ゆめやTOP画像_訪問着イメージ

【2024年版】単衣(ひとえ)訪問着のレンタル&コーデ完全ガイド

はじめに

訪問着は着物の種類の一種で、フォーマルな場面からややカジュアルな場面まで着用されるものです。例えば、結婚式の参列やお宮参り、お茶会などが挙げられます。特に単衣(ひとえ)の訪問着は、裏地がないため軽くて涼しげな着心地が特徴で、初夏や初秋の季節に最適です。本記事では、単衣の訪問着基本情報からレンタルの方法選び方コーディネート方法着付けやメンテナンスのポイント、そして具体的な活用シーンまでを詳しく解説します。単衣の訪問着を初めて選ぶ方や、詳しい情報を知りたい方にとって、役立つ情報が満載ですので、ぜひ参考にしてみてください。

単衣の訪問着の基礎知識

単衣の訪問着は、主にフォーマルな場面からややカジュアルな場面まで幅広く用いられます。また、着物は季節によって種類が異なり、主に初夏や初秋に着用するもののことを単衣(ひとえ)と呼びます。単衣の着物は裏地がないため、軽くて比較的涼しく着ることができるのが特徴です。ここでは、訪問着の定義と歴史、そして単衣の訪問着の魅力特長について詳しく解説します。

訪問着の定義と歴史

訪問着は、お祝いの場やお呼ばれの席で着用するための着物です。肩から裾にかけて柄が入っているのが特徴で、裾には絵羽模様が描かれています。絵羽模様とは、縫い目をまたいでつながっている柄のことで、着用すると美しい絵柄が広がります。

訪問着の歴史は比較的浅く、大正時代初期の頃から始まりました。それまでの着物の種類は、フォーマルな場面のみ着用可能な留袖などの着物か、主にカジュアルな場面のみ着用していた小紋などの日常着しかありませんでした。しかし、徐々に洋服が浸透するにつれて、フォーマルとカジュアルの中間にある「外行き着」のような着物の需要が高まってきます。そこで誕生したのが、訪問着でした。

訪問着の生地には、が多く用いられています。正絹の訪問着は、光沢があり、肌触りが滑らかで、品質が高く長く愛用することができます。また、訪問着の柄や色も非常に多様で、桜や梅、牡丹などの花模様、鶴や亀などの吉祥文様などが多く使われます。これらの柄は、季節や場面に合わせて選ぶことができるため、幅広いシーンでの活用が可能です。

単衣の訪問着の魅力と特長

単衣の訪問着は、袷(あわせ)とは異なり裏地がないため、軽くて涼しい着心地が特長です。一般的に単衣を着用する時期は、6月と9月とされています。単衣の訪問着は、軽やかで、動きやすさも兼ね備えており、長時間の着用でも疲れにくいのも魅力の一つです。

また、単衣の訪問着をレンタルすることもできます。単衣の着物自体、着る時期が限られているため、あまり着物を着る機会がない方にとっては、レンタルは非常に便利です。また、着物を着慣れている方にとっても、レンタルサービスを利用することで、さまざまなデザインや色の着物を試すことができます。さらに、レンタルショップでは、サイズや着付けのアドバイスも受けられるため、初めての方でも安心して利用できます。

単衣の訪問着のレンタルとは

単衣の訪問着をレンタルすることで、購入するよりも経済的に、そして手軽に着物を楽しむことができます。ここでは、単衣の訪問着のレンタル手順と準備レンタル時のポイントと注意点について詳しく解説します。

レンタルの手順と準備

単衣の訪問着をレンタルするには、以下の手順で進めましょう。まず、レンタルショップの選定です。レンタルショップの評判や口コミをオンラインで検索し、信頼できるショップを選びます。それと同時に、レンタル条件やサービス内容を比較するのも重要です。これらの情報を収集して、最適なショップを選びましょう。

次に、どの単衣の訪問着をレンタルするかを決めます。その際、自分のサイズに合ったものを選ぶことが肝心です。可能であれば、実際にショップに訪れて試着することをおすすめします。試着してみることで、サイズ感や色や柄が自分に合うかどうかを確認することができます。また、訪問着に合わせて、小物類も同じタイミングで予約しましょう。その際、全体のコーディネートをイメージして選んでみてください。

訪問着を選んだら、レンタル予約を行います。結婚式やお宮参りなど、着用する日程が決まっている場合には、早めに予約することがおすすめです。

最後に、予約した訪問着を指定された日に受け取り、利用後は指定された方法で返却します。返却時にクリーニングが必要な場合もあるため、事前に確認しておくとスムーズに進められます。

レンタル時のポイントと注意点

単衣の訪問着をレンタルする際のポイント注意点を以下にまとめます。

まず、早めの予約が肝心です。特にお子さまの入学式や七五三など、時期が決まっていて、他の人とタイミングがかぶる場合には、レンタルが集中することが多いです。希望の日程に空きがあるかどうか事前に確認し、早めに予約を行いましょう。

次に、サイズ確認が必須です。サイズが合わないと、見た目が美しくなく、着心地も悪くなります。身丈、裄丈などを正確に測り、自分に合ったサイズを選ぶことが大切です。試着が可能なショップを選ぶとさらに安心です。

また、小物の選び方も重要です。単衣の訪問着に合わせる帯や草履、バッグなどの小物は、全体のコーディネートに大きく影響します。色やデザインのバランスを考えながら選びましょう。例えば、シンプルな柄の訪問着には華やかな帯を合わせることで、上品な印象を作り出せます。

さらに、レンタルショップの利用規約も確認しておくべきです。キャンセルポリシーや延滞料金、クリーニングの有無など、店舗によって異なるため、事前にしっかり確認しておきましょう。また、返却期限を守ることも大切です。延滞すると追加料金が発生する場合があるため、返却日時をしっかり守りましょう。

アンティークきものレンタルゆめやでは、大正から昭和に作られたアンティークを中心に多彩な着物をご用意しています。着物の仕入れからお直しまで、すべて当店のスタッフが手掛けて「本物の着物の素晴らしさ」をリーズナブルな価格でお届けします。帯や草履、バッグといった小物類もこだわりの逸品を取り揃え、フルセットでレンタルしていただけます。

単衣の訪問着の選び方

単衣の訪問着は、選び方によって美しさや着心地が大きく変わります。ここでは、単衣の訪問着のサイズと正しい選び方、そして色や柄の選び方と注意点について詳しく解説します。

サイズの正しい選び方

単衣の訪問着のサイズ選びは、美しい着姿を作り出すための重要なポイントです。以下の手順で正しいサイズを選びましょう。

  • 身丈の測り方:
    身丈は、着物の縦の長さのことです。身丈の目安は自分の身長とほぼ同じです。着物は着付けによって多少調整ができるので、自分の身長の±5センチ程度であれば普通に着こなすことができます。身丈が合っていないと、裾の長さが不自然になり、美しいシルエットが損なわれるため注意が必要です。
  • 裄丈の測り方:
    裄丈(ゆきたけ)は、首の付け根から手首までの長さを指します。裄が短すぎると、腕が出すぎてしまい、逆に長すぎると袖が手のひらにかかってしまいます。見た目に大きな影響が出てしまうため、自分の裄丈に合った訪問着を選びましょう。

これらのポイントを押さえて、自分にぴったりのサイズを選びましょう。自分に合った訪問着を選ぶために、試着をするようにしましょう。購入する場合も、レンタルする場合も試着をして、実際の着心地や見た目を確認しておくと、後悔のない選択ができます。

色や柄の選び方と注意点

単衣の訪問着の色や柄は、季節やシーンに合わせて選ぶことが大切です。以下のポイントを参考に、最適な色や柄を選びましょう。

  • 季節に合わせた選び方:
    単衣の訪問着は、季節感を大切にすることがポイントです。初夏には、紫陽花や百合などで彩られた、明るい色合いの訪問着がおすすめです。初秋には、紅葉やすすきなど、秋らしい柄と深みのある色合いがぴったりです。
  • シーンに合わせた選び方:
    結婚式やお宮参りなどのフォーマルな場では、華やかで上品な柄を選びましょう。例えば、金糸や銀糸を使った豪華な柄や、鶴や亀などの吉祥文様が人気です。一方、お茶会やパーティーなどのカジュアルな場では、シンプルで上品な柄や、花や植物をモチーフにしたデザインが適しています。
  • 色の選び方:
    色選びも重要なポイントです。単衣の訪問着は、季節やシーンに合わせて選ぶことで、より美しい着姿になります。例えば、初夏には水色や白、初秋には紅葉を思わせる赤や茶色、がぴったりです。自分の好みやシーンに合わせて選びましょう。
  • 小物の選び方:
    帯や草履、バッグなどの小物も、単衣の訪問着のコーディネートに欠かせません。帯は、単衣の訪問着の色や柄と調和するものを選びましょう。例えば、シンプルな柄の訪問着には、華やかな帯を合わせると上品な印象になります。草履やバッグは、全体のバランスを考えて選びましょう。

これらのポイントを押さえて、季節やシーンにぴったりの訪問着単衣を選んでみてください。

単衣の訪問着のコーディネート方法

単衣の訪問着をさらに引き立てるためには、適切な帯と小物の選び方季節ごとのコーディネートポイントを押さえることが重要です。ここでは、単衣の訪問着のコーディネート方法について詳しく解説します。

帯と小物の選び方とコツ

単衣の訪問着に合わせる帯や小物の選び方には、いくつかのポイントがあります。まず、帯の選び方です。フォーマルな場面では、金糸や銀糸が使われた華やかな袋帯を選びます。一方、お茶会やパーティーなどのカジュアルな場面では、シンプルなデザインの帯が適しています。無地や淡い色合いの帯は、上品でありながらも落ち着いた印象を与えることができます。

帯の結び方にも工夫が必要です。訪問着を着る時は、二重太鼓結びが一般的です。これは、見た目に安定感があり、落ち着いた印象を与えます。なお、未婚の方は、変わり結びといった華やかな結び方も可能です。

次に、小物の選び方です。帯揚げと帯締めは、帯との調和を考えて選びましょう。例えば、単衣の訪問着が水色であれば、帯揚げや帯締めも淡いブルーや白を選ぶことで統一感が生まれます。一方で、訪問着や帯の色と反対の補色を選ぶと、アクセントをつけることができます。草履とバッグも全体のコーディネートに影響を与えます。フォーマルな場では、光沢のある素材やシンプルで上品なデザインのものを選ぶとよいでしょう。カジュアルな場では、少し遊び心のあるデザインや季節感を取り入れてみるのもおすすめです。

これらのポイントを押さえることで、単衣の訪問着のコーディネートを楽しむことができます。適切な帯と小物を選ぶことで、より一層美しい着姿を実現しましょう。

灰白色の花菱に牡丹と菊が描かれた単衣の色振袖」淡い灰色の地に牡丹と菊を描いた、単衣のアンティーク色振袖です。金彩や金駒刺繍でたっぷりと加飾され、袷の振袖に引けを取らない豪華さがあります。合わせる帯によって、初夏にも初秋にもお召しいただけます。こちらは蜀江に花を織り出した涼し気な色合いの丸帯を締め、帯揚げは透明感のある若草色で爽やかに。橙色の帯締めと蒔絵の帯留めを、コーディネートの引き締め役としました。古典を踏まえつつも新しさが感じられる、華麗な一揃いです。

季節ごとのコーディネートポイント

着物のコーディネートは、季節に応じて変えることが大切です。単衣の訪問着は初夏と初秋に適しているため、それぞれの季節に適したコーディネートポイントになるように気を配ってみましょう。

初夏には、涼しげな印象を与える水色や白、淡いブルーが最適です。これらの色は、見た目にも涼しさを感じさせ、朝顔や涼風を感じさせる波模様、金魚などの柄が夏にぴったりです。これらの柄は、これから暑くなる夏に向けて、涼しさを演出します。軽やかな素材の帯や、涼しげな色合いの帯揚げ、帯締めを選ぶことで、涼やかなコーディネートが完成します。

初秋には、紅葉を思わせる赤や茶色、深みのある緑がぴったりです。これらの色は、秋の訪れを感じさせます。また、紅葉やすすきなどの柄が秋の訪問着には最適です。これらの柄は、秋の豊かさを演出します。深い色合いの帯や帯揚げ、帯締めを選び、秋を感じさせる落ち着いたコーディネートを楽しみましょう。

単衣の訪問着のコーディネートは、季節に応じた色や柄小物を選ぶことで、その美しさを最大限に引き出すことができます。季節ごとのコーディネートポイントを押さえて、美しい単衣の訪問着を楽しみましょう。

単衣の訪問着の着付けと手入れ方法

単衣の訪問着を美しく着こなすためには、正しい着付け丁寧な手入れが必要です。ここでは、単衣の訪問着の基本的な着付けの手順と、長く美しい状態を保つためのメンテナンスポイントについて詳しく解説します。

着付けの基本手順

単衣の訪問着の着付け手順は、幾つかのステップに分かれています。まず、肌襦袢と長襦袢を着用します。肌襦袢は汗を吸収し、長襦袢は着物を直接肌に触れさせない役割を持っています。肌襦袢を着た後、長襦袢を身にまとい、腰ひもでしっかりと固定します。この際、長襦袢の衿元が左右対称になるように注意しましょう。

次に、単衣の訪問着を羽織ります。訪問着の裾を持ち上げ、裾の位置を決めたら腰ひもで固定します。このとき、裾が床に触れないように調整し、左右のバランスを整えます。次に、衿合わせを行います。衿元がきれいに揃うようにし、胸元にしわができないように注意しながら、腰ひもで固定します。

最後に帯の着付けに進みます。帯は訪問着の印象を大きく左右する重要なものです。ここでは、二重太鼓結びを例に挙げてみましょう。まず、帯を腰に巻きつけ、帯枕を使用して背中でお太鼓を作ります。次に、帯揚げと帯締めを使って帯をしっかりと固定し、美しい形を作ります。帯揚げは帯の上部を華やかに見せるためのもので、帯締めは帯全体を固定するためのものです。これらを使って、帯がずれないようにしっかりと締めましょう。

メンテナンスのポイント

単衣の訪問着を長く美しく保つためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。まず、着用後は風通しの良い場所で陰干しを行います。これは、汗や湿気を飛ばし、カビや臭いの発生を防ぐために重要です。直射日光に当てると、生地が変色する可能性があるため、必ず陰干しを行ってください。

次に、シミや汚れがついた場合は、早めに対処することが大切です。軽い汚れであれば、湿らせた柔らかい布で優しく拭き取ります。油性のシミや取れにくい汚れは、無理にこすらずに専門のクリーニング業者に依頼しましょう。特に、正絹などのデリケートな素材は、家庭での洗濯は避けるべきです。

収納時には、防虫剤を使用することをおすすめします。ただし、防虫剤は複数併用するのではなく、一種類のみ使ってください。さらに、防虫剤が着物に直接触れないように注意しましょう。なお、シリカゲルなどの乾燥剤も併用すると、湿気を防ぎ、カビの発生を抑えることができます。収納する際は、正しく畳んでたとう紙に包んでおきましょう。定期的に着物を点検し、シワやほつれがないか確認することも重要です。

ゆめやのレンタルなら、単衣の訪問着をリーズナブルな価格でお召しいただけます。お選びいただいた着物に合わせて、熟練のスタッフが帯や小物をコーディネートしてお届けいたします。また、ゆめやのレンタルなら着用後のお手入れや保管の心配もありません。着物を脱いだら、当日中に専用伝票で返送していただくだけでお片づけ完了です。コーディネートから面倒な後片づけまで、レンタルならではの気軽さで心ゆくまで着物をお楽しみください。

単衣の訪問着の着用シーン

単衣の訪問着は、美しさと上品さを活かして、さまざまなフォーマルシーンやカジュアルなイベントで着用できます。ここでは、結婚式などのフォーマルな場から、お茶会やパーティーなどのややカジュアルな場まで、単衣の訪問着を着用するシーンごとの具体的なコーディネート方法活用法について解説します。

結婚式やフォーマルシーンでの着用方法

初夏や初秋に行われる結婚式やお宮参りなどのフォーマルなシーンに、単衣の訪問着は華やかで格式を備えた装いとして最適です。特に、結婚式では、花嫁や新郎新婦の友人や同僚として参列する際に、単衣の訪問着の上品なデザインが一層際立ちます。この場合、選ぶ色や柄も重要です。結婚式では、淡いピンクや柔らかな水色、金糸や銀糸が使われた華やかな柄が人気です。これらの色は、お祝いの席にふさわしい華やかさを演出します。

また、結婚式のコーディネートには、帯の選び方も大切です。フォーマルな場面では、金糸や銀糸が織り込まれた袋帯を選ぶとよいでしょう。帯の結び方も、二重太鼓結びが格式高いスタイルとして適しています。帯揚げや帯締めも、帯と調和する色を選び、全体のバランスを考えたコーディネートを心がけましょう。

単衣の訪問着のコーディネートには、小物も重要です。草履やバッグは、光沢のある素材やシンプルで上品なデザインのものを選びましょう。髪飾りは、真珠や金または銀で作られた上品なものを選ぶと調和が取れます。これらのポイントを押さえて、初夏や初秋の結婚式やフォーマルなシーンでの単衣の訪問着の美しさを最大限に引き立てることができます。

葡萄と唐草の黒留袖」ぼかしを施した深い黒地に、葡萄を写実的に描いた単衣の黒留袖です。葡萄は代表的な秋のモチーフであり、豊穣や子孫繁栄を象徴します。涼しい風が吹く季節の結婚式にピッタリの、おしゃれな黒留袖です。

お茶会やパーティーでの活用方法

単衣の訪問着は、フォーマルなシーンだけでなく、初夏や初秋のお茶会やパーティーなどのカジュアルなイベントでも活躍します。お茶会では、落ち着いたデザインの単衣の訪問着が適しているため、シンプルで上品な柄を選ぶことがポイントです。柄については、季節の花や植物をモチーフにした控えめなデザインが好まれます。

パーティーでは、もう少し華やかさを加えることができます。明るい色や大胆な柄の単衣の訪問着を選び、帯や小物で個性を演出するのもよいでしょう。例えば、単衣の訪問着が水色や藤色の場合、帯は対照的な色を選ぶとアクセントになり、コーディネートが際立ちます。また、帯揚げや帯締めに華やかな色を取り入れることで、パーティーらしい華やかさを演出できます。未婚の方は、帯の結び方を華やかな変わり結びにすると、パーティーの雰囲気を盛り上げることができるでしょう。

小物選びも大切です。カジュアルな場面では、少し遊び心のあるデザインの草履やバッグを選ぶとよいでしょう。例えば、柄入りの草履やカラフルなバッグは、全体のコーディネートにアクセントを加えます。これらのポイントを押さえることで、お茶会やパーティーにぴったりな単衣の訪問着のコーディネートを楽しむことができます。

まとめ

単衣の訪問着は、軽やかで涼しげな着心地から初夏や初秋に最適な着物です。また、フォーマルな結婚式やお宮参り、お茶会やパーティーなど、さまざまなシーンで楽しむことができるのも特徴です。単衣の訪問着の魅力を最大限に引き出すことで、より一層すてきな装いを楽しむことができるでしょう。初夏や初秋の爽やかな季節に、単衣の訪問着を取り入れて、美しさと魅力を存分に堪能してみてください。

〈参考記事〉
https://kimono-nagami.com/kimono_shurui_kaku/
https://www.e-kimono-rental.jp/column/detail.php?id=1459
https://kimono.cc/mkimono_mkimonoblog/%E5%8D%98%E8%A1%A3%E7%9D%80%E3%81%93%E3%81%AA%E3%81%97.html
https://kimono-rentalier.jp/column/kimono/mitake/
https://kimono-rentalier.jp/column/summer-kimono/summer-kimono-pattern/
https://www.yurakuichi.com/column/entry-5956/
https://kyoaruki.saganokan.com/column/season/
https://sgm.co.jp/useful/care/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

梅と菊の花に檜扇の黒振袖【fuk28】

【初めてでも安心】成人式の黒振袖レンタル完全攻略マニュアル

はじめに 成人式は日本の若者にとって人生の大きな節目です。女性がその重要な日を華やかに彩るには、振袖選びは大切なポイントです。そんな振袖の中でも、特に黒の振袖は、古典的かつ現代的な美しさの両方を兼ね備えていることから、多 […]

ひとつ前の記事

七五三・兄弟姉妹プラン お子さま2人のセット(計2点)【set20】

【2025年最新】安心の七五三着物レンタル !初心者向け完全ガイド

はじめに 七五三は、日本の伝統的なお祝い行事の一つで、お子さまの成長を祝う重要なイベントです。3歳、5歳、7歳の節目に、それぞれの年齢に合わせた着物を着用し、神社へお参りすることで、お子さまの健やかな成長を願います。この […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!