着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

振袖イメージ

袴のレンタルで小学生の卒業式を華やかに!親子で選ぶ最適な一式

はじめに

お子さまにとって、小学生の卒業式は思い出に残る大切なイベントです。その思い出をより華やかにするために、袴で卒業式を迎えるお子さまも多くいらっしゃいます。

しかし、初めてレンタルを利用する場合や卒業式などの慌ただしい日に袴を準備する場合などでは、なかなかうまくいかないものです。そこで本記事では、袴レンタルを利用する際の基本的な流れから卒業式でスムーズに袴を用意するための方法までわかりやすく解説していきます。

袴レンタルの基礎知識

卒業式などの特別な日に、和装を楽しみたい方には袴レンタルがおすすめです。日本の伝統的な衣装である袴は、その独特の形状と美しいデザインで着る人を華やかに彩ります。

しかし、袴は価格が高く、保管や手入れにも手間がかかります。そのため、普段使わない場合にはレンタルが便利です。そこで、袴レンタルの魅力や利用時のポイントなどを解説します。

袴とは何か?歴史と文化を解説

そもそも袴とは、武士が着用していた衣類であり、戦いや式典で使われていました。現代では女性用の袴も登場しており、卒業式などのフォーマルな場で着用されるようになりました。

また袴の形状やデザインも時代と共に変化し、現代ではさまざまな袴が存在します。そのため、自分の好みやスタイルに合った袴を選べます。

レンタルサービスのメリット

袴レンタルサービスの最大のメリットは、コストパフォーマンスです。袴は通常一式購入すると数十万円もかかりますが、レンタルならば数千円から数万円で済みます。またレンタルショップでは専門のスタッフがサイズ合わせや着付けをしてくれるため、不慣れな方でも安心して利用できます。

レンタルサービスを利用すれば、手軽に伝統的な和装を楽しめます。ぜひ袴レンタルをうまく使って、卒業式をより特別なものにしましょう。

小学生の袴選びのポイント

小学校の卒業式を控えた親御さんやはじめて袴を選ぶ小学生にとって、ぴったりの一着を見つけることは、特別な日を迎える上での大切なステップです。袴選びでは、サイズとデザイン、そして色に気をつける点が重要です。そこで、小学生の袴選びにおける重要なポイントをご紹介します。

サイズとデザインの選び方

  • サイズ選び:袴選びで最も重要な点は、正しいサイズを選ぶことです。特に袴の丈は、足の動きを妨げない適切な長さを選ぶことが大切です。そのためレンタルショップでは、お子さまの身長やスタイルに合わせて、最適なサイズを提案します。
  • デザインの選択:袴のデザインは、伝統的なものから現代的なスタイルまで幅広く存在します。お子さまの性格や好み、卒業式のテーマに合わせてデザインを選びましょう。

色と柄で表現するお子さまの個性

  • 色の選び方:袴や着物の色は、お子さまの個性を表現します。たとえば赤やピンクなどの暖色系は華やかさ、青や緑などの寒色系は落ち着いた印象を与えます。またお子さまの好きな色や肌のトーンに合わせて、最適な色を選ぶことも重要です。
  • 柄の選び方:袴や着物の柄には、さまざまな意味が込められています。桜や梅の花は新しい始まりを象徴し、菊は幸福と健康を意味します。また、柄の大きさや配置も全体の印象に影響を与えるため、お子さまの身長やスタイルに合った柄を選びましょう。

卒業式での着付けと準備

卒業式は、小学生にとって人生の大切な節目です。この特別な日に袴を着れば、より思い出深いものとなるでしょう。

しかし、袴は正しい方法で着付けして、必要な小物を準備する必要があります。そのため、袴の着付けの基本ステップと必要な小物について詳しく解説します。

着付けの基本ステップ

袴の着付けは一見複雑に見えますが、基本的なステップに従えば美しく着こなせます。着付けの基本的な流れは、以下の通りです。

  1. 下着の準備:まず肌着と足袋をつけます。肌着は着物が直接肌に触れないようにするための下着であり、足袋は和装を映えさせる装いとして着用します。
  2. 着物の着用:着物を身につける際には、襟元がきれいに整うように調整します。右前になるようにして着物を羽織り、帯でしっかりと固定します。
  3. 袴の着用:袴を足から通して、腰の位置でしっかりと結びます。袴の丈は、足のくるぶしよりも少し短いくらいにしましょう。
  4. 帯の結び:着物の上から帯を結びます。帯結びにはさまざまな種類がありますが、卒業式では華やかで格式のある結び方が好まれます。
  5. 小物の装着:最後に髪飾りや羽織などの小物を身につければ完成です。髪飾りは、着物や袴の色と合わせて選ぶと統一感が出ます。

卒業式当日に必要な小物一覧

卒業式の袴姿を完璧に仕上げるには、以下の小物が役立ちます。

  • 肌着:和装専用の下着です。着物と肌との間に着用します。
  • 足袋:和装には欠かせない指先が分かれた靴下です。
  • 腰紐:着物を着用する際に、体にフィットさせるためにつけます。
  • 伊達締め:着物の襟元を整えるために使う帯です。
  • :着物を固定し、装いを華やかにするためのアイテムです。
  • 帯締め:帯の上から装飾として結ぶ紐です。
  • 帯揚げ:帯の下に見える装飾布であり、着物の色と合わせて選びます。
  • 髪飾り:髪型を華やかに飾るアクセサリーです。卒業式では、花やビーズの飾りが人気が高いです。
  • 羽織:寒い時期の卒業式には、着物の上から羽織って防寒対策として使われます。

卒業式での着付けと準備は、お子さまを一層引き立てる大切なプロセスです。事前に準備をしっかりと行っておきましょう。

袴セットの選び方

卒業式で袴を着用する際には、多くの方が袴セットのレンタルを利用します。そこで、袴セットの内容についてご紹介します。

フルセットの内容とは

卒業式では、袴フルセットを利用する方が多いです。袴フルセットとは、卒業式で必要な着物や袴をはじめ、小物類まで全て含まれたパッケージを指します。フルセットの内容は、以下の通りです。

  • 着物:卒業式では、フォーマルなデザインの着物を選びましょう。
  • :着物に合わせた色やデザインの袴も、セットに含まれます。女の子用の袴では、華やかな刺繍入りのデザインが人気です。
  • :着物を美しく引き締めるための帯もあります。また色や素材がさまざまであり、結び方も工夫して華やかさを演出することもできます。
  • 草履:和装に欠かせないアイテムです。現代では、さまざまなサイズやデザインがありますので、お子さまに合ったものを選びましょう。
  • 小物セット:着付けに必要な腰紐や伊達締め、帯締めなどが含まれます。これらの小物は、全体のコーディネートを引き立ててくれます。
  • 髪飾り:卒業式の袴姿を一層華やかにするためのアクセサリーです。女の子には必須といえるアイテムであり、花やリボンなどさまざまなデザインがあります。

お子さま用袴セットの特徴

お子さま用袴セットは、小学生の体に合わせたサイズやデザインが特徴です。お子さま用袴セット選びのポイントは、以下の通りです。

  • 豊富なサイズ:お子さまの成長は個人差があるため、サイズが豊富に用意されています。そのため、身長やスタイルに合わせてぴったりのサイズを選べます。
  • 動きやすさ:お子さまは活発なため、動きやすい袴を選ぶことが重要です。特に袴の丈は、足元を邪魔しない適切な長さにする点に気をつけましょう。
  • デザインの豊富さ:お子さま用の袴セットは、カラフルでポップなデザインから伝統的で落ち着いたデザインまで幅広く揃っています。そのため、お子さまの好みに合わせて選ぶことが可能です。
  • 着付けの簡単さ:お子さま用の袴セットは、着付けしやすいように工夫されています。またマジックテープ式の帯や簡単に装着できる髪飾りなどもありますので、扱いやすいアイテムを選んでも良いでしょう。

茜色に大きな檜扇が舞う小振袖【hak62】
茜色の錦紗縮緬地に大きな檜扇が舞うアンティーク小振袖です。檜扇の中には、桐、牡丹、菖蒲、菊、桜、青海波、七宝などが描かれています。袖丈が75cmありますので、袴の中に着ていただくこともできます。

深紅色にハートの模様が織り出された袴(S)【has003】
深紅色にハートの模様が織り出された袴です。小振袖と合わせて、小学校などの卒業式に着ていただけます。

袴レンタルの予約と手続き

袴レンタルでは、予約のタイミングに気をつける必要があります。卒業式など人気のシーズンには予約が集中するため、計画的に準備を進めましょう。そこで、袴レンタルの予約と手続きについて詳しく解説します。

予約のタイミングと方法

  • 予約のベストタイミング:卒業式での袴をレンタルする場合には、卒業式の数カ月前からの予約がおすすめです。特に卒業シーズンのピーク時には、早期に予約で埋まってしまうこともあるため要注意です。具体的には、卒業式の3〜6カ月前には予約しておきましょう。
  • 予約方法:袴のレンタルは、主に電話やオンラインで予約できます。オンライン予約では、ウェブサイトから希望の袴セットを選んで、予約フォームに必要事項を入力すれば手続きできます。また店舗に直接訪問して予約する方法もありますが、事前に電話などで予約状況を確認しておくと安心です。

レンタル契約時の注意点

袴をレンタルする際には、以下の点に注意しましょう。

  • サイズ確認:契約時にはお子さまの正確なサイズを測定してもらい、最適なサイズの袴を選ぶことが大切です。サイズが合わないと、当日の着心地や見た目に影響が出てしまうため、試着することをおすすめします。
  • レンタル期間と返却日:レンタルでは、期間と返却予定日を確認しておきましょう。返却日に遅れてしまうと追加料金が発生するケースもあるため、余裕を持って返却できるようにしておくことが重要です。
  • キャンセルポリシー:予期せぬ事情からレンタルをキャンセルせざるを得なくなった場合の対応も考えておきましょう。キャンセル料が発生する場合やキャンセル可能な期限などは店舗によって異なるため、事前にしっかりと確認しておきましょう。
  • 保険・保証の有無:袴や着物は非常にデリケートな衣類なので、汚れや破損に備えてレンタルショップが提供する保険や保証サービスの内容を確認しておくことも重要です。安心して卒業式を迎えるために、どのような保険や保証があるのかを契約時にチェックしておきましょう。

卒業式当日の流れと注意点

卒業式は、小学生にとって人生の大切な節目の一つです。この大切な日をスムーズに迎えるためには、当日の流れを事前に把握しておき、袴を着用する際の注意点を理解しておくことが重要です。そこで、卒業式当日のスケジュール例と袴着用時の注意点について詳しく解説します。

当日のスケジュール例

卒業式の日は、朝から慌ただしくなることが予想されます。以下は、卒業式の一般的なスケジュールの一例です。

  1. 早朝:起床後に朝食をとり、身支度を始めます。着物や袴を着る前に、ヘアスタイルを整えておくと良いでしょう。
  2. 着付け:卒業式に出席する時間の少なくとも2〜3時間前には着付けを始めるようにしましょう。着付けに慣れていない場合は、余裕を持ったスケジュールで準備を進めることが大切です。
  3. 出発:卒業式の開始時間の30分〜1時間前には会場に到着するようにしましょう。特に大きな学校では駐車場が混雑することが予想されるため、余裕を持って出発することが重要です。
  4. 卒業式:卒業式では、式の進行に従ってさまざまなプログラムが行われます。式の間は袴の着崩れに注意しましょう。
  5. 記念撮影:卒業式の後は、クラスメイトや家族との記念撮影の時間となるケースが多いです。この時も、袴の着崩れに注意してください。
  6. 帰宅:卒業式が終わった後は、帰宅して袴を脱いで返却の準備をします。

着用時の注意点と対処法

袴を着用する際には、以下のような注意点があります。

  • 着崩れ防止:袴や着物が着崩れないように、正しい着付け方法を学んでおくことが大切です。また着崩れを防ぐために、慎重に動きましょう。
  • 汚れや破損に注意:袴や着物は非常にデリケートなため、汚れや破損には注意が必要です。特に飲食時には要注意です。
  • 長時間の着用に備える:長時間の着用は体に負担をかける場合があるため、休憩時には少し体勢を変えるなどして負担を軽減しましょう。

まとめ

小学校の卒業式という特別な日に、袴を着ることは日本の美しい伝統を体験する素晴らしい機会となります。そこで便利な袴レンタルについて、予約と手続きのポイントや卒業式当日の流れなどを詳しく解説しました。

卒業式当日は、早朝からの準備から着付け、式典への参加、記念撮影と慌ただしくも楽しい一日となります。ぜひ本記事でお伝えした内容を踏まえて、思い出深い卒業式を記憶に残るものにしてください。

〈参考記事〉
https://www.haregino-marusho.co.jp/products/list.php?category_id=151
https://www.saganokan.com/jr-hakama/content/8696/
https://kimono-nagami.com/hakama-zyunnbi/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

露芝と、縮緬に辻が花模様の片身替わり訪問着【hou174】

【2024年最新版】訪問着レンタルで叶える、レトロモダンな着姿!

はじめに 訪問着は、日本の伝統文化を象徴する和装の一つであり、結婚式、七五三、成人式など、人生の節目や特別な日に着用されます。中でも、レトロモダンな訪問着は、その古典美と現代の感性が融合したデザインで、多くの女性たちの心 […]

ひとつ前の記事

ブルーやピンクに染め分けられた本紋に百花繚乱の色振袖【fui119】

アンティーク振袖で成人式を彩る!着物レンタルのすすめ&着こなし術

はじめに 成人式は、日本の若者が成人としての自覚を持ち、社会人として一歩を踏み出すことを祝う重要な節目です。この特別な日に、多くの女性が伝統的な衣装である振袖を着用します。中でもアンティーク振袖は、その独特の魅力と歴史的 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!