七五三イメージ

【初心者向け】七五三で輝く!レンタル着物の選び方とおすすめ紹介

はじめに

七五三のお祝いは、日本の伝統的な成長の節目を祝う大切な行事です。具体的には、5歳の男の子、3歳と7歳の女の子の成長を、毎年11月15日に近い日にお祝いします

この特別な日、お子さまたちは華やかな着物を身にまとい、家族と共に神社へと参拝します。しかし、着物や和装に詳しくない方々にとって、お子さまの七五三の準備は少し難しく感じるかもしれません。特に、着物を購入するかレンタルするかの選択は、多くの家庭にとって大きな決断となります

そこで、本記事では七五三の着物レンタルに関する基本的な知識から、選び方、準備のポイント、そして当日の過ごし方まで、幅広くご紹介していきます。着物や和装に詳しくない方でも安心してお子さまの七五三を迎えるための、一助となれば幸いです。

七五三レンタル着物の基本知識

着物は七五三の衣装として、大切な役割を担っています。そんな着物ですが、購入するには高い費用がかかり、また、成長するお子さまたちのサイズに合わせる必要があるため、多くの家庭ではレンタルを利用する傾向にあります。この章ではまず、七五三の意味をしっかりと理解したうえで、着物レンタルが選ばれる理由についてご紹介しましょう。

七五三とは?:お祝いの意味と由来

七五三では、古くから、お子さまの成長と健康を願う日本の風習として、次の儀式が行われてきました。

  • 髪置きの儀:お子さまが3歳となり、初めて髪を伸ばし、結い上げる儀式。多くの場合、この時期に初めて着物を着ることになります。女の子は着物の上に被布を着ることが多いです。
  • 袴着の儀5歳男の子が大人の世界に一歩を踏み出す象徴とされている、初めて袴着を着る儀式。
  • 帯解の儀7歳の女の子が、初めて大人と同じ帯を締める儀式。女の子が成長し、大人の女性へと一歩ずつ近づいていることを意味しています。

七五三は、お子さまが初めて着物をまとい、神社で行う参拝の一つとも言われています。この参拝を通じてお子さまが神様や社会との関わりを学び、その大切さを理解する機会にもなります。ご家族が一緒に神社を訪れることで、ご家族の絆も深まることでしょう。このように、七五三で着用する着物は、その子の成長を象徴する重要な役割を果たしており、その準備は、特別な日を彩るための大切な要素となっているのです

レンタル着物のメリット:なぜレンタルが選ばれるのか

七五三で着物をレンタルすることの最大のメリットは、何といっても経済的な負担を大きく減らせることにあります。お子さまの成長は早く、毎年サイズが合わなくなることを考えると、高価な着物を購入するよりも、必要な時だけレンタルする方が合理的です。

また、レンタル着物は種類が豊富で、古典的なデザインからモダンなものまで、お子さまの性格や好み、そしてお祝いの雰囲気に合わせて選べるのも魅力の一つです。さらに、レンタルでは小物セットが完備されているフルセットプランが設けられていることが多く、一般的に、着付け帯や足袋、草履など、着物を着る上で必要な要素が全て揃っています。このため、初めて着物を着る親子でも安心して七五三を迎えることができるのです。

最後に、クリーニングや保管の手間が不要な点も、多忙な家庭にとっては大きなメリットと言えるでしょう。レンタルなら、使用後はそのまま返却するだけで、専門のスタッフがクリーニングから保管まで行ってくれるため、次に着る時も安心して利用できます。

七五三レンタル着物の選び方

先の述べたように、着物レンタルは、成長が早いお子さまにとって経済的で便利な選択肢です。しかし、初めての着物選びは、どのような点に注意すれば良いか、悩んでしまいますよね。この章では、七五三の年齢に合わせた着物の種類をご紹介したうえで、色や柄の選び方についても詳しく解説します。

年齢別レンタル着物ガイド:3歳、5歳、7歳の特徴

七五三では、お子さまの年齢に応じて異なる種類の着物を着用します。3歳の女の子は主に被布セット、5歳の男の子は羽織と袴、7歳の女の子は四つ身の着物を着るのが一般的です。各年齢での着物選びのポイントを見ていきましょう。

  • 3歳(女の子)被布セットは、可愛らしさを強調するデザインが特徴です。色鮮やかなものや、花や鞠などの伝統的な柄が人気です。
  • 5歳(男の子)羽織と袴は、男の子の成長を象徴する衣装です。シンプルながらも格式を感じさせるデザインを選びましょう。鷹や松などの力強い柄が好まれます。
  • 7歳(女の子)四つ身の着物は、より成長した女の子の美しさを引き立てます。伝統的な柄や、上品な色合いのものを選ぶと良いでしょう。牡丹や菊など、華やかな柄が選ばれることが多いです。

ここでゆめやの七五三の着物の中から年齢別に祝い着をご紹介しましょう。
深緋色にオレンジの雲取、四季の花薬玉の三歳祝着」三歳の幼い女の子にふさわしい可愛らしく華やかな三つ身の着物に赤の被布を合わせています。赤やオレンジ色に四季の花が描かれています。

黒紋付に仙台平袴のアンサンブル モノトーンの五歳祝着」五歳の男には凛々しい黒紋付の袴。黒とグレーのモノトーンの長着を合わせています。男性の正装の黒紋付ですが、長着を変えることでおしゃれさがアップします。

深紫色に菊尽くしの紋付き七歳祝着」大人に憧れが出てきた七歳の女の子には、濃いパープルの大人っぽい4つ身の着物はいかがでしょう。帯は可愛らしく赤の絞りを合わせています。裾や袖には菊がたくさん描かれ華やかですね。

サイズ選びも重要です。お子さまの身長や体型に合った着物を選ぶことで、当日快適に過ごせます。レンタル店舗では、専門のスタッフが正確なサイズを測定し、最適な着物を提案してくれます。

色と柄の選び方:お子さまの個性を引き立てるポイント

着物の色や柄を選ぶ際は、お子さまの個性や好みを考慮することが大切です。また、七五三のお参りは明るく華やかな雰囲気の中で行われるため、そのシーンに合った衣装を選ぶことが望ましいです。

  • 色選びのポイント:明るく清潔感のある色を選ぶと、お子さまの健やかな成長を象徴することができます。女の子はピンクや赤、水色などの柔らかい色が人気です。男の子は青や緑、グレーなど、落ち着いた色合いが選ばれることが多いです。
  • 柄選びのポイント:伝統的な柄は、日本の美意識を表現しており、七五三にふさわしい選択肢です。花や鳥、自然をモチーフにした柄は、お子さまたちの成長や幸せを願う意味が込められています。また、お子さまの好きな動物や花があれば、それをモチーフにした着物を選ぶのも一つの方法です

着物を選ぶ際は、お子さま自身が気に入るものを選ぶことが最も重要です。お子さまが自分で選んだ着物を着ることで、七五三の日がより特別な思い出となるでしょう。また、レンタル着物を選ぶ際は、クリーニングや保管状態も確認し、清潔で美しい着物を選ぶようにしましょう。

レンタル着物のトレンドと注目ポイント

七五三のお祝いは、お子さまたちの成長を祝う大切な日です。この特別な日には、伝統的な着物を着てお参りをしますが、最近では着物のトレンドにも注目が集まっています。七五三を迎えるお子さまにとって最適な着物を選ぶことは、お祝いの準備の中でも特に楽しい瞬間の一つです。ここでは、今年トレンドの色や柄、そしてアンティーク着物とモダン着物の魅力について詳しく見ていきましょう。

今年のトレンド:色と柄

今年の七五三レンタル着物のトレンドは、「自然を感じさせる優しい色合い」「伝統的な柄のモダンなアレンジ」がキーワード。特に、水色や薄紫、柔らかなピンクといった、穏やかで優しい色合いの着物が人気を集めています。これらの色は、お子さまたちの純粋さや無邪気さを象徴し、お祝いの日にふさわしい清潔感と華やかさを演出します。

柄に関しては、牡丹や菊、松といった伝統的な柄が引き続き人気ですが、これらの柄をよりシンプルでモダンにアレンジした着物が注目されています。例えば、大胆ながらも洗練された柄の配置や、伝統的な柄をあえて一部にだけ使用することで、古典的な美しさと現代的な感覚が融合した新しいスタイルの着物が生まれています。

アンティーク着物とモダン着物の魅力

アンティーク着物は、その一点物の美しさと、時を超えた職人技による繊細な手仕事が魅力です。七五三でアンティーク着物を選ぶことは、お子さまたちにとっても、親御さんにとっても、特別な思い出作りになります。アンティーク着物は、深みのある色合いや独特の柄が特徴で、着る人の個性を引き立ててくれます。また、これらの着物は長い時間を経ても変わらぬ美しさを保ち続けるため、世代を超えて受け継がれる価値のあるアイテムと言えるでしょう。

一方、モダン着物は、現代のファッション感覚を取り入れつつ、伝統的な和装の美しさを保持しています。鮮やかな色使いや斬新的なデザインが特徴で、特に若い世代の親御さんから高い人気を集めています。モダン着物は、伝統的な着物の格式を守りつつ、現代のライフスタイルや感性に合わせたアレンジが施されているため、より気軽に七五三のお祝いを楽しむことができます。また、モダン着物は、着付けが簡単なセットも多く、着物初心者の方でも扱いやすいのが魅力です。

アンティーク着物とモダン着物、それぞれに異なる魅力がありますが、どちらを選ぶかはお子さまの個性や家族の好み、そしてお祝いの雰囲気に合わせて決めると良いでしょう。アンティーク着物で古典的な美しさを追求するもよし、モダン着物で新しいスタイルを楽しむもよし、七五三のレンタル着物選びは、お子さまの成長を祝う大切な一日をより特別なものにしてくれるはずです。

七五三のレンタル着物を選ぶ際は、トレンドを参考にしつつも、お子さまが自分らしく、そして快適に過ごせる着物を選ぶことが最も重要です。お子さまの好みや身体のサイズ、当日の天候やお参りする神社の雰囲気など、様々な要素を考慮しながら、最適な一着を見つけてください。そして、七五三の日が、お子さまにとっても家族にとっても、忘れられない美しい思い出となるように、準備を楽しんでください。

着物レンタルの流れと準備

七五三のお祝いに向けて、お子さまにぴったりの着物を選ぶことは、特別な日をさらに記憶に残るものにします。レンタル着物は、多様なデザイン、サイズ、そして予算に合わせた選択肢を提供し、一日限りの使用に最適な解決策を提供します。レンタルにはいくつかのステップがあるので、事前に知っておくことで、当日の準備をスムーズに進めることができます。

レンタル着物の予約から当日までの流れ

七五三のレンタル着物を予約する際は、丁寧な計画を立てることが重要です。まず、お祝いの日程が決まったら、できるだけ早く着物レンタルの予約を行います。特に、七五三のシーズンは予約が集中するため、希望する着物が早期に予約で満たされる可能性があります。

  1. 店舗選びと予約:信頼できるレンタル店を選び、ウェブサイトや電話で予約を行います。この時、お子さまの年齢、性別、身長などの情報が必要になります。
  2. 試着と選択:予約後、店舗での試着を行い、色や柄、サイズがお子さまに合う着物を選びます。このステップでは、専門のスタッフがサイズ調整やコーディネートの提案をしてくれます
  3. 着付け予約:着物を着る当日の着付けも予約しておくことが大切です。
  4. 当日の流れ:当日は、予約した時間にレンタル店または着付け場所に行き、着付けをしてもらいます。その後、お祝いや写真撮影を楽しみ、終了後は着物を返却します。

必要な小物一覧と準備チェックリスト

七五三の着物レンタルでは、着物だけでなく、必要な小物も一緒にレンタルすることができます。しかし、何が必要になるのか事前に知っておくと、当日スムーズに準備が進みます。

  • 基本の小物:草履(ぞうり)、足袋(たび)、帯、帯締め、帯揚げ
  • 追加のアクセサリー:髪飾り、羽織紐、扇子など、着物スタイルを引き立てるアクセサリー
  • 着付け小物:腰紐(こしひも)、衿芯(えりしん)、補正用のパッドなど、着物を美しく着るために必要なアイテム

これらの小物は、レンタルセットに含まれている場合が多いですが、店舗によって異なる場合がありますので、予約時に確認しておくと良いでしょう。また、お子さまが使用する場合、サイズが合うかどうか特に注意が必要です。事前にリストアップし、レンタル店に確認することで、当日の準備をよりスムーズに進めることができます。

これらのステップを踏むことで、七五三のお祝いの日は、お子さまも大人も忘れられない素敵な一日となるでしょう。事前の準備と計画が、特別な日をさらに輝かせる鍵となります。

七五三のお参りと写真撮影のポイント

七五三は、お子さまの成長を祝う大切な日です。この特別な日には、お参りと記念撮影が欠かせません。和装でのお参りや写真撮影には、いくつかのマナー心得があり、それらを知っておくことで、よりスムーズで意味深い一日を過ごすことができます。ここでは、お参りの際の注意点と、記念撮影でのコツをご紹介します。

お参りのマナーと心得:和装での注意点

お参りは、七五三の中心的なイベントの一つです。和装で神社を訪れる際には、以下の点に注意しましょう。

  • 和装の準備:着物は、お子さまが動きやすく、かつ格式を重んじるデザインを選びます。男の子は羽織袴、女の子は着物に被布や長襦袢を合わせるのが一般的です。着付けは事前に練習しておくか、プロに依頼すると安心です
  • 足元の注意:草履や足袋は、お子さまが歩きやすいものを選びましょう。また、滑りやすい場所では特に注意が必要です。
  • 小物の活用:扇子や数珠など、和装に合わせた小物を用意すると、より格式高い雰囲気を演出できます。
  • 神社での振る舞い神社に到着したら、まずは手水舎で手と口を清めます。お詣りの際は、二礼二拍手一礼を心がけましょう。お子さまが小さい場合は、親がサポートすることが大切です。

記念撮影で失敗しないコツ

記念撮影は、この特別な日の思い出を残す大切な瞬間です。以下のポイントを押さえて、素敵な写真を残しましょう。

  • ロケーションの選定:神社の境内や庭園など、自然光が豊かで背景が美しい場所を選びます。事前に撮影許可が必要な場所もあるため、確認しておくことが重要です
  • ポーズの工夫:お子さまが自然体でいられるよう、リラックスした雰囲気作りを心がけます。親子で手をつなぐ、お詣りの様子を撮影するなど、自然なシーンを選ぶと良いでしょう。
  • 表情を引き出す:お子さまの自然な笑顔や表情を引き出すために、カメラマンは親しみやすい言葉をかけると効果的です。また、お気に入りのおもちゃを使って注意を引く方法もあります。
  • 撮影のタイミング:人が少ない早朝や、柔らかい光が差し込む夕方など、光の条件を考慮した撮影タイミングを選ぶと、より美しい写真を撮ることができます

七五三のお参りと記念撮影は、お子さまの成長を祝う大切な瞬間です。これらのポイントを押さえて、家族で楽しい一日を過ごしましょう。

レンタル着物でよくある質問と解決策

七五三のお祝いにレンタル着物を選ぶ家族が年々増えています。しかし、レンタル着物を初めて利用する方には、サイズ選びや着付け、汚れや破損に関する不安がつきものです。そこで最後に、レンタル着物利用時のよくある質問に答え、解決策をご紹介します。これらの情報が、七五三の準備を少しでもスムーズに、そして安心して進められるように役立てば幸いです。

サイズ選びと着付けの悩み解消法

サイズ選びは、レンタル着物を選ぶ際の最初の大きなハードルの一つです。特に、成長著しいお子さまの場合、どのサイズを選べば良いのか迷うことが多いですよね。また、着物は日常着とは異なり、着付けにも特別な技術が必要です。ここでは、これらの悩みを解消するためのポイントを紹介します。

サイズ選びのポイント

  • 身長と年齢を基準に選ぶ:多くのレンタル店では、身長や年齢を基にしたサイズ表を提供しています。3歳、5歳、7歳のお子さま用着物は、身長別にサイズが分かれているので、最新の身長を測ってから選びましょう。
  • 余裕を持たせる:着物は動きやすさも重要です。特にお子さまは動き回ることが多いので、少し余裕を持たせたサイズ選びがおすすめです。

ゆめやではご家族皆さまで和装をお楽しみいただけるように、「七五三・兄弟姉妹プラン お子さま2人のセット(計2点)」「七五三・家族プラン お子さま2人とご両親のセット(計4点)」をご用意しています。お子さまの晴れの日にお写真もたくさん撮られることでしょう。ご家族皆さまで着物を着て写真撮影はいかがですか?

着付けの悩み解消法

  • プロの着付けサービスを利用する:多くのレンタル店では、着付けサービスも提供しています。初めての着物でも、プロに任せれば安心です。
  • 事前に予約する:七五三のシーズンは特に混み合います。着付けを希望する場合は、早めに予約しておくことが大切です
  • 動画や書籍で学ぶ:自分で着付けを行いたい場合は、事前に動画や書籍で基本的な流れを学んでおくと良いでしょう。

汚れや破損の際の対処法

お子さまが着る着物は、食べ物をこぼしたり、遊んでいる最中に汚れたりすることがあります。また、着物や小物の破損が心配な方も多いでしょう。ここでは、汚れや破損が発生した際の対処法をご紹介します。

汚れた場合

  • すぐに店舗に連絡する:レンタル着物を汚してしまった場合、まずはレンタルした店舗に連絡しましょう。多くの店舗では、クリーニングの対応をしてくれます
  • 自分で処理をしない:着物はデリケートな素材を使用していることが多く、間違った処理をするとさらに汚れを広げたり、素材を傷めたりすることがあります。自分で何かをする前に、専門家のアドバイスを求めましょう

破損した場合

  • 破損の程度を確認する:小さな破れであれば、店舗での修理が可能な場合もあります。まずは破損の程度を確認し、店舗に相談しましょう。
  • 保険が適用される場合も:レンタル契約によっては、破損時の保険が適用されることもあります。契約内容を確認し、必要な手続きを行いましょう。

レンタル着物を利用する際は、事前にサイズ選びや着付け、汚れや破損に関するポリシーを確認しておくことが重要です。これらの準備と知識があれば、七五三の日をより安心して、そして楽しく過ごすことができるでしょう。

まとめ

七五三のお祝いは、お子さまたちの成長を祝う大切な日です。この特別な日には、伝統的な和装を身にまとい、家族でお参りをすることが、多くの家庭で受け継がれてきた習慣です。着物レンタルは、そんな七五三のお祝いをより手軽に、そして美しく彩る選択肢の一つとして、多くの方々に選ばれています

七五三のお祝いでは、お子さまたちが主役ですが、家族みんなで楽しむイベントでもあります。レンタル着物を利用することで、準備の手間を減らしつつ、伝統的な日本の美を体験することができます。また、プロの手による着付けやコーディネートを利用することで、一生の思い出に残る美しい姿を残すことが可能です

七五三のお祝いを控えている皆様が、準備から当日のお祝い、そして記念撮影まで、心から楽しめる一日となるよう願っています。レンタル着物を通じて、日本の伝統文化の美しさを再発見し、家族の絆を深める機会となれば幸いです。

<参考記事>
https://news.yumeyakimono.jp/news/9777

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

抹茶色×黒縞模様の振袖【fui25】

【初心者向け完全ガイド】成人式の振袖|ストライプ柄の魅力と選び方

はじめに 振袖は、成人式などの特別なイベントで着用される、日本の伝統的な和装です。その中でもストライプ柄の振袖は、古典的な美しさとモダンなデザインが融合した独特な魅力を持っています。特に若い女性たちに人気があり、個性的で […]

ひとつ前の記事

七五三イメージ

【2024年最新】七五三の男の子におすすめ!おしゃれな着物の選び方

はじめに 七五三は、3歳と5歳の男の子と、3歳と7歳の女の子にとって、初めて社会的な儀式を体験する貴重な機会になります。親御さんにとっても、お子さまの健やかな成長をお祝いする大切な行事です。この晴れの日には、祝い着を着た […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!