男性着物イメージ

結婚式にお呼ばれする男性向け! 着用シーンと着物レンタルの活用術

結婚式は華やかで格式のある場であり、新郎新婦や親族の方々を初めゲストの方に至るまで、出席者はそれぞれの立場にふさわしい礼装を身にまとって参列します。和装を選ぶ場合は、式の格式や自分の立場に合わせて、着物の格を選ぶ必要があります。男性ゲストにとっては、着物を身に着ける機会というのは決して多いとは言えないため、自分がどんな服装で参列していいか迷われている方もいるかもしれません。

男性が結婚式にお呼ばれした際は、紋付き羽織袴を選ぶのが一般的です。日本の伝統的な礼装であり、結婚式や披露宴などのフォーマルな場にふさわしい着物です。しかし、着物を所有していなかったり、着付けに自信がない男性にとっては、なかなか手を出しにくいことでしょう。

そこでおすすめなのが、着物のレンタルサービスです。レンタルならば、紋付羽織袴やプロの着付け師による着付けサービスを利用できます。また、必要な小物やアクセサリーもセットで提供されるため、初めての方でも安心して着物姿を楽しむことができます。

この記事では、結婚式にゲストとして参列する予定のある方のために、レンタルの基本知識から始まって、結婚式で男性が着る着物の種類や結婚式の格式に合わせた着物の選び方、着物をレンタルする際の流れと予約方法、レンタルのメリットとデメリット、着物の着付けとマナーについてなど詳しく解説します。この記事を読めば、着物に詳しくない方でも手軽にレンタルサービスを利用して、着物姿で結婚式に参列することができるでしょう。

\プロの助言で理想の紋付き羽織袴に出会える。安心のサポートで最高の一日を!/

ゆめや公式LINEはこちら
ゆめや公式無料お問い合わせフォームはこちら

着物のレンタルの基本知識編

まず、レンタルサービスの概要を知ることから入ることにします。ここでは、男性用の着物をレンタルする際の基本知識について解説します。

男性用着物レンタルの基本知識

男性着物イメージ

男性用着物レンタルにおける基本的な流れと注意点について見てみましょう。まずは、予約から始まります。結婚式の日程が決まったら、できるだけ早めに着物のレンタルを予約しましょう。特に、結婚式のシーズンや成人式の時期は需要が高まるため、希望の着物が早期に予約で埋まる可能性があります。

レンタルする際のポイントは、以下の通りです。

着物の種類とスタイルの選択

  • 結婚式には、紋付き羽織袴などのフォーマルな着物が適しています。場合によっては、少しカジュアルな小紋も選択肢に入ります。
  • カラーは、グレーや紺などの落ち着いた色合いが好まれます。

サイズの確認

  • 着物はサイズが非常に重要です。体型に合った着物を選ぶことで、見た目の美しさだけでなく、快適さも保証されます。

小物とアクセサリー

  • 着物レンタルには、帯や雪駄、扇子などの小物もセットで含まれることが多いです。これらのアイテムがトータルのコーディネートを完成させます。

料金とオプション

  • レンタル料金は、着物の種類やレンタル期間によって異なります。また、着付けや配送などのオプションサービスの有無にも注意しましょう。

結婚式にお呼ばれとして参列する際、着物を選ぶことは、日本の美しい文化を体験し、また、特別な日の記憶に新たな彩りを加えることになります。レンタルを利用することで、着物になじみのない方でも、安心してこのすてきな伝統を楽しむことができるのです。

\最高の一日に最高の紋付き羽織袴を。豊富な品揃えから運命の一着が必ず見つかる!/

ゆめや公式LINEはこちら
ゆめや公式無料お問い合わせフォームはこちら

結婚式における男性着物の種類と特徴

結婚式での着物選びは、その場の格式や自身の役割に合わせて行うことが大切です。男性が結婚式に着る着物には、黒紋付き羽織袴、色紋付き羽織袴、略礼装などさまざまな種類があります。それぞれの特徴と適切なシーンについて解説しましょう。

黒紋付き羽織袴とその格式

黒紋付き羽織袴は、結婚式などのフォーマルな場における男性の正装です。以下の特徴を持ちます。

  • 格式の高さ: 黒紋付き羽織袴は、伝統的な日本の礼装であり、格式の高い場にふさわしい装いです。
  • デザイン: 黒の長着と黒羽二重の羽織と縞袴の組み合わせが特徴で、羽織には五つの家紋が入れられます。紋の色は白で染め抜いた日向紋が最も正式で格が高いとされます。
  • 適切なシーン: 黒紋付き羽織袴は新郎や親族、または重要なゲストとしての出席に適しています。特に新郎の場合は白の羽織紐や白の雪駄など細かな決まりがあります。

ゆめやでは、正絹仕立ての上質な黒紋付羽織袴を取り揃えています。左の黒紋付羽織袴は、グレーストライプの袴を合わせ、貫禄のある印象に。右の黒紋付羽織袴は、白やシルバーのストライプ柄の袴で、明るく爽やかな印象に仕上がります。

色紋付き羽織袴とその場面での適切さ

色紋付き羽織袴は準礼装にあたり、フォーマルから少しカジュアルな結婚式や披露宴にまで適した着物です。

  • 適用シーン: 正礼装である黒紋付き羽織袴より格が落ちるため、フォーマルな場でも格を落とす場合やあるいはカジュアルな披露宴やパーティーに適しています。一般的に遠縁の親戚やゲストが着用する衣装となります。
  • 色とデザイン: 色紋付き羽織袴は、名前の通り黒色以外の長着と羽織、縞袴が基本です。紋の数は五つ紋が最も格が高く、三つ紋、一つ紋と格が下がります。カジュアルでありながらも格が求められる場である場合は、縫い紋の一つ紋でも入れておけばシンプルながらも品を保てます。

略礼装とカジュアルな場合の選び方

略礼装は、紋付きでは場に似つかわしくないような、よりカジュアルな結婚式に適しています。特に、レストランウエディングなどにゲストとして出席する場合によい選択となります。

  • カジュアルさ: 略礼装は、黒色以外の長着に羽織、あるいは長着と羽織に袴の装いになり、紋を入れないことが特徴となります。羽織がないと着流しといって普段着の扱いになってしまうため必須です。袴のない長着と羽織だけの場合は、よりカジュアルな場に向いています。
  • 柄と色: 長着にも御召、紬、小紋などさまざまな種類がありますが、御召や小紋に羽織のスタイルが求められます。小紋も特に江戸小紋三役は格が高く式には好まれます。色もあまり派手になり過ぎないよう注意しつつ、場の雰囲気に合わせることが大切です。
  • シーン: 友人の結婚式やレストランウエディングやガーデンウエディングといったカジュアルな披露宴に適しています。

左「亀甲十字の大島紬にひげ紬の羽織のアンサンブル」は、正絹の大島紬アンティークとひげ紬の羽織を合わせたアンサンブルです。鉄紺色とブラウン系のストライプ袴で、温かみのある装いに。中央「藍色地に絣柄の大島紬きものと羽織に縞袴」は、グレーがかった藍色系でコーディネートしました。絣柄のアンティーク大島紬で、カジュアルな中にも気品のある印象を与えます。右「鼠色の正絹紬のきものとひげ紬の羽織のアンサンブル」は、全体を鼠色で整えた正絹アンティークアンサンブルです。正絹紬にひげ紬の羽織を合わせ、差し色の濃紺で引き締めて貫禄ある仕上がりに。

結婚式のお呼ばれとして男性が着物を選ぶ際は、これらの種類と特徴を理解し、シーンに合わせた選択をすることが大切です。また、レンタルを利用することで、さまざまなスタイルの着物を手軽に試すことができます。結婚式は特別な日。適切な着物を選び、その日をより記憶に残るものにしましょう。

\プロの助言で理想の紋付き羽織袴に出会える。安心のサポートで最高の一日を!/

ゆめや公式LINEはこちら
ゆめや公式無料お問い合わせフォームはこちら

着物レンタルの流れと予約方法

結婚式へのお呼ばれに着物を着用する場合、レンタルサービスを利用するのが一般的です。ここでは、着物レンタルの流れと、適切な予約方法について解説します。

レンタルの流れと必要な手続き

着物レンタルの流れは以下のステップで進行します。

選択と予約
まず、レンタルを希望する着物の種類を選びます。結婚式用の黒紋付き羽織袴、色紋付き羽織袴、略礼装などシーンに合わせた種類が豊富に揃っています。予約は、レンタルショップの店頭、電話、またはオンラインで行います。希望する着物、サイズ、レンタル期間を明確に伝えましょう。

サイズの確認と試着
着物のサイズ選びは重要です。身長、体重、体型に合わせて適切なサイズを選びます。可能であれば、事前に試着を行いましょう

アクセサリーと小物の選択
着物に合わせた帯や雪駄、扇子などのアクセサリーと小物も重要です。これらは、トータルのコーディネートを引き立てる役割を果たします。

予約確定と料金支払い
全ての選択が終わったら、予約を確定し、料金を支払います。料金は、レンタルする着物の種類や期間、オプションサービスによって異なります。

着付けと返却
結婚式当日、着付けを行い、着物を着用します。多くのレンタルショップでは、着付けサービスを提供しています。式後は、指定された期間内に着物を返却します。

予約のタイミングと優先順位

着物レンタルの予約は、以下の点に注意して行います。

予約のタイミング
結婚式の日程が決まったら、できるだけ早めに着物を予約しましょう。特に、春と秋の結婚式シーズンや成人式の時期は、レンタル需要が高まります。

優先順位の決定
着たい着物の種類やデザインによって、予約の優先順位が異なります。人気のデザインや特定のサイズは早く予約が埋まることがあるので、早めの行動が必要です。

オプションサービスの確認
着付けや配送などのオプションサービスの有無も事前に確認しましょう。これらのサービスを利用することで、当日の準備がスムーズになります。

結婚式へのお呼ばれに着物を着用する際、これらのレンタルの流れと予約方法を理解し、計画的に進めることで、当日をスムーズかつ快適に過ごすことができます。着物レンタルは、特別な日をより一層彩る素晴らしい選択肢です。

\最高の一日に最高の紋付き羽織袴を。豊富な品揃えから運命の一着が必ず見つかる!/

ゆめや公式LINEはこちら
ゆめや公式無料お問い合わせフォームはこちら

結婚式にふさわしい着物の選び方

結婚式に出席する際、男性がどのように着物を選ぶかは、その場の雰囲気や自分の役割に大きく影響します。ここでは、結婚式のシーンに合わせた着物の選び方と、ゲストとしての服装選びのマナーについて解説します。

シーンに合わせた着物の選び方

結婚式の場の雰囲気
結婚式の場は、その性質やスタイルによって異なります。たとえば、伝統的な和婚式には黒紋付き羽織袴や色紋付き羽織袴がふさわしいでしょう。

一方、カジュアルな洋風の結婚式では、立場にもよりますが略礼装などでも少し柄のある着物がよい選択になります。ただ、あくまで他の参加者との兼ね合いもありますので、洋風の式の場合は着物にこだわりすぎない方がよい場合もあります。

着物の色と柄
着物の色選びは重要です。一般的に、結婚式では落ち着いた色合いの着物が適しています。黒以外の茶色、紺、グレーなどの色が好まれます。また、柄は控えめなものを選ぶと無難です。江戸小紋などは柄が細ければ細かいほど、格が高いといわれます。

アクセサリーと小物の調整
着物に合わせて、帯や雪駄、扇子などの小物も選びます。これらの小物は、全体の印象を大きく左右するため、慎重に選ぶことが大切です。

ゲストの立場での服装選びのマナー

服装のマナーを守る
結婚式における服装選びには、一定のマナーがあります。ゲストとして出席する場合、主役である新郎新婦を引き立てるような控えめな装いが求められます。

着物の種類と選び方
ゲストとして出席する場合、格式の高すぎる着物は避けましょう。親族との関係性や年齢、立場などその場ごとに違いますので、判断に迷う場合は着物專門店に相談されることをお勧めします。

着付けと全体のバランス
着物は正しく着付けることが重要です。また、着物全体のバランスに気を配り、品のある装いを心がけましょう。

結婚式に着物を着用する際は、これらのポイントを踏まえて選ぶことが大切です。着物は日本の美しい文化の一つであり、結婚式という特別な日に、その伝統を大切にしながら、適切な装いを選ぶことで、その場をより華やかに彩ることができます。レンタルサービスを利用することで、さまざまな種類の着物を試すことができ、自分に最適な着物を見つけることが可能です。

\プロの助言で理想の紋付き羽織袴に出会える。安心のサポートで最高の一日を!/

ゆめや公式LINEはこちら
ゆめや公式無料お問い合わせフォームはこちら

着物レンタルのメリットとデメリット

着物をレンタルすることは、結婚式など特別な場において便利で経済的な選択肢です。しかし、レンタルにはメリットだけでなく、いくつかのデメリットも存在します。ここでは、着物レンタルの利点と注意点を詳しく見ていきましょう。

着物レンタルの便利さと節約

男性着物イメージ

コストパフォーマンス
高品質な着物を購入すると非常に高額になりますが、レンタルなら一定の料金で済みます。特に、一度限りまたは稀にしか着用しない場合、レンタルは経済的です。

多様な選択肢
レンタルショップでは、さまざまな種類の着物を取り扱っています。式の雰囲気や個人の好みに合わせて、理想の着物を選ぶことができます。

着付けとアクセサリーのサポート
着物レンタルには、着付けサービスや必要なアクセサリーも含まれることが多いです。これにより、着物に慣れていない人でも安心して利用できます。

メンテナンスの手間が不要
レンタル着物は、使用後に返却するだけでよく、クリーニングや保管の手間がかかりません。

レンタルのデメリットと注意点

複数回着用する機会がある場合
複数回着用する機会が決まっている場合、レンタルの費用が購入の費用を上回る場合があります。将来的な視点をもって検討しましょう。

サイズやデザインの制限
レンタルでは、自分の体型に完全に合ったサイズや、希望通りのデザインがない可能性があります。

損傷や汚損のリスク
レンタル着物を使用する際は、損傷や汚損に注意が必要です。万が一の場合には、修理費やクリーニング代が発生することがあります。

パーソナライズの限界
自分だけのオリジナルな着物を着ることはできません。レンタルは、あくまで共有されるアイテムです。

着物レンタルは、結婚式に着物を着る際の便利で経済的な選択肢ですが、いくつかの注意点を理解しておくことが大切です。レンタルを利用することで、特別な日にふさわしい装いを手軽に楽しむことができ、着物という日本の伝統文化をより身近に感じることが可能です。

\最高の一日に最高の紋付き羽織袴を。豊富な品揃えから運命の一着が必ず見つかる!/

ゆめや公式LINEはこちら
ゆめや公式無料お問い合わせフォームはこちら

着物の着付けと礼装マナー

結婚式に着物を着用する際、正しい着付けと礼装マナーの知識は非常に重要です。着物は日本の伝統文化の一部であり、その装いには特定のルールとエチケットが存在します。ここでは、着物の着付けの基本と、結婚式における礼装マナーについて解説します。

正しい着付けの基本と手順

男性着付けイメージ

着物の準備
着物を着る前に、必要なアイテムを全て揃えておきます。略礼装でも比較的カジュアルな式を例として考えた場合、着物、羽織、長襦袢、肌着、角帯、足袋、雪駄などが含まれます。

長襦袢の着用
最初に和装用の肌着を着用し、その上に長襦袢を着ます。長襦袢は着物の下に着る下着の一種で、着物の衿元を美しく見せるとともに着崩れを防ぐ役割があります。

着物の着付け
着物を肩からまっすぐにかけ、右の前身頃を体に巻いて左の前身頃をその上に重ねます。着物の衿は首筋に沿うように整えます。裾すぼみに仕上げることがきれいな着付けのコツです。

角帯の結び方
帯は着物の印象を大きく左右します。帯を腰に巻き、適切な結び方で固定します。結び方には多様なスタイルがありますが、貝の口結びが無難です。

小物のコーディネート
最後に、足袋や雪駄、扇子などの小物を適切に合わせます。小物選びは着物全体の印象を完成させる重要な部分です。

結婚式における礼装マナーの重要性

季節に合わせた着物選び
結婚式に着用する着物は、季節に合わせて選ぶことが大切です。春夏は淡い色や涼しげな素材を、秋冬は落ち着いた色や暖かみのある素材を選びましょう。

ヘアスタイルの工夫
着物に合わせたヘアスタイルも、礼装マナーを表現する要素の一つです。シンプルながらも上品なヘアアレンジを心がけ、自然体で清潔感を意識しましょう。

着物の着方と振る舞い
着物を着る際は、その着方にも気を付けます。着物の着崩れがないように注意し、着物に合わせた落ち着いた振る舞いを心がけることが大切です。

結婚式に着物を着用する際は、これらの着付けの基本と礼装マナーを遵守することで、その場にふさわしい品格と敬意を示すことができます。着物は単なる服装ではなく、日本の美意識と文化を体現するものであるため、適切な知識と心構えでその魅力を最大限に引き出しましょう。

\プロの助言で理想の紋付き羽織袴に出会える。安心のサポートで最高の一日を!/

ゆめや公式LINEはこちら
ゆめや公式無料お問い合わせフォームはこちら

まとめ

結婚式のお呼ばれに着物を着用する際、男性のための着物レンタルは非常に便利で効果的な選択肢です。この記事を通じて、結婚式における男性用着物レンタルの重要性、種類と特徴、予約方法、適切な選び方、メリットとデメリット、さらに着付けと礼装マナーについて詳しく解説しました。以下は、結婚式にお呼ばれする際に覚えておくべき主要なポイントです。

レンタルの利便性
着物レンタルは、さまざまな種類の着物から選べることや、着付けサービスの利用が可能であることから、特に初めて着物を着る方にとって大変便利です。

着物の種類と選び方
結婚式の場にふさわしい着物を選ぶことが大切です。黒紋付き羽織袴、色紋付羽織袴、略礼装など、場の雰囲気や自身の役割に応じて適切な着物を選びましょう。

予約のタイミング
人気の着物やサイズは早く予約が埋まることがあるため、結婚式の日程が決まったら、早めにレンタルの予約を行うことが重要です。

着物レンタルのメリットとデメリット
着物レンタルは経済的であり、多様な選択肢がある一方で、サイズやデザインの制限、損傷リスクなどのデメリットも理解しておく必要があります。

着付けと礼装マナー
正しい着付けと結婚式にふさわしい礼装マナーを守ることは、日本の伝統文化を尊重し、その場の格式を高める上で非常に重要です。

結婚式のお呼ばれにおける男性着物レンタルは、伝統的でありながら現代的な便利さを兼ね備えた素晴らしい選択肢です。この記事で紹介したポイントを参考に、特別な日にふさわしい着物を選び、美しく格調高い装いで結婚式に参列しましょう。

\最高の一日に最高の紋付き羽織袴を。豊富な品揃えから運命の一着が必ず見つかる!/

ゆめや公式LINEはこちら
ゆめや公式無料お問い合わせフォームはこちら

〈参考記事〉
https://tokyo-rentalishou.com/?mode=grp&gid=2638590

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

長い羽根の鳳凰と桐、青海波の黒振袖【fuk10】

【成人式の着物】黒の振袖が選ばれる理由|レンタル方法と注意点

成人式は一生に一度の特別な日。この重要な日に多くの女性が選ぶのが、黒の着物です。黒の着物はそのシックで洗練された雰囲気に加え、伝統と現代の美しさを兼ね備えています。その大きな魅力は、選んだ人はもちろん、その着姿を見る人を […]

ひとつ前の記事

明治神宮 三の鳥居

【和装婚礼】結婚式を神社で!神前式の基本と流れ、挙式時のポイント

はじめに 結婚は人生の大きな節目。二人の愛を誓い合い、新たな門出を祝う結婚式は、多くのカップルにとって忘れられない瞬間となります。日本にはさまざまな結婚式のスタイルがありますが、その中でも「神前式」は、日本古来の伝統と格 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!