たまご色に刺繍丸紋、鳳凰獅子の振袖

ゆめやの振袖: お友達とかぶらない振袖を探そう!プリントじゃない一点ものはどこにある?

成人式がひとつのイベントとなり、どんな振袖を着るか、どのようなシチュエーションで写真を撮るかと、お嬢さんたちの間ではたいへんな盛り上がりだと聞きます。そのほとんどが、成人式の晴れ着として振袖を選ばれるのは、同じ日本人としてたいへん嬉しいことです。

 

 

今日は、お友達とかぶらない振袖、お友達と差をつけることができる振袖について、ご紹介しましょう。

 

 

白地の本紋に大きな更紗模様の色振袖

本紋が織り出された白い正絹に、更紗柄が描き出されたレトロな色振袖です。

前身頃にも後身頃にも、手描き・金駒刺繍で更紗柄が大胆に描かれています。

 

 

振袖フルレンタルで、ヘアセットとメイクもついて、さらに写真撮影までついて、セットで〇万円! という広告を見かけます。ありえないほどの低価格プランもあります。お店の方が相当の努力をなさったのでしょう。

 

 

着物の仕入れ価格、ヘアセットとメイクはお店の人でやってしまう、写真は提携先の写真館、などなど、営業努力の賜物だと感心いたします。

 

 

ですが、その着物はおそらく一点ものではありません。絵付けがプリントなのではないかと思います。意図したわけではないのに、お友だちとペアルックの振袖になってしまうかも・・・。

 

 

ピーコックグリーンに檜扇と梅の振袖

このグリーンはなかなかお目にかかれない色です。

檜扇と梅の花が手描き・手刺繍された、大正時代のアンティーク色振袖です。

 

 

これは、着物の量産化が進んでいるからですね。技術が発展し、インクジェットプリンターで着物の絵柄を印刷できるようになりました。今、日本で作られている着物の9割はプリントだという話しも聞きます。

 

 

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

マゼンダ色に花薬玉の七歳祝着【kod118】

【7歳の七五三】四つ身とは?女の子の着物の選び方とレンタル方法

七五三は、お子さまたちの成長を祝う日本の伝統的な行事の一つです。特に7歳の女の子にとっては、初めて帯を締めるという重要な節目となります。この特別な日に、どのような着物を選ぶかは、多くの親御さんにとって大きな悩みの一つでし […]

ひとつ前の記事

ゆめやの成人式:大正ロマン、昭和レトロとは?どんな振袖がレンタルできる?

デザインがかわいらしいとか、色合いがシック、などと昔の振袖が見直されているようで、近年は、「大正ロマン風」や「昭和レトロ系」の振袖を探すお嬢さんが多いようです。きものに限らず、昔の電化製品や雑貨も人気なのだとか。     […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!