七五三イメージ

【着物のプロ監修】七五三で男の子が一番輝く羽織・袴セットの選び方

はじめに

一生に一度の七五三は、お子さまの成長を祝う、心温まる日本の伝統行事です。特に男の子にとって、七五三での羽織袴は、小さな武士になったような誇り高き装い

しかし、着物を着る習慣があまりない現代の多くの親御さんにとって、七五三のために羽織袴を用意するのは未知の領域かもしれません。

着物や袴に関する知識が少ない中で、どうやって選び、どのように着せれば良いのか、さまざまな疑問が浮かぶことでしょう。

本記事では、そんな七五三の羽織袴選びから着付けまで、皆さまの不安や疑問が解消できるような情報をご紹介したいと思います。

絹100%の正絹アンティーク着物を取り扱う専門店として、長年の経験から得た知識と情熱をもって、初心者の方々にも理解しやすいように解説していきます。

七五三を迎えるお子さま一人ひとりが、この特別な日を心から楽しめるよう、準備のポイントを詳細にご案内します。

七五三:男の子の羽織袴と和装の価値を再発見

日本の伝統文化には、子どもの成長を祝うすてきな行事が数多く存在しますが、特に七五三はその中でも際立った意味を持つ節目です。

この行事で男の子が身に纏う羽織袴は、単なる格式高い服装ではなく、子どもの健やかな成長と家族の幸せを願う深い文化的背景があります。

ここでは、七五三の起源と意義、羽織袴の基本的な選び方のポイントについてご紹介します。

七五三の起源と羽織袴の文化的役割

七五三は、お子さまの成長を祝う日本独自の伝統的な行事であり、その起源は平安時代にまで遡ります。

この時代、幼少期の死亡率が非常に高く、子どもたちが無事に成長したことを祝う風習がありました。

特に、5歳の男の子が初めて袴を着る「袴着(はかまぎ)」の儀式は、七五三の原型となった重要な行事でした。

また、3歳の時には髪を伸ばし始める「髪置き」、7歳で帯を締める「帯解き」の儀式があり、これらすべてが現在の七五三の形式へと結実しています。

七五三で男の子が5歳で羽織袴を着用する背景には、社会的に一人前と認められる第一歩を踏み出す象徴としての意味合いがあります。

この風習は、子どもの健康と長寿を願うとともに、社会における成人への最初の一歩として位置付けられています。

羽織袴を纏うことにより、男の子は家族や社会から一定の認知を受け、さらなる成長を期待されることで、成長の節目を共有することができるのです。

基本スタイルガイド:羽織袴の選び方とその意味

七五三で男の子に選ぶ羽織袴は、ただの衣装以上の意味を持ちます。年齢やサイズに合わせて選ぶことは基本ですが、色や柄の選択にも、お子さまの成長や家族の願いが込められています。

ここでは、七五三用の羽織袴の柄と色の基本的な選び方についてみていきます。

  • 柄選び:5歳の男の子に選ばれる羽織袴の柄には、それぞれ意味が込められています。例えば、鷹の柄は、勇敢さと力強さを象徴し、松の柄は健康と長寿を願う意味があります。これらの伝統的な柄は、古来から日本の家族が子どもたちに願いを込めるために選び続けてきたものです。
  • 色選び:色選びにおいても、伝統的な黒や紺は落ち着きと格式を示し、家族への誇りを象徴しています。しかし、最近ではお子さまの個性を表現するために、明るい色や斬新なデザインの羽織袴も選ばれるようになりました。これは、時代と共に七五三の衣装も進化している証拠です。たとえば、明るい青や緑、時には洋服のようなデザインを取り入れた羽織袴もあり、これらは現代の家族が子どもの成長をより自由に、そして楽しく祝おうとする気持ちを反映しています。

ここで、ゆめやで取り扱っている5歳の男の子用の七五三レンタル着物セットから、「黒紋付に仙台平袴のアンサンブルモノトーンの5歳祝着」をご紹介します。

こちらは、丸に一つ茶の実の五つ紋付羽織と着物に、仙台平の袴のコーディネートです。紋入れ(貼り付け紋)のご注文も承っています。肩上げや、袴の長さを選ぶことで、お子さまにピッタリのサイズでお召しいただけます。男子の第一礼装である黒紋付羽織袴ですので、神社でも堂々とした佇まいとなることでしょう。

5歳のお子さまの成長に合わせた羽織袴の選定術

5歳の男の子にとって、七五三は人生で初めての大きな節目です。この特別な日に着る羽織袴は、お子さまの成長を祝い、将来への願いを込めたものを選びたいものです。

そのため、羽織袴を選ぶ際には、お子さまの年齢と体型、さらには家族の思いを反映したデザインの選択が重要になります。

年齢と体型を考慮したサイズ選び

ひとくちに「5歳」といっても、この年齢のお子さまの体型は非常に個性的で、成長のスピードもそれぞれ異なります。

そのため、羽織袴を選ぶ際には、実際にお子さまの体型を測定し、最適なサイズを選ぶことが大切です。

サイズが合わないと、せっかくのお祝いの日が不快なものになってしまう可能性もあります。

特に、袴の丈は足の動きを妨げない範囲で選び、羽織は動きやすさを考慮して、少し余裕を持たせるのが良いでしょう。

色彩と柄の選択:デザインで伝える思い

羽織袴の色や柄は、ただの装飾ではありません。それぞれに特別な意味が込められており、家族の願いやお子さまの性格を表現する手段となり得ます。

例えば、紺やグレーといった落ち着いた色は、安定や成熟を象徴しており、将来の成功を願う家族に選ばれることが多いです。

柄では、「兜」は病気や困難からお子さまの身を守り、健やかな成長を願う柄といわれています。さらに、立身出世や大成を願う意味も込められているといわれています。

また、こちらも七五三の羽織の柄で人気の「龍」は、「昇り龍」という言葉があることからもわかるように、出世や飛躍の意味が込められており、お子さまの将来の成功を願う親の願いを込めることができます。

近年では、伝統的なデザインに加え、モダンな要素を取り入れた羽織袴も人気を集めています。さらに、紋付きの羽織袴は、格式高い家庭の伝統や家族の紋章を受け継ぐ意志を示すために選ばれることもあります。

羽織袴を選ぶ際には、お子さま自身の意見を尊重することも大切です。自分で選んだ羽織袴を着ることで、お子さまは自信を持ち、七五三の日をより特別なものにすることができるでしょう。

家族の愛情を込めた羽織袴選びを通じて、お子さまの成長を祝い、記憶に残る一日を作り上げてみてください。

トレンドを取り入れた七五三羽織袴の着こなし

七五三の羽織袴は、単に伝統を守るだけでなく、時代と共に進化し続けています。

現代のファッション感覚を取り入れた新しいスタイルから、時を超えた古典スタイルまで、さまざまな着こなしが可能です。

ここでは、現代風解釈の羽織袴スタイルと、変わらぬ魅力を放つ古典スタイルの両方をご紹介し、どのようにそれらをお子さまの七五三で取り入れるかを考えてみたいと思います。

現代風解釈:新しい羽織袴スタイルの提案

現代の七五三においては、伝統的な着こなしに新しい息吹を吹き込む試みが増えています。

例えば、従来の黒や紺、グレーといった色合いに加え、鮮やかな水色や若葉色、果てはピンクやオレンジなど、ポップなカラーリングが取り入れられることがあります。

これらの色は、お子さまの明るく元気な印象を強調し、お祝いの日の喜びをさらに際立たせてくれます。

また、柄においても、鷹や松、菱といった伝統的なものから一歩踏み出し、アニメキャラクターや動物、花々など、お子さまが好むモチーフを取り入れた羽織袴も登場しています。

これらは、お子さま自身が七五三に対してより親しみを感じ、自分の着たいと思う衣装を選ぶきっかけにもなります。

伝統を重んじるのは、もちろん大切なことですが、一番大切なのはお子さまの意見や好みを尊重することです。

お子さまの好みを聞きながら、親子そろって羽織袴を選ぶことでより家族の絆も深まることでしょう。

時を超えた古典スタイルの魅力とは

一方で、七五三の羽織袴において古典スタイルの魅力は色褪せることがありません。

紺や黒の羽織に、白や灰色の袴を合わせるシンプルな組み合わせは、時代を超えて日本の子どもたちに似合うスタイルとして受け継がれてきました。

伝統的な柄である鷹や松、菱は、勇敢さや強さ、そして成長を象徴し、これらを身に纏うことでお子さまにとっても家族にとっても意義深い一日となります。

古典スタイルの羽織袴は、家族の歴史や文化を次世代に伝える大切な役割も担っています。

祖父母や親がかつて着たものと同じスタイルをお子さまが着ることで、家族の絆を深め、先祖への敬意を示すことができます。

また、古典的なスタイルは神社などの格式高い場所での撮影にも最適で、七五三の記念撮影をより一層特別なものにするでしょう。

現代風のスタイルも古典スタイルも、どちらも七五三においてそれぞれの価値を持っています。

親御さんがお子さまの性格や好み、さらには家族の伝統や希望を考慮しながら選ぶことで、七五三の日はより色鮮やかで意味深いものになります。

どのスタイルを選ぶにしても、大切なのはその日を祝うお子さまの笑顔です。

現代風解釈の羽織袴であれ、時代を超えた古典スタイルであれ、お子さまが自信を持って着こなし、楽しい一日を過ごせるようにサポートすることが重要です。

ここで、ゆめやで取り扱っている七五三用のレンタルセットプランから、「七五三・兄弟姉妹プランお子さま2人のセット(計2点)」をご紹介します。

こちらは、七五三のお子さま2人、合計2着のセットプランです。七五三のどの年齢でも、男の子でも女の子でも大丈夫です。また、ご兄弟姉妹は七五三の年齢ではなく付き添いの場合でも大丈夫です。着物はご自由にお選びいただけます。

ゆめやのアンティーク着物はたいへん軽くてやわらかく、仕立てにも工夫を凝らしていますので、お子さまが疲れることはありません。せっかくの参詣ですので、ぜひ和装でお出掛けになり、記念に残してください。

羽織袴姿を完璧に:着付けからアクセサリーまで

七五三での羽織袴は、お子さまにとって人生で初めての正装かもしれません。この大切な日には、着付けからアクセサリー選びに至るまで、完璧な装いにしてあげたいものですよね。

正しい手順での着付けは、見た目の美しさだけでなく、お子さまが一日中快適に過ごせるかどうかにも直結します。

また、アクセサリーの選び方一つで、羽織袴の印象は大きく変わります。

ここでは、着付けの方法からアクセサリー選びまで、羽織袴姿を完璧に仕上げるためのポイントを紹介します。

手順を追った羽織袴の着付け方法

正しく、そして快適に着用するための手順をしっかりと把握することが、この特別な日をより思い出深いものにします。

  1. 肌着と足袋の着用:着物を着る前に、まずは肌襦袢(はだじゅばん)や裾除けなどの肌着類を着用します。肌襦袢は着物専用の下着ですが、お子さまが慣れているアンダーウエアでも構いません。その場合はVネックのものが外から見えないのでおすすめです。また、着物を着てから足袋を履くのは難しいので、先に足袋も履いておきましょう。肌着類は着物が直接肌に触れるのを防ぎ、快適な着心地に欠かせません。肌触りが良く、汗を吸収しやすいものを選びましょう。
  2. 体型の補正:タオルなどを腰に巻き付け、体型を補正します。着物を着る際は、あえて「寸胴」の体型にすることで、着崩れを防止します。
  3. 長襦袢の着用:長襦袢は着物と肌着の間に着用する着物のことで、肌襦袢と同じように、主に肌と着物が直接触れることを防ぐ目的があります。長襦袢には色や柄が付いているものもあり、袖口などからチラリと見せることによって、おしゃれ感をアップさせることができます。
  4. 着物の着用:長襦袢を着たら、いよいよ着物を着用します。着物を広げ、背中心に合わせて体に巻き付けます。まず右側を体に沿わせ、その上から左側を重ねます。左衿が上に来るようにすることがポイントです。続けて、着物の前合わせがきれいになるように調整し、腰紐を使って仮留めします。このとき、着物が開かないようにしっかりと固定します。さらに、長襦袢の衿を着物の衿から1cmほど出し、衿元を整えましょう
  5. 角帯の着用:5歳の男の子の場合、帯はお子さまが活発に動いてもずれにくいようにしっかりと腰に巻きます。ただし、過度な締め付けはお子さまが嫌がるので、お子さまに苦しくないか確認しながら帯を巻きましょう
  6. 袴の着用角帯が袴の上から1cmくらい見える位置で袴を着用します。袴の紐をしっかりと腰に結び、適切な丈に調整します。
  7. 羽織の着用:最終的に羽織を着用し、羽織紐で留めます。羽織紐には装飾的な役割もあり、全体のスタイルを引き締めます。羽織の丈や袖の長さもお子さまの体型に合わせて選ぶことが重要です。
  8. その他小物類の装着:羽織まで着用で着たら、草履や扇子、懐剣などの小物類を装着しましょう。

上記の流れに沿って、お子さまに羽織袴を着付けてみてください。分からないことがあれば、レンタルショップのスタッフさんが教えてくれるはずですので、遠慮なく相談してみましょう。

スタイルを彩るアクセサリーとその選び方

5歳の七五三は、お子さまにとって人生初の和装イベントとなる場合が多いです。そのような特別なイベントでは羽織袴だけでなく、それを引き立てるアクセサリー選びも大切な要素となります。

ここでは、羽織袴に合わせて選ぶべきアクセサリーについて、お子さまのスタイルをさらに華やかにする選び方をご提案します。

  • 足袋:清潔感と格式を示す足袋は、羽織袴と同色、または同系色で選ぶことで、スタイルの統一感を高めます。また、5歳の子ども用足袋には、歩きやすさを考慮した滑りにくい素材を選ぶと良いでしょう。
  • 草履:草履は、羽織袴のスタイルを地に足がついたものにします。子ども用の草履は、軽くて歩きやすい素材のものを選び、デザインはシンプルなものから華やかなものまで、お子さまの羽織袴や好みに合わせて選びましょう。
  • 羽織紐:羽織を留める紐である羽織紐は、単なる機能的なアイテムではなく、装いのアクセントとしても機能します。お子さまの好みも聞きながら、全体のバランスを考えて選びましょう。
  • 扇子:七五三の記念撮影では、扇子を持つことで、より日本的な雰囲気を演出することができます。扇子は、羽織袴の色に合わせて選び、お子さまが喜ぶようなデザインのものを選ぶことがポイントです。

アクセサリー選びは、羽織袴と同じくらい楽しい時間になります。お子さまが喜ぶアクセサリーを選び、七五三の日を一層特別なものにしましょう。

七五三の記念撮影:スタイリングとポーズのアイデア

七五三は、お子さまの成長を祝う重要な節目です。この日には、家族全員が集まり、お子さまの成長を祝うとともに、その瞬間を写真に収めることが一般的です。

記念撮影では、お子さまが着る羽織袴が中心となり、そのスタイリングとポーズが写真の出来栄えを大きく左右します。

以下では、家族で楽しむ記念撮影のためのポーズと、和装美を最大限に引き出すスタイリングアドバイスをご紹介します。

家族で楽しむ記念撮影のためのポーズ

七五三の記念撮影では、単にお子さまを撮影するだけでなく、家族全員が一緒に写ることで、より温かみのある写真を残すことができます。

以下のポーズは、家族全員が一緒に撮影する際のおすすめのアイデアです。

  • 全員で手をつなぐ:家族全員が手をつなぎ、カメラに向かって微笑むシンプルながらも温かみのあるポーズです。
  • お子さまを中心に:お子さまを中心に家族が半円を描くように立ち、お子さまに寄り添う形で撮影します。お子さまの成長を祝う七五三の意味を強調できます。
  • 背中合わせ:家族が背中合わせに立ち、振り返ってカメラに微笑むポーズです。カジュアルでありながら、絆を感じさせる写真になります。

和装美を最大限に引き出すスタイリングアドバイス

七五三の羽織袴姿をより美しく見せるためには、適切なスタイリングが欠かせません。以下のアドバイスを参考にしてみてください。

  • 色合いの調和:家族全員の着物や羽織袴の色が調和するように心がけます。色彩がまとまっていると、写真全体の印象が引き締まります
  • アクセサリーの統一感:お子さまだけでなく、大人も和装をする場合は、帯や帯締め、羽織紐などのアクセサリーで統一感を出します。シンプルながらも華やかなアクセサリーを選ぶと、写真が一層引き立ちます。
  • ポーズに合わせたスタイリング:撮影するポーズに合わせて、着物や袴の着こなしを少し調整すると良いでしょう。例えば、座って撮影する場合は、着物の裾をきれいに整えるなど、細部に注意を払います。

七五三の記念撮影は、家族の大切な思い出を残す機会です。スタイリングとポーズに少し工夫を加えることで、より美しく、より思い出深い写真を残すことができます。

羽織袴を手に入れる:レンタルか購入かの最終決定

七五三は、お子さまの成長を祝う大切な節目です。この特別な日に着る羽織袴を選ぶ際、多くの家族が直面するのが、レンタルと購入のどちらを選ぶべきかということです。

どちらの選択肢もそれぞれの利点と検討すべき点があります。理想的な選択をするためには、両方のオプションを理解し、家族のニーズに最も合致する方法を選ぶことが重要です。

羽織袴レンタルの全て:メリットと注意点

【メリット】

  • コストパフォーマンス:羽織袴をレンタルする最大の利点は、コストパフォーマンスの高さです。購入する場合と比較して、レンタルは一般的にかなり低コストで利用できます。
  • 高品質で豊富な選択肢:レンタルショップでは、さまざまな高品質で豪華な羽織袴を選ぶことができます。特別な日だからこそ、普段では手が出ないような特別な一着を選ぶことが可能です。
  • メンテナンス不要:レンタルの場合、着用後のクリーニングや保管の心配が不要です。使用後は返却するだけで良いため、手間が省けます。

【注意するポイント】

  • 早期予約の必要性:七五三のシーズンはレンタルショップも混み合います。希望するデザインを確保するためには、早めの予約が必要です。遅くとも3か月前くらいには予約を済ませましょう。
  • サイズや選択肢の限界:人気のデザインやサイズは早くに予約が埋まることがあります。選択肢が限られる可能性があるため、早めに検討を開始することが重要です。

七五三の記念に羽織袴を購入する理由

【メリット】

  • 思い出としての価値:お子さまが実際に着た羽織袴を保管することは、素晴らしい記念品となります。将来、この日の思い出を振り返るためのアイテムとして価値があります。
  • カスタマイズ可能:購入する場合、色やデザイン、サイズなど、お子さまにピッタリ合わせるためのカスタマイズが可能です。完璧なフィット感とデザインを選ぶことができます。
  • 再利用の可能性:兄弟や将来お子さまに子どもができた時などに、購入した羽織袴を再利用することができます。長期的に見れば、コストパフォーマンスにも優れています。

【注意するポイント】

  • 初期コストの高さ:購入する場合、レンタルに比べて初期コストは高くなります。特に、高品質な素材やデザインを選ぶと、価格はさらに上昇します。
  • 保管とメンテナンスの必要性:購入した羽織袴は、使用後のクリーニングや適切な保管が必要です。特に着物はデリケートな素材でできているため、保管方法には注意が必要で、防虫対策や湿度管理など、適切なケアが求められます。

購入とレンタル、どちらを選ぶかは、七五三の思い出をどのように残したいか、そして家族の予算や価値観などに大きく依存します。

レンタルは手軽さとコストパフォーマンスの良さで選ばれることが多く、特に一度限りの使用を考えている場合には理想的です。

一方、購入はその羽織袴が長く家族に残る記念品となり、特別な意味を持つようになります。また、将来的に兄弟や親戚間での再利用を考えると、購入の方が経済的な選択となる場合もあります。

まとめ

七五三は、お子さまの成長を祝う日本の伝統的な節目です。この大切な日にふさわしい羽織袴を選ぶことは、家族にとって特別な意味を持ちます。

レンタルと購入のどちらを選択するかは、家族の価値観、予算、そして記念品としての価値を総合的に検討した上で決定するといいでしょう。

記念撮影や着付け、スタイリングの工夫を通して、七五三の日をより一層特別なものにしていただければと思います。

七五三を迎えるお子さまが、この日を生涯忘れられない思い出として心に刻むことができるように、準備を進めていきましょう。

〈参考記事〉
https://www.studio-alice.co.jp/shortcut/753_s/column/detail01.html
https://kimono-rentalier.jp/column/kimono/shichigosantoha/
https://clip.8122.jp/26634/
https://grace7777.com/753-5year-old-boy-kimono/
https://www.hareginomarusho.co.jp/contents/753/1389/
https://kimono-rentalier.jp/column/shichigosan/shichigosan-item-5sai/
https://kimono-rentalier.jp/column/shichigosan/shichigosan-pattern-boy/
https://kimono-rentalier.jp/column/shichigosan/shichigosan-kitsuke-5sai/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

七五三イメージ

【2024年最新版】七五三!3歳の草履&バッグセットの選び方

はじめに 3歳の七五三を控えた親御さんにとって、お子さまの装いは、七五三という特別な日を彩るための大切なポイントです。着物やもちろん、草履とバッグといった和装小物も、その日の装いを華やかに演出する必需品と言えます。そこで […]

ひとつ前の記事

七五三イメージ

【2024年最新版】七五三を彩る!7歳の女の子のための着物選び

はじめに 七五三は、お子さまたちの健やかな成長を祝う大切な日本の伝統行事です。そんな特別な日に着る着物選びは、親御さんにとってもお子さまにとっても、七五三を彩る楽しみの一つと言えます。しかし、着物や和装に詳しくない方にと […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!