泳ぎ、牡丹・菊・藤・梅・アヤメなどさまざまな花が咲き乱れる3歳祝い着です。お宮参りの掛け着物としてもお召しいただけます。手刺繍や金駒刺繍がはいったゆめやオリジナルの黄色い帯に、赤い帯揚げでコーディネートしました。

まとめ

3歳の女の子の七五三に選ぶ大正ロマン着物は、伝統の美しさと現代のエッセンスが融合した芸術作品のようなものです。その独特な色彩と繊細な刺繍は、特別な日をさらに華やかに彩ります。

着物選びと着付けには、簡単かつ効率的な方法を選ぶことが大切です。これにより、親子ともにストレスフリーな準備が可能となります。

また、腰上げや肩上げ、腰付けの技術は、着物を長く美しく保つために欠かせない要素です。レンタルではこれらのサービスが提供されているかも確認しましょう。

着物レンタルの際は、質の高い店舗を選び、経験豊富なスタッフのアドバイスを受けることをおすすめします。これにより、着物選びのプロセス自体が記念日の一部となり、特別な思い出を作ることができるでしょう。

大正ロマンの着物を選ぶことは、伝統的な美しさを現代に伝える素晴らしい方法であり、お子様の七五三をより意味深いものにします。

皆さまの七五三が、親子ともに最高のものになることをお祈りしています。

〈参考記事〉
https://www.koregasiritai.com/taisyouroman-kimono/
https://news.yumeyakimono.jp/news/27736
https://kidsna.com/magazine/article/lifestyle-lecture-180713-00004621
https://www.precieux-studio.com/column/753-kimono-3yearsold/
https://kashikimono.com/content/753_3sai_kisekata
https://kashikimono.com/content/753_3sai_size
https://m-soshakan.com/column/753hair-3agematome/
https://cherish-media.jp/posts/124

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

手描き友禅春秋柄の淡い花浅葱色の訪問着【hou07】

【着物のプロ監修】大きいサイズのレンタル訪問着選び|失敗しないコツを解説

はじめに 大きいサイズの訪問着レンタルをお探しの方へ。この記事では、着物のプロが監修する、大きいサイズの訪問着選びのコツをご紹介します。 以下のような悩みを抱えている方に、ぜひ参考にしていただきたい内容です。 上記のお悩 […]

ひとつ前の記事

ゆめやTOP画像_訪問着イメージ

アンティーク訪問着レンタル、初めてでも安心!失敗しないポイント集

はじめに 人生の節目となる特別な日には、いつもと違う特別な衣装を身に纏いたいものです。そのような特別な日の衣装としておすすめしたいのが、アンティークの着物です。着物にはさまざまなシーンに応じて着るべき種類が決まっています […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!