婚礼前撮りイメージ

和装での結婚前撮り撮影!失敗しないフォトウェディングプランの選び方

はじめに

結婚式の前撮りや特別な記念日に、和装での撮影を選ぶ方が年々増えています。着物や打掛を纏うことで、美しい写真を残すだけでなく、日本の伝統や文化を感じる貴重な体験ができます。この記事では、和装での撮影の魅力や準備、そして撮影当日に役立つ情報を、着物について詳しくない方にも分かりやすく紹介します。

和装での撮影の基本を知ろう

結婚式の前撮りや記念日など、大切な瞬間を写真に収めるために和装が選ばれることが多いです。和装での撮影は、ただ単に写真を撮ること以上の意味を持ち、着る人の心にも、見る人にも深い感動を与えます。ここでは、和装での撮影における基本的な知識と、撮影を成功させるためのポイントを紹介します。

和装での撮影とは何か?

和装での撮影は、着物や振袖、白無垢などの日本の伝統衣装を着用します。結婚式の前撮りや成人式、七五三などの節目の記念で選ばれることが多く、日本の四季を感じさせるロケーションで行われることも特徴の一つです。撮影では、衣装の美しさはもちろん、着付けやヘアメイク、小物選びに至るまで、細部にわたるこだわりが表現されます。

和装での撮影で人気のスタイル

和装での撮影にはさまざまなスタイルがありますが、特に以下のようなものが人気です。

前撮り撮影

結婚式前に行う撮影で、白無垢や色打掛などの婚礼衣装を着用します。新郎新婦がリラックスした雰囲気の中で、結婚式当日とは異なるスタイルの写真を残すことができます。

季節を感じるロケーション撮影

日本庭園や神社、自然豊かな場所での撮影が人気です。特に桜や紅葉など、季節の風景を背景にした写真は、和装の美しさを一層引き立てます。

スタジオ撮影

天候に左右されずに撮影が可能で、背景や照明を自在に操ることができるため、多彩な表現が楽しめます。伝統的な和室のセットや、モダンな背景まで、さまざまなスタイルの中から選ぶことができます。

撮影スタジオやフォトグラファーとの打ち合わせを通じて、希望する撮影スタイルやイメージを明確に伝えましょう。

和装での撮影プランの選び方のポイント

和装での撮影を成功させるためには、適切なプラン選びが非常に重要です。特に結婚式や前撮りなどでは、一生に一度の大切な瞬間を美しく残すために、細部にまでこだわりましょう。ここでは、撮影プランを選ぶ際の重要なポイントを紹介します。

プランに含まれるものをチェック

和装での撮影プランを選ぶ際には、まずプランに何が含まれているのか詳細にチェックしましょう。多くのスタジオや撮影サービスには、さまざまなプランがあり、それぞれに含まれる内容が異なります。基本的な撮影プランには、一般的に、以下のようなものが含まれています。

  • 撮影時間:プランによって撮影できる時間が異なります。必要なカット数や撮影スタイルに応じて選びましょう。
  • 衣装の種類と数:和装撮影では、白無垢、色打掛、振袖など、さまざまな種類の着物から選ぶことができます。また、撮影中に衣装を変更できるプランもあります。
  • ヘアメイク:プロのヘアメイクが含まれているかどうかも重要なポイントです。和装に合わせたヘアスタイルやメイクで、より美しく撮影できます。
  • 小物の用意:扇子やかんざしといった小物も、全体の雰囲気を大きく左右します。プランに小物のレンタルが含まれているか確認しましょう。
  • 撮影場所:スタジオ内での撮影か、ロケーションでの撮影か、またはその両方が可能かもプラン選びの重要な要素です。

アンティークきものレンタルゆめやでは、多様な衣装の中から自分にぴったりな着物を選べる「着物を自由に選べる婚礼・前撮り用衣装レンタルプラン(撮影無し)【set08】」をご用意しております。
こちらは、「一生残る婚礼写真」だから、着物にこだわりたい方におすすめです。100年以上の歴史があるアンティーク振袖を中心に、200点以上をお得なプラン専用価格でご提供しています。プランにはご新婦様のお好きな衣装(1点、筥迫、末広、抱え帯、草履などすべての婚礼小物が含まれます)とご新郎様のお着物(1点羽織・袴・草履など一式。家紋のご変更も可)が含まれます。実際のお着物・小物はゆめや東京店でのご試着でお選びいただけます。ご試着からお申し込みください。

プラン選びで重要なこと

和装での撮影プランを選ぶ際には、以下のような点にも注意して選びましょう。

  • 予算と料金:撮影プランは、サービスの内容によって料金が大きく異なります。事前に予算を決め、その範囲内で自分たちにぴったりなプランを選びましょう。
  • 撮影スタイル:和装は、伝統的なスタイルからモダンなスタイルまで幅広いです。自分たちの希望するスタイルや雰囲気に合ったプランを選びましょう。
  • 事前の打ち合わせ:撮影前には、撮影の流れやポーズ、撮影場所選びなど、細かい部分についても事前に打ち合わせを行いましょう。これにより、当日の撮影がスムーズに進み、満足のいく結果につながります。
  • 撮影日の予約状況:特に土日や祝日、季節によっては撮影の予約が混み合います。早めに予約を入れることで、希望の日時に撮影を行うことができます。

和装での撮影は、上記のポイントを参考にしながら、自分たちにぴったりなプランを見つけてください。美しい和装で、一生の思い出を残しましょう。

和装での前撮りの魅力とは

結婚式を控える多くのカップルにとって、前撮りは特別な意味を持ちます。特に和装での前撮りは、一生の記念に残る、二人だけの特別な時間となります。この章では、和装での前撮りの意義と楽しみ方、そして季節ごとに変わるその魅力について紹介します。

前撮りの意義と楽しみ方

和装での前撮り撮影は、結婚式当日とは異なるリラックスした雰囲気の中で、新郎新婦が自分たちらしさを表現できます。結婚式当日は忙しく、ゲストへの気配りや時間に追われがちですが、前撮りでは時間を気にすることなく、ゆっくりと撮影を楽しむことができます。

  • プラン選びの楽しみ:和装での前撮りにはさまざまなプランが用意されており、スタジオ撮影からロケーション撮影まで、自分たちの希望に合わせて選ぶことができます。事前にスタジオや撮影場所を見学し、撮影のイメージを膨らませるのも楽しみの一つです。
  • 衣装選びの楽しみ:白無垢、色打掛、振袖など、和装にもさまざまな種類があります。結婚式当日とは異なる衣装で、普段と違う自分を演出できます。衣装選びは前撮りの大きな魅力の一つです。
  • ヘアメイクと小物の楽しみ:和装に合わせたヘアメイクや小物選びも前撮りの楽しみです。伝統的な髪型や、花嫁の美しさを引き立てるヘアアクセサリーを選ぶことで、より一層特別感を演出できます。

季節ごとの和装前撮りの魅力

和装での前撮り撮影には、季節によって異なる魅力があります。日本の四季は和装の美しさを際立たせ、その豊かな表情が撮影の背景としてぴったりです。

  • :桜や梅などの花々が咲き誇る春は、和装での前撮りにぴったりな季節です。特に桜の下での撮影は、多くのカップルの憧れです。春の柔らかな光と花々の美しさが、和装の魅力を一層引き立てます。
  • :新緑や紫陽花が美しい夏は、生命力あふれる背景が魅力的な季節です。夏は、色鮮やかな打掛を選ぶと、緑とのコントラストが美しい写真を残すことができます。
  • :赤や黄色に染まる紅葉は、和装での前撮りの絶好の背景となります。秋の深まりとともに、和装の落ち着いた色合いと紅葉の鮮やかさが調和し、情緒豊かな写真を撮影することができます。
  • :雪景色と和装は、日本の冬ならではの美しさを演出します。白無垢や色打掛が雪の白さと調和した、幻想的な雰囲気の中での撮影は、冬ならではの特別な体験となります。

和装での前撮り撮影では、季節の変化を感じながら、自分たちだけの特別な時間を過ごすことができます。撮影を通じて、結婚式への期待を高め、一生の思い出を作りましょう。

ロケーション撮影のすすめ

和装での撮影の中でも、特にロケーション撮影は、背景に自然の美しさや歴史的な建造物を取り入れることで、一生に一度の記念写真をさらに特別なものにします。

ロケーション撮影の注意点

ロケーション撮影を成功させるために、いくつかの注意点を押さえておきましょう。

  • 事前の下見と予約:撮影場所を事前に見学し、必要に応じて予約を入れましょう。特に人気のロケ地では、土日や祝日は混雑が予想されるため、平日の撮影も検討しましょう。
  • 撮影許可と料金:公共の場所や歴史的建造物での撮影には、撮影許可が必要な場合があります。また、撮影に関連する料金が発生することもあるため、事前に確認しましょう。
  • 衣装と小物の準備:和装での撮影は、衣装や小物の選び方が重要です。撮影場所の雰囲気に合わせた着物や打掛を選び、小物でアクセントを加えることで、より美しい写真を残すことができます。
  • ヘアメイクと着付け:和装に合わせたヘアスタイルやメイクは、撮影の印象を大きく左右します。また、着物や打掛の着付けは専門の知識が必要なため、プロのスタイリストに依頼することをおすすめします。
  • 天候と季節を考える:屋外での撮影は、天候に左右されるため、撮影日の天気予報を事前にチェックし、必要に応じて日程の変更も検討しましょう。また、季節によっては暑さや寒さの対策も必要です。

ロケーション撮影は、準備と計画が成功の鍵です。これらのポイントを押さえ、特別な撮影を楽しんでください。

撮影での衣装選び

和装での撮影は、結婚式や成人式、七五三など、人生の大切な節目を美しく刻むためのものです。特に結婚式の前撮りやフォトウェディングは、花嫁にとって一生に一度の大切な機会となります。和装での撮影は、着物や振袖、白無垢など、多種多様な衣装から選ぶことができますが、いくつかのポイントがあります。

着物と振袖の違い

まず、和装の基本的な違いを理解しましょう。それぞれ以下のような違いがあります。

  • 振袖:未婚女性が着用する、袖が長く華やかなデザインの着物。
  • 白無垢:結婚式で花嫁が着る、純白で清楚な印象の着物。

色やデザインの選び方

撮影の衣装選びでは、色やデザインが重要です。色にはそれぞれ意味があり、季節や撮影のロケーション、花嫁の個性に合わせて選ぶことが大切です。例えば、春には桜を連想させるピンクや淡い色合いが、秋には紅葉を思わせる赤やオレンジがおすすめです。デザインは、伝統的な柄からモダンなデザインまで幅広く、撮影のテーマや希望する雰囲気に合わせて選ぶことができます。

色選びのポイント

  • 季節感を反映させる色を選ぶ。
  • ロケーションの風景と調和する色を考える。
  • 花嫁の肌色や好みに合わせた色を選ぶ。

デザイン選びのポイント

  • 撮影のテーマに合わせたデザインを選ぶ。
  • 伝統的な柄やモダンなデザインから選ぶ。
  • 衣装全体のバランスを考え、小物との調和を重視する。

衣装選びでは、美しさだけでなく、個性や撮影のコンセプトを表現することが大切です。色やデザイン、衣装の種類をしっかりと選ぶことで、一生の記念に残る美しい写真となります。スタジオやロケーションでの撮影を予定している場合は、事前に情報を集め、プランニングすることが成功の鍵となります。また、撮影当日は着付けやヘアメイクにも時間が必要なので、余裕をもって準備を進めましょう。

撮影当日の準備と注意点

準備不足での撮影や、当日の注意点を見落としてしまうと、せっかくの機会が台無しになってしまいます。ここでは、和装での撮影を控える皆さんが、当日をスムーズに、そして美しく過ごすための準備と注意点について紹介します。

撮影当日に必要な持ち物

和装での撮影は、衣装や小物だけでなく、快適に過ごすためのアイテムも重要です。撮影当日におすすめの持ち物を紹介します。

  • 衣装関連
  • 着物:事前に選んだ着物や振袖、白無垢など。
  • 肌着:着物の下に着る肌着。着物用のものを用意。
  • 足袋:和装に合わせた足袋。
  • 草履または下駄:衣装に合わせた履物。
  • 小物:帯締め、帯揚げ、扇子など、衣装を引き立てる小物。
  • 美容関連
  • 化粧品:当日のメイク直し用に、普段使いの化粧品を持参。
  • ヘアアクセサリー:ヘアスタイルに合わせたアクセサリー。
  • ヘアスプレーピン:ヘアスタイルを整えるために。
  • その他
  • 飲み物:長時間の撮影になることも考えられるので、水分補給用に飲み物を。
  • 軽食:小腹が空いたときのために、簡単に食べられる軽食を。
  • タオル:汗を拭いたり、メイク直しをしたりする際に使用。
  • 簡易ミラー:メイク直しや着付けのチェックに。

和装での撮影のよくある悩みと対処法

和装での撮影は、普段とは異なる準備が必要で、特有の悩みが生じることもあります。よくある悩みとその対処法を紹介します。

悩み1:着物が着崩れてしまう

対処法:着付けはプロに任せましょう。撮影スタジオやロケーションによっては、着付けサービスもあります。また、着崩れ防止のために、着付け小物を用意しておくと安心です。

悩み2:長時間の撮影で疲れてしまう

対処法:撮影の合間に十分な休憩を取ることが大切です。事前にスケジュールを確認し、休憩時間を確保しておきましょう。また、軽食や飲み物を持参することで、体力の維持にもつながります。

悩み3:ヘアスタイルやメイクが崩れる

対処法:撮影当日のヘアメイクは、プロに任せることをおすすめします。また、メイク直し用の化粧品やヘアスタイルを整えるためのアイテムを持参し、定期的にチェックしましょう。

アンティークきものレンタルゆめやでは、悩みを解決できる「着物を自由に選べるフォトウェディングプラン(ロケーション撮影)【set11】」をご用意しております。
こちらは、「一生残る婚礼写真」だから、着物にこだわりたい方におすすめのプランです。100年以上の歴史があるアンティーク振袖を中心に、200点以上をお得なプラン専用価格でご提供しています。プランにはご新婦様のお好きな衣装(1点、そのほか筥迫、末広、抱え帯、草履、かんざしなどすべての婚礼小物が含まれます)とご新郎様のお着物(1点羽織・袴・草履など一式。家紋のご変更も可)のほか、フォトグラファー・着付け・ヘアメイクなど、ロケーション撮影に必要な準備や手配が含まれます。ゆめや提携先のフォトグラファーと事前にしっかり打ち合わせ。ご希望の場所や撮影リクエストにも対応します(東京都内限定・要相談)。「着物専門店ならでは」のこだわりの品揃えから、お好きな組み合わせをお選びください。実際のお着物・小物はゆめや東京店でのご試着でお選びいただけます。まずはご試着をお申し込みください。

和装での撮影は、準備が大変ですが、すてきな写真が残ります。上記の準備と注意点を心掛けて、撮影当日をより美しく、そして快適に過ごしましょう。

まとめ

この記事では、和装での撮影の基本から、衣装選び、ロケーション選定、撮影当日の準備まで、幅広い情報を紹介しました。和装での撮影によって、結婚式や特別な記念日の、素晴らしい瞬間が永遠に残ります。そして、美しい和装を通じて、日本の伝統と文化を再発見し、大切な人との絆を深めることができるのです。この記事が、和装での撮影を検討しているすべての方々にとって有益で、すてきな撮影に役立つことを願っています。

婚礼

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

長い羽根の鳳凰と桐、青海波の黒振袖【fuk10】

【成人式の着物】黒の振袖が選ばれる理由|レンタル方法と注意点

成人式は一生に一度の特別な日。この重要な日に多くの女性が選ぶのが、黒の着物です。黒の着物はそのシックで洗練された雰囲気に加え、伝統と現代の美しさを兼ね備えています。その大きな魅力は、選んだ人はもちろん、その着姿を見る人を […]

ひとつ前の記事

男性着物イメージ

【男性必見】大正ロマンな着物とは?プロ直伝のコーディネートもご紹介!

大正ロマンという言葉から受けるイメージは、華やかで個性的、そしてどこか懐かしい雰囲気が漂うものです。大正時代のファッションは、今なお多くの人々を魅了しています。男性の服装も、着物や羽織などの和服にカンカン帽をかぶるといっ […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!