顔合わせ会 食事イメージ

結婚前の顔合わせ食事会の服装 | 専門家が教える両家満足のコーデ

はじめに

顔合わせというのは、結婚を控えた二人の両家が初めて顔を合わせる大切な場面。今日はその際の服装についてお話ししたいと思います。

顔合わせとは? その重要性を知る

結婚が決まったら、次に待っているのが「顔合わせ」。これは、両家の親御さんや家族が集まって、お互いを知り合う場のことを言います。結婚式場やレストラン、料亭やホテルの個室など、さまざまな場所で行われることが多いですね。どんな場所であれ、この会は結婚生活のスタートラインとも言える大切なもの。そこで、その場の雰囲気や流れ、そして当日の服装などをしっかりと準備しておくことが大切です。

顔合わせは、お互いの家族がどのような人たちなのか、どのような価値観を持っているのかを知る良い機会です。また、これから始まる新しい家族としての関係を築く第一歩でもあります。

この記事の目的と読むポイント

この記事では、顔合わせの際の「服装」に焦点を当てて紹介します。どんな服を選ぶべきなのか、カジュアル過ぎるのはNGなのか、それともフォーマル過ぎると堅苦しいのか…。そんな疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

記事を読むポイントとしては、以下の三つを心に留めてください。

  1. 自分らしさを大切に:顔合わせは、あなたやあなたの家族を相手の家族に紹介する場。だからこそ、自分らしいスタイルや色を選ぶことが大切です。
  2. 場の雰囲気を感じて:顔合わせの会場やその日の気温、両家の親御さんの服装など、さまざまな要素によって適切な服装は変わってきます。事前の相談や準備が必要です。
  3. 快適さも忘れずに:見た目だけでなく、自分が着ていて快適に過ごせる服を選ぶこともポイントの一つです。

この記事を読んで、顔合わせの服装選びに迷うことなく、安心してその日を迎えられることを願っています。次からは、実際の服装の選び方やおすすめのアイテム、マナーについて詳しく解説していきますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

顔合わせの基本マナーとは

結婚の準備において、顔合わせは欠かせない大切なステップの一つです。両家が初めて顔を合わせるこの大事な場において、どんなマナーを守るべきか、しっかりと知っておきましょう。

なぜ顔合わせは結婚準備の大切なステップなのか

顔合わせは、結婚を前提としたお二人の関係が一歩前に進む大切な場。これから一緒に過ごす家族同士が、初めて顔を合わせる場所です。この会の流れや雰囲気が、結婚式や新婚生活における両家の関係を深めるきっかけとなります。良好な関係を築くためにも、顔合わせの重要性を理解し、きちんとした準備をして当日を迎えることが望ましいのです。

また、結婚という新しいステージに進む前に、家族同士がお互いの価値観や考えを共有する良い機会とも言えます。結婚式や新婚生活におけるさまざまな準備や調整も、この時の会話から始まることが多いのです。

顔合わせでの会話のポイント

顔合わせでの会話は、和やかな雰囲気を保ちながら、お互いの家族をより深く知るためのもの。以下のポイントを意識することで、スムーズな会話が期待できます。

  1. 相手の話をよく聞く: 両家が初めて顔を合わせる場ですので、お互いのことを知るためにも、相手の話をしっかりと聞くことが大切です。
  2. 自分の家族やこれまでの生活について語る: 結婚することで新しい家族として迎える相手に、これまでの生活や家族についての話をすることで、互いの理解を深めることができます。
  3. 明るいトーンで: 重い話題やデリケートな問題は避け、明るい話題や共通の趣味などを中心に会話を進めると良いでしょう。

両家の親族との関連性

結婚における両家の親族との関連性は、たいへん深いもの。顔合わせは、結婚式だけでなく、これからの家族同士の関係を築く上での大切なステップとなります。

例えば、結婚式の際の席次や、どの親族がどのような役割を果たすかなど、多くの情報をこの顔合わせの席で共有することが多いのです。また、結婚式場の選び方や挙式のスタイル、料理の好みなど、具体的な準備に関する話もこの時に進められることがあります。

ですが重要なのは、結婚に関するすべての決定をこの時点で行う必要はないということ。顔合わせは、お互いの家族を知るための場ですので、無理にすぐに何かを決める必要はありません。むしろ、この時に得られる情報や意見を参考に、後日、より具体的な計画を立てていくことが大切です。

顔合わせは新しい家族との関係を築く大切な第一歩。お互いの家族を知ることで、結婚生活をより良いものにするための土台を築くことができるのです。この大切な場を大事にするためにも前準備をしっかりと行い、新しい家族との素敵な関係を築いていきましょう。

男性向け:顔合わせのおすすめ服装

結婚を前に、両家が食事の場を交わす顔合わせ。そんな大切な場に、男性はどんな服装を選べばいいのでしょうか。おすすめの服装やコーディネートをここでご紹介します。

スーツの選び方とは?

顔合わせは結婚式とは異なり、完全なフォーマルではなく、雰囲気としては少しカジュアル。ですがどんな場所での会であれ、結婚に関する大事な会話が行われる場所には変わりありません。そのため、きちんとした服装はマナーとして欠かせません。

スーツ選びのポイントは「色」と「デザイン」。基本的にはダークカラーのスーツがおすすめです。特に黒やグレーのスーツはどのような会場でも浮かず、格式の高いレストランや料亭でも安心して着用できます。デザインはシンプルなものを選ぶと相手方の親御さんからの印象も良く、結婚式場などの場所でも違和感がありません。

ネクタイも忘れずに。色や柄は派手すぎないものを選び、全体のコーディネートとのバランスを意識することが大切です。スーツの選び方をしっかりと知った上で、当日は清潔感を持ったスタイルでのぞむことをお忘れなく。

カジュアルすぎないコーディネート術

顔合わせがカジュアルなカフェやレストラン、ホテルのなかでもカジュアルな席での食事会などでは、ジャケットやノーネクタイのスタイルも考えられます。ですが、あまりにもカジュアルになりすぎると相手の親御さんからの印象が悪くなる可能性も。そこで、ちょうどいいバランスを取るためのコーディネート術を紹介します。

ジャケットは基本中の基本。カラーボトムと合わせても、ジャケットがあれば一気に上品な雰囲気になります。また、シャツは白やパステルカラーがおすすめ。派手な柄や色は避け、シンプルで清潔感のあるアイテムを選ぶようにしましょう。

パンツ選びも大切。デニムは避け、チノパンやスラックスを選ぶことで、カジュアルとフォーマルの中間のスタイルを楽しみながら、相手にも好印象を与えることができるでしょう。

50代、60代の父親向け:適切なアイテムと着こなし

顔合わせの場に、新郎の父はもちろんですが、近しい親族の男性も参加していただくケースがあります。特に50代、60代の男性にとって、どのような服装が適切かは気になるところでしょう。

基本的には、新郎と同じくダークカラーのスーツが無難。ですが、年代によっては和装も考えられます。和装は、格式の高い場所や伝統的形式での顔合わせの選択としておすすめ。

アンティークきものレンタル ゆめや は、大正時代から昭和初期にかけての着物をメインに取り扱うレンタルショップです。婚礼衣装には特に力を入れていますので、顔合わせから、結納、前撮り、挙式、披露宴まで、どうぞまとめておまかせください。

顔合わせ会に参加なさる男性におすすめの和装は、格式の高いものですと五つ紋付黒羽織袴の正礼装となりますが、少しカジュアルな装いをご紹介しましょう。「亀甲十字の大島紬にひげ紬の羽織のアンサンブル」に縦縞の袴を合わせてみました。羽織紐をもう少しフォーマルなものに変えれば、気楽な顔合わせにお召しいただけそうです。

スーツの場合は、年齢に応じてややゆったりとしたデザインや、クラシックなデザインのものを選ぶとよいでしょう。ネクタイや小物もシンプルで落ち着いたものを選ぶこと。特に靴やベルトなどのアクセサリーは、全体の印象を大きく左右するアイテムです。小物も品質の良いものを選び、全体のスタイルとのバランスを考えることがポイントとなります。

ここまで、顔合わせの場での男性向けのおすすめ服装について紹介しました。どのような服装を選ぶかは、会の場所や両家の雰囲気、そして自分自身の好みも大切にしながら選ぶことが大切。ネット上の記事などもチェックし、素敵な顔合わせの日を迎えてほしいと思います。

女性向け:顔合わせのおすすめ服装

両家が一堂に会し、食事をともにしながらこれからの新しい家族としての絆を深める顔合わせ。そんな大切な場所での服装選びは、女性にとっても少し緊張するかもしれませんね。ここでは安心して準備が進められるよう、おすすめの服装やポイントを詳しく紹介します。

ワンピースやセミフォーマルなセットアップの魅力

ワンピースは、女性の魅力を引き立てるアイテムの一つ。特に顔合わせでは、清潔感と上品さを兼ね備えたワンピースを選ぶことで好印象を持ってもらいやすくなります。色の選び方としては落ち着いたカラー、例えばグレーやダークブルーがおすすめです。派手すぎず、どんな場所や雰囲気にも馴染むからです。

セミフォーマルなセットアップも良い選択です。パンツやスカート、ジャケットの組み合わせは、どんな場所でも場違いになりにくいはず。特にレストランやホテルなど、少し格式のある場所での顔合わせにはぴったりです。合わせる小物やアクセサリーはシンプルに。派手なものは避け、上品さを意識した選び方を心がけて。

和装なら、「鹿の子と板締めの絞りに手刺繍の花々の小振袖」はいかがでしょうか。白に赤で鹿の子絞りと板締め絞りがほどこされた上質の正絹地に、花々が手描き・手刺繍で描き出された、品格のある豪華な小振袖です。あなたの誠意が、お相手のご家族にしっかりと届く装いです。

母親や親族向け:フォーマルからカジュアルまでのスタイル

顔合わせに参加する家族や親族にも服装のアドバイスが欲しい、と思う方もいらっしゃるかと思います。母親の場合は、少しフォーマルな装いがおすすめ。上品なブラウスにスカートやパンツを合わせたスタイルや、シンプルなデザインのワンピースが適しています。色は、明るすぎず暗すぎない中間の色を選び、華やかさを持たせるなら小物やアクセサリーでアクセントを。

親族の方は場所や雰囲気に合わせて、カジュアルからセミフォーマルまでの幅で選ぶと良いでしょう。特に若い女性は流行のアイテムを取り入れつつ、場の雰囲気を壊さないような服装を心がけて。

アクセサリーやウェアの組み合わせポイント

顔合わせの服装を選んだ後、次に気をつけたいのがアクセサリーの選び方。基本的にはシンプルなものを選び、全体とのバランスを取ることが大切です。派手なものや、大きすぎるアクセサリーは避けるようにしましょう。

ネックレスは、デコルテを美しく見せるものを選べば女性らしさがアップします。ピアスやイヤリングも、小さめのものを選ぶと落ち着いた雰囲気に。またリングやブレスレットもシンプルなものを選ぶことで、上品な印象を持ってもらいやすくなります。

シューズ選びもポイントです。ハイヒールやパンプスを選ぶ際は歩きやすいものを。清潔感を保ちつつ、全体のコーディネートに合わせて選んでみてください。

和装を選ばれるなら、新婦さまよりも少し控えめに。「錆納戸色に紅葉と亀甲の一つ紋付訪問着」は、一つ紋が入っていますので、格式の高いレストランや料亭でも見劣りすることがありません。水辺に紅葉・橘・亀甲・小舟が、手描きに金泥・金駒刺繍で描き出された、上品な訪問着です。

どんな服装やアクセサリーを選んだとしても、自分らしさを大切に。気に入ったものを着ることで自信が持てますし、それが相手にも伝わります。準備を楽しみながら、素敵な顔合わせの時間を過ごしてくださいね。

結婚式場やゼクシィ等のサービスを利用して服装を探す

結婚式場のカテゴリやおすすめスポット

顔合わせ準備の大きなポイントの一つとして、場所選びが挙げられます。場所によっては服装のスタイルも変わってくるでしょう。特に、結婚式場は多岐にわたるカテゴリがあります。料亭、ホテル、レストラン、それぞれに適した服装があるのです。

伝統的な雰囲気を持つ料亭では、少しフォーマルなスタイルを選びたいところです。一方、リラックスした雰囲気のレストランでは、カジュアルで上品な装いがおすすめです。いろいろな結婚情報サイトにおすすめの顔合わせ会場などが紹介されているので、ぜひチェックしてみてください。場所の雰囲気やカテゴリに合わせて服装の基本的なイメージを決めるのがいいでしょう。

ゼクシィやみんなのウェディングでの情報のピックアップ

最近は、ウェディング関連の情報を集めるサイトが多くあります。特に「ゼクシィ」や「みんなのウェディング」は、多くの新郎新婦や家族たちが利用する人気サイトです。このようなサイトを利用すると、どんな服装が流行っているのか、また実際にどのような服装で顔合わせを行ったのかといった実例も多数掲載されています。

特に「みんなのウェディング」では、多くのカップルが顔合わせや結納での服装についての体験談を共有しているので、自分たちの準備の参考にするのもおすすめです。また「ゼクシィ」には服装のコーディネートや、結婚式場のスタイル別のおすすめの服装など、詳しい情報が盛りだくさんです。

特集記事などもチェック!

結婚関連の情報サイトには、特集記事やスナップ写真などのコンテンツも掲載されています。特集記事ではその月のトレンドや注目のテーマに沿った情報が紹介されているので、最新の流行を取り入れたい方は必見です。

スナップ写真は実際のカップルや家族が結婚式や顔合わせ、結納などの際に着た服装を掲載しています。フォーマルな場やカジュアルな場所、さまざまなシチュエーションの中での実際の服装を見ることができるので、とても参考になります。

顔合わせや結納の際の服装選びは、新郎新婦はもちろんのこと、両家の家族も悩むポイントです。いろいろな情報をしっかりとチェックして自分たちのスタイルに合った服装を選べば、大切な日をより華やかに、心地よく迎えることができるでしょう。何より、心から顔合わせの場を楽しむことが大切です。

顔合わせの当日の流れと準備

顔合わせ当日を迎えるにあたり、どのように進行すべきなのか、どんな準備をすればよいのか、詳しく解説していきます。

会のスケジュールと食事の準備

顔合わせの場として、多くの方が料亭やホテル、レストランの個室を選ぶことが多いです。まず、会場の予約をしっかりと決めることが大切。結婚情報サイトなどでも全国の結婚式場やレストランが紹介されていて、その中から場所や料理の内容など、好みに合ったものを選ぶと良いでしょう。

食事の内容も重要です。和食や洋食、中華など、メニューのスタイルをあらかじめ確認しておくことがおすすめ。母親や父親の好みなど家族の意見も取り入れつつ、全員が満足する内容を選ぶのがポイントです。

お互いの両親へのおもてなしと手土産の選び方

手土産は、相手の家族への感謝の気持ちを伝える大切なアイテム。どんなものを選ぶか迷ったら、結婚情報サイトなどで紹介されているアイテムを参考にするとよいでしょう。

ただし、気をつけたい点も。手土産はあくまでお互いの親御さんに喜んでもらうためのものなので、派手すぎず、それでいて心のこもったものを選びたいところ。例えば地元の名産品や季節のお菓子などもおすすめです。また、手土産はラッピングも大切。清潔感があり、上品なデザインのラッピングを選ぶことで、相手に好印象を持ってもらえるでしょう。

和やかな雰囲気を作るためのポイント

顔合わせの最大のポイントは、和やかな雰囲気を作ること。結婚は二人だけの問題ではありませんので、家族同士の絆を深める顔合わせは大切な時間です。だからこそ、明るく楽しい時間を過ごすことが何よりも重要になってきます。

まずは服装選び。女性はワンピースやスカートなど、華やかさを意識したフォーマルなスタイルがおすすめ。男性はジャケットやスーツを基本とし、父親や兄弟も同様にフォーマルな装いで参加するとよいでしょう。

会話もポイントです。初めて会う両家だからこそ緊張しがちですが、笑顔を絶やさず、リラックスした雰囲気で進行することを心がけましょう。話題は、趣味や最近の出来事、旅行の思い出など、明るく楽しい内容がおすすめ。

顔合わせの成功は、お互いの親御さんの印象を良いものにするだけでなく、これからの結婚生活にも良い影響をもたらすでしょう。準備や当日の振る舞いに自信が持てるよう、しっかりと参考情報を集めて、素敵な時間を過ごしてくださいね。

まとめ

日本の結婚文化はたいへん格式があり、特に顔合わせはその初めの一歩としてたいへん重要なステップです。二人の家族が初めて顔を合わせる機会であり、その初対面の雰囲気が今後の関係性に大きく影響することも少なくありません。

顔合わせの服装選びの要点を再確認

この記事で学んできたように、顔合わせの際の服装はその場の雰囲気を左右します。両家の印象はもちろん、自分自身の気持ちにも影響を与えるのです。最初に述べたように、場所によっても服装は変わってくるでしょう。レストラン、ホテル、家族の実家など会場の選び方は多岐にわたりますが、どの場所であっても、きちんとしたフォーマルな装いを選ぶことが基本です。

ワンピースやスーツなど、どんな服装を選ぶのかは、事前にしっかりと考えることが大切です。とはいえ、カジュアル過ぎるのは避けた方がよいでしょう。格式高いフォーマルな席では、少し華やかさを持ったスタイルがおすすめです。明るい色のワンピースや上品なデザインのスーツを選ぶことで、和やかな雰囲気を作り出すことができます。

また、家族や親御さんの意見も大切にしたいもの。人生の先輩の経験や知識を取り入れながら、お互いが納得できる服装を選んでいくことがポイントです。

着こなしのコツと今後の準備について

顔合わせの服装選びだけでなく、それをどう着こなすかもたいへん重要です。大切な場面で自分らしさを出しつつ、相手の家族に良い印象を与えることが求められます。

アイテムや小物の選び方もポイントとなります。例えばシンプルなワンピースを選んだ場合は、アクセサリーで華やかさを足すことができます。ネックレスやブレスレットなど、派手過ぎないものを選ぶことで、上品な雰囲気を演出することができるでしょう。

また、今後の準備についても考えておくことが大切です。顔合わせは二人だけのものではなく、家族や親族との絆を深める大切な場。それぞれの家族との関係性を深めるために、どんな準備が必要かを考え、相談しながら進めていくことがおすすめです。

結婚は一生の大切な決断。そのスタートとなる顔合わせをスムーズに進めるためには、事前の準備や情報収集が欠かせません。この記事が皆さんの顔合わせの参考となり、安心してその日を迎える手助けとなれば幸いです。

そして、もしもお衣装の話題になりましたら、どうぞゆめやを思い出してくださいね。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

渋いグリーンに辻が華染めの色振袖【fui60】

【2025年最新版】深緑の着物で成人式の主役に!振袖レンタルガイド

はじめに 成人式は、日本の伝統的なイベントです。この特別な日に着用する振袖は、その人の個性や美意識を表現するための重要な要素となります。特に、自然と調和する落ち着いた色合いの深緑の振袖は、新しい大人としてのスタートを象徴 […]

ひとつ前の記事

卒業式イメージ

【プロが監修】小学校の卒業式、後悔しない袴選びのポイントと注意点

はじめに 卒業式、それは学生生活の最後を飾る大切なイベントです。多くの女の子にとって、この機会に袴を着るのが夢であり、最近ではその夢をかなえるために袴のレンタルが増えています。しかし、何を着るか、どう着付けるか、実際のと […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!