桃色に牡丹や菊舞う七歳祝着【kod34】

【7歳向け】七五三着物レンタルガイド | 安いセット料金の紹介も

はじめに

7歳の女の子にとっての大切な節目である七五三での着物レンタルについてまとめてみましょう。七五三は日本の伝統的な行事として、多くの家庭でお祝いされています。特に7歳の女の子は振袖や着物などの華やかな和装を身にまとうことが一般的。そこで今回は、七五三における着物レンタルのポイントやメリットについて、初心者の方にもわかりやすく解説します。

七五三の意義と、7歳の女の子との関わり

七五三はお子さまの成長をお祝いする伝統的な行事です。具体的には3歳、5歳、7歳のお子さまを神社に連れて行き、お子さまの無病息災や成長を祈願します。特に7歳の女の子にとっては、七五三は大きな節目の一つ。3歳の女の子は三つ身の着物を着ることが多いのですが、7歳は、初めて大人と同じような帯を結ぶ祝い日なので、振袖を選ぶケースが増えるのが特徴です。

色や柄、種類には多くのバリエーションがあり、人気のピンクや赤、白、青など子どもらしく明るい色や、桜や梅、鶴などの伝統的な柄が多く選ばれます。また近年ではモダンなデザインの着物も増えてきていて、トレンドとしてはストライプや水彩のような浪漫的なデザインも注目されています。

7歳の女の子は成長が著しい時期。身長や体型が急激に変わることもあるため、サイズ選びはたいへん重要なポイントとなります。

着物レンタルのメリット

着物を購入するという選択はもちろん、一生に一度しか着ないかもしれない七五三の着物については、レンタルすることにも多くのメリットがあります。

  • 経済的:高品質な着物や振袖は購入すると高いですが、レンタルなら安い価格で着用することができます。
  • 豊富な選択肢:専門のレンタルショップでは多くの種類やサイズ、色や柄から選ぶことができます。人気の商品や最新のトレンドを押さえた着物も多く取り扱っています。
  • フルセットでレンタル:着物や帯、小物など必要なアイテムをフルセットで借りることができます。
  • クリーニング不要:七五三での着用が終わった後、自分でクリーニングする手間が省けます。多くのショップでは返却時のクリーニングもサービスとして対応してくれます。
  • 安心のサポート:専門店では、着付けや小物の選び方、予約の流れなど詳しく教えてくれるところがほとんどです。初めての方でも安心して利用することができるでしょう。

ここまで、七五三の意味や7歳を迎える女の子との関わり、そして着物レンタルのメリットについてお伝えしました。子どもの成長を祝う七五三は、家族にとっても大切な思い出の一つ。最高の一日を迎えるために、ぜひ参考にしていただければと思います。

七五三での着物選びの基本

七五三は、子どもたちの無邪気な笑顔と華やかな着物が印象的。その一大イベントにおいて、7歳の女の子に対してはどんな着物を選べばよいのでしょうか。ここでは、7歳の女の子に人気のカラーや伝統的なデザインの選び方について解説します。

7歳の女の子に人気の色:ピンク、赤、白など

7歳を迎える女の子には、一気に選べる着物のバリエーションが増えます。カラーの観点で特に人気なのが、ピンク、赤、白といった華やかな色。それぞれのカラーには、以下のような特徴があります。

  • ピンク:女の子らしさを引き立てるピンクは、七五三のスタンダードカラーのひとつ。優しく明るい雰囲気を演出してくれます。
  • :縁起の良い色として、赤は長らく愛されてきました。元気な印象で、写真映えも抜群です。
  • :純粋さや清楚さを感じさせる白はどんな小物や帯とも相性が良く、たいへん選びやすいカラーです。

女の子に大人気のピンクですが、ゆめやのアンティーク着物はひと味違います。アンティークきものレンタル ゆめや は、大正時代から昭和初期にかけての着物をメインに取り扱うレンタルショップです。巷でレンタルできる着物とは、ずいぶん違うと自信を持っています。

桃色に牡丹や菊舞う七歳祝着」をご覧いただきましょう。ピンクよりも、「桃色」という表現が似合う地色です。大人用のアンティーク訪問着から仕立て直しました。なめらかで輝きに満ちた正絹の質感と、深みのあるピンクの染め、熟練した職人による手描きの花と手刺繍。熟練の職人が、着物としっかりと向かい合っていたことが分かる色や絵柄です。帯やバッグも同じ生地で仕立てました。神社やお寺にすんなりと馴染む色柄ですね。

この他にも青や緑、紫など、さまざまな色の着物があります。どんな色を選ぶかは、お子さま自身の好みや親御さんのイメージ、当日の髪型や小物とのコーディネートなどにも左右されるため、一緒に試着を楽しみながら選んでみるのもおすすめです。

花柄や伝統的なデザイン:桜、梅、菊の選び方

着物のカラーだけでなく、柄選びも大切です。特に伝統的な花柄は、七五三の着物選びの中でも人気があります。一般的に、幹や枝まで描かれた写実的なものでなく、花びらがメインの紋様化したようなデザインであれば、その花の季節に左右されずに通年で着用することができるとされています。

  • :日本の代表的な花であり、桜の柄は春の訪れや、優雅な美しさを象徴します。春生まれのお子さまに特におすすめの柄です。
  • :寒さの中で最初に咲く花として、梅は頑張りや持ち前の強さを表現します。元気いっぱいのお子さまにぴったりの柄と言えるでしょう。
  • :秋を感じさせる菊は、成長や発展を意味します。七五三という成長を祝う行事にもふさわしい柄です。

柄選びは、お子さまの性格やその年の流行、親御さんの好みなど、さまざまな要因が絡み合ってきます。また柄の中には鶴や桜、梅といった日本の伝統的なモチーフだけでなく、モダンなデザインやストライプなどの目新しいデザインも取り入れられています。

7歳の女の子における七五三の着物選びの基本をお伝えしてきました。色や柄、デザインなど、多数の選択肢の中から選ぶ楽しさを最大限に感じながら、子どもらしい魅力を引き出す最適な一着を探してみてください。

7歳の女の子向け、着物フルセットとは?

7歳の女の子が七五三で着る着物には、フルセットで用意されているものがあります。ただ、「フルセットって具体的に何?」と疑問に思う方も少なくないはず。ここでは、7歳の女の子が七五三で着る着物のフルセットに含まれるアイテムを詳しくご紹介します。

着物フルセットの内容

着物のフルセットとは、七五三で必要なアイテムを全て揃えたものを指します。以下に、一般的なフルセットの内容を一覧でご紹介します。

  • 四つ身:7歳の女の子が着る基本の着物。広い袖が特徴的で、華やかな柄が多数あります。
  • :本来は5歳男の子の正装ですが、近年では女の子が七五三で袴を着用するケースも見られます。色や柄が多種多様で、四つ身とのコーディネートが楽しめます。
  • 足袋:和装の際に履く靴下。白やピンクなど、色もさまざまです。
  • :着物を留めるための帯。色や柄で雰囲気が大きく変わるので、選ぶのが楽しいアイテムの一つです。
  • 小物:帯締めや帯揚げ、髪飾りなど、和装を引き立てる小物たち。

これらを合わせて、フルセットとしてレンタルすることが一般的です。レンタルする際にはセット内のアイテムが全て揃っているかどうか、事前にチェックしておくと安心です。

ゆめやの七五三では、かんざし/髪飾りと、3歳女の子の被布を除いて、全てセットでお届けいたします。コーディネートはゆめやの熟練スタッフにおまかせいただくこともできますし、東京店や山梨店でのご試着の際に、小物を確認していただくこともできます。ゆめやの和裁士が、着物とセットでお作りした帯・バッグ・髪飾りもございますので、一体感のあるかわいらしいコーディネートになりますよ。

ピンク色に牡丹と梅、赤地に家紋と市松紋様の七歳祝着」も、着物と共布で、帯・バッグ・髪飾りをお作りしています。大正時代の錦紗縮緬の長襦袢がメインの生地です。そこに、家紋が染め出された赤い生地と、白黒市松の生地、赤い絞りの生地を足して仕立てました。生地はもちろん正絹ですので、軽くて柔らかく、たいへん動きやすいことでしょう。ウキウキするようなコーディネートで、参拝にお出かけください。

和装小物の選び方と役立つアイテム

和装の際は小物選びもとても重要です。小物一つで、全体の雰囲気が大きく変わることも。以下、和装小物の選び方や役立つアイテムについて詳しく解説します。

  • 帯締め:帯の上から締めて固定するアイテム。シンプルなものから華やかなものまで幅広い種類があるので、こだわって選びたいところ。
  • 帯揚げ:帯枕を包んでいる布で、帯の上部からちらりと見えるアイテムです。帯締めとの組み合わせを楽しむことができます。
  • 髪飾り:ヘアスタイルを華やかに彩るアイテム。桜や梅、菊などの花柄が人気です。
  • 草履:和装の際に履く靴。足袋との組み合わせで、全体のバランスを取ることが大切です。

和装小物を選ぶ際のポイントは、全体のバランスを考えること。小物同士の色や柄が合わせやすいものを選ぶと、和装が一層引き立ちます。

7歳の女の子における七五三の着物フルセットについて、詳しく解説してきました。フルセットなら、一つ一つを揃える手間がなく便利なので、ぜひ利用を検討してみてください。

格安・安いレンタル着物の見極め方

お子さまの七五三は、親御さんとしても一生の思い出となる大切な日。だからこそ、美しい着物を選びたいと思うのは当然です。ですが、どうしても予算の制限はあるもの。予算の中で、いかにコスパの良いきれいな着物を選ぶか。選び方のポイントをしっかりと押さえておくことも大切です。

着物のレンタル価格の相場と節約のコツ

レンタル着物の相場

まずは、レンタル着物の相場を知っておくことが大切です。以下に、一般的なレンタルの相場を示します。

  • 振袖フルセット:50,000円〜200,000円
  • 袴セット:30,000円〜100,000円

この価格は、一般的な相場であり、店舗やサービスによって異なることがあります。

節約のコツ

安いレンタル着物を見つけるためのコツをいくつか紹介します。

  • 早めの予約:七五三のシーズン前に予約することで、早割などの特典を受けられる場合があります。
  • セットでのレンタル:単品よりもセットでのレンタルの方が、割安になることが多いです。
  • 平日の利用:土日や祝日は需要が高まるため、平日に利用することで少し安くなることも。

費用を抑えるための選び方:古典スタイル VS モダンスタイル

着物選びの際は、古典スタイルとモダンスタイル、どちらが良いか悩むことも多いと思います。それぞれの特徴やポイントを紹介します。

古典スタイル

伝統的な柄や色合いで、格式ある式や行事にふさわしいスタイルです。流れるような水色や淡い桃色、白や黒といった落ち着いた色が特徴。アクセサリーや小物を変えるだけで、異なる印象を持たせることができます。

赤やピンクのかわいらしい着物が多い中で、ゆめやの「ウルトラマリンに四季の花々咲く七歳祝着」は、たいへん目を惹くことでしょう。大人用の紋付色留袖から、状態の良い部分だけを使って仕立て直しました。もとがアンティークの留袖ですから、品質の良さは抜群です。地紋様が織り出された正絹地に、四季の花々が手描き友禅で描かれています。クールにカッコよくキメたいお嬢さまにおすすめの祝着ですよ。

モダンスタイル

現代的なトレンドやファッションを取り入れたスタイル。鮮やかな青や緑、紫などの色が人気です。個性的なデザインも多いため、お子さまの好みや特色を活かして選ぶのも良いでしょう。ただ、トレンドを取り入れたものは、そのデザインに旬度が求められるため、少し高価になることも。

人気の黒振袖を7歳で着てみるというのもすてきですね。「黒地に辻が花染めの七歳祝着」は、まぶしいほどの華やかなぼかしと花々が描かれています。もとは、本格的に仕立てる前の、仮絵羽の状態で譲り受けた振袖です。初めての着物が本物だと、大人になってからも本物を選んでいただける心が育つのではないかと思い、7歳用の振袖に仕立てました。辻が花染めの7才用黒振袖。これ以上の贅沢はなかなかありませんよ。

節約しつつ素敵な着物を選ぶためには、まずは親御さんご自身の予算や好み、お子さまの好みもしっかりと確認して、店舗やサービスを選ばれることをおすすめします。

七五三の準備には多くの選択肢があり悩ましいところも多いと思いますが、しっかりと情報を得ておくことでよりスムーズに、そして経済的に進めることができるでしょう。

前撮り・後撮りの写真撮影と着物

七五三といえば、華やかな着物に身を包んだお子さまの姿を写真に残すことも大切な行事のひとつ。前撮りや後撮りといった写真撮影も、最近のトレンドとして注目されています。

七五三の前撮り・後撮りの意義と流れ

前撮り・後撮りの意義

前撮りや後撮りは、当日の日程や天候に縛られず、参拝や食事会とは別に確保した時間の中で、ゆっくりお子さまの写真を撮ることができるのが最大の魅力です。当日の混雑を避けて落ち着いた環境で撮影ができるため、リラックスしてお子さまの自然な笑顔を撮影することができます。

前撮り・後撮りの流れ

  1. 着物の選び方:まずは当日着る予定の着物やレンタルする着物を選びます。
  2. 撮影場所の選定:公園や神社、または専用のスタジオなど、撮影する場所を決めます。
  3. 撮影日のスケジュール確認:撮影を行う日のスケジュールを確認し、必要に応じて予約をします。
  4. 当日の準備:前もって着付けを終え、ヘアメイクや小物の準備をして撮影場所に向かいます。
  5. 撮影:専門のカメラマンとともに撮影を行います。

衣装にぴったりの髪型や小物

髪型

お子さまの髪型は、着物やその日のコンセプトに合わせて選びます。シンプルな三つ編みやお団子、リボンや花を飾ったアレンジなど、バリエーションは豊富。特にピンクや白、赤などの明るい色の着物にはクリーム色や金色の髪飾りを合わせると、より一層華やかな印象になるでしょう

ゆめやにも、お子さま用のかんざしをたくさんご用意しています。「パステルカラーの桜と菊に抹茶色のリボンのつまみ細工かんざし」は、どのような色の着物にも合わせやすいでしょう。ブルー・黄・ピンク・緑のパステルカラーのつまみ細工に、白や黄色の造花が組み合わせられています。抹茶色の葉っぱとリボンになった紐が、パステルの淡さを引き立て、全体を引き締めていますね。

小物

  • 帯揚げや帯締め:着物の色や柄に合わせて帯揚げや帯締めを選ぶと、全体のバランスがよくなります。
  • 足袋や草履:白や黒、ピンクなど、こちらも着物の色に合わせて足袋や草履を選びましょう。
  • バッグ:巾着やがま口バッグなど、和装に合わせるバッグは着物のアクセントとしても機能します。

七五三の前撮りや後撮りは、一生の思い出として写真にその姿を残すための大切な時間。着物や髪型、小物などの選び方に気を付けながら、お子さまの最高の一日を彩り豊かに記録してくださいね。

7才の女の子の身長に合わせた選び方

七五三では7歳の女の子が振袖や着物を着るのが一般的ですが、子どもは急成長するもの。そのため、正確な身長に合わせて着物を選ぶことが大切です。

身長に合わせた着物選びの重要性

お子さまの着物選びの大きなポイントとして、やはり身長が挙げられます。身長に合わせて作られた着物をきちんと選ぶことで、見た目も動きやすさも格段に良くなります。

羽織や袴の長さの選び方のコツ

羽織の長さの選び方

羽織は着物の上から羽織るアイテムで、主に外出時や寒い日に活躍します。選び方のポイントは以下のとおりです。

  • 全体のバランス:着物の丈とのバランスを考え、短すぎず長すぎないものを選びましょう。
  • 動きやすさ:袖の長さは、手を自由に動かせることを考えて少し短めがおすすめです。

袴の長さの選び方

本来は5歳男の子の正装が袴ですが、近年は女の子に袴を穿かせるご家庭も増えてきました。袴を合わせる際は、以下の点を参考に選ぶと良いでしょう。

  • 着物との合わせ方:袴の上端は、帯が半分以上隠れるくらいがちょうど良いとされています。
  • 歩きやすさ:地面を踏まない程度の長さにしましょう。特に慣れない和装では階段などでの転倒のリスクも上がるため、十分注意する必要があります。

成長著しい時期にある、7歳の女の子の着物選び。身長に合わせた選び方は、特に大切なポイントです。着物や袴、羽織など、一式を身にまとったときの全体のバランスも考えながら、お子さまの身長や体型に合ったものを選んで、七五三をより一層快適に過ごせるようにしましょう。

お店や実店舗でのレンタル方法

7歳の女の子の着物選びは、親御さんたちにとっての大きな楽しみの一つでもあるかもしれませんね。ここでは、実店舗での着物レンタルの方法に焦点を当ててご紹介します。

着物レンタルの予約や受け取りの流れ

実店舗でのレンタルは、実物を直接確認できるのが魅力です。以下がその一般的な流れです。

  1. 店舗の下調べ:好みの柄や色、価格帯などを考慮のうえ、事前にホームページやカタログで確認しておきましょう。
  2. 予約の電話:混雑を避けるために、事前に電話で来店の予約をしておくとスムーズです。
  3. 来店と選び:スタッフのアドバイスを受けながら、お子さまのサイズや好みに合わせて着物を選びます。
  4. 試着:選んだ着物を実際に試着し、サイズや着心地を確認してみましょう。
  5. レンタルの予約:七五三の日程や、前撮り・後撮りの日程を伝えて予約をします。
  6. 受け取りと返却:約束された日時に店舗で商品を受け取り、七五三が終わったら返却します。多くの店舗では、クリーニングの手間は不要とされているので、安心して利用できます。

一般的にはこのような流れで、スムーズにお子さまの着物をレンタルすることができます。

ゆめやのレンタルも、概ね一般の店舗と同じ流れです。詳しくは「ご利用の流れ」でご案内しています。ご試着に関しては、東京店・山梨店にご予約いただくか、ご自宅へ配送することも可能です。ご不明点に関しては「よくあるご質問」をご覧いただくか、「お問い合わせ」からお寄せください。しっかりとお返事させていただきますよ。

七五三当日飛び込みの貸衣装で済ませる方法

七五三当日に貸衣装の手続きをしたいと考える方もいらっしゃるでしょう。その場合の方法も簡単にご紹介します。

  1. 事前の下調べ:当日に迷わないように、事前に店舗の場所や営業時間、料金などをしっかりと確認しておきましょう。
  2. 余裕を持ったスケジュール:当日はバタバタと忙しいもの。余裕を持った時間計画を立てておくことが大切です。
  3. 当日の試着:お子さまの体調や気分に合わせて、店舗で直接、着物や袴の試着をします。
  4. アドバイスを受ける:店舗のスタッフはお子さまの着付けの経験が豊富にあります。適切なサイズや柄をアドバイスしてもらいましょう。
  5. 着付けサービスの利用:多くの店舗では、着付けサービスも提供しています。特に初めての方はプロに着付けてもらうことで、より美しい仕上がりを期待できます。

当日に飛び込みの貸衣装で済ませる場合でも、計画的に動けばスムーズに進行します。ただしやはり事前の下調べや余裕を持った計画は欠かせません。

7歳の女の子の七五三の準備、大変な部分もあるかと思いますが、その準備の中にも楽しさやワクワクが詰まっています。お子さまと一緒に素敵な着物を選んで、特別な日を迎えてくださいね。

まとめ

7歳の女の子における七五三での着物レンタルのポイント

七五三のお祝いは、お子さまの成長を祝う日本の伝統的な行事として、多くの家族にとって特別な日。特に7歳の女の子が経験する七五三では、色鮮やかな振袖を身にまとう機会となります。

  • 選び方の基本:まず、7歳の女の子の身長や体型に合わせたサイズ選びが大切です。着物や袴、帯や小物など、着物のセット全体をバランスよく選ぶことで、子どもらしい可愛らしさを引き立てることができます。
  • 色や柄の選び方:流行を取り入れつつ、定番のピンクや水色、鮮やかな赤や淡いクリーム色など、多彩な色の中からお子さまの好みやイメージに合わせて選びましょう。桜や梅、鶴などの伝統的な柄や、モダンなストライプや抽象的な柄など、多種多様なデザインから選べるのも七五三の楽しみの一つです。
  • レンタルの利点:フルセットでのレンタルは別に用意する小物が少なくて済み、またクリーニングや返却の手間も少ないため、安心して利用しやすい方法です。往復の送料が無料のサービスなども増えてきているので、そうした店舗ごとのポイントなどもチェックしておくと良いでしょう。

最後に 安くて便利な着物レンタルの魅力

最後に、七五三の着物レンタルの魅力を再確認してみましょう。

  • 経済的な利点:購入するよりも安い価格で、流行の着物を選ぶことができます。また使用後のクリーニングや保存の手間も省けるため、経済的にも時間的にも負担が軽減されます。
  • 豊富な種類:レンタルの着物店では最新のトレンドなども取り揃えているため、多彩な柄や色から選ぶことができます。サイズも豊富に用意されているため、7歳の女の子という成長著しい時期の体型にもぴったりの一着を見つけることができます。
  • 安心のサポート:予約から返却まで専門のスタッフがサポートしてくれるため、着物に詳しくない方でも安心して利用することができます。特に初めての七五三の際は、専門家のアドバイスがとても心強いものです。

お子さんが大きくなる前に、七五三を思い出に残すための美しい着物で、その特別な瞬間を彩りましょう。安くても品質の良いレンタルの着物で、家族みんなでその日を最高の思い出にしてくださいね。

ゆめやでは、7歳の女の子だけでなく、兄弟姉妹さまや、お母さま、お父さまとの和装セットプランもご用意しています。お1人分をレンタルするよりも、お得なセットプランで、ご家族揃って和装でご参拝なさると、写真映えもいたしますし、さらに特別な思い出になりますよ。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

長い羽根の鳳凰と桐、青海波の黒振袖【fuk10】

【成人式の着物】黒の振袖が選ばれる理由|レンタル方法と注意点

成人式は一生に一度の特別な日。この重要な日に多くの女性が選ぶのが、黒の着物です。黒の着物はそのシックで洗練された雰囲気に加え、伝統と現代の美しさを兼ね備えています。その大きな魅力は、選んだ人はもちろん、その着姿を見る人を […]

ひとつ前の記事

黒留袖 ヘアセット 髪型 イメージ

【完全版】黒留袖にはショート?ボブ?|長さ別!写真映えする髪型をご紹介

結婚式など、大切な場面に欠かせない和装の代表とも言える「留袖」。和装の中でも格式の高いものとして知られている留袖ですが、そこに合わせるヘアスタイルもまた大切な要素の一つです。 髪の長さやカラー、ヘアスタイルが豊富な現代。 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!