空色の総絞りに波、菊、雲取紋様の振袖【fui03】

【2024年最新版】結婚式にお呼ばれ?振袖の正しい着方とマナーの全て

はじめに

結婚式にお呼ばれした際の衣装選びは、特に女性にとって大きな悩みの一つです。結婚式に着用される衣装はさまざまありますが、中でも振袖は未婚女性の華やかな礼装として、結婚式などのフォーマルな場にふさわしい装いです。しかし、振袖を選ぶ際には、色や柄、帯の合わせ方など、多くのポイントを考慮する必要があります。ここでは、結婚式にお呼ばれした際の振袖選びの意義とその魅力について詳しくご紹介します。

振袖とは、文字通り「袖を振ることができる」ほど長い袖を持つ着物で、未婚女性の礼装として位置づけられています。古典的な美しさを持ちながらも、現代的なデザインや色使いのものも多くあり、若い女性たちにとって結婚式のお呼ばれといった特別な日にふさわしい装いです。また、振袖を選ぶことは、日本の伝統文化を身近に感じる機会でもあり、自身の個性や美意識を表現する方法の一つと言えるでしょう。

振袖とは:結婚式のお呼ばれにふさわしい和装

結婚式のお呼ばれに振袖を着用することは、結婚式のような格式高い場にふさわしい敬意を示すことであり、自分自身の美意識を表現することでもあります。さらに、振袖を選ぶことで、特別な日の雰囲気を一層高め、祝福の気持ちをより豊かに伝えることができるでしょう。また、振袖は帯や小物選びにも和の美意識が反映されており、全体の調和が大切にされます。結婚式で振袖を着用することは、単に衣装を選ぶというだけではなく、着る人の心遣いやセンスが問われることとなります。

結婚式で振袖を選ぶ意義とその魅力

結婚式で振袖を選ぶことには、いくつかの意義があります。まず、未婚女性が着るべき礼装としての役割を果たすことが挙げられます。また、自分自身を美しく装うことで、特別な日の記憶をより美しいものにすることもできます。さらに、振袖選びや着付けの過程は、日本の伝統文化に触れ、学ぶ機会ともなり得ます。そして、色鮮やかな振袖は、結婚式の会場を華やかに彩り、他のゲストからも注目されることでしょう。

振袖の選び方には、着用する人の年齢や立場、結婚式の場所や季節など、考慮すべき要素が多数あります。しかし、それらを一つ一つクリアしていくことは、自分だけの最高の一着を見つけるための大切なステップです。また、振袖と共に選ぶ帯や小物は、その人の個性やこだわりを表し、振袖姿をさらに引き立ててくれます。結婚式のお呼ばれで振袖を着ることは、日本の美しい伝統を未来につなげる行為でもあり、準備から当日に至るまでのすべてが特別な体験となるでしょう。

振袖の基本マナーとは

結婚式のお呼ばれの衣装として振袖を選ぶ際には、ただ美しいだけでなく、礼装としてのマナーを守ることが求められます。ここでは、結婚式で振袖を着用することにおける基本的なマナーと、年齢や季節を考慮した振袖選びのポイントについて掘り下げていきます。

結婚式にお呼ばれした際に振袖を着ることは、日本の伝統と格式を重んじる行為とも言えます。振袖は未婚女性の正装として位置づけられており、その華やかさと格式の高さで、特別な場の装いとしてふさわしい選択肢なのです。しかし、着用する際には、装いだけでなく、振る舞いにも注意を払う必要があります。

結婚式における振袖着用のマナー

結婚式に振袖を着用する際には、以下のポイントを押さえることが大切です。

  • 色と柄の選び方:結婚式における振袖の色や柄は、明るく華やかなものが好まれますが、新婦を引き立てるという観点から、あまりに派手過ぎる色や大胆な柄は避けましょう。また、新婦が着る衣装によく用いられる白、赤、黒や金が目立つ振袖は避けることがマナーです。古典的な柄や落ち着いた色合いの中にも、洗練された美しさを感じさせる振袖を選ぶことが望ましいです。
  • 帯の結び方:帯は振袖の印象を大きく左右するため、結婚式にふさわしいフォーマルな結び方を選びます。一般的には、ふくら雀など華やかながらも品のある結び方が推奨されます。
  • 小物の選び方:振袖に合わせる小物一つ一つにも気を配りましょう。バッグや草履、ショールなども、全体のバランスを考えて選び、統一感のある装いを心掛けます。
  • ヘアスタイルとヘアアクセサリー:ヘアスタイルは振袖に合わせた伝統的なスタイルが好まれますが、現代的なアレンジも受け入れられています。ただし、あまりにカジュアル過ぎるヘアスタイルは避け、振袖に合う上品なヘアアクセサリーを選ぶことが重要です。

お呼ばれとしての振袖選び:年齢や季節を考慮する

振袖選びでは、着る人の年齢や結婚式が行われる季節も大きな要素となります。

  • 年齢に応じた選び方:20代の未婚女性は、若々しさを感じさせる明るい色の振袖を選ぶとよいでしょう。一方で、30代の女性は、落ち着いた色合いで柄の色が少ないものを選ぶことをおすすめします。
  • 季節を考慮した選び方:結婚式の季節によっても、振袖の色や柄を変えることが望ましいです。春は桜などの花をモチーフにした振袖が、夏は涼しげな青や緑の振袖が、秋は紅葉や菊の柄が、冬は雪の結晶や松の柄がそれぞれの季節感を表現します。

振袖を選ぶ際には、これらのマナーを守りながら、自分自身が最も美しく、そして快適に過ごせる一着を見つけることが大切です。結婚式のお呼ばれ着として振袖を着ることは特別な体験であり、日本の美しい文化を体現する機会でもあります。この貴重な機会を最大限に活かし、忘れられない思い出を作りましょう。

30代の女性向け:振袖の選び方

30代の女性が結婚式にお呼ばれする際、振袖選びは特別な注意を払いましょう。なぜならこの年代の女性にとって、振袖は単に伝統的な和装を楽しむだけでなく、自己表現の一つともなり得るからです。振袖の選び方一つで、その日の印象や思い出が大きく変わるため、色や柄、スタイルには特に気を配る必要があります。ここでは、30代の女性が友人の結婚式に振袖を着る際の選び方のポイントを紹介します。

年代に合わせた振袖の色と柄の選び方

振袖を選ぶ際には、以下のポイントを考慮しましょう。

  • 色選び:落ち着いた色味でも、明るいアクセントがあるものを選ぶとよいでしょう。深みのある紫や紺色、落ち着いたピンクや緑など、成熟した女性の魅力を引き立てる色を選びます。また、季節に合わせた色選びも大切です。春は桜や梅のような柔らかなピンクや淡い色彩、秋は落ち葉を連想させる温かみのある色が適しています。
  • 柄選び:年齢に見合った落ち着きのある古典柄や、洗練されたモダンなデザインがおすすめです。大胆な柄よりも、細やかな文様が織りなす上品な振袖を選ぶと、格式高い結婚式の場にふさわしい装いとなります。また、柄の配置にも注意し、バランス良く配置された柄の振袖を選ぶことで、スタイルを美しく見せることができます。

友人の結婚式におすすめの振袖スタイル

友人の結婚式に出席する際には、以下のスタイルがおすすめです。

  • シックでエレガントなスタイル:洗練されたシンプルなデザインの振袖に、高級感のある帯を合わせることで、エレガントな印象を与えます。帯締めや帯揚げには、振袖の色を引き立てる色を選ぶと、さりげないアクセントになります。
  • モダンな印象のスタイル:伝統的な柄にモダンな要素を取り入れた振袖は、フレッシュな印象を与えます。例えば、古典柄に現代的な色彩を加えた振袖や、抽象的なデザインが施された振袖などがあります。これらの振袖は、友人の結婚式に新しい風を吹き込むでしょう。
  • ヘアアクセサリーの選び方:振袖に合わせるヘアアクセサリー選びも重要です。控えめながらも品質の良いものを選ぶことで、全体の着こなしをグレードアップさせることができます。ヘアアクセサリーには、振袖の柄や色を生かした和風の飾りを選ぶと、より一層の華やかさを演出できます。

30代の女性が結婚式に振袖を着る際は、自分の年齢や立場に合わせた上品で洗練されたスタイルを心がけることが大切です。友人の大切な日にふさわしい、美しい振袖選びを楽しんでください。

振袖セットの必需品

振袖を着る際には、振袖自体だけでなく、それを引き立てる帯や小物が非常に重要です。完璧にコーディネートされた振袖セットは、結婚式などの特別な日にお呼ばれした際に、自分をより魅力的に見せ、周囲に良い印象を与えてくれるでしょう。ここでは、振袖セットに含まれる小物類と、帯や小物を選ぶ際のポイントについて解説します。

振袖セットには、振袖、帯、帯揚げ、帯締め、草履、バッグ、重ね衿(半衿)、足袋など、振袖姿を完璧にするために必要なものがすべて含まれます。これらの小物を選ぶ際には、振袖の色や柄、季節や結婚式の場の雰囲気に合わせて、統一感のあるコーディネートを心がけましょう。

アンティークきものレンタルゆめやでは、プロが選ぶ結婚式にお呼ばれした時におすすめの振袖コーディネートが多数あります。ここでは、その中から二つ振袖セットの例をご紹介します。

空色の総絞りに波、菊、雲取紋様の振袖【fui03】
現代物の総絞りの色振袖です。波と雲取り文様の中に、花菱の吉祥文様が、総手絞り、手刺繍で施されたゆめや自慢の逸品です。この総絞りの振袖に、「龍村美術」の緻密な織りが施された帯を結びました。淡いお色の振袖に、重みのある色の帯を合わせて、品のある大人のコーディネートになりました。

紅紫色と灰青色の片身変わりに花丸紋の振袖【fui07】
グレーと紅紫色の大胆な配色が見事なアンティーク色振袖です。白地に小花模様の比翼付きで、吹きの部分にも綿が入っており、ふっくらとした仕立てになっています。うっすらと浮かび上がる、地の菱紋様に、牡丹、菊、桜、梅などの花々があしらわれた一品です。帯は、古典柄と花々が金、朱、緑、青などで織り出された丸帯を使いました。

振袖に合わせる帯と小物選びのポイント

振袖を引き立てる帯と小物を選ぶ際のポイントをご紹介します。

  • 帯の選び方:振袖の色や柄に合わせて、帯を選ぶことが重要です。振袖が華やかな場合は、比較的シンプルな帯を選ぶことで、全体のバランスをとることができます。反対に振袖がシンプルな場合は、色鮮やかな帯や繊細な柄の帯を選ぶことでアクセントとなり、振袖をより一層引き立てます。
  • 小物の選び方:帯締めや帯揚げは、帯や振袖に使われている色や、アクセントとして、それを引き立てる補色や反対色を選びます。草履とバッグはセットで選ぶことが多く、これも振袖や帯との色合わせが大切になります。小物を選ぶ際には、全体の色のバランスを考えることがポイントです。

小物の基本とこだわりポイント

小物を選ぶ際の基本と、さらにこだわりたいポイントについて解説します。

  • 基本の選び方:小物を選ぶ基本は、振袖のスタイルと結婚式の場の雰囲気に合わせることです。古典的な振袖には、伝統的なデザインの小物を合わせるとよいでしょう。また、モダンなデザインの振袖には、現代的な感覚の小物が合います。
  • こだわりポイント:より個性を出したい場合は、一点物の小物や、手作りの小物を選ぶのも一つの方法です。例えば、職人が一つ一つ手作業で作ったヘアアクセサリーなど、こだわりのアイテムを取り入れることで、他の人とは違う特別な装いを完成させることができます。

振袖の小物選びは、振袖姿をより美しく見せるための重要な要素です。色や柄、季節感を考慮しながら、全体のバランスを見極めて選ぶことで、結婚式などの特別な日にふさわしい、自分だけの振袖スタイルを完成させましょう。

振袖の着付けと所要時間

振袖を着る際、特別な日の装いを完璧にするためには、着付けに特別な注意を払う必要があります。自宅での着付けと、美容室での着付けサービスでは、それぞれメリットがあります。ここでは、自宅での振袖の着付け方法とその所要時間、美容室での着付けサービスとその利点について解説します。

自宅での振袖の着付け方法と時間の目安

自宅で振袖を着付ける場合、事前の準備と練習が非常に重要です。振袖の着付けは複雑で、初心者には難しい部分もあります。そのため、不安な人はプロの着付け師に依頼しましょう。また、一人で振袖の着付けをするのは大変です。美しく着付けるために、家族に協力を依頼するか、事前にしっかりと練習をしておきましょう。ここでは、自宅で振袖を着付ける際の流れをご紹介します。

  • 準備するもの:振袖一式(振袖、帯、裾除け、肌襦袢、長襦袢、帯揚げ、帯締め、重ね衿、足袋)、着付け小物(腰紐数本、衿芯、帯枕、コーリンベルトなど)
  • 着付けの流れ:まず、着付けをする前に足袋を履いておきましょう。それから、裾除けと肌襦袢を着てから長襦袢を着ます。次に重ね衿と振袖を身につけ、正しい位置に整えた後、腰紐で固定します。帯を結び、帯揚げと帯締めで固定します。
  • 時間の目安:着付けに慣れていない場合、振袖を着るのに約1時間から1時間半程度かかることが多いです。慣れてくれば、もう少し短縮できるかもしれませんが、慌てず丁寧に行うことが大切です。

美容室での着付けサービスとその利点

美容室での着付けサービスを利用すると、専門家によるプロの技術で美しく着付けてもらえるため、特別な日の装いをさらに華やかに演出することができます。

  • 専門的な技術で完璧な仕上がり:着付け師は専門的な技術を持っているため、着崩れしにくく、一日中美しい状態を保つことができます。
  • 時間の節約:美容室では、着付けだけでなくヘアセットやメイクも同時に行ってもらえる場合が多いため、一箇所で全てが完了し、準備にかかる時間を大幅に短縮することができます。
  • ストレスフリー:着付けを専門家に任せることで、当日の準備に関するストレスを減らすことができます。特に振袖の着付けに慣れていない場合、自分で行うよりもずっと安心です。
  • 所要時間:美容室での着付けにかかる時間は、通常、着付け自体で30分から1時間程度ですが、ヘアセットやメイクを含めると1時間半から2時間程度見ておくと安心です。

自宅での着付けも美容室での着付けサービスも、それぞれにメリットがあります。大切なのは、自分自身が最も輝ける方法を選ぶこと。事前の準備と計画をしっかりと行い、特別な日を存分に楽しんでください。

振袖に合わせるヘアスタイルとヘアアクセサリー

振袖を着る際、ヘアスタイルは振袖姿の美しさを一層引き立てる重要な要素です。結婚式のお呼ばれなど、特別な日に振袖を着る場合、ヘアスタイルにも振袖選びと同じくらいの注意を払い、全体のコーディネートを考えることが大切です。ここでは、結婚式にふさわしい振袖用のヘアスタイルと、振袖美人を引き立てるヘアアクセサリーの選び方についてご紹介します。

結婚式にふさわしい振袖用のヘアスタイル

結婚式に振袖を着用する際のヘアスタイルは、振袖の色や柄、またその日の雰囲気に合わせて選ぶことが重要です。以下に、おすすめのヘアスタイルをいくつか紹介します。

  • クラシカルなアップスタイル:振袖との相性が良く、格式高い結婚式にもふさわしい選択肢です。繊細なヘアアクセサリーやかんざしを加えることで、より華やかさを演出できます。
  • ハーフアップスタイル:よりカジュアルながらも上品な印象を与えるヘアスタイルで、若い女性に特に人気があります。振袖の色に合わせたリボンや花をアクセントとして加えるとよいでしょう。
  • 編み込みを取り入れたスタイル:編み込みは、振袖姿にモダンな印象を加えることができるスタイルです。サイドやバックに編み込みを施し、振袖の雰囲気に合わせたヘアアクセサリーで飾ると、洗練された印象になります。

振袖美人を引き立てるヘアアクセサリーの選び方

ヘアスタイルを更に引き立てるためには、適切なヘアアクセサリー選びが欠かせません。ここでは、ヘアアクセサリーを選ぶ際のポイントをいくつか紹介します。

  • 振袖の色や柄に合わせる:振袖の色やデザインに合わせたヘアアクセサリーを選ぶことで、全体の調和が取れた美しいスタイルになります。振袖が華やかな場合はシンプルなヘアアクセサリーを、振袖がシンプルな場合は少し華やかなヘアアクセサリーを選ぶとバランスが良くなります。
  • 季節感を取り入れる:季節に合わせたヘアアクセサリーを選ぶことで、季節感を演出できます。春なら桜や梅の花、秋なら紅葉や菊など、季節の花をモチーフにしたヘアアクセサリーがおすすめです。
  • 品質にこだわる:ヘアアクセサリーは振袖のアクセントとなるため、品質の良いものを選ぶことが大切です。手作りのかんざしや、職人が一つ一つ丁寧に作ったヘアアクセサリーなど、質の高いものを選ぶと、より特別感を演出できます。

結婚式に振袖を着る際のヘアスタイルは、全体の印象を左右する重要な要素です。振袖の色や柄、そしてその日の雰囲気に合わせて、ヘアスタイルとヘアアクセサリーを選ぶことで、振袖美人としての魅力を最大限に引き出しましょう。

振袖着用時の着付けとメイクのコツ

振袖を着用する際には、着付けやメイクに関して注意すべき点があります。これらを押さえることで、結婚式にお呼ばれした特別な日に、より美しく、そして心地よく過ごすことができます。ここでは、結婚式当日の振袖の着用の流れとチェックリスト、メイクについて詳しくご紹介します。

結婚式当日:振袖の着用の流れとチェックリスト

結婚式当日に振袖を着る際には、以下の流れで準備を進めるとスムーズです。

  1. 前日の準備:振袖一式と着付けに必要な小物、ヘアアクセサリー、化粧品などをチェックし、忘れ物がないか確認します。
  2. 当日のスケジュール確認:美容室の予約時間や、式場への移動時間を再確認し、余裕をもったスケジュールを組みます。
  3. ヘアセットとメイク:自宅または美容室で振袖に合わせたヘアセットとメイクを行います。振袖の色や柄に合わせて、メイクの色味を選ぶことが大切です。
  4. 着付け:自宅または美容室で着付けを行います。着付けが終わったら、全体のバランスをチェックし、必要に応じて調整します。
  5. 最終チェック:出発前には、鏡で全身をチェックし、帯や小物の位置を最終確認します。

チェックリスト

  • 振袖一式(振袖、帯、下着、足袋など)
  • 着付け小物(腰紐、衿芯、帯枕など)
  • ヘアアクセサリー
  • 化粧品
  • 必要な身の回り品(携帯電話、財布など)

振袖に合わせたメイクと美容のアドバイス

振袖に合わせたメイクは、洋服の時とは異なるポイントがいくつかあります。

  • ベースメイク:振袖のメイクは、立体感を出さないようにするのがポイント。陶器のようなマットな質感を目指しましょう。
  • アイメイク:アイメイクはしっかりめにするよう意識しましょう。振袖の色や柄に合わせて、アイシャドウの色を選びます。また、眉やアイラインが薄いと印象がぼやけてしまうため、しっかりと引くようにします。
  • チークとリップ:チークは自然な血色感を出すために、ピンクやコーラル系の色を頬の高い位置に軽くのせます。リップは振袖の色に負けない華やかな色を選びましょう。赤やピンク、朱色などの中から、振袖の色に合うリップを選びましょう。

美容のコツは、事前に肌のケアをしっかりと行い、当日は肌が乾燥しないように保湿を心がけることです。また、振袖に負けないよう華やかなメイクを意識するのもポイントです。ただし、すべてを濃くすればいいわけではありません。ポイントを押さえて、派手過ぎず、振袖の美しさを引き立てるように心がけましょう。

振袖を着用する際の着付けとメイクは、振袖姿の美しさを最大限に引き出すために非常に重要です。事前の準備と当日の丁寧なケアによって、結婚式のお呼ばれの場で輝く自分を演出しましょう。

まとめ

結婚式にお呼ばれする際、振袖を選ぶことは、特別な日をさらに華やかに彩る素晴らしい選択です。この記事では、振袖の選び方から着付け、ヘアスタイル、メイクのコツに至るまで、結婚式に振袖を着て出席するための情報をお届けしました。ここで、美しく振る舞うための最終チェックポイントを振り返っておきましょう。

振袖で結婚式にお呼ばれする際のまとめ

振袖を選ぶ際には、以下のポイントを心掛けてください。

  • 結婚式の場にふさわしい振袖の選び方を理解し、季節や式場の雰囲気に合わせて選びます。
  • 振袖セットの必需品をチェックし、帯や小物選びで全体のコーディネートに統一感を持たせます。
  • 自宅での着付けに挑戦する場合は、事前の練習と準備を怠らず、必要ならプロの着付けサービスを利用します。
  • ヘアスタイルとメイクは振袖に合わせて、振袖に映える美しさを目指します。

美しく振る舞うための最終チェックポイント

結婚式当日、振袖を着て美しく振る舞うためには、以下のポイントを最終チェックしておきましょう。

  • 振袖と小物:必要なものがすべて揃っているか、もう一度確認します。特に、帯や帯締め、足袋など小さな小物類の忘れ物がないようにしましょう。
  • ヘアスタイルとメイク:振袖に合ったヘアスタイルとメイクで、振袖の美しさを最大限に引き出していますか?メイクは崩れないように、長時間崩れない製品を選びましょう。
  • マナーと立ち振る舞い:振袖を着る際のマナーや立ち振る舞いを再確認し、品のある振る舞いを心がけましょう。
  • 快適さ:結婚式は長時間にわたることが多いので、着物や小物が身体に合っていて快適かどうか確認しましょう。

結婚式に振袖で出席することは、日本の美しい伝統文化を今に伝えると共に、自分自身の美しさを際立たせる絶好の機会です。この情報が、振袖を着用する際の心強いサポートとなり、特別な日をより一層輝かせるお手伝いになれば幸いです。

〈参考記事〉
https://kimono-rentalier.jp/column/houmongi/wedding-kimono-color/
https://www.kyotokimonoyuzen.co.jp/magazine/coordinate-210302
https://www.e-kimono-rental.jp/column/detail.php?id=1596
https://www.kyotokimonoyuzen.co.jp/magazine/other-210305

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

七五三イメージ

【2024年最新版】七五三!3歳の草履&バッグセットの選び方

はじめに 3歳の七五三を控えた親御さんにとって、お子さまの装いは、七五三という特別な日を彩るための大切なポイントです。着物やもちろん、草履とバッグといった和装小物も、その日の装いを華やかに演出する必需品と言えます。そこで […]

ひとつ前の記事

【東京で叶える】神前式の基本的な流れとふさわしい神社の条件とは?

はじめに 神前式は、日本の伝統文化を色濃く反映した、美しくも厳かな儀式です。神社のような現代の喧騒を忘れさせる聖地で行われる神前式は、特別な絆を結ぶ瞬間を演出します。本記事では、神前式の深い意味、東京での神前式に選ぶべき […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!