着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

婚礼イメージ

振袖で魅了する結婚式!新婦のための完璧な和装コーディネートテクニック

目次

はじめに

新婦のための結婚式振袖ガイド

結婚式は一生に一度の大切な日。特に新婦にとって、結婚式を和装にするか洋装にするかは悩みどころです。

もし和装での結婚式を希望する場合、一体どんな衣装を着ることができるのでしょうか。もしかしたら、成人式に着た振袖を結婚式でもう一度着たいと思っている方もいるかもしれませんね。

しかし、振袖を結婚式で着用するには注意が必要。一般的に、結婚式で着用する振袖は「引振袖」と呼ばれる特別なものです。ここでは、引振袖と振袖の違いや、振袖を結婚式で着用する場合、どのような場面がふさわしいのかについて解説をします。

振袖と引振袖の違い

まず、振袖と引振袖の違いについて理解しましょう。一般的な振袖は、未婚女性の特別な日の衣装として位置づけられています。一方で引振袖は結婚式に新婦が着用するものです。

この二つの違いの一つは振袖の長さ。振袖が長い方が格が高くなります。引振袖は大振袖と呼ばれる、最も長いものです。成人式に着るような振袖は、中振袖と呼ばれるもので、大振袖よりも短く、格が低くなっています。また、引振袖は一般的な振袖と違って、裾を長く引きずるように着付けることも違いの一つです。

左が花嫁が着用する引き振袖、右が成人式などで着用する振袖です。

結婚式で振袖を着用できる?

基本的に、結婚式で新婦が着用する振袖は、「引振袖」と呼ばれる特別な着物です。特に、格式高い神前式で通常の振袖を着用するのはふさわしくありません。しかし、結婚式の中でも条件によっては、一般的な振袖を着用できる場面もあります。例えば、以下のような場面での着用が考えられます。

  • 人前式:宗教に関係ない結婚式であれば格式が極端に問われることがありません。
  • 披露宴:お色直しで着用することができます。

以下は、このような場面で振袖を着用することを前提として、解説を続けていきます。

振袖選びのポイント

結婚式での振袖を選ぶ際には、以下の点に注意してください。

  • 色と柄:結婚式のテーマや会場の雰囲気に合わせて、色や柄を選びましょう。伝統的な赤や白の振袖は特に人気がありますが、最近では、黒や鮮やかな色の振袖も選ばれることが多いです。
  • レンタルか購入か:振袖はレンタルすることも、購入することも可能です。レンタルはコストを抑えることができる一方で、購入すると、レンタルでは味わうことができない、オリジナリティと特別感が得られます。
  • 小物の合わせ方:帯や帯締め、草履などの小物も振袖の印象を大きく左右します。また、箱迫や懐剣といった結婚式特有の小物もあります。結婚式らしい華やかさを小物で添えつつ、全体のバランスを考えながら選びましょう。

アンティークきものレンタルゆめやでは、100年以上の歴史があるアンティーク引き振袖をご用意しています。高度な染色技術や繊細な手刺繍など、今では再現できない職人技の粋を極めたアンティークの婚礼衣装は全て貴重な一点ものです。正絹の着物ならではの柔らかさ軽やかさに身を包み、特別感のある花嫁姿を叶えていただけます。

和装での結婚式の魅力

和装で行う結婚式には、格別の魅力があります。和装での結婚式を選ぶ理由は多岐にわたりますが、特に以下の点が挙げられます。

伝統の継承

和装での結婚式は、日本の伝統や文化を継承する意味合いがあります。神前式や仏前式など、格式ある式場での挙式は、古き良き日本の風情を感じさせてくれます。

ゲストに与える印象

和装はゲストにとっても新鮮で印象深いものです。特に、海外からのゲストにとっては、日本の文化を体験する絶好の機会となるでしょう。

写真映えする美しさ

和装は華やかで美しく、とても写真映えします。前撮りや披露宴での撮影では、和装特有の色彩や柄が際立ち、後世に残る素晴らしい記念写真となります。

以上、ここでは、振袖選びの基本から、和装での結婚式の魅力までを詳しく紹介しました。振袖を選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。次の章では、結婚式での振袖選びの具体的なポイントをさらに詳しく掘り下げていきます。

結婚式での振袖選びのポイント

新婦に似合う振袖の色と柄の選び方

結婚式での振袖選びは、新婦の個性と和装の美しさを最大限に引き出す重要なプロセスです。特に、振袖の色と柄は、その日の印象を大きく左右するため、慎重に選びましょう。

色の選び方

振袖の色選びは、まず新婦の肌色や髪の色に合わせることが重要です。伝統的な赤や白は、どの肌色にも合わせやすく、結婚式にふさわしい華やかさを演出します。最近では、黒や鮮やかな青、緑など、多様な色の振袖が選ばれることもありますが、結婚式は格式高い華やかな場ですので、その雰囲気に合わせた振袖を選びましょう。

  • 肌色が明るい方:パステルカラーや柔らかいピンク、薄い黄色がおすすめ。
  • 肌色が濃い方:鮮やかな赤や深い青、エメラルドグリーンなどが映えます。

柄の選び方

柄は、振袖の印象を大きく左右する要素です。結婚式のテーマや会場の雰囲気、新婦の好みを考慮しましょう。古典的な鶴や花車、菊牡丹などの柄は格式を感じさせ、モダンなデザインは若々しさと新鮮さを演出します。

  • 伝統的な式場:古典的な柄が似合います。
  • モダンな式場:シンプルで現代的なデザインがおすすめ。

和婚スタイルに合わせた振袖の選定

日本の伝統的な結婚式である和婚スタイルには、特有の格式と美しさがあります。和婚スタイルに合わせた振袖選びは、式の全体的な印象を高めるために重要です。

神前式や仏前式に合わせた選び方

神前式や仏前式では、伝統的な和装が求められます。こうした格式ある挙式では、一般的な振袖ではなく、特別な衣装である白無垢や打掛、または引振袖を着用するのが習わしです。一方で、披露宴では振袖を選んでも問題ありません。

和装と洋装のミックススタイル

最近では、和装と洋装を組み合わせたスタイルも人気です。挙式では白無垢や打掛を着用し、披露宴で洋装に変更する、またはその逆のパターンもあります。この場合は、振袖選びにおいても、洋装との調和を考慮した色やデザインが重要となります。ただし、和装から洋装、またはその逆の場合、着替えのための時間が長くなるため注意が必要です。

以上のように、振袖選びは新婦の個性や結婚式のスタイルに合わせて慎重に行うことが大切です。色や柄、式のスタイルに合わせて、新婦がその日一番輝けるような振袖を選びましょう。次の章では、振袖の着付けやヘアスタイルについて詳しく紹介します。

結婚式のための着物と振袖の違いとは?

結婚式における和装と振袖の役割

結婚式における和装は、日本の伝統的な美を象徴し、特別な日の華やかさを際立たせます。和装といえば、多くの人が思い浮かべるのが「振袖」です。なじみ深い振袖以外に、結婚式のための特別な着物があります。

和装の役割

和装は、結婚式に格式と華やかさを添えます。特に神前式や仏前式などの伝統的な挙式では、和装がその場の雰囲気を一層高めます。白無垢や打掛など、さまざまな種類の結婚式のための特別な和装がありますが、それぞれに意味が込められています。

  • 白無垢:純白で清らかな新婦の美しさを象徴します。また、「嫁ぎ先の家風に染まる」という意味が込められています。
  • 打掛:華やかな装飾が施されています。さまざまな色の打掛がありますが、従来は赤が基調でした。赤の打掛には「新しい血が通う」という意味が込められています。

振袖の役割

振袖は、新婦が未婚であることを示す伝統的な衣装です。長く美しい袖は、新婦の若々しさを象徴しています。結婚式では、通常結婚式のための特別な着物を着ることが一般的ですが、人前式や披露宴では振袖を着ることができ、新婦の特別な日の装いとしての役割を果たすことができます。

  • 豪華な装飾:振袖の柄や色彩は、新婦の幸福を願ったり、夫婦円満を祈ったりといった意味を持つ豪華な装飾が施されています。
  • 若々しさの表現:振袖は特に若い女性に似合うため、新婦の美しさと若さを際立たせます。

伝統的なスタイルの振袖とモダンスタイルの振袖

和装の中で、特に振袖はそのスタイルの多様性で知られています。伝統的な振袖とモダンなスタイルの振袖では、デザインや着こなし方に大きな違いがあります。

伝統的なスタイルの振袖

伝統的なスタイルの振袖は、日本の文化と歴史を色濃く反映しています。古典的な柄や色使いが特徴で、格式高い結婚式にふさわしい装いです。

  • 古典的な柄:鶴、花車、菊、牡丹など、縁起の良い伝統的な柄が多用されます。
  • 色使い:赤や白などの伝統的な色が主流ですが、黒や紺など落ち着いた色の使用もあります。

花菱立涌紋様に鳳凰孔雀の黒引き振袖」花菱や梅、鳳凰や鶴、孔雀などの古典紋様に彩られた黒引き振袖です。黒地が見えないほど色鮮やかな絵柄で埋め尽くされ、人生の門出を祝福します。

御所車と帳幕の上を鳳凰が舞う黒引き振袖」上前に御所車、左肩に鳳凰を描き、金泥や刺繍で惜しみなく加飾した黒引き振袖です。インパクトのある豪華絢爛な装いは、ゲストの印象に強く残ります。

モダンスタイルの振袖

一方で、モダンスタイルの振袖は、現代的な感覚とトレンドを取り入れたデザインが特徴です。若い世代の新婦に人気があり、より自由で個性的なスタイルを楽しむことができます。

  • 現代的なデザイン:シンプルなものから、大胆な色使いやユニークな柄が特徴です。
  • スタイリングの自由度:小物や帯の結び方にも、個性を反映させることができます。

綸子に揚羽蝶の手描き友禅、色振袖」花嫁の色である、白を基調とした色振袖です。金色で桜や揚羽蝶を描き、細やかな手刺繍を施した格調高い一枚。どんな色とも相性がよく、帯や小物の取り合わせ次第でオリジナリティに富んだ花嫁姿を実現できます。

白地に大きなバラの総絞りの色振袖」大きなバラを総手絞りで表現した、婚礼にふさわしい豪華な色振袖です。モダンな色柄により、洋髪の花嫁様におすすめの一枚です。

以上、結婚式のための着物と振袖の違い、そしてその役割とスタイルの多様性についてご紹介しました。結婚式において振袖を選ぶ場合、これらのポイントを踏まえて、自分に最も合った振袖を選ぶことが大切です。次は、結婚式のための着物の一つである白無垢と振袖の使い分けについて詳しく見ていきます。

白無垢と振袖の使い分け

神前式と仏前式での衣装選び

結婚式のスタイルに応じて適切な衣装を選ぶことは、非常に重要です。和婚スタイルの結婚式として、神前式と仏前式がありますが、衣装選びに違いがあるのかについて紹介します。

神前式での衣装

  • 白無垢の意味:神前式で着用する代表的な和装は白無垢です。白無垢は純白で、新婦の清らかさと新たなスタートを象徴します。また、打掛や引振袖といった結婚式のための特別な和装を着用することもできます。
  • 選び方のポイント:白無垢を選ぶ際は、生地の質感や装飾の細かさに注目しましょう。また、白無垢に合わせる小物選びも重要です。

仏前式での衣装

  • 打掛と振袖の選択:仏前式でも、神前式と同じく白無垢を選ぶことができます。また、打掛や引振袖も選択可能。なお、仏前式でも神前式同様、一般的な振袖を選ぶことはふさわしくありません
  • 色やデザインの選び方:仏前式で和装を選ぶ場合は、落ち着いた色合いや伝統的な柄が好まれます。

白無垢から振袖へのお色直しの魅力

結婚式における「お色直し」は、新婦が披露する華やかな演出の一つです。白無垢から振袖への衣装替えは、多くのゲストに感動を与えることでしょう。

お色直しの意義

  • 白無垢から振袖へ:白無垢は新婦の純粋さを象徴し、振袖は新婦の若々しさと華やかさを表現します。この変化は、新婦が人生の新しいステージへと進んだことを印象づけることができるでしょう。
  • 演出としての効果:披露宴でのお色直しは、新婦の美しさを異なる角度から見せ、ゲストに新鮮な印象を与えます。

お色直しの際の振袖選び

  • 色とデザインの選び方:白無垢から振袖への衣装替えでは、対照的な色やデザインを選ぶことで、新婦の異なる魅力を引き出します。鮮やかな色彩や大胆な柄が人気です。
  • 小物との調和:振袖に合わせた帯や髪飾りなどの小物選びも、トータルコーディネートにおいて重要です。また、披露宴には招待客の中にも振袖を着用している人がいる可能性があるため、より一層新婦の華やかさを引き立てることができるような小物選びを心がけましょう。

ゆめやの引き振袖を着用した、トータルコーディネートを紹介します。「梅の花に檜扇、御所車の黒引き振袖」深い黒地に梅や檜扇、御所車を描いた、艶やかな黒引き振袖です。朱色を中心とした晴れやかな黒引き振袖に合わせて、帯揚げ・丸ぐけ帯締め・抱え帯も紅色でまとめました。筥迫や末広、髪飾りも紅色で揃えて、格調高く晴れやかな装いとしました。

結婚式における白無垢と振袖の使い分けは、新婦の魅力を最大限に引き出すために重要です。神前式や仏前式の伝統を尊重しながら、新婦自身の個性や好みを反映させた選択をしましょう。次は、振袖レンタルのメリットと注意点について詳しく見ていきます。

振袖レンタルのメリットと注意点

結婚式用振袖レンタルの選び方

結婚式のための振袖選びにおいて、レンタルはコストパフォーマンスが高く、多様な選択肢があるため非常に人気です。しかし、適切なレンタル振袖を選ぶためにはいくつかのポイントを押さえておく必要があります。

レンタル振袖のメリット

  • 経済的:新品を購入するよりもコストを抑えることができます。
  • 豊富なバリエーション:さまざまなスタイルや色、柄の中から選べるため、自分の好みに合った振袖を見つけやすいです。
  • 小物一式の提供:多くのレンタルショップでは、振袖に合わせた小物一式もレンタルできます。

レンタル振袖選びのポイント

  • ショップの選定:複数のレンタルショップを比較し、品揃えや価格、サービス内容を確認しましょう。
  • 試着の重要性:実際に着てみてフィット感やデザインを確認することが大切です。
  • 予約のタイミング:人気のデザインは早くから予約が埋まることがあるため、早めの予約がおすすめです。

レンタル振袖の品質とデザインのチェックポイント

レンタル振袖を選ぶ際には、品質デザインの両方で慎重なチェックが必要です。特に注意すべき点を以下にまとめました。

品質チェックポイント

  • 生地と状態:生地の質や全体の状態を確認し、汚れ損傷がないかをチェックします。
  • 着心地:着たときの快適さ動きやすさも重要です。特に、長時間着用することを考えると、着心地は非常に重要な要素です。

デザインのチェックポイント

  • スタイルの選択:伝統的なデザインからモダンなスタイルまで、結婚式のテーマに合わせて選びましょう。
  • 色と柄:肌のトーンや髪色に合う色を選び、柄も結婚式の雰囲気に合うものを選ぶことが大切です。
  • 小物の組み合わせ:振袖に合わせた帯や草履、バッグなどの小物のコーディネートも忘れずに。また、箱迫や懐剣といった、結婚式のための特別な小物を借りることができるかどうかも確認しておきましょう。

レンタル振袖は結婚式において新婦を美しく演出するために必要な要素です。上記のポイントを参考にしながら、自分に最適な振袖を選ぶことが重要。適切なレンタル振袖を選ぶことで、記憶に残る素晴らしい結婚式を実現させましょう。次の章では、振袖の着付けとヘアスタイルについて詳しく見ていきます。

ゆめやの婚礼衣装は着物の仕入れからお直しまで、すべて当店のスタッフが手掛けて「本物の着物の素晴らしさ」をリーズナブルな価格でお届けします。美しい花嫁姿を完成させる筥迫や末広、抱え帯や草履といった婚礼小物もこだわりの品を取り揃え、フルセットでレンタルしていただけます。

振袖の着付けとヘアスタイル

結婚式のための振袖の着こなしテクニック

結婚式における振袖の着こなしは、新婦の美しさを最大限に引き出すための重要な要素です。ここからは着こなしにおけるポイントを紹介します。

着こなしの基本

  • 正しい着付け:振袖は正しく着付けることで、その美しさが引き立ちます。プロの着付け師に依頼することをおすすめします。
  • 姿勢の重要性:良い姿勢は振袖を美しく見せるための鍵。背筋を伸ばし、優雅な立ち振る舞いを心がけましょう。

着こなしのポイント

  • 帯の結び方:帯の結び方一つで印象が大きく変わります。結婚式にふさわしい華やかな帯結びを選びましょう。
  • 裾さばき:振袖の長い裾を扱う際は、動きやすさと美しさを保つために工夫が必要です。

和装に合うヘアスタイルとヘアアクセサリーの選び方

振袖に合わせたヘアスタイルとヘアアクセサリーの選び方は、新婦のトータルコーディネートを完成させる重要な要素です。

ヘアスタイルの選び方

  • 伝統的なアップスタイル:和装には、髪を上品にまとめ上げるスタイルが似合います。洋風のヘアアレンジとは異なり、日本の伝統美を感じさせるスタイルを選びましょう。
  • ヘアアクセサリーの選定:髪飾りは振袖の色や柄に合わせて選ぶと、より一層の華やかさを演出できます。

ヘアアクセサリーのポイント

  • 簪(かんざし)の使用:和装には簪が欠かせません。振袖の色やデザインに合わせた簪を選ぶと、全体のコーディネートが引き締まります。
  • アクセサリーの着用:振袖の美しさとヘアスタイルを際立たせるため、振袖を着用する際はイヤリング・ピアスやネックレスといったアクセサリーは身につけないようにします。

結婚式において、振袖の着こなしとヘアスタイルは、新婦の魅力を引き立てるために必要不可欠です。上記のポイントを参考に、結婚式のための完璧な振袖スタイルを完成させましょう。

ゆめやでは婚礼衣装だけでなく、髪飾りもご用意しています。日本髪に映える伝統的な髪飾りのほか、現代的なデザインの髪飾りもご提案しています。ヘアアクセサリーを存分に活用することで、より自分らしい花嫁姿を叶えていただけます。

次は、「まとめ」を通して、この記事の主要なポイントを振り返ります。

まとめ

結婚式で輝くための振袖選びの要点

結婚式における新婦の振袖選びは、その日の印象を大きく左右します。ここでは振袖選びの要点について振り返ってみましょう。

  • スタイルと色:結婚式のテーマや会場の雰囲気に合わせたスタイルと色を選びます。伝統的な赤や白から、モダンな色彩まで、幅広い選択肢の中から選ぶことが可能です。
  • レンタルの活用:経済的で多様な選択肢を提供してくれるレンタルサービスは、特におすすめです。ただし、品質やデザインのチェックは念入りに行いましょう。
  • 小物のコーディネート:振袖に合わせた帯や草履、また、結婚式ならではの箱迫や懐剣といった小物選びも、トータルのコーディネートにおいて重要です。

新婦の和装を最大限に引き立てるための最後のアドバイス

和装における新婦の魅力を最大限に引き立てるために、以下のアドバイスをお伝えします。

  • 着付けと姿勢:正しい着付けと良い姿勢は、振袖を美しく見せるために不可欠です。専門の着付け師に依頼することをおすすめします。
  • ヘアスタイルとヘアアクセサリー:振袖に合わせたヘアスタイルとヘアアクセサリーは、全体の印象を大きく左右します。伝統的なアップスタイルや簪(かんざし)の使用をお忘れなく。
  • 自分らしさの表現:最も重要なのは、自分らしさを表現することです。自分に合ったスタイルや小物を選び、自信を持ってその日を迎えましょう。

結婚式は人生で最も特別な日の一つです。この記事が、新婦の皆さまが結婚式で輝くための参考になれば幸いです。最後に、新婦の皆さまの結婚式が素晴らしい一日となることを心から願っています。

〈参考記事〉

https://www.bridal-esthe.com/hanayome-note/14950
https://www.weddingpark.net/osusume/style_butsuzen/feature/3/
https://tokihana.net/articles/313/
https://www.arcenciel-g.jp/column/beauty/242
https://wakon-style.jp/iroha/6247
https://kimono-rentalier.jp/column/kimono/kohurisode/
https://www.niwaka.com/ksm/radio/wedding/dress/small-articles/14/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

露芝と、縮緬に辻が花模様の片身替わり訪問着【hou174】

【2024年最新版】訪問着レンタルで叶える、レトロモダンな着姿!

はじめに 訪問着は、日本の伝統文化を象徴する和装の一つであり、結婚式、七五三、成人式など、人生の節目や特別な日に着用されます。中でも、レトロモダンな訪問着は、その古典美と現代の感性が融合したデザインで、多くの女性たちの心 […]

ひとつ前の記事

たまご色に刺繍丸紋、鳳凰獅子の振袖【fui02】

【2024年最新版】振袖レンタルの相場は?結婚式にぴったりな着物紹介!

はじめに 結婚式は、多くの女性にとって人生で最も華やかで特別な瞬間の一つです。特に日本の伝統的な結婚式では、振袖が重要な役割を果たします。振袖は、その豪華さと格式高いデザインで、結婚式に華を添える不可欠な要素となっていま […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!