婚礼前撮りイメージ

【2024年最新版】結婚式の前撮りの費用っていくら? 相場ガイド

はじめに

結婚式といえば、人生で最も特別な日の一つ。その大切な日の記念に、素敵な写真を残す「前撮り」。皆さんも一度は耳にされたことがあるのではないでしょうか?

結婚式の前撮りとは何か

前撮りとは、結婚式の前に撮影する写真のことを指します。結婚式場やロケーションでの撮影、スタジオでの撮影など、さまざまなプランから選ぶことができます。

普段着ならではの自然な笑顔や、結婚式での和装・洋装のドレス姿など、カメラマンと相談しながら最良のシチュエーションで撮影を行います。アルバムやムービーの作成もあれば、撮った写真をウェディングの招待状に使うこともあります。

この前撮りは、素敵な思い出作りの一つですが、費用や料金が気になるところ。相場はどれくらいなのでしょうか? どんなアイテムが含まれるのか、準備は何が必要なのか、どのように節約できるのか…。これらの疑問を抱える方も多いのではないでしょうか。

この記事の目的:結婚式前撮りの相場と節約ポイントの紹介

この記事では、結婚式の前撮りの相場や費用、料金を中心にご紹介します。平均で15万円から30万円と言われる前撮りですが、具体的にどれくらいかかるのか、どういったオプションがあるのか、どこで撮影するのがおすすめなのかなど、詳しく解説します。

前撮りの魅力を最大限に引き出しながら、無駄な出費を抑える方法もお伝えします。たとえば平日やシーズンオフに撮影することで料金を安く抑えたり、必要なアイテムを自分で用意することで節約したり、業者としっかり相談することで理想を叶えたり、などが挙げられます。

結婚式の前撮りは、二人の素敵な思い出作りの第一歩。その記念すべき撮影を成功させるためにも、事前にしっかりと内容や料金、節約ポイントなどを把握しておくことが大切です。

フォトウェディングの準備やプランの選び方、費用の内訳、さらにはどうすれば少しでも費用を抑えられるかなど、記事でお伝えする情報は、結婚式の前撮りに向けてのガイドとしていただきたく思います。

これから結婚式を迎える皆さん、そしてお二人らしい前撮りを探し求めている方々へ、少しでもお役に立てれば嬉しいです。ぜひ最後までお読みいただき、素敵な前撮りを実現させてください。

次の段落では、具体的な費用やオプション、撮影場所など、前撮りに必要な全てを詳しく見ていきましょう。

結婚式前撮りの相場について

前撮りの費用の平均と相場

結婚準備の中でとても大切な部分を占める前撮り。女性にとって、一生に一度の素敵な記念となりますよね。この前撮り、実際にどれくらいの費用がかかるのでしょうか。平均的な費用や相場について、代表的な価格の例をご紹介します。

平均的に前撮りの費用は15万円から25万円程度。この中には撮影、衣装、ロケーション撮影などが含まれています。一般的なプランでは、15万円程度の場合はスタジオ撮影が中心で、ドレスまたは和装から、新郎新婦1着ずつの選び方が基本になります。

一方で、25万円のプランでは、ロケーション撮影が加わったり、衣装の種類が増えたりすることも多く、ちょっと贅沢な撮り方が楽しめるでしょう。

その中間である18万円前後の場合は、スタジオとロケーションの両方を楽しむことができるプランが多いです。自分たちのイメージに合わせて場所を選ぶことができるので、自然の中や思い出深い場所での撮影が可能です。

近年のトレンドとしてはロケーション撮影のオプションが人気で、季節に合わせた素敵な背景での撮影が楽しめます。紅葉や海が背景のフォトウェディングなどもおすすめです。

結婚準備はお金がかかるもの。費用を抑えたい方は、平日やキャンペーンを利用するなどの方法も考えられるでしょう。前撮りを少しでも安く抑えたい方は、検討してみてもいいかもしれませんね。

料金内訳の解説

前撮りの料金は何にどれくらいかかるのでしょうか。撮影、衣装、ロケーションなどの内訳について解説します。

  • 撮影: 撮影料金はフォトグラファーの技術やカメラマンとの打ち合わせ時間、撮影枚数に左右されます。プロのカメラマンに依頼すると、約5万円から10万円程度。
  • 衣装: ドレスや和装の選び方がおしゃれな前撮りのポイント。お値段はレンタルで1着あたり約3万円から5万円。和装の白無垢などは高くなることも。
  • ロケーション: スタジオ以外での撮影も素敵です。自然の中や特別な場所での撮影は、2万円から3万円の追加料金がかかることもあります。
  • ヘアメイク・小物: ヘアメイクや小物、アクセサリーの費用も忘れずに。約1万円から3万円で、ブーケや婚約指輪の持ち込みも可能です。
  • アルバム・データ: 手元に思い出を残すアルバムやデータも。約2万円から5万円で、お好きなデザインや枚数を選べるプランも多くあります。

早めの予約や平日の利用で少しでも料金を抑えたり、式場と一緒に手配することで少し割引が受けられたりすることもあるので、上手に活用してみてくださいね。

アンティークきものレンタル ゆめや は、大正時代から昭和初期にかけての着物をメインに取り扱うレンタルショップです。和装の婚礼前撮りには自信がありますよ。東京都内だけとはなりますが、アンティーク着物が似合う庭園や邸宅でのロケーション撮影プランをご用意しています。一般的な前撮り撮影と比べながら見ていきましょう。

おすすめの前撮りスタジオと方法

ゼクシィなどのサービス紹介

ゼクシィは結婚式に関連する多くの情報が集まるサイトで、前撮りに関する多彩なプランが提供されています。ここでは、料金、ロケーション、衣装、カメラマンなど、カップルのニーズに合わせた案内もきめ細やかになされています。

洋装や和装の衣装から、プロのカメラマンによるロケーション撮影まで、さまざまなオプションが選べます。予算に応じて10万円から30万円程度のプランが用意されていて、自分たちの希望するスタイルを選ぶことが可能です。

特に人気のある場所での撮影も可能で、季節ごとにさまざまな背景を楽しむことができます。海外ロケーションなどの特別なプランもあるため、夢のある撮影を行いたい方にもおすすめです。

ゼクシィ以外にも、ウェディング関連のサービスがたくさんあります。自分たちに合った内容をじっくりと探す時間が必要ですが、きっと希望するプランが見つかるでしょう。最新のトレンドをチェックしたり、お得なキャンペーン情報を得るためにも、公式サイトでの調査がおすすめですよ。

フリーランスや出張撮影のメリット

次に、フリーランスや出張撮影のメリットについてお話しましょう。こちらも前撮りの選択肢として、多くのカップルに人気があります。

フリーランスのカメラマンを依頼する場合は、自分たちのこだわりをしっかりと伝えることができます。スタジオに留まらずお好きな場所で撮影が可能で、いつでも、どこでも、どんなシチュエーションでも相談できるのが魅力です。

プラン内容も柔軟に調整がきくため、予算を抑えつつ理想の撮影が行えます。平日や土日に関係なく予定を合わせやすいのも嬉しいポイントですね。

出張撮影の場合は、自宅や結婚式場など、自分たちが選んだ場所での撮影が可能です。家族やペットと一緒に、自然な表情で撮影することができるでしょう。アルバムを見返す際にも、より温かい思い出として残りますね。

おすすめの撮影場所の探し方

おすすめの撮影場所の探し方について、ちょっとしたアドバイスをさせていただきます。

最初に考えるべきは、季節とロケーションです。春には桜、秋には紅葉と、日本各地には四季折々の美しい風景が広がっています。そんな中で撮影することで、背景に季節の雰囲気を取り入れることができるでしょう。

次に、自分たちの趣味や思い出の場所も撮影に適しています。例えば初デートの場所や、共通の趣味を持つ場所など、二人にとって特別な場所での撮影は一生の思い出となることでしょう。

ロケーション撮影の際には、事前にその場所での撮影許可を確認することが大切です。公園や観光地など撮影が制限される場所もあるため、しっかりと事前準備をしてスムーズに撮影できるようにしましょう。

撮影場所の選び方のポイントとして、カメラマンやスタジオとの相談も忘れずに行いましょう。プロの目線からの提案やアイデアも素敵な一枚を作り上げるために必要です。

ここまで、前撮りのおすすめスタジオと方法についてご紹介しました。素敵な一枚を残すために、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ゆめやがご提案している撮影スポットは、東京都内の古い洋館や、和風建築物、和風庭園などたくさんございます。衣装自体が100年の時を経てきたものばかりですから、背景となる建物や自然も歴史の趣を感じるところが釣り合いますよね。平成庭園、目白庭園、浜離宮恩賜庭園などの候補地をチェックしてみてください。もちろん、お二人のご希望の場所での撮影も、可能かどうか検討させていただきますので、ご遠慮なくお知らせくださいね。

結婚式前撮りの節約ポイント

結婚式の準備が進む中で、前撮りの撮影は重要なポイントですね。素敵な写真を残すためには、プロのカメラマンに依頼することが多いもの。ただ費用を抑えたいという気持ちもあるはず。そんな方のために、前撮りの節約ポイントを紹介します。

安く抑えるためのプランの選び方

10万円前後のプランもあれば、20万円以上のプランも

どのプランを選ぶかで費用が大きく変わってきます。安く抑えるためには、以下のポイントがおすすめです。

  • スタジオ撮影とロケーション撮影の比較: スタジオ撮影は天候に左右されず、さまざまな背景や演出が可能です。一方、ロケーション撮影は移動時間や場所によって費用がかかることがあります。自分たちのイメージに合わせて選ぶといいですね。
  • オプションの選び方: 衣装や小物、ヘアメイクなどのオプションは別料金がかかることが多いので、必要なものだけを選ぶ工夫が求められます。
  • 平日の撮影: 土日よりも平日の撮影料金が安い場合が多いので、スケジュールを調整する余裕があれば、平日に撮影するのも一つの方法です。

安い時期や方法の活用

  • 平日の撮影: 既に述べたとおり、平日の撮影は料金が安い傾向にあります。
  • 和装のみの撮影: 洋装と和装両方を着るプランよりも、和装のみのプランは料金が抑えられることが多いです。
  • フォトウェディング: 挙式と披露宴がないシンプルなフォトウェディングも、最近のトレンド。これなら、高額な会場費や料理費がかからず、前撮りの費用自体も抑えられます。
  • 早めの予約とキャンペーンの活用: 早めにプランを予約すると割引が受けられることも。また、撮影スタジオが提供するキャンペーンをチェックするのもおすすめです。

NGな節約法:妥協してはいけないポイント

節約も大切ですが、結婚式の前撮りは一生の思い出。以下の点は、妥協せずにしっかりと考えたいところです。

  • カメラマンの選び方: 安くても、自分たちのイメージに合わないカメラマンでは満足のいく写真にならないかもしれません。事前にポートフォリオをチェックするなど、納得のいくカメラマンを選びましょう。
  • 衣装とヘアメイク: 衣装やヘアメイクにこだわりがある場合は、安いプランだと選べるアイテムが少なくなることも。自分の理想とするスタイルに妥協しない選び方が大切です。
  • データの納品方法: 安いプランだと、データの納品が少ない場合があります。後から追加すると費用がかかるので、最初から必要な枚数が含まれるプランを選ぶと安心です。

前撮りは、上手に節約する方法を探すのも楽しいもの。自分たちらしい写真を残せる方法で、最高の思い出を作りましょう。何より、二人の笑顔が最も美しい写真を作る要素ですから、楽しんで撮影にのぞんでくださいね。

結婚式前撮りの後の活用方法

写真の活用方法:記念にする、フォトウェディングなど

結婚式の前撮りといえば、その素敵な写真が記念となります。撮影の内容や衣装、ロケーション、カメラマンの選び方など、たくさんの要素を考えて、前撮りを計画される方が多いのではないでしょうか。最新のトレンドを取り入れたフォトウェディングも人気です。

どんなに素晴らしいロケーションでも、最終的に素敵な写真に仕上がるかどうかは、スタジオ選びやカメラマンとの相談、おすすめのポーズやスタイルなど、さまざまなポイントに気を付ける必要があります。

結婚式の後、前撮りの写真は多岐にわたって活用できます。もちろん、家族や友人と共有する記念になるのは言うまでもありません。前撮りで撮った写真のアルバムを作り、披露宴で展示するのも素敵なアイデアです。アルバム作成の際には、料金やプラン、内容などの相談も忘れずに行いましょう。

最近ではSNSでのシェアも増えており、ウェディング用のアカウントを作成してそこに掲載するカップルも多いようです。この場合は、写真の数やカット、データ形式などを事前に確認しておくとよいでしょう。写真の利用規約なども気に留めたいポイントです。

新婦が着る和装や洋装、ヘアメイク、小物などの選び方も、前撮りの結果に大きく影響します。素敵な撮り方や着付けなどの方法もしっかり考え、準備しておくことが大切です。

後悔しないためのポイントチェック

4つのチェックポイント紹介

  1. 予算と内容のバランス: 前撮りには多くの費用がかかる場合があります。スタジオの料金やロケーション撮影のオプション、衣装のレンタル料など、いくつものアイテムが含まれることが多くあります。一般的には10万円や15万円、20万円程度で満足のいくプランも見つけられるでしょう。自分たちの希望に合わせたプランを選ぶことが重要です。
  2. 時期と場所の選定: 前撮りのロケーションは季節によって大きく変わります。紅葉の美しい秋や、花嫁さん憧れの春の桜など、季節の景観を背景にするのも素敵です。ロケーション撮影の際は、天候や交通費なども考慮しましょう。
  3. プロの選定: カメラマンやスタジオの選び方は、前撮りの成功にとても重要です。口コミや評判、過去の作品などをチェックし、相談してみることがおすすめです。プロによっては、海外ロケーションなど特別なオプションも用意していることがあるので、しっかりと検討するとよいでしょう。
  4. 衣装と小物のコーディネート: 和装や洋装の選び方、ヘアメイク、ブーケなどの小物とのコーディネートは、全体の仕上がりに大きく影響します。結婚式場や専門の業者としっかり相談し、自分たちのイメージに合ったスタイルを作り上げましょう。

結婚式の前撮りは一生の思い出となるもの。これらのポイントをしっかりとチェックし、素敵な写真を残しましょう。

ゆめやのロケーション撮影プランをじっくり見てみましょう。撮影日や衣装によって金額差が出る店舗が多いなかで、ゆめやは均一料金をご提示しています。いつ撮っても、どれを着ても、同じ料金です。ヘアスタイルによって必要な小物が大きく変わってくる「かんざし/髪飾り」と「日本髪+角隠し」については別料金とさせていただきますが、基本的なヘアメイク・着付け・介添え・カメラマン・200カット以上の撮影データは込みの価格で設定しています。

あわせて押さえておきたいポイント

前撮り後の撮り方とライフスタイルに合わせた活用方法

前撮りを終えて素敵な写真が手元に届いた後、それをどう活用するか考えるのも楽しい時間です。撮った写真を最大限に活用し、一生の思い出にしましょう。

  1. アルバムの作成: プロのカメラマンによる美しい写真をアルバムにして、家族や友人に見せるのはいかがでしょう。手作りのアルバムも素敵ですね。
  2. 結婚報告のツールとして: 結婚報告は、撮影した写真を用いてSNSで発表する方法もあります。友人たちに素敵なサプライズを提供できるでしょう。
  3. インテリアとしての活用: 壁に大きな写真を飾るなど、自宅のインテリアとして活用するのもおしゃれです。毎日見ることができるので、二人の絆を深めるアイテムになります。
  4. 記念品としての贈り物: 家族や親族に、前撮りの写真をプレゼントするのも感動を与える方法です。桜や紅葉など季節の風物をバックにした写真は特に人気があります。

前撮り写真の活用方法は、ライフスタイルや考えに合わせて自由に選べます。素敵な前撮りの写真は、結婚生活の始まりの大切な一歩。思い出を形に残し、多くの人と分かち合う楽しみを見つけてください。

1万円未満で実現できる前撮りプランの紹介

予算を1万円未満に抑えたい方にも、素敵な前撮りの方法がありますよ。少ない費用で、カップルらしい前撮りを楽しんでみませんか。

  • 友人に撮影を依頼する: プロではないけれど写真が得意な友人に撮影を依頼するのも一つの方法。ロケーションは公園や海など自然が美しい場所がおすすめです。
  • 自撮りで楽しむ: スマートフォンのカメラも進化しています。三脚を使えば、自分たちで自撮りを楽しむこともできます。リモートシャッターを使用すると、より自然なポーズの写真が撮れるでしょう。お互いの笑顔や自然体の表情を切り取ることができます。
  • レンタルカメラでプロ並みの撮影: 一眼レフカメラなどのレンタルサービスも増えています。少しの費用でプロ並みの機材を借りて、自分たちで撮影に挑戦するのも楽しいでしょう。YouTubeなどで基本的な撮影テクニックを学べば、高画質の写真を自分たちで撮ることができます。
  • 衣装は自分たちのお気に入りを: 前撮りの衣装として、特別にレンタルする必要はありません。お互いのお気に入りの服や特別な日に着たい服装で、素敵な写真撮影が楽しめます。自分たちらしい自然体の写真が撮れるでしょう。
  • フォトエディターで仕上げる: 素人が撮影した写真も、フォトエディターを使えば綺麗に仕上げることができます。無料のフォトエディターアプリも多く、プロのような仕上がりにエフェクトやフィルターでアレンジが可能です。

1万円未満でも十分に素敵な前撮りが可能です。費用をかけずとも、自分たちらしい写真を残すことはできます。プロの技術や機材に頼らず、自分たちで工夫を凝らして撮影することで、他にはない自分たちだけの特別な前撮りを楽しめるでしょう。

このように、少ない予算でも素敵な前撮りの思い出を作り上げることができます。自分たちのアイデアと工夫で特別な時間を楽しみましょう。

まとめ

結婚式前撮りの相場と節約ポイントのまとめ

結婚式の前撮りは多くのカップルにとって特別な時間です。美しい写真を残すためには、スタジオ撮影やロケーション撮影の選び方、衣装の選び方など、さまざまな要素が重要になります。

相場については、スタジオ撮影だけで10万円から、ロケーション撮影を加えると20万円以上かかることが多いのが一般的です。ですが、説明してきたとおり費用を抑えるためのポイントも多くあります。平日に撮影すること、持ち込み衣装の利用、メイクやヘアセットを自分で行うなどの工夫が挙げられます。

トレンドを取り入れつつ、節約を考えるカップルには、3万円未満のプランもおすすめ。最近では自分たちで気軽に撮影できるサービスも増えているため、予算に合わせて選ぶ方法が広がっています。

そして、和装の前撮りに関しては、着物の選び方や小物のコーディネート、着付けの準備など、細部にこだわった方が素敵な仕上がりになります。ゆめや公式サイトでは和装に関する情報を詳しく紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

あなたに合ったプランの選び方

プラン選びは、結婚式の前撮りにおいてもっとも重要なステップです。どんな雰囲気で、どこで撮影するのか、どれだけの時間をかけたいのか、全てがプラン選びに影響します。

前撮りのプランは撮影料金、衣装代、ヘアメイク代、アルバム代などが含まれることが一般的です。オプションで追加料金がかかるアイテムも多いため、予算に応じて選ぶことが重要です。

場所選びに関しては、スタジオ撮影とロケーション撮影が主な選択肢。ロケーション撮影では、季節に合わせた素敵な背景を選ぶことができます。例えば、春は桜、秋は紅葉など、季節の魅力を最大限に生かした撮影が可能です。

撮影の際のフォトウェディング、メイク、ヘアメイクなどの小物やアクセサリーの手配も忘れずに。前撮りプランの紹介やおすすめのポイントなど、詳しい情報はゆめやのコラム記事を参考にしてください。

次に進むためのステップと関連記事の紹介

結婚式の前撮りの準備はこれで完璧。次に進むためのステップとして、以下のような内容もチェックをしておきましょう。

  • 予算の最終確認:想定していた費用からどれだけ節約できるか、最終的な金額を確認しましょう。
  • 衣装の最終チェック:和装、洋装、どちらも着る場合は両方の準備を。白無垢や色打掛など、和装についてはゆめや公式サイトでチェック。
  • 撮影スケジュールの確認:天候やシーズン、ロケーションなどを考慮して最適な日程を選びます。

ゆめやの関連記事でも、前撮りのアイデアや最新トレンド、節約テクニックなどを紹介しています。どうやって素敵な写真撮影を行うかなど、具体的な方法もしっかりと解説されています。

前撮りは一生の思い出。カメラマンとの相談、場所の選び方、衣装の準備など、しっかりと準備して素敵な写真を残しましょう。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

マゼンダ色に花薬玉の七歳祝着【kod118】

【7歳の七五三】四つ身とは?女の子の着物の選び方とレンタル方法

七五三は、お子さまたちの成長を祝う日本の伝統的な行事の一つです。特に7歳の女の子にとっては、初めて帯を締めるという重要な節目となります。この特別な日に、どのような着物を選ぶかは、多くの親御さんにとって大きな悩みの一つでし […]

ひとつ前の記事

深緋色にオレンジの雲取、四季の花薬玉の産着【kod124】

【2024年最新版】お宮参りのタイミングと着物の正しい着せ方解説

はじめに 新しい家族の成長とともに、人生の初めての大切な節目を祝う「宮参り」。この日は、我が子が健やかに成長することを神社で願う日であり、その美しい姿を残す写真撮影の日でもあります。この日のために、特別な着物を選ぶことは […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!