青磁色グラデーション辻が花の訪問着【hou03】

【30代女性必見】結婚式にお呼ばれした際の着物の選び方ポイント解説

目次

はじめに

結婚式にお呼ばれ! 30代の着物選びのポイント

結婚式に招待されることは、とても喜ばしいですね。特に30代の女性にとって、結婚式は友人や親族の大切な節目を祝う特別な場。そのような場にふさわしい着物を選ぶことは、参列者としてのマナーでもあります。

着物選びは、たくさんのポイントがありますが、特に30代の女性が注意すべきことを中心に紹介します。

着物の種類とその選び方

結婚式にお呼ばれする際の着物は、「振袖」と「訪問着」が中心です。未婚女性は華やかな振袖、または既婚・未婚に関わらず、格式高い訪問着から選択することが一般的です。この選択には、年齢や立場、マナーが大きく関わっています。

  • 振袖:未婚女性の正装とされ、結婚式では新郎新婦の姉妹や親族、または親しい友人が着用します。
  • 訪問着:既婚・未婚問わず着用できる女性のフォーマルな着物で、落ち着いた色合いと上品な柄が特徴です。

ゆめやの着物でご覧いただきましょう。左から、振袖訪問着です。袖の長さや絵付けで分類されます。どちらも、上質の正絹100%に、職人が手掛けた絵付けや手刺繍が光るアンティーク着物ですよ。

左「フランボワーズと薄藍に檜扇の振袖」は、錦紗縮緬に、手刺繍や手描きで、たくさんの檜扇と牡丹・菊など数々の花が描かれたアンティーク振袖です。右「白地にオシドリと青い鳥の訪問着」は、正絹の白地にオシドリと牡丹・藤・菊・撫子が手描きされたアンティーク訪問着です。いずれも、正絹の輝きと柔らかさに満ち、歴史を感じさせる風情にあふれています。

結婚式のシーンに合わせた着物の選び方

着物を選ぶ際は、結婚式の場の雰囲気や自分の立場も考慮しましょう。披露宴のような華やかな場では、明るい色や華やかな柄の着物が適しています。一方、親族の小さな集まりでは、控えめなデザインの着物が好ましいでしょう。

着物レンタルサービスの活用

着物は価格が高く、保管や手入れも大変です。30代の女性にとって、着物レンタルを利用することはたいへん便利で経済的。レンタルなら、さまざまな種類やデザインの着物の中から好みの一着を選ぶことができます。また、レンタルの際は、サイズや帯、小物のセットも忘れずにチェックしましょう。

着物に合わせた小物選び

着物の印象は小物によって大きく変わります。帯や草履、バッグなどの小物は、着物とのバランスを考えて選びましょう。例えば、シンプルな着物には華やかな帯を合わせると、全体のバランスが良くなります。

着付けとヘアスタイル

結婚式の着物は、着付けがとても重要です。特に訪問着や振袖は、正しい着付けをすることでその美しさが際立ちます。着付けが難しい場合は、プロの着付け師に依頼するのがおすすめです。また、ヘアスタイルも着物に合わせたものを選びましょう。髪飾りを使えば、より一層華やかな印象になります。

青磁色グラデーション辻が花の訪問着」は、久保田一竹作・辻が花の訪問着です。金糸が織り込まれた白生地を、見事なグラデーションに染め上げ、小花が絞り出されています。帯も辻が花の帯で揃えました。30代の方が結婚式のお呼ばれでお召しになると、品の良さが際立ちます。

結婚式での着物選びの基礎知識

30代の立場とマナーに合った着物選び

30代の女性が結婚式に着物で出席する際は、立場やマナーに合わせた選び方が重要です。結婚式における着物選びには、以下のポイントを留意しましょう。

  • 立場の理解:未婚か既婚か、友人か親族かによって適切な着物が変わります。
  • マナーの遵守:結婚式における着物選びは、フォーマルな場のマナーを守りましょう。例えば、振袖は未婚女性の正装とされており、既婚女性が着用するのはふさわしくありません。
  • 適切な色選び:結婚式では明るい色の着物が好まれますが、あまりに派手すぎる色は避けるべきです。落ち着いた色合いの中にも、上品な華やかさを意識しましょう。また、白や赤は新婦が着用する白無垢や打掛によく使われる色ですので、かぶらないよう注意が必要です。なお、黒は新郎新婦の親族が着用する黒留袖と色がかぶってしまうため、こちらも注意しましょう。
  • 柄の選び方:柄が大きすぎると派手になりがちです。細かな柄や古典的な模様を選ぶと、落ち着いた印象になります。

これらのポイントを踏まえた上で、自分の年齢や出席する結婚式の雰囲気に合わせて着物を選びましょう。

訪問着と振袖の違いとは?

結婚式における、お呼ばれの際の二大着物スタイル、訪問着と振袖。これらの違いを理解することは、適切な着物選びをする上で不可欠です。

訪問着

  • 対象者:未婚・既婚問わず着用することができます。
  • 特徴:比較的落ち着いた色合いで、格が高い場にふさわしい装いです。柄は上品で、全体的に洗練されたデザインが特徴です。
  • シーン:結婚式や披露宴など、格式の高い場に最適です。

紅藤色と瑠璃色グラデーションの辻が花の訪問着」は、幻の染物として人気の高い「辻が花」染めの訪問着と帯です。紅藤色から瑠璃色へのぼかしが施され、牡丹、桔梗、菊、桜、藤、紅葉などの花々が描き出されています。帯はブルーとグレーの2本の「辻が花」染めをご用意しています。大人の華やかさと品格に満ちた訪問着ですよ。

振袖

  • 対象者:未婚女性が着用する着物です。
  • 特徴:色鮮やかで華やかなデザインが特徴です。袖が長く、若々しさと華やかさを象徴しています。
  • シーン:結婚式のゲストとして、特に友人など若い女性に人気です。

30代ともなると、成人式で着たような振袖では、ちょっと違和感がありますね。もう少し大人の振袖にしてみましょう。「黒地に梅と熨斗目の総絞り色振袖」は、梅と熨斗目が総絞りで描かれたアンティーク振袖です。白と黒で潔く梅と熨斗目が絞り出されています。帯は黒地に金で草花の宝尽くしが描き出されています。袖口や裾から覗く赤い裏地がキリっとした印象です。

これらの違いを踏まえ、自分の立場や結婚式のシーンに合わせて、適切な着物を選びましょう。また、レンタルサービスを利用することで、さまざまな種類の着物を手軽に試すことができるため、着物初心者にも安心です。着物選びは、自分自身のスタイルを表現する楽しい時間です。自分に合ったすてきな着物で、結婚式をより特別なものにしましょう。

着物レンタルの利点と選び方

30代に合った着物レンタルサービスの選び方

30代女性にとって、結婚式に出席する際に着物レンタルを利用することは、とても便利で経済的です。ですが、レンタルサービスを選ぶ際にはいくつかのポイントを考慮する必要があります。

レンタルサービスの選び方

  • 種類の豊富さ:振袖や訪問着など、さまざまな種類の着物が揃っているサービスを選びましょう。自分が出席する式の雰囲気や、自分の年齢・立場に合った着物を選べるかどうかが重要です。
  • 小物の充実:着物だけでなく、帯や草履、バッグなどの小物もセットでレンタルできるサービスを選ぶと便利です。トータルコーディネートが可能なサービスを選ぶと、着物初心者でも安心です。
  • サイズの豊富さ:自分のサイズに合った着物が見つかるかどうかも重要なポイントです。事前に試着できるサービスを選ぶと、当日を安心して迎えることができます。
  • 価格帯とプラン:予算に合ったレンタルプランを提供しているかどうかを確認しましょう。価格とサービス内容を比較して、自分にとって最適なサービスを選びます。

30代女性向けのポイント

  • 年代に合わせる:着物は、年代や場の雰囲気に合わせた選び方が重要です。30代の場合は、少し落ち着いた色合いや洗練されたデザインを選ぶとよいでしょう。
  • サポートで選ぶ:レンタルサービス選びでは、着付けのサポートやアフターサービスも重要です。着付けが不安な方は、着付けサービスが付いているレンタルプランを選ぶと安心です。

サイズや料金のポイント

着物をレンタルする際には、サイズと料金が重要なポイントです。

サイズ選びのポイント

  • 体型に合わせる:着物は体型に合わせて選ぶ必要があります。サイズが合わないと見栄えが悪くなるだけでなく、着心地も悪くなります。
  • 試着の機会:可能であれば、レンタル前に試着することをおすすめします。実際に着てみることで、サイズ感や着心地を確認できます。

料金に関するポイント

  • 予算を決める:事前に自分の予算を決めておくことが大切です。予算に合わせてレンタルプランを選ぶことで、無理のない範囲で最適な着物を選べます。
  • コストパフォーマンス:料金だけでなく、レンタルプランに含まれるサービス内容もチェックしましょう。価格に見合ったサービスが提供されているかどうかが重要です。

ゆめやのレンタルは、着物を選んでいただくだけで、帯・帯揚げ・帯締め・草履・バッグなど、実際のご着用に必要な全ての小物が含まれます。かんざし/髪飾りだけは、ヘアスタイルやお好みによって要不要の分かれるところですので、別オーダーとさせていただいています。バッグは画像のようなシンプルで上品なものがよろしいでしょう。

着物レンタルは、結婚式などの特別な日の装いを手軽に楽しむための素晴らしい方法です。これらのポイントを参考に、自分に合ったレンタルサービスを見つけてください。

自分で着物を着る方法

基本の着付けから応用まで

着物を自分で着ることができれば、日本の伝統文化をより身近に感じることができるでしょう。特に30代の女性にとっては、着物を美しく着こなすことができると、格式ある大人の装いができる女性としてたいへん魅力的です。ここでは、着物の基本的な着付けから応用までを解説します。

着物の着付けの基本手順

  1. 裾よけと肌着の着用:まずは裾よけと肌着を着ます。これらは着物の下に着るもので、着物の着心地や見た目を良くするために重要です。
  2. 着物の着方:着物を肩からかけ、裾の位置を整えます。それから着物の右側を体に合わせてから、左側を上にした状態で腰骨の上あたりの位置を紐で固定します。その後でおはしょりを作り、衿の位置を整えましょう。
  3. 帯の結び方:帯は着物の印象を大きく左右する要素です。基本的な帯の結び方をマスターし、着物に合わせて変化をつけましょう。
  4. 最終調整:着物と帯がきちんと整ったら、全体のバランスを確認し、必要に応じて細かい調整を行います。

着物の着付けの応用

  • 異なる帯の結び方:帯の結び方には多くのバリエーションがあります。シーンに合わせて異なる結び方を試してみましょう。
  • 小物の使い方:帯締めや帯留めなどの小物を上手に使うことで、着物スタイルに変化をつけることができます。

トイレやヘアメイクの注意点

着物を着た際のトイレやヘアメイクには、いくつかの注意点があります。

トイレでの注意点

  • 裾の扱い:トイレに入る前に、着物の裾を軽く持ち上げましょう。これにより、着物が汚れるのを防ぎます。
  • 着崩れの防止:着物の着崩れを防ぐために、時間に余裕を持ってトイレに行くことが大切。トイレの個室に入ったら、着物の外側から一枚ずつめくり、ゆっくりと巻き上げて、終わったら丁寧に内側から一枚ずつ下ろします。この際に、着物を引っ張ると着崩れの原因となるので注意しましょう。

ヘアメイクのポイント

  • 和装に合うヘアスタイル:着物に合わせたヘアスタイルを選びます。アップスタイルや日本髪など、和装に映えるヘアスタイルがおすすめです。また、最近ではモダンなヘアスタイルを合わせることも人気です。
  • 髪飾りの使用:髪飾りは着物の印象を豊かにします。着物の色や柄に合わせた髪飾りを選びましょう。

ゆめやにもたくさんのかんざしや髪飾りをご用意しています。お呼ばれのルールとしては、生花は使わないこと、花嫁さんよりも地味にすること。モデルさんは、右側の「ナチュラルな造花が一輪ずつに分かれたかんざし」から二つほど挿しています。左の「赤いダリアに金銀紅の水引がアレンジされたかんざし」は、シンプルな中に水引もあしらってあり、結婚式にふさわしいかんざしです。

自分で着物を着ることは、少し大変ですが、うまくできた時の達成感や美しさは格別です。基本の着付けから応用までをマスターし、着物をより楽しんでみてください。

結婚式のシーン別着物スタイル

親族としての装い

結婚式において、親族として着物を着る場合は、格式と品位を考慮した装いが求められます。特に30代の女性は、上品で落ち着いたスタイルを心がけることが大切です。

親族としての着物選びのポイント

  • 留袖を選ぶ:親族として結婚式に出席する場合は、最も格式が高い着物である留袖が最適です。既婚女性は黒留袖か色留袖、未婚女性は色留袖または振袖を選びましょう。なお、母親は黒留袖が一般的です。
  • 紋の入った着物:フォーマルな場にふさわしい、紋の入った着物を選ぶことが重要です。紋の数は格式の高さを表すため、紋が五つ入ったものが結婚式にふさわしいです。なお、色留袖を着用する場合は、五つ紋よりも格式が下の三つ紋でも問題ありません。
  • 色と柄の選び方:年齢や立場を考慮し、明るすぎない落ち着いた色合いや柄の着物を選びます。派手ではなく上品な柄が好ましいです。

ゆめやの留袖から「岩と流水に松と鷲の五つ紋付黒留袖」をご覧いただきましょう。苔むした岩と流れる清水に、松の木と鷲の家族が、手描き・手刺繍で描かれた五つ紋付きアンティーク黒留袖です。雄と雌のつがいに、5羽の雛が描かれ、たいへん縁起の良い絵柄です。袖口には比翼がほどこされ、正絹の上質さと、絵柄の貫録にあふれています。

牡丹の大彦に鶴松扇の龍村の帯、三つ紋付色留袖」は、大彦と龍村の芸術品のようなコーディネートです。ぼかし染めと手刺繍で、やわらかく牡丹が描き出されています。三つ紋ですので、五つ紋付黒留袖よりも格下になり、新郎新婦のお祖母さまやご姉妹さまにおすすめの色留袖です。

お揃いの黒留袖「大彦と龍村の組み合わせ、五つ紋付黒留袖」もございますので、いっしょにご紹介しておきますね。

小物のコーディネート

  • 帯と帯締め:帯は着物の印象を左右する重要なアイテムです。親族としての立場にふさわしい、着物の格式に見合った格調高いデザインを選びましょう。帯締めも同様に、品位を重んじた選択が求められます。
  • バッグと草履:着物に合わせたバッグと草履を選びます。全体のコーディネートを意識して、統一感のあるスタイルを目指しましょう。

友人としての着こなし

友人として結婚式にお呼ばれする際は、華やかで明るいスタイルが求められます。30代女性は、華やかさと大人の落ち着きを兼ね備えたスタイルで、結婚式を彩ります。

友人としての着物の選び方

  • 振袖の選択:未婚の30代女性であれば、振袖を選ぶことができます。華やかで明るい色の振袖は、結婚式の雰囲気を盛り上げます。一方で、30代後半になって振袖を選ぶことにためらいがあるという方は、訪問着を着用するとよいでしょう。
  • 色と柄の選び方:友人として出席する場合は、鮮やかな色や大胆な柄の振袖が好まれます。ただし、主役である新郎新婦を引き立てるため、派手すぎない範囲で選ぶことがポイントです。

振袖を着ることはためらわれるけれども、独身らしく華やかに装いたい、という方には、小振袖をおすすめいたします。「鹿の子と板締めの絞りに手刺繍の花々の小振袖」は、白に赤で鹿の子絞りと板締め絞りがほどこされた上質の正絹地に、花々が手描き・手刺繍で描き出された、品格のある豪華な小振袖です。なかなか出会うことは無いほどの豪華な着物ですよ。帯や小物をグリーンや紺などの重めの色にすると、さらに大人の雰囲気になります。

アクセサリーとヘアスタイル

  • 華やかなアクセサリー:振袖には、華やかな髪飾りやアクセサリーを合わせます。結婚式のムードに合わせて、煌びやかなものを選びましょう。
  • モダンなヘアスタイル:和装に合うモダンで洗練されたヘアスタイルを選びます。振袖に合わせたヘアアレンジで、若々しさと華やかさを演出しましょう。

結婚式のシーンに合わせた着物の選び方やコーディネートは、その場の印象を大きく左右します。親族としても、友人としても、自分に合った最適なスタイルで結婚式を楽しみましょう。

30代の着物の楽しみ方

和服を楽しむためのヒント

着物は日本の伝統的な美しさと優雅さを体現するもので、30代の女性にとって特別な楽しみ方があります。和服をより楽しむためには、以下のポイントを心がけましょう。

着物の楽しみ方

  • 多様なスタイルを試す:訪問着や振袖など、さまざまな種類の着物を試してみましょう。シーンに合わせた着物選びが楽しみの一つです。
  • 色と柄の選択:自分の肌色や好みに合う色、柄を選ぶことで、着物の魅力を最大限に引き出します。季節感を表す柄や色を選ぶのも楽しいですね。
  • 帯と小物で個性を表現:帯や帯締め、帯留めなどの小物を変えるだけで、同じ着物でも異なる印象を与えることができます。アクセサリー使いで個性を出しましょう。
  • 着付けの技術を磨く:自分で着物を着る技術を身につけることで、より着物に親しむことができます。着付け教室に通うのも一つの方法です。

和装の魅力を深めるために

  • 和装に合わせたヘアスタイルやメイク:和装に合わせたヘアスタイルやメイクを楽しむことも、着物をより美しく見せるポイントです。
  • 文化的なイベントへの参加:着物を着て、日本の伝統文化や行事に参加することで、和装の魅力をより深く感じることができます。

20代後半から30代前半の年齢層に向けた着物の楽しみ方

20代後半から30代前半の年齢層は、ライフスタイルの変化と共に、着物の楽しみ方も変わってきます。この年代には以下のような着物の楽しみ方がおすすめです。

年代に合った着物の選び方

  • シーンに合わせた着物選び:結婚式やパーティー、友人との集まりなど、さまざまなシーンで着物を楽しむことができます。それぞれの場にふさわしい着物を選びましょう。
  • トレンドを取り入れたスタイル:最新のトレンドを取り入れた着物スタイルを楽しむことも、この年代ならではの楽しみ方です。例えば、モダンなデザインの着物や、クリーム色などの優しい色合いを選んでみるのもよいでしょう。

着物での新しい体験

  • 着物レンタルの活用:さまざまなスタイルの着物を手軽に試せるレンタルサービスを利用するのも、着物を楽しむ一つの方法です。
  • 着物でのお出かけ:普段とは違った着物姿でお出かけすることで、日常に新鮮な刺激を与えることができます。例えば、着物で美術館に行ったり、伝統的な日本庭園を散策したりするのもすてきです。

着物は、日本の美しい伝統を現代に伝える素晴らしい文化です。30代の女性として、着物を通じて新たな自分を発見し、日本の伝統的な美しさを存分に楽しんでみてください。

まとめ

30代における結婚式の着物選びのポイント

30代女性が結婚式で着物を着る際は、特に以下のポイントを心掛けるとよいでしょう。

着物選びのキーポイント

  • 年齢と立場に合った選択:既婚か未婚か、親族か友人かに応じた適切な着物を選びましょう。訪問着や振袖など、シーンに合わせた選び方が大切です。
  • 色と柄の配慮:年齢に合う落ち着いた色合いや、シーンに合った柄を選ぶことが重要です。華やかさと上品さのバランスを取りましょう。
  • 小物でアクセント:帯や帯締め、草履などの小物を上手く選んで、着物スタイルにアクセントをつけます。小物使いで全体の印象が大きく変わります

着付けとマナー

  • 正しい着付け:着物の魅力を最大限に引き出すためには、正しい着付けが不可欠です。必要に応じてプロの着付けを利用するのもよいでしょう。
  • マナーを守る:着物を着る際は、礼装としてのマナーを守ることが大切です。特に結婚式では、格式を重んじる姿勢を見せましょう。

満足度の高い着物選びのためのアドバイス

着物を選ぶ際には、自分自身のスタイルを反映させることが大切です。以下のアドバイスを参考にしてみてください。

自分らしいスタイルの追求

  • 個性を大切に:自分の好きな色や柄、スタイルを大切にしましょう。着心地の良さや自分らしさを感じられる着物を選ぶことで、着る楽しみが増えます。
  • トレンドと伝統の融合:トレンドを取り入れつつ、着物の伝統的な美しさを大切にすることで、現代的な着物スタイルを楽しむことができます。

着物選びの楽しみ方

  • さまざまなシーンでの活用:結婚式だけでなく、お祝い事やパーティーなど、さまざまなシーンで着物を活用しましょう。着物を通じて、日本の美をより深く楽しんでみてください。
  • 着物レンタルの活用:異なる種類の着物を気軽に試せるレンタルサービスを利用することも、着物を楽しむ一つの方法です。

30代女性にとって、着物は自分らしさを表現する素晴らしい手段です。上記のポイントを参考に、満足度の高い着物選びをして、結婚式やさまざまな場での和装を心から楽しんでみてはいかがでしょうか。

〈参考記事〉
https://kimono-rentalier.jp/column/houmongi/wedding-oyobare-kimono/
https://seika-kimono.com/kimono_info/knowledge-3reason/
https://www.kimonoichiba.com/media/column/393/
https://ewha-yifu.com/blog/rental-kl/6105/
https://kimono-rentalier.jp/column/wedding/wedding-kimono-shinzoku-tomesode/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

婚礼イメージ・立涌に吉祥紋様四季の花刺繍の打掛一式【utk02】

結婚式の写真だけ撮りたい!フォトウェディングの準備・選び方ガイド

はじめに 結婚式という一生に一度のイベントに対するカップルの価値観は多様であり、それぞれが理想とする形式を追求しています。中でも、「写真だけ撮りたい」というニーズを反映したフォトウエディングは、そのシンプルさと経済性、そ […]

ひとつ前の記事

梅の花に檜扇、御所車の黒引き振袖【fuh02】

アンティーク着物で結婚式をおしゃれに演出! 魅力とレンタル活用術

はじめに: アンティーク着物で結婚式を彩る 結婚式は、人生で最も特別な日の一つです。その日をさらに華やかに、そして心に残るものにするために、アンティーク着物を選ぶという選択肢があります。アンティーク着物はその独特の美しさ […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!