婚礼イメージ・立涌に吉祥紋様四季の花刺繍の打掛一式【utk02】

【2024年最新】写真だけで結婚式を彩る!フォトウェディングのすすめ

はじめに

結婚式といえば、多くの人が挙式や披露宴を思い浮かべるかもしれません。しかし、最近では「写真だけの結婚式」いわゆるフォトウエディングを選ぶカップルが増えています。このトレンドは、結婚の形が多様化している現代において、新たな選択肢として注目されています。

この記事では、写真だけの結婚式、特に和装を中心にしたフォトウェディングの魅力に迫ります。結婚式の新しい形を考えている方々に、その理由と基本知識、そして和装でのフォトウェディングの美しさを紹介します。

写真だけの結婚式が選ばれる理由

写真だけの結婚式が選ばれる最大の理由は、そのシンプルさとコストパフォーマンスの高さにあります。挙式や披露宴を行う場合、準備や実施に多大な時間と費用がかかります。しかし、フォトウェディングなら、必要なのは撮影のための衣装と美しいロケーション、そしてプロのカメラマンだけ

結婚の記念を美しく残しつつ、費用と時間を大幅に節約できるのです。また、小さな結婚式を望むカップルや、家族や親しい友人とのプライベートな時間を重視する方々にもぴったりです。

フォトウェディングの基本知識

フォトウェディングとは、文字通り写真を中心とした結婚式のこと。挙式や披露宴は行わず、結婚式の衣装を着てプロのカメラマンによる撮影を楽しむスタイルです。撮影場所は、スタジオのほか、自然豊かなロケーションや歴史的建造物など、カップルの希望に応じて選べます

和装やウェディングドレスなど、さまざまな衣装で撮影を行うことができ、その日のために特別なヘアメイクや小物を用意することも可能です。フォトウェディングは、結婚の記念を美しく、かつ個性的に残したいカップルに最適な選択肢と言えるでしょう。

和装でのフォトウェディングの魅力

和装でのフォトウェディングは、特に日本の伝統美を重んじるカップルに人気があります。白無垢や色打掛など、伝統的な和装を身にまとい、日本の自然や歴史的建造物を背景に撮影することで、時間を超えた美しさを写真に残すことができます。

また、和装はその装い自体が非常に美しく、結婚式の記念として特別な意味を持ちます。美しいロケーションでの撮影は、結婚の記憶をより鮮やかに、そして心温まるものにしてくれるでしょう。和装でのフォトウェディングは、日本の伝統と自然の美しさを背景に、二人の結婚を祝福する素晴らしい方法です。

フォトウェディングプランの選び方

写真だけの結婚式「フォトウェディング」は、結婚式の新たな形として多くのカップルに選ばれています。特に、和装での撮影を希望するカップルにとって、プランの選び方は重要なポイントになります。

スタジオ撮影かロケーション撮影か、結婚式場でのオプションか、そしてどのような衣装を選ぶか、それぞれの選択が、撮影のスタイルや雰囲気、最終的な費用に大きく影響します。ここでは、それぞれの選択肢の特徴と、和装でのフォトウェディングを考える際のポイントを紹介します。

スタジオ撮影とロケーション撮影の違い

スタジオ撮影とロケーション撮影は、それぞれ異なる魅力があります。スタジオ撮影は、天候に左右されることなく、計画的に撮影を進めることができるメリットがあります。また、照明や背景を自由に選べるため、理想のシーンを創出することが可能です。

一方、ロケーション撮影は、自然光のもとで自然体の写真を撮ることができ、撮影場所の風景を背景にすることで、よりドラマティックな写真を残すことができます。

結婚式場での撮影オプション

結婚式場での撮影オプションを利用することも、フォトウェディングには欠かせません。多くの結婚式場では、挙式や披露宴とは別に、フォトウェディング専用のプランを用意しています。これらのプランでは、式場独自の美しいロケーションや設備を背景に撮影することができ、特に、和装に合わせた撮影には最適です。

また、式場によっては、専門のカメラマンやヘアメイクアーティストのサービスを提供している場合もあり、トータルでコーディネートしてくれるため、準備の手間を省くことができます。

衣装選びのポイント

和装でのフォトウェディングを考える際、衣装選びは非常に重要です。特に、正絹のアンティーク着物を選ぶことはおすすめで、写真の質を一層高めることができます。着物選びのポイントとしては、まずは自分たちの好みやテーマに合った色や柄を選ぶことが大切です。また、撮影場所や季節に合わせて、装いを決めることも重要です。

例えば、春には桜の下での撮影に合わせた淡い色の着物を、秋には紅葉を背景にした撮影には渋い色合いの着物がおすすめです。さらに、小物選びも撮影の印象を大きく左右します。髪飾りや帯、扇子などの小物を上手に組み合わせることで、より一層美しい和装スタイルを完成させることができます。

ここで、ゆめやで取り扱っている着物レンタルセットプランから、「着物を自由に選べる婚礼・前撮り用衣装レンタルプラン(撮影無し)」をご紹介します。

こちらは、「一生残る婚礼写真」だから、着物にこだわりたい方におすすめのとてもお得なセットプランです。100年以上の歴史があるアンティーク振袖を中心に、200点以上をお得なプラン専用価格でご提供しています。 プランにはご新婦様のお好きな衣装(1点、筥迫、末広、抱え帯、草履などすべての婚礼小物が含まれます)とご新郎のお着物(1点 羽織・袴・草履など一式。家紋のご変更も可)が含まれます。実際のお着物・小物はゆめや東京店でのご試着でお選びいただけます。ご試着からお申し込みください。 ※本プランは衣装レンタルのみとなります。撮影は含まれません。ご注意下さい。

撮影前の準備

フォトウェディングでは、撮影前の準備が非常に重要です。特に和装を選ぶ場合、衣装の選定からヘアメイク、撮影スケジュールの立て方まで、細部にわたる準備が必要となります。和装はその繊細な美しさと伝統的な価値で、結婚式の写真を一層際立たせてくれます。ここでは、和装フォトウェディングにおける撮影前の準備について、具体的なリストとポイントをご紹介します。

撮影に必要な準備リスト

撮影に向けての準備は計画的に行うことが大切です。まずは、以下のリストを参考にしてください。

  • 衣装選び: 和装の種類(白無垢、色打掛など)を選び、サイズやデザインを決定します。
  • 小物選び: 衣装に合わせた帯、草履、扇子などの小物を選びます。
  • ヘアメイク予約: 和装に合わせたヘアスタイルとメイクを事前に決め、プロのヘアメイクアーティストを予約します。
  • 撮影場所の選定: スタジオ撮影かロケーション撮影かを決め、場所を予約します。
  • 撮影プランの確認: 撮影で実現したいシーンやポーズについて、カメラマンと打ち合わせを行います。

ヘアメイクと衣装の調整

和装でのフォトウェディングでは、ヘアメイクと衣装の調整が特に重要です。和装にはナチュラルで上品なヘアメイクが似合います。また、衣装の着付けは専門の知識が必要となるため、プロの着付け師に依頼することをおすすめします。事前にヘアスタイルのイメージを決めておき、当日は余裕を持って準備を始めましょう。衣装とヘアメイクが完璧に調和することで、より美しい写真を残すことができます。

撮影スケジュールの立て方

撮影日当日をスムーズに進めるためには、事前に撮影スケジュールをしっかりと立てておくことが重要です。撮影場所への移動時間、衣装やヘアメイクの準備時間、実際の撮影時間などを考慮し、余裕を持ったスケジュールを組み立てましょう。また、ロケーション撮影の場合は、天候や交通状況による影響も考慮に入れる必要があります。撮影スケジュールはカメラマンとも相談しながら、最適なプランを立ててください

撮影当日の流れ

撮影当日は、計画的に進めることでスムーズに、そして楽しく過ごすことができます。特に和装でのフォトウェディングでは、衣装の着付けやヘアメイクに時間がかかるため、余裕をもったスケジュールが必要です。ここでは、撮影スタジオでの一日の流れ、ロケーション撮影のポイント、そして和装での撮影テクニックについて解説します。

撮影スタジオでの一日

撮影スタジオでのフォトウェディングは、天候に左右されずに計画を立てやすいというメリットがあります。まず、撮影の数日前にはスタジオやカメラマンと最終確認を行い、撮影当日の流れを把握しておきましょう。通常、撮影は早朝から始まります。和装の場合、着付けとヘアメイクに2時間以上かかることも珍しくありません。そのため、撮影開始時間よりも早めにスタジオに到着することが重要です。

スタジオに到着したら、まずはヘアメイクから始めます。和装に合わせたヘアスタイルを事前に選んでおくとスムーズです。その後、プロの手による着付けが行われ、完璧な和装になります。撮影は、事前に決めておいたシーンごとに進められ、ポーズや表情の指示に従いながら、二人の大切な瞬間が撮影されます。

ロケーション撮影のポイント

ロケーション撮影では、事前の下見が非常に重要です。特に和装での撮影を希望する場合、移動のしやすさや着付けの場所、更衣室の有無などを確認しておく必要があります。また、撮影場所によっては許可が必要な場合もあるため、スタジオやカメラマンと相談の上、計画を立てましょう

ロケーション撮影の魅力は、自然光の下での自然な表情や、背景となる風景の美しさにあります。特に景色の良い場所では、季節ごとの自然の変化を背景に、二人だけの特別な写真を残すことができます。撮影では、光の方向や時間帯を意識し、最も美しい瞬間を捉えましょう

和装での撮影テクニック

和装でのフォトウェディングでは、衣装の美しさを最大限に引き出すためのポーズが重要です。特に、打掛や白無垢などの豪華な衣装を着る場合、衣装の柄や形がよく見えるようにポーズを取ることがポイントです。例えば、袖を美しく見せるためには、腕を軽く曲げて袖を広げるポーズがおすすめです。

また、和装の場合、ヘアスタイルや小物使いも撮影の印象を大きく左右します。ナチュラルなヘアスタイルに、繊細な髪飾りを合わせることで、より和装の魅力を引き立てることができます。撮影では、カメラマンと密にコミュニケーションを取りながら、二人の個性や和装の美しさが際立つショットを目指しましょう

フォトウェディングの費用と予算

フォトウェディングは、結婚式の新しい形として多くのカップルに選ばれています。特に、和装を取り入れたフォトウェディングは、その美しさと日本の伝統を感じられることから、国内外の多くのカップルに人気です。

しかし、フォトウェディングを計画する上で最も気になるのが、その費用と予算です。ここでは、フォトウェディングにかかる費用の内訳と、予算を抑えるコツについて解説します。

プランに含まれるサービスと費用

フォトウェディングのプランは、スタジオ撮影からロケーション撮影、衣装のレンタル、ヘアメイクサービスまで、さまざまなサービスが含まれています。一般的に、基本プランにはスタジオでの撮影が含まれ、ロケーション撮影や特別な衣装を希望する場合は追加費用が発生します。

また、ヘアメイクや小物のレンタルもプランによって異なります。人気のロケーションなど、撮影場所によっても費用が変わるため、事前にしっかりと確認することが重要です。

オプションサービスの選び方

フォトウェディングの費用を計画する上で、オプションサービスの選び方は非常に重要です。例えば、ロケーション撮影は魅力的ですが、移動や撮影許可に追加費用がかかることがあります。また、衣装やヘアメイクのグレードアップも費用が増加する主な要因です。

オプションサービスを選ぶ際は、どのサービスが自分たちのフォトウェディングにとって本当に必要かを考え、優先順位をつけることが大切です。また、パッケージプランの中には、必要なサービスがすべて含まれているものもあるため、複数のプランを比較検討することをおすすめします。

費用を抑えるコツ

フォトウェディングの費用を抑えるためには、いくつかのコツがあります。まず、オフシーズンや平日に撮影を行うことで、撮影料金が割引になる場合があります。また、撮影に必要な衣装や小物は、自分たちで用意できるものがあれば、それを活用することでレンタル費用を節約できます。

さらに、撮影した写真はアルバムにする代わりにデータで受け取り、自分たちでアルバムを作成することも一つの方法です。これらのコツを活用することで、フォトウェディングの費用を効果的に抑えることが可能です。

新婦さんに焦点があたりがちではありますが、新郎さんの衣装も実は重要な要素です。
レンタルサービスによっては、新郎新婦様の衣装を一括でレンタルするとてもお得なサービスも存在します。そういったサービスを比較検討し、自分たちに合ったサービスを選択することが大切です。

ここで、ゆめやが取り扱っている新郎新婦様向けのレンタルプランから、「着物を自由に選べるフォトウェディングプラン(ロケーション撮影)」をご紹介します。

こちらは、100年以上の歴史があるアンティーク振袖を中心に、200点以上をお得なプラン専用価格でご提供しています。 プランにはご新婦様のお好きな衣装(1点、そのほか筥迫、末広、抱え帯、草履、かんざしなどすべての婚礼小物が含まれます)とご新郎のお着物(1点 羽織・袴・草履など一式。家紋のご変更も可)のほか、カメラマン・着付け・ヘアメイクなど、ロケーション撮影に必要な準備や手配が含まれます。 ゆめや提携先のカメラマンと事前にしっかり打ち合わせ。ご希望の場所や撮影リクエストにも対応します(東京都内限定・要相談)。「きもの専門店ならでは」のこだわりの品揃えから、お好きな組み合わせをお選びください。 実際のお着物・小物はゆめや東京店でのご試着でお選びいただけます。まずはご試着をお申し込みください。

和装でのフォトウェディング

和装でのフォトウェディングは、結婚式の写真を残す上で、特別な選択肢となります。日本の伝統美を背景に、二人の絆を形にするこのスタイルは、多くのカップルにとって魅力的な選択です。和装を選ぶことで、結婚式の記念写真に深みと意味を加えることができます。

和装の選び方とこだわりポイント

和装を選ぶ際には、衣装の種類や色、柄にこだわりを持つことが大切です。白無垢や色打掛など、多様な和装から選ぶ楽しみは、フォトウェディングならではの醍醐味です。また、小物選びも和装の印象を大きく左右します。扇子や簪(かんざし)などのアクセサリーを選ぶ際には、衣装との調和を考えることが重要です。和装選びにおいては、専門のスタジオやプランナーと相談しながら、自分たちのスタイルに合った一着を見つけることができます。

伝統的な和装での撮影スタイル

伝統的な和装での撮影は、結婚式の写真に時代を超えた美しさをもたらします。撮影スタイルには、自然光を活用したナチュラルなものから、より演出を凝らしたものまでさまざまです。特に、自然豊かなロケーションでの撮影は、和装の魅力を最大限に引き出します

和装特有の撮影テクニック

和装でのフォトウェディングでは、特有の撮影テクニックがあります。例えば、和装のドレープや質感を生かした撮影や、衣装の色と自然の色を調和させることで、写真に深みを与えることができます。

また、ポーズにも和装ならではの美しさがあり、落ち着いた佇まいや優雅な立ち姿は、和装の雰囲気をより引き立てます。撮影時には、ヘアメイクや衣装の細部にまで注意を払い、和装の美しさを最大限に表現することが大切です。

フォトウェディングのメリットと注意点

フォトウェディングは、結婚式の新しい形として注目されています。特に、結婚式を挙げるにあたっての費用や準備の負担を減らしつつ、結婚の記念を美しく残したいカップルにとって、写真だけの結婚式というスタイルは魅力的な選択肢です。

しかし、フォトウェディングを選ぶ際には、メリットだけでなくいくつかの注意点があります。これらを理解することで、より満足度の高いフォトウェディングを実現できるでしょう。

フォトウェディングのメリット

フォトウェディングの最大のメリットは、いわゆる結婚式と比較して必要な費用を大幅に削減できる点にあります。写真だけということで、挙式や披露宴を行わないため、会場費や食事、装飾などのコストがかかりません

また、フォトウェディングは、時間や場所を自由に選べる柔軟性があります。さらに、和装やウエディングドレスなど、衣装選びの自由度も高く、二人だけの特別なスタイルを実現できます。ヘアメイクや小物選びにもこだわり、完全に自分たちの希望に合わせた撮影が行えるのです。

注意すべきポイントと対策

フォトウェディングを検討する際には、いくつかの注意点があります。まず、撮影プランやスタジオ選びには、事前のリサーチが必要です。希望するスタイルやロケーション、衣装の種類によっては、追加の費用が発生する場合があります。

また、撮影当日のスケジュール管理も重要です。特に、ロケーション撮影の場合は、天候や交通状況に左右されることがあるため、余裕を持った計画が必要です。これらの注意点は、専門のプランナーやスタジオとの事前の打ち合わせで解消できます。プロフェッショナルのアドバイスを受けながら、細部にわたる希望を伝えることが、理想のフォトウェディングを実現する鍵です。

40代でも楽しめるフォトウェディング

フォトウェディングは、年齢を問わず楽しめる選択肢です。特に40代のカップルにとっては、結婚の記念を落ち着いた形で残したい、家族や親しい友人との小さなセレモニーを重視したいというニーズに応えることができます。

和装での撮影を選ぶことで、年齢を重ねたからこそ似合う、落ち着いた雰囲気や優雅さを表現できます。また、撮影を通じて、夫婦の新たな絆を深める機会にもなります。フォトウェディングは、結婚式を挙げるか迷っているカップルや、結婚記念日を特別な形で祝いたいカップルにもおすすめです。歳を重ねるごとに変化する二人の関係や愛情を、美しい写真に残すことで、永遠の記念とすることができるのです。

まとめ

フォトウェディングは、結婚式の新たな形として多くのカップルに選ばれています。特に和装での撮影は、その美しさと意義で注目を集めています。この記事では、フォトウェディングを通じて理想の結婚式を叶える方法、和装での撮影のメリット、そして自分たちに合ったフォトウェディングの選び方について解説しました。

フォトウェディングで叶える理想の結婚式

フォトウェディングは、挙式や披露宴を伴わない写真撮影だけの結婚式です。このスタイルは、特に忙しいカップルや経済的な理由で大規模な結婚式を控えたいカップルにとって、理想的な選択肢となります。

和装での撮影を選ぶメリット

和装でのフォトウェディングは、特に日本の伝統美を重んじるカップルにとって、大きな魅力があります。白無垢や色打掛などの伝統的な衣装は、その豪華さと繊細な美しさで、花嫁を一層引き立てます。また、和装は日本の四季を感じさせるロケーションとも相性が良く、春の桜、夏の緑、秋の紅葉、冬の雪景色など、季節ごとの自然の美しさを背景にした撮影が可能です。和装での撮影は、結婚式の写真を通じて日本の文化や伝統を後世に伝えることもできるため、意義深い選択と言えるでしょう。

あなたに合ったフォトウェディングの選び方

自分たちに合ったフォトウェディングを選ぶには、いくつかのポイントを考慮する必要があります。まず、撮影のスタイルを決めることが重要です。スタジオ撮影を選ぶか、それとも自然光あふれるロケーション撮影を選ぶかによって、撮影の雰囲気は大きく変わります。

次に、衣装選びです。和装を選ぶ場合は、伝統的なスタイルを好むか、現代的なアレンジが施された和装を好むかによって選択肢が異なります。また、ヘアメイクや小物選びも、和装の美しさを引き立てる重要な要素です。

最後に、予算を考慮し、希望するサービスを提供してくれる信頼できるフォトウェディングプランを選ぶことが大切です。自分たちの理想とする結婚式のイメージを明確にし、それを実現できるプランを選びましょう。

〈参考記事〉
https://hana-yume.net/howto/wedding-photo-only/
https://zexy.net/navi/photo_wedding/manual03.html
https://www.niwaka.com/ksm/radio/photo-wedding/basic/base/07/
https://zexy.net/article/app002006021/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

長い羽根の鳳凰と桐、青海波の黒振袖【fuk10】

【成人式の着物】黒の振袖が選ばれる理由|レンタル方法と注意点

成人式は一生に一度の特別な日。この重要な日に多くの女性が選ぶのが、黒の着物です。黒の着物はそのシックで洗練された雰囲気に加え、伝統と現代の美しさを兼ね備えています。その大きな魅力は、選んだ人はもちろん、その着姿を見る人を […]

ひとつ前の記事

グリーン地に鳳凰と花丸紋の色打掛一式【utk13】

【2024年最新版】花嫁必見!色別打掛の選び方とおすすめスタイル

はじめに:打掛とは – 和装婚の魅力 打掛は、伝統的な日本の結婚式で着用される豪華な装いであり、その美しさは繊細な刺繍や鮮やかな色使い、上品なデザインによって表現されます。花嫁の打掛は、新しい人生の始まりを祝福し、家族や […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!