お宮参りイメージ

【初心者ママ必見】宮参り着物レンタル&着付けガイド!安心のステップ

1. はじめに

お宮参りは、赤ちゃんがこの世に生まれて初めて神社に参拝する大切な儀式です。この日は、家族にとっても赤ちゃんにとっても、一生に一度の記念日となります。そんな特別な日には、伝統的な着物を身にまとい、家族揃っての記念撮影を行うことが多いです。しかし、着物に詳しくない方にとっては、お宮参りの準備が少し難しく感じるかもしれません。特に、お宮参りをする母親の着物はどんなものがいいのか、着物のレンタルはできるのか、そして着付けはどうすればいいかなど、不安や疑問をお持ちの方も多いことでしょう。

この記事では、お宮参りにふさわしい母親の着物や、そのレンタルと着付けに焦点を当ててみます。そして、お宮参りが初めての方でも安心して準備を進められるように、着物の選び方からレンタルの流れ、着付けの予約方法、当日の流れまで、細かな情報をお届けします。また、記念撮影の際のポイントや、家族でのお宮参りをより豊かなものにするためのアドバイスもご紹介していきます。

お宮参りは、赤ちゃんの健やかな成長を願い、家族の絆を深める大切な儀式です。着物を通じて、その特別な日をより美しく、より思い出深いものにしましょう。

2. お宮参りでの着物レンタルについての基礎知識

お宮参りの際の衣装として、着物を選ぶ人が今日でもたくさんいます。しかし、着物に詳しくない方にとって、お宮参りにふさわしい着物の選択やレンタルのための準備は少し難しく感じるかもしれません。ここでは、お宮参りの着物レンタルに関する基礎知識と、スムーズな準備のためのポイントをご紹介します。

2.1 なぜお宮参りに着物を選ぶのか:伝統と現代の融合

お宮参りに着物を選ぶ理由は、着物が単に美しく格式高い衣装だからではありません。着物は、長い日本の歴史の中で受け継がれてきた文化や伝統を象徴しているものです。だからこそ、お宮参りのようなお祝いの場面では、先祖から受け継がれた着物を身にまとうことで、家族の絆を感じ、赤ちゃんの未来への願いを込めることができます。また、現代では、伝統的な要素を残しつつも、より着やすく、さまざまなデザインや色の着物がレンタルで利用できるようになりました。これにより、どなたでも気軽にお宮参りのための着物を楽しむことができるようになっています。

2.2 着物レンタルの流れと準備:スムーズな手続きのために

着物レンタルをスムーズに進めるためには、事前の準備が重要です。まず、お宮参りの日程が決まったら、早めにレンタル店舗を検討し始めましょう。レンタル店舗選びでは、着物の種類の豊富さ、着付けサービスの有無、料金プラン、店舗の立地などを確認しましょう。次に、予約時にはお宮参りの日程、赤ちゃんの性別やサイズ、母親の着物の希望などを伝え、必要な小物が含まれているかも確認しましょう。また、当日は着物を着るのに時間がかかるため、神社へのお参りや写真撮影のスケジュールも余裕を持って計画することが大切です。事前にこれらの準備をしっかりと行うことで、お宮参り当日がスムーズに進み、家族ですてきな思い出を残すことができるでしょう。

アンティークきものレンタルゆめやでは、大正から昭和に作られたアンティークを中心に多彩な着物をご用意しています。着物の仕入れからお直しまで、すべて当店のスタッフが手掛けて「本物の着物の素晴らしさ」をリーズナブルな価格でお届けします。お母さま用の訪問着や付け下げはもちろん、お子さま用の産着も幅広くご用意しています。帯や草履、バッグといった小物類もこだわりの逸品を取り揃え、フルセットでレンタルしていただけます。

3. 母親のための着物選び

お宮参りでは、母親が着物を着用して家族の記念撮影を行うことがあります。しかし、着物に詳しくない方にとって、どのような着物を選べばよいのかが、大きな疑問となるでしょう。ここでは、母親のための着物選びと、赤ちゃんの産着について詳しく解説します。

3.1 種類と色の選び方:母親に似合う着物の選び方

お宮参りで母親が着る着物は訪問着が一般的です。訪問着は、フォーマルな場にふさわしい着物で、さまざまな色や柄があります。色選びは、お宮参りの祝いの場にふさわしい明るく華やかな色を選ぶとよいでしょう。淡いピンクや薄い青など、優しい色合いは母親の優しさを表現し、赤ちゃんとの写真も美しく映ります。

柄に関しては、季節の花や古典的な幾何学模様など、さまざまな選択肢があります。大切なのは、着る人の個性と季節を考慮して選ぶことです。また、レンタルを利用する場合は、事前に店舗を訪れ、実際に着てみて自分に合う色や柄、サイズを確認することが重要です。

淡いピンクベージュに菊、牡丹、菖蒲が咲く訪問着」草花紋様を織り出した淡いピンクベージュ色の地に、四季折々の花を描いた現代物の訪問着です。桜柄の帯に、帯締め・帯揚げは若草色でまとめた、はんなりと上品なコーディネートです。

青磁色グラデーション辻が花の訪問着」金糸を織り込んだグラデーションの地に、辻が花染めを施した久保田一竹作の訪問着です。帯も辻が花で揃えて、格調高い装いに。

3.2 産着とは:赤ちゃんの初めての晴れ着

産着(うぶぎ)は、お宮参りに臨む赤ちゃんのための正式な衣装です。産着は赤ちゃんに着せるのではなく、赤ちゃんを抱く人の前から覆うように着せて使います。男の子は一般的に黒や濃い青の地に「鷹」や「兜」のなど勇ましい柄が入ったものを、女の子は赤やピンクの地に華やかな柄が入ったものを選ぶのが伝統的です。産着の柄には、赤ちゃんの健康と長寿を願う意味が込められており、家族にとって大変価値のある衣装です。

産着選びでは、赤ちゃんの肌に優しい素材であること、また、着せやすい構造になっているかどうかも重要なポイントです。多くのレンタル店では、産着セットとして、襦袢や帽子、よだれかけまで含まれているため、必要なものを一式揃えることができます。また、撮影やお参りの際には、赤ちゃんが快適に過ごせるよう、授乳やおむつ替えの準備をしておくことも大切です。

お宮参りは、赤ちゃんと家族にとって一生の思い出となる大切な日です。母親の着物選びから赤ちゃんの産着選びまで、事前の準備と心配りが、この特別な日をより美しく、そして快適に過ごすための鍵となります。

左「松と富士山の五つ紋付掛けきもの」深い黒地に富士山と松林が浮かぶ、男の子用の五つ紋付きアンティーク掛け着物です。肌触りの良い平織の正絹に加え、やや薄めの生地感により暑い季節でも心地よくご使用いただけます。

右「サーモンピンクに檜扇、四季の花の産着」立涌模様を織り出し、ぼかしを入れたピンク色の地に、花々や檜扇を描いた女の子用のアンティーク掛け着物です。絵柄の随所に手刺繍が施され、光を受けるとふっくらとした立体感が際立ちます。

4. 着物レンタルの料金と予算設定

お宮参りでは着物を着用する母親も多く、特に初めてのお宮参りでは着物選びに迷うこともあるでしょう。そんなときに活用したいのが着物のレンタルサービスです。着物レンタルは、さまざまな種類や色、柄の中から選べるため、理想の一着を見つけることができるでしょう。しかし、料金や予算の設定は、レンタルを検討する上で重要なポイントです。ここでは、着物レンタルの料金相場と、予算内で最適な選択をする方法について解説します。

4.1 レンタル料金の相場:何を含むのか

着物レンタルの料金は、提供されるサービスの内容によって大きく異なります。一般的に、レンタル料金の相場は、3,000円から25,000円程度で、セット内容やレンタル期間、着物の種類によって変動します。なお、料金に含まれるものとしては、着物本体はもちろん、帯、草履、バッグなどの小物一式、そしてクリーニング料が一般的です。さらに、着付けやヘアセットを含むプランもあり、これらのサービスを利用する場合は、料金が高くなる傾向にあります。料金を確認する際は、どのようなサービスが含まれているのか、事前に詳しく確認することが大切です。また、撮影サービスや記念写真のオプションがある場合も、料金に含まれているかをチェックしましょう。

ゆめやでは訪問着用の衣装小物や草履、バッグも全てレンタルしていただけます。着物に精通したスタッフが、必要な衣装小物をトータルコーディネートしてお届けします。着物になじみがない方もコーディネートに悩むことなく、自信を持ってお宮参りに臨んでいただけます。

4.2 予算内で最適な選択をする方法

予算内で最適な着物レンタルを選ぶためには、まずはじめに、必要なサービスを明確にすることが重要です。例えば、着付けやヘアセットは自分で行うのか、プロに依頼するのか、また、記念撮影は必要かなど、どのサービスを利用するかによって、選ぶべきレンタルプランが変わってきます。次に、複数のレンタル店舗の料金プランを比較検討しましょう。同じサービス内容でも、店舗によって料金が異なることがあります。また、早期予約割引や平日割引など、利用するタイミングや条件によって割引が適用される場合もあるため、事前に情報を集めることが大切です。最後に、予算を少しでも節約するために、必要最低限のサービスに絞り込むことも一つの方法です。例えば、着物や小物はレンタルするものの、着付けは親族にお願いするなど、工夫を凝らすことで、理想の着姿を実現しつつ、コストを抑えることが可能です。

お宮参りの着物レンタルを選ぶ際には、料金だけでなく、提供されるサービスの質や内容も重要な判断基準となります。予算内で最適な選択をするためには、事前の準備と情報収集が欠かせません。希望に合った着物レンタルを見つけて、お宮参りをより特別なものにしましょう。

5. 着付けの重要性と予約の方法

お宮参りで着る着物の美しさを最大限に引き出し、快適に過ごすためには、プロの手による着付けが不可欠です。また、当日をスムーズに迎えるためには、着付けの予約方法を知っておくことが重要です。

5.1 プロによる着付けのメリット

プロによる着付けには、多くのメリットがあります。まず、着物と帯の美しい形を作り出す技術は、専門的な知識と経験が必要です。プロの着付け師は、着物の種類や帯結びのバリエーションを豊富に持っており、体型や着物の特性に合わせた最適な着付けをしてくれます。また、着崩れを防ぎ、長時間快適に過ごせるように調整してくれるため、安心してお宮参りに臨めます。

さらに、プロの着付け師は、小物の選び方や色合わせのアドバイスも行ってくれます。これにより、バランスの取れた装いを実現でき、記念撮影の際にも美しい姿を残すことができます。着物を着ることが初めての方や、特別な日の装いに不安を感じる方にとって、プロのサポートは心強いですね。

5.2 着付け予約のタイミングと注意点

着付けの予約は、お宮参りの日程が決まったら早めに行うことをおすすめします。特に春や秋の行事シーズンは、着付け師の予約が混み合うため、希望の日時に予約が取りにくくなることがあります。また、予約をする際には、以下の点に注意してください。

  • 予約時に伝えるべき情報: 予約時には、着付けを希望する人数、着物の種類(産着、訪問着など)、お宮参りの日時と場所、撮影の有無など、必要な情報を明確に伝えましょう。これにより、着付け師は必要な準備を事前に行うことができます。
  • 事前の相談: 特に着物や小物について不安がある場合は、予約時や事前に店舗を訪れて相談するとよいでしょう。なお、着物レンタルを利用する場合は、レンタルと着付けを同じ店舗で行うと、当日の流れがスムーズになります。
  • キャンセルポリシーの確認: 万が一のために、キャンセルポリシーを事前に確認しておくことも大切です。体調不良などで予定が変更になる可能性も考慮し、柔軟に対応できるように準備しておきましょう。

プロの着付けと適切な予約方法を知ることで、お宮参りの日をより特別なものにすることができます。美しい着物で、家族にとって忘れられない一日を作り出しましょう。

6. 記念撮影のための準備とポーズ

お宮参りの記憶を美しく残すために、記念撮影は欠かせません。産着をまとった赤ちゃんと家族の姿は、見返すたびに温かい思い出を蘇らせてくれるでしょう。その際、撮影の準備とポーズ選びに少しの工夫を加えることで、より印象的な写真を残すことができます。

6.1 記念写真を美しく残すコツ

記念写真を美しく残すためには、いくつかのポイントがあります。まず、撮影場所を事前に決めておくことが重要です。自宅や神社の境内、プロのスタジオなど、撮影場所によって雰囲気は大きく変わります。また、自然光を活用することで、柔らかく温かみのある写真に仕上がります。次に、赤ちゃんの体調と機嫌を最優先に考えること。お宮参りは赤ちゃんにとっても一大イベントですから、無理をせず、赤ちゃんが最も快適な時間帯を選びましょう。

着物の色や柄も写真の印象を大きく左右します。淡い色の着物は柔らかく優しい印象を、鮮やかな色の着物は華やかで元気な印象を与えます。また、家族全員の服装を合わせることで、統一感のある写真になります。例えば、女の子の産着と母親の着物は同じ色系統を選ぶ、男の子の産着に合わせて父親のスーツの色合いを合わせるなど、小さな工夫が大切です。

6.2 家族写真のためのポーズとコーディネート

家族写真を撮る際には、自然体のポーズが一番です。赤ちゃんを中心に家族が囲む形は、絆を感じさせる美しい構図となります。伝統的なしきたりでは、赤ちゃんを抱っこするのは「父方の祖母」とされていますが、近年ではしきたりにこだわらない家庭も増えてきています。そのため、母親が赤ちゃんを抱っこすることもあるでしょう。母親が赤ちゃんを抱っこする場合、母親の隣に父親が立ち、祖父母や兄弟姉妹がそっと寄り添う形などにすると、家族の温かみを感じられるポーズになります。また、赤ちゃんが主役の写真では、赤ちゃんの表情を引き出すために、おもちゃや音楽を使うのも一つの方法です。

コーディネートに関しては、着物の色合いを家族で揃えることがポイントです。赤ちゃんの着物が淡い色であれば、家族も淡い色や柔らかい色合いの着物や服装を選び、全体の調和を考えるとよいでしょう。また、小物使いも大切です。帯締めや髪飾り、足袋の色を統一することで、さりげないおしゃれさを演出できます。

記念撮影は、その時だけの特別な瞬間を捉えるものです。準備とポーズ選びに少しの心配りを加えることで、家族の大切な思い出をより美しく、より鮮やかに残すことができます。お宮参りの記念撮影を通じて、家族の絆を深め、赤ちゃんの成長を祝いましょう。

左端「淡い杏色に牡丹や菊の春秋紋様の訪問着」中央「錦紗縮緬に花々が踊る五つ紋付き産着」右端「流水に松竹梅の産着

お母さまの着物はぼかしを入れた柔らかな橙色の地に、牡丹と菊を描いたアンティーク付け下げです。女の子はサーモンピンク色の地に、百花を描いた華やかさが極まる掛け着物を。男の子は松竹梅に流水を描き、ベージュ色の余白が美しい一枚を選びました。お母さまの着物に合わせて暖色系でまとめた、家族のぬくもりを象徴するコーディネートです。

左端「紅藤色と瑠璃色グラデーションの辻が花の訪問着」中央「紫の縮緬地に扇と花々の五つ紋付産着」右端「雲海に龍の産着

お母さまの着物は、紅藤色から瑠璃色へのぼかしが施された辻が花染めの訪問着です。お母さまの着物の色に合わせて、女の子は濃い紫色地に花々を描いたアンティーク掛け着物を。男の子は菱紋様を織り出した白地に、雲龍を手描きしたダイナミックな印象の掛け着物を合わせました。はんなりとしたお母さまの装いを、お子さまの掛け着物がほどよく引き締める、コントラストを大切にしたコーディネートです。

左端「千草色のぼかしにリンドウの付け下げ」中央「グリーンに手描き友禅の五つ紋付産着」右端「橘の紋付産着

お母さまの着物はぼかしを入れたグリーン色の地に、リンドウや秋を野草を描いた付け下げです。女の子は鮮やかな黄緑色の地に、花々の絵羽模様が手描き友禅で描かれた掛け着物を。男の子は薄墨色の表地に、若草色の裏地を合わせた掛け着物を合わせました。お母さまの着物に合わせて、爽やかな緑色でまとめたコーディネートです。

7. 七五三との関連性:お宮参りから始まる家族の節目

お宮参りと七五三は、お子さまの成長を祝う大切な日本の伝統的な儀式や行事です。これらは、家族の絆を深め、お子さまの健やかな成長を願う意味を持っています。なお、お宮参りは生後初めての神社参りで、七五三は3歳、5歳、7歳のお子さまの成長を祝う行事です。どちらも、お子さまの一生において重要な節目とされ、特別な衣装を身にまとい、家族揃って神社へお参りするのが一般的です。ここでは、お宮参りと七五三の違いと、着物を通じて繋がる家族の絆について掘り下げていきます。

7.1 七五三とお宮参りの違いとは

お宮参りと七五三は、どちらもお子さまの健康と成長を祝う日本の伝統的な行事ですが、その目的と時期に違いがあります。お宮参りは生後1ヶ月(男の子は31〜32日、女の子は32〜33日目が一般的)に行われるのに対し、七五三は3歳、5歳、7歳のお子さまを対象にした行事で、11月15日前後に行われます。お宮参りでは、生まれた土地の産土神に赤ちゃんが無事に生まれ、健やかに育っていることを報告し、これからの健康と幸福を祈願します。一方、七五三では、お子さまの成長を祝い、これからも健康で幸せに過ごせるようにとの願いを込めてお参りします。お宮参りで用いられるのは産着で、それ自体を赤ちゃんが着用することはありません。一方、七五三では華やかな色と柄の着物をお子さまに着せることが一般的です。

7.2 着物で繋ぐ家族の絆:世代を超えた伝統の継承

着物は、お宮参りや七五三などの節目ごとに、家族の絆を象徴する衣装として大切にされています。特に、これらの行事で着用する着物は、世代を超えて受け継がれることが多く、家族の歴史や思い出を織り込んだ価値のあるものです。祖母から母へ、母から子へと受け継がれる着物には、家族の愛や願いが込められており、着物を通じて家族の絆が深まります。また、着物を選ぶ過程や着付けをする時間も、家族が共有する大切なひとときです。このように、お宮参りや七五三の行事を通じて、着物はただの衣装ではなく、家族の絆を深め、世代を超えて伝統を継承するものとしての役割を果たしています。

しかし、着物は高価であるにもかかわらず、最近ではなかなか着る機会がないかもしれません。そんなときに、着物レンタルサービスを利用すると、特別な日のための美しい着物を手軽に準備することができます。また、プロの着付けサービスを利用することで、着崩れしない美しい着姿に整えてくれます。そのため、着物が初めての方でも安心してお宮参りや七五三に臨むことができるでしょう。これらのサービスを活用することで、お宮参りや七五三の行事がより特別なものになり、家族の記憶に残る美しい瞬間を実現することができます。

8. まとめ

お宮参りは、赤ちゃんの健やかな成長を願い、家族で祝う大切な行事です。その記念すべき日に、伝統的な美しさを象徴する着物を選ぶことは、多くの家族にとって特別な意味を持ちます。

また、着物レンタルサービスを利用することで、初めての方でも安心して、多種多様な着物の中からお子さまや母親にふさわしい一着を選ぶことができます。そして、プロの着付け師による着付けサービスは、当日の準備をスムーズにし、より美しく着こなすための重要なポイントです。

この記事では、着物選びの基準、レンタルの流れ、料金の相場、着付けの予約方法、記念撮影の準備、そして七五三との関連性についても触れました。これらの情報が、お宮参りの準備を進める上での参考になれば幸いです。

お宮参りはただの形式的な儀式ではありません。赤ちゃんの健康と将来を願い、家族が一堂に会して祝う大切な時間です。そんな特別な日に、伝統を重んじつつも現代のニーズに合わせて着物を選び、家族での絆を深める機会にしてください。そして、その準備過程も含めて、楽しい思い出作りの一部となることを願っています。

〈参考記事〉
https://www.studio-alice.co.jp/shortcut/omiyamairi/column/detail21.html
https://kashikimono.com/content/omiyamairi#ub_4
https://yamanaka-kimono.com/6blog/omiyamairi-kimono-price/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

手描き友禅春秋柄の淡い花浅葱色の訪問着【hou07】

【着物のプロ監修】大きいサイズのレンタル訪問着選び|失敗しないコツを解説

はじめに 大きいサイズの訪問着レンタルをお探しの方へ。この記事では、着物のプロが監修する、大きいサイズの訪問着選びのコツをご紹介します。 以下のような悩みを抱えている方に、ぜひ参考にしていただきたい内容です。 上記のお悩 […]

ひとつ前の記事

江戸友禅に手刺繍の南蛮船、大彦製五つ紋付黒振袖【tom44】

【結婚式】新郎新婦の母親向け和装レンタルの秘訣|黒留袖の選び方

はじめに 結婚式は、新郎新婦にとっての人生で最も記憶に残るイベントの一つであると同時に、新郎新婦の母親にとってもわが子の記念すべき日に自身も美しくありたいと願う場であることと思います。 母親として結婚式に臨む衣装として、 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!