着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

和装レンタル前撮りプラン・婚礼ロケーション撮影プラン

【完全保存版】結婚式の準備に!振袖と和装で楽しむ前撮りのポイント解説

はじめに

結婚式前の振袖での前撮りとは

結婚式を控えた花嫁にとって、振袖の前撮りは特別な意味を持ちます。前撮りとは、実際の結婚式の前に、白無垢や色打掛、振袖などの衣装を着て写真撮影を行うことです。多くの方々が、結婚式の忙しさの中でゆっくりと衣装を楽しむ時間がないため、前撮りでその美しさを存分に楽しむ傾向にあります。

前撮りのメリットは数多くあります。まず、結婚式当日には時間が限られている中で、前撮りではゆっくりと撮影を行える点が挙げられます。また、さまざまなロケーションでの撮影が可能となり、自分たちの思い出に残る独特な写真を撮ることができます。たとえば、桜や紅葉が美しい季節に神社での撮影や、海外風のロケーションでの撮影など、多彩な選択肢があります。

振袖を選ぶ際には、多くの種類から自分に合ったものを選ぶことが重要です。色や柄、デザインに注目し、試着を重ねることで、最も美しい姿を引き出す衣装を見つけることができます。スタジオや衣裳レンタル店では、専門のコーディネーターが付き、丁寧なアドバイスをもとに選ぶことが可能です。

ゆめやの「和装レンタル前撮りプラン・婚礼ロケーション撮影プラン」では、お好きな着物で、お好きなロケーションでゆっくりと撮影をしていただけます。衣装に必要な小物も全て込みになっていますので安心の料金設定です。

和装での前撮りの魅力

和装での前撮りの魅力は、その伝統的な美しさにあります。特に、振袖や白無垢、打掛などの和装は、日本の伝統的な婚礼衣装であり、その華やかさと格式の高さが魅力です。和装には、着物や小物などの細部にわたる豊かな表現があり、それぞれが花嫁の個性や美しさを際立たせます。

和装を着ることは、単なる衣装選び以上の意味を持ちます。それは、日本の伝統と文化を身に纏うことであり、結婚という人生の新しいステージへの尊重と敬意を表す行為です。和装での前撮りは、花嫁だけでなく、家族にとっても記憶に残る大切な時間となります。

さらに、和装での前撮りでは、ロケーション撮影を利用することで、日本の四季や自然の美しさを背景にした写真を残すことができます。たとえば、春には桜の下で、秋には紅葉を背景にした撮影が人気です。東京や京都など、伝統的な建造物が残る地域では、より風情ある写真を撮影することが可能です。

和装での前撮りでは、様々なスタイルやテーマに合わせた撮影が楽しめます。自分たちの希望に合わせたプランを検討し、最高の思い出を残すための準備をすることが大切です。最終的には、その瞬間瞬間を大切にし、一生の記念となるような写真を残すことが目的です。それぞれのカップルにとって特別な意味を持つこの時間を、最大限に楽しんでいただきたいと思います。

前撮りの方法と流れ

前撮りの計画: 時期とスケジュール

結婚式の前撮りを計画する際、時期とスケジュールの設定は非常に重要です。前撮りの計画は、結婚式の数カ月前から始めるのが一般的です。この時期には、撮影スタジオやロケーション、衣装の予約を含め、以下のステップを検討することが推奨されます。

撮影時期の決定

  • 四季に合わせた景色を背景にする場合、桜や紅葉の季節が人気
  • 撮影する季節に合わせた衣装選びも重要。

スタジオ・ロケーションの予約

  • 神社や歴史的建造物など、伝統的なロケーションが人気
  • 海外風のロケーションを選ぶ場合も。

衣装の選定

  • 振袖や白無垢など、和装の種類を選ぶ。
  • 衣装に合わせた小物や髪型も計画する。

撮影プランの詳細確認

  • 撮影の流れ、必要な時間、持ち物などを確認。
  • 撮影スタジオやプロのカメラマンと事前に打ち合わせ

前撮り当日のスケジュール作成

  • 撮影の時間帯、移動時間、休憩時間を含めたスケジュールを作成。
  • 家族や参加者との調整

前撮りの計画を立てる際には、細部にわたる注意が必要です。例えば、衣装の試着や、撮影場所の下見をすることで、当日のスムーズな進行が期待できます。また、天候や季節の影響も考慮し、撮影日の前後に余裕をもってスケジュールを組むことが重要です。

アンティークきものレンタルゆめやの前撮りは、和装にあったさまざまなロケーションでの撮影をご提案させていただいています。庭園や邸宅など和装ならではのマッチした風景の中で撮影してみませんか?

撮影スタジオの選び方とその任せ方

撮影スタジオの選び方は、前撮りの成功に大きく影響します。まず、スタジオ選びのポイントは以下のようになります。

  • 撮影スタイルの種類
    伝統的な和装撮影、自然光を活かした屋外撮影など、どういったスタイルにするか決めましょう。また、カップルのイメージに合ったスタイルを提供するスタジオを選ぶと良いです。
  • 撮影機材と技術力
    高品質なカメラや照明設備を有するスタジオの方が仕上がりはいいことが多いです。もちろん、カメラマンの技術力や経験も重要な判断基準です。
  • コーディネートサービス
    衣装や小物のコーディネートサービスが充実しているかも確認が必要です。また、事前の打ち合わせで細かい要望を伝えられることも大切なポイント。
  • 料金プランとサービス内容
    最終的には価格と提供されるサービスのバランスを考慮することです。そのためにも、予算を決めておくことが大切です。また、他に追加料金が発生しないか、事前に確認しておきましょう。

撮影スタジオを任せる際には、以下の点に注意してください。

  • 打ち合わせの重要性
    撮影前の詳細な打ち合わせで、期待する撮影内容やイメージを共有しましょう。また、撮影の流れや時間配分なども事前に確認すると安心です。
  • プロフェッショナルへの信頼
    専門的な知識を持つスタジオスタッフやカメラマンの意見を尊重した場合もあります。逆に言えば、信頼できない方には頼むべきではありません。結局、餅は餅屋です。任せることで、より自然で美しい写真になると思います。
  • 細かな要望の伝達
    特別なポーズや撮影したいシーンがあれば、事前に伝えましょう。
    ただ、スタジオの提案にも耳を傾け、最適な撮影を目指しましょう。

撮影スタジオの選び方と任せ方は、前撮りの質を大きく左右します。スタジオとの良好なコミュニケーションと信頼関係を築くことで、思い出深い前撮りが実現します。

和装選びのコツ

振袖の種類と選び方

前撮りの衣装に振袖を選ぶことには大きな意味があります。振袖は未婚女性の着物であり、結婚式後には着ることがなくなる着物です。若々しく豊富な色彩と繊細な柄が特徴で、花嫁の美しさを際立たせます。選び方のポイントを以下にまとめました。

  • 色と柄の選定
    個人の肌の色や好みに合わせた色選びが重要です。他に、季節や撮影のロケーションに合った華やかな色彩や繊細な柄は、写真映えする大切な要素です。
  • 試着とフィッティング
    実際に試着してみて、動きやすさや着心地を確認しましょう。特に、着物の専門家によるフィッティングで、美しい着姿は完成されます。
  • コーディネートの検討
    着物は髪型や小物を含めたトータルコーディネートが基本です。和装小物(帯、草履、バッグなど)の一つ一つにも気を配ることが大切です。
  • 撮影コンセプトとの一致
    撮影のテーマやコンセプトに合わせた振袖を選びましょう。伝統的なスタイルであれば古典柄の振袖で神社での撮影でしょうし、モダンなアレンジを考えるのであれば、チャペルで和装写真など色々な選択肢があります。

振袖の選び方には、個人のスタイルと撮影のイメージが反映されるため、じっくりと時間をかけることが重要です。また、スタジオやレンタルショップでの専門家のアドバイスを活用し、自分に最適な一着を見つけましょう。

ここでは、和装で前撮りに人気の引き振袖をご紹介しましょう。
左端「松に鶴の五つ紋付黒引き振袖」緑豊かな庭園での前撮りにおすすめの華やかな引き振袖です。全体に松が描かれて白の部分が多く華やかな印象になります。中央「鹿の子模様の傘と扇、雲取の黒引き振袖」黒が主体の黒引き振袖は、柄が浮き上がり豪華さがあります。邸宅などの室内での撮影にも適しています。右端「亀甲、桜、松の吉祥柄が圧巻の黒引き振袖」とても柄の華やかな黒引き振袖ですね。ロケーションはもちろん室内での撮影にもマッチします。個性的な写真を残したい方におすすめです。

和装での着こなしのポイント

和装での撮影は、日本の伝統美を表現する素晴らしい機会です。和装の着こなしのポイントを以下に紹介します。

着物の着付け

  • 正確な着付けで美しいシルエットを作ること。
  • きちんとした着付けは姿勢も美しく見せます。

髪型とメイク

  • アップスタイルなど和装に合わせた髪型で全体のバランスを整えましょう。
  • 一般的に、ナチュラルで上品なメイクが和装には適しています。

小物の選択

  • 帯や帯締め、帯揚げの色と柄を振袖と合わせること。
  • 草履やバッグも全体の印象を左右する重要なアイテムになります。

ポーズと表情

  • 和装特有の優雅さや凛とした美しさを意識したポーズを心がけましょう。
  • 自然体の笑顔や落ち着いた表情は写真を引き立てます。

和装での着こなしは、細部にまで気を配ることが大切です。撮影当日は、専門家のサポートを受けながら、最高の状態で撮影に臨みましょう。美しい和装で撮られた写真は、一生の思い出となります。

撮影前の準備

撮影前のチェックリスト

前撮りの撮影において、事前の準備は非常に重要です。以下のチェックリストを参考にして、撮影当日に何も忘れずに済むようにしましょう。

衣装の最終確認

  • 振袖や和装の最終フィッティングを行う。
  • 小物(帯、髪飾り、草履、バッグなど)の準備が完了している。

美容・ヘアメイクの予約

  • プロの美容師やメイクアップアーティストの予約は済んでいる。
  • 和装に合わせたヘアスタイルやメイクを事前に打ち合わせ済み。

撮影場所の最終確認

  • スタジオ撮影の場合、スタジオまでの経路を確認する。ロケーション撮影の場合も、現地までの経路を確認する。可能であれば、下見に行く
  • ロケーション撮影の場合、悪天候などの場合の代替案を用意しておく。

持ち物リストの作成

  • 撮影に必要な持ち物(化粧品、ヘアアクセサリー、着替えなど)をリストアップ。
  • 撮影での疲労を考慮して、飲料水や軽食を準備。

体調管理

  • 撮影数日前から十分な睡眠とバランスの良い食事で体調を整える
  • 美しい肌を保つためのスキンケアも忘れずに。

撮影前の準備は、スムーズな撮影のためにも大切です。事前にチェックリストを作成し、撮影日を迎えましょう。

ロケーション撮影の特徴

スタジオではなく、思い出の場所や観光地など屋外での撮影を行うことロケーション撮影と言いますが、この場合は準備も大幅に変わってきます。

  • 撮影場所の許可取り
    撮影地を決めたら、その場所の管理者に撮影許可をとることです。先約がある場合や地方自治体などが管轄の場合、許可が降りるまでにも時間がかかることもあります。また、撮影地での着付けが可能であるかの確認が必要です。
  • カメラマンの予約
    スタジオで撮影する場合は気にする必要はありませんが、ロケーション撮影の場合は個人でカメラマンを探す必要がある場合もあります。カメラマンを見つけて日程調整までするとなると、期間は早めにこしたことはありません。
  • 着付け師、介添えの手配
    介添えとは、着崩れした場合の直しや、移動時の服装が乱れぬよう補助する方です。こういった方も早めに予約しないと埋まってしまう場合があります。

このように、ロケーション撮影ならではの特徴にも気をかけましょう。

邸宅などの室内での撮影でしたら、天候や気温に影響されることなく安心して撮影ができます。
ゆめやの「婚礼前撮りプラン」は好きな衣装が選べ、衣装のほか着付けやヘアメイクも込みの安心価格です。挙式はしないけど、写真だけ残したいという方にもおすすめです。

撮影当日の流れ

振袖を着るプロセス

撮影当日、振袖を着るプロセスはとても重要です。このプロセスは、美しい和装姿を作り上げるための基礎となります。以下に、振袖を着る際のステップを詳しく説明します。

下着と補正

  • 適切な和装下着を着用し、着物のラインを美しく見せる。
  • 補正パッドを使用して、着物の着崩れを防ぐ。

長襦袢の着用

  • 振袖に合わせた長襦袢を身につける。
  • 長襦袢の襟元はきれいに整え、振袖とのバランスを確認

振袖の着付け

  • 振袖を丁寧に身につけ、着崩れのないように注意する。
  • きれいな着物姿のコツは、背中心を整えることと足先に向かってすぼませていくこと

帯の結び方

  • 振袖に合わせた帯を選び、美しい帯結びを行う。
  • 帯結びの種類は撮影のテーマや振袖のスタイルに合わせて選ぶ

小物の調整

  • 草履、バッグ、髪飾りなどの小物を最終確認。
  • 全体のコーディネートが調和しているかを確認。

振袖を着るプロセスは、撮影の成功を左右する重要な要素です。専門の着付け師による丁寧な着付けと、細部にまで目を配ることが求められます。

撮影の進行と注意点

和装での前撮り撮影は、計画的かつ丁寧に進める必要があります。以下に、撮影の進行とその際の注意点を挙げます。

  • 撮影スケジュールの確認
    撮影前に一日の流れとタイムスケジュールを事前に確認できると良いです。そのためにも、余裕を持ったスケジュールを組むことで、焦りなく進めることができるでしょう。
  • ポーズと表情の指導
    撮影はカメラマンからのポーズ指示に従い、自然な表情を心がけましょう。緊張をほぐし、リラックスした雰囲気で撮影に臨める心の持ち方がすてきな写真のコツです。
  • 照明と背景の確認
    撮影スタジオやロケーションにおける照明と背景は随時確認しましょう。時間は刻一刻と過ぎるので、自分たちがイメージした環境からかけ離れていくこともあります。
  • 衣装と小物のチェック
    撮影中も衣装や小物の乱れがないか定期的にチェックしましょう。必要に応じて着付け師に調整を依頼する。
  • 体調管理
    撮影中の体調変化に注意し、適宜休憩を取るようにしましょう。着慣れない着物姿は疲れやすく、また、洋服と違い暑いです。適宜、水分補給や軽食を摂ることで疲れを軽減できると思います。

撮影当日の流れは、計画的な進行と柔軟な対応が鍵となります。細かな準備と撮影チームとの協力により、スムーズで成功した撮影を目指しましょう。

和装写真の魅力

和装での撮影の特別感

和装での撮影は、日本の伝統と美しさを表現する特別な体験です。和装が持つ独特の魅力と、その撮影がもたらす特別感について詳しく見ていきましょう。

伝統美の表現

  • 和装は日本の伝統と文化を色濃く反映しており、その装い自体が芸術作品です。振袖や白無垢など、様々な和装が持つ歴史的背景と美意識を知る絶好の機会となるでしょう。

撮影の環境

  • 日本の自然や歴史的建造物を背景に撮影することで、和装の魅力を一層引き立てます。四季折々の風景と和装の調和は絵画のような美しさを生み出します。

特別な記念としての価値

  • 結婚式や特別な記念日に和装で撮影することで、その瞬間を永遠に残すことができます。この日の一枚は、家族や将来の子孫へ伝える価値ある記録となるでしょう。

個性の表現

  • 着物を着るということは、和装選びから着付け、小物選びまで、自分だけのスタイルを作り上げるプロセスと言えます。

和装での撮影は、ただの写真撮影を超えた、特別な体験です。それは、日本の美しい伝統を現代に伝え、個人の記念としても価値があります。

結婚式への意欲向上

結婚式の和装前撮りは、結婚式本番への意欲を高めてくれます。結婚式のお色直しでは着られない衣装や、思い出の一着などを着られるのも前撮りの魅力です。

また、結婚式の招待状の写真や結婚式での演出にも前撮りの写真は使えます。このように、結婚式は前撮りの段階から始まっていると言ってもいいでしょう。

普段着慣れない和装ですから、前撮りでの着付けは本番のための予行練習にもなります。結婚式本番は分刻みですから、イメージがつくのはとても強みになります。

なにより、女性として最高の衣装である婚礼衣装を身にまとうことは、例えようのない充実感に満たされる体験であります。ぜひ、この瞬間を楽しんで、すてきな前撮りと結婚式本番を迎えましょう。

まとめ

和装前撮りでの思い出作り

和装での前撮りは、一生に一度の特別な瞬間を切り取る貴重な機会です。この体験を通して得られる思い出の価値について掘り下げてみましょう。

  • 一生の記憶としての価値
    和装での前撮りは、結婚という新たなスタートを美しく記録してくれます。写真は時間を超えて大切な瞬間を伝える手段となります。最高の一枚を収めましょう。
  • 文化的な意味合い
    日本の伝統的な装いを纏うことで、文化的な意味合いを感じることができます。そして、和装は日本の歴史や文化を表現し、後世に伝える役割も担っているのです。
  • 家族や大切な人との絆
    前撮りは家族や親しい人々との絆を深める機会となります。共有される美しい瞬間は、家族の歴史の一部として残ることでしょう。
  • 自己表現としての楽しみ
    前撮りは衣装選びから撮影まで、自分自身を表現する楽しみです。自分らしさを反映した写真は、個性と美の証として生涯手元に残ります

和装での前撮りは、単なる撮影を超えた深い意味を持ちます。それは、文化的な価値、家族の絆、そして自己表現の場として、一生の思い出を形作るものです。

振袖前撮りを成功させるためのアドバイス

振袖前撮りを成功させるためには、いくつかのポイントを心掛けることが重要です。以下に、前撮りを成功に導くための最終アドバイスをまとめました。

  • 計画的な準備
    撮影の数カ月前から衣装選びやスケジュールを計画します。事前の準備を丁寧に行い、当日のスムーズな進行を図りましょう。
  • プロフェッショナルへの信頼
    着付け師や美容師、カメラマンなど、各専門家に信頼を置くことが大切です。餅は餅屋ですから、プロの意見や提案を積極的に取り入れることが成功の鍵です。
  • リラックスした撮影
    撮影当日はリラックスして臨むことで、自然体の表情やポーズが生まれます。緊張を和らげるために、事前のリハーサルやリラックス法を実践してみましょう。
  • 個性を大切にする
    自分らしさを前面に出した衣装や小物の選択を意識しましょう。個人の趣味や好みを反映させた撮影テーマやアイデアがヒントになります。

振袖前撮りは、計画的な準備とプロフェッショナルへの信頼、そして自分らしさの表現が鍵となります。この貴重な機会を最大限に活用し、美しい思い出を残しましょう。

〈参考記事〉
https://photo.decollte.co.jp/media/22

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

露芝と、縮緬に辻が花模様の片身替わり訪問着【hou174】

【2024年最新版】訪問着レンタルで叶える、レトロモダンな着姿!

はじめに 訪問着は、日本の伝統文化を象徴する和装の一つであり、結婚式、七五三、成人式など、人生の節目や特別な日に着用されます。中でも、レトロモダンな訪問着は、その古典美と現代の感性が融合したデザインで、多くの女性たちの心 […]

ひとつ前の記事

色打掛イメージ

【着物のプロ監修】打掛の歴史と由来、花嫁が結婚式で着る際のマナー

はじめに 日本の伝統的な和装、特に結婚式にまつわるものは、深い意味や歴史を持っています。そんな中、打掛は多くの花嫁が結婚式の際に選ぶ和装の一つとして、その美しさや格式の高さから、とても人気があります。まずは、打掛という衣 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!