黒留袖 ヘアセット 髪型 イメージ

【完全版】黒留袖にはショート?ボブ?|長さ別!写真映えする髪型をご紹介

結婚式など、大切な場面に欠かせない和装の代表とも言える「留袖」。和装の中でも格式の高いものとして知られている留袖ですが、そこに合わせるヘアスタイルもまた大切な要素の一つです。

髪の長さやカラー、ヘアスタイルが豊富な現代。留袖にふさわしい髪型やセットをどう選ぶかと悩む方は多いのではないでしょうか。ショートからロング、ボブやミディアムなど、選択肢はたくさん。今回の記事では、留袖に合う髪型やヘアアクセサリーの情報を詳しく紹介します。おすすめのヘアスタイルやアレンジ方法、美容室でのセットのポイントや前髪の取り方など、実際に役立つ情報を中心にお伝えしていきます。

美容や髪型のトレンドは日々変わっていくものですが、大切にしたいのは自分自身を最も美しく見せるスタイルを見つけること。さらに留袖との相性も良ければ理想的です。もちろん、人気のあるヘアスタイルや近年のトレンドについても触れていきたいと思います。この記事を読めば、きっと自分に似合うヘアスタイルや髪飾りを見つけるヒントを得ることができるはずです。

※ アンティーク着物レンタル「ゆめや」の留袖一覧はこちらでご覧ください。

\最高の一日に最高の黒留袖を。豊富な品揃えから運命の一着が必ず見つかる!/

ゆめや公式LINEはこちら
ゆめや公式無料お問い合わせフォームはこちら

【基本を押さえる】留袖にふさわしい髪型とは

一口に留袖と言っても、実はさまざまなデザインやカラーが存在します。中でも黒留袖は格式のある場でよく見られるもの。まずは留袖の基本も含めて見ていきましょう。

留袖とは?:その格式とマナー

留袖は、結婚式やフォーマルな場に出席する際に既婚女性が着用する着物として知られています。ゆめやのサイトでも、留袖の美しさやその格式を数多く紹介しています。留袖の特徴は、袖の長さや絵柄、黒を基調とした色合いなどにあります。留袖を着ることは、特別な場に参列する女性の格式を表現するものであり、そのマナーもきちんと守ることが求められます。

留袖を選ぶ際のポイントとして、自分の好きなデザインやカラーを選ぶのもいいですが、参列する場の雰囲気や自分の役割に合わせて選ぶことも大切です。

例えば結婚式でお母さまや親族としての役割を全うするには、落ち着いたカラーや柄を選び、格式を保つことが大切です。和装には特有のマナーがあり、その中でも留袖は格式の高いものとされていますので、着る際にはきちんとした着付けや美容を心がけることが大切です。

アンティーク着物レンタル ゆめや は、大正時代から昭和初期にかけての着物をメインに取り扱うレンタルショップです。古き良き黒留袖や色留袖を揃えていますので、神社やお寺での和婚に似合いますよ。まずは、最上格の五つ紋付黒留袖をご覧いただきましょう。

色とりどりの鶴舞う黒留袖」は、手描き・手刺繍のたいへん豪華な一着です。朝日に輝く赤い鶴・流水の青・梅の白・笹の金茶、それぞれが光り輝き、明るい門出を祝うかのような、大正時代のアンティーク五つ紋付黒留袖です。素晴らしくきれいな刺繍糸で、手の込んだ刺繍が施してあります。黒留袖にはあまり使われることのない青色が、目の覚めるような美しさで、効果的に配色されていますね。

和装での髪型のポイント

和装に合わせる髪型は、その着物やシーン、自分の顔の形や髪の長さによっても異なります。ゆめやのサイトでは、和装にぴったりのヘアスタイルやアレンジ方法を豊富に紹介しています。特に留袖を着る際には、ヘアスタイルも格式を保つことが求められます。

髪型を選ぶポイントとしては、和装の特性や自分の髪質、長さを考慮することが大切です。ショートやボブの方は少しボリュームを持たせたアップスタイルや、飾りピンを使用してアレンジを加えると和装にも合わせやすくなります。ロングヘアの方はシニヨンや夜会巻きなど、少しフォーマル感のあるヘアスタイルがおすすめです。

また髪の毛の色も大切なポイント。特に留袖を着る際には、落ち着いた黒やダークカラーがマナーとして好まれます。

50代向けのヘアスタイル注目ポイント

50代の女性が留袖を着る際には、年齢に合った上品で落ち着いたヘアスタイルを選ぶことがポイントです。大人の女性のためのヘアスタイルは、シンプルでありながらも一工夫加えることで、格式を保つことができます。

すっきりとしたショートやボブは、50代の女性にとっても、大変人気のあるヘアスタイルです。少しカールを加えることで、上品で柔らかい雰囲気を出すことができます。またロングヘアの方は、髪の毛の量を活かして夜会巻きにすることで、大人の落ち着きも演出することができます。髪型を選ぶ際のポイントとして、自分の顔立ちや髪の質、そして留袖との相性を考慮することが大切です。

また、アクセサリーの使用も50代の女性に効果的。パールのヘアピンや上品な花のアクセサリーを髪に取り入れることで、一段と格式のあるヘアスタイルを完成させることができます。留袖を着る際はその着物とのバランスを考え、派手すぎず、でも、華やかさを忘れないヘアスタイルを選びましょう。

ゆめやにも、輝くお花やパール様の髪飾りをご用意しています。ショートスタイルやボブスタイルでも、かんざしを使うことは可能ですよ。あらかじめかんざしを挿すことを美容師さんに相談して、編み込みをしたり、ねじりを入れたスタイルにしたりして、かんざしを挿す部分を作ってもらうようにしましょう。また、襟足にある程度の長さのあるショートやボブでしたら、付け毛を使うなどしてアップスタイルにできる可能性もあります。ゆめやのかんざしの写真を美容師さんにご覧いただいてくださいね。

左端「白から紫メインの洋花のビーズ細工かんざし」は、小花が流れるように配置されています。華やかで若々しい印象のかんざしです。中央「黒地に小花のワイヤーアートの洋風かんざし」は、大人気のワイヤーアートです。黒や白が中心となっていますので、黒留袖にもすんなりとなじむでしょう。右端「金色の葉っぱに真珠や宝石デザインのかんざし」は、パールや宝石を模した細工物が取り付けられています。水面を表現するかのような、さわやかな印象の髪飾りです。

\プロの助言で理想の黒留袖に出会える。安心のサポートで最高の一日を!/

ゆめや公式LINEはこちら
ゆめや公式無料お問い合わせフォームはこちら

【必見】ショートとボブ|選ぶメリットと簡単スタイリング術

ショートの髪型の特徴とおすすめポイント

ショートとは、髪の長さが耳や襟足あたりまでの短めのヘアスタイルを指します。留袖という格式のある着物をまとう際に、このショートヘアが持つすっきりとした印象は、意外と留袖との相性がいいのです。

ショートヘアの特徴は、顔周りをすっきりと見せることができる点です。留袖の豪華な柄や色とのバランスが取れ、顔立ちが際立つ効果が期待できます。またショートヘアはちょっとしたアレンジで雰囲気が大きく変わる髪型でもあります。例えば少しカールをつけたり、ピンで留めたりするだけで、留袖にふさわしい上品な雰囲気を演出することができます。

ショートヘアは美容室でのセットが比較的短時間で完了し、維持も楽なのが特長です。ヘアアセットにかける時間が短いため、和装の着付けやメイクに集中することができます。

ボブの髪型の特徴と結婚式でのイメージ

次にボブヘア。ボブは髪の長さが顎から肩あたりまでの髪型を指します。ショートに比べて少し長めの髪で、その長さが持つ柔らかさと女性らしさが、留袖との相性を良くしています。

ボブの髪型は、留袖の美しさを引き立てることができるのが魅力。特に結婚式に出席する際は、ボブは華やかな髪飾りを取り入れやすく、アレンジも楽しめます。毛先をカールさせることで、さらに柔らかく上品な雰囲気を持たせることもできます。

ボブのもう一つの特徴は、異なる長さの層を持つことで、ボリュームや動きを出すことが容易であること。留袖という重厚感のある衣装とも、バランスの良い組み合わせを楽しむことができます。

軽やかで動きのあるヘアスタイルになさるなら、黒留袖もにぎやかなものが似合いそうです。ゆめやの黒留袖から「にぎやかな御所人形の黒留袖」をおすすめしましょう。金色の紙吹雪の下で舞い踊る宴が催され、御所人形・扇・小さな鯛・梅が描かれています。格式高い手描き友禅の五つ紋付黒留袖で、お祝いの気持ちを着物全体で表した一着です。これだけ軽やかでにぎやかな絵柄でありながらも、しっかりとした品格が備わっているのは、上質な正絹であることはもちろん、熟練の職人が、織りから絵付け、仕立てまで、一貫して手掛けたアンティークだからこそです。しっとりと吸い付くようなこの肌触りに、ぜひ、触れてみてください。

どちらを選ぶかの基本ルール

それでは、ショートとボブのどちらを選ぶべきかの基本ルールについて考えてみましょう。

留袖との組み合わせを考える際に、最も大切なのはご自身との相性を忘れないこと。ショートやボブ、どちらも留袖との相性は大変良いのですが、自分の顔立ちや雰囲気、好みに合わせて選ぶことがポイントとなります。

また結婚式や和装を着る場面の内容や場所によっても、選ぶべき髪型は変わってきます。例えばフォーマルな場所や格式の高い式典に出席する際は、上品で落ち着いたヘアスタイルを選ぶことがおすすめ。逆に少しカジュアルな雰囲気の場所や、親しい人々との集まりの際は、自分らしいアレンジや髪飾りを取り入れることで、より一層留袖との組み合わせを楽しむことができるでしょう。

ショートやボブを選ぶ際には、事前に美容室でのカウンセリングを利用なさることをおすすめします。美容師のプロの目線とアドバイスが、留袖との最も美しい組み合わせを見つける手助けとなります。

ショートとボブ、どちらが留袖に合うのかを詳しく考察してきました。どちらも留袖との組み合わせは素晴らしいものですが、最終的にはご自身や場面との相性を最優先に考え、最適な選択をすることが大切です。

\プロの助言で理想の黒留袖に出会える。安心のサポートで最高の一日を!/

ゆめや公式LINEはこちら
ゆめや公式無料お問い合わせフォームはこちら

黒留袖に合わせる髪型は?着物専門家のおすすめトップ3

女性の和装の中で最高の格式を持つ黒留袖。ここでは、黒留袖に似合う注目のヘアスタイルをランキング形式で紹介していきます。

1位から3位までの注目ヘアスタイル

1. シニヨンスタイル

黒留袖に最もマッチするヘアスタイルといえば、シニヨン。この髪型は、髪の毛を低い位置でまとめ、きれいな丸みを持った形状にするスタイルです。特に40代、50代の大人の女性には、格式ある場にふさわしい落ち着きのあるスタイルとして多くの方から支持を得ています。前髪をすっきりと上げることで顔のラインが引き締まり、一層留袖の美しさが引き立ちます。

2. ロングヘアのカールアレンジ

ややカジュアルなアレンジになりがちなロングヘアも、黒留袖にふさわしいアレンジをすることで、上品に見せることができます。特に、髪の先端部分をソフトにカールさせ、ピンでとめてボリュームを出すと、女性らしい柔らかさが出るとともに、留袖との相性も抜群です。前髪は柔らかくサイドに流すことで、顔まわりにも自然なふんわり感が生まれます。

3. ボブのアップスタイル

短めのヘアスタイルであるボブでも、アップスタイルにすることで留袖とのコーディネートが楽しめます。特に襟足の毛をしっかりとアップにすることで、和装の魅力を最大限に引き出すことができます。さらに髪飾りや前髪のアレンジによって、異なる雰囲気を楽しむこともできます。

アップスタイルになさるなら、ぜひ、かんざしもご検討くださいね。左端「べっ甲に牡丹とトルコ石のバチ型かんざし」は、べっ甲調のバチ型に白い牡丹の花が手描きされたかんざしです。花芯の青いトルコ石が印象的です。中央「椿と鉄線のトップが丸いバチ型かんざし」は、珍しく丸いフォルムのバチ型かんざしです。柔らかい雰囲気を出したいお母さまに最適でしょう。右端「べっ甲に菊の手彫りと金塗りの櫛型かんざし」は、本べっ甲です。縁には菊の花が手彫りされ、金の塗りがほどこされています。貫禄がありますね。かんざしをさりげなく挿したい方におすすめです。いずれのかんざしも、ヘアセットの前に美容師さんにご覧いただいて、ヘアスタイルの相談をなさってくださいね。

\最高の一日に最高の黒留袖を。豊富な品揃えから運命の一着が必ず見つかる!/

ゆめや公式LINEはこちら
ゆめや公式無料お問い合わせフォームはこちら

【重要】髪型以外で気をつけるべきポイント3選

留袖を着る際は、髪型だけでなく他の要素にも注意を払うことが求められます。髪型と同じくらい重要なのが、メイクやネイル、着物の着方やマナー、そして振る舞い方です。ここではこれらのポイントを詳しく紹介していきます。

メイクやネイルの注意点

着物の美しさを引き立てるためのメイクやネイルは、結婚式の雰囲気や留袖の色柄に合わせることが大切です。

まずメイクについてですが、留袖を着るときのメイクは派手すぎず、控えめながらも上品に仕上げることがポイントです。眼や口元を強調しすぎるのではなく、全体的に均一なトーンで統一感を持たせることがおすすめ。また、顔の色と留袖の色とのバランスも大切。黒留袖の場合は、少し明るめのファンデーションを選ぶと、顔色が明るく見える効果が期待できます。

次にネイルですが、派手なカラーやデザインは避け、シンプルで落ち着いた色合いを選ぶのがベスト。パールやベージュなどのヌーディカラーが特におすすめです。また、長さにも注意が必要。過度に長いネイルは和装の風情に合わない可能性がありますので、適度な長さに整えることを心掛けましょう。

着物の着方やマナー、お母さまとしてのポイント

留袖の着方には特有のマナーがあります。結婚式にお母さまとして参列する場合は、どのようなポイントに気を付ければいいのでしょうか。

まずは、留袖を正しく着ること。これは基本中の基本ですが、留袖の着方には独特の手順がありますので、事前に美容室や専門の着付け教室でしっかりと練習をしておきたいものです。また留袖の帯の結び方や小物の選び方も、結婚式の雰囲気や留袖のデザインに合わせて選ぶことが大切です。

お母さまとしては、自分のスタイルやアレンジを楽しむ前に、まずは花嫁を最も美しく見せることを優先させる心構えが大切。主役は花嫁ですので、自分のスタイルを主張するのではなく、控えめながらも上品なスタイルを心がけるといいでしょう。

ゲストとしてのマナーと注意

結婚式に参列するゲストとしてのマナーも大切です。ゲストも一つ紋・三つ紋の色留袖を着用することは可能ですが、​​どれだけ美しい留袖を着ていてもマナーを守れていないと、せっかくの美しい装いが台無しになってしまいます。

まず、結婚式の場所や時間、花嫁の希望に合わせて、適切な装いやアクセサリーを選ぶことが大切。また結婚式の進行に従い、適切なタイミングでの拍手や、静かに式の進行を見守る姿勢も求められます。

他のゲストや親族とのコミュニケーションも大切です。適切なあいさつや感謝の気持ちを忘れずに、心からの祝福の言葉を伝えることで結婚式をより一層温かいものにすることができます。

親族さまは、一つ紋や三つ紋でしたら問題無く着用いただけます。ゲストさまは、ご両家にご相談の上とはなりますが、ご着用いただけることが多いでしょう。ゆめやの留袖から「スイートグレー地に鳳凰や橘の一つ紋付色留袖」をご紹介しておきますね。

地紋様が花菱で、家紋も丸に花菱という、たいへんぜいたくなこだわりの着物です。幅広の横ラインの中に、手描き・手刺繍・金駒刺繍で鳳凰・オシドリ・橘などが描かれています。縁の白い花唐草が、まるでレースのようで上品ですね。金泥も豪華ですよ。お孫さま、甥御さま、銘後さまの結婚式や、職場の後輩さまの結婚式にふさわしい着物です。

結婚式は花嫁にとって一生に一度の大切な日。留袖を着る際には、髪型だけでなく、メイクやネイル、着物の着方やマナーにも気をつけて、最高の一日を演出しましょう。

\プロの助言で理想の黒留袖に出会える。安心のサポートで最高の一日を!/

ゆめや公式LINEはこちら
ゆめや公式無料お問い合わせフォームはこちら

ショートとボブならコレ!留袖に合う簡単ヘアアレンジと前髪選び

留袖に映えるヘアスタイルを選び、アレンジすることで、一段と華やかな装いを完成させることができます。ここでは、留袖にふさわしい髪型の選び方やアレンジ方法を紹介します。

ショートやボブの基本的なアレンジ

ショートやボブの髪型は清潔感があり、すっきりとした印象を与えます。ですが、この髪型で留袖を着るときには、少しのアレンジが必要となります。

まず、ショートヘアは襟足の部分をすっきりとまとめることがポイント。カールをつけてボリュームを出すか、ピンで留めることで和装に合わせやすくします。またボブの場合は、少しのウェーブをつけるだけで留袖との相性がぐっと良くなります。髪飾りで華やかさをプラスするのもおすすめ。シンプルなピンやパールのアクセサリーを使用することで、よりフォーマルな雰囲気を演出できるでしょう。

美容室でのセットはもちろん、自分で手軽にアレンジする方法も多いので、気軽に挑戦してみるのもいいですね。美容雑誌や記事を参考に、新しいアレンジ方法を探すのも楽しいものです。

留袖に似合う前髪の選び方

前髪は、顔の印象を大きく変える要素の一つ。留袖を着る際には、それに合った前髪の選択が大切です。

留袖を着る場合は、前髪はすっきりとアップスタイルにするか、揃えて流すのが一般的。アップにすると大人らしい雰囲気に、流すと若々しさが出ます。

留袖とのバランスも考慮しながら、自分の顔の形や特徴に合った前髪を選びましょう。また、親族からのアドバイスも参考にするとよいでしょう。

留袖に合わせる時のヘアアレンジテクニック

留袖にはどのようなヘアアレンジが良いのか、それは結婚式の場やテーマにもよりますが、いくつかの基本的なテクニックを押さえておくと、より美しい髪型を完成させることができるでしょう。

留袖はフォーマルな着物なので、ヘアアレンジも落ち着いたものを選びましょう。ロングヘアの場合は、シニヨンや夜会巻きなどのアップスタイルが特におすすめ。留袖の美しさを引き立て、一段と華やかな雰囲気を作り出します。

次に、髪飾りやアクセサリーの選び方。シンプルな留袖には少し大ぶりなかんざしやピンを選ぶことで、全体のバランスを取ることができます。一方派手なデザインの留袖の場合は、控えめな髪飾りを選ぶことで、上品な印象をキープできるでしょう。

留袖を着るときのヘアアレンジは、多少の手間をかけるだけで一段と美しさを演出することができます。留袖のデザインも考慮しながら、最適なヘアスタイルを見つけてくださいね。

\最高の一日に最高の黒留袖を。豊富な品揃えから運命の一着が必ず見つかる!/

ゆめや公式LINEはこちら
ゆめや公式無料お問い合わせフォームはこちら

まとめ

留袖に合わせる髪型の選び方のポイント

留袖といえば、日本の伝統的な装いの中でもとりわけ格式のあるものですね。この美しい着物をより引き立てるためには、合わせるヘアスタイルも重要です。今回の記事で、さまざまなヘアスタイルやアレンジのテクニックを紹介してきました。最後に、留袖に合わせる髪型の選び方のポイントをおさらいしてみましょう。

まず、留袖を着る場面として結婚式が多いですが、特に親族として参列する際や50代、40代の大人の女性には、シニヨンや夜会巻きのようなアップスタイルがおすすめです。アップスタイルはフォーマルな場でのマナーとしても適していて、風になびくことなく、しっかりと髪をまとめられるのが特長です。

次に前髪の選び方。前髪はすっきりとアップスタイルにするか、揃えて流すのが一般的です。留袖の美しさとともに、自分の魅力も引き立てることができます。

ショートやボブ、ミディアムなど髪の長さによってもアレンジの仕方が異なります。どの長さであっても、髪飾りを使用して、華やかな雰囲気を出すことが可能です。特にシンプルなパールのヘアピンや和装に合わせた花の飾りは、留袖の格式をさらに高めるアイテムとして人気です。

髪色やボリューム感も大切。留袖を着る場では、髪の色はあまり派手にしないように注意が必要です。伝統的な雰囲気を出すため、黒や深い茶色などの自然な色合いを選ぶのがおすすめ。適度なカールを利用してボリュームを出すことで、より上品な印象を持たせることもできます。

読者のあなたにおすすめのヘアスタイルは?

留袖に合わせるヘアスタイルのポイントをおさらいしたところで、どのヘアスタイルが自分に合っているのか、迷っている方も多いのではないでしょうか。自分の髪の長さや顔の形、留袖のデザインや色との相性を考慮しながら、選択することが大切です。

ショートやボブの方は、トップのボリュームを出すことや、少しカールを加えることで、華やかさをプラスすることができます。シニヨンのようなアップスタイルや、夜会巻きは、ロングやミディアムの方に特におすすめ。アレンジの幅が広いので、留袖に合わせていろいろと楽しむことができるでしょう。

留袖を着る機会は特別なもの。だからこそ、普段とは違う髪型に挑戦する楽しさもあるかもしれませんね。美容室でのカウンセリングを活用し、専門家の意見を取り入れつつ、最も自分に似合うスタイルを探すのがおすすめです。

以上、留袖に合わせるヘアスタイルの選び方からおすすめのアレンジまでをまとめました。この記事が、留袖をより美しく、そして自分らしく着こなす参考になれば幸いです。

\プロの助言で理想の黒留袖に出会える。安心のサポートで最高の一日を!/

ゆめや公式LINEはこちら
ゆめや公式無料お問い合わせフォームはこちら

〈参考記事〉

https://kashikimono.com/content/tomesodehairmake
https://wed-junbi.com/article/2022329-697/
https://www.niwaka.com/ksm/radio/wedding/clothes/kimono/04/
https://www.hareginomarusho.co.jp/contents/tomesode/1458/
https://kyotokimono-rental.com/kurotomesode-column/kurotomesode-hairstyle.html

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

黒地に雪輪、菊、松、橘の総絞り色振袖【fui102】

【成人式】黒の絞り振袖の魅力に迫る|着物レンタルのすすめ

成人式は一生に一度の大切なイベントです。その特別な日に着る振袖は、女性にとってとても重要な選択です。 成人式にふさわしい振袖を選ぶ際、「絞り」の技術は特別な魅力を持っています。中でも「黒の絞り」が施された振袖は、シックで […]

ひとつ前の記事

羽ばたく鶴が白・銀・グレーで織り出された白打掛一式【utk07】

【着物のプロが監修】結婚式で輝く!白無垢が似合う人のポイントは?

はじめに 結婚式の日に花嫁が着用する日本の伝統的な衣装、白無垢。その純白の衣裳に身を包んだ瞬間、一人の花嫁としての気高さや特別な気持ちを強く感じるものです。結婚式の前撮りで初めて白無垢を着たときの感動は、言葉にできないほ […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!