七五三イメージ

【プロ監修】七五三の着物レンタル! ぴったりの一着を見つけよう

はじめに

七五三は、日本の伝統的な節目として知られる重要な行事です。この特別な日には、多くの家族が伝統的な着物をまとい、お子さまたちの成長を祝います。しかし、着物は高価ですし、お子さまはすぐに大きくなることから、着用の機会も限られるため、七五三だけのために着物を購入することは、あまり現実的とは言えません。そこで、多くの家庭では経済的かつ実用的な選択として、着物のレンタルサービスを利用しています

この記事では、七五三における着物レンタルの魅力とその流れについて詳しく解説します。3歳、5歳、7歳のお子さまたちに適した着物選びのポイントから、レンタルプロセスの詳細、着付けや小物選びまで、この記事を通じて七五三を迎えるご家族が知っておくべき情報を、網羅的にご説明しましょう。ぜひ、七五三をより特別なものにするためのお手伝いをさせてください。

各年齢に最適な着物:スタイルガイド

七五三という特別な日には、3歳、5歳、7歳のお子さまたちが、それぞれの節目に合わせた美しい着物を着用します。適切な着物を選ぶことは、この日の祝賀の心を表す重要な要素です。ここでは、各年齢に適した着物のスタイルを案内し、男の子と女の子のための着物の選び方をご紹介します。

年齢別:七五三における適切な着物の種類

3歳のお子さまは、「被布セット」と呼ばれる装いが一般的です。被布セットは、通常、色鮮やかで華やかなデザインが特徴で、小さなお子さまたちの無邪気さと、初めての公の祝いの装いとして選ばれます。ここでの主な色は、赤やピンク、時には明るいパステルカラーが用いられます。

5歳の男の子には、「羽織袴」が選ばれます。羽織袴は、男の子の成長を象徴する重要な装いで、通常、落ち着いた色合いで紋付きが選ばれます。伝統的な暗色系の色合いが好まれることが多いですが、最近ではモダンなデザインや明るい色を取り入れた羽織袴も増えています。

7歳の女の子は、より成熟したスタイルの着物をまといます。この年齢での七五三は、「帯解(おびとき)」として知られ、お子さまから少女への成長を象徴します。使用される色は深く、柄もより洗練され、成人女性の着物に近いスタイルが選ばれることが多いです。

男の子と女の子:七五三にぴったりの着物デザイン

男の子のための着物では、伝統を尊重しつつも、現代の感覚に合わせたアレンジが加えられることがあります。たとえば、従来の暗色系の羽織袴に明るい色の帯を合わせることで、新鮮な印象を与えることができます。また、モダンなグラフィックやポップカルチャーの要素を取り入れたデザインも人気があります。

女の子のための着物では、色彩豊かで華やかな装いが求められます。伝統的な花柄や季節のモチーフに加えて、近年は西洋の芸術的な要素を取り入れたデザインが注目されています。また、アクセサリーとしての髪飾りや帯締めも、全体のコーディネートに重要な役割を果たします。

本記事に沿って、各年齢に合わせた着物を選ぶことで、お子さまたちの七五三がより記憶に残るものとなるはずです。親御さんとしても、お子さまたちの成長を祝うこの特別な日に、最適な着物を選ぶことで、その喜びを共有することができることでしょう。

上述したように、七五三では年齢や性別によってまとうべき衣装が異なりますが、ゆめやでは、年齢や性別を問わないレンタルプランをご用意しておりますので、ご安心ください。たとえばこちらは、七五三のお子さま2人、合計2着のセットプランです。七五三のどの年齢でも、男の子でも女の子でも大丈夫です。また、ご兄弟姉妹は七五三の年齢ではなく付き添いの場合でも大丈夫です。着物はご自由にお選びいただけます。 ゆめやのアンティーク着物はたいへん軽くてやわらかく、仕立てにも工夫を凝らしていますので、お子さまが疲れることはありません。せっかくの参詣ですので、ぜひ和装でおでかけになり、記念に残してください。

七五三の小物とアクセサリー選びの極意

七五三では、美しい着物と共に、各種小物やアクセサリーも大きな役割を果たします。これらのアイテムは、単に見た目を豊かにするだけでなく、着物の美しさを一層引き立て、お子さまたちがこの特別な日をより一層楽しめるようにする重要な要素です。ここでは、七五三で必要とされる小物の選び方と、それらを効果的に使用する方法について詳しく解説します。

必須小物リストと効果的な使用方法

お子さまの性別や年齢にもよりますが、七五三の着物スタイルを完璧にするためには、一般的に以下の小物が必要となります。

  • 足袋:着物には欠かせない足袋は、白色が基本です。これにより、足元から清潔感と整った印象を保つことができ、全体の装いを一層美しく見せます。
  • 草履(ぞうり):お子さま用の草履は、着物の色や柄に合わせて選ぶのが一般的ですが、足にフィットし、歩きやすいものを選ぶことが重要です。草履は見た目の美しさだけでなく、お子さまが一日快適に過ごせるかどうかにも、大きく影響します。
  • 帯締め:帯を固定する役割を持つ帯締めは、着物の装いにアクセントを加えるアイテムです。色は着物や帯と調和するものを選び、装い全体の統一感を出します。
  • 帯揚げ:帯の上にさりげなく見せる帯揚げは、装いに深みを加える小物です。通常、帯揚げは帯締めと同系色で選ばれ、着物全体の色彩バランスを考えてコーディネートされます
  • 髪飾り:特に女の子の場合、髪飾りは七五三の装いに欠かせないアクセサリーです。色鮮やかな花やリボンなどが使われ、着物の柄や色と調和するように選ばれます。

これらの小物を選ぶ際には、何よりもお子さまが快適に過ごせるかを考慮することが大切です。ただし、各アイテムは七五三の写真撮影にも大きく影響するため、着物の全体的なデザインとの調和を考慮し、見た目の美しさを引き出すことも重要となります。そこで次に、具体的な似合わせ方をご紹介しましょう。

着物に合わせる最適なアクセサリー

七五三の着物に合わせるアクセサリーを選ぶ際は、以下のポイントを考慮することが推奨されます。

  • 色の調和着物、帯、小物が色彩的に調和することが重要です。着物の主色やアクセントカラーを基に、アクセサリーを選ぶことで全体の装いが一層引き立ちます。
  • 年齢に応じた選択:お子さまの年齢に合わせて、アクセサリーを選ぶことが望ましいです。たとえば、3歳のお子さまにはシンプルで可愛らしいデザイン、7歳のお子さまには少し成熟した印象のアクセサリーが適しています。
  • イベントの性格を反映:七五三は非常に華やかなイベントですので、普段使いのアクセサリーよりも少し華やかなものを選ぶと良いでしょう。

これらのポイントを押さえることで、七五三の着物に最適なアクセサリーを選び、お子さまたちがその特別な日をより楽しく、そして快適に過ごすことができます。

プロが教える写真映えする着物選び

七五三は、お子さまたちの成長を祝う特別な日であり、その日の装いは記念撮影にも最適なものでなければなりません。着物選びは、この大切なイベントで最も重要な要素の一つであり、お子さまたちの華やかな姿を引き立てるために、丁寧な選定が求められます。本章では、前撮りと本番という異なるシーンに合わせた着物の選び方と、色彩豊かな着物を選んで特別な日を彩る方法について、詳しく解説します。

前撮りと本番:異なるシーンにおける着物の選び方

七五三の前撮りと本番では、着物の選び方が異なります。

まず、前撮りではお子さまの個性を生かし、家族の好みやお子さまの好きな色を取り入れられる、比較的自由度の高い機会と言えます。前撮り用の着物は、通常、鮮やかで個性的なデザインが好まれ、写真に映える華やかな柄や色が人気を集めています。たとえば、鮮やかな赤や明るい青、大胆な花柄やモダンなアートモチーフを取り入れた着物が良い例です。これにより、お子さまたちの生き生きとした表情や楽しんでいる様子を引き立てることができます。

本番では、一転して伝統的で落ち着いた色合いの着物が選ばれることが多いです。神社でのお参りにふさわしい、格式高いスタイルを意識し、深みのある色や伝統的な紋様が施された着物が好まれます。深い紺や緑、やわらかなクリーム色など、落ち着いた色の着物は、お子さまたちが社会の一員として成長していく過程を象徴し、格式あるイベントにふさわしい装いを提供します。

色彩豊かな着物で、特別な日を彩る

七五三では、お子さまたちが着る着物の色が非常に重要です。色彩豊かな着物は特に前撮りでの写真映えに効果的です。明るい色の着物はお子さまたちの元気と健やかな成長を象徴し、見る人の心を明るくします。たとえば、ビビッドなピンク、レモンイエロー、明るいオレンジは、活動的で明るい印象を与え、写真にも鮮やかに映ります。

アクセサリー選びも写真映えには欠かせない要素です。着物の色と調和するか、あるいはあえてコントラストをつけるアクセサリーを選ぶことで、より注目を集める装いが完成します。たとえば、シンプルな着物には華やかな髪飾りや帯を合わせることで、全体のバランスをとりながら特別感を演出することが可能です。

これらのポイントに注意して着物を選ぶことにより、七五三の写真はもちろん、家族全員の記憶に残る素晴らしい一日にすることができます。各家庭の希望やお子さまの個性を反映させた着物選びが、七五三をより特別なものに変える鍵となるのです

せっかくの写真撮影ですから、お母さまもぜひお子さまと一緒に着物をまとってみてはいかがでしょうか?こちらはゆめやでお取り扱いのある、七五三のお子さま1人とお母さま、合計2着のセットプランです。七五三のどの年齢でも、男の子でも女の子でもお選びいただけます。ゆめやのアンティーク着物はたいへん軽くてやわらかく、仕立てにも工夫を凝らしていますので、お子さまが疲れることはありません。お母さまは訪問着フルセットの1着となります。着物はご自由にお選びいただけますし、草履・バッグなどの小物もセットになっていますので、安心してご依頼ください。ぜひ母子揃って和装で七五三のお詣りにおでかけください。

本記事ではここまで、七五三における適切な着物選びや、それをより引き立てる小物やアクセサリーの選び方についてご紹介してきました。こうした選択は、レンタルを利用することによって、さらに幅が広がります。ここからはいよいよ、着物レンタルについて見ていきましょう。

七五三で選ぶ:理想の着物レンタルの魅力

七五三は、お子さまたちの一大イベントであり、その日の装いは特別な意味を持ちます。伝統的なこの行事で着物を着ることは、多くの家族にとって、お子さまたちの成長を祝う上で欠かせない部分です。しかし、特別な機会のための高品質な着物を購入することは、高額な費用となり、また一時的な利用でサイズアウトの懸念もあります。このため、着物レンタルは経済的で実用的な選択肢として、多くの家族に選ばれています。レンタルサービスを利用することで、豊富なスタイルとコストパフォーマンスの良さを享受できるのです。

着物レンタル:スタイルの多様性と選び方の自由度

上述したように、七五三における着物は、年齢や性別によってさまざまなスタイルが存在します。たとえば、3歳の女の子には色鮮やかな被布セットが、5歳の男の子には初めての羽織袴が、そして7歳の女の子にはよりフォーマルな着物が選ばれます。

着物レンタルにおいて、以上の着物は伝統的な柄からモダンなデザインまで幅広く提供されており、お子さまの成長段階に合った、そして式場や季節に応じた最適な着物を自由に選べます。

また、レンタルサービスでは正絹のような高品質な素材や、手の込んだ刺繍が施された特別な着物も手軽に選ぶことができます。専門のスタイリストのアドバイスを受けながら、お子さまの個性や家族の好みに合わせたスタイリングを楽しむことが可能です。これにより、七五三の日は、お子さまだけでなく、家族全体の美しい記念となります。

コストパフォーマンス抜群!経済的なレンタルの利点

七五三の着物を購入すると、特に上質なものは数十万円を超えることがありますが、レンタルならばその一部のコストで済みます。高級着物が数千円から利用でき、追加オプションを加えても一万円から数万円程度で抑えることが可能です。経済的な負担を大きく削減しながら、質の高い着物でお子さまを飾ることができるので、着物レンタルは多くの家族にとって魅力的な選択肢と言えるでしょう

さらに、レンタルの場合は着用後のクリーニングや保管の心配が不要です。そのため、イベント後の手間が省け、その時間を家族での思い出作りにさらに費やすことができます。このように、七五三の着物レンタルは、スタイルの多様性、経済性、そして利便性のバランスが取れた理想的な選択を提供しています。

七五三:着物レンタルの流れ

ここでは、着物レンタルのプロセスを、始めから終わりまで詳しく解説します。着物レンタルが初めての方でも、スムーズなレンタルを体験するための一助となれば幸いです。

七五三における着物レンタルの手順

着物レンタルのプロセスは、おおむね以下のステップに沿って進みます。

  1. 予約の段階:11月の七五三シーズンはかなり需要が高いため、数カ月前には予約を完了させることが推奨されます。オンラインや直接の店舗訪問を通じて、希望するデザイン、色、サイズの着物を選び、予約を行います。
  2. サイズ合わせ:正しいサイズの着物を選ぶことが、見た目の美しさを保証します。多くのレンタルショップでは、お子さまのサイズに合わせた着物を提供していますが、詳細な寸法を事前に伝え、試着することが重要です。
  3. 着物の受取と返却:多くのレンタルサービスでは、店舗での受取または自宅への配送が選べます。使用後は、特定の返却日までに同梱された返送用パッケージを利用して着物を返却します。
  4. 着用とお参り:着物を着たお子さまたちは、家族と共に神社でお参りを行います。この時、多くの家族が記念撮影をするため、写真映えする着物を選ぶことも一つのポイントです。
  5. クリーニング不要で返却:レンタル着物は、使用後のクリーニングをレンタル会社が行うため、返却時には洗濯する必要がありません。これにより、手間と時間を節約できます。

この手順をフォローすることで、七五三の準備をより効率的に行うことができ、家族はこの特別な日を、より心から楽しむことが可能となります。

スムーズな予約と返却のためのポイント

七五三の着物レンタルをスムーズに進めるためには、以下のポイントを考慮することが重要です。

  • 早期予約:七五三シーズンはレンタルのピークです。希望する着物を確実に予約するためには、可能な限り早く予約を済ませることが重要です。
  • 正確なサイズ情報:お子さまの最新のサイズを正確に測定し、提供することで、最適な着物を選ぶことができます。
  • 返却プロセスの確認:着物を受け取る際には、返却に必要なパッケージや手順が含まれているかを確認し、問題があればすぐにレンタルショップに連絡を取ります。

これらのポイントを踏まえておくことで、七五三の着物レンタルプロセスをよりスムーズに、かつストレスなく進めることができます。これにより、家族はこの大切な日を存分に楽しむことに集中できるでしょう。

着物レンタルのトラブル回避と解決策

七五三などの特別な日に着物をレンタルする際は、スムーズな体験を保証するためにさまざまな準備が必要です。しかし、時として予期せぬトラブルが発生することがあります。最後に、着物レンタル時によくあるトラブルとその予防方法、さらに緊急時の効果的な対応策を詳しく説明します。これらの情報を事前に知っておくことで、万が一の状況にも適切に対処し、イベントを安心して楽しむことができるでしょう。

一般的なトラブルとその予防法

着物レンタルにおける一般的なトラブルには、サイズの不一致、予約ミス、着物の破損や汚れなどがあります。これらの問題を未然に防ぐための具体的な予防策は以下の通りです。

  • 事前の確認と試着:レンタル契約を結ぶ前に、サイズやデザイン、色などの詳細を確認し、可能であれば試着を行うことが重要です。これにより、サイズ不一致やデザインの誤解を避けることができます。
  • 早期の予約と確認:七五三のシーズンなど需要が高まる時期には、早めに着物を予約し、予約内容を事前に再確認することが重要です。これにより、予約ミスによるトラブルが防げます。
  • 品質の検査:着物を受け取った際には、すぐに品質をチェックし、破損や汚れがないかを確認することが必要です。問題が見つかった場合は直ちにレンタル会社に報告し、適切な措置を取ってもらうことが重要です。

これらの予防策を適切に実行することで、レンタル着物に関するトラブルを大幅に減少させることが可能です。

緊急時の効果的な対応策

もし着物に関するトラブルが発生した場合に備え、以下の緊急時対応策も覚えておきましょう。

  • 即時の対応:着物に何らかの問題が発生した場合は、直ちにレンタル会社に連絡を取り、対応を依頼します。多くのレンタル会社は迅速な対応を提供しており、必要に応じて代替品の提供や修理を行ってくれます。
  • 緊急修理キットの準備:当日の小さな破れや汚れに対処するために、縫い針、糸、小さなはさみなどの基本的な修理キットを準備しておくと便利です
  • 代替プランの検討:最悪の事態を想定し、着物を使用できなくなった場合の代替プランを用意しておくことも重要です。たとえば、別の衣装を準備しておくなど、緊急時にすぐに対応できるよう計画を立てておくとよいでしょう。

これらの対応策により、万が一の事態にも冷静かつ効果的に対処することが可能となり、イベント当日を安心して迎えることができます。

まとめ

本記事を通じて、七五三の着物レンタルにおける最適な選択と準備の重要性を理解いただけたことと思います。特に着物レンタルでは、事前の計画と準備が成功の鍵です。適切な着物を選び、さまざまなトラブルを未然に防ぎ、緊急時に迅速かつ効果的に対応する方法を把握することで、七五三を安心して迎えることができます。

着物を選ぶことは、文化的な価値と深い感情が込められた行為であり、家族の大切な記念日を豊かに彩るためのものです。適切な準備と知識をもって、七五三の日を特別なものにしましょう。本記事が、着物レンタルの経験をスムーズで心地よいものにする手助けとなれば幸いです。

七五三

訪問着

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

長い羽根の鳳凰と桐、青海波の黒振袖【fuk10】

【成人式の着物】黒の振袖が選ばれる理由|レンタル方法と注意点

成人式は一生に一度の特別な日。この重要な日に多くの女性が選ぶのが、黒の着物です。黒の着物はそのシックで洗練された雰囲気に加え、伝統と現代の美しさを兼ね備えています。その大きな魅力は、選んだ人はもちろん、その着姿を見る人を […]

ひとつ前の記事

染色イメージ

【着物のプロが監修】伝統的な染色技法の歴史と現代の染料技術の進化

はじめに 染色とは、布や織物に色を付ける技術です。この古来から続く技法は、世界中の文化や歴史に根差し、多様な表現方法やデザインが存在します。日本の伝統的な藍染からインドの鮮やかな更紗まで、染色は各地の特色を映し出す魅力的 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!