結婚式イメージ

【保存版】結婚式で父親が選ぶべき服装とは? | 完全マナーガイド

はじめに:結婚式での父親の役割と服装の重要性

結婚式といえば、まず思い浮かべるのは新郎新婦の華やかな装いです。新婦のドレスや新郎のスーツ、そして二人の幸せそうな笑顔が会場を明るく照らします。そんな大切な日、主役はもちろん新郎新婦ですが、二人を支える両家の存在もたいへん重要ですよね。特に父親の役割は、新郎や新婦の成長を見守ってきた大黒柱として、多くのゲストから注目されます。

この記事では、結婚式での父親の服装に焦点を当て、どのようなポイントを意識して服装を選ぶべきかを紹介します。結婚式というのは、家族の中でも男性、特に父親のフォーマルな服装選びが難しいと感じる方も多いのではないでしょうか。普段カジュアルな服装が多い方や、フォーマルな場にあまり出席しない方にとっては、どんなスタイルが良いのか、どんな色のスーツやネクタイを選ぶべきかなど、疑問がたくさん浮かぶものです。

まず最初に知っておきたいのは、結婚式の会場や時間によって、適切な服装が異なることです。例えば、ホテルやレストランでの披露宴、リゾート地での結婚式など、場の格式や雰囲気に合わせて服装を選ぶことが大切です。また、日本の結婚式では、和装を選ぶ方も多いですよね。特に、格式の高い結婚式では、紋付や羽織袴といった和装が求められることもあります。

母親や新婦のドレスとの色合わせや、ゲストを迎える立場としてのマナーも忘れてはいけません。黒やグレーのスーツは一般的に結婚式の父親の服装として選ばれることが多いですが、新郎新婦の衣装や会場の雰囲気、さらには結婚式が行われる地域や季節によって、選ぶべき服装のスタイルやカラーは異なります。

また、小物使いもポイントになります。ネクタイや靴、ポケットチーフやアクセサリーなど、細部にまでこだわることで、全体の印象がより一層引き締まります。ただし、派手すぎるものやカジュアル過ぎるものは避けるようにしましょう。一般的に、結婚式の父親の服装は、シンプルでありながらも品のあるものを選ぶと良いでしょう。

服装選びの際には新郎新婦の意向も確認しておくことが大切です。新郎新婦の希望や会場のドレスコード、そして結婚式のテーマやカラーなどを考慮して服装を選ぶことで、より一体感のある結婚式を演出することができます。

結婚式は家族にとっても、一生に一度の大切な日。父親として、その日のために最もふさわしい装いで臨んでいただきたいと思います。この記事を参考にして、すてきな結婚式を迎えてくださいね。

結婚式の服装の基本マナー

結婚式は、人生の中でも最も特別な瞬間の一つです。その特別な日にふさわしい服装を選ぶことは、参列者にとってもたいへん大切なことです。新郎新婦の両家の親御さん、特に父親がどのような服装を選ぶかは、式の雰囲気や格式をしっかりと持つための重要なポイントです。

ウェディングの昼と夜の違い

結婚式の会場や時間によって、服装の選び方が異なることをご存じですか。昼のウェディングと夜のウェディングでは、異なるドレスコードが求められます。昼の結婚式では、明るくてさわやかな雰囲気が漂います。一方、よりフォーマルで落ち着いた雰囲気となります。そのため、服装選びにも少し違いが出てきます。

昼の結婚式では、モーニングコートやグレーのスーツがおすすめです。一般的に、モーニングは結婚式などの昼の公式な場での正装として知られています。一方、夜の結婚式や披露宴では、燕尾服やブラックスーツ、タキシードが適しています。

お父さまが和装を選ばれる場合は、昼と夜の区別はありませんので、黒紋付羽織袴の第一礼装となります。アンティークきものレンタル ゆめや は、大正時代から昭和初期にかけての着物をメインに取り扱うレンタルショップです。男性の黒紋付羽織袴を見てみましょう。

正統派の黒紋付羽織袴・第一礼装」は、男性の正礼装です。五つ紋付きの黒い着物に、縦縞の袴をはき、五つ紋付きの黒い羽織を羽織ります。半衿・羽織の紐・足袋・雪駄の鼻緒などはすべて白で揃えます。おしゃれを取り入れるところは袴です。袴は第一礼装の縦縞ですが、ラインの太さ・色がそれぞれに違います。ちょっとラメが入っていたり、ラインが太かったり細かったり。どうぞお好みの袴を見つけてくださいね。

基本的な服装の種類と選び方

男性の結婚式の服装には、いくつかの基本的な選択肢があります。主なものはモーニング、ブラックスーツ、タキシード、燕尾服などです。ですが、これらの中からどれを選ぶかは、式の格式や会場、そして自身の好みによるところが大きいです。

モーニングは、昼の式に最もふさわしい服装とされています。特に、父親として出席する場合に、格式を保ちながらもややカジュアルな印象を出したいときには、グレーのスーツも良い選択肢となります。夜の式や披露宴では、ブラックスーツやタキシードを選ぶ方が多いです。燕尾服は、たいへんフォーマルな場面での選択となります。

父親特有のマナーと注意ポイント

結婚式の服装選びにおいて、父親として気を付けたいポイントがいくつかあります。まず、新郎新婦やゲストとの服装のバランスを考慮することが大切です。例えば、新郎がカジュアルなスーツを選んでいる場合に、父親があまりにもフォーマルな服装を選ぶと、場の雰囲気が合わなくなってしまいます。逆に、新郎がフォーマルな服装を選んでいる場合は、父親もそれに合わせた服装を選ぶことが求められます。

また、アクセサリーや靴、ネクタイなどの小物の選び方も重要です。これらの小物一つ一つが、全体の服装の印象を大きく左右します。特に結婚式の場では、シンプルで落ち着いたものを選ぶことをおすすめします。

結婚式に参列する際の服装は、新郎新婦をはじめとした参列者全員に敬意を表するものです。そのため、事前にドレスコードをしっかりと確認し、適切な服装を選ぶことが大切です。特に、父親として出席する際には、格式を保ちつつも自身の好みやスタイルを取り入れた服装選びを心がけましょう。

主要な父親の結婚式服装一覧

モーニングコートとは? 昼の正式な結婚式での第一選択

結婚式という特別な日は、父親としても最高の装いをしたいものですね。昼の正式な結婚式では、モーニングコートが第一の選択としておすすめです。

モーニングコートは、長い裾が特徴的なフォーマルウェアです。前が短く、後ろが斜めに長くなっているデザインは、格式高い場での着用が一般的です。グレーやストライプのベストとシルバータイが一般的に合わせられます。靴や小物選びも重要ですが、黒の革靴やポケットチーフで上品な印象を出すことができます。

結婚式の会場や新郎新婦のドレスコードに合わせて、モーニングコートを選ぶ際のポイントや小物の選び方を知っておくと、当日の装いがより一層引き立ちます。

タキシード:夜の結婚式や披露宴でのおしゃれ選択

夜の結婚式や披露宴には、タキシードがおすすめです。タキシードは、映画の中で男性がエレガントに着こなす姿をイメージされる方も多いでしょう。シャープなシルエットとブラックのカラーが特徴で、夜のフォーマルな場にふさわしい装いです。

タキシードを選ぶ際のポイントは、しっかりとした生地感や細部のデザインにあります。ネクタイは蝶ネクタイが標準とされています。蝶ネクタイ・クロスタイ・アスコットタイの場合は黒でもかまいませんが、黒のレギュラータイは喪服を連想させてしまうので避けましょう。シャツ・ベスト・ポケットチーフの色を合わせることで、統一感のあるスタイルを楽しめます。また、靴選びも大切です。ブラックの革靴を合わせることで、全体のコーディネートが引き締まります。

ブラックスーツとは? ビジネスからフォーマルまで幅広く対応

ブラックスーツは、ビジネスシーンだけでなく、結婚式などのフォーマルな場にも使える万能なスタイルです。カジュアルすぎず、正装としても使えるので、多くの方が持っているのではないでしょうか。

ブラックスーツの良さは、どんな場面にも対応できるという点です。新郎新婦の衣装や式のスタイルに合わせて、ネクタイやシャツのカラーを変えることで、さまざまな装いを楽しむことができます。ネクタイはシルバーや白など黒以外の色で、靴やベルトなどの小物は基本的には黒を基調としたアイテムを選べば間違いありません。なお、ボタンダウンシャツが大人気ですが、ボタンダウンはスポーツウェアとなり、フォーマルではNGです。また、喪装にも使われるブラックスーツでしたら、お線香の香りが付いていることがありますので、数日前から干しておくようにしましょう。

和装・紋付羽織袴:伝統的な選択とそのマナー

日本の結婚式といえば、やはり和装の美しさが際立ちます。特に、父親が選ぶ和装としては、紋付羽織袴がおすすめです。五つ紋を付けた着物を着ることで、格式のある正装としての位置づけとなります。

紋付羽織袴を選ぶ際のポイントは生地の質感や柄、また、羽織の長さや袴の裾の長さに気を付ける必要があります。紋付羽織袴をまとうと、日本の伝統的な美しさを感じられ、親族やゲストからも好評を得ることでしょう。

和装のマナーとしては、小物の選び方や紋の位置など、細部に気を使うことが大切です。ただ、日本の結婚式においては、伝統を大切にしつつも、新しいスタイルやアイテムを取り入れることで、より一層の華やかさを楽しむことができます。

この記事を通して、結婚式の際の父親の服装選びにお役立ていただけたらうれしいです。どのスタイルを選ぶにしても、その日の気持ちや新郎新婦の希望に合わせて、最適な装いを楽しんでくださいね。

服装の選び方とコーディネートのポイント

ネクタイやチーフ、小物の合わせ方

結婚式の際の父親の服装は、その日の雰囲気を引き立てる役割を果たします。特にネクタイやポケットチーフ、アクセサリーの選び方は、全体の印象を大きく左右します。

ネクタイの基本的な色選びでは、結婚式の格式や会場の雰囲気に合わせて、蝶ネクタイ・クロスタイ・アスコットタなら、ブラックやグレー、シルバーなどの落ち着いた色がおすすめです。特にモーニングや燕尾服の際には、グレーのネクタイが一般的に合わせられます。レギュラータイの場合は黒は避けましょう。一方、カジュアルな式やレストランウェディングでは、色鮮やかなネクタイを取り入れることで、父親らしい個性を出すことができます。

ポケットチーフの選び方についても、ネクタイと同様の考え方が適用されます。白やクリーム色のチーフは、どのようなスタイルのスーツにも合わせやすく、正装の際には特に人気です。また、父親がブラックスーツを選ぶ際には、白やシルバーのチーフが印象的です。

小物としては、カフスボタンやベルトなども考慮に入れたいポイントです。これらのアイテムも、基本的にはシンプルで落ち着いたものを選ぶことで、格式のある結婚式の雰囲気に馴染むでしょう。

シャツや靴の選び方:フォーマルウェアの基本

結婚式に出席する際のシャツや靴の選び方もたいへん重要です。特に父親として、新郎新婦や親族、ゲストの前に立つことを考えると、適切なアイテムを選ぶことが求められます。

シャツの基本は、白。結婚式のフォーマルな場では、クリアな白のシャツが最も適しています。シャツの衿や袖口のデザインも、シンプルなものが一般的です。ですが、夜の披露宴やカジュアルな結婚式では、パステルカラーのシャツを選ぶ方も多いです。

靴に関しては、黒の革靴が一般的に選ばれます。燕尾服やモーニングの際には、艶のあるものを選ぶと、より格式のある印象を与えることができます。ブラックスーツやタキシードを着る際にも、光沢のある靴を選ぶと、全体の印象が引き締まります。

婚礼のご新郎・お父さま向けとしては黒紋付羽織袴がおすすめとなりますが、もしも、たいへんカジュアルなガーデンパーティーなどで、黒紋付以外の和装になさりたいお父さまは、七五三に付き添いのお父さまのコーナーがお役に立つでしょう。結婚式ですから格式は必要となりますので、花嫁さま・新郎さま・ご両家の親御さんとご相談のうえで、カジュアルな羽織袴を選ばれるという選択肢もございます。

明るい紺色に亀甲の大島紬アンサンブル・袴付き」は、細かい亀甲が織り出された大島紬のアンサンブルに縦縞の袴を合わせました。羽織紐を礼装用に変更なされば、カジュアルな結婚式でお召しいただけるかもしれません。どうぞゆめやにご相談ください。婚礼の会場やスタイル、雰囲気に合わせたご提案をさせていただきます。

服装のレンタルサービス

レンタルとオーダーメイドの違いとメリット

結婚式の服装を選ぶ際に、父親としてどういった選択をすれば良いのか悩むことも多いでしょう。特に、レンタルとオーダーメイド、これら二つの方法には、それぞれの特徴とメリットがあります。

まず、レンタルの大きなメリットは、結婚式の日だけの特別な服装を、高額な出費を抑えて利用できることです。例えば、燕尾服やモーニングなどの礼装は、日常ではあまり着る機会が少ないもの。そのため、一度きりの使用だと考えれば、レンタルが経済的にもおすすめです。また、専門のショップでは、スーツやアクセサリー、靴までを一式揃えることができ、当日のコーディネートの悩みも解消されるでしょう。

一方、オーダーメイドの特徴は、自分の体型や好みにぴったりと合わせて作られる点です。自分の体型に合わせられるため、最も自分らしいスタイルで結婚式に出席することができます。ですが、オーダーメイドは時間も費用もかかることが多いので、事前の準備と予算の確認が必要です。

体の大きい父親や特殊なサイズ対応のサービス

父親として結婚式に出席する際に、一般的なサイズの服装では合わないこともあるでしょう。特に、体の大きい方や特殊なサイズを求める方にとって、服装選びは少し難しい問題となることがあります。

そんな方には、アンティークきものレンタル ゆめや が味方になります。和装のみとなはりますが、一般的なサイズだけでなく、大きなサイズや特殊なサイズにも対応しているので、安心してお選びいただけます。大きめの黒紋付羽織袴をご紹介しましょう。

マネキンに着せてみると、大きすぎてダラリとなってしまいますが、恰幅の良い男性がお召しになると、さぞや立派になることでしょう。ゆめやで一番大きいサイズの「正統派の黒紋付羽織袴・第一礼装」です。

結婚式は、家族にとっても特別な日です。父親として、その日のために最適な服装を選び、新郎新婦の晴れの舞台を華やかに彩りましょう。

まとめ

結婚式における父親の服装選びの要点を再確認

結婚式という特別な日には、父親もおしゃれに気を使いたいですよね。今回、結婚式での父親の服装についていろいろとお話ししましたが、ここで要点を再確認してみましょう。

まず、結婚式の服装は、モーニングや燕尾服、ブラックスーツ、黒紋付羽織袴など、正装が基本的なスタイルとなります。ですが、結婚式の時間帯や会場、新郎新婦の装いによって、適した服装は変わることもあります。洋装なら、昼の結婚式にはモーニングが一般的、夜の披露宴には燕尾服やタキシードがおすすめです。そして、色の選び方も大切です。黒やグレー、シルバーなどの落ち着いた色を選ぶのが無難ですが、新郎新婦とのコーディネートを考えることも忘れてはいけません。

小物の選び方もポイントとなります。ネクタイやポケットチーフ、靴などのアクセサリーは、全体のコーディネートを考えつつ、おしゃれに気を使いたいところです。黒いレギュラータイは避けてください。そして、結婚式に出席する際のマナーも忘れずに。礼装の選び方やアクセサリーの選び方、会場の雰囲気に合わせた服装の選び方など、マナーを守ることで、新郎新婦やゲストにも好印象を持ってもらえるでしょう。

記事の内容や詳しい情報については、当店サイト「https://www.yumeyakimono.jp/」などを参考にしつつ、服装の選び方やマナーについて学ぶことで、結婚式に自信を持って出席できるはずです。

マナーを守った、おしゃれな服装で結婚式を盛り上げよう

結婚式は、新郎新婦にとっても、親族やゲストにとっても、心に残る一大イベントです。その中で、父親としての存在感を放つためには、服装選びは欠かせない要素です。ですが、おしゃれとマナーを両立させるのは、意外と難しいもの。特に、男性は服装の選び方に迷いがちですよね。

結婚式に関連する服装の記事や情報をしっかりと参考にし、基本のマナーを守ることが大切です。そうすれば、カジュアルすぎる服装や、場にふさわしくないアイテムを選ぶことはありません。また、新郎新婦や親族、ゲストとのコーディネートも楽しむことができるでしょう。

最後に、結婚式の服装選びは、自分らしさを出しつつ、新郎新婦の喜びを共有する気持ちを忘れずに。すてきな服装で、結婚式の一日をより華やかに、そして心に残るものとしましょう。結婚式を盛り上げるための服装選び。楽しんでいただけたら幸いです。

ゆめやでは、ご家族揃ってレンタルいただけるプランをご用意しています。こちらもどうぞご覧ください。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

ベージュと茶色のまだら模様のショール【swl018】

【2024年最新】成人式用ファーショール単品レンタルの完全ガイド

はじめに 成人式は、若者にとって一生に一度の特別な節目です。この日、多くの方が着物や振袖を着用し、その装いをさらに美しく見せるために、ファーショールやアクセサリーを選ぶことが一般的です。 特にファーショールは、その豪華さ […]

ひとつ前の記事

お宮参りイメージ

【保存版】お宮参りをしない理由は?その代替案と写真スタジオ活用法

はじめに 皆さんは「お宮参り」についてご存知ですか? 赤ちゃんが生まれて初めて行う行事であるお宮参り。赤ちゃんの健やかな成長や無事を神様に祈願する伝統的な行事です。日本の家庭で代々続けられていて、新たな命の誕生を家族やご […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!