卒業式イメージ

大学の卒業式で着る振袖・袴完全ガイド!着物で印象的な式典を演出する方法

目次

はじめに

卒業式は、学生生活の終わりを象徴する大切な節目です。この記念すべき日には、特別な装いでその瞬間を祝いたいものです。日本の伝統的な衣装である着物は、そんな特別な日に相応しい選択肢の一つと言えるでしょう。この記事では、大学卒業式で着物を着ることの魅力と、そのふさわしさについてご紹介します。

大学卒業式と着物の美しい組み合わせ

大学の卒業式は、新たな人生の門出を祝う場です。ここでは、卒業式と着物の組み合わせがなぜ美しいと感じられるのかに焦点を当てます。

着物の色と柄

着物の多くはとても華やかなもので、それは普段の洋服では体感できるものではありません。また、色や柄は、その日の気分やシーンに合わせて選ぶことができます。例えば、春らしい明るい色の振袖や、華やかな花柄は卒業式にぴったりです。袴との組み合わせも、若々しさと格式を感じさせる装いになります。

帯とアクセサリーの選び方

着物の印象を左右する帯。色と柄のバランスを考えながら選ぶと、より一層の華やかさを演出できます。また、帯締めや帯留めといったアクセサリーを加えることで、個性を表現することも可能です。

和装の足元

草履は、和装の足元を彩る重要なアイテムです。色やデザインを着物や袴に合わせて選ぶことで、トータルコーディネートの完成度が高まります。

なぜ着物が卒業式にふさわしいのか

着物を卒業式の衣装として選ぶ理由は、その格式と美しさにあります。以下に、着物が卒業式に適している理由をいくつか挙げてみましょう。

格式のある装い

着物は、その歴史と伝統がもたらす格式の高さから、特別な日に相応しい装いとされています。卒業式のような節目の日には、特別感を演出するのに最適な選択です。

個性を表現する自由度

着物や袴の色、柄、合わせる小物によって、正式な衣装でありながらも無限のバリエーションを楽しむことができます。自分だけのスタイルを作り上げることが可能で、自分らしさを表現する場として最適です。

伝統とモダンの融合

着物は、決して古めかしいものだけではなく、時代の変化に併せて日々進化をしています。伝統的な美しさを持ちながらも、現代的なデザインや素材が取り入れられたスタイルは、若い世代にも魅力的に映ります。

以上の点から、着物は大学の卒業式において、特別な日を彩るのにふさわしい装いと言えます。格式のある伝統的な衣装である着物を身にまとい、新たな門出を迎えることは、一生の思い出になることでしょう。続いては、着物の基本情報と卒業式での着物の選び方について詳しく解説します。

着物とは?卒業式での意味と重要性

卒業式のような特別な日に着物を選ぶことは、この重要な日を一層特別なものにします。ここでは、着物の基本情報とその歴史、そして卒業式での着物を選ぶメリットについてご紹介します。

着物の基本情報とその歴史

着物は、日本の伝統的な衣装で、その歴史は非常に古く、様々な時代を経て進化してきました。

着物の歴史

  • 飛鳥時代: 着物の起源とされ、当時は中国の服を真似て「朝服」、「礼服」、「制服」といったものが着られていました。これらは高貴な男性の衣装でした。しかし、多くの人の普段着は「小袖」と呼ばれる服でした。
  • 平安時代: 先述の服は、「直衣」と呼ばれるようになり重ね着が進みます。高貴な女性の間では「十二単」が普及します。逆に、庶民の服としては「小袖」が着続けられます。
  • 江戸時代: 徐々に平安貴族の衣装は廃れていく代わりに、小袖が進化して現在の着物の形へと変化しました。

代表的な着物の種類と特徴

  • 振袖: 若い未婚女性が着る、袖が長く華やかな着物です。
  • 留袖: 既婚女性が着る着物で、最も格のある装いです。です。
  • 訪問着: 既婚、未婚を問わずに着られる正式な着物で準礼装に当たります。

着物の素材

  • 正絹: 蚕蛾の繭からとれる最高級な素材で、美しい光沢が特徴です。
  • 木綿: 綿の種子からとれる繊維で、吸湿性に優れます。
  • ポリエステル: 化学繊維の一つ。耐久性が高く、またシワにもなりにくいです。

卒業式で着物を選ぶメリット

卒業式は人生の大切な節目であり、この日を特別なものにするために着物を選ぶことには多くのメリットがあります。

格式と伝統の演出

  • 着物は日本の伝統と文化を象徴する衣装であり、格式ある卒業式にふさわしい選択です。

個性の表現

  • スーツなどの洋服にはない色や柄、帯の組み合わせで、自分だけの個性を表現できます。
  • 袴やアクセサリーの選び方で、より個性的なスタイルを作り出すことができます。

撮影と記念の価値

  • 着物を着た卒業式の記念撮影は、一生の思い出となります。
  • 着物の美しさは写真映えし、SNSなどで共有するのにも適しています。

以上のように、着物はその歴史と伝統、美しさから卒業式にふさわしい衣装です。続いて、卒業式用着物の種類と選び方について詳しく解説します。

卒業式用着物の種類と選び方

卒業式は、学生生活の終わりを飾る大切なイベントです。この特別な日には、自分らしさを表現できる着物を選びたいものです。ここでは、卒業式にふさわしい着物の種類と、それらを選ぶ際のポイントについてご紹介します。

振袖と袴姿の違いと特徴

卒業式でよく着られる着物には、「振袖」と「」があります。それぞれの特徴と違いを理解することが、自分に合った着物選びの第一歩です。

振袖

  • 対象: 主に未婚の若い女性が着用します。
  • 特徴: 袖が長く、華やかな柄や色使いが特徴です。結婚式や成人式でも着用されることが多いです。
  • 素材: 正絹や高級な生地が用いられることが多く、豪華な刺繍や紋様が施されています。

ここで、アンティークきものレンタルゆめやが卒業式におすすめの振袖をご紹介しましょう。
左端「柿色のぼかしに薬玉花丸紋様の振袖」落ち着いた柿色に薬玉や花丸紋様の上品な振袖です。素行して大人の仲間入りするかのように大人っぽい振袖です。中央「豪華絢爛な檜扇の五つ紋付黒振袖」とても華やかな黒地の振袖です。結婚式の参列にはちょっと派手かなと思う豪華さですが、卒業式には最適です。右端「薄ピンク色に花々が描かれた正統派の色振袖」淡いピンクは可愛らしさを表します。華やかで可愛らしい振袖は格式のある卒業式にはおすすめです。

  • 対象: 入卒式に着用する女性に人気です。
  • 特徴: 振袖などの長着の着用後、下半身に着用する衣類でスカートのような形のものとズボンのように履くタイプとがあります。
  • 合わせる着物: 小振袖や訪問着など、袴に合わせて短めの袖の着物を選ぶことが一般的です。

ここで、ゆめやおすすめのアンティーク着物の袴コーディネートをご紹介します。
左端「ピンクの綸子に漆が織り込まれた吉祥柄の着物」華やかなピンクに吉祥柄のシンプルな着物には、華やかな白の袴を。全体的に明るくなり可愛らしいイメージになります。中央「ピーチベージュに雲取、牡丹、菊の中を鳥が舞う小振袖」ピーチベージュという珍しいお色に鳥が舞う優しい雰囲気の小振袖にはすっきりと黒の袴を組み合わせました。右端「マラカイトグリーンに花薬玉と扇の小振袖」まるで宝石のようなマラカイトグリーンの着物にはパープルのグラデーションで華やかな印象に。

自分らしい着物の選び方とコーディネートのポイント

卒業式の着物選びでは、自分らしさを表現することが重要です。ここでは、選び方とコーディネートのポイントをご紹介します。

着物を選ぶ

  • 振袖: 一般的には振袖が着られます。袖の長さは身長に合わせて選ばれますが、前述のように袴を合わせる場合などの例外もあります。袴姿の場合は、小紋や色無地、訪問着なども視野に入れて選んでも良いです。

自分に合った色と柄を選ぶ

  • : 自分の肌の色や好みに合った色を選びましょう。明るい色は華やかさを、落ち着いた色は上品さを演出します。
  • : 大胆な柄は目立ち度が高く、シンプルな柄は洗練された印象を与えます。体型などを考慮して選びましょう。

帯とアクセサリーでアクセント

  • : 着物とのバランスを考えた帯を選びます。帯の色や柄で全体の印象が大きく変わります。
  • アクセサリー: 帯締めや帯留め、髪飾りなどでアクセントをつけると、より一層個性的なコーディネートになります。

足元のコーディネート

  • 履物: 着物や袴の色に合わせた草履や袴姿であればブーツを選びます。足元のコーディネートも重要なポイントです。

レンタルの活用

  • メリット: 様々なスタイルから選べる上、価格面でも手軽です。
  • 選び方: 試着をして、自分に合ったサイズやデザインを選ぶことが重要です。

以上のポイントを踏まえて、自分らしい着物選びを楽しみましょう。続いて、着物の正しい着方と、卒業式での着物着用時の注意点についてご紹介します。

着物の正しい着方と注意点

卒業式に着物を着用する際には、正しい着方を知っておくことが重要です。また、着物を着る際の注意点に留意することで、一日を快適に過ごすことができます。ここでは、着物の基本的な着こなし方と、卒業式で着物を着用する際の注意点について詳しく説明します。

着物の基本的な着こなし方

着物を美しく着こなすためには、基本的な着方をマスターすることが大切です。

着物の着付けステップ

  1. 下着と裾除け: 適切な下着を着用します。裾除けも着崩れ防止になります。
  2. 足袋: まず足袋をはきます。
  3. 着物の着付け: 長襦袢を身に着け、その上から着物を着ていきます。左前が右前にくるようにします。
  4. 帯の結び方: 帯を腰に巻き、美しい帯結びをします。
  5. 細かな調整: 襟元や袖の調整をして、バランスを整えます。

着物着用時のポイント

  • 衿の抜き加減: 衿元はすっきりと見せることがポイントです。
  • 背中心をそろえる: 長襦袢と着物の背中心をそろえるときれいに仕上がります。
  • 裾の長さ: 歩きやすい長さに調整することが大切です。また、前身頃を合わせる際、足先に向かってすぼませる様にすると良いです。

卒業式での着物着用時の注意点

卒業式で着物を着る際には、以下の点に注意しましょう。

気候や天候に合わせた対応

  • 季節に合わせた素材選び: 成人年齢の引き下げもあり、成人式の時期は各自治体で違います。成人式の開催が暑い季節は絽などの薄手の素材、寒い季節は袷の着物を選びましょう。
  • 天候の変化への対策: 雨の日は着物が濡れないように注意し、寒い日は上着やショールで暖を取ります。

着用時のマナーとエチケット

  • 席に着く際の注意: 着物の裾をきれいに整えながら座ります。
  • 歩行時の注意: 裾を踏まないよう、慎重に歩きます。

着物の管理とケア

  • 汚れや傷のチェック: 着用後は、汚れや傷がないか確認します。
  • 正しい保管方法: 着物は通気性の良い場所に保管し、シワや型崩れを防ぎます。

以上のポイントを押さえて、卒業式での着物着用を楽しみましょう。続いて、アクセサリーや足元のコーディネートについてご紹介します。

アクセサリーと足元のコーディネート

卒業式の着物スタイルを決める上で、アクセサリーや足元のコーディネートは非常に重要です。適切に選ぶことで、着物の魅力を最大限に引き出すことができます。ここは、着物に合わせるアクセサリーの種類と、草履およびブーツの選び方と合わせ方について詳しく説明します。

着物に合わせるべきアクセサリーの種類

着物の装いを一層引き立てるアクセサリー選びは、コーディネートの楽しみの一つです。

重要なアクセサリーとその特徴

  • 帯揚げ: 帯の上から少しだけ覗かせる布で、着付けの際の腰紐を隠す役目もあります。着物全体のアクセントにもなるため、選び方で印象が変わります。
  • 帯締め: 帯を固定する役割があり、色や素材で遊ぶことができます。帯締め用のアクセサリーである帯留めを組み合わせるのも粋です。
  • 髪飾り: 髪型を華やかに演出するアイテムです。振袖や袴の色柄と合わせることで、統一感のあるスタイルになります。

左端「菊と梅の花が紫色でまとめられた、つまみ細工のかんざし」鮮やかな紫いろの花かんざしは振袖や袴に合わせていただけます。中央「ナチュラルな造花が一輪ずつに分かれたかんざし」小さいお花がたくさん合わさったかんざしは編み込みスタイルやアップのヘアスタイルに合わせると可愛らしい雰囲気になります。右端「黒と黄金色の大輪の菊をアレンジ豊かな小花が囲むつまみ細工かんざし」黒とゴールドの組み合わせで豪華な雰囲気のつまみ細工のかんざしです。シンプルなデザインの振袖や袴に合わせると華やかさがアップします。

アクセサリー選びのポイント

  • 全体のバランス: 着物や帯の色柄とのバランスを考えて選びます。
  • 場の雰囲気: 卒業式のようなフォーマルな場では、派手すぎない上品なアクセサリーを選ぶのが良いでしょう。
  • 個性の表現: 自分らしさを表現するためにも、お気に入りのアクセサリーを選びましょう。

草履とブーツの選び方と合わせ方

足元のコーディネートも、着物スタイルを決定づける大切な要素です。

草履の選び方

  • 色と柄: 着物や帯と調和する色や柄の草履を選びます。落ち着いた色合いのものや、シンプルなデザインが多くのスタイルに合わせやすいです。
  • サイズと形: ピッタリのサイズよりも、草履の台から少し踵がはみ出るように履くのがおしゃれです。形状にも種類があり、自分の足に合ったものを選ぶことが大切です。

ブーツの選び方と合わせ方

  • 袴スタイルとの相性: 特に袴を着用する際は、ブーツとの相性を考えます。短めのブーツやシンプルなデザインが袴に合わせやすいです。
  • カラーコーディネート: ブーツの色を袴や小物と合わせることで、統一感のあるスタイルになります。

以上のポイントを踏まえて、アクセサリーや足元のコーディネートを楽しむことができます。続いて、着物レンタルの利点と選び方についてご紹介します。

着物レンタルの利点と選び方

卒業式などの特別な日に着物を着る機会は多いですが、所有するのではなくレンタルを利用する選択肢もあります。ここでは、着物レンタルのメリットとデメリット、レンタルの際のポイントや専門店での利用方法について詳しく説明します。

レンタル着物のメリットとデメリット

着物レンタルは、多くの利点がありますが、いくつかのデメリットも考慮する必要があります。

メリット

  • コストパフォーマンス: 高価な着物や帯を購入するよりも経済的です。
  • 多様な選択肢: 様々な種類の着物や帯から選べます。
  • メンテナンスの手間なし: 着用後のクリーニングや保管の心配がいりません。
  • 専門家による着付け: 着付けが難しい場合でも、専門家に任せることができます。

デメリット

  • サイズやデザインの制限: 自分に完璧に合うサイズや好みのデザインがない可能性があります。
  • 予約の必要性: 人気の時期は早めに予約が必要です。
  • 破損や汚れのリスク: 着物を傷つけたり汚したりすると、修理費用やクリーニング代が発生する場合があります。

レンタルの際のポイントと専門店の利用方法

着物レンタルを検討する際には、いくつかのポイントを押さえておくことが重要です。

レンタルの際のポイント

  • 事前のリサーチ: レンタル可能な種類や価格帯を事前に調査します。
  • 試着の重要性: 実際に着てみてサイズや着心地を確かめます。
  • アクセサリーの確認: 帯揚げや帯締め、髪飾りなどもレンタルに含まれているか確認します。
  • 予約のタイミング: 卒業式シーズンなどの繁忙期は早めに予約をします。

専門店での利用方法

  • 専門店の選び方: 評判や口コミを参考に選びます。
  • 着付けのオプション: 着付けサービスがあるか、追加料金が必要かを確認します。
  • キャンセルポリシー: 万が一のキャンセルに備えて、ポリシーを確認しておきます。

以上の点を踏まえて、着物レンタルを上手に利用しましょう。続いて、卒業式と着物で残る思い出作りについてご紹介します。

卒業式と着物で残る思い出作り

卒業式は、一生に一度の大切なイベントです。その記念すべき日に着物を着ることで、特別な思い出を作ることができます。ここでは、着物で特別な日を美しく彩る方法と、記念撮影の重要性について詳しく説明します。

着物で特別な日を美しく彩る

着物は、その日の記憶を美しく彩るための最適な選択肢です。

着物がもたらす特別な雰囲気

  • 伝統と格式: 着物の中でも特に振袖は、成人式を彩るのに最適な着物です。若さの象徴であり、未婚女性の正礼装でもあり、古くは花嫁衣裳としても用いられました。既婚後はその長い袖を切り留め、その後も着られていたと言います。これが、留袖です。そんな歴史に触れられるのも、着物の魅力です。

着物での一日を楽しむ

  • 着物選びの楽しみ: 自分に合った着物や帯を選ぶプロセス自体が楽しい経験です。
  • 着物での移動: 卒業式の会場への移動も、着物姿であることで特別な体験となります。
  • 友人や家族との交流: 着物姿での友人や家族との交流は、記憶に残る瞬間です。

記念撮影と着物での思い出の重要性

卒業式の着物姿は、写真に残すことで美しい思い出として永遠に保存できます。

記念撮影のすすめ

  • プロのカメラマンによる撮影: 卒業式の記念に、プロのカメラマンに撮影を依頼するのも一つの方法です。
  • 友人や家族との集合写真: 大切な人たちとの集合写真は、後に大切な思い出となります。
  • 自然な表情とポーズ: 自然体での撮影が、リラックスした雰囲気の写真を残すことにつながります。

写真を通じての思い出の共有

  • SNSでの共有: SNSを通じて、着物姿の写真を友人や家族と共有することができます。
  • アルバム作り: 後日、写真をアルバムにまとめることで、物理的な形で思い出を残すことができます。

ゆめやではスタジオやロケーションでの前撮り撮影のプランをご用意しています。前撮りをすることで、お気に入りの場所でご家族や友人とゆっくり撮影することができます。

着物を着て過ごす卒業式は、一生の思い出となります。特別な日を彩る着物選びと記念撮影を通じて、美しい思い出を作りましょう。

まとめ

この記事を通じて、大学の卒業式で着物を選ぶ意義と、その美しさ、さらには自分らしさを表現する着物スタイルについて詳しくご紹介しました。ここで、その要点を改めてまとめます。

卒業式に着物を選ぶ意義と美しさ

卒業式は、学生生活の締めくくりと新しい人生の始まりを祝う重要なイベントです。この特別な日に着物を選ぶことには、以下のような意義があります。

  • 伝統と格式: 着物は日本の伝統を象徴する衣装であり、格式ある卒業式に相応しい選択です。
  • 美しさと華やかさ: 振袖や袴など、色鮮やかで繊細なデザインの着物は、卒業式を一層華やかに演出します。
  • 文化の継承: 着物を着ることで日本の文化を身近に感じ、次世代にもその美しさを伝えることができます。

自分らしさを表現する卒業式の着物スタイル

着物は、単に伝統的な衣装としてだけではなく、自分らしさを表現するための素晴らしい手段です。

  • 個性的なコーディネート: 色、柄、帯の組み合わせやアクセサリー選びによって、自分だけのスタイルを作り出すことができます。
  • 特別な記念に: 着物姿での卒業式は、人生の中でも特別な思い出として記憶に残ります。
  • 写真撮影での魅力: 着物は写真映えするため、卒業式の記念撮影に最適です。

この記事で紹介したポイントを参考に、卒業式での着物選びを楽しみ、その日を美しく彩ることができるでしょう。着物は、卒業式という特別な日をさらに際立たせ、一生の思い出に残る美しい瞬間を作り出します。

〈参考記事〉
https://www.e-kimono-rental.jp/column/detail.php?id=1366

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

婚礼イメージ・立涌に吉祥紋様四季の花刺繍の打掛一式【utk02】

結婚式の写真だけ撮りたい!フォトウェディングの準備・選び方ガイド

はじめに 結婚式という一生に一度のイベントに対するカップルの価値観は多様であり、それぞれが理想とする形式を追求しています。中でも、「写真だけ撮りたい」というニーズを反映したフォトウエディングは、そのシンプルさと経済性、そ […]

ひとつ前の記事

グリーンの色無地に手刺繍の三つ紋の色振袖【fui126】

【成人式】無地の振袖の特徴と魅力 & 着物レンタルの活用ガイド

はじめに 日本の伝統的な衣装である着物。その中でも、特に成人式において主役となるのが「振袖」です。振袖は若い女性の華やかさと美しさを象徴する衣装であり、成人式にはほとんどの女性がこの振袖を着用してこの晴れの日に臨みます。 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!