神前式イメージ

【プロ監修】理想の和婚スタイル!衣装選びから当日の演出まで完全ガイド

はじめに

和婚とは、日本独自の伝統と文化が息づく結婚式のスタイルです。この美しい伝統は、長い年月を経てもなお、多くの新郎新婦の憧れの結婚式スタイルとして、その価値を失うことがありません。では、和婚とは具体的に何を指すのでしょうか。そして、なぜこれほどまでに人々を魅了し続けるのでしょうか。ここでは、和婚の魅力と、日本の伝統的な結婚式スタイルの概要について、解説していきます。

和婚とは何か?その魅力を解説

和婚とは、神社で行われる神前式や、寺院などで行われる仏前式といった、日本の伝統的な結婚式のスタイルを指します。特に、厳かな雰囲気の中で行われる神前式は、和婚の中でも特に人気が高いスタイルの一つです。このスタイルで結婚式を挙げることで、新郎新婦はもちろんのこと、参列する家族や友人にも、日本の美しい伝統と文化を身近に感じてもらえる機会となります。

和婚の魅力は、その形式だけにあるわけではありません。伝統的な衣装である白無垢や色打掛黒紋付袴などをはじめとした和装での結婚式は、日本の美意識を映し出すとともに、結婚という人生の節目を、一層特別なものにしてくれます。また、和婚では挙式の後の披露宴を、料亭での会食や家族だけの小さな披露宴など、さまざまなスタイルが選べるため、新郎新婦にとって理想の一日を実現することができます。

日本の伝統的な結婚式スタイルの概要

日本には、神前式や仏前式といった、宗教的な儀式に基づいた結婚式スタイルが伝統として受け継がれています。これらの式では、古来から伝わるさまざまな儀式を行うことにより、夫婦としての契りを結び、新たな門出を祝福します。例えば、神前式では、神社で二人の結婚を神々に報告し、感謝することが中心となります。このような伝統的な結婚式は、ただ単に形式を踏むだけではなく、その背景にある意味や、結婚に対する考え方を新郎新婦が共有する大切な時間となります。

また、和婚においては、会場選びも重要なポイントです。東京をはじめとする大都市では、伝統的な建築を利用した結婚式場や、自然豊かな神社での挙式が可能な場所が多数あります。これらの会場では、日本の四季を感じさせる美しい庭園での写真撮影や、伝統的な日本建築を背景にした挙式をすることができます。和婚を選ぶ多くのカップルにとって、これらの会場での結婚式は、一生の思い出となるはずです。

和婚は、日本の伝統と文化を継承しながら、新しい家族の門出を祝う、非常に意味深い結婚式スタイルです。このスタイルを選ぶことで、結婚という人生の大切な節目を、より深いものにすることができるでしょう。

和婚における挙式の種類

和婚の挙式のスタイルで代表的なものは神前式と仏前式です。これらの挙式は、日本の伝統的な結婚式の形として長い歴史を持ち、多くの新郎新婦に選ばれています。和婚を選ぶ際には、これらの挙式の種類を理解し、自分たちに合ったスタイルを選ぶことが重要です。ここでは、神前式と仏前式の意義と美しさ、そしてその特徴について詳しく解説していきます。

神前式の意義とは

神前式は、神社で行われる日本の伝統的な挙式です。この式は、神々に二人の結婚を報告し、感謝することを目的としています。また神前式では両家の家族が結びつくための儀式も行われます。なお、神前式では、白無垢や色打掛引き振袖などの伝統的な和装を身に纏い、厳かな雰囲気の中で結婚の誓いを交わします。

神前式の最大の魅力は、格式高い挙式です。三々九度の儀式や、神前での誓詞奏上など、日本の文化に基づいたさまざまな儀式を行うことで、結婚の重みと神聖さを実感することができます。また、神社の美しい自然や建築を背景にした写真撮影は、和婚ならではの特別な思い出となるでしょう。

仏前式の美しさとその特徴

仏前式は、寺院などで行われる挙式で、仏教の教えに基づいた儀式を行います。仏様や先祖の前で挙式を行うことが目的とされるため、先祖代々のお墓がある菩提寺や、縁のある寺院の本堂、自宅などで行われます。僧侶から新郎新婦に数珠を授ける「念珠授与」という儀式が、仏前式の特徴です。仏前式では、和装はもちろんのこと、洋装での挙式を選ぶことも可能ですが、伝統的な雰囲気を重視する場合は、和装が推奨されます。

仏前式の特徴は、心温まる儀式と家族の絆を深める機会があることです。挙式では、親族が一堂に会し、参列者全員が焼香、合掌をする儀式があります。このような儀式は、参列者全員が新郎新婦の幸せを心から願う、非常に感動的な時間となります。また、寺院の荘厳な雰囲気の中で行われる挙式は、和婚特有の趣深さを感じさせてくれます。

和婚における挙式の種類を選ぶ際には、神前式と仏前式のそれぞれの意義と特徴を理解し、自分たちの価値観や希望に合ったスタイルを選ぶことが大切です。どちらの式も日本の美しい伝統と文化を感じることができるため、和婚を考える新郎新婦にとって、忘れられない一日となるでしょう。

和婚の衣装選び

和婚では、新郎新婦の衣装選びが挙式の雰囲気を大きく左右します。伝統的な和装を選ぶことで、日本の伝統美を挙式全体に取り入れることができます。特に、新婦の白無垢や色打掛や引き振袖新郎の黒紋付袴は、和婚において最も重要な要素の一つです。ここでは、新婦と新郎の和装選びに焦点を当て、それぞれの衣装の選び方と着こなしのポイントについて解説していきます。

新婦の和装:色打掛と引き振袖の選び方

新婦の和装として最も一般的なのが、白無垢や色打掛です。白無垢は、その名の通り白色の和装で、新婦の清らかな美しさを象徴します。一方、色打掛は豪華な刺繍や色彩が特徴で、結婚式の華やかさを一層引き立てます。また、引き振袖は、成人式などで着用される振袖とは異なり、振袖の裾を引くように長く着付けることが特徴の衣装です。

新婦の和装を選ぶ際には、以下のポイントを考慮するとよいでしょう。

  • 式場の雰囲気との調和:神社や料亭など、挙式や披露宴の会場の雰囲気に合った和装を選ぶことが大切です。
  • 季節感の考慮:挙式の季節に合わせて、衣装の色や柄を選ぶことで、季節感を表現することができます。
  • 個性を反映させる:伝統的な和装であっても、小物使いや髪飾りで個性を加えることが可能です。自分らしさを表現しましょう。

新郎の和装:黒紋付袴の着こなし

新郎の和装では、黒紋付袴が一般的です。正式には黒五つ紋付き羽織袴と言います。黒紋付袴は、黒の羽織に、家紋を五つ入れたフォーマルな和装で、厳かな雰囲気の中での挙式にふさわしい装いです。

新郎の和装を選ぶ際のポイントは以下の通りです。

  • 正装の選択:挙式の場所やスタイルに応じて、衣装を選ぶことが重要です。神前式などの場合は、新婦の衣装に合わせて黒紋付袴を着用しましょう。
  • 新郎新婦の調和:新婦の和装とのバランスを考え、全体の調和が取れた装いを心がけることが大切です。

和婚の衣装選びは、結婚式の印象を決定づける重要な要素です。伝統的な美しさを大切にしつつ、自分たちらしさを表現することで、忘れられない一日を創り上げましょう。

和婚での食事と会食の工夫

和婚における食事と会食は、ゲストへのおもてなしの心を表現する大切な機会です。伝統的な日本料理を取り入れたメニューや、工夫を凝らした会食の演出は、和婚ならではの魅力をさらに引き立てます。ここでは、和婚における伝統的なメニューの選び方と、会食でのおもてなしアイデアや演出について紹介していきます。

和婚における伝統的なメニュー

和婚のメニューでは、季節の食材を生かした日本料理が中心となります。これらの料理は、見た目の美しさだけでなく、季節感や日本の伝統を感じさせる味わいが特徴です。例えば、春には桜をイメージした料理や、秋には紅葉を思わせるメニューが選ばれることがあります。また、会食では以下のような伝統的な料理が提供されることが多いです。

  • 前菜:季節の食材を使った小鉢が数品並び、食事の始まりを華やかに彩ります。
  • 椀物:清湯や味噌仕立ての汁物、または煮物料理で、季節の食材を用いたものが選ばれます。
  • お造り:新鮮な魚介の刺身で、日本料理の粋を感じさせます。
  • 焼物:魚や肉を使った焼き料理で、調理法や味付けに工夫が凝らされています。
  • 揚げ物:魚や肉を揚げた料理です。天ぷらは揚げ物の代表格です。
  • 蒸し物:ふわりと優しい味わいの蒸し料理は、ゲストにとっての口休めにもなります。
  • 酢の物:ご飯ものを食べる前に酢の物でお口直しをします。
  • 食事:ご飯物、味噌汁、漬物が出されます。
  • 水菓子:季節の果物や和菓子で、食事の締めくくりを飾ります。

これらの料理は、和婚の格式を高めるとともに、ゲストへの深いおもてなしを表現します。

会食でのおもてなし・アイデアと演出

和婚での会食では、料理だけでなく、テーブルセッティングや演出にもこだわることで、ゲストにとって忘れられない時間を提供することができます。以下に、会食でのおもてなしアイデアと演出の例を紹介します。

  • テーブルセッティング:季節感を取り入れた花々でテーブルを飾り、和紙や折り紙を用いたオリジナルの席札を準備することで、和の雰囲気を一層高めます。
  • ライブキッチン:会場によっては、ライブキッチンが併設されている場所もあります。会場内で職人が実際に料理を作る様子を見せるライブキッチンは、会食の一環として非常に人気です。ゲストは料理の調理過程を間近で見ることができ、食べる楽しみも一層増します。
  • 和楽器の演奏:食事中に和楽器の生演奏を取り入れることで、和婚特有の趣深い雰囲気を演出することができます。箏や尺八などの伝統楽器が、優雅な時間を彩ります。

和婚での食事と会食は、新郎新婦とゲストが共に楽しむ大切な時間です。伝統的な日本料理を中心に、季節感やおもてなしの心を大切にしたメニュー選びや演出を行うことで、和婚ならではの魅力を最大限に引き出すことができるでしょう。

和婚における装飾と演出

和婚では、装飾と演出が式全体の雰囲気を大きく左右します。伝統的な美しさを取り入れながらも、新郎新婦の個性やこだわりを反映させることで、一生の思い出に残る結婚式を実現することができます。ここでは、式場を彩る装飾アイデアと、和婚特有の演出及びその準備について掘り下げていきます。

式場を彩る装飾アイデア

和婚の式場装飾では、日本の伝統美を感じさせるアイテムが多用されます。季節の花を使った生け花や、和紙を使った装飾は、和の雰囲気を演出する上で欠かせません。また、以下のような装飾のアイデアも参考になります。

  • 生け花:入り口や祭壇に季節の花を生けることで、自然の美しさと和の雰囲気を演出します。
  • 和紙の装飾:照明や壁面装飾に和紙を使用することで、柔らかく温かみのある空間を作り出すことができます。
  • 竹や木のアクセント:竹や木を使った装飾は、自然との一体感を感じさせ、和婚にふさわしい伝統的な雰囲気を醸し出します。

これらの装飾は、ゲストを迎える空間に温もりと美しさを加え、和婚ならではの特別な時間を演出します。

和婚特有の演出とその準備

和婚では、装飾だけでなく、さまざまな伝統的な演出も取り入れることができます。これらの演出は、結婚式をより一層印象深いものにし、新郎新婦とゲストの記憶に長く残ります。以下に、和婚での演出アイデアとその準備について紹介します。

  • 呈茶の披露:披露宴での一コマとして、呈茶を取り入れることができます。事前に茶道具を準備し、茶道に精通した人に演出を依頼することで、伝統的な日本文化をゲストに体験してもらうことができます。また、近年では「茶婚式」という、茶道の精神に則った和婚の一種も執り行われています。
  • 日本舞踊や和楽器の演奏:和婚の雰囲気に合わせて、日本舞踊や和楽器の生演奏を披露宴の式次第に取り入れることができます。プロの演者に依頼し、和の美を堪能する時間を設けましょう。
  • 神楽や獅子舞の披露:特に地域に根ざした伝統芸能である神楽や獅子舞を結婚式で披露することで、日本の伝統文化を感じさせる演出が可能です。地元の団体と連携し、演出を計画します。

これらの演出を取り入れることで、和婚はさらに特別なものとなります。演出には事前の準備やリハーサルが必要ですが、その分、結婚式のクオリティを高め、ゲストに深い感動を与えることができるでしょう。

和婚における予算計画

和婚を計画する際には、予算の管理が非常に重要です。伝統的な和婚は、装飾や衣装、食事など、細部にわたってこだわることがたくさんありますが、これらは結婚式全体のコストを押し上げる要因にもなり得ます。ここでは、和婚におけるコストを抑えたプランの提案と、挙式から会食までに必要な費用の概算について解説します。

コストを抑えた和婚プランの提案

和婚の予算を効果的に管理するためには、以下のようなポイントを考慮するとよいでしょう。

  • シンプルな式場選び:豪華な会場よりも、自然の美しさを活かした神社や、家族で集まることができるアットホームな料亭を選ぶことで、費用を抑えることが可能です。
  • 衣装のレンタル:新郎新婦の和装は、購入すると非常に高価になりますが、レンタルを利用することでコストを大幅に削減できます。また、親族の衣装もレンタルを検討しましょう。

アンティークきものレンタル ゆめやでは、お得な結婚式当日の衣装レンタルプランをご用意しています。

新婦の好きな黒引き振袖(1点、筥迫、末広、抱え帯、草履などすべての小物が含まれます)と新郎の着物(1点 羽織・袴・草履など一式。家紋のご変更も含まれます)のお得なセットプランです。実際の着物・小物はゆめや東京店で試着をして選ぶことができます

  • 装飾品の手作り:式場の装飾は自分たちで手作りすることで、コストを削減することができます。和紙や折り紙を使った装飾は、低予算でも和の雰囲気を演出できます。
  • 招待客数の見直し:親族や親しい友人だけを招待する小規模な式を考えることも、費用を抑える一つの方法です。

これらのポイントを考慮することで、予算内でありながらも、満足度の高い和婚を実現することが可能です。

挙式から会食まで:必要な費用の概算

和婚にかかる費用は、挙式のスタイルや会場、衣装、食事の内容などによって大きく変動します。以下に、挙式から会食までの大まかな費用の概算を示します。

  • 挙式費用:神社での挙式の場合、神前式の手数料や神職への初穂料として5〜15万円程度が必要です。式場によっては、装飾や音響設備などの追加料金が発生する場合もあります。
  • 衣装費用:新郎新婦の和装レンタルには、一式で数10万円程度が必要となります。小物や着付け、ヘアメイクなどの費用も忘れずに計画に入れましょう。
  • 会場費用と食事費用:会場によって大きく異なりますが、一人当たりの食事費用として1万5千円程度を見積もるとよいでしょう。その際、会場使用料や装飾、演出の費用も合わせて考慮する必要があります。

和婚における予算計画は、早い段階でしっかりと立てておくことが重要です。計画的に準備を進めることで、予算を超えることなく、理想の結婚式を実現することができるでしょう。

和婚でのおもてなしとパーティー

和婚におけるおもてなしとパーティーは、ゲストにとって忘れられない時間となります。日本の伝統文化を取り入れたおもてなしや、和のテイストを感じさせるパーティーの演出は、和婚ならではの魅力を最大限に引き出します。ここでは、和風のおもてなしアイデアと、和婚パーティーでの演出や飾り付けについて紹介していきます。

和風のおもてなしアイデア

和婚では、結婚式や披露宴において、ゲストに心からのおもてなしを提供することが大切です。以下は、和風のおもてなしにぴったりなアイデアの例です。

  • 季節感を取り入れた料理:四季折々の食材を使用した日本料理を提供することで、季節の移ろいを感じることができます。春は桜をテーマにした料理、秋は紅葉をイメージしたメニューなど、季節に合わせた料理を選びましょう。
  • 和菓子でのおもてなし:和菓子は、見た目の美しさと繊細な味わいで、和婚にふさわしいおもてなしです。披露宴の最後に、季節の和菓子をゲストに提供することで、心温まる時間を演出できます。
  • 抹茶サービス:披露宴の途中で、抹茶と和菓子のサービスを行うことで、日本の伝統文化を体験してもらうことができます。抹茶を点てるパフォーマンスは、視覚的にも楽しむことができる演出です。

和婚パーティーでの演出と飾り付け

披露宴の代わりにパーティーを選択することもできます。パーティーは披露宴ほど格式ばったわけではなく、二次会ほどカジュアルな感じではない、その中間に位置するものです。和婚パーティーでは、演出や飾り付けにもこだわりを持つことで、和の雰囲気をより深く感じてもらうことができます。

  • 伝統的な装飾:会場の装飾には、折り鶴や和紙を使ったオーナメント、竹や木の枝を使ったナチュラルな装飾を取り入れるとよいでしょう。
  • 和楽器の生演奏:披露宴でのBGMとして、箏や尺八、三味線など和楽器の生演奏を取り入れることで、和婚特有の雰囲気を演出できます。演奏者による短いパフォーマンスも、パーティーのハイライトとなるでしょう。
  • 照明での演出:照明を工夫することで、会場に温もりと落ち着きを加えることができます。和紙を使ったランプシェードや、柔らかな光を放つ間接照明を配置することで、幻想的な空間を作り出すことが可能です。

和婚でのおもてなしとパーティーの計画には、伝統と革新を融合させるセンスが求められます。ゲストにとって忘れられない時間を提供するために、細部にまでこだわった演出や装飾を心がけましょう。

和婚における写真と前撮り

和婚では、結婚式当日だけでなく、前撮りも非常に重要な要素です。特に和装での写真撮影は、日本庭園や神社など、日本の伝統的な美しさを感じさせる背景とともに新郎新婦の幸せな瞬間を切り取る貴重な機会となります。ここでは、和装での美しい写真撮影のコツと、前撮りの重要性及びその準備について掘り下げていきます。

和装での美しい写真撮影のコツ

和装での写真撮影では、以下のポイントを押さえることが、より美しい写真を残す秘訣となります。

  • 自然光を活用する:和装の美しさは自然光の下で特に際立ちます。屋外での撮影を計画するか、室内でも窓際など光が差し込む場所を選びましょう。
  • 背景の選定:和装と調和する背景を選ぶことが重要です。神社の境内や日本庭園など、日本ならではの美しさが感じられる場所がおすすめです。
  • ポーズと表情:和装特有の着物のラインを美しく見せるポーズを心がけましょう。また、自然体の表情が、写真に温かみを与えます。
  • 小物を上手に使う:扇や生花、かんざしといった小物を上手に使うことで、写真にアクセントを加えることができます。

これらのコツを意識することで、和装の魅力を最大限に引き出した写真撮影が可能となります。

前撮りでは複数の衣装を試したいと考える方に、新婦の衣装を2着選べるお得なセットプランがおすすめです。

新婦の好きな白無垢(1点、綿帽子と打掛の下に着る掛下きものが含まれます)、好きな黒引き振袖 (1点、筥迫、末広、抱え帯、草履などすべての小物が含まれます)と新郎の着物(1点、羽織・袴・草履など一式。家紋のご変更料金も含まれます)の計3点のお得なセットプランです。実際の着物・小物はゆめや東京店で試着をして選ぶことができます

前撮りの重要性とその準備

前撮りは、結婚式当日の忙しさから解放され、ゆっくりと写真撮影を楽しむために非常に重要です。特に和婚では、和装の着付けやヘアメイクに時間がかかるため、前撮りを利用するメリットは大きいです。前撮りの準備には以下の点が考慮されます。

  • 日程の選定:和装での撮影は特に、季節や天候に左右されます。桜や紅葉など、季節の風景を背景にする場合は、その時期に合わせて日程を選びましょう。
  • ロケーションの選定:撮影場所は事前に下見をしておくとよいでしょう。和装に合う歴史のある場所や、二人の思い出の場所など、意味のある場所を選ぶと特別感が増します。
  • プロのカメラマンとの打ち合わせ:和装での撮影経験が豊富なカメラマンを選び、事前に撮影のイメージや希望するポーズなどをしっかりと打ち合わせておきましょう。

前撮りを行うことで、結婚式当日には時間の制約を気にすることなく、撮影を楽しむことができます。また、前撮りで得られた写真は、結婚式の招待状や会場の装飾にも使用でき、より一層、和婚の雰囲気を盛り上げることができるでしょう。

まとめ

和婚は、日本の伝統と文化を重んじる新郎新婦にとって、最も意味深く、記憶に残る選択肢の一つです。この記事を通じて、和婚における装飾から衣装、おもてなしや写真撮影に至るまで、その準備と実施のための幅広い知識を紹介しました。最後に、和婚を選ぶ理由とその満足度、そしてこれから和婚を考えるカップルへのアドバイスをまとめていきます。

和婚を選ぶ理由とその満足度

和婚を選ぶ理由は多岐にわたりますが、共通するのは日本の美しい伝統と文化を結婚式に取り入れたいという願いです。和婚では、神社での厳かな挙式や、伝統的な和装での写真撮影、四季折々の食材を使った日本料理によるおもてなしといった、日本ならではの要素を結婚式全体に織り交ぜることができます。これらは、参列するゲストにも新郎新婦にも忘れられない体験となり、結婚式の満足度を大いに高めてくれるでしょう。

これから和婚を考えるカップルへのアドバイス

和婚を計画する際には、以下の点に注意を払うとよいでしょう。

  • 早めの計画と準備:和婚には細部に注意を払う必要があります。和装の選定や式場の予約など、早めに計画を立て、準備を始めることが大切です。
  • 専門家との相談:和装の着付けや式場の装飾など、専門的な知識が求められる場面が多々あります。可能であれば、専門家に相談し、プロの意見を取り入れることをおすすめします。
  • 伝統と個性の融合:和婚の伝統的な要素を大切にしつつ、新郎新婦の個性やストーリーを取り入れることで、より一層特別な結婚式になります。
  • 予算管理:和婚は細部にこだわるほどコストがかさみがちです。予算内で満足のいく結婚式を実現するために、費用の見積もりと管理には特に注意が必要です。

和婚は、日本の伝統美を背景に、二人の新たな門出を祝う素晴らしい方法です。この記事が、和婚を検討しているすべての新郎新婦にとって、有益な情報源となり、理想とする結婚式を実現するための一助となることを願っています。

〈参考記事〉
https://www.weddingtable.jp/column/%E3%80%8C%E5%92%8C%E5%A9%9A%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%80%8C%E5%92%8C%E9%A2%A8%E3%80%8D%E3%81%A9%E3%81%A1%E3%82%89%E3%82%92%E9%81%B8%E3%81%B6%EF%BC%9F%E5%92%8C%E8%A3%85%E3%81%A7%E3%81%AE%E5%AE%B6%E6%97%8F/
https://www.weddingpark.net/osusume/style_butsuzen/feature/1/
https://www.weddingpark.net/osusume/style_butsuzen/feature/3/
https://hotel-chinzanso-tokyo.jp/wedding/for-wedding-sub/prepare/ceremony/buddhist-wedding/
https://www.niwaka.com/ksm/radio/wedding/dress/bridegroom/09/
https://afflux.jp/article/weddingnews_676/
https://hotel-chinzanso-tokyo.jp/wedding/report/sec24/
https://jpn.teaceremony-kyoto.com/2016/04/1050
https://www.niwaka.com/ksm/radio/wedding/ready/theme/10/
https://www.niwaka.com/ksm/radio/wedding/wedding-place/how-to-select/50/
https://www.niwaka.com/ksm/radio/wedding/wedding-cost/saving/10/
https://hotel-chinzanso-tokyo.jp/wedding/for-wedding-sub/prepare/program/fair-contents11/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

手描き友禅春秋柄の淡い花浅葱色の訪問着【hou07】

【着物のプロ監修】大きいサイズのレンタル訪問着選び|失敗しないコツを解説

はじめに 大きいサイズの訪問着レンタルをお探しの方へ。この記事では、着物のプロが監修する、大きいサイズの訪問着選びのコツをご紹介します。 以下のような悩みを抱えている方に、ぜひ参考にしていただきたい内容です。 上記のお悩 […]

ひとつ前の記事

婚礼イメージ

【2024年最新】結婚式の持ち込み料相場とは?着物レンタル活用ガイド

はじめに 結婚式を控える多くのカップルにとって、挙式や披露宴の準備は人生で一度きりの大イベントです。一方で気になるのが、結婚式場への「持ち込み」に関してだと思います。結婚式への持ち込みとは、結婚式場やホテルが提供するサー […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!