着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

婚礼イメージ

【2024年最新】引き振袖で魅せるフォトウェディング・前撮り撮影の完全ガイド

はじめに

フォトウェディングや結婚式の前撮り、記念撮影において、和装は特別な魅力を持っています。特に「引き振袖」は、その美しさで多くの注目を集めています。本記事では、引き振袖とは何か、さらには引き振袖を着用した撮影の魅力などをご紹介します。

引き振袖とは何か?

引き振袖は、日本の伝統的な振袖の一種で、特に結婚式やフォトウェディングで好まれる和装です。通常の振袖と比べて裾が長く、地面に引きずるようなデザインが特徴です。豪華な刺繍や繊細な柄が施された引き振袖は、優雅さと格式の高さを兼ね備えています。色も白無垢や色打掛と異なり、より多彩な色使いが可能で、モダンな印象を与えることもできます。

伝統的な白無垢や色打掛に比べて、引き振袖は比較的自由度が高く、結婚式の披露宴やフォトウェディング、お色直しに適しています。引き振袖を着用した撮影は、現代の花嫁にとって、自分の個性やスタイルを表現する絶好の機会と言えるでしょう

撮影における引き振袖の魅力:伝統とモダンが融合した美

引き振袖の最大の魅力は、伝統的な和装の美しさとモダンなデザインが融合している点にあります。長い裾が作り出す優雅な動きは、撮影時に特に魅力的なシルエットを生み出します。また、さまざまな色や柄が選べるため、撮影のテーマやロケーションに合わせて、多様なスタイルを楽しむことができます。

撮影時に引き振袖を着用することで、写真に深みとドラマティックな雰囲気を加えることが可能です。和装特有の美しさと、現代の感覚を取り入れたスタイリングが融合し、一生の記念に残るすてきな写真を創出できます

このように、引き振袖は結婚式当日のみならず、撮影場面でも非常に重宝されている花嫁衣装でもあります。引き振袖のデザインは豊富です。特にレンタルの場合、購入に比べて幅広い選択肢から、お気に入りの一枚を選ぶことができます。次の章では、引き振袖のレンタルについてお話ししましょう。

引き振袖のレンタル方法

結婚式や前撮り、フォトウェディングにおいて、引き振袖は花嫁の装いを引き立てる重要なアイテムです。そんな引き振袖を着用するにあたって、レンタルは購入に比べて選択肢も多く、コストも抑えられることから、根強い人気を集めています。ここでは、引き振袖をレンタルする方法についてご紹介しましょう。

レンタルサービスの利用法

引き振袖のレンタルプロセスは、以下のステップで進められます。

  1. 事前調査:まずはインターネットや口コミを活用して、評判の良いレンタルショップを探しましょう。特にデザインの多様性価格帯提供されるサービスの質を重視して選びます。
  2. 店舗訪問と試着:事前に予約をして店舗を訪れ、さまざまなスタイルの引き振袖を試着します。この際、店員のアドバイスを参考にしながら、自分に最適な一着を選びましょう。
  3. アクセサリーの選択:引き振袖に合わせる帯や髪飾り、小物なども重要です。トータルコーディネートが可能なレンタルサービスを選ぶと、統一感のある装いが完成します。
  4. 予約と契約:気に入った振袖を見つけたら、使用日に予約を入れ、レンタル契約を結びます。料金プラン、返却条件など、契約内容をしっかり確認しましょう

「一生残る婚礼写真」だから、着物にこだわりたい方におすすめです。100年以上の歴史があるアンティーク振袖を中心に、200点以上をお得なプランでご提供しています。プランにはご新婦様のお好きな衣装(1点、筥迫、末広、抱え帯、草履などすべての婚礼小物が含まれます)とご新郎のお着物(1点、羽織・袴・草履など一式。家紋のご変更も可)が含まれます。実際の着物・小物はゆめや東京店でのご試着でお選びいただけます。ご試着からお申し込みください。※本プランは衣装レンタルのみとなります。撮影は含まれません。ご注意下さい。

レンタルの方法が分かったところで、次は引き振袖の選び方について見ていきましょう。

引き振袖の選び方

結婚式やフォトウェディングにおいて、引き振袖は花嫁の華やかさを際立たせる重要な要素です。適切な引き振袖を選ぶことは、記念撮影の成功に直結します。ここでは、色やデザインの選定ポイントを詳しくご紹介します。

デザインの選定

引き振袖を選ぶ際の最初のステップは、デザインの選定です。以下に、重要なポイントを挙げます。

  • 色の選択:引き振袖は豊富な色から選べます。伝統的な赤や白から、現代的なパステルカラーや深みのある色まで、幅広い選択肢があります。挙式のテーマやロケーション、花嫁の好みに合わせて選びましょう。
  • デザインの細部:引き振袖のデザインは、柄や刺繍の細かさによって異なります。格式高い雰囲気を求める場合は、繊細な刺繍や伝統的な柄が特徴の振袖を選ぶと良いでしょう。
  • 現代的要素の取り入れ:モダンなデザインの引き振袖も人気です。現代的な要素を取り入れた振袖は、特に写真撮影において、ユニークな雰囲気を演出することができます。

引き振袖を選ぶ際は、これらのポイントを意識することで、花嫁の個性やスタイルに合った最適な一着を見つけることができます。ここまで、引き振袖の魅力やレンタル方法、自分に合う引き振袖の選び方をご紹介してきました。ここからはいよいよ、引き振袖を着用した撮影についてご紹介したいと思います。

フォトウェディングとは

和装を選ぶカップルにとって、フォトウェディングは魅力的な選択肢です。ここではフォトウェディングの基本や流れ、和装に特化したフォトウェディングの魅力をご紹介します。

フォトウェディングの基本

フォトウェディングとは、主に結婚式を挙げない代わりに、婚礼衣装を着て行う写真撮影を指します。結婚式前に婚礼衣装を着て撮影をする前撮り同様に、時間に追われずにゆっくりと撮影に臨めること、さまざまなロケーションで撮影が可能なこと、そして撮影のみに集中できることは、大きな利点と言えるでしょう。

フォトウェディングの流れは、次の通りです。

  1. プランニング:フォトウェディングは、撮影スタジオやロケーション、衣装を事前に選び、専門のカメラマンと撮影の細部を計画します。
  2. 撮影スタジオ選び:スタジオ撮影を選ぶ場合、内装や照明、道具が重要です。事前にスタジオを訪れて雰囲気を確認するとよいでしょう。
  3. ロケーション撮影:自然光の下での撮影や、特別な場所での写真は、ロケーション撮影の醍醐味です。和装に合うロケーションを選ぶことが重要です。

和装のフォトウェディング

和装に特化したフォトウェディングは、日本の伝統美を前面に出した撮影が可能です。特に引き振袖は、その豪華さと優雅さで、写真に特別な印象を与えます。

  • 和装の選び方和装フォトウェディングでは、白無垢や色打掛、引き振袖など、さまざまなスタイルの中から選ぶことができます。撮影のテーマや季節、ロケーションに合わせた和装を選ぶことが重要です。
  • アクセサリーと小物:和装の全体的な雰囲気を左右するアクセサリーや小物の選び方も重要です。帯締め、髪飾り、扇子など、和装に合ったアイテムを選ぶことで、より一層魅力的な写真を撮影することができます。
  • 撮影の流れ和装での撮影は、着付けに時間がかかるため、撮影スケジュールに余裕を持って計画することが大切です。プロの着付け師と協力し、撮影前の準備を丁寧に行いましょう。

ゆめやでは前撮りでの和装レンタルだけでなく、フォトウェディングプランもご用意しております。こちらも先ほど前撮り用衣装レンタルプラン同様に、100年以上の歴史があるアンティーク振袖を中心とした200点以上を、お得なプランでご提供しています。具体的にはご新婦様のお好きな衣装(1点、そのほか筥迫、末広、抱え帯、草履、かんざしなどすべての婚礼小物が含まれます)とご新郎のお着物(1点 羽織・袴・草履など一式。家紋のご変更も可)のほか、カメラマン・着付け・ヘアメイクなど、ロケーション撮影に必要な準備や手配が含まれます。 ゆめや提携先のカメラマンと事前にしっかり打ち合わせ、ご希望の場所や撮影リクエストにも対応します(東京都内限定・要相談)。「着物専門店ならでは」のこだわりの品揃えから、お好きな組み合わせをお選びください。実際のお着物・小物はゆめや東京店でのご試着でお選びいただけます。まずはご試着をお申し込みください。

和装、中でも特に引き振袖でのフォトウェディングは、結婚の記念としてだけでなく、日本の美しい伝統を後世に残すための素晴らしい手段と言えるでしょう。しかしながら、すてきなフォトウェディングを行うには、撮影スタジオ選びも肝要です。次の章では、撮影スタジオの選び方や、撮影時のポイントについて。詳しく解説します。

撮影スタジオの選び方

フォトウェディングや記念撮影での美しい写真を残すためには、適切な撮影スタジオの選択が非常に重要です。特に引き振袖での撮影では、スタジオの雰囲気や設備が写真の質を大きく左右します。ここでは、撮影スタジオを選ぶ際の重要なポイントについて詳しく見ていきます。

スタジオ選定のコツ

撮影スタジオを選ぶ際に考慮すべきポイントは、以下の通りです。

  • 雰囲気とテーマの一致:撮影する和装のスタイルやテーマに合ったスタジオを選びましょう。伝統的な雰囲気が求められる場合は、和室や日本庭園を模したスタジオが適しています。
  • 照明と設備:良質な写真を撮るためには、スタジオの照明設備が重要です。自然光が多用されるロケーションか、照明が十分に整ったスタジオかを確認しましょう。
  • アクセスと利便性:撮影場所へのアクセスや、更衣室・メイクルームの有無など、利便性も考慮して選びます。特に大きな衣装を着用する場合、スペースの広さは重要な要素です。
  • 専門スタッフの存在一部のスタジオではプロのカメラマンやスタイリストが常駐しており、撮影からスタイリングまでトータルでサポートしてくれます。専門家の存在は、写真のクオリティを高める上で大きなメリットとなります。
  • 予算と料金プラン:多くのスタジオでは、さまざまな予算に応じた料金プランが用意されています。撮影内容に応じて最適なプランを選ぶことが可能です。

撮影スタジオを選ぶ際は、これらのポイントに加えて、事前にスタジオを訪れ、実際の雰囲気を確認することも重要です。撮影の成功は、スタジオ選びから始まります。次の章では、結婚式当日における写真撮影のタイミングとして、お色直しに着目します。

お色直し撮影の計画

お色直し撮影を成功させるためには、以下のポイントが重要です。

  • 撮影のテーマ決定:お色直し撮影のテーマを決めることから始めます。例えば、伝統的な和風の雰囲気や、モダンなスタイルなど、テーマに合わせて撮影スタイルやロケーションを選びます。
  • 衣装の選定:引き振袖の色やデザインは撮影テーマに合わせて選びます。お色直し撮影では、一つの撮影に複数の衣装を用意することもあります。
  • プロフェッショナルの利用:カメラマンやスタイリストなどのプロフェッショナルの力を借りることで、より質の高い撮影が可能です。特に、メイクやヘアスタイルはプロの手を借りることをお勧めします。
  • 撮影プランの確定:撮影日程、ロケーション、衣装の変更タイミングなど、詳細な撮影プランを事前に立てます。予約が必要なロケーションやスタジオは早めに確保しましょう。

引き振袖での撮影は、特別な日をより美しく、より思い出深いものにするでしょう。計画的に撮影を進めることで、一生の宝物となる写真を残すことができます。最後に、全体を総括し、引き振袖を用いた撮影の重要ポイントについておさらいします。

まとめ

この記事を通じて、引き振袖を用いた撮影の魅力とその計画について、深く掘り下げてきました。ここでは、撮影プラン全体を総括したうえで、撮影をスムーズに進行するための、最終チェックリストをご提供します。本記事が、皆さまの特別な日を、忘れられない思い出として残す手助けとなることを願っています。

撮影プランのまとめ

撮影プランは以下のステップで構成されます。

  1. テーマの決定:撮影のテーマやコンセプトを明確にします。これが、衣装選びやロケーション選定の基礎となります。
  2. 衣装の選択:引き振袖は撮影テーマに合わせて選びます。色やデザイン、アクセサリーまで考慮し、完璧な装いを目指します。
  3. ロケーションとスタジオの選定:テーマに応じた最適な撮影場所を選びます。伝統的な和室や庭園、モダンなスタジオなど、撮影の雰囲気に合わせて選択します。
  4. プロフェッショナルの活用:専門のカメラマン、スタイリスト、着付け師の協力を得て、撮影を計画します。
  5. 撮影スケジュールの確定:撮影日のタイムラインを作成し、衣装のお色直しや移動時間を考慮して計画を立てます。

引き振袖撮影での最終チェックリスト

撮影日前に確認すべき最終チェックリストは以下の通りです。

  • 衣装とアクセサリー:予約した衣装とアクセサリーが準備されているか再確認します。
  • 予約内容の再確認:スタジオやロケーションの予約内容を再度確認し、変更がないか確かめます。
  • 撮影プランの見直し:撮影の流れやタイムラインを再度確認し、必要に応じて調整します。
  • 持ち物リスト:撮影に必要な持ち物をリストアップし、忘れ物がないよう準備します。
  • 体調管理:撮影前日は十分な休息を取り、最高のコンディションで臨むようにします。
  • 緊急連絡先の確保:万が一のために、関係者の連絡先を手元に準備しておきます。

引き振袖での撮影は、一生に一度の特別な瞬間を形にする素晴らしい機会です。このチェックリストを活用し、撮影を無事に成功させ、美しい思い出を残しましょう。

<参考記事>

https://aumo.jp/articles/3528751#order-num-3

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

七五三ヘアスタイルイメージ_kzs

【3歳女の子向け】七五三レンタル着物&被布セットの選び方ガイド

はじめに:3歳女児の七五三レンタル完全マニュアル 日本の伝統行事の七五三では、特に3歳の女の子の晴れ姿が注目されます。この年齢で初めて着物を着ることは、お子さまの人生の大切な節目を彩る大きな出来事になります。七五三の着物 […]

ひとつ前の記事

葡萄色に鼓の五つ紋付き十三参り小振袖【fui90】

【プロ監修】振袖のフルセットレンタルで結婚式・結納を豪華に!選び方完全ガイド

はじめに 日本の伝統文化である着物は、その美しさと格式の高さから、特別な日にふさわしい装いとして多くの方に選ばれています。特に結婚式や結納などの人生の大切な節目には、華やかで格式高い振袖を選ぶことが多いですね。 しかし、 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!