卒業式イメージ

【プロが監修】小学校の卒業式、後悔しない袴選びのポイントと注意点

はじめに

卒業式、それは学生生活の最後を飾る大切なイベントです。多くの女の子にとって、この機会に袴を着るのが夢であり、最近ではその夢をかなえるために袴のレンタルが増えています。しかし、何を着るか、どう着付けるか、実際のところどんな準備が必要なのか、親子で思い悩むことも多いでしょう。そこでこの記事では、袴のレンタルから着付け方、人気のスタイルまで、小学校卒業式における袴の気になる疑問を解説します。

袴は、卒業式や成人式など、華やかな場でよく着用されます。小学生の女の子にとって、袴を着る卒業式は、大人っぽさとかわいらしさを感じる特別な時期です。男の子も最近では袴を着ることが増えており、同じ学校の友達と一緒に袴を着て写真撮影を楽しむ姿が見られます。

最初に悩まれるのは、袴をレンタルにするか、購入するかではないでしょうか。多くの親御さまは、お子さまが成長すると、何度も着ることはないと考え、レンタルを選びます。一生に一度の小学校の卒業式、自分たちで選んだ袴を着せたいという思いもあるでしょう。その場合は、時間をかけてお店を探し、お子さまの好きな色や柄を選ぶ楽しみもあります。

次に気になるのは、着付けの方法です。卒業式当日は忙しい時間が流れます。女子の髪型や小物と一緒に、袴の着付けもきちんと練習しておかないと、後悔するでしょう。また、男の子もスーツとは違い、和装は着崩れしやすいので注意が必要です。そのため、事前に袴の着付けに慣れておくことも重要なポイントです。

そういったさまざまな疑問や不安を解消するために、以下の内容をわかりやすく紹介します。

  1. 袴の選び方と人気のタイプ: どういう色や柄が良いのか、お子さまの個性に合う袴の選び方を詳しく解説します。
  2. 着付けのコツと準備: 着付けのコツや、当日に準備する物など、必要な情報を一覧で紹介します。
  3. 卒業式のマナーやルール: トイレはどうするのか、撮影はどこで行うのかなど、親子で確認しておきたい情報も盛り込んでいます。

卒業式で袴を着る際の不安や疑問を解消し、すてきな思い出作りをお手伝いします。袴に関連する最新情報や2024年のトレンドもしっかり取り入れた、おすすめの記事となっております。せっかくの卒業式、後悔しないようにしっかりと準備し、お子さまたちにとって一生の思い出に残る素晴らしい日となるよう、参考にしていただけるとうれしいです。

卒業式に袴を着る際の注意点や、どういう着付け方が良いのか、それぞれの学校や地域のルールに合った方法を、きちんと検討し、事前に確認しておくことが大切です。袴の着付けを練習するなど、当日は慌ただしくならないよう、計画を立てて、余裕を持って卒業式を迎えましょう。

人気のある袴のレンタル店では早い時期に予約が入れられる場合もあるので、予約する際のタイミングやどのようなお店を選ぶかなども、しっかりと検討し、情報を収集しておくことが必要です。そのため、インターネットでの検索や友人・知人からの情報収集、お店への直接の問い合わせなど、多岐にわたる方法で情報を得ることをおすすめします。

また、最近では男の子も袴を着る傾向が増えており、着付け方法や、男の子向けのすてきな袴の選び方などについてもこの記事で紹介します。

小学校卒業はお子さまにとって一つの節目であり、親御さんにとっても大切なイベントです。卒業式での袴姿は、その大切な瞬間をさらに華やかにし、一生の思い出に残るでしょう。この記事で紹介している袴の選び方や着付け方、卒業式でのマナーやルールが、お子さまのすてきな卒業式の一助となれば幸いです。最後になりましたが、全ての卒業生とご家族の方々が、素晴らしい卒業式を迎えられることを願っております。

袴の選び方と人気のタイプ

どう選ぶ?袴の基本的な選び方

卒業式に着用する袴の選び方は、大事なポイントです。特に、最近では女の子だけでなく、小学生や中学校の卒業生たちの中にも男の子の袴の着用が増えています。そこで、どういう袴を選べばいいのか、どのように選ぶべきなのか、以下の方法が参考になるでしょう。

  • お子さまの体型と合う袴の選び方: 身長やサイズに合った袴を選ぶことは非常に重要です。店舗での採寸や、事前の相談がおすすめです。
  • 色と柄の選び方: お子さまの好きな色、学校の制服との相性などを考えて、色と柄を選びましょう。
  • レンタルか購入かの選択: 袴は一度しか着ない場合も多いので、レンタルする方が経済的かもしれません。しかし、記念に残したい場合は購入という選択肢もあります。
  • 試着して確認する: 実際に袴を着てみて、動きやすさ、着崩れしないかなどを確認しましょう。特に、お子さまの場合、違うサイズのものを選んでしまう可能性もあるので注意が必要です。
  • 地域の店舗を利用する: 地域の店舗であれば、問い合わせやサイズの直しなど、細かい対応が可能です。最近のトレンドや人気の袴も教えてくれるでしょう。

袴の選び方は、すてきな卒業式を迎えるためにはとても重要です。親子で一緒に選ぶ楽しみもありますので、じっくりと時間をかけて選びましょう。

アンティークきものゆめやおすすめの小学生向きの袴をご紹介しましょう。

左端「椿色に梅や菊、牡丹の小振袖」あどけなさが残る小学校の卒業式にふさわしい可愛らしいピンクの着物に紫色の袴のコーディネートです。中央「橙色に菊と破れ立涌の小振袖」小柄なお子さまでも縦の流れる柄でスラリと見えるラインです。右端「赤い総絞りの菊の花に金駒刺繍の訪問着」総絞りの高級な絞りをレンタルだからこそ体験できる上質な着物です。

150cm以下の身長でもおしゃれに着こなすコツ

150cm以下の身長でも、袴をおしゃれに着こなすことは十分可能です。以下を参考にして、子どもに合った袴を選びましょう。

  • サイズの選び方: 身長が低い方は、特に袴のサイズ選びが大切です。店舗で実際に採寸してもらうか、自宅でしっかりと測ることをおすすめします。レンタルの際も、サイズの問い合わせを忘れないようにしましょう。
  • 柄と色の選び方: 小さめの柄や落ち着いた色合いを選ぶと、身長が低くてもバランスの取れたコーディネートが可能です。親子で相談したり、友人の意見も参考にすると良いでしょう。
  • 着付けの工夫: 袴の着付けに慣れていない場合、練習が必要かもしれません。少し時間をかけて練習し、当日に備えましょう。また、着付けのプロに依頼するのも一つの方法です。
  • 合わせる小物の選び方: 袴全体のスタイルを高めるために、小物の選び方も重要です。足元は履きやすい草履やブーツを選び、帯や髪型も全体のバランスを考えて選ぶと、よりおしゃれに見えるでしょう。
  • 他の子とのコーディネート: お友達と一緒に袴を選ぶのも楽しいものです。同じ学校の卒業生と一緒に、袴の色や柄を合わせるのもすてきな思い出になります。

150cm以下の身長でも、袴は十分におしゃれに着こなせるアイテムです。お子さまに合った袴を選び、卒業式を華やかに彩りましょう。最近では、多くの選択肢がありますので、じっくりと選ぶ時間を楽しんでください。

袴の選び方には、お子さまの体型や好み、卒業式の雰囲気など、多くのポイントがあります。人気の色とブランドを参考にしたり、お子さまの身長に合った袴の選び方を工夫したりすることで、卒業式をより特別なものにできます。最後の小学校生活のイベントを、すてきな袴で彩り、美しい思い出を作りましょう。

ここで、150cm以下のお子さまにおすすめの袴コーディネートをご紹介しましょう。

左端「グリーンの鹿の子柄に扇面が膨れ織りされた小紋」キリッとした濃いめのグリーンに明るい金茶の袴をああせたコーディネート。赤やピンクが苦手なお子さまにもおすすめのシックな組み合わせです。中央「珊瑚色に花々が染められた小紋」お子さまらしい可愛い組み合わせです。小学校の卒業式だから着れる可愛らしさです。右端「黒地に味わいのある丸と花のお召し」大人っぽい雰囲気に憧れる小学生もいらっしゃるのではないでしょうか?落ち着いた黒の着物にオフホワイトを合わせると可愛らしい雰囲気に。

他にも小学生向きの卒業式の袴を多数掲載しています。お子さまと一緒にご覧ください。

袴の着付けと着こなしのコツ

卒業式は小学校生活の節目となる大切な日です。袴姿の自分を良く見せるためには着付けと着こなしのコツが求められます。袴の選び方、着付け方、そして、撮影の際のポーズなど、本記事ではそのすべてを紹介します。

袴の着付け方の基本

袴を着る際には、着付けの基本を理解することが大事です。以下は、袴の着付け方の基本を解説します。

  1. 下準備: 袴の付属品などを事前に用意し、着物、袴、帯、足袋など着付けに必要なものがちゃんと揃っているか確認しましょう。
  2. 着物の着付け: 着物の着方は着物専門のお店で教えてもらうか、専門の教材を参考にして自分で練習しましょう。何回か練習を重ねれば、着付けにも慣れてきます。
  3. 袴の着方: 袴の着方は、まず前側を合わせてから後ろ側を合わせるのが一般的です。帯でしっかりと固定し、袴が下がらないように注意しましょう。
  4. 小物の選び方: 袴に合う帯や足袋などの小物選びも重要です。かわいいデザインのものやお子さまの好きな柄を選ぶのがおすすめです。
  5. 最終確認: 全体のバランスや着崩れなどを見て、きちんと着れているか最後にチェックしましょう。

ここでは、ゆめやおすすめの小学生向けの袴コーディネートに欠かせない小物をご紹介しましょう。

左端「白黒市松の梅と手毬のつまみ細工に白い造花のかんざし」中央「黒白の土台に黒い鼻緒と赤い椿の草履」袴姿には可愛らしい草履やブーツがおすすめです。草履を履き慣れていないお子さまにも安心できる履きやすいものを選びましょう。右端「乳白色に赤い椿のビーズバッグ」袴用のバックは巾着やアンティークビーズバックがおすすめです。袴はアンティークな雰囲気もありますので、レトロなバックと相性がいいです。

一番選ばれる着こなしのスタイル

卒業式に選ばれる袴で人気のスタイルは、かわいい系、クラシック系、おしゃれ系など、さまざまです。

  • かわいい系: ピンクや花柄などの袴を選び、帯や小物も合わせると、女の子らしいかわいい着こなしになります。
  • クラシック系: 深い色合いや伝統的な柄の袴で、落ち着いた雰囲気を演出します。格式のある卒業式にふさわしい、大人っぽいスタイルです。
  • おしゃれ系: 最近のトレンドを取り入れた袴や、個性的な配色などで、自分だけのオリジナルスタイルを楽しむことができます。

袴のレンタル店では色や柄など選択肢がたくさんありますので、自分に合ったスタイルを見つける楽しみもあります。人気のお店では予約が取りにくいこともあるので、早めに行くことをおすすめします。

撮影のときのポーズとおすすめのカメラアングル

卒業式の袴姿は、一生の思い出になりますよね。撮影のときのポーズやカメラアングルも工夫して、すてきな写真を残しましょう。

  • ポーズ: 袴の美しいラインを強調するため、体のラインを美しく見せるポーズがおすすめです。立った姿や座った姿など、さまざまな角度から撮影しましょう。
  • カメラアングル: 袴の全体が見えるように、少し下から撮影すると、袴の美しさが引き立ちます。また、上り階段や下り階段などの特別な場所で撮影すると、より一層華やかな印象になります。
  • 背景の選び方: 学校の建物を背景に友達と一緒に撮影するなど、卒業式の雰囲気を感じさせる背景を選ぶと、写真が一層引き立ちます。

以上、袴の着付け方の基本から、一番選ばれる着こなしのスタイル、撮影のときのポーズとおすすめのカメラアングルなど、卒業式の袴に関連する情報をご紹介しました。この情報を参考に、素晴らしい卒業式を迎える準備をしていただければ幸いです。特別な日を、袴姿でより華やかに、そして楽しく過ごしていただけることを願っています。

袴のレンタルと購入における注意点

袴のレンタルサービスの選び方

小学校の卒業式は、お子さまにとって最初の大事な節目です。特に女の子にとって、かわいい袴を着ることが夢と言ってもいいでしょう。最近では、袴のレンタルサービスが多く存在しており、どこを選んでいいか迷われている方も多いと思います。ここでは袴のレンタルサービスの選び方について、2024年にむけた最新情報をもとに詳しく紹介します。

まず最初に、袴のサイズ選びが重要です。お子さまのサイズに合わない袴を選んでしまうと、着崩れやトイレの際に困る可能性があるため、事前にしっかりと採寸してください。小学生は成長が早いので、予約時にサイズを確認し、必要であれば店舗での採寸をおすすめします。

次に、料金と利用規約のチェックを忘れずに行いましょう。レンタル料金は店舗や地域によって大きく異なります。リーズナブルなお店を探すことも重要ですが、予約のキャンセル料や、着用後のクリーニング費用などの隠れた費用もしっかりと確認することが大切です。

セット内容の確認も欠かせません。袴だけでなく、着物、帯、小物など、必要なアイテムがセットで揃っているかを事前にチェックしておきましょう。特に、着付けが初めての方や小学生の親御さんにとっては、セットで全て揃っている方が安心です。

また、2024年の最新トレンドを取り入れたい方は、袴の人気ランキングをチェックすることもおすすめです。最近の袴は、色や柄がたくさんあり、好きなスタイルを選べるようになっています。

最後に、予約時期と取り扱い店舗の選び方についてご紹介します。卒業式の時期になると、人気の袴はすぐに予約で埋まってしまうことが多いので、早めの予約を心がけましょう。地域によっては、少ない店舗しか取り扱っていないこともあるため、早めの予約と問い合わせが重要です。

袴のレンタルは、卒業式を華やかに彩る大切な要素です。サイズ感、料金、セット内容、予約時期など、注意点は多いですが、しっかりと準備して、すてきな卒業式を迎えましょう。以上、袴のレンタルサービスの選び方でした。

袴をご自宅で下見していただけるプランもご用意しております。お子さまとゆっくり試着していただくと安心です。

購入の際の注意点とおすすめのモデル

袴をレンタルではなく、購入する方も少なくありません。購入する際の注意点と、2024年のおすすめのモデルについて、ここで紹介します。

袴の購入を検討する際、まず重要なのは予算の設定です。袴の価格は、ブランドや素材、デザインによって大きく異なります。しかし、一度きりの使用なら、予算を抑えた選択も考えるべきです。

次に、袴を購入するタイミングも考慮するポイントです。卒業式の時期に合わせて早めに購入すると、サイズの直しや柄の選び直しなど、余裕を持って対応できるでしょう。

さらに、子どもの意見の参考も大事です。特に女の子は、自分の好きな色やデザインにこだわることが多いので、一緒に選ぶ楽しみを共有するのも良い思い出になります。

購入する袴のサイズ選びも、レンタルと同じく非常に重要です。特にお子さまは成長が早いため、卒業式の数カ月前にサイズを確認し、必要であれば専門店での採寸をおすすめします。また、袴の着付けは練習が必要な場合も多いので、早めに購入して練習の時間を確保すると良いでしょう。

最後に、袴の購入に際して、オンラインショップや地域の店舗の比較も欠かせません。オンラインでは豊富な種類から選ぶことができる一方、地域の店舗では実際に試着して購入することができるというメリットがあります。どちらにも一長一短があるため、自分のニーズに合った方法で購入するようにしましょう。

2024年の卒業式に向けて、袴の購入を検討されている方も多いと思います。上記の注意点を押さえ、子どもの好みに合ったすてきな袴を見つけて、卒業式をより特別なものにしましょう。以上、袴の購入の際の注意点とおすすめのモデルについての記事でした。

袴をレンタルするか購入するかは、卒業式の準備における重要なポイントです。サイズ選び、料金、デザイン、予約または購入時期など、多くの点で注意が必要ですが、いずれにしてもしっかりと計画を立てれば、すてきな卒業式を迎えることができます。最新のトレンドやお子さまの好みに合った袴を選んで、2024年の卒業式を華やかに彩りましょう。

2024年の卒業式トレンドと最新情報

2024年の卒業式での人気のカラーとデザイン

2024年の卒業式では、袴のカラーとデザインが注目されるポイントです。最近では、多くの小学校、中学校、高校、大学の卒業生やその親御さんが袴をレンタルする際に、自分に合った色やデザインを真剣に探し求めています。女の子に特に人気のある色として、落ち着いたピンクやかわいい水色などが挙げられます。

最近では、地域の工房で手作りされた袴も人気で、自分の好きな柄や色を選ぶことができるため、女の子には特におすすめです。男の子には簡易に着れるの袴も人気で、着付けがしやすく、着崩れの心配も少ないため、親御さんにも安心されています。袴のセットには、和装の小物も含まれることが多く、親子で一緒に楽しみながら選ぶのが最近のトレンドです。

写真撮影も卒業式の大事な一部で、色や柄が自分の肌色や髪型と合うか、友達と一緒にどんなイメージにするかなどを考えるのも楽しいですよね。2024年のトレンドとしては、自然な色合いとシンプルな柄が人気で、小学生から大学生まで、幅広い年齢層に選ばれています。その際、袴の色と合わせて、髪飾りや帯などの小物もきちんと選ぶことがおしゃれのポイントです。

実際に袴を着る前に、何度も練習しておくことが重要です。特に女の子は細かい部分に気を付けて、すてきな着こなしを心掛けている人がたくさんいます。時間をかけて、ご家族やご友人と一緒に練習するのも卒業の思い出になりますし、当日は落ち着いて卒業式に臨めるでしょう。

卒業式の袴選びで後悔しないために、レンタルにしても購入するにしても早めにお店に予約して、お子さまに合うサイズやデザインを確認することが必要です。近くのお店で試着してから決める方法や、ネットで豊富な種類から選ぶ方法などがあるため、お子さまのスタイルや好みに合った袴を選ぶ時間を十分に取っておきましょう。

2024年の卒業式では、お子さまの好みに合ったカラーとデザインを探し求める動きが多く、豊富な種類の中からかわいくて、すてきな袴を選ぶ楽しみが増えていると言えるでしょう。

袴を着る際のよくある疑問と後悔しない選び方

小学校の卒業式は、子どもたちにとって一生に一度の大切な節目です。中でも袴の着用は、小学生にとって特別な思い出となります。袴を着る際のよくある疑問と、後悔しないための袴選びのポイントを紹介します。

小学生におすすめの袴スタイル

小学生が卒業式に着る袴の選び方は、大人とは異なる点が多くあります。お子さまらしいかわいいスタイルから、ちょっと大人びた華やかなスタイルまで、小学生にはさまざまなタイプの袴が用意されています。

  • 女の子向け: やはり女の子に人気なのは、かわいい花柄や色鮮やかな袴です。特にピンクや赤系の色は、小学生の女の子には喜ばれます。髪型にはリボンや花をあしらったヘアアクセサリーを合わせると、より一層かわいらしい印象になるでしょう。
  • 男の子向け: 男の子の場合、派手すぎずに落ち着いた色合いの袴がおすすめです。青や緑、黒などの色は、小学生の男の子にも似合うでしょう。刺繍などの装飾も少ないシンプルなデザインが人気です。
  • 地域や学校の特色を生かしたスタイル: 地域や学校によっては、特定の色や柄の袴を推奨している場合もあります。学校の先生や友達の親御さんたちと相談しながら、親子で自分たちに合ったスタイルを選ぶのがおすすめです。
  • レンタルか購入か: 最近ではレンタルが一般的になり、多くの選択肢が増えました。しかし、お子さまだけのオリジナルを残したい場合には購入も検討してください。

小学生の袴選びには、お子さまの好みや学校のルール、地域のの風習など、多くの要素が絡み合います。着る際の体型や色の好みなども考慮しながら、親子で一緒に袴を選ぶ時間を楽しんでみてください。

後悔しないための袴選びの3つのポイント

袴選びで失敗しないため、後悔しないための3つのポイントを紹介します。

  1. 早めの準備: 卒業式の袴は、早い時期から予約が始まります。サイズや柄、色などの選択肢を多く持つためには、早めの準備が大切です。予約がいっぱいになることもあるので、気に入ったものを見つけたらすぐに確認と予約をしましょう。
  2. 正確なサイズ選び: 袴のサイズ選びは非常に重要です。小学生の場合、成長が早いので、卒業式の数カ月前には再度サイズを確認することをおすすめします。練習で何度か着る時間を設け、着崩れや動きづらさがないかチェックしましょう。
  3. 子どもの意見を尊重: 最後に、袴選びはお子さま自身にとっても大切な経験になります。色や柄をお子さまに選ばせ、自分の意見を反映させることで、より卒業式を楽しむことができます。

以上、小学校の卒業式で袴を選ぶ際のおすすめのスタイルと、後悔しない選び方についての情報でした。2024年の卒業式を迎える親子にとって、すてきな卒業式を迎えられるよう心よりお祈りします。

みなさまからの声と経験談

卒業式の際に袴を着ることは、お子さまたちにとって特別な経験であり、親御さんにとっても感慨深い瞬間です。以下では、実際に袴を着た小学生と親御さんの声、そして卒業式でのエピソードを紹介します。

袴を着た小学生と親御さんからの声

小学生・女の子(12歳)
「卒業式で袴を着た時は、本当にかわいいと思いました。友達と一緒に着付けの練習をして、当日はみんなで楽しい時間を過ごしました。最初は着崩れが心配でしたが、お店でちゃんと教えてくれた方法で着ることができたので、大丈夫でした。一生の思い出になりました。」

ママ(34歳)
「娘が袴を着たいと言った時、正直どうしようか迷いました。しかし、実際にレンタル店でいろいろな袴を試着してみると、とてもすてきな姿になることが分かりました。卒業式の日の娘の満面の笑顔は、私にとっても大切な記念になりました。」

小学生・男の子(11歳)
「男の子でも袴を着るのはカッコいいと思います。学校の先生や友達からも「すてきだね!」って言われました。和装は初めてだったけど、着付けも意外と簡単でした。後悔しない選び方をしたと思います。」

パパ(36歳)
「息子が袴を着ると言った時は最初心配しましたが、着せてみると格好良くて驚きました。撮影した写真は家族みんなにとっても思い出の一枚です。」

このように、袴を着る経験はお子さまたちにとって特別なものであり、親御さんにとってもうれしい瞬間ですよね。レンタルの手続きや着付けの練習、式当日の準備など、多少の手間はかかりますが、その価値は十分にあると言えるでしょう。

卒業式で袴を着たときのエピソード一覧

以下、卒業式で袴を着た際のエピソードをいくつか紹介します。

  • 撮影の楽しみ: 袴を着たお子さまたちの写真撮影は、親御さんにとっても楽しい時間です。かわいい娘や格好いい息子の姿を残しておくことで、後で見返すたびにその時の感動を思い出すことができます。
  • 友達と共有: 卒業式では、同じように袴を着たお友達と一緒に過ごします。お互いの袴の色や柄を比べたり、どんな髪型が合うか相談したりすることで、友情がますます深まるでしょう。
  • 家族の支え: 袴のレンタルや着付けは、多くの場合親御さんがサポートします。この過程で、お子さまと一緒に時間を過ごし、共感を深めることができます。
  • 地域の文化: 地域によっては、卒業式で袴を着ることが伝統になっている場所もあります。そういった地域では、袴を着ることは地域の文化を体験する貴重な機会であり、卒業式はより特別なものになります。
  • 注意点と準備: 袴を着る際には、事前に練習が必要となります。着崩れを防ぐため、きちんとした着付け方法を覚える時間を確保することが大切です。また、袴を着てのトイレや階段の上り下りの注意点も考慮し、当日は慌てずに準備をしましょう。
  • 多様な選択肢: 最近では袴のレンタル店が増えており、色や柄、スタイルなどの選択肢が豊富です。お子さまの好みや卒業式のテーマに合わせて、最適な袴を選ぶ楽しみがあります。
  • おすすめのお店の探し方: 袴のレンタルは、近くの店舗で行うことが多いですが、ネットでの予約も増えています。お住まいの地域に近いお店を探す際には、口コミやランキング情報も参考にしましょう。多くのお店では、無料での試着や相談も行えるので、気軽に問い合わせてみるとよいですよ。
  • 親子のコミュニケーション: 袴の選び方や卒業式の準備は、親子のコミュニケーションを深める良い機会です。お子さまの意見を尊重しながら、一緒に楽しむことができるでしょう。

以上、袴を着ることによる卒業式のすてきな経験や、注意点などを一覧で紹介しました。袴を着ることは、お子さまにとって大人への一歩を象徴する特別な瞬間であり、親御さんにとってもお子さまの成長を感じられる貴重な時間です。卒業式に向けた準備や当日の様子を楽しむためにも、事前の練習や準備をしっかりと行い、最高の思い出を作りましょう。最近の袴の人気やトレンドも考慮に入れて、お子さまの個性や好みに合った袴を選ぶことで、一生の思い出に残る卒業式にすることができます。

まとめ

小学校卒業式での袴選びのポイント

小学校卒業式で袴を着る際には、さまざまなポイントを考慮する必要があります。袴は日本の伝統的な和装であり、小学校の卒業式で着ることが最近のトレンドとなっています。特に女の子に人気で、かわいいイメージが魅力的です。袴の着付けは、初めての方にとっては少し難しいことが多いため、事前の練習が欠かせません。実際に着る前に時間をかけて練習し、きちんとした着付け方法を確認しておくことで、当日の着崩れを防ぐことができます。

また、袴の色や柄の選び方も重要なポイントです。卒業式の季節に合わせ、自分の好みや友達との兼ね合いも考慮しながら選びましょう。レンタルサービスも多く、選択肢が豊富なので、ぜひ自分たちに合った袴を見つけてください。親子で一緒に選ぶことで、卒業式への期待や楽しみがどんどん膨らんでいきます。一生に一度の小学校の卒業式をすてきなものにするために、この記事で紹介したポイントを参考に、袴選びを楽しんでください。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

藍色地に絣柄の大島紬きものと羽織に縞袴【men14】

【2024年最新版】男性の袴スタイル完全ガイド!着こなしと選び方

はじめに 袴は、日本の伝統的な装いとして、現代の重要なセレモニーでも中心的な役割を果たしています。特に男性が成人式や結婚式などの節目で選ぶ衣装としては、その格式の高さと美しさが重視されています。 本記事では、袴の基本から […]

ひとつ前の記事

婚礼前撮りイメージ

【2023年最新版】結婚式の前撮りの費用っていくら? 相場ガイド

はじめに 結婚式といえば、人生で最も特別な日の一つ。その大切な日の記念に、素敵な写真を残す「前撮り」。皆さんも一度は耳にされたことがあるのではないでしょうか? 結婚式の前撮りとは何か 前撮りとは、結婚式の前に撮影する写真 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!