婚礼イメージ

【着物のプロ監修】結婚式で輝く婚礼衣装の選び方|着物の魅力に迫る!

はじめに

結婚式は、人生における重要な節目であり、その日に選ぶ衣装は記憶に残る要素の一つです。日本の伝統の婚礼衣装である着物は、ただ美しいだけではなく、深い文化的意味を持ち合わせています。

着物を選ぶ行為は、過去から受け継がれる文化への敬意と、未来への希望を象徴するものです。結婚式を和装で行うことは、特別な日にさらに意味を加え、結婚という新しい旅立ちを美しく彩ります。着物の一つ一つが持つ独特の色や柄は、花嫁の個性と美しさを際立たせ、永遠の瞬間を創出します。

婚礼衣装とは?着物でかなえる結婚式の夢

結婚式での衣装選びは、多くの人にとって一生に一度の体験です。特に、婚礼衣装としての着物は、その豪華さと伝統的な美しさで、結婚式を一層特別なものにします。

白無垢は純潔の象徴として、新たな始まりを告げ、色打掛は絢爛豪華な色彩で花嫁の幸せを願います。これらの衣装は、日本の歴史と文化の深さを表現し、花嫁の夢を形にする重要な役割を果たします。

着物を通じて、伝統を尊重し、自分だけの結婚式を作り上げることができるのです。

和装での結婚式:無限の魅力を探る

和装での結婚式は、その独自の美しさで多くの人を魅了します。伝統的な白無垢から、色鮮やかな色打掛まで、選択肢の多さも魅力の一つです。これらの衣装は、それぞれに特別な意味を持ち、式の雰囲気や季節、新郎新婦の個性を反映します。

和装での結婚式を選ぶことは、自らのルーツを大切にしながら、個性的で心に残る式を創出する絶好の機会です。和装は、伝統と現代の感覚を融合させ、カップルの願いを形にするための多彩な選択肢を提供してくれます。

和装の婚礼衣装入門:基本から学ぶ

婚礼衣装として和装を選ぶ過程は、着物の世界への入門とも言えます。基本的な知識から始め、着物の種類や選び方、着付けの方法まで学ぶことで、和装の真髄に触れることができます。

白無垢や色打掛の選択はもちろん、帯や小物の組み合わせによっても、全体の印象が大きく変わります。着物一つ一つに込められた物語を理解し、自分たちの結婚式に合わせて選ぶことで、より深い満足感を得ることができるでしょう。

婚礼和装は、過去への敬意と未来への期待を織り交ぜた、美しい伝統の継承です。

ここで、ゆめやで取り扱っている婚礼衣装のレンタルプランから、「着物を自由に選べる挙式当日用衣装レンタルプラン(新郎・新婦1着ずつ)」をご紹介します。

こちらは、ご新婦様のお好きな黒引き振袖(1点、筥迫、末広、抱え帯、草履などすべての小物が含まれます)とご新郎のお着物(1点、羽織・袴・草履など一式。家紋のご変更も含まれます)のお得なセットプランです。実際のお着物・小物はゆめや東京店でのご試着でお選びいただけます。まずは、ゆめや東京店でのご試着からお申し込みください。

着物の種類とその魅力

結婚式において着物は、ただの衣装を超えた深い意味を持ち、特別な日をさらに美しく彩ります。白無垢、色打掛、紋付羽織袴はそれぞれが、伝統と現代の融合を象徴する婚礼和装の主役です。

これらの着物には、日本の美意識と文化が凝縮されており、婚礼のシーンを通じて、花嫁と花婿の幸せな未来を願うメッセージが込められています。

本章では、これらの着物が持つ独特の魅力と、結婚式における役割について、さらに詳しく解説します。

白無垢:純白の美とその象徴するもの

白無垢は、新たな人生の始まりを祝福する純白の衣装です。この着物は、花嫁の純潔と美しさを象徴し、結婚式の厳かな雰囲気を際立たせます

白無垢には、鶴や松などの吉祥文様が施され、これらはそれぞれ夫婦円満と長寿を意味します。衣装の色と文様によって、花嫁の幸せな未来を願う家族の思いが込められています。

白無垢に込められた願い

  • 純白:花嫁の純潔と新しい生活への清浄な心持ち
  • :千年の幸福と長寿
  • :不変の愛と繁栄

花嫁が白無垢を着ることは、自身の新たな章の始まりを世の中にお披露目する行為であり、その美しさは見る人々の心に深い印象を残します。

色打掛:絢爛豪華、色彩の意味を解き明かす

色打掛は、花嫁の個性と幸福を願う心を映し出す色鮮やかな着物です。絢爛豪華なこの衣装は、結婚式の祝福の気持ちを表現し、花嫁をより一層引き立てます。

色打掛の文様には、繁栄と幸せな結婚生活を象徴する鳳凰や牡丹が用いられ、季節や会場の雰囲気に合わせた選択が可能です。

色打掛で表現する幸せの象徴

  • 鳳凰:永遠の愛と幸福、子孫繁栄
  • 牡丹:富と名誉、美しい結婚

色打掛を通じて、花嫁は自らの幸せな未来への願いを色彩豊かに表現し、結婚式の記憶を彩ります。

ここで、ゆめやで取り扱っている婚礼衣装のレンタルプランから、「組み合わせ自由な婚礼・打掛・黒引き振袖プラン(新婦2着・新郎1着)」をご紹介します。

こちらは、ご新婦様のお好きな打掛(1点、打掛の下に着る掛下着物が含まれます)、お好きな黒引き振袖(1点、筥迫、末広、抱え帯、草履などすべての小物が含まれます)とご新郎のお着物(1点、羽織・袴・草履など一式。家紋のご変更料金も含まれます)の計3点のお得なセットプランです。実際のお着物・小物はゆめや東京店でのご試着でお選びいただけます。まずは、ゆめや東京店でのご試着からお申し込みください。

紋付羽織袴:男性の婚礼和装を格上げ

紋付羽織袴は、新郎の格式と家族の歴史を象徴する伝統的な衣装です。この和装は、新郎が結婚式に臨む際に着用し、家族の誇りと新たな始まりを示します。紋付羽織袴には、家紋が入り、これは家族の絆と歴史を象徴します。

紋付羽織袴の家紋とその意味

  • 丸に三つ柏:家族の結束と永遠の幸福
  • 丸に桔梗:誠実と清新、新しい始まり

紋付羽織袴を着ることで、新郎は自らの役割と家族への敬意を表し、結婚式を通じて、その責任を全うする準備ができていることを示します。

これらの着物は、結婚式という一生の記憶に残る瞬間に、花嫁と花婿の美しさと幸せを最大限に引き出します。伝統的な意味合いと現代の感性が融合した婚礼和装を通じて、二人の新しい人生の始まりが祝福されます

着物選びのポイント

婚礼衣装としての着物選びは、花嫁の個性を最大限に引き出し、結婚式という一生の思い出を美しく彩るための重要なステップです。色や柄、季節感や結婚式のテーマ、そして体型を美しく見せる選び方など、多くの要素が絡み合います。

和装を選ぶ際には、これらのポイントを総合的に考え、自分自身や式の全体の雰囲気に最も合う着物を選ぶことが大切です。以下に、着物選びの際に考慮すべきポイントをご紹介します。

テーマと季節感:完璧な和装を計画する

テーマと季節感を考慮することは、和装選びの基本です。

結婚式のテーマが「伝統的な日本の美」を前面に出すものであれば、より格式高い白無垢や豪華な色打掛を選ぶことが適しています。逆に、よりカジュアルで個性的なテーマの場合は、明るい色彩やオリジナリティあふれるデザイン引き振袖などもおすすめです。

季節感を取り入れた着物選びでは、その時期ならではの自然の美しさを表現することができます。

例えば、春には新生活の始まりを象徴する桜や梅の花が咲くデザインを、夏には涼やかな風を感じさせる柄を。秋には落ち着いた色合いの中にも、紅葉や実り豊かな果物をモチーフにした着物が、冬には雪や冬の花をあしらった暖かみのある色の着物が、季節感を演出してくれます。

地域と会場に合わせた衣装選び

結婚式の地域や会場に合わせて着物を選ぶことで、和装の印象を一層深めることができます。

自然豊かな場所での式では、その地域の自然を象徴する文様が施された着物が適しており、都会のモダンな空間では、シンプルでありながら洗練されたデザインの着物がふさわしいでしょう。

体型を美しく見せる着物の選び方

着物は、着る人の体型を美しく見せるための工夫が施されています。

身長が低い方は、縦のラインを強調する柄選びや帯の位置を高めにすることで、脚長効果を狙えます。逆に、背が高い方は、横のラインを意識した柄や色使いでバランスを取ることがポイントです。

また、ふくよかな方は、大きな柄よりも小さな柄を選ぶことで、全体的にスッキリとした印象になります。着物は、適切な選び方一つで、さまざまな体型の美しさを引き出すことが可能です。

婚礼衣装として和装を選ぶ際は、これらのポイントをしっかりと押さえつつ、自分自身の個性や好み、そして結婚式全体のコンセプトに合った着物を選ぶことが重要です。

婚礼衣装の着物は、花嫁の美しさだけでなく、その日の思い出を色鮮やかに彩るための大切な要素の一つです。

和装小物で差をつける

結婚式での和装は、着物だけでなく、帯、草履、バッグ(筥迫)、そしてヘアスタイルとアクセサリーといった小物選びにも、同じくらいの注意と配慮が必要です。

これらの小物は、花嫁の装いに深みと個性を加える重要な要素であり、総合的な美しさを引き立てる役割を担います。

特に、和装小物の選び方一つで、式の雰囲気や季節感、そして全体のコーディネートが大きく変わります。以下では、和装小物の選び方におけるポイントをご紹介します。

帯選び:着物の印象を決定づける

帯は、着物スタイルの要とも言えるアイテムです。色、柄、素材の選択は、着物の全体的な印象を大きく左右し、式のテーマや季節感を強調するために不可欠です。

着物と調和する帯を選ぶことはもちろん、帯の結び方や帯締め、帯揚げの使用によっても、より一層の美しさを引き出すことができます。以下のポイントを考慮して選択しましょう。

  • 色合わせ着物の色とのバランスを考え、季節や式の雰囲気に合わせた色を選ぶ。
  • 柄の選択:柄の大きさや種類で、帯全体の印象が変わるため、着物の柄とのバランスを考える。
  • 素材感:季節や場の雰囲気に合わせた素材を選び、着心地と見た目の両方でバランスを取ることを目指す。

草履と筥迫:和装の完成度を高めるアクセサリー

和装を完結させるには、草履と筥迫(はこせこ)の選択も欠かせません。

これらは、着物や帯との色の調和はもちろん、快適さや機能性も考慮する必要があります。特に、結婚式など長時間のイベントでは、見た目だけでなく履き心地の良い草履を選ぶことが重要です。

また、筥迫(はこせこ)は白無垢に合わせるのであれば白地に金糸や銀糸を使った落ち着いたデザインを、色打掛であれば着物の色柄に合わせたデザインなど、全体のバランスを考慮して選ぶといいでしょう。

ヘアスタイルとアクセサリーの調和術

和装においてヘアスタイルとアクセサリーの選び方は、トータルコーディネートの完成度を大きく左右します。

ヘアスタイルは着物の種類や顔立ち、個人の好みに合わせて選び、アクセサリーはそのスタイルにアクセントを加えるように選びます。

髪飾りやかんざしを選ぶ際には、着物や帯の色との調和、式のテーマや季節感を考慮し、全体のバランスを見極めましょう。

和装小物を選ぶ際には、各アイテムが持つ独自の美しさと、それらが一体となって作り出す和装全体の美しさに注意を払うことが大切です。このように細部にまでこだわりを持つことで、結婚式の和装はさらに特別なものへと昇華されます。

自分だけのスタイルを追求しつつ、伝統の美を尊重する選択を心がけましょう

婚礼着物の着方とマナー

結婚式という人生の中で最も特別な日に、着物を選び、それを身に纏うことは、ただの衣装選びを超えた意味を持ちます。着物の豊かな色彩、繊細な柄、そして着方とマナーは、花嫁の内面の美しさと日本の伝統文化を映し出します

この章では、婚礼着物を着る際の詳細な手順、適切なマナー、そして記憶に残る撮影のためのテクニックを、さらに深く掘り下げていきます。

着付けの手順

婚礼衣装の着物の着付けは、細部にわたる注意と丁寧な手順を要します。最初に、適切な下着(肌襦袢)を着用し、掛下着物を着用し、適切に帯を結び、その上から白無垢や色打掛を纏います

ここでのポイントは、着物の素材を傷めないように慎重に扱うことと、着物が持つ本来の美しさを最大限に引き出すことです。帯の結び方は、花嫁の装いに大きな影響を与えるため、その選択と結び方には特に気を配ります。

加えて、重ね衿の色選びや小物の配置は、婚礼の装いにさらなる華やかさと深みをもたらします。この一連のプロセスは、花嫁が自身の個性を表現し、伝統的な美しさを追求する絶好の機会です。

和装におけるマナー

婚礼衣装として和装を選んだ際に必要とされるマナーは、着物の着方に留まらず、花嫁の振る舞いにも及びます。白無垢を選んだ場合、その純白が新たな始まりと純潔を象徴することを意識し、色打掛を選ぶ際は、その色彩が幸福を呼び込むという伝統的な信念を尊重します。

帯の結び方、小物の選択から所作に至るまで、すべてが花嫁の品格とセンスを表す機会となります。こうしたマナーやエチケットを守ることで、花嫁は和装の美しさを体現し、結婚式の厳粛な雰囲気を高めることができます。

前撮りと当日の撮影テクニック

結婚式の前撮りおよび当日撮影は、花嫁の幸せな瞬間を永遠に刻むために欠かせない要素です。撮影では、着物の色と柄を生かした光の使い方、背景の選択、そして花嫁の自然なポーズが重要になります。

特に、自然光の下での撮影は、着物の繊細な色合いを美しく捉えるのに最適です。白無垢を着用する場合は、その清潔感を強調し、色打掛では華やかな色と柄を際立たせる背景を選びます。

花嫁がリラックスして自然体でいられるよう、撮影環境を整えることで、最も美しい瞬間を捉えることが可能になります。

ヘアスタイルで魅せる和装美

着物は、その華やかさと繊細さで、特別な日の装いを一層際立たせます。結婚式や記念の日に着物を選ぶ際、ヘアスタイルはその装いを完成させる重要な役割を果たします。

和装にふさわしいヘアスタイルを選ぶことで、花嫁の魅力を最大限に引き出し、永遠の記憶に残る美しさを演出できます。

本章では、着物に映えるヘアスタイルの基本から、アクセサリーの選び方、プロフェッショナルによるヘアセッティングの重要性まで、詳しく掘り下げていきます。

ヘアスタイル基本ガイド:和装に映えるスタイル

和装に合わせるヘアスタイルは、着物の種類や花嫁の個性、さらには式の雰囲気まで考慮して選ぶ必要があります。白無垢を選んだ場合、清楚で落ち着いた低めのアップスタイルや、島田髷や文金高島田などの伝統的な日本髪が美しさを引き立てます。

色打掛を着用するなら、より華やかなカールを効かせたハーフアップや、モダンな感覚の編み込みヘアスタイルもおすすめです。この際、花嫁の顔立ちを美しく見せるスタイル選びが肝心です。例えば、丸顔の方には縦長のシルエットを作るスタイルが、長い顔形の方には横に広がりを持たせるスタイルが適しています。

ヘアアクセサリーで彩る和の美

ヘアスタイルを一層引き立てるヘアアクセサリーの選び方には、着物の色や柄に合わせた選択が必要です。

白無垢には、シンプルながらも存在感のあるパールの髪飾りや、繊細な金属細工のかんざしがぴったり。

色打掛には、着物の色を生かした鮮やかな色彩の花飾りや、伝統美を感じさせる和風のアクセサリーを選びましょう。

特に、和装には自然のモチーフがよく合います。季節感を取り入れた桜や紅葉のデザインなど、時期に合わせたアクセサリー選びも、和装の魅力を深めます。

プロフェッショナルによるヘアセッティングの重要性

和装に映えるヘアスタイルを完璧に仕上げるには、プロフェッショナルの技術が不可欠です。

美容師は、着物の種類や花嫁の顔立ち、希望するイメージを踏まえて、最適なヘアスタイルを提案し、実現してくれます。さらに、プロの技術によって、式の間中、美しいスタイルを保つことができます。

プロに相談する際は、着用する着物の写真や、好みのヘアスタイルの参考画像を事前に準備すると良いでしょう。これにより、より具体的なイメージの共有が可能となり、納得のいくスタイリングを実現できます。

着物のアフターケア

着物は、日本の伝統と文化が織りなす芸術品です。特に婚礼などの記念すべき日に身に纏う着物は、世代を超えて愛されるために、適切なアフターケアが不可欠となります。

着物の美しさと価値を長期にわたり保持するための保管法、お手入れ方法、ダメージに対するリフォームや修理について、より詳細にご紹介いたします。

長く愛用するための着物の保管法

着物を長期間美しく保つためには、保管方法に細心の注意を払う必要があります。着用後は、着物を直接日光が当たらない場所で陰干しし、湿気や汗をしっかりと取り除きます。

保管の際は、折り目がつかないように注意深く畳み、通気性の良い専用の着物袋や桐箱に入れて保管することが理想的です。

さらに、防虫対策として天然の防虫剤を用い、直接衣類に触れないようにすることで、着物を害虫から守ります。

また、季節の変わり目には虫干しを行い、一年に一度は専門業者による点検を受けることも、長く着物を楽しむためのポイントになります。

正絹着物のお手入れ方法

正絹(絹100%)の着物は、その光沢と美しさを保つために、特別なケアが求められます。基本的に、正絹の着物は水に弱いため、家庭での水洗いは避け、専門のクリーニングサービスを利用することが望ましいです。

特に、シミがついた場合は、自己処理をせずに専門家の手に委ねることで、着物を傷めずに済みます。定期的なメンテナンスにより、生地の劣化を防ぎ、長く着物の美しさを保つことが可能となります。また、着物を自宅で保管する際は、湿度と温度に注意し、適切な環境を維持することが重要です。

ダメージがあった時のリフォームと修理

着物がダメージを受けても、専門のリフォームや修理により、再び美しい状態に戻すことが可能です。破れやほつれ、色あせなどの問題は、熟練の職人によって丁寧に修復されます。

修理のプロセスでは、着物の素材や織り方に合わせて最適な方法が選択され、細やかな作業を通じて元の美しさを取り戻します。

また、リフォームを利用すれば、着物のサイズ変更やデザインの更新も行うことができ、現代のファッションに合わせた着こなしも実現します。

大切な着物は、適切なアフターケアによって、次世代へと受け継がれる価値ある宝物となります

まとめ

和装での結婚式は、一生に一度の特別な日に伝統と現代の美を融合させることで、忘れがたい瞬間を紡ぎ出します。着物は、その豊富なバリエーション、繊細な色彩、そして意味深い文様によって、花嫁の個性と美しさを最大限に引き出す役割を果たします。

この章では、和装結婚式の持つ本質的な魅力に改めて光を当て、失敗しない着物選びの秘訣を再確認し、特別な日に和装を選択することの深い価値にスポットライトを当てます。

和装結婚式の魅力を再確認

和装での結婚式は、単に二人の結びつきを祝う儀式を超え、日本の豊かな文化と伝統を体感できる機会となります。白無垢や色打掛、紋付羽織袴などの伝統衣装は、幸福と繁栄を願う力強いメッセージを持ち、結婚式を通じて新たな家族の絆を象徴します。

白無垢は新しい人生の純粋さと清らかさを、色打掛は花嫁の幸福と繁栄を願う豊かな色彩で象徴します。これらの衣装から放たれる美しい風合いと文様は、参列者に深い感動を与え、式の記憶を一層豊かにします。

また、着物に込められた職人の技術と情熱は、花嫁を内面から輝かせ、誇り高い姿を見せてくれます

着物選びの成功の秘訣

着物選びは、和装結婚式の成功に不可欠な要素の一つです。花嫁の個性や体型を輝かせ、式のテーマや季節、会場の雰囲気に調和する着物を選ぶことが重要です。

例えば、春の結婚式では桜や梅の柄が施された着物が、秋では紅葉や菊をモチーフにした着物が季節感を演出します。

肌色に合わせた色選びや、全体のバランスを見極める帯の選択も、着物の魅力を最大限に引き出します。

専門家と相談しながら、自分自身の直感にも耳を傾け、心から満足できる一着を見つけ出すことが、成功への鍵となります。

特別な日を彩る和装のすすめ

和装を選ぶことは、特別な日に深い意味と格別の美しさを加える選択です。各着物には、職人の手仕事による温もりや、長い時間をかけて織りなされた物語が込められています。

これらを身にまとうことで、結婚式をはじめとする記念日や特別なイベントが、より印象深く、意味のあるものに変わります。

和装は、時間を超えて受け継がれる日本の美意識を現代に伝えるとともに、人生の大切な節目を豊かに彩ります。結婚式だけでなく、さまざまな場面で和装を取り入れることで、特別な日をさらに特別なものへと昇華させることができるでしょう。

〈参考記事〉
https://nihon-kekkon.com/kimono/
https://www.festaria.jp/journal/column/250
https://www.niwaka.com/ksm/radio/wedding/dress/bridegroom/09/
https://zexy.net/article/app002003018/
https://kimonoomohi.com/kind/kissyoumonyou/
https://irohakamon.com/
https://www.niwaka.com/ksm/radio/wedding/dress/small-articles/14/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

マゼンダ色に花薬玉の七歳祝着【kod118】

【7歳の七五三】四つ身とは?女の子の着物の選び方とレンタル方法

七五三は、お子さまたちの成長を祝う日本の伝統的な行事の一つです。特に7歳の女の子にとっては、初めて帯を締めるという重要な節目となります。この特別な日に、どのような着物を選ぶかは、多くの親御さんにとって大きな悩みの一つでし […]

ひとつ前の記事

水辺に菖蒲や白鷺の五つ紋付黒留袖【tom38】

【初心者向け】結婚式の母親必見!留袖レンタルで失敗しないための選び方

はじめに 結婚式は、新郎新婦はもちろんのこと、両家の母親にとっても特別な日です。特に母親が結婚式で着用する留袖は、その格式を象徴する大切な役割を持っています。留袖は、日本の伝統的な礼装であり、結婚式などのフォーマルな場に […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!