濃いピンク色にグレーの縦ストライプの袴 (L)【hal014】

【実績3000人以上】卒業式で袴をおしゃれに着こなすコツ

はじめに

おしゃれで華やかな卒業式に向けて

卒業式は一人ひとりの人生において大きな節目の一つです。高校や大学の卒業式では、特に女性にとって袴の選び方や着こなしは大きな関心事の一つとなります。日本の伝統的な装いである袴を身につけることで、一生に一度の卒業式がより華やかで記憶に残るものとなるでしょう。

袴の魅力はその色や柄、そして独特のスタイルにあります。和服一般に言えることですが、袴の色や柄は四季折々の風情を表現するため、その選び方一つで印象が大きく変わります。また、袴というスタイル自体が、古典的な日本の美を現しています。

ただし、袴選びは初めての方には少々難しく感じるかもしれません。どの色を選べば良いのか、どの柄が自分に合うのか、袴と振袖のコーディネートはどうすれば良いのか。さらには、どの店舗で購入またはレンタルすれば良いのか、予約や試着、着付けなど、考えなければならないことはたくさんあります。

この記事では、そんな袴選びのポイントを詳しく解説します。最新のトレンドから古典的な着こなしまで、幅広いスタイルをカバーします。また、京都の老舗から新進気鋭のブランドまで、さまざまな店舗の情報も提供します。袴の購入やレンタル、着付けに関する情報も詳しく紹介し、あなたが自信を持って袴を選べるようにサポートします。

なお、この記事の情報は2023年のものです。最新の情報や詳細については、各店舗に直接お問い合わせいただくか、公式ウェブサイトをご覧ください。

袴の魅力を最大限に引き出すコーディネートや、一流の着付け技術。それらを手に入れるための第一歩は、まず袴について深く理解することから始まります。ぜひ、この記事を参考に、自分だけのおしゃれで印象的な卒業式の装いを見つけてください。

全ての女性が卒業式を美しく、そして自信を持って迎えられることを願っています。それでは、あなたの卒業式が一生の思い出になるように、袴について掘り下げて行きましょう。

卒業式の袴の選び方

レディース袴の種類と特徴

卒業式の袴選びには、その種類と特徴を理解することが第一歩となります。ここでは、レディース袴の主な種類とその特徴を一覧でご紹介します。

まず、レディース袴には一般的に、単品の袴とセットの袴があります。単品の袴は袴本体のみの取り扱いで、自分で振袖や帯を選ぶ自由度が高い反面、コーディネートに自信がない方には少々ハードルが高いかもしれません。一方、セットの袴は着物や帯、小物類までセットになっており、手軽にコーディネートが楽しめる点が魅力です。

また、袴のデザインには大きく分けて、古典的なものとモダンなものがあります。古典的な袴は伝統的な柄や色使いで、落ち着いた印象を与えます。一方、モダンな袴は現代的なデザインやポップな色使いで、個性的な印象を与えます。どちらを選ぶかは、自分のスタイルや好み、そして卒業式の雰囲気によります。

さらに、レディース袴の価格も重要な選び方のポイントとなります。購入とレンタルでは価格帯が大きく異なりますので、予算に合わせて選ぶことが大切です。また、店舗によっても価格は異なりますので、事前に複数の店舗を比較検討することをおすすめします。

このように、レディース袴の選び方は種類やデザイン、価格など、多角的な視点から行うことが求められます。また、着物や帯などの小物類とのコーディネートも重要ですので、全体のバランスを考えながら選んでいくことが大切です。

アンティークきものレンタル ゆめや では、70着の袴をご用意しています。着物と袴をそれぞれお選びいただくシステムです。おすすめの小振袖と合わせてご覧いただきましょう。

全ての袴を見てみる!

 

色や柄で選ぶ袴コーディネートのポイント

次に、袴の色や柄によるコーディネートのポイントについて解説します。

色は袴の印象を大きく左右します。落ち着いた色合いの着物は品格と伝統を感じさせ、華やかな色合いの着物は明るさと活力を表現します。例えば、黒や紺は落ち着いた印象で、白やピンク、水色は華やかな印象を与えます。また、赤や黄色、紫などの色は存在感があります。

着物の柄もまた、印象を大きく決定づける要素です。花柄の着物は女性らしさと華やかさを、幾何学模様はモダンさと個性を表現します。

また、無地の袴はシンプルでありながら上品さを感じさせます。ブランドによっては袴に刺繍の入ったものや、グラデーションになっているものもあります。着物の雰囲気に合わせてコーディネートするのも楽しみの一つです。

ゆめやでも、オシャレな袴をご用意しています。左から、ボルドーにハート柄、灰色に花の刺繍、黄色に蝶の刺繍です。編み上げブーツも似合いそうな袴ですね。

こうした袴の色や柄を選ぶ際には、自分自身のスタイルや好み、そして卒業式の雰囲気を考慮しましょう。また、着物や半幅帯(半巾帯)とのバランスも重要ですので、全体のコーディネートを見失わないように注意しましょう。

人気の袴ランキングをチェック

袴選びの参考として、人気の袴ランキングをチェックするのもおすすめです。ランキング情報は、袴のトレンドを把握する上で非常に有用です。また、多くの人が選んでいる袴を知ることで、自分自身の選択に自信を持つことができます。

例えば、2023年は、モダンなデザインの袴が人気を博しています。色は白やピンク、水色などの華やかな色が人気となっています。また、特定のブランドやメーカーの袴も注目を集めています。

ランキングをチェックする際には、その情報が正確であることを確認することが大切です。公式サイトや信頼できるメディアから情報を入手するようにしましょう。また、ランキングが示す人気はあくまで一部の傾向であり、自分自身の好みや卒業式の雰囲気に合った袴を選ぶことが最も重要です。

さらに、袴の選び方には自分自身の体型や肌色も考慮に入れることが大切です。体型に合わせた袴の選び方や、肌色と袴の色との相性については、専門の店舗のスタッフに相談するのも一つの手段です。専門知識を持ったスタッフは、一人一人の特徴に合わせた袴の選び方をアドバイスしてくれます。振袖やお持ちの着物に合わせる場合でも、親身に相談に乗ってくれます。お手入れや保管について教えてくれることも多いので、お持ちのお着物を袴に合わせる際には、一度、専門店舗に持ち込むことをおすすめします。

また、実際に店舗で袴を試着することもおすすめです。試着をすることで、袴のサイズ感や着心地、そして自分自身が袴を着ている姿を確認することができます。初めて袴を着る方は、自分に袴が似合うだろうかと不安な方もいるかもしれません。そのような方は、ぜひ試着をして自分自身のイメージを確かめてみてください。

さらに、袴選びは自分自身の好みやスタイルだけでなく、卒業式という場の雰囲気や、周りの友人たちとの調和も考慮に入れましょう。卒業式は自分自身の節目を祝う特別な日です。そのため、自分自身が輝けるような袴を選びつつも、卒業式という場の雰囲気に合った装いを選ぶことが大切です。先生としてではなく、自分が卒業する立場であれば、好きなものを着用する方が多いです。心配であれば、先輩の卒業式の時の写真を見せてもらったり、お友達と相談したりして、情報を共有するのも良いでしょう。

卒業式の袴選びは、自分自身を表現する大切な機会です。自分自身のスタイルや好みを大切にしつつ、着心地や価格、そして卒業式という場の雰囲気に合った袴を選ぶことで、卒業式を一層華やかで特別なものにすることができます。自分自身に最適な袴選びを楽しんでください。

ここまで、袴の選び方についての情報をご紹介しました。次のセクションでは、袴のレンタルや購入、そして実際の着付け方法について解説していきます。

レンタルと購入、どちらを選ぶ?

卒業式に袴を着る際、最初に思い浮かぶ選択肢はレンタルと購入です。どちらにもメリットとデメリットがあるため、自分自身の状況や好みによって最適な選択が変わります。以下では、それぞれのメリットとデメリットについて詳しく解説します。

袴のレンタルのメリットとデメリット

まずは袴のレンタルについて考えてみましょう。袴のレンタルは、卒業式など特別な日のために一時的に袴を借りるという選択です。

レンタルの最大のメリットは、コスト面です。袴は、購入するとなると高価な商品です。しかし、レンタルであればそのコストを抑えることが可能です。さらに、レンタルならば、一式を揃えることができます。袴本体だけでなく、帯や小物などの袴に合わせたアクセサリーもセットでレンタルできるため、自分自身で一つ一つ選ぶ手間が省けます。

また、最新のデザインやトレンドを取り入れた袴を選ぶことができる点もレンタルの魅力です。店舗では、さまざまなブランドやデザインの袴が揃っています。これらを試着し、自分に最も似合う袴を選ぶことが可能です。店舗によっては、着物と袴を自由に選べるところもあるので、オリジナルなコーディネートも楽しめます。

さらに、専門のスタッフによる着付けサービスが利用できる店舗も多いため、初めて袴を着る方でも安心です。

一方、レンタルのデメリットとしては、使用期間に制限があることが挙げられます。レンタル期間は、基本的には店舗によって設定されています。期間を過ぎると追加料金が発生する場合もあるため、注意が必要です。また、袴は繊細な商品であるため、レンタル品には取扱いに注意が必要です。特に、汚れやダメージが生じた場合には、修理費用を請求される場合があります。故意な汚れでない場合は、クリーニング費用を保証してくれるプランを用意している店舗もあります。袴や着物は水に弱いので、もしもの時のために保証サービスを利用することをおすすめします。

袴の購入のメリットとデメリット

次に、袴の購入について見ていきましょう。袴の購入は、袴を永久的に所有するという選択です。

購入の最大のメリットは、自由な使用が可能であるという点です。自分の所有物であるため、使用期間に制約はありません。また、自分の好みに合わせてカスタマイズしたり、何度でも着ることが可能です。記念品として残したい方や、将来的に再度着用する予定がある方には、購入がおすすめです。保育園や学校の先生は持っている方も多いようです。

さらに、袴の購入は、自分だけのオリジナルの袴を作ることができるという魅力もあります。多くの店舗では、自分の好みに合わせて袴の色や柄、デザインを選ぶことができます。また、専門のスタッフが適切なサイズを測定し、一人一人に合った袴を提供してくれます。

一方、購入のデメリットとしては、コストが高いことが挙げられます。袴は高価な商品であり、購入するとなると一定の費用が必要です。また、袴一式を揃えるためには、袴本体だけでなく、帯や小物などのアクセサリーも必要です。これらを全て購入するとなると、その費用はさらに高くなります。

以上が、袴のレンタルと購入のメリットとデメリットです。どちらを選ぶかは、自分自身の状況や好み、そして卒業式の形式によるため、自分自身に最適な選択をすることが重要です。選択の際には、上記の点を参考にしながら、自分自身のニーズに合わせて考えてみてください。

購入を検討する際には、維持管理も考慮に入れる必要があります。袴は繊細な商品であり、特別な保管方法が必要です。また、着付けには専門的な知識と技術が必要なため、自分で着る場合にはそれらの習得が必要となります。

袴を選ぶ際には、色や柄、デザインだけでなく、レンタルか購入かという選択も大切な要素の一つとなります。予算や使用頻度、管理の手間など、さまざまな要素を考慮して最適な選択を行いましょう。

ゆめやの卒業式の装いをまとめてご覧いただけます。まずはご覧になりながら、ゆっくりと考えてみませんか? お母さまの装いや、小物もご紹介していますよ。

袴の選び方やレンタル、購入の詳細については、店舗のスタッフに問い合わせることも有効です。スタッフは豊富な経験と知識を持っているため、あなたに合ったアドバイスを提供してくれます。特に、初めて袴を着る方は、その専門的なアドバイスが非常に役立ちます。

袴を選ぶ際には、情報を集めることも重要です。店舗のウェブサイトやカタログで商品の詳細を確認したり、ユーザーのレビューや評価をチェックしたりすることで、自分自身に最適な袴を見つけることができます。特に、人気のブランドやデザインの袴については、他のユーザーの意見や感想が参考になることが多いです。紹介特典を用意している店舗もあるので、先輩や友達に聞いてみるとお得に、袴選びができる場合もありますよ。

ここまで、袴のレンタルと購入、それぞれのメリットとデメリットについて詳しく解説しました。袴を選ぶ際には、あなたの状況や好みに合わせて最適な選択を行いましょう。あなたに合った袴を選べば、卒業式はさらに特別な日となるでしょう。

袴の着付け方と注意点

袴の正しい着付け方法

卒業式や成人式などの特別な日に、袴を自分で着付ける場合のポイントと手順を詳しく説明します。袴は着物の一種であり、その着付けは一見複雑に見えますが、基本的な手順を押さえておけば自分でも着ることが可能です。まず最初に、着物を着る準備として、肌着や下着、足袋を着用します。ご自身の卒業式の場合は、草履ではなく、ブーツで参加する方も多いです。その場合は、足袋ではなく、ソックスで大丈夫です。レンタルであっても、ブーツは自分で用意しなくてはならないこともありますので、ブーツで参加したい場合は、レンタルする店舗に事前に相談しましょう。

袴を着る前には、必ず着物を先に着ます。着物の着方はそのまま袴の着方にも影響を与えるので、きちんと正しい方法で着ることが重要です。袴の時には、半幅帯(半巾帯)を締めます。帯の締め方にはさまざまな方法がありますが、一般的には「一文字結び」が用いられます。

袴の裾を左足のくるぶしの上まで持ち上げ、右足を袴の中に入れます。次に、左足を同じように袴の中に入れ、袴の丈を確認します。袴の丈は、着物の裾と同じくらいまたは少し下がるくらいが理想的です。

ブーツを履く場合は、靴底の高さによっても変わるので、事前に綺麗に見える長さを確認しておくことをおすすめします。

袴の前紐を結ぶときには、1周目は半幅帯の結び目(一文字結びが主)の上を、2周目は結び目の下を通し、結び目の下で蝶結びにします。結び目の上で袴の前紐を捻じる方法もあり、捻じると帯も袴も安定しますが、着慣れない方にとっては難易度の高い結び方です。袴の前紐を後ろで蝶結びにしたら、半幅帯の結び目の形を整え、袴の腰板を結び目を隠すようにのせます。袴の後紐は前に持ってきて蝶結びにします。この時、左右どちらかに寄せて結ぶのが一般的です。柄や写真写りなどを考慮して好きな方にしましょう。

最後に、袴の裾を揃えるために、全体のバランスを確認します。このときに、袴の裾が地面につかないように注意が必要です。足元が見えないほど長いと、歩くときにつまずく可能性がありますので、注意が必要です。裾が短すぎると見た目が乱れるため、くるぶしあたりの長さが最適です。ブーツの場合は、くるぶしより上がかわいらしいでしょう。

袴の着付けは慣れるまでに時間と練習が必要ですが、基本的な手順を理解すれば、自宅でも挑戦することができます。着付けが難しい場合は、専門の着付け教室を利用するのもおすすめです。また、店舗のスタッフに相談することも有効です。

卒業式での袴の着こなしポイント

袴を着こなす際には、見た目だけでなく、動きやすさや快適さも重要なポイントとなります。卒業式は長時間立っていることも多く、また、さまざまな場面で移動することもあります。そのため、袴の着付けや着こなしには以下のポイントを意識すると良いでしょう。

動きやすさ:袴は歩く際に裾が地面につかないように、適切な長さに調整することが重要です。また、着物と袴の間に空気を含むことで、動きやすさを保つことができます。移動、特に階段の上り下りの際には、裾が地面につかないよう、気を付けましょう。

体型カバー:袴を着る際には、着物と同様に補正を行うため、体型がカバーされます。柄の大きさを自分の体型に合わせて選ぶことで、より美しい着こなしを実現することができます。

小物の利用:袴のコーディネートには、草履やバッグなどの小物も大切です。色や柄を選ぶ際には、袴とのバランスを考えながら、全体の印象をまとめる役割を果たします。

髪型とメイク:袴を美しく着こなすためには、髪型やメイクも重要な要素です。髪型は、一般的には、上品なアップスタイルが好まれますが、自分の好きなスタイルに合わせてアレンジすることも可能です。また、メイクはナチュラルなものが基本ですが、袴の色に合わせてリップやアイシャドウの色を変えることもあります。

色と柄の選び方:袴の色や柄を選ぶ際には、自分の肌色や好み、卒業式の雰囲気を考慮することが重要です。また、旬のトレンドも参考にすることで、よりおしゃれな着こなしが可能です。人気のある色は、ピンクや水色、紺などで、これらの色を基調とした柄が多く見られます。古典的な柄からモダンなデザインまで、多種多様な袴がありますので、自分の好みに合わせて選びましょう。

以上のように、袴を着こなす際にはさまざまなポイントを考慮することが必要です。また、事前に試着をしてみることで、自分に合う袴を見つけることができます。また、店舗のスタッフに相談したり、着付け教室でプロからアドバイスを受けることもおすすめです。

その他、自分で着付ける際には、動画や写真を参考にすると良いでしょう。また、一人で着付けるのが難しい場合は、友人や家族に手伝ってもらうのも一つの方法です。袴を着ることは特別な経験です。そのため、着付けや着こなしを楽しむことでより特別な1日になることでしょう。

着付けや着こなしのポイントを押さえ、自分らしさを出しながら、卒業式を迎えてみてはいかがでしょうか。袴選びから着付け、着こなしまで、全てが思い出となるはずです。そして、その経験が自信となり、新たなステージへと進む一歩となるでしょう。

ゆめやの袴の中から、卒業式にふさわしい、かっちりとした袴をピックアップしてみます。左から、黒、灰色のぼかし、紫のぼかしです。ぼかしが入っているだけで華やかになりますね。

 

卒業式以外で袴を楽しむ方法

卒業式だけでなく、他の場面でも袴を楽しむ方法があります。それは、謝恩会やパーティーでの着こなしから、コスプレや仮装としての楽しみ方まで、さまざまです。また、袴を着る機会は、日本の伝統文化に触れる絶好のチャンスでもあります。それでは、それぞれの場面での袴の楽しみ方を詳しく見ていきましょう。

謝恩会やパーティーでの袴の着こなし

卒業式が終わっても袴を楽しむ場所として、謝恩会やパーティーがあります。これらの場では、卒業式よりも少しカジュアルなスタイルが求められることが多いです。そのため、柄や色を選ぶ際には、場の雰囲気や自分の好みを考慮することが重要です。

色選び:卒業式では落ち着いた色の袴を選ぶことが多いですが、謝恩会やパーティーでは明るい色の袴も選びやすくなります。例えば、ピンクや水色、白などがおすすめです。また、ブランドによっては、黄や緑など、さまざまなカラーの袴が取り扱われていますので、自分の好みに合ったものを選びましょう。

柄選び:卒業式ではシンプルな柄が多いですが、謝恩会やパーティーでは、花柄やレトロな柄、モダンなデザインなど、個性的な柄を選ぶことが可能です。また、袴と帯の組み合わせを変えることで、さまざまなスタイルを楽しむことができます。

コーディネート:卒業式では、一般的に黒の卒業袴が主流ですが、謝恩会やパーティーでは、色々な色や柄の袴とブーツやバッグ、小物などを組み合わせて、自分だけのオリジナルスタイルを楽しむことができます。

レンタルの利用:卒業式用に袴を購入した方でも、謝恩会やパーティーで別の袴を楽しむためにレンタルを利用することも一つの方法です。店舗やwebでのレンタルサービスは便利で、価格も手頃なものが多いです。また、トレンドを取り入れた最新のデザインの袴を楽しむこともできます。

これらのポイントを押さえながら、謝恩会やパーティーで袴を楽しむことができます。友人や知人との交流を楽しみながら、自分の袴スタイルを見せる絶好の機会とも言えます。

コスプレや仮装としての袴の楽しみ方

一方、日常の中で和装を楽しむ機会として、袴のコスプレや仮装があります。これは、特定のキャラクターやテーマに基づいた袴のスタイルを楽しむことで、自分自身の表現力を高め、新たな自分を発見することができます。

キャラクターコスプレ:アニメや映画、ドラマなどのキャラクターに扮する際、袴を用いることでそのキャラクターの世界観を再現することができます。例えば、時代劇のヒロインやアニメキャラクターのコスプレに袴を取り入れると、よりリアリティのあるコスプレを楽しむことができます。

テーマ仮装:特定のテーマに基づいた仮装パーティーに参加する際にも袴は活用できます。例えば、「昭和レトロ」や「日本の古典」などのテーマに合わせて、レトロな柄や色の袴を選び、帯や小物をコーディネートすると、他の参加者と差をつけることができます。

自己表現:コスプレや仮装は、自己表現の一つです。自分の好きな色や柄、ブランドの袴を選び、自分だけのオリジナルなコーディネートを作り上げることで、自己表現を楽しむことができます。また、自分の身に袴を纏うことで、日本の伝統文化を体感することもできます。

レンタルの活用:コスプレや仮装の際にも、袴のレンタルを活用することは有効です。特定のテーマに合わせた袴を一度だけ着用する際などは、新たに袴を購入するよりもレンタルの方が経済的です。また、店舗では専門のスタッフがいるため、コーディネートの相談や着付けの指導を受けることもできます。

以上のように、袴の楽しみ方は卒業式だけにとどまりません。謝恩会やパーティー、コスプレや仮装といった場面でも、袴を通じて自己表現を楽しむことができます。袴選びの際は、自分の好みと場の雰囲気を考慮に入れ、最適な一品を選びましょう。そして、和装の美しさと楽しさを存分に堪能しましょう。

まとめ

この記事では、袴の魅力とその着こなし方について詳しく解説してきました。着物や振袖と同様に、袴もまた、日本の美と伝統を伝える重要なアイテムです。それは、卒業式という特別な日に華を添え、私たちの心に深く印象を刻む存在となります。

華やかで印象的な卒業式を演出する袴コーディネート

卒業式は一生に一度だけの特別な日です。それは、長い学生生活の終わりを告げ、新たなステージへと進む門出の日でもあります。そのような重要な日にふさわしい装いとして、袴を選ぶことは、自身の内面の成長と新たな始まりを象徴します。袴は、伝統的な美しさとモダンなデザインが融合したスタイルで、卒業生の誇りと喜びを表現します。

着付けからコーディネートまで、袴を美しく着こなすためのテクニックは数多く存在します。その中でも、色合いや柄、帯の選び方は、袴の印象を大きく左右します。袴の色は、その人の個性を表現する重要な要素で、自分のイメージや卒業式の雰囲気に合った色を選ぶことが大切です。

袴の選び方には、レンタルと購入の2つの方法があります。レンタルは、多種多様なデザインやブランドの袴を手軽に試すことができるメリットがあります。一方、購入は、自分だけのオリジナルな袴を長く楽しむことができるメリットがあります。どちらを選ぶかは、自分のニーズや予算、使用する機会によります。

そして、袴は卒業式だけでなく、謝恩会やパーティー、さらにはコスプレや仮装の際にも楽しむことができます。その際にも、自分のスタイルやテーマに合った袴を選び、自分自身を表現する楽しさを感じることができます。

このように、袴は多彩な表情を持つ素晴らしいアイテムです。その美しさと特別さを知り、理解し、そして楽しむことで、卒業式は一層華やかで印象的なものとなります。ぜひ、袴選びや着こなしにこの記事を活用して、最高の卒業式を迎えてください。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

ベージュと茶色のまだら模様のショール【swl018】

【2024年最新】成人式用ファーショール単品レンタルの完全ガイド

はじめに 成人式は、若者にとって一生に一度の特別な節目です。この日、多くの方が着物や振袖を着用し、その装いをさらに美しく見せるために、ファーショールやアクセサリーを選ぶことが一般的です。 特にファーショールは、その豪華さ […]

ひとつ前の記事

ブルーやマゼンダの染め分けの本紋地に、手描き・手刺繍で花車の色振袖【fui120】

【初心者向け】振袖と帯揚げの結び方 | プロが監修、安心アレンジ

はじめに 振袖に欠かせない帯揚げ 振袖と一言で言っても、その華やかさは千差万別です。美しい柄や豊かな色合いを持つ振袖は、女性の華やかさをさらに引き立ててくれます。成人式や結婚式などの大切なイベントで着ることも多く、袖を通 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!