着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

【着物のプロ監修】打掛の歴史と由来、花嫁が結婚式で着る際のマナー

【着物のプロ監修】打掛の歴史と由来、花嫁が結婚式で着る際のマナー

はじめに

日本の伝統的な和装、特に結婚式にまつわるものは、深い意味や歴史を持っています。そんな中、打掛は多くの花嫁が結婚式の際に選ぶ和装の一つとして、その美しさや格式の高さから、とても人気があります。まずは、打掛という衣裳がどのようなものか詳しく紹介していきます。

打掛とはどのような衣裳か

日本の結婚式のシーンでよく目にする「打掛」。皆さまも一度はその華やかな姿を目にしたことがあるかと思います。打掛は、婚礼やフォトウェディングなどの特別な日のための和装として用いられる、非常に格式の高い衣装です。伝統的に、打掛は新しい人生の始まりとしての結婚式で、花嫁が身にまとう衣裳として多くの人に親しまれてきました。

打掛の特徴として、まず挙げられるのはその鮮やかな色や多種多様な文様です。たとえば、鶴や菊、梅といった吉祥の象徴とされる動植物の柄が描かれています。これらの文様には、花嫁がこれから歩む人生に幸せや長寿をもたらすという意味が込められています。また、赤や白といった色は、おめでたい場面や純粋さを象徴する色として、打掛に用いられることが多いです。さらに、その他の色や柄にはそれぞれの意味があり、選ぶ際の楽しみとも言えます。

結婚式での和装には白無垢色打掛、そのほか引き振袖などがありますが、これらの違いも非常に興味深いものではないでしょうか。たとえば、「白無垢」は真っ白な色で、純粋さや神聖さを表現する衣装です。伝統的なスタイルでは角隠しまたは綿帽子を付けます。

一方、「色打掛」は、打掛の一種で色と柄が豊富にあります。挙式後の披露宴やお色直しに合う装いです。「引き振袖」は、振袖の裾のへりに綿を入れてふっくらさせているのが特徴です。色打掛よりも帯が目立つので、小物の色合わせで個性的なコーディネートを楽しめます。

記事の流れと、読むことで得られる情報

この記事を通して、打掛やその他の和装に関する情報を詳しく知ることができます。特に、打掛の歴史やその由来、色や柄の意味、結婚式での着用マナーや選び方、そしてレンタルの際のポイントなど、打掛に関するさまざまな情報を詳しく紹介しています。

具体的には、以下のような内容について学ぶことができます。

  • 打掛の歴史とその由来
  • 打掛の色と柄、その意味
  • 結婚式での打掛の着用マナー
  • 打掛と合わせる髪型や小物の選び方
  • 打掛のレンタルの際のポイント

和装や日本の伝統文化に興味を持つ方はもちろん、これから結婚式を控える花嫁さんや、フォトウェディングを考えている方にも、この記事は非常に役立つ情報を提供しています。打掛に関する知識を深めることで、結婚式やフォトウェディングの際に、より深い意味や背景を持った衣裳を選ぶ楽しみが増えることでしょう。

これから、打掛についての深い情報を存分に楽しんでいただきたいと思います。美しい和装の世界へ、どうぞご一緒に。

打掛の歴史とその由来

結婚式やフォトウェディングの際に、花嫁が身に纏う打掛は、その美しさや格式の高さから多くの人に愛されています。しかし、この打掛がどのような歴史を持ち、どのような意味が込められているのか、詳しく知る方は少ないかもしれません。ここでは、打掛の歴史やその由来、そして文様の意味と役割について、詳しく説明していきます。

日本古来からの打掛の歴史

打掛の歴史は、室町時代にさかのぼります。その歴史は実は、白無垢よりも新しく、元々は武家の女性が下に着ていた着物でした。

  • 室町時代: 色打掛の歴史は、室町時代の中期から始まりました。武家の女性が着ていた着物で、白打掛より格下の装いとして扱われていました。
  • 江戸時代: 豪商や裕福な町娘の間で主流の衣装となった色打掛は、礼服として認識されるようになり、打掛が結婚式における正式な衣装として位置づけられるようになりました。当時の打掛は、今よりも豪華で華やかなものが多かったと言われています。
  • 現代: 現代においても、打掛の伝統はしっかりと受け継がれており、多くの花嫁が結婚式の際に選ぶ正装として愛され続けています。

打掛の由来とその背景

「打掛」という名前の由来は、文字通り「掛ける」という意味があります。打掛は、挙式や披露宴の際に、他の着物やドレスの上から掛ける形で着用されるため、この名前がついたと言われています。

また、打掛の背景には、日本の四季を感じることができる文様や色が多く用いられています。日本の四季の美しさや、自然とのつながりを感じながら、新しい人生の始まりを迎えるという思いが込められています。

打掛の背景には、以下のような要素が影響しています。

  • 日本の四季: 春夏秋冬、それぞれの季節に合わせた文様や色が打掛には描かれています。
  • 自然の美しさ: 花や動物、風景など、日本の自然の美しさが打掛の文様や色に反映されています。

文様の意味と役割

打掛には、多くの文様が描かれています。これらの文様や色は、花嫁に幸せや繁栄、長寿をもたらすという意味が込められています。

  • 吉祥文様: 吉祥文様(きっしょうもんよう)とは、良い兆し、めでたい印、とされる動植物や品物を描いた柄の総称です。色打掛や白無垢などの婚礼衣装に施され、身にまとうことで運気を呼び、幸せを願います。例えば、鶴や菊、梅などが吉祥文様として描かれることが多いです。
  • 風景文: 自然の風景を絵画風に文様化したもので、江戸時代に友禅染が盛んになるにつれて広まりました。情緒に富んだものが多数あり、特に名所ではない風景もあります。日本の自然の美しさや四季の移ろいを感じることができます。
  • 有職文様: 有職文様(ゆうそくもんよう)とは、平安時代以降に用いられた伝統的な文様のことです。古来より大陸から伝来したものが基になっており、優美で格調高く、日本の文様の基調となっています。格式の高さや格式を感じることができます。

打掛を選ぶ際には、これらの文様や色の意味を知ることで、より一層打掛の魅力を感じることができるでしょう。

打掛の特徴とその意味

打掛は、日本の伝統的な和装の中でも、特に結婚式のシーンで目にすることの多い華やかな衣装です。その美しい色や文様、そして緻密な刺繍や小物が魅力的で、多くの花嫁が打掛を選んでいます。ここでは、打掛の色や文様、そして刺繍や小物の役割について詳しく解説していきます。

打掛の色とその意味

打掛のには、それぞれに深い意味や背景が込められています。

  • : 純粋さや神聖さ、清らかさを象徴する色。もともとは「真っ白なまま嫁ぐ」という意味があります。特に白無垢は、この色の象徴的な意味を持つ打掛の一つとして知られています。
  • : 厄除け・魔よけの意味を持つ赤色。結婚式という新しい生活の始まりを迎える場面に相応しい色として多くの花嫁が選んでいます。
  • : 祝儀においての黒は「不動のもの・何物にも染まらぬ決意」の象徴です。格調高い色として、格式ある場面や正式な場で選ばれることも多い色です。

これらの色には、日本の伝統や文化、そして結婚という大切なイベントに込められた思いや願いが反映されています。打掛を選ぶ際には、これらの色の意味を知ることで、より一層の思い入れを持つことができるでしょう。

文様や柄の種類とそれぞれの意味

打掛の文様には、さまざまな意味や背景があります。以下は、代表的な文様や柄とその意味をいくつか紹介します。

  • : 長寿や繁栄を象徴する動物として、結婚式には欠かせない文様の一つ。鶴は決まった相手と生涯添い遂げることでも知られており、婚礼衣装には2羽の鶴が描かれるのが一般的です。
  • : 王家や貴族を象徴する花として、格式の高い場面でよく用いられます。「不老不死」「延命長寿」「無病息災」など健康面の願いが多く込められた模様です。
  • : 冬の寒さを乗り越える力強さや、新しい始まりを意味します。「学問に励むと梅が咲く」という中国の故事もあり、貴族に好まれた花です。
  • 流水: 人生の流れや夫婦の絆を象徴する文様として、打掛によく描かれています。絶えることなく繰り返される波や水のうねりに永遠の意味が重ねられています。

これらの文様や柄は、打掛だけでなく、他の和装や小物にも用いられており、日本の文化や伝統、そして結婚というイベントに込められた思いや願いを表現しています。

ここで、アンティークきものレンタルゆめやの鳳凰が施された豪華な色打掛をご紹介しましょう。
グリーン地に鳳凰と花丸紋の色打掛一式」は一見刺繍が施されているかに見えるたくさんの柄は織り込まれておいりますので、大変手の込んだ打掛です。ラメがはいったグリーンにさまざまな色糸を使っておりますので、とても華やかで高級感がありますね。袖口とふきの部分には赤ですっきりとしています。豪華で華やかな色打掛は結婚式の主役・花嫁さまを引き立てます。

刺繍や小物、さまざまなアイテムの役割

打掛だけでなく、それに合わせる刺繍小物も、打掛の魅力を一層引き立てる役割を持っています。

  • 刺繍: 打掛には、豪華な刺繍が施されていることが多いです。これは、打掛の華やかさや格式の高さを表現するためです。
  • 懐剣: 懐剣は、武家の女性が護身用に持っていた短剣です。帯の間に挿して飾ります。「邪悪なものを寄せ付けない」「自分の身は自分で守る」「一度嫁いだら帰らない」などの意味が込められています。
  • 筥迫: 武家の女性が、身だしなみに使う白粉や紅筆などを入れて、胸元に差し込んでいた箱状のものです。刺繍や房が施されていて、胸元の合わせに差し込んで飾ります。「身だしなみに気をつけて、いつまでも美しく」などの意味が込められています。
  • 末広: 「扇子」のこと。帯に挿して飾ります。広げるのはマナー違反とされているため、手に持つときも、閉じた状態で持ちましょう。「末広がりの幸せが続きますように」などの意味が込められています。

小物を選ぶ際には、打掛との相性も考慮して、自分の思いや願いを表現することが大切です。

花嫁が打掛を着る理由とマナー

日本の結婚式では、花嫁が打掛を着ることが一つの伝統となっています。この打掛を着る理由や、結婚式での打掛のマナーについて、詳しく探ってみましょう。

結婚式における打掛の重要性

結婚式は人生で一度きりの、特別な瞬間。多くの女性がこの日のために、美しい打掛を選びます。日本の伝統的な結婚式では、打掛は花嫁の正装として位置づけられています。

  • 象徴的な意味: 打掛の色や文様、柄には、さまざまな意味や願いが込められています。例えば、白は純潔や新しい始まりを、鶴や菊は繁栄や永遠の愛を象徴しています。
  • 和の伝統: 打掛は、日本の伝統や文化を感じることができる衣装の一つ。着物や和装の中でも、特に格式の高いものとして扱われています。

これらの理由から、花嫁が結婚式で打掛を選ぶことは、伝統や文化の継承、そして結婚という大切な門出に対する敬意を表すものとなっています。

花嫁が打掛を選ぶ際のマナーとポイント

打掛を選ぶ際には、いくつかのマナーやポイントを知っておくと、より良い選択ができるでしょう。

  • 打掛の種類: 打掛には、さまざまな色や文様、柄があります。挙式の形式や自分の好み、そして意味を考慮しながら、最適なものを選ぶようにしましょう。
  • 予算: 打掛のレンタルや購入の際、予算を設定しておくことが大切。あらかじめ価格帯を知っておくことで、無理なく選ぶことができます。
  • 試着: 実際に打掛を着てみることで、自分の体型や雰囲気に合ったものを選べます。また、選んだ打掛が他の和装アイテムや髪型とも合うかを確認することも大切です。

ここではさまざまな打掛を比べてみましょう。
左端「グリーン地に鳳凰と花丸紋の色打掛一式」濃いグリーン地に明るめの糸色がとても映えていますね。コントラストが強めですので、柄を目立たせたい方にはベースが濃い色の打掛を選ぶことをお勧めします。中央「金色の輝きの中で孔雀・鳳凰・鶴が羽ばたく色打掛一式」金色が輝いていますね。オレンジ色がベースの生地にゴールドがとても映えています。全体的に明るいゴールドをまとっているかのようですね。の右端「マゼンダからグレーのぼかしに鶴が羽ばたく色打掛一式」マゼンダからグレーのぼかしの打掛は全て織り込まれたもので、その中には長寿を表す鶴が羽ばたいています。着物では珍しいお色ですので、ドレス感覚で着てみるのもいいかもしれませんね。

これらのポイントを押さえながら、自分の理想の打掛を見つけてみてください。

打掛と合わせる和装アイテムの選び方

打掛だけでなく、それに合わせる和装アイテムも打掛の美しさを引き立てる大切な要素です。

  • : 打掛に合わせる帯は、通常の着物や振袖とは異なり、特別なものを選ぶ必要があります。レンタルの多くの場合、打掛とセットになっていることが多いです。
  • 髪型: 和装に合わせる髪型は、打掛の華やかさをさらに引き立てる要素。日本髪やアップスタイルなど、打掛にふさわしい髪型を選ぶことがポイントです。
  • 小物: 打掛に合わせる小物は、全体のコーディネートを考えながら選ぶと良いでしょう。

これらの和装アイテムを選ぶ際には、打掛との相性や、結婚式の全体の雰囲気を考慮しながら、最適なものを見つけてみてください。

打掛の際の髪型はどんなイメージでしょうか?すっきりとした日本髪なのか、ふんわり可愛らしい洋髪。また髪飾りのイメージはありますか?
ここでは、打掛や引き振袖におすすめのかんざしをご紹介しましょう。
左端「金メッキの透かし彫りに珊瑚調のビーズが添えられた花嫁かんざし」クラシックな珊瑚調のかんざしは日本髪でカッコよくコーディネートしたい花嫁さまにおすすめです。まるで映画に登場するような神秘的な雰囲気になります。中央「透明感のある淡いピンクに真珠のような飾りの花嫁かんざし」透き通った淡いピンク色のかんざしは可愛らしいヘアスタイルにおすすめです。透き通ったかんざしといえば、べっ甲のものを思い浮かべるかもしれませんが、こんなピンク色のものもありますよ。右端「七宝焼きとゴールドやビーズが輝く花嫁かんざし」金色ベースに紫やピンクの七宝焼きがあしらわれているとても華やかなかんざしは、日本髪はもちろん洋髪にも合わせていただけます。一見派手に見えるかもしれませんが、豪華な色打掛にはぴったりのバランスです。

打掛を選ぶ際のマナーや、それに合わせる和装アイテムの選び方には、多くのポイントがあります。しかし、最も大切なのは、自分自身が気に入ったものを選ぶこと。打掛や和装アイテムを選ぶ楽しさを味わいながら、自分らしい結婚式を迎えてください。

打掛のさまざまなシーンと風合い

花嫁が打掛を選ぶ理由や、その魅力を知ったら、打掛が織りなすシーンや風合いにも注目してみましょう。

フォトウェディングや式場での打掛の姿

結婚式の中で、花嫁の打掛の姿は特別な場面を演出します。またフォトウェディングにおいても、打掛の美しさを際立たせるシーンが多くあります。

  • 神社での挙式: 打掛を身にまとった花嫁が、神社の石段を昇る姿は、日本の伝統や歴史を感じさせます。また、神社の緑や、灯籠とのコントラストが打掛の色や文様を際立たせます。
  • フォトウェディング: フォトウェディングでは、打掛の鮮やかな色や文様を活かし、背景や小道具との調和を楽しむことができます。特に、四季折々の自然とのコラボレーションは、絶妙な美しさを引き出します。

これらのシーンは、打掛の風合いや、それを身に纏う花嫁の美しさを最大限に引き立ててくれます。

打掛を身にまとう花嫁の髪型や日本髪の選び方

打掛を着る際、髪型や日本髪も非常に重要な要素となります。

  • 日本髪: 和装に合わせる髪型として、日本髪は定番です。その中でも、花嫁の髪型として有名なのは「文金高島田」(ぶんきんたかしまだ)です。打掛との相性を考え、かんざしや髪飾りでアクセントをつけることで、より一層華やかな印象に。
  • アップスタイル: 打掛の背中部分の文様や柄をしっかりと見せたい場合、アップスタイルの髪型を選ぶと良いでしょう。最近では、色打掛に洋髪を合わせる人も増えています。

花嫁の髪型や日本髪の選び方によって、打掛の魅力をより引き立てることができます。

真っ白な打掛と色ごとの打掛の違いと相応しい場面

打掛には、真っ白なものから、さまざまな色や文様が施されたものまで、さまざまなバリエーションがあります。

  • 真っ白な打掛: 白は純潔や新しい始まりを象徴。特に、神前式などの格式の高い結婚式に相応しい色です。
  • 赤や黒などの色打掛: 赤は縁起が良いとされ、多くの結婚式や披露宴で用いられます。黒は格式や上品さを感じさせる色として、特定の場面やテーマに合わせて選ばれることが多いです。
  • その他の色: 青や緑、紫など、さまざまな色の打掛もあります。これらは、個性やテーマに合わせて選ばれることが多いです。

打掛の色や文様によって、それぞれ異なる印象や雰囲気を持っています。結婚式のテーマや自分の好みに合わせて、最適な打掛を選びましょう。

打掛のさまざまなシーンや風合いを知ることで、花嫁自身がどのような打掛を選ぶか、その理由や背景がより深く理解できるでしょう。打掛選びの参考にしていただけたら幸いです。

打掛のレンタルとそのプラン

近年、打掛のレンタルは多くの花嫁たちに支持されています。購入するよりも手軽に、さまざまなデザインや色の打掛を選ぶことができるため、その魅力は日増しに高まっています。

打掛のレンタルのメリットと注意点

打掛のレンタルには、さまざまなメリットがあります。

  • コストパフォーマンス: 打掛を購入すると、高額になることが多いですが、レンタルならば一定の料金でさまざまなデザインや色の打掛を選ぶことができます。
  • 豊富な選択肢: レンタル店舗には、さまざまなデザインや色、文様の打掛が揃っていますので、自分の好みや結婚式のテーマに合わせて選ぶことができます。
  • 手間が省ける: 打掛の手入れや保管の必要がないため、結婚式後の手間を気にすることなく、心からその日を楽しむことができます。

ただし、レンタルには以下のような注意点も。

  • 返却期限: 着用後は返却期限を守る必要がありますので、日程の管理はしっかりと行いましょう。
  • 傷や汚れ: レンタルした打掛に傷や汚れをつけてしまうと、修理費用などが発生することがありますので、取り扱いには十分注意が必要です。

レンタルされる打掛の品目や選び方

多くのレンタル店舗では、さまざまな打掛がラインナップされています。

  • 色打掛: 赤や黒を基調としたものから、青や緑、紫など、さまざまな色の打掛があります。結婚式のテーマや季節、自分の好みに合わせて選ぶことができます。
  • 白無垢: 真っ白な打掛は、純潔や清らかさの象徴です。神前式など、格式のある結婚式には特に人気です。
  • 柄や文様: 鶴や亀、菊、梅など、さまざまな文様が施されています。これらの文様にはそれぞれ意味や由来があり、結婚式のテーマや自分の願いを込めて選ぶと良いでしょう。

打掛の選び方のポイントとしては、自分の好みや結婚式のテーマを明確にして、それに合った打掛を選ぶことが大切です。

打掛レンタルの流行や人気のプラン

打掛のレンタルでは、時代や流行に合わせて、さまざまなプランが提案されています。

  • セットプラン: 打掛だけでなく、和装の小物や髪型、メイクまでセットになったプランも増えています。トータルでのコーディネートを楽しむことができます。
  • アンティーク打掛: 古き良き時代の打掛を再現したものや、実際のアンティークをレンタルできるプランも人気。独特の風合いを楽しむことができます。

打掛のレンタルは、花嫁一人ひとりの希望や夢を叶えるための最良の方法の一つ。自分の好みや結婚式のテーマをしっかりと持ち、最適な打掛を選んで、特別な日をより一層華やかに彩りましょう。

まとめ

美しい打掛の裏には、日本の伝統や文化、そしてそれぞれの意味や由来が込められています。結婚式という特別な日に、花嫁が打掛を身に纏うことは、多くの感動や思い出を生み出すのです。結婚式という一生に一度の特別な日に、打掛を身に纏うことは、花嫁にとっても、その式を見守る人々にとっても、感動的な瞬間となります。打掛を選ぶことで、一生の思い出を刻むことができるでしょう。

〈参考記事〉
https://nihon-kekkon.com/kimono/
https://wedding-sawaragi.com/
https://kimono.tagaya.co.jp/news/kimono_rental/detail/5241/
https://kimono-rentalier.jp/column/kimono/yuusokumonnyoutoha/
https://kizamu.com/archives/auspicious-pattern/#i-18
https://www.niwaka.com/ksm/radio/wedding/dress/small-articles/14/
https://www.niwaka.com/ksm/radio/wedding/hairstyle-makeup/japanese-hairstyle/09/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

七五三ヘアスタイルイメージ_kzs

【3歳女の子向け】七五三レンタル着物&被布セットの選び方ガイド

はじめに:3歳女児の七五三レンタル完全マニュアル 日本の伝統行事の七五三では、特に3歳の女の子の晴れ姿が注目されます。この年齢で初めて着物を着ることは、お子さまの人生の大切な節目を彩る大きな出来事になります。七五三の着物 […]

ひとつ前の記事

ゆめやTOP画像_卒業式イメージ

【プロ監修】シンプルでおしゃれなスタイル実現!シーン別袴スタイルガイド

はじめに シンプルでおしゃれな袴の世界へ 袴は、日本の伝統的な和装の一つで、特に卒業式などのフォーマルな場でよく見かけます。最近では、シンプルでおしゃれなデザインの袴が人気を集めており、着物や振袖と合わせることで、一層華 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!