訪問着イメージ

【2024年】入学式の着物ガイド | 色や柄の選び方とコーデ術

入学式は、お子さまの成長を祝う大切な節目です。この日は、家族にとって、特に母親にとって、忘れがたい思い出となることでしょう。そんな特別な日に、着物を選ぶという選択は、伝統と格式を重んじる日本の文化を象徴しています。本記事では、入学式で着物を選ぶ意味と、その準備について解説します。

入学式で着物を選ぶ意味とは?

入学式に着物を選ぶことは、ただ単に格式ある服装をするということ以上の意味があります。着物は日本の伝統的な衣服であり、特別な日に着ることで、その日の重要性を際立たせられます。また、着物を着ること自体が、日本の文化や美意識をお子さまに伝える良い機会となります。

着物を選ぶ際のポイント

  • 伝統と現代性のバランス:伝統的なデザインと現代的な要素が融合した着物を選ぶことで、時代に合わせた装いが可能です。
  • 季節感の表現:春には桜や梅などの花をモチーフにした着物を選ぶなど、季節感を大切にしましょう。
  • 色選び:入学式では落ち着いた色合いが好まれます。淡い色や優しい色合いの着物が適しています。

着物のマナー
入学式での着物選びには、マナーが伴います。格式ある場での装いとして、あまり派手なものは避け、上品で落ち着いた印象を意識することが重要です。

親子で迎える特別な日の準備

入学式は、お子さまにとっても、親御さんにとっても特別な日です。この日のための準備は、記憶に残る大切なプロセスとなります。

着物選びの準備

  • 早めの準備:着物を選ぶ際は、事前にしっかりと時間を取り、じっくりと選びましょう。
  • 小物のコーディネート:帯や帯締め、草履などの小物も大切なポイントです。全体のバランスを考えながら選びましょう。
  • 着付けの練習:事前に着付けの練習をしておくと当日スムーズです。

親子での思い出作り

  • 記念撮影:入学式の日は、親子で記念撮影をすると良い思い出になります。
  • お子さまとの事前準備:式の前に、お子さまと一緒に着物や小物を選ぶ時間を楽しむことも大切です。

以上のように、入学式に着物を選ぶことは、特別な日をさらに格別なものにします。着物を通じて、伝統と美意識を次世代に伝え、家族の大切な記念日をより豊かなものにできるでしょう。

アンティークきものレンタルゆめやでは、振袖は大正から昭和に作られたアンティークを中心に多彩な着物をご用意しています。着物の仕入れからお直しまで、すべて当店のスタッフが手掛けて「本物の着物の素晴らしさ」をリーズナブルな価格でお届けします。帯や草履、バッグといった小物類もこだわりの逸品を取り揃え、フルセットでレンタルしていただけます。

入学式におすすめの着物スタイル

入学式は、お子さまだけでなく、母親にとっても特別な日です。母親が着る着物は、その日の思い出をより美しく彩る重要な役割を果たします。ここでは、入学式にふさわしい着物スタイルと、特に訪問着を選ぶ際のポイントについて解説します。

訪問着を選ぶポイント

訪問着は、入学式などのフォーマルな場にふさわしい着物です。上品さ華やかさを兼ね備えており、母親としての品格を表現するのに最適な選択と言えるでしょう。

訪問着選びの重要ポイント

  • 色選び:淡い色や優雅な色合いを選ぶことで、上品で落ち着いた印象を与えます。
  • 柄の大きさと配置:柄が大きすぎないもの、またバランスよく配置された柄を選ぶことがポイントです。
  • 季節感のあるデザイン:春の入学式には、桜や梅の花が描かれた春らしいデザインが適しています。

着物の素材と質感

  • 素材:正絹や上質な絹の混紡素材がおすすめです。自然な光沢があり、格式ある場にふさわしい質感を持っています。
  • 質感:なめらかで上品な光沢のあるものを選びましょう。肌触りも重要なポイントです。

手描き友禅春秋柄の淡い花浅葱色の訪問着」ぼかしを入れた淡い青色地に、小花を手描き友禅で表現した訪問着です。上品な色柄の訪問着は入学式にふさわしく、さりげなく華やぎを添えます。

淡いピンクベージュに菊、牡丹、菖蒲が咲く訪問着」柔らかなピンクベージュ色の地に、四季の花を描いた訪問着です。手描き友禅ならではの優美な絵柄が魅力的な一枚。帯や小物も春らしい色でまとめた、入学式にピッタリの装いです。

母親としての格を考慮した礼装

入学式に着る着物は、ただの服装ではありません。母親としての格や品位を表現する大事な要素となります。適切な礼装を選ぶことで、お子さまの大切な日をより格式高く祝福できます。

礼装選びのポイント

  • 着物の格:訪問着や色無地など、入学式にふさわしい格の高い着物を選びます。
  • 小物の選び方:帯、帯締め、帯揚げなど、小物も全体の調和を考えて選ぶことが大切です。
  • 足元の配慮:草履は着物の格に合わせたものを選び、足元から品格を表現しましょう。

その他の配慮点

  • ヘアスタイル:シンプルで上品なヘアスタイルを選び、和装に合うようにまとめることが重要です。
  • メイク:ナチュラルで上品なメイクを心がけ、派手すぎないようにしましょう。

以上のポイントを踏まえ、入学式にふさわしい着物スタイルを選ぶことで、母親としての品格を表現し、お子さまの大切な日をより特別なものにできます。着物選びは、その日の記念に残る大切なプロセスです。この機会に、伝統的な美しさを表現する着物を選んでみてはいかがでしょうか。

色と柄の選び方

入学式の着物選びで最も重要なのが、色と柄の選び方です。色無地の着物は上品な印象を与え、柄物の着物は華やかさを演出します。適切な色と柄を選ぶことで、入学式の雰囲気に合った着物を着こなせます。

入学式にふさわしい色無地の選び方

色無地の着物は、そのシンプルさから格式高い席に最適です。入学式では、控えめで品のある色無地の着物がおすすめです。

色無地の選び方のポイント

  • 色の選び方:淡いピンクや薄いブルーなど、優しい色合いが入学式に適しています。派手すぎず、落ち着いた色を選びましょう。
  • 生地の質感:光沢のある生地や、しっとりとした質感のものが良いでしょう。質感が全体の印象を左右します。
  • 季節に合わせた素材選び:春の入学式には、裏地のある着物が適しています。袷(あわせ)の着物を選びましょう。

着物に合わせる小物の選び方

  • :色無地の着物には、柔らかい色の帯が良く映えます。帯の色と柄でアクセントをつけることができます。
  • 帯締め・帯揚げ:帯締めや帯揚げも大切なアクセサリーです。着物の色と調和する色を選びましょう。

若苗色に織り柄の一つ紋付色無地」花の地紋を織り出した正絹地を、若苗色に染めた上品な一つ紋付き色無地です。合わせる帯や小物によって全く異なる印象となり、多彩なコーディネートをお楽しみいただけます。

華やかさを演出する柄物の着物

柄物の着物は、華やかさを演出し、入学式の雰囲気を盛り上げます。柄の大きさや配置、色合いに注意を払いながら選びましょう。

柄物の着物の選び方

  • 柄の種類:花柄や古典柄など、上品で華やかな柄が入学式には適しています。大きすぎない柄を選ぶのがポイントです。
  • 色の組み合わせ:着物の基調となる色と柄の色がバランス良く配色されていることが大切です。色の組み合わせが全体の印象を決めます。
  • 柄の配置:全体にバランスよく柄が配置されている着物を選びましょう。特に、背中や裾にアクセントがあると美しい印象になります。

着物全体のバランス

  • 小物の選び方:柄物の着物には、シンプルな小物を合わせることで、洗練された印象になります。
  • 帯の選び方:帯は着物の柄と調和する色やデザインを選び、全体のバランスを整えましょう。

手描き友禅桜や桐、花の本の蜂蜜色の訪問着」濃いベージュ色の地に、花や千代紙を描いた手描き友禅の訪問着です。竹や桜を織り出した西陣織の袋帯を合わせ、帯揚げ・帯締めは若草色でまとめた春らしいコーディネートです。

松井青々作、花車の手描き友禅訪問着」たおやかなピーチ色の地に花車を描いた、作家ものの訪問着です。華美すぎない上品な華やかさがあり、入学式というお子さまの人生の節目を祝福します。

色無地と柄物、それぞれの着物には適した選び方があります。入学式にふさわしい着物を選ぶことで、母親としての品格を表現し、お子さまの大切な日を華やかに彩ることができるでしょう。着物選びを楽しみながら、思い出深い一日を迎えてください。

着物セットのコーディネート

入学式における着物のコーディネートでは、小物が重要な役割を果たします。帯と小物を上手に選ぶことで、着物の魅力を最大限に引き出し、格別の装いを実現できます。また、和服に合うバッグや草履の選び方も、全体のバランスを整える上で欠かせません。

帯と小物で差をつける

着物の装いにおいて、帯と小物は大きなアクセントになります。シンプルな着物でも、帯と小物のコーディネート次第で、全く異なる雰囲気を作り出せます。

帯の選び方

  • 色と柄のバランス:着物の色と柄に合わせて帯を選びます。着物がシンプルな場合は、柄物の帯で華やかさをプラスすると良いでしょう。
  • 結び方:帯の結び方一つで印象が変わります。入学式では、上品で格式のある結び方を選びましょう。

小物のコーディネート

  • 帯締めと帯揚げ:帯締めと帯揚げは、帯との色の調和を考えて選びます。同系色でまとめるか、対照的な色でアクセントをつけるかがポイントです。
  • 末広(扇子)やハンカチ:末広やハンカチもコーディネートの一部です。着物や帯と調和するデザインを選ぶことで、さりげないおしゃれを演出できます。

和服に合うバッグと草履の選び方

和服の装いを完成させるためには、バッグと草履の選び方も重要です。これらのアイテムは、実用性だけでなく、全体のバランスを考えた上で選ぶ必要があります。

バッグの選び方

  • サイズとデザイン:小さめのバッグが一般的ですが、必要なものを入れられるサイズを選びます。シンプルで上品なデザインがおすすめです。
  • 色と素材:着物や帯との色の調和を考え、素材感も重視しましょう。和装に合う素材を選ぶことで、全体の統一感が生まれます。

草履の選び方

  • 色とデザイン:草履は、着物や帯の色に合わせて選びます。シンプルなデザインのものが多く、上品さを保つことができます。
  • 履き心地:見た目だけでなく、履き心地も重要です。入学式では長時間立ったり歩いたりすることもあるので、足に優しい草履を選ぶことが大切です。

帯と小物、バッグと草履を上手に選ぶことで、着物スタイルの完成度が高まります。これらのアイテムは、入学式という特別な日に、母親としての品格と美しさを引き立てるための重要な要素です。慎重に選び、すてきな着物スタイルを楽しんでください。

ゆめやから、入学式におすすめの訪問着コーディネートをご紹介します。「青磁色グラデーション辻が花の訪問着」金糸を織り込んだ生地をグラデーションに染め、辻が花を施した久保田一竹作の訪問着です。着物に呼応して帯も辻が花で揃え、帯締め・帯揚げは春らしい黄緑色を選びました。濃い色合いの重ね衿と神秘的に輝く帯留めが、ペールトーンでまとめたコーディネートの引き締め役です。白色のバッグと金色の草履を合わせて格調高い着姿に。

着物レンタルの利用方法

入学式に着物を着用する際、全てを新調するのではなく、レンタルを利用するという選択肢もあります。レンタルはコストを抑えつつ、多様なスタイルから選べる利点があります。ここでは、着物レンタルのポイントと、貸衣装で見つける上品なスタイルについて解説します。

レンタル選びのポイント

着物レンタルは、特に入学式などの一度きりのイベントに最適な選択肢です。レンタルを検討する際の重要なポイントを押さえましょう。

レンタルサービスの選定基準

  • 品揃え:豊富な品揃えがあるレンタルサービスを選ぶことが重要です。スタイルや色、柄のバリエーションが多いほど、理想に近い着物を見つけやすくなります。
  • サイズ展開:自分のサイズに合った着物がレンタルできるかどうかも重要なポイントです。サイズ展開が豊富なサービスを選びましょう。

レンタル時の注意点

  • 予約のタイミング:入学式などの時期はレンタル着物が早く埋まるため、できるだけ早めに予約をすることが大切です。
  • 試着の可否:可能であれば事前に試着をして、フィット感を確認しましょう。オンラインでのレンタルの場合は、サイズ表と自分のサイズをしっかり比較して選びます。

貸衣装で見つける上品なスタイル

貸衣装を選ぶ際は、入学式にふさわしい上品なスタイルを心がけることが重要です。レンタルならではの利点を活かし、スタイリッシュな装いを楽しみましょう。

上品なスタイルの選び方

  • 色と柄の選定:落ち着いた色合いの着物や、洗練されたデザインのものを選びましょう。入学式にふさわしい品位を示せます。
  • 合わせる小物:着物と調和する上品な小物を選ぶことも大切です。帯やバッグ、草履は着物とのバランスを考えて選びましょう。

レンタルのメリット

  • コストパフォーマンス:新品を購入するよりも経済的です。特に、一度きりのイベント用には理想的です。
  • 多様な選択肢:レンタルならではの多様な選択肢から、自分に合ったスタイルを見つけられます。

着物レンタルは、入学式にふさわしい装いを手軽に楽しむ方法の一つです。上記のポイントを参考にしながら、最適なレンタルサービスを選び、入学式にふさわしい上品なスタイルを選んでください。

入学式の着物をお探しなら、ぜひアンティークきものレンタルゆめやをご利用ください。ゆめやではお選びいただいた着物に合わせて、熟練のスタッフが帯や小物をコーディネートしてお届けいたします。また、ゆめやのレンタルなら着用後のお手入れや保管の心配もありません。着物を脱いだら、当日中に専用伝票で返送していただくだけでお片づけ完了です。コーディネートから面倒な後片づけまで、レンタルならではの気軽さで心ゆくまで着物をお楽しみください。

着物のマナーとエチケット

入学式に着物を着用する際、適切なマナーとエチケットを守ることは非常に重要です。着物は日本の伝統的な服装であり、その着方や小物の使い方には特別な注意が必要です。この章では、入学式における和装のマナーと、アクセサリーやヘアスタイルに関する注意点を解説します。

入学式のための和装マナー

入学式の和装には、格式を重んじる日本の伝統が反映されています。適切な和装マナーを把握し、品位ある装いを目指しましょう。

和装マナーの基本

  • 適切な着物の選び方:入学式には、訪問着や色無地など、少し格式の高い着物を選びます。派手すぎず、落ち着いた色合いのものが適しています。
  • 着付け:着物は正しく美しく着ることが重要です。着付けは専門家に依頼するか、事前に練習しておくことをお勧めします。

足元のマナー

  • 草履の選び方:着物に合った草履を選び、足元から品位を示します。色やデザインは着物との調和を考えて選びましょう。

アクセサリーとヘアスタイルの注意点

和装におけるアクセサリーやヘアスタイルも、全体の印象に大きく影響します。品位ある装いを目指すためには、これらの要素にも気を配る必要があります。

アクセサリーの選び方

  • 控えめなアクセサリー:和装には派手なアクセサリーは不向きです。控えめで上品なものを選びましょう。
  • 和装に合ったデザイン:和装に合うデザインのアクセサリーを選ぶことが大切です。和風のモチーフや素材を選ぶと良いでしょう。

ヘアスタイルのポイント

  • シンプルで上品なヘアスタイル:和装にはシンプルで上品なヘアスタイルが似合います。派手な髪飾りやアレンジは避け、自然な美しさを引き立てましょう。
  • ヘアアクセサリーの選び方:和装に合う簪(かんざし)などのヘアアクセサリーを選び、控えめに飾ることを心がけます。

入学式における着物のマナーとエチケットを守ることで、格式高く美しい装いを完成させられます。和装の伝統を重んじながらも、現代的な感覚を取り入れたスタイリングを心がけることで、入学式の特別な一日をより際立たせられるでしょう。着物での出席は、お子さまの入学式を一層記憶に残るものにするための素晴らしい選択です。

まとめ

この記事では、入学式に着物を選ぶ際のさまざまなポイントを解説しました。着物は日本の伝統と文化を象徴する衣装であり、特別な日にふさわしい装いです。ここで、入学式に着物を着ることの魅力と、記憶に残る一日を作るためのポイントをまとめます。

入学式に着物を着ることの魅力

入学式に着物を着用することは、多くの魅力を持っています。着物はその美しさだけでなく、文化的な意味合いも深く、特別な日をさらに印象的なものにする力があります。

着物の魅力

  • 伝統の継承:着物を着ることで、日本の伝統や文化をお子さまに伝えられます。
  • 格調高い装い:着物は格式高く、入学式のようなフォーマルな場に最適な装いを提供します。
  • 個性の表現:さまざまなデザインや色から選べるため、個性を表現できます。

忘れられない一日を作るために

入学式は、お子さまにとっても親御さんにとっても、一生の思い出になる特別な日です。着物を選ぶ際は、以下のポイントを心がけて、忘れられない一日を作りましょう。

特別な日を彩るために

  • 事前の準備:着物や小物は事前に準備し、当日のストレスを最小限に抑えます。
  • 着心地と見た目のバランス:美しさだけでなく、長時間着用しても快適な着物を選びます。
  • 家族との時間を大切に:家族での記念撮影や準備過程も、大切な思い出の一部です。

入学式に着物を選ぶことは、単なる服装の選択以上の意味があります。伝統を重んじ、格式ある装いでその日を迎えることで、お子さまの新たな門出を祝福し、美しい思い出を作ることができるでしょう。着物は、入学式という特別な日をより豊かにし、家族の絆を深める素晴らしい選択です。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

婚礼イメージ・立涌に吉祥紋様四季の花刺繍の打掛一式【utk02】

結婚式の写真だけ撮りたい!フォトウェディングの準備・選び方ガイド

はじめに 結婚式という一生に一度のイベントに対するカップルの価値観は多様であり、それぞれが理想とする形式を追求しています。中でも、「写真だけ撮りたい」というニーズを反映したフォトウエディングは、そのシンプルさと経済性、そ […]

ひとつ前の記事

組み合わせ自由な婚礼・打掛・白無垢プラン(新婦2着・新郎1着)【set03】

【結婚式着物レンタル】白無垢から色打掛まで、和装コーディネート完璧サポート

はじめに 白無垢や色打掛といった和装は、日本の伝統的な結婚式で特に重要な役割を果たします。その美しさや格式ある姿は、新郎新婦だけでなく、祝福するゲストたちにも深い印象を残します。本記事では、和装レンタルに関するさまざまな […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!