【プロ推奨】初心者でも安心!卒業式|アンティーク袴レンタル完全ガイド

はじめに

アンティークの袴をレンタルすることに関心をお持ちの方のために、卒業式の晴れの日に適した装いをご紹介します。アンティークの袴は、古い時代から現代へと受け継がれた日本の伝統的な文化を象徴する衣装であり、卒業式という学業の節目に注目を集めるアイテムです。本記事では、アンティークの袴の選び方着こなしのコツレンタル方法を詳しく解説します。

アンティークの袴の魅力と歴史の持つ意味

アンティークの袴は、独特な美しさと歴史的背景で、多くの着物やファッション愛好者の関心を集めています。アンティークの袴は、伝統的な行事や儀式の場で着用されることが多く、その豊かな柄や優れた染め織りの技術で見る者を魅了します。ここでは、アンティークの袴が時代を超えてどのように継承されてきたのか、そしてその魅力を現代にどう生かしていくかを探ります。

アンティークの袴の選び方

アンティークの袴とは、おおよそ百年以上前に仕立てられた袴のことを言います。時代で言うと、明治時代から昭和初期に当たり、アールデコや大正ロマン、昭和レトロなどの着物スタイルを愛する人には、目の離せない存在です。アンティークの袴を選ぶ際には、そのデザイン的特徴と現在の状態を見極めることが重要です。まず、袴の織りや染めの技法が古典的なものであるかどうかを確認してください。アンティークの袴は一つ一つが異なるため、色や柄、生地の厚さ、染色材料は特に注目したいポイントになります。

アンティークの袴の現在の状態を確認することも忘れてはいけません。時間の経過と共に生じる自然な摩耗や色あせは、アンティーク品の味わいを深める要素となりますが、大きなダメージがあるものは避けるべきです。購入やレンタル前に細かな点までチェックを行い、可能であれば専門家の意見も参考にすると良いでしょう。

アンティークの袴を選ぶ際には、どのような場面で着用するかを考え、それに適したスタイルを選ぶことが大切です。最近の卒業式では女性が袴を着用するのが人気ですが、成人式などの格式の高いフォーマルな場では、女性の第一礼装である振袖姿の方がふさわしい場合があります。これらのポイントを押さえておけば、アンティークの袴選びに失敗することは少なくなるはずです。さらに袴のサイズや着用感も重要な選択基準です。自分の体型に合うものを選ぶことで、見た目の美しさだけでなく着心地の良さも保証されます。

アンティークの袴の着こなし方

アンティークの袴の着こなし方には、いくつかのポイントがあります。まず、袴や着物の色や柄に合わせて和装小物を選ぶことが大事です。アンティークな袴には、草履や巾着など、同じくアンティークな小物を合わせることで、いっそうの調和が生まれます。また、ヘアスタイルやメイクも、袴のスタイルに合わせたものにすることで、全体のバランスが取れます。

袴を着用する際には、着付けの技術も重要です。正しく着付けをすることで、着物や袴の美しさをより引き出すことができます。特にアンティークの袴は、現代のものと比べて素材が繊細であるため、扱いには注意が必要です。着付けを学ぶことは大変ですが、プロの着付け師に依頼することで美しく正確な着こなしが可能になります。アンティークの袴レンタルする場合は、レンタルショップを通じて、着付けをプロの着付け士さんにやってもらえるサービスを提供している場合があるので、手軽に袴姿を楽しむことが可能です。

アンティークの袴のレンタル方法

アンティークの袴をレンタルする際は、袴の生地色彩、そして柄の細部まで、その一つ一つを検討することが必須です。ここでは、アンティーク袴を選ぶ際のポイントを具体的に解説し、どのようにして最適な一着を見つけ出すかを解説します。

袴をレンタルするための準備

アンティークの袴をレンタルする際に大切なのは、自身がどのような雰囲気の袴姿に成りたいかをイメージすることです。若々しくかわいらしさを強調したものにするか、大人っぽく凛としたものにするかで、振袖などの着物の選び方が違ってきますし、それに合わせる袴選びも違ってきます。レンタルをする前に、自分がなりたい袴姿を想い描いてみてください。

アンティーク着物専門のレンタルショップで袴や着物をレンタルする際は、事前にオンラインでカタログを閲覧し、気になる袴や着物をピックアップしておくと効率的です。一般的には、卒業式用の女性の袴は、「二尺袖」と呼ばれる小振袖と共に着用することが多いので、レンタルショップでは小振袖と袴をセットにした貸し出しプランが用意されていることが多いです。着物の専門家によって色柄の合う着物と袴が選ばれているので、合わせ方で苦労することは少ないと言えます。

実店舗での袴のレンタルプロセス

実際にレンタルショップを訪問して袴をレンタルするためには、あらかじめオンラインで借りたい着物や袴を選んで、店舗への訪問日を予約しておく必要があります。店舗訪問時には、専門スタッフが袴選びのアシストを行ってくれるので、疑問点があればその時点で解決しておくようにしましょう。体型に合わせたサイズ選びや希望するスタイルなどを相談すれば、具体的にスタイリングの提案をしてくれます。また、実際に試着を行うことで、袴の着心地や動きやすさを確認することができるので、なるべく試着ができる店舗を選ぶことも重要です。

店舗では、袴に合わせた小物選びのアドバイスも受けられ、髪飾りから足元の草履まで、トータルでのコーディネートを完成させることができます。さらに、着付けサービスを含んだプランを設けている店舗も多く、プロの手で袴の正しい着付けをしてもらうことができます。着物に慣れなくて不安な方は、着付けサービスを利用すれば安心して当日を迎えられ、よりいっそうその日を楽しむことができるでしょう。アンティーク袴の本来の魅力を、プロの手を借りながら最大限に引き出すことで、個性的なスタイルを際立たせることが可能です。

「ゆめや」がご用意した、卒業式に着ていただける袴と小振袖です。たいへん珍しいマラカイトグリーン色の正絹地に、花薬玉、扇、毬が手描き、手刺繍で描かれたアンティーク小振袖です。生地には漆の糸が織り込まれ、桜の花が描きだされています。扇や牡丹の縁は金駒刺繍、花弁は手刺繍がほどこされ、ふっくらと豪華な絵柄に仕上がっています。身丈が短いので、大人の方は袴の中にお召しいただくサイズです。

アンティークの袴のコーディネート

アンティークの袴を美しく着こなすためには、袴の選び方だけでなく、全体のコーディネートを考えることが大事です。袴姿にどのようなヘアスタイルアクセサリーを合わせるかで、その仕上がりが大きく違ってきます。ここでは、アンティーク袴に合わせるとよいヘアスタイルメイクアップ、そしてアクセサリーの選び方について解説します。これらのコーディネートのヒントを取り入れることで、アンティークの袴をさらに魅力的に見せることができるでしょう。

袴に映えるヘアスタイルとメイクアップのアイデア

卒業式の袴姿に似合うヘアスタイルは、一般的にアップスタイルハーフアップが推奨されます。ただし、髪の長さによっては、それ以外にもさまざまなアレンジが可能です。例えば、編み込みを加えたシニヨンやルーズにまとめたポニーテールなど、袴のスタイルや個人の好みに応じたアレンジがおすすめです。

メイクアップに関しては、髪の色や肌色袴の色などと調和するように心がけましょう。ナチュラルメイクが基本ですが、アイラインやリップカラーに少し強めの色を使用することで、顔立ちをはっきりとさせ、華やかな印象を与えることができます。特に、目元は重要なポイントで、しっかりとアイラインを引き、マスカラでまつげを強調することで、目力を強化しましょう。これらの要素をうまく組み合わせることで、袴姿をよりいっそう引き立てることができます。

袴に合わせるアクセサリーの選び方

卒業式の袴姿に合わせるアクセサリーを選ぶ際は、卒業式という学業の成就を祝う厳粛な場であることを考慮して、あまり目立つものは避けた方がいいでしょう。女性の袴姿は礼装ではありますが、歴史的に正式に定められたものではないので、準礼装ぐらいに想定した小物選びをするのがおすすめです。

派手なアクセサリーの使用はやめて、髪飾りは和装でよく使われるつまみ細工や水引、リボンなどから、着物や袴の色柄に合わせて選ぶとよいでしょう。和装の礼装では、ピアスやネックレスの着用は基本的にNGとされていますが、シンプルなパールのピアスぐらいでしたら上品な装いになるので問題にならないでしょう。前例や学校ごとの慣例などを確認して、アクセサリーを着用するかどうか決めることをおすすめします。

卒業式や入学式で先生が着る袴スタイル

は、卒業式で女子学生が着る以外にも、小・中学校などの卒業式入学式などで女性の先生方もよく着用します。ここでは、卒業式で先生が着る袴姿について解説します。

先生が着る袴スタイルの特徴

小学校や中学校の卒業式では、女性の先生方が袴姿で出席することがよくあります。その際は、女子学生が卒業式で着る袴とは、立場の違いから異なるスタイルの袴姿になります。女子学生が袴姿で着用する着物といえば、振袖や二尺袖がメインですが、これらは独身女性の第一礼装なので独身の先生なら着ても問題ないですが、既婚の先生は着ることができません。その場合は、未婚・既婚に関わらず着ることができる訪問着や、既婚女性の略礼装に当たる色無地などが適切です。

この日の主役は卒業生なので、先生が着る着物の色柄は控え目なものを選ぶのがマナーになります。できるだけ模様の少ない白系か淡い色の着物に、紺やエンジの無地か少々模様が入った程度の袴を合わせるのがおすすめです。上品で落ち着きのあるスタイルを目指すと良いでしょう。アンティークの袴は、シルクだけで作られた正絹のものが多く、その特徴である上品な光沢は、卒業式に着用する袴にふさわしい風格を醸し出します。

先生が着る袴スタイルのアクセサリー

先生が袴スタイルの時の足元は、礼装ですので白い足袋に礼装用の草履になります。バッグも草履の色柄に合わせて選び、全体の調和を図るのが適切です。また、ヘアスタイルやメイクなども、落ち着きのある上品なものにするのがマナーです。アクセサリーも、シンプルで上品なコサージュの髪飾り程度にとどめておくのが無難です。過度な装飾は避けつつ品格と伝統を重んじるスタイルを目指しましょう。

メイクに関しては、卒業生の門出を祝う席であることを考慮し、普段より一段明るめの色にして、リップも少し色を強めにして華やかさを加えつつ、マットにすることで袴姿に似合うように仕上がります。このように、各要素を組み合わせて考えることで、お祝いの場にふさわしい洗練されたスタイルを完成させることができます。

「ゆめや」が提供する、卒業式に袴と合わせて着ていただける小振袖です。本紋が艶やかに浮き出た正絹の綸子地が桃色に染められ、花々や源氏車、花薬玉が、手描き、手刺繍で描かれたアンティーク小振袖です。着物の所々に使われた色となじむような、からし色やエンジ色の袴と合いそうです。

アンティークの袴姿で表現する自分だけのスタイル

卒業式の袴姿アンティークの着物と袴を選ぶことで自分だけのスタイルを表現することは、門出となる特別な日にふさわしい素晴らしい方法です。伝統的な美しさを備えたアンティークの袴姿は、卒業式という人生の大切な節目を飾るにふさわしい装いです。ここでは、アンティークの着物と袴を用いて独自のスタイルを創造する魅力と、それを選ぶ際のポイントに焦点を当てて解説します。

独自のスタイルを楽しむアンティークの袴姿の魅力

レンタルサービスを活用してアンティークの袴姿を選べば、伝統的な装いを楽しみながら、同時に個性を表現することができます。アンティークの着物や袴にはさまざまなスタイルが存在し、古典的なものからモダンにアレンジされたものまで幅広く取りそろえられています。レンタルサービスを活用することで、高額な購入費用をかけることなく、多種多様な袴の中からイベントに最適な一着を見つけることができます。アンティークの着物は一点ものが多いので、他の人とかぶることのない、自分だけのスタイルを楽しむことができます。

選ぶ際には、着物や袴の色柄だけでなく、素材や着心地も重要なポイントとなります。アンティークの着物や袴は正絹のものが多いので、絹独特の滑らかな着心地を楽しむことができます。また、着物や袴の丈を正確に測ることで、自分にぴったりのサイズを選ぶことも、見た目の美しさと共に動きやすさを確保し、着崩れを防ぐためにも大事です。
レンタルサービスを利用すれば、専門のスタイリストのアドバイスを受けることで、自分に合ったスタイルを見つけることができ、自信を持って卒業式に臨むことができます。

卒業式にふさわしい袴の選び方

卒業式の袴姿は、自分がなりたい袴姿を想定して選ぶと選びやすくなります。そこが漠然としたまま選ぼうとすると、あちこち目移りがして、なかなか決められないということになりがちです。袴の選び方には、イベントの性格自分の好みのスタイル、可能なら季節感を表す柄などがあるものを選ぶことが大事です。例えば、卒業式という春のイベントには、桜や梅の花が描かれた袴が適しています。アンティークの着物や袴には、大正ロマンや昭和モダンなどさまざまなスタイルのものがありますので、自分の好みを取り入れることがおすすめです。

袴をレンタルするメリットとデメリット

卒業式に袴姿で出席するために、着物のレンタルサービスを利用することを推奨してきましたが、もちろん、購入してそろえることもできます。ここでは、レンタルと購入を比較しながら、どんなメリットやデメリットがあるのかを解説します。

袴をレンタルするメリット

袴をレンタルする場合のメリットを、以下にまとめます。

  • 豊富な種類から選べる: レンタルショップでは多種多様なスタイルの袴がそろえられているため、自分の好みや必要とする条件に見合った袴を見つけ出しやすいと言えます。購入するとなると、品物によって価格の幅が大きいため、予算内で選ぶとなると選択の幅が限られてしまいがちです。
  • 格安な料金: 袴に限らず、着物の価格は種類や素材、デザインによって大きく異なります。購入するとなると、品物によっては数十万円というものも出てきます。しかしレンタルなら、購入する場合と同じクラスの着物でも、一般的には数千円から数万円の範囲内で設定されており、格安で着用できることは何よりの利点です。しかも、小物や着付けまでセットになったプランが用意されていることも多く、着物初心者にとってはメリットが多いのがレンタルです。
  • 返却するだけ: レンタルなら使用後はクリーニングに出す必要もなく、返却するだけで完結できます。しかし購入した場合は、直射日光が当たらず湿気の少ない適切な保管場所が必要なだけでなく、風通しや虫干しなど定期的なメンテナンスを行う必要があります。

袴をレンタルするデメリット

袴をレンタルする場合のデメリットは、以下のようなものが挙げられます。

  • 事前に予約が必要: 自分が望むスタイルの袴を確保するには、早めの予約が必要になります。人気のある袴ほど早くから予約が埋まってしまい、レンタルできないということも起こり得ます。
  • 記念として残せない: 卒業式に着た袴を、記念として残しておきたいと思う人もいるかもしれません。購入品ならそれが可能なので、そういう方にとっては、最初からレンタルという選択肢は必要ないでしょう。
  • 他の人とかぶる可能性がある: 現代ものの着物や袴だと、他の人とデザイン的に被る可能性があります。それを避けるには、一点もののアンティークを選ぶのも一つの方法です。
  • 購入する方がお得な場合も: どんな場合でもレンタルの方がお得とは言い切れません。例えば、妹や従妹など、今後卒業する予定の人がいた場合、着回すことを前提に購入すれば、結果的に安くつくということもあります。

このように、卒業式用の着物や袴をレンタルするか購入するかを決める際は、事前に詳細な条件を確認することが成功するための鍵となります。

まとめ

本記事では、卒業式を控えた女性のために、アンティークの袴の特徴や魅力レンタル方法について詳しく解説しました。アンティークの袴はその歴史的価値とともに、一点ものとしての魅力や晴れの日にふさわしい格調高い装いとしても注目されています。

この記事がアンティークの袴について理解を深める一助となり、卒業式の装いに袴姿を選んでいただくことにつながれば何よりの幸いです。ぜひ卒業式で、日本の美しい伝統衣装を楽しんでください。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

抹茶色×黒縞模様の振袖【fui25】

【初心者向け完全ガイド】成人式の振袖|ストライプ柄の魅力と選び方

はじめに 振袖は、成人式などの特別なイベントで着用される、日本の伝統的な和装です。その中でもストライプ柄の振袖は、古典的な美しさとモダンなデザインが融合した独特な魅力を持っています。特に若い女性たちに人気があり、個性的で […]

ひとつ前の記事

卒業式イメージ

【最新版】卒業式に差をつける!シンプル袴のレンタル法~最旬コーデ術

はじめに 袴は、広く男性の礼装として用いられてきましたが、現代では女性が卒業式で身に着ける光景が珍しくなくなりました。この記事では、袴の歴史からシンプルで洗練された袴の選び方、それを美しく着こなすテクニックまでを紹介しま […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!