婚礼イメージ

【着物のプロが監修】妊婦さんでも実現!和装ウェディングの注意点

はじめに:和装で迎える妊婦のウェディング準備

結婚式は人生で最も記憶に残る瞬間の一つです。特に和装でのウェディングは、その伝統と美しさで、多くの人にとって憧れのスタイルですね。

妊娠中に和装での結婚式を迎える花嫁は、普段とは異なる体型や体調の変化に対応しながらも、この大切な日を最大限に楽しみたいと願っています。この記事では、妊婦が和装を選ぶ際のポイントや、ウェディングと和装の美しい融合について、準備段階から当日までの流れを詳しく解説します。妊娠中でも快適に、そして美しく和装を着こなすための秘訣や、体調管理のポイント、着付けの工夫など、妊娠期を輝かせる和装ウェディングの準備に役立つ情報が満載です。

結婚式の計画を始めるにあたって、和装選びに不安を感じている妊婦さんも、この記事を通じて安心感を持って準備を進めることができるでしょう。

妊娠中の和装選びのポイント

妊娠中の和装選びでは、何よりもまず妊婦の体調を最優先に考えます。

和装の結婚式で着用する白無垢や色打掛は、見た目の美しさに加え、着心地や体型の変化にも対応できるものを選ばなくてはなりません。和装は洋装のウェディングドレスよりも、体型の変化に対応しやすい衣装で、妊婦の体を優しく労わることができます。また、長時間の式や撮影に備えて、着物の重さや帯の締め付け具合を調整できます。着付け師との事前の打ち合わせで、妊娠期の体調や体型の変化を正確に伝え、当日無理なく着用できるアドバイスをもらいましょう。

ウェディングと和装の美しい融合

和装ウェディングは、日本の伝統美と現代のブライダルスタイルが見事に融合しています。たとえ妊娠中であっても和装は、伝統的な衣装の魅力を生かしつつ、現代の妊婦のニーズに合わせたアレンジが可能です。

たとえば、白無垢や色打掛の下にマタニティ用の補正下着を着用すると、お腹周りを優しくサポートしながらも、伝統的なスタイルを損なわない工夫ができます。撮影や式中の体調管理にも注意し、適宜休憩を取りながら、水分補給や軽食をとるようにしましょう。和装ウェディングを計画する上で、妊娠中特有の不安や心配事をクリアにし、この特別な日を心から楽しめるよう、準備段階から細やかな配慮をしてください。

和装妊婦ウェディングの計画:始める前に知っておくべきこと

和装でのウェディングを計画する際、妊娠中の花嫁は、準備段階から特別な配慮が必要です。妊娠中の体の変化は、衣装選びや結婚式当日の流れに大きな影響を及ぼします。しかし、事前に適切な準備と知識があれば、当日をより安心して迎えることができるでしょう。

この章では、和装妊婦ウェディングの計画を始める前に押さえておくべきポイント、妊娠中の和装ウェディングのメリット、そして妊婦に優しい和装選びのコツについて詳しく解説します。

和装での結婚式は、伝統的な美しさと、妊娠という特別な時期の喜びを同時に祝福する素晴らしい機会です。適切な準備を行い、妊娠中でも快適に、そして美しくその日を迎えられるようにしましょう。

妊娠中の和装ウェディングのメリット

妊娠中の和装ウェディングは、結婚式をより感慨深いものにします。この特別な時期に行う結婚式は、生まれてくる子どもへの期待と喜びを、家族や友人と共有できるのです。

和装を選ぶメリットとしては、まず伝統的な日本の美を体現できる点が挙げられます。また、和装は体型の変化にも対応しやすいスタイルです。着物や帯は一見苦しそうに見えますが、適切な調整を加えると、妊婦の負担を軽減できます。直線的なシルエットなので、妊娠中の体の変化にも美しくフィットします。着付け次第で、お腹の膨らみを目立たなくできるでしょう。また、和装は大切な妊婦の体を冷やしません。さらに、和装は優雅さと格式を感じさせるため、特別な記念撮影や式典において、気品あふれる雰囲気を演出できる、というメリットもあります。

妊婦に優しい和装選びのコツ

妊婦にとって和装選びは、普段とは異なる数多くの配慮が必要となります。まず重要なのが、着心地の良さと体型の変化を考慮した選択です。妊娠中でも快適に着られるよう、重さや着付けに負担が少ない軽量素材の着物を選びましょう。また、お腹周りを締め付け過ぎない、柔らかめの帯を選びたいですね。

実際の妊娠期間と同じくらいのお腹のサイズで試着を行い、動きやすさや着心地を確認してください。さらに、長時間の着用を考え、トイレの利用が容易なスタイルを選びます。帯の締め具合、紐類の結び加減など着付けに際しての細かな配慮も、妊婦にとっての快適さを大きく左右します。これらのコツを押さえておくと、妊娠中でも安心して和装を楽しめるでしょう。

ここで、アンテークきものレンタルゆめやの打掛をご紹介しましょう。
立涌に吉祥紋様四季の花刺繍の打掛一式」は華やかなクリーム色にカラフルな刺繍が施されている打掛です。もうすぐお母さんになる花嫁の優しさが滲み出る可愛らしい色打掛です。

妊娠中のウェディング前撮り:何を期待できるか

妊娠中のウェディング前撮りは、特別な期間を美しく記録に残す絶好の機会です。この時期に前撮りを選ぶカップルは、妊娠という人生の大仕事と、結婚という新たなスタートを同時に体験できます。しかし、妊娠中に和装撮影を行うには、通常のウェディングフォトとは異なる準備と配慮が必要となるでしょう。この章では、妊娠中のウェディング前撮りにおける流れとその重要性、さらには安心して撮影を楽しむための和装前撮りのポイントについて解説します。

前撮りの流れとその重要性

前撮りは、結婚式当日の忙しさから解放され、ゆっくりと写真撮影できるため、多くのカップルにとって魅力的な選択肢です。妊娠中の花嫁にとっては、体調管理をしながらでもリラックスして撮影に臨める、という大きな利点があります。

前撮りの流れは通常、衣装選びから始まり、ヘアメイク、ロケーション選定、実際の撮影、そして写真のセレクトと続きます。この過程で重要なのは、妊娠中の体調や体型の変化に対応できるよう、撮影スケジュールに十分な余裕を持たせることです。つわりの時期を避け、安定期に入ってから撮影できるよう、スケジュールを組みましょう。

しかし、妊娠中の体調は十人十色、安定期に入っても重いつわりが続く人もいます。撮影スタッフに妊娠中であることを伝え、協力をあおいでください。また、和装の場合は着付けに時間がかかります。妊婦の負担にならないよう、体調に応じて撮影ポーズを調整する必要があるでしょう。長時間の立ち姿・しゃがむ・前傾姿勢などお腹を圧迫するポーズは避けてください。花嫁とお腹の赤ちゃんの安全のため、事前の計画と準備が重要になります。

妊娠中でも安心!和装前撮りのポイント

妊娠中に和装での前撮りを安心して楽しむためには、以下のポイントが重要です。

  • 衣装選び:妊娠中の体型に合わせて、調整可能な和装を選びます。お腹が大きくなっても快適に着られるよう、柔らかい素材の着物、帯を選びましょう。
  • ヘアメイク妊娠中は肌質が変わることがあります。メイク時には肌に優しい製品を使用し、素肌の健康を維持してください。また、簡単に整えられるヘアスタイルは、撮影中の負担を軽減できます。かつらよりも自分の髪でアレンジしましょう。
  • ロケーション選び:アクセスが良く、トイレなどの設備が整っている場所を選ぶと、撮影中の体調管理がしやすくなります。自然光が美しい屋外や、意味のある神社など、和装に合うロケーションを選びましょう。婚礼衣装は足元が見えにくいので、石段、階段など地面の凸凹に要注意です。
  • 撮影スケジュール:休憩を多めに取り入れ、撮影時間に余裕を持たせることで、体調の変化に柔軟に対応できます。また、妊娠中は疲れやすいため、無理のないスケジュールを立ててください。

これらのポイントを踏まえ、事前の準備と計画をしっかりと行えば、妊娠中でも安心して和装での前撮りを楽しめます。妊娠という特別な時期を、美しい和装とともに記録に残しましょう。

妊婦さまですと、着物の重さも気になるところかもしれません。白無垢や打掛より少し軽量の引き振袖はいかがでしょうか?帯の締め具合は白無垢や打掛と変わりませんが、ふきの入っている着物がありませんので、少し軽くなります。
ここで「花菱立涌紋様に鳳凰孔雀の黒引き振袖」をご紹介します。
すっきりとした菱形の紋様ですので、膨らみかけたお腹のラインをすっきりと見せてくれます。

和装ウェディングのデメリットと注意点

和装はその美しさと格式の高さで知られていますが、妊娠中には、着物の着付けや長時間の着用が体調に与える影響を想定しなければなりません。この章では、和装ウェディングで直面する可能性のあるデメリットと、妊娠中の花嫁が和装を選ぶ際に注意すべき点について詳しく解説します。妊娠中の体の変化や、式当日の快適性を確保するための工夫を理解し、美しい和装ウェディングを実現させましょう。

可能な限り快適に:和装ウェディングのデメリット

和装ウェディングが持つデメリットの一つは、着物と帯の重さによる体への負担です。妊娠中は、体の負担を最小限に抑えなくてはなりませんが、伝統的な和装は重く、長時間の着用は疲労感や体調不良を引き起こす可能性があります。また、着付けには時間と技術が必要であり、妊娠中の体型の変化に柔軟に対応できる着付け師を見つけることは、計画段階での重要な課題の一つです。さらに、和装は動きにくさや、トイレへのアクセスの難しさといったデメリットも持ち合わせています。これらの問題を事前に認識し、対策を講じておくと、和装ウェディングのデメリットを軽減できるでしょう。

妊娠中の和装ウェディング:特別な注意点

妊娠中に和装ウェディングを行う場合、以下のような特別な注意点があります。

  • 体調の変化に配慮する:妊娠中は体調が変わりやすいため、式当日に無理がないようスケジュールを組みます。可能であれば、撮影や式の間に十分な休憩時間を設け、水分補給や軽食を取る時間を確保しましょう。
  • 適切な着付けと衣装選び:妊娠期間に合わせた着付けと衣装選びが必要です。お腹周りを締め付けない柔らかい素材を選びましょう。着付けは妊娠中の体への負担を考慮し、専門の着付け師に相談することをお勧めします。
  • ロケーションと移動の計画:ロケーション撮影を行う場合は、移動のしやすさや、休憩できる場所の確保を事前にチェックしておきます。また、式場や撮影場所までの移動は、妊娠中の体調を考慮して、最小限のストレスとなるよう配慮しましょう。新郎の愛の見せ所です。

和装ウェディングは、計画と準備を丁寧に行うことで、妊娠中でも美しく、快適に過ごせる特別な日になります。デメリットと注意点を理解し、事前に適切な対策を講じてください。新郎が先に立ち、率先して花嫁の体調管理に努めると、愛情ポイントがぐっと上がります。迎えた当日は和装の美しさを存分に楽しみながら、記憶に残るウェディングを実現しましょう。

妊娠中の和装ウェディングプランの選び方

妊娠中の和装ウェディングを計画する際、花嫁の体調や安全を最優先に考えたウェディングプランの選択が非常に重要になります。特に和装を選ぶ場合、妊娠期間中の体型の変化や体調の変動に柔軟に対応できるプランを選ぶ必要があるでしょう。

この章では、妊娠中の花嫁に適したマタニティウェディングプランの紹介と、プラン選びで考慮すべき事項について詳しく解説します。適切なウェディングプランを選ぶと、妊娠中でも快適に、そして美しく和装を着こなし、特別な日を迎えられるでしょう。和装ウェディングプランを選ぶ際には、妊娠期間の体型の変化を考慮した衣装選びや、長時間立ち続けることのないよう配慮されたスケジュール作り、体調を優先した撮影プランなど、細やかな配慮が施されたプランを選びます。

マタニティウェディングプランの紹介

マタニティウェディングプランは、妊娠中の花嫁が安心してウェディングを楽しめるように特別に設計されたプランです。これには、柔軟性のある衣装選び、体調に配慮した撮影スケジュール、快適な着付けサービスなど、妊婦に優しいさまざまな配慮が含まれています。たとえば、妊娠期間に合わせてサイズ調整が可能な和装の提供、長時間の立ち仕事を避けるための撮影時間の短縮や休憩時間の確保、さらには緊急時に対応できるスタッフの配置などが特徴です。これらのプランを利用すると、妊娠中でも体調を最優先に考えつつ、和装での結婚式や前撮りを安心して実施できます。

プラン選びで考慮すべき事項

妊娠中の和装ウェディングプランを選ぶ際には、以下の点を特に考慮します。

  • 衣装の選択肢妊娠期間中の体型の変化に対応できる和装の選択肢が豊富にあるかどうかを確認しましょう。また、着心地の良さや動きやすさも重要なポイントです。
  • 撮影スケジュール:体調の変化に柔軟に対応できるよう、撮影スケジュールには十分な余裕を持たせます。疲れを感じた時にすぐ休憩できるよう、プランに休憩時間が組み込まれているかを確認しましょう。
  • サポート体制:妊娠中の特別な配慮が必要なため、プランニングから当日のサポートに至るまで、専門知識を持ったスタッフが対応してくれると安心です。その点を十分に確認しておきましょう。また、緊急時には迅速に対応できる体制が整っているかも確認が必要です。

和装ウェディングプランを選ぶ際には、これらのポイントを念頭に置きながら、妊娠中の体調や安全を最優先に考えたプランを選びます。適切なウェディングプランは、妊娠中でも安心して特別な日を迎えるための最初の選択です。

特別な日のための和装のカスタマイズ

和装ウェディングは、日本の伝統美を感じさせる美しい儀式です。妊娠中の花嫁でも、和装で結婚式を迎えたいと考える方は多いでしょう。しかし、妊娠中は体型が大きく変化するため、通常の和装ではフィットしないかもしれません。

この章では、お腹が大きくなっても快適に着られる和装の調整方法と、和装に合わせたアクセサリーの選び方について解説します。特別な日を迎えるための準備として、妊娠中の体型の変化に合わせた和装のカスタマイズは、花嫁自身の美しさを最大限に引き出し、快適性と安全性を確保するために重要です。

お腹が大きくても大丈夫!和装の調整方法

妊娠中の体型変化に合わせて和装を調整する方法には、いくつかのポイントがあります。白無垢や打掛は基本的にフリーサイズですが、掛下や長襦袢は、妊娠期間の進行に応じてお腹が大きくなることを考慮し、余裕を持たせたサイズを選んでください。また、帯の結び方を工夫すると、お腹周りに圧力がかからないように調整できます。例えば、通常よりも少し高めの位置で帯を結ぶスタイルや、帯を緩めに結ぶ方法で対処しましょう。苦しくない着付けは着る人、妊婦の状態によって違うので、しっかりと着付師と相談し、無理のないスタイルに仕上げてください。

和装とアクセサリーの選び方

和装ウェディングでは、着物や帯だけでなく、アクセサリー選びも重要なポイントです。妊娠中の花嫁には、快適さと美しさを兼ね備えたアクセサリーがおすすめです。例えば、重たい髪飾りではなく、軽やかで繊細なデザインのものを選ぶと、長時間の着用でも快適に過ごせます。また、足元は見えにくいため、履き心地の良い草履を選んで、足の負担を軽減しましょう。その他にも、手持ちの小物や扇子などは、和装のトータルコーディネートを考える上で、個性を表現するアイテムとして取り入れます。

和装ウェディングのカスタマイズは、妊娠中の花嫁が自分らしく、そして快適に特別な日を迎えるために欠かせない準備です。お腹が大きくなっても安心して着られる和装の調整方法と、和装に合わせたアクセサリーの選び方を正しく理解すると、妊娠中でも美しく、快適に結婚式を迎えられます。

まとめ:妊娠中でも和装ウェディングを存分に楽しむために

妊娠中に和装でのウェディングを計画する際には、多くの挑戦と決断が伴います。しかし、適切な準備をして、十分な注意を払えば、この特別な時期を美しく、快適に過ごすことが可能です。

この記事では、妊娠中の花嫁が和装ウェディングを存分に楽しむために必要な準備と注意点について解説しました。和装ウェディングの計画では、衣装の選択から体調管理、そして特別な日を最大限に楽しむ方法まで、妊娠中の花嫁のための具体的なアドバイスを提供しました。これらのポイントを心に留めておくと、妊娠中でも和装ウェディングを心から楽しむ準備が整います。

アンティークきものレンタルゆめやでは「和装レンタル前撮りプラン・婚礼ロケーション撮影プラン
など、和装でゆっくりと撮影していただけるプランをご用意しています。挙式当日だとバタバタして体調に無理がかかったりしますが、前撮りですとゆっくりとスケジュールを組むことが可能です。

和装ウェディングの準備で最も重要なこと

妊娠中の和装ウェディングを成功させるためには、以下のポイントが特に重要です。

  • 体調第一:妊娠中の体調変化を常に考慮し、無理のないスケジュールを計画する。
  • 衣装の調整:妊娠期間中の体型の変化に合わせて、和装を柔軟に調整する。
  • 事前準備:撮影や式当日をスムーズに進めるために、詳細なプランニングと準備を行う。

和装ウェディングを最高の思い出にする方法

特別な日の記憶を美しく保つためには、以下の方法が効果的です。

  • プロのサポート:プロのカメラマンやスタイリストのアドバイスを活用して、和装の美しさを最大限に引き出す。
  • パーソナライズ:和装やアクセサリーの選択、撮影場所の選定において、個性や好みを反映させる。
  • 感情を大切に:当日の感情や周囲の人々との交流を大切にし、心温まる瞬間を多く作る。

妊娠中でも、これらのポイントを踏まえた上で和装ウェディングを計画し実行すると、生涯忘れられない美しい記憶を作ることができます。

和装ウェディングは、妊娠という人生の節目を祝福し、新たなスタートを切るための素晴らしい方法です。お腹の赤ちゃんと一緒に、幸せな結婚式を迎えたい方は以下のサイトも参考にしてください。

<参考記事>
https://wakon-style.jp/iroha/6700/#3
https://www.niwaka.com/ksm/radio/wedding/dress/japanese-style/06/#anc01

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

七五三イメージ

【2024年最新版】七五三!3歳の草履&バッグセットの選び方

はじめに 3歳の七五三を控えた親御さんにとって、お子さまの装いは、七五三という特別な日を彩るための大切なポイントです。着物やもちろん、草履とバッグといった和装小物も、その日の装いを華やかに演出する必需品と言えます。そこで […]

ひとつ前の記事

七五三・家族プラン お子さま2人とご両親のセット(計4点)【set22】

七五三におしゃれな着物を着せたい!素材や色の選び方&レンタル活用法

はじめに 日本の伝統文化における着物は、その独特の美しさと精緻な作りで、古くから特別な日の装いにふさわしい選択肢とされてきました。現代でもその扱いは変わらず、子どもの成長を祝う七五三では、お子さまの姿を彩る色鮮やかな着物 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!