七五三ヘアスタイルイメージ_kzs

【2024年最新】7歳の七五三を彩る!アンティーク着物のレンタルガイド

はじめに

七五三は、子どもの健やかな成長を祝う大切な日本の伝統行事です。特に7歳の女の子にとって、この日は人生で初めて本格的な着物を着る、大きな節目の日となります。

そんな特別な日を彩る衣装として、アンティーク着物はその美しさと歴史的価値で、多くの家族から選ばれています。

しかし、着物や和装に詳しくない方にとって、アンティーク着物を選ぶことは少し難しく感じるかもしれません。

そこで、この記事では、7歳の女の子の七五三にふさわしいアンティーク着物の選び方、レンタルの流れ、着付けの方法など、必要な情報をわかりやすくご紹介します。

この記事を通して、アンティーク着物の魅力に触れ、7歳の七五三をより特別なものにするためのお手伝いができれば幸いです。

七五三で選ぶべきアンティーク着物の魅力

アンティーク着物は、ただ古いだけではなく、長い時間を経て受け継がれてきた価値ある衣装です。

その独特の風合いやデザインは、現代のものとは一線を画し、七五三というおめでたい日の衣装として、アンティーク着物を選ぶことで、記念に残る一日が、さらに特別なものになるでしょう。

ここでは、アンティーク着物の魅力と七五三向けのアンティーク着物の特徴について見ていきます。

歴史が息づくアンティーク着物の価値

アンティーク着物は、一般的に、大正時代から昭和初期に作られた着物のことを指します。

アンティーク着物には、時代を超えて受け継がれてきた歴史が息づいており、それぞれの着物には、かつてそれを着た人々の物語や、作り手の技術が込められています。

特に、七五三で着用するアンティーク着物は、祝いの場にふさわしい華やかなデザインや色彩が特徴です。

紫や赤、水色など、鮮やかな色合いに加え、鶴や花、牡丹などの吉祥の柄が施されていることが多く、子どもたちの健やかな成長と幸せを願う思いが込められています。

また、アンティーク着物を選ぶことで、一般的なレンタル着物にはない、唯一無二の衣装を身にまとうことができます。そのため、七五三の写真撮影でも、他とは違う特別感を演出できること間違いなしでしょう。

7歳の七五三にふさわしいアンティーク着物の特徴

7歳の女の子の七五三にふさわしいアンティーク着物は、そのサイズやデザインに特徴があります。

7歳の七五三は「帯解(おびとき)の儀」と呼ばれ、子どもが大人の着物を着始める節目とされています。

この年齢に合わせたアンティーク着物は、子どもたちが着用しやすいように工夫されており、動きやすさと見た目の美しさを兼ね備えています。

また、フルセットでレンタルできる店舗も多く、着物だけでなく帯や草履、小物一式が揃っているため、初めて着物を着る方でも安心です。

アンティーク着物を選ぶ際は、色や柄だけでなく、着付けの方法やクリーニングの有無も確認しておくと良いでしょう。

ネットや店頭で詳しく情報を得ることで、七五三の日をより豊かに彩るアンティーク着物を見つけることができます。

このように、アンティーク着物はその歴史的価値と、7歳の七五三にふさわしい特別なデザインで、記念日をより一層際立たせてくれます。

アンティーク着物を選ぶことで、お子さまの大切な一日を、忘れられない美しい思い出にしてみてはいかがでしょうか。

ここで、ゆめやで取り扱っている七五三用のアンティーク着物のレンタルセットから、「カナリヤ色とインディゴブルーの水紋に鞠と折鶴の7歳祝着」をご紹介します。

こちらは、アンティークの長襦袢の生地から仕立てた7歳用の祝着です。インディゴブルーの地に、元気なカナリア色が映えています。鞠や折り鶴は手描きで施され、まるで踊っているかのようなデザインです。裏には総絞りの正絹地を当て、表の長襦袢の生地と、裾回しと振りに使用した総絞り生地を合わせて帯も仕立てました。

アンティーク着物レンタルの基礎知識

七五三という特別な日に、7歳の女の子にふさわしいアンティーク着物を選ぶことは、一生の思い出に残ることでしょう。

しかし、アンティーク着物を購入するには高価であり、特に成長期のお子さまにとってはコストパフォーマンスが良くありません。

そこでおすすめなのが、アンティーク着物のレンタルサービスです。レンタルなら、一定期間だけ特別な着物を手頃な価格で利用できます。

この章では、アンティーク着物のレンタルサービスの基礎知識として、レンタルできる着物の種類とレンタルの流れ、注意点について詳しく解説します。

レンタルできるアンティーク着物の種類

アンティーク着物には、さまざまな種類があります。

主に、古典的なデザインのものから、モダンなタッチが加えられたレトロモダンなデザインまで幅広く存在します。

特に七五三では、女の子の成長と健康を願う意味を込めた、華やかな柄の着物が好まれます。例えば、赤やピンク、水色などの明るい色彩に、花や鶴、牡丹などの吉祥文様が施された着物は、7歳の女の子の着物として人気です。

レンタルできるアンティーク着物は、一式セットで提供されることが多く、着物本体のほかに帯、草履、バッグ、髪飾りなど、必要な小物が全て揃っています。

サイズも豊富に取り揃えられているため、お子さまの体型に合わせて最適なものを選ぶことができます。

アンティーク着物レンタルの流れと注意点

一般的に、アンティーク着物をレンタルする場合、着物を店頭で直接受け取り、着付けをする方法と、指定の日時と場所に着物を届けてもらう方法の2つがあります。

ここでは、当店でも採用している、着物を配送する場合のレンタルの流れについて、タイムラインで見ていきます。

【アンティーク着物レンタルの流れ】

  1. 着物選び・予約: レンタルショップがオンライン上で紹介している着物を自分の好みに合わせて選びましょう。お気に入りの一着が見つかったら、着物を利用したい日付、配送してもらいたい場所を決め、予約を入れましょう。オンラインだけでは不安という場合は、無料で試着を行っている場合もあるので、試着の予約をして、予約日に店舗を訪れましょう。
  2. 指定の場所へ着物を配送: 予約時に指定した着物の利用日の2日前(店舗によって異なります)に着物が配送されます。
  3. 利用日当日: レンタルした着物を着て、七五三当日を楽しみましょう。自分で着物を着るのが不安という場合は、あらかじめレンタル店で着付けが可能かどうかも確認し、当日はプロの着付け師に着物を着つけてもらいましょう。
  4. 返却: 着物の利用日の翌日までに、レンタルした着物を梱包し、発送しましょう。クリーニングや補修などは不要である場合がほとんどですが、大きく汚損したような場合は店舗に速やかに連絡をいれましょう。

続いて、アンティーク着物をレンタルする際に、気をつけたいポイントについて見ていきます。

【レンタルの注意点】

  • 予約のタイミングについて: 特に人気のデザインやサイズは早期に予約が埋まることがあるため、できるだけ早めに手続きをすることが大切です。
  • レンタル期間や利用規約の確認: レンタル期間や返却方法、万が一の汚損や破損時の対応についても、事前に確認しておくと安心です。
  • 料金の比較検討: 料金体系も店舗によって異なるため、複数のレンタル店を比較検討することをおすすめします。

上記のポイントを参考にして、お子さまにとって、美しいアンティーク着物を着ての七五三を、忘れられない思い出にしてあげてみてはいかがでしょうか。

7歳の女の子におすすめのアンティーク着物スタイル

7歳の七五三は、女の子にとって人生で初めての大きな節目の一つです。この特別な日には、アンティーク着物を選ぶことで、伝統と現代の美しさを兼ね備えたスタイルを実現できます。

ここでは、7歳の女の子におすすめのアンティーク着物スタイルと、それに合わせる帯や小物の選び方をご紹介します。

古典からモダンまで、さまざまなスタイルの紹介

アンティーク着物には、古典的なデザインからモダンなデザインまで、幅広いスタイルが存在します。

  • 古典的スタイル: 古典的なスタイルの着物は、伝統的な柄や色合いが特徴で、慎重に選ばれた一枚は、時間を超えた美しさを演出します。例えば、牡丹や鶴、流水といった自然をモチーフにした柄は、長い間、日本の着物デザインで愛され続けています。
  • モダンスタイル: モダンなアンティーク着物は、古典的な要素を残しつつも、色使いや柄の配置で現代的な感覚を取り入れたものが多く見られます。鮮やかな色彩や大胆なデザインは、若々しく活動的な7歳の女の子にぴったりです。特に、水色やピンク、ライトグリーンといった明るい色は、お子さまの清潔感と無邪気さを引き立てます。

年齢に合わせた帯や小物の選び方

アンティーク着物をさらに引き立てるためには、帯や小物の選び方も重要です。

  • 帯の選び方: 7歳の女の子には、着物の柄や色に合わせて、シンプルながらも華やかな帯を選ぶと良いでしょう。帯の色は、着物に使われている色の中から一色を選んで統一感を出すか、あえてコントラストを効かせる色を選ぶことで、個性を表現できます。
  • 小物の選び方: 小物に関しては、草履やバッグ、髪飾りなど、トータルでコーディネートを考えることが大切です。草履は、足のサイズに合ったものを選び、長時間履いても疲れにくいものがおすすめです。バッグや髪飾りは、着物や帯と同じ色や柄を取り入れることで、統一感のあるスタイリングを目指しましょう。また、髪飾りには、花やリボンなど、女の子らしいかわいらしいアイテムを選ぶと、より華やかな印象になります。

アンティーク着物で七五三を迎えることは、お子さまにとっても親御さんにとっても忘れられない思い出となるでしょう。選ぶ楽しみ、着る喜びを共有することで、家族の絆も深まります。

七五三の前撮りに最適なアンティーク着物

七五三は、お子さまの成長を祝う大切な行事です。特に7歳の女の子にとって、この日は人生で忘れられない一日となるでしょう。

そんな特別な日にふさわしいアンティーク着物を選ぶことは、お子さまだけでなく、家族にとっても喜びの一つです。

アンティーク着物は、その独特の風合いと歴史的価値で、前撮りの写真をより一層引き立てます。

しかし、どのようにして最適なアンティーク着物を選び、コーディネートすればよいのでしょうか。

前撮りで映えるアンティーク着物の選び方

前撮りで映えるアンティーク着物を選ぶ際には、いくつかのポイントを押さえておくことが重要です。

  • サイズ選びについて: お子さまの年齢や身長に合ったサイズを選ぶことが基本です。7歳の女の子には、四つ身の着物が一般的ですが、アンティーク着物の場合、サイズが限られていることもあります。そのため、早めにレンタル店舗やネットでの検索を始めることをおすすめします。
  • 色と柄の選び方: 色や柄の選び方ですが、前撮りの写真には、鮮やかな色合いや華やかな柄の着物が映えます。特に、赤やピンク、水色などの明るい色は、お子さまの健やかな成長を象徴し、写真にも明るい雰囲気をもたらします。また、牡丹や鶴、梅といった吉祥の意味を持つ柄を選ぶと、お子さまの健やかな成長への願いも込められます。
  • アンティーク着物の背景を知る: アンティーク着物を選ぶ際は、その着物の歴史や背景にも注目してみてください。手から手へと受け継がれてきた着物には、それぞれに物語があります。レンタル店舗で詳しく説明を聞くことで、着物に対する愛着も深まり、前撮りの写真にもその思いが反映されるでしょう。

色と柄で魅せる、アンティーク着物のコーディネート例

アンティーク着物の魅力を最大限に引き出すためには、色と柄の組み合わせに加え、帯や小物の選び方も重要です。

例えば、赤やピンクの着物には、金や銀の糸で織り込まれた華やかな袋帯を合わせると、より一層の豪華さを演出できます。

また、水色や淡い紫の着物には、シンプルながらも上品なデザインの帯を選ぶことで、優美な雰囲気を醸し出すことができます。

小物に関しては、髪飾りや草履、巾着などを着物や帯の色に合わせて選ぶと、統一感のあるコーディネートが完成します。

特に、髪飾りは前撮りの写真で顔周りを華やかに見せるポイントとなるため、お子さまの髪型や好みに合わせて選ぶことが大切です。

また、草履や巾着は、アンティーク着物の雰囲気を損なわないよう、古典的なデザインを選ぶと良いでしょう。

アンティーク着物での七五三の前撮りは、お子さまの成長を祝う特別な瞬間を美しく残す機会です。色と柄、そして小物の選び方一つ一つに心を込めて、お子さまにとって忘れられない一日を作り上げてください。

ここで、ゆめやで取り扱っている七五三用のアンティーク着物レンタルセットから、「ラズベリーレッドに牡丹、梅、楓と熨斗紋様の紋付7歳祝着」をご紹介します。

こちらは、アンティークの7歳用の祝着です。女の子らしいラズベリーレッドに四季の花木や熨斗が描かれています。かわいい蝶の一つ紋付の着物です。ゴールドの帯を合わせた、豪華なコーディネートにしました。

アンティーク着物を着る際の着付けと準備

七五三は、お子さまの成長を祝う大切な日です。特に7歳の女の子にとって、アンティーク着物を着るこの日は、一生の思い出になります。

しかし、アンティーク着物を美しく着こなすためには、正しい着付けと丁寧な準備が必要です。

ここでは、アンティーク着物を着る際の着付け方法と、七五三当日をスムーズに迎えるための準備リストについて詳しくご紹介します。

アンティーク着物の正しい着付け方法

アンティーク着物の着付けは、現代の着物とは異なる場合があります。特に、7歳の女の子に合わせたサイズ調整や帯の結び方には、細心の注意が必要です。

  1. 準備: 着物を着る前に必要な準備として、肌着や裾除け、足袋を着用します。さらに、長襦袢を着用しましょう。
  2. 着物を着る: 着物を身につける際には、背中心に着物の縫い目がくるように調整し、右の前身頃を体の下に、左の前身頃を上にして重ねます。この時、前身頃が開かないように、帯をしっかりと結びます。
  3. 帯結び: 帯の結び方にも、アンティーク着物ならではの美しさを引き出すコツがあります。おめでたい日の帯結びということで「文庫結び」が選ばれることが一般的ですが、お子さまのかわいらしさを引き立てるために、リボンの形になるようなアレンジの文庫結びなどもおすすめです。また、帯締めや帯揚げを使って、さらに装いを華やかにすることも可能です。
  4. 最終的な調整: 着物と帯の位置を最終的に調整し、全体のシルエットが美しく見えるようにします。衿元や袖の長さなど、細部にわたってチェックし、必要に応じて微調整を行いましょう。

着物の着付けには慣れが必要ですが、事前に練習を重ねることで、当日をよりスムーズに迎えられます。

また、プロの着付け師に依頼することも一つの方法です。特にアンティーク着物はデリケートなため、着付けに不安がある場合は専門家に相談することをおすすめします。

七五三当日をスムーズに迎えるための準備リスト

七五三当日を迎えるにあたり、スムーズに一日を過ごすための準備は非常に重要です。以下に、当日までに準備しておくべきアイテムのリストをご紹介します。

  • 着物と帯: 事前にレンタルまたは購入したアンティーク着物と帯を用意します。
  • 小物一式: 草履、バッグ、帯締め、帯揚げ、足袋など、着物に合わせた小物を準備します。
  • 肌着と裾除け: 着物の下に着る肌着と裾除けを忘れずに。
  • ヘアアクセサリー: 髪型に合わせたかんざしやリボンなど、ヘアアクセサリーを選びます。
  • 着付け小物: 着付けテープ、コーリンベルト、伊達締めなど、着付けに必要な小物を揃えておきます。
  • 化粧品: お子さま用の軽いメイクアップ用品も準備しておくと良いでしょう。
  • カメラやビデオカメラ: 大切な瞬間を残すために、カメラやビデオカメラの準備を忘れずに。

これらの準備を事前に整えておくことで、当日はアンティーク着物を美しく着こなし、七五三の祝いを心から楽しむことができます。

また、不測の事態に備えて、予備の小物や着替えを用意しておくと安心です。

七五三はお子さまにとっても親御さんにとっても特別な日です。準備をしっかりと行い、すてきな一日を迎えましょう。

アンティーク着物レンタルのQ&A

アンティーク着物のレンタルについて、特に初めての場合は、多くの方が持つ疑問や不安を感じることでしょう。

そこで、ここでは、七五三などの特別な日に、7歳の女の子にふさわしいアンティーク着物を選ぶ際に役立つ情報を、Q&A形式でご紹介します。

よくある質問とその回答

Q1: アンティーク着物レンタルの料金はどのくらいですか?

A1: アンティーク着物のレンタル料金は、セット内容やデザイン、アンティークの価値によって異なります。一般的には、フルセットで20,000円から50,000円程度が相場です。フルセットには、着物、帯、草履、バッグ、その他小物が含まれます。事前に複数の店舗やネットの情報を比較し、予算に合ったプランを選ぶことをおすすめします。

Q2: どのようなアンティーク着物がありますか?

A2: アンティーク着物には、大正ロマンを感じさせるレトロなデザインから、古典的な柄やモダンなデザインまで、さまざまな種類があります。色彩も赤、青、黒、白など多岐にわたり、花や鶴、牡丹などの伝統的な柄が施されています。お子さまの好みや七五三のシーンに合わせて選ぶことができます。

Q3: サイズはどのように選べばいいですか?

A3: アンティーク着物は一般的にサイズ調整が可能です。7歳の女の子用の着物は、身長や体型に合わせて肩上げや腰上げを行い、ぴったりとしたサイズ感に調整します。レンタル店舗によっては、事前に採寸を行い、最適なサイズの着物を用意してくれるサービスもあります。

アンティーク着物レンタルで失敗しないためのポイント

  • 早めの予約を心がける: 特に七五三のシーズンはアンティーク着物のレンタル需要が高まります。希望するデザインやサイズが早期に予約で埋まることもあるため、できるだけ早めに予約を入れることが大切です。
  • 着用シーンを明確にする: 七五三の式典だけでなく、前撮りやお参りなど、着用するシーンに合わせた着物を選ぶことが重要です。シーンに応じて適切なデザインや色を選ぶことで、より印象的な記念日にすることができます。
  • 着付けやクリーニングサービスの有無を確認する: レンタル契約時には、着付けサービスやクリーニングが含まれているかを確認しましょう。特にアンティーク着物はデリケートなため、専門のプロによる着付けや後処理が必要です。これらのサービスが充実している店舗を選ぶことで、当日の準備や後片付けの手間を軽減できます。

アンティーク着物のレンタルサービスを利用する際は、これらのポイントを押さえることで、7歳の女の子の七五三をより特別なものにすることができます。

美しいアンティーク着物で、忘れられない一日をお過ごしください。

まとめ

この記事を通じて、七五三でのアンティーク着物選びについて、基本から応用まで幅広くご紹介してきました。

アンティーク着物は、ただ古いだけではなく、その一枚一枚には長い時間を経て受け継がれてきた物語があります。7歳のお子さまの七五三にアンティーク着物を選ぶことは、ただ単に美しい衣装を着せるということ以上の意味を持ちます。

アンティーク着物を選ぶ際には、レンタルか購入かを選ぶことから始まります。レンタルであれば、価格面での負担を軽減しつつ、多様なデザインや色、柄の中から選ぶことができます。

特に、アンティーク着物はその独特の風合いや色合いが魅力ですが、サイズや状態を確認することが重要です。また、着付けやクリーニングのサービスがセットになっているレンタル店を選ぶと、当日をよりスムーズに迎えることができます。

アンティーク着物を着ることは、単に着物を着るという行為以上に、日本の伝統や文化、そして家族の絆を感じることができる特別な体験です。

7歳の七五三は、お子さまにとっても家族にとっても忘れられない思い出となるでしょう。アンティーク着物を通じて、その記念すべき日をより色鮮やかに、そして意味深いものにすることができます。

最後に、アンティーク着物を選ぶ際は、その着物が持つ歴史や物語にも耳を傾けてみてください。それぞれの着物が持つ独特の背景や、手がけた職人の技術に思いを馳せることで、着物への愛着も一層深まるはずです。

七五三でアンティーク着物を選ぶことは、過去と現在、そして未来をつなぐ素晴らしい旅になるでしょう。皆さまの七五三が、記念すべき最高の一日となりますよう、心からお祈りしています。

〈参考記事〉
https://kimono-rentalier.jp/column/shichigosan/shichigosan-color-girl/
https://news.yumeyakimono.jp/news/27383
https://bbth.co.jp/kisste/753-7sai-girlitem
https://www.precieux-studio.com/column/753maedori/
https://www.jtopia.co.jp/wakei/shichigosan-dressing/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

淡いピンクベージュに菊、牡丹、菖蒲が咲く訪問着【hou05】

【プロ監修】お宮参りの着物レンタル|選び方から着付けまで完全ガイド

はじめに お宮参りは、赤ちゃんの健やかな成長を願う大切な行事です。 そのため、お宮参りの着物選びには悩む方も多いのではないでしょうか。 以下のような悩みを抱えている方に、この記事がお役に立てれば幸いです。 この記事では、 […]

ひとつ前の記事

振袖イメージ

【2024年最新版】東京の結婚式用振袖レンタル&着付け完全ガイド

1. はじめに 結婚式は人生の中で最も記憶に残るイベントの一つです。特に日本では、伝統的な和装である振袖を着用することが多くの女性にとって特別な意味を持ちます。東京で振袖をレンタルする際には、多くの選択肢がありますが、ど […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!