練色に唐草と菊の総絞りの色振袖【fui71】

【着物のプロ監修】結婚式で着る振袖のレンタルガイド|値段の相場と選び方

はじめに

結婚式は、人生の中でも特別な瞬間です。特に女性にとって、この日は自分を最も美しく魅せる大切な機会です。日本の結婚式において、和装である振袖を選ぶ方も多く、振袖レンタルサービスの利用は非常に人気があります。

振袖は、色や柄、素材に至るまで種類が豊富で、自分の好みや結婚式のテーマに合わせて選ぶことができます。しかし、多くの選択肢があるため、どのようにして最適な振袖を選び、レンタルするかが重要なポイントとなります。

この記事では、結婚式で振袖をレンタルするメリットや、振袖選びの際に注意すべきポイント、さらにはレンタルの流れや値段の相場などについて詳しく解説していきます。

記事を読み終えた後は、着物や振袖に詳しくない方でも安心して、美しい振袖を選べるようになるでしょう。

結婚式で振袖をレンタルするメリット

結婚式で振袖を着ることは、日本の伝統的な美しさを表現する素晴らしい方法です。特に未婚の女性が結婚式に参列する際には、華やかな振袖を着用することが多いですが、既婚者でも特定の立場や役割に応じて振袖を選ぶことがあります。

振袖をレンタルする最大のメリットは、経済的な負担を軽減できる点にあります。購入する場合、高額になりがちな振袖ですが、レンタルならば必要な時に必要な期間だけ利用できるため、コストパフォーマンスに優れています。

さらに、レンタルショップでは、振袖の装い一式をセットで提供している場合が多く、小物から草履、帯までトータルでコーディネートしてくれます。これにより、着付けや小物選びに関する知識がなくても、結婚式にふさわしい装いをすることが可能になります。

また、レンタルショップの中には、クリーニングや保管サービスを提供しているところが多く、結婚式後の手間を省くことができるのも大きなメリットです。着用後の振袖は、汚れやシワに気をつけて適切に管理する必要がありますが、レンタルサービスを利用することで、そのような心配から解放されます。

結婚式で着る振袖をレンタルする際の基礎知識

未婚女性の正式な礼装として、また特定の立場の既婚女性が着用することもある振袖は、結婚式のような特別な日にふさわしい装いを提供します。レンタルサービスを利用することで、多種多様なデザイン、色、柄の中から選ぶことができ、結婚式のテーマや自身の好みに最適な一着を見つけることが可能になります。

振袖とは?結婚式での意味と役割

振袖は、長い袖が特徴的な和服で、主に未婚の女性が成人式や結婚式などのフォーマルな場で着用します。結婚式において振袖を選ぶことは、伝統と文化を尊重する心を表現し、また参列者に対して敬意を示す行為とも言えます。振袖は、結婚式の場においても特に注目される装いであり、着用者の美しさと格を高めます

レンタルする際の基本的な流れ

振袖をレンタルする際のプロセスは、以下の流れで行われるのが一般的です。

  1. 事前調査: レンタル可能な振袖の種類、価格、レンタル期間、提供されるサービス(着付け、クリーニングなど)をオンラインや店舗訪問を通じて確認します。
  2. 試着と選択: 候補となる振袖を実際に試着し、色や柄、サイズが自分に合っているか確認します。この段階で、小物や帯の組み合わせも検討します。
  3. 予約: 選んだ振袖を指定された日程でレンタルするための予約を行います。人気のデザインの振袖の予約、成人式シーズンなどは早めに埋まることがあるため、早めの予約が推奨されます。
  4. 着付けと使用: 結婚式当日、専門のスタッフによる着付けサービスを受ける場合が多いです。式が終わった後は、レンタルした振袖を返却します。多くの場合、クリーニングはレンタル店が行うため、利用者が行う必要はありません。

振袖レンタルを検討する際は、料金だけでなく、提供されるサービスの内容やレンタル期間、追加料金の有無など、総合的な条件を確認することが重要です。また、結婚式の日程や場所、自分の役割に合わせて、最適な振袖を選ぶことが、より一層の満足感につながります。

ここで、ゆめやで取り扱っている振袖から、「練色に唐草と菊の総絞りの色振袖」をご紹介します。

こちらは、色が付いているかどうか分からないほど上品な練色(ねりいろ)地に、唐草や菊の花が総絞りでほどこされた色振袖です。前身頃の唐草と菊の花にはぼかしになっており、たいへんな手間の掛かった着物です。

振袖レンタルサービスの値段について

結婚式で着用する振袖をレンタルすることは、多くの女性にとって特別な日をさらに彩る大切な選択です。しかし、レンタルサービスを検討する上で最も気になる点は、その値段の相場でしょう。

レンタルする振袖の料金は、選ぶ振袖の種類やレンタル期間、付随するサービス内容によって大きく異なります。この章では、振袖のレンタルサービスの平均的な値段の相場と、値段を左右する要因について詳しく解説していきます。適切な予算設定と、コストパフォーマンスの高いレンタルプランの選択に役立ててください。

いくらくらい?レンタル振袖の平均的な値段相場

振袖レンタルの相場は、一般的に数万円から数十万円の範囲内で変動します。平均的なレンタル料金は、地域や店舗、振袖のブランドやデザイン、レンタルセットの内容によって異なりますが、おおよそ50,000円から150,000円程度が相場とされています。

この価格には、振袖本体だけでなく、帯、草履、バッグといった小物一式、着付けサービスや前撮り写真などのオプションサービスが含まれる場合もあります。

結婚式のみでなく、前撮りや結納にも使用する場合は、レンタル期間が長くなるため、料金も高くなる傾向にあります。

値段を左右する要因とは?

振袖レンタルサービスの値段を左右する要因は多岐にわたります。主な要因を以下に紹介します。

  • デザインとブランド: 高名なデザイナーや人気のあるブランドの振袖は、その希少性や人気度により高額になる傾向があります。また、伝統的な柄や手作業による繊細な刺繍が施された振袖は、その工芸価値により価格が上がります。
  • レンタル期間: 結婚式当日のみでなく、前撮りや結納など複数のイベントで使用する場合、レンタル期間が長くなり、その分料金が高くなります。
  • セット内容: 振袖本体だけでなく、帯、草履、バッグ、その他の小物を含むフルセットのレンタルは、単品で借りる場合に比べて料金が高くなりますが、一式揃える手間が省けます。
  • オプションサービス: 着付けサービスやクリーニングサービス、写真撮影などのオプションサービスを利用する場合、それらのサービス料金も総額に加算される場合があります。特にプロの着付け師による着付けサービスは、振袖を美しく着こなすために重要ですが、料金が高めに設定されていることがあります。

振袖レンタルを検討する際は、これらの要因を総合的に考慮し、自分の予算とニーズに最適なレンタルプランを選択することが重要です。また、複数のレンタル店舗やオンラインサービスを比較検討し、最もコストパフォーマンスの高いオプションを選ぶことをおすすめします。

ここで、ゆめやで取り扱っている振袖から、「紅紫色と灰青色の片身変わりに花丸紋の振袖」をご紹介します。

こちらは、グレーと紅紫色の大胆な配色が見事なアンティーク色振袖です。白地に小花模様の比翼付きで、吹きの部分にも綿が入っており、ふっくらとした仕立てになっています。

うっすらと浮かび上がる、地の菱紋様に、牡丹、菊、桜、梅などの花々があしらわれた一品です。帯は、古典柄と花々が金、朱、緑、青などで織り出された丸帯を使いました。

振袖選びのポイント

振袖選びは、結婚式における和装姿を最も美しく見せるための重要なプロセスです。色やデザイン、サイズに至るまで、細部にわたる選択が振袖全体の印象を大きく左右します。

結婚式という特別な日にふさわしい振袖を選ぶためには、いくつかのポイントを押さえておくことが必要です。この章では、振袖を選ぶ際の色やデザインの選び方、そしてサイズの重要性について解説していきます。

色やデザインの選び方

振袖の色やデザインは、個人の好みはもちろん、結婚式のテーマや会場の雰囲気、季節によっても選び方が変わります。一般的に、明るく華やかな色合いの振袖は結婚式にふさわしいとされています。

  • 季節に合わせた色選び: 春には桜や梅の花柄が施された淡いピンクや淡い黄色、夏には涼しげな青や緑、秋には紅葉や黄葉をイメージさせる赤やオレンジ、冬には雪の結晶や松の緑など、季節感を表現する色や柄を選ぶと良いでしょう。
  • 結婚式のテーマや会場に合わせて: 結婚式のテーマが和風であれば、古典的な柄の振袖を。モダンなテーマであれば、シンプルながらも色鮮やかな振袖を選ぶと、結婚式全体の雰囲気と調和します。
  • 個人の肌色や雰囲気に合わせて: 自分の肌色や普段のファッションセンス、結婚式での立場や役割に合わせた色やデザインを選ぶことも大切です。親族として参列する場合は、あまり派手すぎない落ち着いた色の振袖を選ぶなど、場にふさわしい選択を心がけましょう。

サイズの重要性と選び方

振袖を美しく着こなすためには、サイズ選びが非常に重要です。適切なサイズの振袖を選ぶことで、着姿が美しく、快適に過ごすことができます。振袖のサイズは、身丈、裄丈、袖丈で決まりますが、レンタルの場合は多くの店舗で調整が可能です。

  • 試着を重ねる: 実際に複数の振袖を試着し、動きやすさや着心地を確認しましょう。特に、腕を上げたり、歩いたりする動作をして、窮屈さを感じないかチェックすることが大切です。
  • プロのアドバイスを求める: 着物専門の店舗では、プロのスタッフがサイズ選びから着付けまでサポートしてくれます。自分に合ったサイズ感を知るためにも、専門店で試着することをおすすめします。

振袖選びでは、色やデザインの美しさだけでなく、サイズの適切さも重要なポイントとなります。美しい振袖姿を完成させるために、これらのポイントを参考にしながら、最適な一着を見つけてください。

着用する際のマナーと注意点

結婚式に振袖を着用する際は、ただ美しく着こなすだけでなく、適切なマナーや慣習も守ることが重要です。振袖は日本の伝統的な装いであり、特に結婚式という格式高い場では、その着こなし方に一層の注意が求められます

また、和装小物の選び方も振袖全体の印象を大きく左右するため、選択には細心の注意を払う必要があります。この章では、結婚式にふさわしい振袖のマナーや、和装小物の選び方について解説します。

結婚式にふさわしい振袖のマナー

  • 色と柄の選択: 結婚式に着用する振袖は、明るく華やかな色合いが好まれますが、過度に派手なものは避けるべきです。また、幸福を象徴する柄や、縁起の良いデザインを選ぶと良いでしょう。
  • 正しい着付け: 振袖を美しく着こなすためには、正しい着付けが不可欠です。特に、衿元や袖の長さ、帯の結び方など、細部にわたって気を配ることが大切です。プロの着付け師に依頼することをおすすめします。
  • 礼装としての振る舞い: 振袖を着用する際は、その装いに合った振る舞いが求められます。立ち振る舞いはもちろん、言葉遣いにも気をつけ、格式ある場にふさわしい行動を心がけましょう。

和装小物選びで注意するポイント

和装小物は、振袖の印象を大きく左右する重要な要素です。適切な小物選びにより、振袖姿をより一層引き立てることができます。

  • : 振袖に合わせる帯は、全体の色合いや柄と調和するものを選びます。結婚式には豪華な金糸や銀糸が織り込まれた帯がおすすめです。
  • 草履とバッグ: 草履とバッグは、振袖と同じかそれに合わせた色柄のものを選びます。フォーマルな場では、金や銀の装飾が施されたものが好まれます。
  • その他の小物: 扇子や帯締め、帯揚げなどの小物も、振袖との調和を考えて選びます。これらの小物は、細かい部分ですが、全体の印象を左右するため、慎重に選ぶことが大切です。

結婚式に振袖を着用する際は、これらのマナーや小物選びに注意を払うことで、美しく、かつ礼儀正しい和装姿を完成させることができます。

振袖と和装小物を選ぶ際は、自身の立場や結婚式の場の雰囲気を考慮し、適切な選択を心がけましょう。

レンタルの流れと予約のタイミング

結婚式で振袖を着用する予定がある場合、準備は早めに始めることが重要です。振袖をレンタルする際は、結婚式の数カ月前から行動を開始することが望ましいとされています。

特に人気のあるレンタル店やデザインは早くから予約が埋まるため、余裕を持ったスケジュールで準備を進めることが大切です。

この章では、振袖をレンタルする際の適切な準備期間と、下見から予約までの具体的なステップについて解説します。

いつから準備を始めるべき?

振袖レンタルの準備は、結婚式の6カ月前から始めるのが理想的です。特に春や秋などの結婚式シーズンは、レンタルの需要が高まります。

早期に準備を始めることで、より多くの選択肢から自分に合った振袖を選ぶことができ、希望に合ったデザインやサイズが見つかりやすくなります。

  • 6カ月前: 振袖のレンタルサービスを提供する店舗のリサーチを開始します。オンラインでの情報収集や、友人や親族など経験者の意見も参考になります。
  • 5カ月前: 店舗を訪問し、実際に振袖を見て回ります。気に入った振袖があれば、スタッフに相談して詳細を確認しましょう。
  • 4カ月前: 試着を行い、振袖や小物のセットを決定します。この時点で着付けや当日のスケジュールについても相談しておくと安心です。

下見と予約のステップ

振袖のレンタルサービスの下見から予約までのプロセスは、以下のステップで進めるとスムーズです。

  1. 下見: 複数のレンタル店舗を訪れ、振袖の種類や色、デザインをチェックします。店舗によって取り扱うブランドやスタイルが異なるため、比較検討が重要です。
  2. 試着: 気に入った振袖があれば、必ず試着をしましょう。サイズ感や着心地、色の映え方を確認することができます。試着時には、小物の組み合わせや着付けの方法についても相談してみてください。
  3. 予約: 気に入った振袖があれば、早めに予約をしましょう。予約時にはレンタル期間や料金、キャンセルポリシーについても確認しておくと安心です。また、着付けや送迎サービスが必要な場合は、このタイミングで予約しておくことが大切です。

振袖レンタルの流れと予約のタイミングを把握し、計画的に準備を進めることで、結婚式当日を美しい振袖姿で迎えることができます。準備を進める上で不明点があれば、レンタル店舗のスタッフに積極的に相談して、最適な選択を心がけましょう。

和装小物とアクセサリーの選び方

結婚式で振袖を着用する際、和装小物とアクセサリーはルックを完成させる上で欠かせない要素です。適切に選ばれた小物は、振袖の美しさを引き立て、トータルのコーディネートに深みと個性を加えます。

和装小物にはさまざまな種類があり、それぞれが振袖姿をさらに華やかにするために重要な役割を果たします。

振袖に合わせる和装小物の種類と魅力

和装小物には、帯締め、帯揚げ、草履、バッグ、扇子、髪飾りなどがあります。これらの小物は、振袖との色や柄の調和はもちろん、結婚式の季節や場の雰囲気、着用者の年齢や役割に合わせて選ぶことが大切です。

  • 帯締めと帯揚げ: 振袖の帯にさりげなくアクセントを加えるアイテムです。色や素材を振袖や帯と合わせて選ぶことで、統一感のある上品な着こなしが可能です。
  • 草履とバッグ: 振袖の色や柄と調和するものを選びます。特に、バッグは小さめのものが選ばれることが多く、必要最低限のアイテムを収納できるサイズ感が好まれます。
  • 扇子: 振袖姿に伝統的な美しさを加えるアイテムです。色や柄は振袖に合わせて、または振袖のアクセントカラーとして選ぶと良いでしょう。
  • 髪飾り: 振袖姿の最も華やかな部分の一つです。生花や簪(かんざし)など、さまざまなタイプがありますので、振袖や帯とのバランスを取るとともに、自分の好みを反映させることができます。

アクセサリーで振袖姿に華を添える方法

振袖に合わせるアクセサリーは、控えめながらも存在感のあるものを選ぶことが重要です。伝統的な和装には、派手すぎる現代的なジュエリーよりも、和風のデザインが施されたものや、パールなどの上品な素材が適しています。

  • パールのネックレスやイヤリング: 振袖姿に洗練された雰囲気を加えます。ただし、大きすぎるものやカラフルすぎるものは避け、シンプルで上品なものを選びましょう。
  • 金や銀の細工が施されたアクセサリー: 和装によく合います。特に、結婚式などのフォーマルな場では、伝統的な美しさを引き立てるアイテムを選ぶと良いでしょう。

和装小物とアクセサリーを選ぶ際は、振袖とのバランスはもちろん、結婚式の場や自分自身のスタイルを考慮して、トータルコーディネートに合ったアイテムを選ぶことが大切です。

適切に選ばれた小物は、振袖姿をさらに引き立て、特別な日の装いを完璧に仕上げます。

まとめ

結婚式で振袖をレンタルする過程は、計画的に進めることで、当日を美しく輝かせることができます。この記事を通じて、振袖レンタルの基礎知識から選び方、マナー、そしてレンタルの流れまで、結婚式で振袖を着る際に知っておくべき情報をご紹介しました。

最後に、振袖のレンタルを成功させるための最終チェックポイントと、結婚式で輝くためのアドバイスをまとめます。

振袖をレンタルする際に気をつけるべき最終チェックポイント

  • レンタル契約を再確認: レンタル期間、料金、キャンセルポリシーなど、契約内容を再確認しておきましょう。特に返却日の確認は重要です。
  • 振袖セットの内容をチェック: 振袖本体だけでなく、帯や小物類も含め、レンタルするアイテムがすべて揃っているか確認しましょう。
  • 着付けの予約を確認: 結婚式当日の着付けサービスが予約されているか、再度確認しておきます。可能であれば、着付けのリハーサルをしておくと安心です。

結婚式で輝くための振袖レンタルのまとめとアドバイス

  • 早めの準備を心がける: 振袖レンタルは、結婚式の遅くとも6カ月前には始めるようにしましょう。特に人気のシーズンやデザインは早期に予約が埋まるため、余裕を持った計画が必要です。
  • 自分に合った振袖を選ぶ: 色やデザイン、サイズ選びは非常に重要です。自分の体型や結婚式のテーマ、会場に合った振袖を選びましょう。
  • 和装小物とアクセサリーにも注意を払う: 振袖だけでなく、帯や草履、バッグなどの小物選びも大切です。全体のコーディネートを考え、統一感のある装いを目指しましょう。
  • マナーと礼儀を守る: 結婚式は格式高い場です。和装のマナーを守り、振る舞いにも注意を払って、美しく品のある振袖姿を心がけましょう。

結婚式での振袖レンタルは、計画的に進めることで、スムーズかつ成功裏に行うことができます。このガイドが、結婚式で振袖を美しく着こなし、特別な日をさらに輝かせるお手伝いができれば幸いです。

〈参考記事〉
https://yamanaka-kimono.com/6blog/furisode-kirenai/
https://kimono.rental-mine.org/column/kimono-even-married.html
https://shikiori.jp/media/14
https://furisode.joyful-eli.com/blog/archives/43
https://dorekau.com/45722
https://furisode-ichikura.jp/magazine/furisode_accessory_checklist/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

手描き友禅春秋柄の淡い花浅葱色の訪問着【hou07】

【着物のプロ監修】大きいサイズのレンタル訪問着選び|失敗しないコツを解説

はじめに 大きいサイズの訪問着レンタルをお探しの方へ。この記事では、着物のプロが監修する、大きいサイズの訪問着選びのコツをご紹介します。 以下のような悩みを抱えている方に、ぜひ参考にしていただきたい内容です。 上記のお悩 […]

ひとつ前の記事

撮影イメージ

【打掛フォト撮影】ロケーションで叶える、一生の記念写真

はじめに 和装での結婚式は、日本の伝統美を体現する格別なイベントです。中でも「打掛」は、花嫁の装いを華やかに彩る重要な要素です。この記事では、打掛とその魅力、さらにロケーション撮影で叶える夢のような一枚について掘り下げて […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!